プロが教えるわが家の防犯対策術!

憲法改正など、日本の防衛について危機意識を持つ人が増えていますが、ここはあえて、自衛隊を警察組織である「国家警備隊」として再編すべきではないでしょうか?

自衛隊の人手不足は深刻で、2040年代〜2050年代には自衛隊は組織が維持できなくなり、消滅するという計算を政府が出しています。
一瞬で人手不足を解決できる画期的なアイデアがあれば良いのですが、広報とPRくらいしか募集方法が思いつかない以上は、もはや自衛隊を単独組織として置くことに見切りをつけないといけない状況です。

そこで私は、自衛隊を警備警察と海上保安庁と統合し、「国家警備隊」を作るべきだと思っています。あえて自衛隊を警察組織に再編するのです。
日本が他国に侵攻することはありませんから、敵国からの侵攻は内乱罪や殺人罪として処罰すれば良いのです。また、必要であれば新しく刑罰を新設するのも良いでしょう。例えば、日本国の領域に、我が国並びに国民に武力を行使することを目的として武装して侵入することを処罰する刑罰とか。

「警察と軍隊では任務が違う」「武力攻撃に一般刑法で対処するのは不可能」という批判もあると思いますが、そんなことを言っていられる状況ではありません。
憲法9条を改正したところで、急激に入隊希望者が増えるわけではありません。まあ、改憲によって自衛隊が国民に受け入れられ、入隊希望者が増える....という可能性もありますが、所詮は希望的観測にすぎません。


2040年代に組織が消滅する試算なのに、2039年に議論しているようでは遅いので、今から検討すべきだと思います。
あるいは、一瞬で自衛隊の人手不足を解決できる画期的なアイデアがあれば教えてください。

A 回答 (4件)

もともと自衛隊の前身が警察予備隊という名称だったのをご存知ですか?


国内に侵入してきた外国のならず者を退治するために作られたんです。
国内(国土)の警備・防衛は憲法9条とは関係無いということで作られました。名目上はもともとは警察だったんです。

>憲法改正など、日本の防衛について危機意識を持つ人が増えていますが、
この人たちは、国内で防衛してても国は守れない。「危険な国はこちらから攻めないとダメだ」という考えで憲法改正を目指してます。

>自衛隊の人手不足は深刻で、
自衛官が減少し始めたのはPKO法ができてからです。自衛隊員として海外派遣に疑問を持つ若者が増えたのか、単なる少子化かはわかりませんが、タイミングが何かを語っているように思います。

>一瞬で自衛隊の人手不足を解決できる画期的なアイデアがあれば
>教えてください。
一番簡単なのはお金や身分で釣る方法でしょうね。質のいい若者を確保できるかどうかは分かりませんが。
例えば、数年の自衛隊勤務で退役後の年金受給や支払いを優遇したり、公務員への採用を優遇するとか、企業に一定数の雇用を義務付けるとか。
退官後は4年間の大学の学費を免除するなどすれば貧困家庭の進学支援にもなりますね。
かくいう私の父も子供のころに両親を亡くし、長男として兄弟を支えるため軍に志願したという話を聞きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自衛隊の前身が警察予備隊ということは知っていますよ。
ただ、警察予備隊はあくまで治安維持が目的ですので、「侵入してきた外国のならず者を退治するための組織」ではありませんでした。本来であれば外国のならず者退治は占領軍の仕事だったのですが、朝鮮戦争によって占領軍も半島へ出兵し、日本の治安までは面倒を見れなくなった、ということで作られたのが警察予備隊でした。そして占領軍の撤退とともに保安隊に改組され、防衛組織となりました。

自衛隊が定員の充足率を満たしたことは1回もないので、「PKO法ができてから人手不足が始まった」というのは事実誤認か情報操作のどちらかですね。

職務にふさわしい待遇を与えることを「身分やお金で釣る」と表現するのもどうかと思いますが、それはさておき、日本国民が貧しいことを前提にした採用制度には違和感を覚えずにはいられませんね。確かに、経済的に豊かではない国民がいるのも事実ですが、それを解決すらさせずに、貧困国民の存在に甘んじた採用制度を構築することは首を傾げざるを得ません。

お礼日時:2022/11/27 12:26

>日本が他国に侵攻することはありませんから、



その日本国憲法を変えようとしています
「日本は憲法を変え、防衛費を増やし、また侵略戦争の準備をしている」
とアジア各国でプロパカンダが作られます

>改憲によって自衛隊が国民に受け入れられ、入隊希望者が増える..

戦争をする軍隊になったら逆に減ると考えます
自分の娘が兵隊と結婚したいと言ったら反対する親が増えると考えます
アメリカではイラク戦争やアフガン戦争で多くの未亡人が生まれました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>戦争をする軍隊になったら逆に減ると考えます

憲法改正=戦争 という発想がプロパガンダですね。

お礼日時:2022/11/27 11:21

徴兵制を復活するべきだ。


徴兵制にイチャモンをつけるバカ左翼もいるが、少子高齢化による自衛隊員の不足を補うには徴兵制が有効だ。
全ての10代20代を徴兵するわけではなく中学高校大学での体育や部活での体力等を調べて、選んで行けば良い。
野球、サッカー、バスケをやっていた人たちが向いているだろう。
徴兵検査のときにわざと体力がないふりをするだろうから。
徴兵年齢は18から30だ。
理系工学系の優秀な者や持病障害持ちは、免除する。
陸海空に適正をわけて配置。期間は3年間。

40年代になれば少子化も深刻化してくる。
徴兵は韓国やウクライナ、ロシアなどなどがやっている。
徴兵制は何もおかしくない。国を守るための当たり前の制度。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

徴兵制が何の意味もないことは既に証明されていますし、徴兵制がある国より無い国のほうが圧倒的に多いという現実を受け入れるべきです。
そもそも、体育や部活での体力を調べて選ぶような徴兵制はおよそ徴兵と呼べたものではありません。

お礼日時:2022/11/27 11:20

拳銃で、犯人を撃っても、


刑法に問われる警察に、

敵の人間を殺す、
戦闘はできますまい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

警察が犯人を撃っても刑法に問われることはありません。
また、必要があれば法改正すれば良い話です。

お礼日時:2022/11/27 08:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング