dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

どちらの家庭に生まれたいですか?
①父身長190cmFラン大卒
中小企業の正社員
40歳で年収350万
昇給する見込みなし

母身長175cm高卒
専業主婦

父母ともに高身長遺伝子をもち、自分もほぼ必ず高身長になれる

②父身長170cm明治大学卒
1万人規模の大手金融業の総合職
40歳で年収1000万
55歳くらいで1400万くらいになる見込み

母身長155cm日本大学卒
パートで働く

高学歴の遺伝子をもち、教育にいくらでも金をかけられる

A 回答 (4件)

やはり②の方がいいかと思います。

うちの家庭がまったくそんな感じでした。最近聞いた話しで親父は定年退職しましたがお酒を交わしながら年収聞かれて父親は大卒、テレビ局勤務で40代で年収1500万円、50代では年収2000万円はあったとか。妻は病気がちでしたので専業主婦でした。少し地方に住んでたからそのおかげで裕福な方で今もそれに甘えて自分は親父所有の土地を幾つか譲ってもらう予定です。ですが自分は高卒で姉は大卒でした。
    • good
    • 0

②一択です。



①は、メリットを感じません。
高身長に何の魅力も感じませんので。
高身長だからモテると限らないし、進学や就職などに特別プラスにもなりません。

②は能力も経済力もそれなりにあり、子どもに経済的な劣等感を持たせることなく生活できるので。
    • good
    • 1

22。

    • good
    • 1

私の父は①よりは②に近かったですが、息子である私とはあまり関係がよくありませんでした。

教育にはお金をかけてくれたので、その点では感謝していますが、親子関係としてはあまり良い方ではなく、父が他界しているのでもう関係性を修復することもできません。

なので親のスペックよりも「子供から見て、よい関係性を保てる親」がいちばん大切です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!