「教えて!ピックアップ」リリース!

65歳の障碍者です。
18年ほど現在の会社でアルバイトで働いています。
障碍年金は初診時に年金納めていないので、一切ありません。
老齢年金を10月より支給されています。
今までは所得税・住民税ともに非課税でしたので
NHKも免除されていました。
仕事は今年で終わりと思っていましたが
来年も働いてほしいと言われました。

質問内容:収入は、健康保険、厚生年金等引かれて130万で
来年は+年金130万で260万になる予定ですが、
所得税・住民税は課税対象になるでしょうか?

A 回答 (2件)

少し詳細に回答します。



課税所得となるかは、計算が必要です。

ます、年金ですが、
老齢年金   130万から、
公的年金等控除110万引かれ
雑所得     20万…①

給与収入ですが、手取が130万
ですから、額面では社会保険料を
逆算すると155万程度になります。
給与収入   155万からは
給与所得控除  55万引かれ
給与所得   100万…②
で、
合計所得①20万+②100万
=120万…③
になります。

ここから、控除できるものは、
       所得税 住民税
⑪基礎控除  48万  43万
⑫障害者控除 27万  26万(想定)
⑬社保控除  23万  23万(想定)
⑳合計    98万  92万
が、少なくとも引けます。

そうすると、
所得税では、
③120万-⑳98万=22万
が、課税所得となるため、
22万×所得税率5%=1.1万
所得税が課税されます。

住民税では、障害者の場合
合計所得135万以下の場合
非課税になるので、
③120万≦135万なので、
住民税は非課税です。
https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/kazei/kojin_ju …

また、
⑫障害者控除 27万  26万(想定)
は、等級によっては控除額が増えますし、
⑬社保控除  23万  23万(想定)
は、勤め先の社会保険料とは別に
介護保険料も加算されます。
さらに、扶養家族がいれば、
配偶者控除や扶養控除といった控除も
あります。

そうした控除が増えれば、所得税も
非課税になるでしょう。

NHK受信料の免除の条件は、
・障害者であり、
・住民税(市町村民税)が非課税
が、条件になるので、
上述の合計所得の条件
③120万≦135万
である限りは、全額免除になります。
※障害者だけの場合は、半額免除です。
https://www.nhk.or.jp/faq-corner/2jushinryou/11/ …

合計所得の③120万が、
各所得条件のポイントになります。
ご留意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りやすい説明有難うございました。

お礼日時:2022/11/22 13:06

年収110万円から課税対象者となります。


NHKも支払い義務が発生します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

障碍者控除は・・・?
「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税の決定・変更通知書」
で障害者により非課税と頂いているんですが・・・?
役所経由でNHKも申請しました。
すべて正規の手続きを経ています。

お礼日時:2022/11/22 11:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング