高等学校で物理はなぜ学ぶのですか?この回答は皆さんの推測ではなく、しっかりと明文化されているものをお願いします。私が高校の時に物理を学んだ理由はで物理を専攻しておけば、大学を選ぶときに選択の幅が広がるからという単純な理由でした。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

大学の物理学の一教官としてコメントさせて頂きます。


高校において、物理学の入門をきちんと教わることができるであれば、kokirikoさんからの回答:「物理は科学の基礎であり、ほとんどの理科系の学問の基本となるものです。(以下略)」につけ足すことはあまりありません。だだ、少なくとも教科書を見る限り、高校の物理は、きちん考えれば考えるほど謎と疑問が湧き起こる不完全な教科になってしまっています。ですから、自然法則の公式を知識として知る効用はあっても、より進んだ科学を学ぶための基礎を獲得することにはならないのが実状です(これは私の体験に基づく見解です)。是非、大学生向けの(時代を越えて生き残っている)の教科書を読破して下さい。そうすれば、この世のほとんどの現象がごく少数の美しいルールから説明できることを知ることができます。個々の課題、目先の障壁、こういう煙のなかにあるようなものを、上空から、一望して見通すことができる-そいういう爽快感を物理は与えてくれます。それを、新発明に結びつけるもよし、ちっぽけな自分の無力感から飛翔する原動力とするもよし、もちろん単なる爽快な体験として胸に刻んで、以後は別のことに打ち込むもよし。何れであっても、物理の勉強は、一生の中の、かけがえのない進歩のステップを与えてくれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。なんか私の質問の仕方が悪くて皆さんにご迷惑をおかけしたと思いますが、普段なかなか聞くことのできない大学の先生の話が聞けて良かったです。

お礼日時:2001/09/11 17:32

大学で基礎をやっている暇が無いからです。

でも最近は、大学で基礎を教えているそうで、一般社会では大学で習ってくるはずの事を知らない、解らない人が多くて困ります。しっかり”せめて基礎を”身につけて下さい。
    • good
    • 0

物理に限らないですが、それは「面白いから、やって損はない」


どうしても面白くなければ、それ以上やってもしかたないでしょう。

大学を選ぶ理由までかかわってきますが、「なぜ○○学部を受けるの?」というところで、同じ答えになります。
    • good
    • 0

高校は義務教育ではありません。

自分で学ぶ理由を見つけられない人は学ぶ必要はありません。
    • good
    • 1

 ある人が言ってました。

「何でこんなこれから先意味も無い様な勉強する必要があるの?」と思いがちだけど、それは、その道のプロを育てる為のフルイだと。数学や物理なんて全く意味が無いと思っている人もいるけど、中にはすっごく興味があって勉強する人がでてくる。邁進していき、色んな最新技術に携わる。その最新技術により私達の生活がより便利になっていく。
 物理だけじゃなく色んな物にも言えると思います。
ちょっと飛躍しすぎかもしれないけど(笑)、こんな風に考えている人もいますよ。
    • good
    • 0

建築設計の専門学校に通いました。

授業の中に物理が出てきて、かなり苦労しました。建物の構造設計で物理が必要だったのです。
(数学は覚悟していましたが、物理も必要だったとは・・・)
高校時代、物理もしっかり勉強しておけばよかったと後悔したものです。
#3の方が書かれているように、業種によって必要になる教科であると思います。
    • good
    • 0

物理を学ぶのは、大学進学のためではありません。


確かにRitenさんのような理由の方もいらっしゃるでしょうが、世の中には「物理学」を必要とする業種は数多くあります。
高校の物理すら理解できない場合、最新の機器どころか、数十年前の電化製品すら新規に開発できなくなってしまうでしょう。

私にとっては、「古典」や「歴史」の方がなぜ学ぶ必要があるのか分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうですね、僕もそう言われると古典などの方が分からない気がします。

お礼日時:2001/09/11 17:36

大学の選択肢も一つの理由です。

でもそれは大学に入ってからもっと高度な知識を得るための基本を覚えるためのものです。
物理は科学の基礎であり、ほとんどの理科系の学問の基本となるものです。
これを高校のときに学ぶことにより、将来の技術や事象に対応することができるようになります。
でも、現在ではほとんどの高校では選択科目になっているのでは?
生物系以外の理系に行くのであれば、出来ればやっていて欲しいですね。
    • good
    • 0

「なぜ学ぶのか」すなわち「学ぶ側にとっての理由」であれば、「しっかり明文化」されている、という表現がよく理解できません。

人それぞれ違うはずです。

「なぜ教えるのか」という「教える側の理由」であれば、文部科学省の学習指導要領などに、しっかり明文化されています。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/9903 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学は苦手だけど、物理は得意って人は存在するの?

物理の参考書を見ると難しい数式で書かれてたりするので、数学が出来なくては物理は出来ないような気がします。
そこで疑問に思ったのですが、数学は苦手だけど物理が得意って人はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

>数学は苦手だけど、物理は得意って人は存在するの?

世界中に沢山いると思います.かの相対論で有名なアルバート・アインシュタインも数学は苦手でした.相対論を構成して行く過程で数学の優秀な人に数学を教わったそうです.

物理の参考書に難しい数式が並んでいるのは,ほとんどが,後の人の付け加えです.数式は,物理現象を説明したり,再現性を確かめたりするために後から付け足すものです.

物理学は,数式が始めに有るのではなく,物理現象に対して数式を後から当てはめたものです.

数学が苦手でも物理学は出来ます.想像力と創造力とヒラメキがあればいいのです.それから,情熱と・・・.

物理学は,人間の想像からはじまり,観測し,その物理現象に数式を後から当てはめる作業なのです.

ですから,想像力が始めに無ければ,物理学は始まりません.その次に数学があるのです.

Q今大学3年生で物理を学んでいる者です。将来は宇宙物理学を専攻したくて、

今大学3年生で物理を学んでいる者です。将来は宇宙物理学を専攻したくて、具体的にはまだわからないですが、アインシュタインの一般相対性理論やその宇宙への応用か宇宙の始まり辺りをやりたいと思っています。修士まで行くことは決めてあります。博士はまだわかりません。


ですが、正直今かなりまいっています。
自分はあまり頭が良くなくやはりこの辺りだと東大や京大のかなり頭が良い人が集まると聞いて、自分ごときがうまくやっていけるかかなり不安です。
夢を叶える確信が全く持てません。

自分は物理の概念を把握したり、イメージすることや、とことん考えてアイディアを出すことは得意なんですが、数学の式変形がすごく苦手で、後口下手なのでディスカッションとかも苦労しそうです。


しかも、やることが多く、色々不安もあって焦って昔と比べて物理の勉強があまり進まなくなって来ています


高校の時はニュートン力学のF=maの式で今は加速度は位置の2階微分ではないですが、こんな単純な式から全て導けることにむしょうに感動して、電磁気も面白く、大学1、2年でも講義は大変面白く、力学や物理数学、電磁気、線形代数、熱力学など講義の中で知識をどんどん吸収していって、講義にすごく感動したのですが、2年の冬休みに1日中苦手な数学を一気に勉強した反動か春休みぐらいから勉学への情熱が薄れてきてしまいました。

自分はここまでが限界なのかなぁとどうしても自信が持てず、ネガティブに考えてしまいます。


そこで質問なんですが、何かアドバイスして下さいませんか?
皆さんは気分が落ち込んだ時やモチベーションが下がった時どうしていますか?
あと、大学生までに最低どのくらいの数学をマスターすればよろしいでしょうか?
やっぱりどんどん先へ先へと勉強を自分で進ませないと間に合わないのでしょうか?
目安として、1日何時間ぐらい勉強すればよろしいでしょうか?
大学院では上記の宇宙の分野ではどこら辺がよろしいでしょうか?

今大学3年生で物理を学んでいる者です。将来は宇宙物理学を専攻したくて、具体的にはまだわからないですが、アインシュタインの一般相対性理論やその宇宙への応用か宇宙の始まり辺りをやりたいと思っています。修士まで行くことは決めてあります。博士はまだわかりません。


ですが、正直今かなりまいっています。
自分はあまり頭が良くなくやはりこの辺りだと東大や京大のかなり頭が良い人が集まると聞いて、自分ごときがうまくやっていけるかかなり不安です。
夢を叶える確信が全く持てません。

自分は物理の...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に「物理頭」はあるんじゃないかと思います。
私は東大出で院卒理博ですが、電磁気学が高校のときからまるでダメ、統計力学なんかサッパリサッパリ♪。
なので、数学に苦手意識があるのはつらいですね。
今だと超ひも理論の第三世代くらいだと思いますが、完全に数学の世界ですから。
まず、ひもから離れて、他にどんな「先端」があるのか、Physical Review Letters何か読んでみたらどうでしょう。
応用の方は日本では応用物理学会が物理学会の一桁以上大きいので(二桁かも)会誌を良く読んでみることをお薦めします。
修士までと言わず、先は余り気にせず面白いことに集中できるかどうか、天性の集中力、想像力、創造力を試してみたら良いと思います。
もしかしたら不思議な「穴」に当たるかも知れないので、応用も厭わずに今は浅く広く情報を集めなさい。
理論って別に世界創造の理論だけが理論じゃないですから。

Q物理を理解するのに日本語は英語より不向ですか?(物理、英語が堪能な人に

物理を理解するのに日本語は英語より不向ですか?(物理、英語が堪能な人に質問です。)
昔、物理の授業中先生に、例として「直線上の一点」という表現、英語なら「above、on」の区別があるが日本語は「上」しかない。物理は日本語より英語の方が理解しやすいと言われました。その時は、なるほどと思ったのですが実際はどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

私は30年前にアメリカに渡って今まで物理の研究を生業にして飯を食って来た者です。

日本人ならば日本語に決まっています。ただし、今の世の中、英語でスラスラ読み書き出来ないと物理の専門家になるのは無理でしょう。貴方の昔の先生は何処の国から来た方か存じませんが、日本人なら「直線より上の一点」はaboveに、「直線上の一点」はonにそれぞれ対応していることぐらい誰にでも判ることですね。このように、「より」の一言があるかないかで、何の曖昧さもなしに区別が出来ます。

また、日本人が学問をするのにカタカナはいただけません。外国語を一旦漢字に直すと、その意味は、何となくでも良いという段階も含めるならば、誰にでも判るようになります。例えばエレクトロンじゃあ、その言葉はうちの婆さんには何のことだか見当がつかないが、電子なら多分それが電気に関係がある言葉であることぐらいは判ると言っていました。また、マニフェストじゃ判らんが、公約だったら判るとも言っていました。このように、漢字には表音語にはない意味の透明性があり、その結果、その言葉で意味される概念を専門家達が独占してしまうことを妨げる、大変民主的な利点があるのです。ですから、日本の専門家には外国語で表現されている概念を出来るだけ透明な漢字に直して、知的貴族の出現を許さない民主的な文化を作り上げる義務があるのです。しかし、どうも近年の専門家達はこの義務を履行していないようです。もちろん、訳語には拙劣な訳と透明な訳がありますが、それこそ、どう言う訳をするかで、その専門家の能力が試されているわけです。

また、カタカナ語は完全に元の発音と違っておりますので、それは外国語ではなく立派な日本語であると考えるべきです。カリフォルニア、マクドナルド、ボストン、オースティン、、、どれもこれもそのままでは元の外国人には通じません。私の経験でも、ソリトンとかパーターベーションとか電算機のバグという物理で頻繁につかう専門言葉をアメリカ人の前でカタカナのままに発音して全然通じなかったことを経験しております。ということは、カタカナで書かれた専門用語は、漢字と同じレベルの翻訳語と言うことになります。ところが、これは漢字で書かれていない翻訳語なので、漢字で書かれていない分だけ、その文字をいくら眺めても何を意味するか何の印象も湧いて来ない不透明で拙劣な訳語とみなすべきです。

そのことに関連して、蛇足ですが、哲学者はどうしてそんなにも言葉に対する感覚がないのかと、何時も感心させられております。もう一晩寝れば誰にでもその意味の見当が付くような、もっと透明な命名が出来るはずなのに、当為、定言的命法、仮言的命法、格率、措定、投企、所与、実存、形而上学、止揚、徴表、帰納、演繹、、、あるはあるは。漢字を見ていても何の印象も湧いて来ない。哲学って、そんなに素人に判ってもらっちゃ困る学問なんですかね。そもそも「哲学」と言う漢字を見せられて、それを初めて見た人は何をやる学問であるのか全く見当がつかない。西周とか言う人の造語だそうですが、良くもまあこんなに意味の不透明な造語を作ったものだと感心しております。多分、哲学をやる人間は、どうせ素人を煙に巻くことが生き甲斐で生きている連中だからという理由で、深慮遠謀のある命名法だったのでしょうかね。事実、その後の日本の哲学者達の言葉の命名法は、この西周さんの予想通りになって来たようですから。物理だけは、こんな拙劣な漢字文字やカタカナ文字などの手抜きをした意味不透明な訳語にしないで、誰にでも見ただけで何となくでも良いから見当がつく漢字を使って頂きたいですね。

序でですが、日本語がどれだけ物理を表現するのに適した言葉であるのかの具体的な例として、朝永振一郎の『量子力学』を挙げておきます。昔、この本について私の先生曰く「この本は危険な本である。量子力学は誰にでも出来るような物ではない。ところが、この本を読むと、量子力学が簡単に判ってしまった気になってしまうので、私も物理学者になろうと言う気を起こさせてしまう。それで、日本のどれだけの若者が進むべき道を誤ったことか。」勿論これは冗談ですが、こと程左様に、この本は、日本語が物理学を記述するのにどの国の言葉にも劣っていないことを示す具体的です。したがって、ある物理の本を日本語で読んで良く判らなかったら、それは日本語のせいではなく、その著者の物理の理解の程度の低さのせいであると考えるべきでしょう。

私は30年前にアメリカに渡って今まで物理の研究を生業にして飯を食って来た者です。

日本人ならば日本語に決まっています。ただし、今の世の中、英語でスラスラ読み書き出来ないと物理の専門家になるのは無理でしょう。貴方の昔の先生は何処の国から来た方か存じませんが、日本人なら「直線より上の一点」はaboveに、「直線上の一点」はonにそれぞれ対応していることぐらい誰にでも判ることですね。このように、「より」の一言があるかないかで、何の曖昧さもなしに区別が出来ます。

また、日本人が学問をする...続きを読む

Q【素粒子物理学を学ぶには?】必要な数学知識

物理に全く詳しくない数学科の者です。
ですので、専門の方にとってはナメた質問をするかもしれません。

素粒子物理学や量子力学、超弦理論を勉強するとしたら、
数学のどの分野の知識が大切になってくるのでしょうか。
ことさら、"時間に関する物理学"を学ぶためには、やはり量子力学をやるべきなのでしょうか。

大学の教授に聞いたところ、そこまでのレベルになってくると、どの数学が大切かわからないが、
最近は非可換幾何がそのような分野で注目されている、とおっしゃっていました。

また、もしよろしければ、その分野の先駆者がいるような大学院を教えていただければ助かります。
趣味程度ではなくて、研究者になるために勉強をしようと思います。
無礼を承知で、どなたかご教示お願いします。

Aベストアンサー

"現代の物理学"では確かに非可換幾何による運動の表現がより一般的な形として示されています。
また、ミレニアム問題で知られているように、物理学者だけではどうにもならない数学上の処理が数学者達に要求されていることも事実です。
勉強して理解したいだけなら、今までの理論の数学表現にあわせて数学を勉強すれば、よいでしょう。
しかし、"研究者として"物理を修めたいと考えるならば、今までの表現だけが出来ればよい。という態度であれば、大した理論も完成できずに終わるでしょう。
なぜなら、研究するなら、当然未知の現象にも出会うはずで、その現象の数学による表現をあなたが考える事になるので、今までとは別の表現が必要になるかもしれないので、他の方がいうように、数学の多数の分野に精通している方がより簡潔に正確に表現でき、後世まで残る理論になりうるのではないかと思うからです。
ちなみに私も物理を学習したいと思いつつ、まだ詳しくは習っていない素人です笑
お互い頑張りましょう。

Q大学受験での物理で、微積を使わないでもいけますか? どういう人が微積物理をやるのでしょうか? 志望学

大学受験での物理で、微積を使わないでもいけますか?
どういう人が微積物理をやるのでしょうか?

志望学部は工学部です。
物理は今のところ参考書で独学で頑張りたいと思っています。

一応数Ⅲをやっているのでそこまで微積が苦手な訳ではないのですが。。。

Aベストアンサー

No. 2 の方の言うとおり、高校の物理では、微積を使わなくてもできることになっていると思いますが、使わないと、いちいちいろんなことを考えて式を立てりしなければなりません。それよりは、微積を使って考える方が簡単だと思います。

今、自分で微積を勉強しているようですから、物理も一緒にやってみれば、微積の意味、必要性などもよく分かって来るかもしれません。

Q物理学を学ぶにあたっての数学勉強法

物理学科1回生の者です。
自分で勝手にどんどん勉強していこうかと思っているのですが、数学をどのように勉強すればよいか迷っています。というのは、定理や公式の厳密な証明をちゃんと勉強すべきでしょうか?
具体的に言うと合成関数の微分で

dy/dx=(dy/du)*(du/dx)

というようになりますが、なぜこうなるかというちゃんとした証明は勉強するべきなのでしょうか?
あとε-δ論法も勉強したほうがよいのでしょうか?
もちろん、それらを理解できるに越したことはないと思いますが、証明をよんでもいまいち理解できないのでなかなか進みません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ことを物理をちゃんと理解するための道具を手に入れる、と割り切ってしまうなら厳密な証明はあまり必要ではありません。むしろ幅の広さのほうが要求されると思います。物理の数学といっても分野によっていろいろありますし、厳密より広範が大切でしょう。
もっともおっしゃるようにちゃんと理解していたほうがいいのは当然です。小さい話では私、物理から数学に転びました。また教師稼業の友人で数学の方が採用がいいっていう理由で数学の免許とってやっている人もいます。こういう場合はやっぱりどこかでしっかり理解し直す必要があるでしょう。
大きい話だとフィールズ賞(数学のノーベル賞みたいなやつ)もらった人の中にあのM理論のウィッテンがいたりします。まあこの人の場合もともと歴史学専攻で物理は趣味、大学院は数学、なんていう人物なのでちょっと例外中の例外かもしれませんが。

Q高校物理を履修していない人でもできる電磁気の勉強法

理系の学部に通っている大学1年の者です。

10月から電磁気の授業が始まるので、それに備えて今から少し予習しておきたいと思うのですが、どのように勉強すればいいでしょうか。

大学の授業では高校で物理を履修した人と履修していない人で授業が分かれており、私は物理を履修していないので当然履修していない人用の授業を受けるのですが、ついていけるか心配です。

1学期に力学(これも電磁気と同様に物理を履修しているか否かで授業が分かれます)の授業があったのですが全然ついていけませんでした。
(物理を履修していない人用の授業とはいえ、7月には物理履修者用の授業と同レベルのことをやっていたので)


シラバスには
(1)自然界の基本的力と電磁場、ローレンツ力、電荷の保存
(2)静電場
(3)定常電流
(4)定常電流による磁場
(5)時間的に変動する電磁場
(6)変位電流とマクスウェル方程式
などと書いてあります。

とりあえず高校の物理の教科書を読むところから始めようと思っているのですが、他におすすめの勉強方法や参考書がありましたら教えてください。お願いします。

理系の学部に通っている大学1年の者です。

10月から電磁気の授業が始まるので、それに備えて今から少し予習しておきたいと思うのですが、どのように勉強すればいいでしょうか。

大学の授業では高校で物理を履修した人と履修していない人で授業が分かれており、私は物理を履修していないので当然履修していない人用の授業を受けるのですが、ついていけるか心配です。

1学期に力学(これも電磁気と同様に物理を履修しているか否かで授業が分かれます)の授業があったのですが全然ついていけませんでし...続きを読む

Aベストアンサー

岩波書店出版の物理入門コース電磁気学Iをおすすめします。
電磁気学では力学の知識も必要ですが、F=maをある程度使いこなせるなら問題ありません。
講義名は「電磁気学」ですが、最初にやることは恐らく数学です。
具体的には、スカラー積、ベクトル積、ダイバージェンス、グラディエント、ガウス定理などを学ぶはずです。
上記の数学の知識は、電磁気学に於いて必要不可欠なものであり、誰もが苦戦する代物です。
高校の物理の教科書から始めるのも良いですが、落ちこぼれることを防ぐためにも、これらの基礎知識を固めるべきかと思います。
因みに、物理入門コースの電磁気学と演習は、初心者の立場で考えると非常な名著であると言えると思います。
大学の図書館にもあるはずですよ。

Q物理学を学ぶ大学生や大学院生が、英語で書かれた論文を読んで勉強すると思

物理学を学ぶ大学生や大学院生が、英語で書かれた論文を読んで勉強すると思います。その際、過去何十年分かの専攻分野の論文を片っ端から読むのですか?また、物理学科の学生が何人もいるばあい、そもそも大学にある論文集が人数には足りないのではないですか?少なくともパソコンがなかった時代はどうしたのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
卒業してからだいぶ経ちましたが、

>>>物理学科の学生が何人もいるばあい、そもそも大学にある論文集が人数には足りないのではないですか?

ほとんどの場合、論文集は大学の図書館にあり、手元にほしいときはコピーです。

>>>少なくともパソコンがなかった時代はどうしたのですか?

巻末の索引で、キーワードや著者名で調べます。
論文集によっては、1年に1回ぐらいの頻度で、論文なしの索引だけで1冊というものが刊行されていました。

というわけで、

>>>過去何十年分かの専攻分野の論文を片っ端から読むのですか?

片っ端からではありません。まずは索引です。
そして、冒頭の Abstract だけ読むのが大部分。
コピーしてきて精読するのは、1か月に数件~数十件です。
そして、注目した論文については、必要に応じてその論文が引用している既出の論文(論文の最後に一覧あり)も調べます。

Q理系の人へ 物理と生物を選ぶとき生物は受験校があんまりないと言いますが物理を選んだら生物系の大学へ行

理系の人へ
物理と生物を選ぶとき生物は受験校があんまりないと言いますが物理を選んだら生物系の大学へ行くことはできるんですか?
国公立大学の場合

Aベストアンサー

受験できるか出来ないか、ということで言うと、大学によっては、少なくともセンター試験の段階では可能なケースはあり得るでしょう。センターの段階では、選択科目はやや拡げておく場合もありますから。
 一方、各大学の個別試験の段階では、その大学・学部・学科で入学後に必要となる科目を課すのが普通ですから、生物系の大学・学部・学科では、入試科目として生物が必須になっている可能性は高いと思います。ただし、生物系の学科なら、理科を、生物・物理・化学から選択、としている可能性もあります。
 ですから、大学による、としか言いようがありません。

 もっとも、受験の制度上は、高校の時に生物を履修していなくても、生物系の学部・学科の志願(=受験)自体は可能です。合格するかどうかは別問題ですが。

 それよりも・・・
 理系では、学部・学科(専攻)によって内容が全く異なります。そのため、入学後、主に必要となる理系科目も、物理系・化学系・生物系の学科で異なりますし、同じ物理系学科でも、土木建築系・機械系・電気電子情報系で違います。
 理系を志望する場合、その志望の分野(≒学科・専攻)によって、選択する科目はほぼ自動的に決まってしまいます。つまり、本来なら、ご質問のようなことは、あり得ない、ということになります。

受験できるか出来ないか、ということで言うと、大学によっては、少なくともセンター試験の段階では可能なケースはあり得るでしょう。センターの段階では、選択科目はやや拡げておく場合もありますから。
 一方、各大学の個別試験の段階では、その大学・学部・学科で入学後に必要となる科目を課すのが普通ですから、生物系の大学・学部・学科では、入試科目として生物が必須になっている可能性は高いと思います。ただし、生物系の学科なら、理科を、生物・物理・化学から選択、としている可能性もあります。
 で...続きを読む

Q理論物理学専攻のひと

東大や京大の理論物理学専攻の研究室に受かる人は院試で何割ぐらい正解するのでしょうか?

Aベストアンサー

数学で80%、英語90%、物理80%程度でしょう、第2外国語は最近もあるんですか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング