会社の大きさをうかがい知るには資本金の額がよくつかわれているように見えます。

質問1.そもそも資本金て、どういうお金なんでしょうか。貸借対照表の項目になっていることは知ってるんですが、どこからやってきて、どこにあるお金なんですか?

質問2.売上高とか、営業利益とか資産合計とか、ほかにも会社の大きさをうかがい知る指標はありそうです。なかでも資本金がまずとりあげられる項目なのはどうしてですか?

どっぷり理系の私にやさしく説明お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「資本金」というのは、その会社の事業運営のために最初に「元手」として集められる「資金」です。

借入金等と違って、会社が自分の意志で動かせる安定した「資金枠」となります。
事業の元手として自由になる資金枠が大きければ、自分だけの意志で決定できる事業の幅も大きくなるということで、まず「資本金」(元手)の大きさで、事業規模を第一義的に見る習慣ができたのだと思います。

もちろん「売上高」や「総資産」も、資金がどういう形に置き換わったかを見る成果指標として、資本金と同じように評価されていますね・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ。資本金は「元手」ですか。理解しました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/11 22:49

#2の追加です。



資本には、狭義の資本金と、広義の資本金があります。
狭義の資本金とは、株主から払い込まれた資本金で、借対照表には「資本金」として記載されます。
広義の資本金とは、過去の利益を蓄積したもので、貸借対照表には「剰余金」などとして記載されます。

この、剰余金を資本金にくみいりれるのが増資の一種です。
増資には、株主から追加で出資金を払い込んでもらう方法もあります。

下記のページをご覧ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむ。少しわかりました。

株主からあらたにお金をもらって増資したら負債が増えるから貸借対照表の資産も増えて、、、で、流動資産が増えて、経営の自由度が増すということなんですかね。

剰余金を組み入れた場合は負債が変わらないから現金が増えませんよね。その場合は増資でも経営の自由度が上がらないってことなんですかね。

ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/13 00:53

企業を運営するには資金が必要です。


この資金を集めるには、出資者から集める資本金と、設立後に金融機関からの借入金や、仕入れ先からの買掛金や支払手形(期日まで資金の流出を延ばせる)として資金を集める方法があります。
前者を自己資本、公社を他人資本と云います

このようにして集めた資金は、車両や建物のなどの設備、商品の仕入、経費の支払などに使われ、残りの資金は現金や銀行預金として残ります。

このように、資本金は現金のままではなく、いろいろなものに変化していきます。

そして、経営の成果として利益が出れば、その利益から税金などを支払い、残りの一部が資本金に繰り入れられます。

このように、資本金には自己資本(一般的に資本金と云われている)と他人資本がありますが、他人資本は返済が必要なのに対して、自己資本(資本金)は会社を清算しない限り返済する必要がありません。

つまり、(自己)資本が多いと、会社は安心して運営が出来るのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。自己資本が大きいと会社は安心なんですね。理解しました。ありがとうございます。
利益の一部を資本金に繰り入れるのがいわゆる「増資」なんですかね?

お礼日時:2005/04/11 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q為替の動因とは経済指標??

為替の動く理由というのは、各国の経済の雲行きによってだと思いますが、だからその経済の雲行きを数値化している経済指標を皆が注目するのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

 そうですね。
 しかし「経済の雲行きを数値化しているもの」だから、
 というよりは「数値化された経済指標が客観的であるから」
 と言った方が正確かもしれません。
 
 また為替の動因が経済指標、というよりは様々な経済活動の結果
 指標が確定される、と考えた方がいいでしょう。更に必ずしも
 為替は経済指標ばかりで上下するものではありません。各国要人の
 発言や戦争・テロ、思惑などが反映されることもあります。
 

Q貸借対照表で資本金が借方に計上されるのはなぜですか

貸借対照表を作成したところ、資本金が借方に計上されてしまうのはなぜでしょうか

小さな会社の決算手続きをしている者です。

21年度は会計士にお願いしていたのですが
22年度は自分で行うことになりました。

入力がすべて終わり、決算書を出力したのですが
そこで分からないことが出てきてしまいました。

21年度では貸方に計上されていた資本金が
22年度では借方に計上されています。

(添付画像をご覧ください)

資本金は基本的に貸方に計上されていないといけないと
思っていたのですが、なぜこうした出力がされてしまうのか
どうしてもわかりません・・・。

お分かりになる方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

小さくてわかりづらいですが、貸方計上されているように見えます。

もしかして、数字の内訳と集計のための欄を借方と貸方と見ていませんか?
報告式のため、借方貸方表記ではありませんね。
会計ソフトを利用していると思いますので、勘定式で印刷してみれば問題ないと思います。

私の会社では、貸借対照表は勘定式、損益計算書は報告式を利用しています。
申告などのためであれば、どちらの形をとっても問題ないと思いますので、わかりやすい形を使うことですね。また、税理士ではなく会計士?が作成したものと同じ形で印刷して比較される方が良いと思いますね。

Q制御系としての性能指標とは何なのでしょうか?

モータ制御系の実験をしていたときに、制御系の性能指標(例えば,開ループ伝達関数の周波数応答や閉ループ伝達関数の周波数応答など)を求め評価しなさいと言われたのですが、普通どうやって求めるのでしょうか?

ボード線図をMatlab/simulinkなので計算して解くのでしょうか?それとも実験から求めるのでしょうか?

判る方いらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

こんばんわ。

制御系の性能指標

 周波数領域:位相余裕:(Bode線図でオープンループゲインが0dBを横切る周波数での
           位相が-180度から何度離れているかを位相余裕と呼ぶ。)
           60度以上で十分、安定であり、クローズドループでの周波数応答で
           ピークが発生しない。位相余裕が小さくなればなるほど系は不安定となり、
           クローズドループの周波数応答のピークは大きくなってゆき、位相余裕が
           0度でついには発振状態になります。
       
       ゲイン余裕:(Bode線図でオープンループ位相が-180度を横切る周波数でのオープン
           ループゲインが0dBにたいしてどれだけ離れているかをdBで表した指標)

 時間領域: 単位ステップ入力にたいするステップ応答:オーバーシュート量をパーセント・
           オーバーシュートで測定し、ダンピングファクタζを得る。ζ<1で
           オーバーシュートが発生しだし、ζが小さくなるほどオーバーシュート
           とリンギングが大きくなってゆきます(不安定になってゆく)
           

こんばんわ。

制御系の性能指標

 周波数領域:位相余裕:(Bode線図でオープンループゲインが0dBを横切る周波数での
           位相が-180度から何度離れているかを位相余裕と呼ぶ。)
           60度以上で十分、安定であり、クローズドループでの周波数応答で
           ピークが発生しない。位相余裕が小さくなればなるほど系は不安定となり、
           クローズドループの周波数応答のピークは大きくなってゆき、位相余裕が
           0度...続きを読む

Q経営者個人の金で購入したりしてた交通費やお金を資本金に振り返る?

「中小零細企業の場合、会社と代表者の資産は、実質一体といえるとよく言われます。この場合、返済を要求しないことをより明確にするために、借入金を「資本」に振替ることにより、より信用度を増すことができます。」という税理士の言葉を文章で見ましたが、これはどういう意味でしょうか?

社長が給与を頂かないでやりくりしてる場合、つまり貯金崩して生活費、交通費や備品費を出したりしている場合、社長個人のふところから出してる金額(資産)を、会社の借入金にしておくことが出来、その借入金を資本金に振り返る事が出来る。それはより信用度を増すことになるということでしょうか?

このように解釈していいのでしょうか?

専門の方教えていただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

紙の上では資本金を増やすことは信用度を増すことにつながるかもしれません。
しかし、本当にこれが中小零細企業の信用度を増すことにはならないでしょう。
誰に対する信用度なのでしょうか?もし金融機関に対するものであれば意味はあまりありません。この様な対策の方法は既に使い古され切った方法です。(確か平成5年~6.7年ぐらいに最低資本金規制対策とともに一時的に流行った方法です。)金融機関もただ単に「繕ってきたんだな」と思うだけです。いわば粉飾決算の一種ともいえるでしょう。実際には価値のないものを資本とするのですから・・。

しかし、そうは言ってもまったく意味がないともいえません。その為にはそれ以上の信用度(利益、財務体質、会社風土など)を上げるための対策が必要なのです。その様な対策がなされた中での一つの方法として債務から資本への振替とすれば意味もでてくるはずです。単に資本金を増やすだけではまったく意味はないと思います。質問者が疑問に思ったのは中身が変わっていないのに「なんで信用が上がるのか?」ということでしょう。やはり単に資本金が増えただけでは、誰もが「良い会社」になったとは思わないはずです。

それから、現物出資ですから定款を変更する必要があります。この時に債務を資本金に振り替えている記述を付加しなければなりません。しかし、これがあると結構はずかしいものです。
また、税務上、資本金が上がる事によって毎年払う「法人住民税の均等割」が高くなったり、各種規定の取扱に変化が生じるケースがあることにも注意が必要です。

紙の上では資本金を増やすことは信用度を増すことにつながるかもしれません。
しかし、本当にこれが中小零細企業の信用度を増すことにはならないでしょう。
誰に対する信用度なのでしょうか?もし金融機関に対するものであれば意味はあまりありません。この様な対策の方法は既に使い古され切った方法です。(確か平成5年~6.7年ぐらいに最低資本金規制対策とともに一時的に流行った方法です。)金融機関もただ単に「繕ってきたんだな」と思うだけです。いわば粉飾決算の一種ともいえるでしょう。実際には価...続きを読む

Q流動比率&負債比率とはどんなことを示す指標なのでしょうか。

詳しい方、教えてください。

タイトルのとおりなのですが、流動比率、負債比率が何を表しているのかがよくわかりません。

解説書などは読んだので、計算式等はわかるのですが、
経理の素人である私にはそれが示す意味がよくわからないのです。

これらの指標がどういう意味で、適正数値はいくつとか、
わかりやすく教えていただくと嬉しいです。

Aベストアンサー

伴に安全性分析の指標です。
流動比率は、短期に支払うべき流動負債の支払準備が十分にあるか否か、短期的な支払能力を判断するものです。別名銀行家比率とも言われ、銀行が企業に融資する場合に、その企業の安全性判断のために用いられます。
負債比率(金融負債比率)は、総資本のうち、金融資本に依存している割合で、借入金依存率とも言われます。割引手形の性質は銀行借入金と同じなので、これを借入金に加えます。借入金は長・短期の合計です。
自己資本が低いほど金融比率が高くなる傾向があり、その安全性が損なわれます。

適正数値
流動比率は、200%が適正といわれていますが、通常130%くらいあれば良いでしょう。ただし、業種により58.7%(飲食業)から187.2%(小売業)まで数値に開きがありますが、全業種の平均は122.6%です。
負債比率は、50%を超えると安全性は損なわれてきます。
この数値も業種により開きがありますが、全業種の平均は44.6%です。
〈いずれの数値も、「TKC経営指標」より)

Q資本金と資本準備金の違い

基本的な質問ですみません。
資本金と資本準備金は何がちがうのでしょうか?

教科書には株主から集めたお金としてまとめられてしまっていますが。。

Aベストアンサー

例えば、2000万円を資金として会社を創立した時に、資本金2000万円としてしまった場合、1年目に赤字を出してしまうと、いきなり減資をしなければなりません。300万円赤字だったとすると、資本金は1700万円となってしまいます。

実は、減資の手続きは結構大変ですし、資本金が簡単に変化してしまっては、会社の信用にも影響しますし、会社概要・案内等も作り変えなければなりません。

そこで、2000万円持っていたとしても全てを資本金とはせずに、1000万円だけ資本金とするなどして、残りの分は不測の事態に備えて(赤字など)別に計上しておきます。これが、株式払込剰余金で資本準備金の代表的なものです。

たとえ赤字が発生したとしても、資本準備金を取り崩すだけなので、資本金はそのままです。(例では資本金1000万 資本準備金 700万になる)

ちなみに、株式の発行価格の2分の1以上は、必ず資本金としなければなりません。

合併差益についても同様で、現金ではなく、被合併会社という現物による出資のうち、資本金としないで別に計上しておいた部分を指します。

昨今の商法改正により、減資差益が資本準備金ではなく「その他の資本剰余金」となったり、資本準備金を未処理損失の補填以外にも取り崩したり出来るようになったりと、めまぐるしく変革が行われているので、常に最新の情報に耳を傾けていると良いでしょう。
ご参考になれば幸いです

例えば、2000万円を資金として会社を創立した時に、資本金2000万円としてしまった場合、1年目に赤字を出してしまうと、いきなり減資をしなければなりません。300万円赤字だったとすると、資本金は1700万円となってしまいます。

実は、減資の手続きは結構大変ですし、資本金が簡単に変化してしまっては、会社の信用にも影響しますし、会社概要・案内等も作り変えなければなりません。

そこで、2000万円持っていたとしても全てを資本金とはせずに、1000万円だけ資本金とするなどして、残りの分は不測の事...続きを読む

Q指標とは

指標と言う言葉の意味が良く分かりません。

辞書では、
「物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるもの。」
と、あります。

そこで、目印を辞書で調べると、
「見てすぐわかるようにつけたしるし」
とあります。

と言うことは、指標とは、目印か、と思ったのですが、辞書には「目印となるもの」と載っていたので目印そのものでは無いのか、とよく分からなくなってしまいました。
どなたか、ご指南宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 「指標」という言葉そのものの意味だけを考え込んでしまうと分かりにくくなってしまいますね。「指標」という言葉が使われる文例と一緒に覚えるといいと思います。
 よく聞かれるのは、「●●が▲▲の指標となる」という使い方です。グーグルで「指標となる」で検索してみましたので、参考にしてください。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%8C%87%E6%A8%99%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

参考URL:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%8C%87%E6%A8%99%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

Q資本金と資本剰余金について

資本金と資本剰余金について、それぞれの意味を教えてください。
なぜ、集めてきた資本を資本金と資本剰余金に分けるのかわかりません。
その目的と意義は何でしょうか?

Aベストアンサー

>資本金は、その会社がいつでも持っている現金の額。

これはありえません。基本的に資本金1000万で会社を設立したら、資産として現金1000万もっていなければありえないです。

株式会社は株主に利益の分配をします。安定株主は配当をどれだけ貰えるのか気にします。資本金は今では取り崩しが可能ではありますが、資本金を取り崩さなければならないような会社に株主は投資をしたいとは思いません。企業が自己株の売買や利益の赤字などを相殺するのに資本金を取り崩さなくてもすむように剰余金とゆう資本金に変わる可能性のあるものとしておいておきます。
安全のためにも、全額資本金にせず剰余金に振り分けたり、剰余金が充分にあれば、利益が出なくても、株主配当が出来るようになっています。

Qビル管の【室内の光と照明】で快適性を表す指標とは何ですか? [輝度は明るさを表す指標である] という

ビル管の【室内の光と照明】で快適性を表す指標とは何ですか?
[輝度は明るさを表す指標である]
という一文が誤りです。
調べると輝度は快適性に関わっているという記載がありました。
関わっているが指標では無いので理解できないです。
快適性を表す指標とは何なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

輝度は光源の光の強さを示します。
照度の誤りでしょう。

照度は照らされた箇所の明るさを示します。

Q資本準備金と資本剰余金の違いについて

資本準備金と資本剰余金の違いがよくわかりません。
会計に精通している方がいらっしゃったら是非教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

資本剰余金の構成要素
  1、資本準備金
     ◯資本金の額の二分の一を超えない額は資本金として計上しないこ
      とができる (会社法445条2項)
     ◯前項の規定により資本金として計上しないこととした額は、資本
      準備金として計上しなければならない (会社法445条3項)
     ◯剰余金を配当する場合は、減少する剰余金の1/10を資本準備金
      又は利益準備金として計上しなければならない (会社法445条4項)
  2、その他資本剰余金
     A.資本金現象差益・資本準備金減少差益
       http://kanjokamoku.k-solution.info/2006/05/post_267.html
     B.自己株式処分差益
       http://kanjokamoku.k-solution.info/2006/05/_1_141.html

資本剰余金=資本準備金+資本金現象差益・資本準備金減少差益+自己株式処分差益


人気Q&Aランキング

おすすめ情報