電子書籍の厳選無料作品が豊富!

ロシアによるウクライナ侵攻を巡る日本政府の対応について、自民党の森元総理大臣は「こんなにウクライナに力入れちゃっていいのかなと。どっちかが勝つ負けるっていう問題じゃない。ロシアが負けるってこと、まず考えられない。そういう事態になれば、もっと大変なことが起きる」と述べたそうですが、この発言について、どう思いますか。

※「こんなにウクライナに力いれていいのか」プーチン氏と“親交”森元総理が政府に苦言
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articl …


そんなに、森元総理がプーチン大統領と“親交”があるなら、日本政府の対応に対して文句を述べる前に、プーチン大統領に、戦争を止めるように説得すべきと思いませんか。

質問者からの補足コメント

  • 防衛大学名誉教授の佐瀬昌盛氏は「森喜朗さんのお名前は『もり・よしろう』と読みますが、一部のメディアなどでは『しんきろう』と呼ばれています」と述べているそうです。

    ※「ロシアは負けない」発言の森喜朗氏に、防衛大名誉教授が言いたいこと
    https://news.yahoo.co.jp/articles/17007c15de8af4 …

      補足日時:2023/01/29 21:48

A 回答 (17件中1~10件)

プーチンを批判・非難して侵略をやめろと言えば常識人と見なしますが、無能な総理大臣経験者の一人です。

ゴロツキ集団プーチンとその一派を援護するとはその仲間としか思えませんな。
    • good
    • 12

ウクライナは腐敗や汚職が多い国であることは事実です。


ロシアは長々と恫喝や傀儡を立てウクライナの支配を目論んでいました(それも腐敗や汚職の一大原因です)。

ウクライナ東部ロシア系住民(でもロシア国籍者ではなくウクライナ国籍者)がロシアに恭順郷愁の意を持つのは、その出自や生活習慣からしてもよくあることだとは思いますが、それを以って外患助長や内戦をしかけるのは、ウクライナでなくても罪になります。実際には内戦を装った外国勢力の介入でしたけどね。

常識的に自治権の拡大を求める紛争の過程で、対空ミサイルシステムが使用されています。マレーシア航空機撃墜事件ですね。何であんなものが持ち込まれているのでしょうかね。そして、それはどこから来たものなのか。ロシア軍の横流しでしたら、ウクライナのことは非難できませんね。

ロシアの幾重にも重なるマッチポンプに抵抗するかしないかのどちらかでしかない状況下で、姑息な工作をしかけた側が痺れを切らして手を出したのですね。

それを、「ロシア系【ウクライナ国籍者】を護るため」とか「ウクライナ政府が腐敗しているため」とか言っては駄目ですよ。主権国家への侵攻を戦争だと認めないロシア政府なんて、最強(最凶、最狂でもありますが)レベルの腐敗ぶりです。

産科病棟や学校へのミサイル攻撃に「医療従事者や生徒を装ったテロリストへの攻撃なので問題ない」と言い放ってましたね。撤退した都市から大量の市民の遺体が見つかっても「ロシア軍がやったものとの証拠がない」でしたね。さすがにヤバいと思ったのか、以降は死体焼却のための車両を随伴させているのは何故でしょう。もちろん、ロシア軍人の遺体も焼いていることでしょう。KIAじゃなくMIAにしちゃう方が国内的にもお得ですから。

いずれにせよ、主権国家に対する行動としては、現代の常識から外れています。16世紀でさえもっとまともでしょう。

ネオナチという単語を出せば正当化できるという発想も幼稚の極みで、ロシア国内の民族人民党というネオナチ政党は放置、ワグネルのRusichというネオナチはロシアさん、便利な機能として有効活用です。

プロパガンダ論を展開する方も世にいますが(それでもピュア陰謀論者よりは当社比50%増しでまともではありますが)、①侵攻を侵攻と認めない、②侵攻理由が自己中、③侵攻という事実が存在する、④侵攻後のジェノサイドや戦争犯罪行為、は国連憲章違反、ハーグ陸戦条約違反です。
    • good
    • 0

>おっしゃっている「ロシアへ核攻撃する発言などで挑発し続けた挙句に、起こるべくして起きた、紛争です。

」については、「No.13さん」のように「ロシアのロジックは無茶苦茶です。」の意見もあり、どちらが正しか分かりかねていますが、

一方的な言い回しや特異な解釈ではなく、また、言う事が2転3転するゼレンスキーの詭弁やプロパガンダに基づくマスコミ報道ではなく、事実だけ淡々と見て判断すればいいと思いますよ。

世間には、事実さえも受け入れられれず、ウクライナの捏造や、ゼレンスキーの詭弁こそが正しいと思うほど、ネオナチ化してる人も増えているので、困ったものですが。

ウクライナ元大統領ポロシェンコのドンバス戦争に関する演説
ドンバス(のロシア人とウクライナ人)をジェノサイドする


2016年12月 米国マケインらのウクライナ軍・アゾフ連隊への演説
米国と目的を同じとする、ネオナチによるロシア侵略の支援の約束。
https://www.youtube.com/watch?v=GCKYVA2Q3KA

ゼレンスキーの核落とせ発言
紛争前に続き、またあのバカが言ったと話題になっていた発言。
https://www.youtube.com/watch?v=nqFTChu9waQ

捏造に関しては、国連の要人などがボロを出して話題になった映像などもありますが、そもそも、どういう経緯でウクライナ紛争が起きたかは、米国主体の西側ウェブ系メディアをバックにした、ウクライナの戦争PRのスパムが起きて大きくバイアスがかかる前の、日本を含む世界中のマスコミ記事などを見れば、事実がわかるかと。

ここの教えてgooにも散々情報が掲載されているので、参考にすれば良いかと。
    • good
    • 3

>中国やロシアが普通の民主国家であれば取り得るかもしれませんが



米国がロシア侵略の為に企てたウクライナ紛争にしてもそうですが、既に米国が普通のまともな民主国家では無く、幾ら軍事力を使ったところで、BRICSが覇権を握る時代が到来する事は避けれそう無く、日本はいずれの超大国にも加担せず、特に、日本を、来るべき時に備えた中国侵略の踏み台として、太平洋戦争を起こした米国とは大きく距離を置く方向で動くのが賢明でしょう。

こちらは中間選挙前のバイデン政権への米国メディアでの批判インタビューですが、今の米国とはこのような国であると認識しており、言われるがままに、財産も人命も提供し、奴隷のように従属し続ける日本は、正気の沙汰では無いと考えています。
    • good
    • 0

>そういう事態になれば、もっと大変なことが起きる」と述べたそう



多分、ISのようなテロリストを大量生産する国になるでしょう。でも、ロシアのロジックは無茶苦茶です。

・(ウクライナに工作員や傭兵を送り込んで内戦を激化する工作をしたぐらいのことしかロシアはしていないのに)ウクライナはドンパス合意を破った。
・ウクライナのロシア系住民(ウクライナ国籍者)を護るための戦いである。
・ブタペスト覚書は(ロシアにとって損なので)既に無効である。
・ウクライナは戦争に備えて準備してきた(そりゃ、俺達ロシアも難癖をつけて何度でも侵攻するつもりだったけどな)。
・ウクライナはネオナチだ(でも、工作のために送り込んだワグネルは、ネオじゃなくて真のナチスだけどな。ワグネルが俺達ロシアと親和性が良いのは、そういうところ)。

ウクライナがロシアを追い出して、ロシアによる侵略が落ち着いた後、つまりウクライナが当事者でなくなったときが、ロシア征伐を始めるタイミングでしょう。国連憲章違反を核恫喝で上書きするような違反者は国連から追い出し、武装解除、核解体を経て、ロシア全土からナチス思想を完全に追い払わなければなりません。プーチンなんて愛玩小動物なんて、ロシアに溢れるヒトラー候補の束と比べれば小者中の小者です。小動物だから罪が軽い訳ではないので、常識的には吊るされるべき対象ですけどね。
    • good
    • 0

初めに、全世界の政治関係者かロシアを批判している訳ではありません。


キルギス等と言った国はロシアを支持していますし、アフリカの国々でも(ウクライナ侵攻を批判していなくても)ロシアを支持している国はあります。
しかし、森元総理の発言は私自身、「この人は怖い思いをしたことが一度もないんだな」と思いました。
この方はロシア、いやプーチンのやり方を肯定しているんでしょうね。
    • good
    • 3

>何故なら、今回のロシアの国際法を無視した、武力によるウクライナ侵攻の成功を許したら、中国の台湾や尖閣の武力による奮奪を許すことになりますよ。



と日本のメディアでは表向きの建前として、そうなってますが、実質的には、米国ネオコンがウクライナで企て2014年に起きたクーデターに端を発し、米国官民によるウクライナネオナチへの支援により8年間かけてロシアと戦える準備をして臨み、ドンバスのロシア人の殺戮とミンスク合意不履行(ゼレンスキーのそんなもん知らん対応)やロシアへ核攻撃する発言などで挑発し続けた挙句に、起こるべくして起きた、紛争です。

本来は、こういう太平洋戦争の時と全く精神構造が変わってない、米国の頭のいかれたネオコンどもの極悪非道を許してはなりません。
精神構造が悪ガキのまんまのクソどもです。

これを許せば、日本は第2のウクライナとして米国に日台中の紛争発展の、踏み台として利用されるだけで、今の北朝鮮防衛に必要な額を遥かに超える莫大な軍事費激増も、理由は米国を世界最強の中国海軍から守るためであって、日本を守るためではありません。その為に、日本人の財産と生命が提供されると言う事になります。

プラザ合意以降、日本の富を搾取される、隷属する国家になって久しいですが、まさに奴隷のように隷属する国家となると言う事です。

日本の未来を守るためには、何も西側諸国,米国にまさに奴隷のように隷従する必要などは無く、インドネシアやインドなど、どちらともうまく付き合いつつこびへつらう事もない、東南アジア諸国での同盟関係を強化すればよく、少なくともそれを米国への外交カードとして使える程度にはしておくべきで、そういう意味合いでは、森元首相の日印協会式典でのリップサービスは適切ではあったと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

何度も有難うございます。

おっしゃっている「ロシアへ核攻撃する発言などで挑発し続けた挙句に、起こるべくして起きた、紛争です。」については、「No.13さん」のように「ロシアのロジックは無茶苦茶です。」の意見もあり、どちらが正しか分かりかねていますが、だからと言って、国際法を無視して、武力を行使して主張を通すのは許されません。

「日本は第2のウクライナとして米国に日台中の紛争発展の、踏み台として利用されるだけ」については、台湾への中国の侵略を許してよいのでしょうか。
台湾が中国に侵略されたら半導体が中国のものになり、日本だけでなく世界が大混乱に陥ります。
台湾の次は尖閣が中国に侵略され、日本のシーレーンが脅かされ、日本の国防上だけでなく産業上からも大打撃になりますよ。

「日本の未来を守るためには、何も西側諸国,米国にまさに奴隷のように隷従する必要などは無く、インドネシアやインドなど、どちらともうまく付き合いつつこびへつらう事もない、東南アジア諸国での同盟関係を強化すればよく」は、興味深いご意見ですが、中国やロシアが普通の民主国家であれば取り得るかもしれませんが、近隣国家が価値観を共有できる国家でない状況においては、心配なので日本も核装備しないと、おっしゃるような選択肢は取り得ないのではないでしょうか。

森元首相の発言は、単なるリップサービスではなく、本心なのでしょうが、G7の議長国である日本の元総理としては、不適切な発言であり、現役時代からの”空気を読めない”のは変わっていませんね。

※G7「市民への無差別攻撃は戦争犯罪」 共同声明でロシア非難
https://www.asahi.com/articles/ASQBC6HCDQBCUTFK0 …

お礼日時:2023/01/28 00:18

ぼけたご老人の言葉をワザワザ取り上げなくていいのに・・


代わりに「ご長寿早押しクイズ」復活して欲しい。
    • good
    • 0

こんな耄碌爺、鍵をかけて座敷牢にでも閉じ込めておくべきだ。

 森はこれまでも、ウクライナのゼレンスキー大統領を批判したり、ロシアの肩を持つような発言を繰り返してきた。 誰が、こんな奴を時々表舞台に連れ出してるんだ? 今回のクソ発言をした「都内の会合」とは何の会合だ? ロシアのスパイの会合なのか? そんなにロシアが好きなら、ロシアに強制追放してやればいい。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

おっしゃる通りですね。

ところで、「都内の会合」とは日印協会の会合だそうですよ。

それにしても、これまでも、元総理としては、不適切発言が目立つので、おっしゃるように「鍵をかけて座敷牢にでも閉じ込めておくべき」ですよね。

お礼日時:2023/01/28 00:56

森元総理、鈴木宗男、共、ロシアで、甘い汁を吸ってきた


ロシアの犬的な、人間でしょう。

2人の主張は、日ロ関係で「これまで築いてきた。」と
妄想している「信頼関係」が、崩壊する、と言う
「狭小な視野」によっている。

しかし、両人の言う「信頼関係」が本当にあったなら、
北方領土は、既に返還されていただろう。

「信頼関係」を妄信していたと言う事だろう。
日本は、プーチンの道具であり、利用すべき対象でしか
無かった。

両人は主張するように、「煮え切らない態度」を
示せば、西側諸国から、「総スカン」を食うだろう。
それで害する国益の方が、数段危険だ。

ウクライナが終わった後、ロシアが日本侵攻を開始するとき、
「誰が助けてくれるのか?」

ロシアよりの姿勢を示すことは、日本がロシアの侵略を
受け入れ、属国になる意思がある、と示すようなものだ。

自分の得意の「プーチンのご機嫌取り」の視点でしか
物を見れない両人は、「国益」、「地政学」を
理解できていない。

岸田は無能だから、それでも、周りから煽られて、
簡単に、選択してしまう。

今のところは、間違ってはいない。

自分の首を絞める「増税」以外は。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

おっしゃる通りですね。

特に『両人の言う「信頼関係」が本当にあったなら、北方領土は、既に返還されていただろう。』は、同感です。

元総理の肩書が泣きますよね。

お礼日時:2023/01/28 00:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!