『そくしんぶつ』と言うのを聞いたことがあるんですが、
むかしえらいお坊さんが生きたままミイラになったものだと・・・。
 そんなことできるんでしょうか?
 即身仏とは本当にそのことなんでしょうか?
 実際にあるのでしょうか?

 昔の仏教や日本史に詳しい方お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。


>えらいお坊さんが生きたままミイラ・・・

ある意味、その通りです。

「ある意味」というのは、生きた状態でミイラになるって事はありえないので、その途中には必ず「死ぬ」というステップがあるのですが、即身仏の時は、人前では「死なない」のです。

即身仏になるには、始めに5穀絶ち、次に10穀絶ちという栄養のあるたべものを減らして、体の脂肪分も使いつくして、骨と皮だけになるような食事を100日単位で続けて、しかもその間、托鉢や読経など修行は続けるので、本当に生きた状態でミイラに近い体になります。

そして、それらの修行を終えた日が満願といいまして、
漆を水で溶いたもの(要するに防腐材です)を飲み、木の大きな箱の中に入って、外から釘で打ち付けてもらいます。
この箱は完全密閉ではなくて、節を抜いた竹筒が一本出てて、煙突みたく、中で窒息はしません。
また、入るお坊さんは鈴を持って入り、中であぐらをかいて、お経を唱え続け、一節ごと?に鈴をならします。
そして竹筒を出して箱は地面に埋めます。

その鈴の音が途絶えた時が死亡した時なわけです。

鈴の音が絶えてから、何日?何年?(この辺忘れましたm(__)m)目に掘り出しすと立派なミイラになってるわけです。

つまり人の目の前では死なないわけです。
そして形もそのまま残って、その状態で保存可能な仏様になるので「即身仏」なわけです。

もちろん長い歴史の中で失敗談なんかもあり、例えば、生前、おまんじゅうが大好きだったお坊さんが即身仏になるとき、弟子が最後におまんじゅうを手向けようと、おまんじゅうを竹筒に詰めたら、すぐに窒息死しちゃったとか・・・

明治になると「入定(即身仏になること)は自殺なので禁止」という通達が出てしまいますが、その後、飢饉や天災などが相継いだりした時、それを静めようと、何人ものお坊さんが、ヤミで?即身仏になったそうです。
しかし、禁止されてるので公式記録には残せないし、入定塚(箱を埋めた塚)も作れないので、鈴の音が絶えたらそのまま火葬にして埋めてしまったとか、塚にならないように平に埋めてしまって、その後、過去帳などに一切の記録もなく、現在も埋まってるという例が結構あるらしいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりやすい解説いただきありがとうございました。
それにしてもすごいし、考えさせられますねー。
いまも埋まってる人はちょっとかわいそうです。

お礼日時:2005/04/17 16:04

No.6の回答で


<“穀物を絶って死んだ行者の遺体を、天井に吊して煙でいぶして作った”という当時の記録を紹介し>
と書きましたが、“病死した行者の遺体”の誤りでした。訂正します。
 なお、穀断した行者の遺体もやはり煙でいぶしてミイラにしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 15:57

追記


 古くから日本では、罪を犯すことにより災いが引き起こされる。だから災いを鎮め、幸いを望むためには、まず罪を償うことが必要であるという信仰があります。それらの古代日本のさまざまな信仰と神道や仏教、道教・陰陽道などが融合して「修験道」というひとつの体系化した教えが生まれました。
 修験道では苦行を重視しますが、これは自己の滅罪のためと、さらには他者が犯した罪によって受けるべき苦しみを、行者が成り代わって苦しみを受けるという、「代受苦(だいじゅく)」という信仰があります(ここでの「罪」とは社会的な罪だけでなく、倫理的・宗教的な罪が含まれます)。 つまり、行者が修行によって受ける苦しみは、本来は他者が罪の償いとして受けるべき苦しみであるが、それを行者が成り代わって苦しみを受けている。そのことにより、他者の罪が償われて幸せが訪れる。苦行にはそのような面があり、また信者も苦行を積んだ行者はそれだけ験力が大きいと見なしました。
 そのような自己の滅罪と代受苦から、最終的には“自らの命を絶つ”という「捨身(しゃしん)」という修行まで生まれました。この捨身には仏教で説く自己犠牲的な供養、つまり『法華経薬王菩薩本事品』の焼身供養、
http://homepage2.nifty.com/honkoujipriv/mh_yakuo …
『金光明経捨身品』の捨身飼虎(サッタ王子が飢えた虎を救うために自らの肉を食わしたという故事)、『涅槃経聖行品』の捨身羅刹(雪山童子が一切衆生を救う教えを聞くために、自らの肉を羅刹に食わせることを約束したという故事)などが知られていますが、この様な思想の影響も受け、大自然に己の生命を捧げるために投身、焼身、入水、断食などが行われました。
 ご質問の即身仏ですが、生きながら土に埋められるまでの過程は、それまであった捨身修行ですが、問題はその遺体をミイラにして祀るということで、五来重先生は“修験道の伝統からすればきわめて異常”であり、即身仏が作られる時代が江戸時代末期のであるところから“信者の信頼を失いつつある行者が、遺体をミイラにしてまで信仰を誇示しようとした、俗悪な見せ物”と舒られるわけです。

参考『日本人の死生観』(角川選書)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 15:58

 密教では「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」を説きます。

これは“この肉体を持つ一切の衆生が、この身、このままで、即座に成仏する”という思想です。ちなみに成仏というのは、「悟りを開く」という意味で、仏教の最終目標ともいうべきものです。密教以前の仏教は“生まれ変わり、死に変わりして、長い、長い時間をかけて成仏する(「三劫(さんごう)成仏」)”という考えです。
【『密教21フォーラム』「即身成仏」-「成仏」と「万人の救済」の両立】
http://www.mikkyo21f.gr.jp/concept_key_joubutu01 …

 ご質問の「即身仏」は、この即身成仏という教えを江戸時代の行者が誤解・曲解し、高徳の行者の遺体をミイラ化して“仏”としてお祀りしたものです。しかし、現代ではこの即身成仏と即身仏を混同し、“即身成仏はミイラになることだ”と勘違いしている節もあるように思いますので、誤解なさらないでください。

 即身仏が生まれた背景には、“弘法大師(空海)は死んだのではなく、高野山で永遠の禅定(ぜんじょう/瞑想のこと)に入り、人々を救済している”という「大師入定(だいしにゅうじょう)信仰」や、山岳信仰では“山で修行する行者は、厳しい行を積み重ねることにより神仏と等しくなる”という「人神(ひとがみ)信仰」などの影響が考えられます。
 なお、仏教民俗学者の五来重先生は『山と宗教 修験道』(淡交社)で、出羽三山の即身仏は“穀物を絶って死んだ行者の遺体を、天井に吊して煙でいぶして作った”という当時の記録を紹介し(なお、それを記録した行者はあまりの恐ろしい光景に、「即身仏になることを止めた」と記しているそうです)、“こんなグロテスクなミイラを「仏」と称して見せなければ、信者の心をつなぎ止めることができなくなったという、末期症状の信仰である”と厳しい意見を述べられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にご解説いただきありがとうございました。
勉強になりました。
いろいろな考え方もあるのですね。
でも、いずれにせよ世の中のためにそんなことをしたお坊さんたちは(正しいか正しくないかはわかりませんが)すごい人たちだなと思いました。
いろいろ調べてみると深いんですねー。
yuhkohさんは仏教関係の方でしょうか??

お礼日時:2005/04/17 16:02

 即身仏は実際にありますし、山形県鶴岡市のお寺で誰でも見ることができます。


 高木彬光氏の小説に『ミイラ志願』という小説があります。江戸時代の庄内藩の泥棒が役人から逃れるために寺に逃げ込んでミイラにさせられる(長い即身仏の歴史にはこんなこともあったという言い伝えを題材にとった)短編小説ですが面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

短編なら読めそうです(^-^)
今度図書館で探して見ます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/17 16:03

はじめまして



山形のほうに有名な即身仏がいらっしゃいますよ
http://www.ques.co.jp/yudono/cymenu.htm

のまず食わずでお経を唱えながらだとおもいます

http://p2223.nsk.ne.jp/~toramoto/rssb.htm
こちらに詳しくのっています

修行の一つですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます
URLも見せてもらいました
すごい人たちだなと思います。
今の腐った宗教関係のひとに気持ちを見習ってほしいですね(ワイセツ牧師とか・・・)

お礼日時:2005/04/15 16:45

本当にありますよ。


それも結構な数あると思います。
即身仏になるには、数日絶食したあと、穴に篭り、座禅を組んで死ぬまで待ちます。
結局は餓死です。
死んだ坊さんはミイラになるまで乾燥させられ、寺などに奉られるのです。
即身仏は魔よけや災害や天災を抑える働きがあると思われていたんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます
勉強になりました
それにしてもすごいですね・・・なんか
なまぐさ坊主にその心意気だけでも見習ってほしいですね

お礼日時:2005/04/15 16:43

今は、もうできないですけどね。


即身仏とは本当にそういうことですよ。

参考URL:http://p2223.nsk.ne.jp/~toramoto/rssb.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました
勉強になりました^^

お礼日時:2005/04/15 16:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郵便料金が変わる?

ポストの入り口に郵便料金が一部変わると書いてあったような気がしますが、詳しくご存知の方がいましたら教えて下さい。定形外料金が安くなるのでしょうか??

Aベストアンサー

>定形外料金が安くなるのでしょうか??

そのとおりです。10/1から実施です。

http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/yubin/030521j201.html

参考URL:http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/yubin/030521j201.html

Q即身仏のはじまりはいつ?

(1)日本で即身仏となる習慣はいつごろから生じたのでしょうか。
(2)中国や韓国の影響はありますか。
(3)即身仏となるためには
 1.五穀断ち~十穀断ち
 2.木食
 などをするそうですが、どのくらいの期間行う必要があったのでしょ うか。

お分かりになる項目だけでもお答えくだされば嬉しいです。

Aベストアンサー

 ご参考:
http://www.fukimbara.com/jmb/jmb053.html http://www.town.tateshina.nagano.jp/b03_gyousei/12_kyouiku/mybunka/06/06.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E5%AE%9A
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%B1%8B%E7%AB%BA
http://p2223.nsk.ne.jp/~toramoto/rssb.htm
http://www.cablenet.ne.jp/~e-chan/unb/story1.html#01
http://pws.prserv.net/hosaka/mutsumi/mummy/mummy.htm
http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/nyujo.htm
http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/nyushu.htm
http://www.cablenet.ne.jp/~e-chan/unb/story1.html
http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/nyujo.htm

木食、即身などで検索するとたくさんあります。
インドではマハラジャが発掘して、消えていった例もあります。
 Jada Yogaですね。インドが発祥のようです。
 大和屋さんの映画をみると、やり方が視覚的に判ります。彼は私と同じでしたが、50代で確かなくなっていると存じます。

 苦痛というより、恐怖と不安でしょうから、サマディに入っていれば、成就するでしょう。最初は五穀、だんだん減らしていき、水。
 そしてなくなるのですが、埋められるときは、腸内をからぽにして、最初から何もとらずに桶に結跏趺坐か、半跏趺坐をして、瞑想に入るのでしょう。
 自分のカルマを燃え尽きさせるため、消滅させるためですよね。
 その他、衆生の幸せを願うということもありました。

 ご参考:
http://www.fukimbara.com/jmb/jmb053.html http://www.town.tateshina.nagano.jp/b03_gyousei/12_kyouiku/mybunka/06/06.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E5%AE%9A
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%B1%8B%E7%AB%BA
http://p2223.nsk.ne.jp/~toramoto/rssb.htm
http://www.cablenet.ne.jp/~e-chan/unb/story1.html#01
http://pws.prserv.net/hosaka/mutsumi/mummy/mummy.htm
http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/nyujo.htm
http://home.att.ne.jp/red/s...続きを読む

Qアメリカから日本への郵便料金、教えてください!

アメリカから日本への郵便料金(定形外)ってだいたいいくらぐらいですか?

おおまかでもいいので教えてください!
定形外郵便です。

お願いします。

Aベストアンサー

アメリカに「定形外郵便」という概念があるのか知りませんが、
通常の「手紙」だと、1オンス(約28g)が80セントです。

下記ページの表をご参照ください。
日本は「4」のグループです。

参考URL:http://pe.usps.gov/text/pub51/51tblb.html#_Toc498745161

Q即身仏となった人は何を持って死んだとされたのですか。

こんばんは。

日本には即身仏になるべく入定した方々がおり、
そのうちの何体かの即身仏は現存していて、お寺などで祀られているようです。

これらの入定した方々は何を持って死んだと認定されたのでしょうか。

即身仏になろうとしたのは56億7000万年後に
弥勒が現れるときにその聖業に参加するためだったと聞いたことがあります。

ということは、入定した人々は不老不死になったと考えられ、死んだとは考えられていないということでしょうか。

Aベストアンサー

>これらの入定した方々は何を持って死んだと認定されたのでしょうか。

#2の回答が、一般的ですね。
「読経の声」「鈴の音」が聞こえなくなった時点で、この世での生活が完了(死亡)。
入定した僧に対して、昼夜読経を行ないます。
数年後(ミイラ化した頃)掘り出して、供養を行い、即身仏として祭ります。
日本には未だ「多くの即身仏」が地中に埋まっているようです。
各地に「ここ(地下・埋もれた洞窟)に偉い坊さんが修行している」という場所が、多くあります。

>入定した人々は不老不死になったと考えられ、死んだとは考えられていないということでしょうか。

その通りです。
仏教では、魂は肉体が滅びても生きています。
ですから、即身仏には「毎日食事」を運びますよね。
高野山でも、毎朝「空海にに食事を運び」ます。
(家庭の仏壇でも、ご飯・水・お供えなどを毎日運びます)

QZ会の通信教育って答案を送る時とかの郵便料金は誰が負担しますか?

Z会の通信教育って答案を送る時とかの郵便料金は誰が負担しますか?

Aベストアンサー

お前

Q仏教のお坊さんの階級について。

お坊さんに階級ってあるのでしょうか?

たとえば紫を着ているお坊さんは偉いとかいいますよね?

階級とその階級の色を知りたいのですが、参考になるホームページはありますか??

Aベストアンサー

階級のほか、行事や日常などによっても違うようですね。
お彼岸などに大きなお寺にいくと階級はともかく、色は見られますよ。
座っている位置などでだいたいの偉さもわかります。

昔の僧官制による色なら有職故実である程度定まっていると思います。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~koromo/index.html

Q郵便料金 

パソコンを替えたのでお気に入りに入れておいた郵便料金表が無くて困っています。
ある程度検索しましたが、第一地帯、第二・・の県名まで載っているサイトを見つけられません。
そのサイトはまず送る側の県を選択した後、料金表がでるようになっています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLでいいかな?

参考URL:http://www.post.yusei.go.jp/service/kenbetu/index.htm

Qお坊さんの一休さんの身には何があったのか?どんな人生だったのか?本とかありますか?

よろしくお願いします。
実在の人物とはいえ、日本を統一した人物、戸かではない、ただのお坊さんなのに、アニメ化されたり子供用の絵本になったり、子供の頃皆が読んだことがあるとおもわれる一休さんについて質問です。


一休さんの話では、下記のものが有名だと思います・

・橋を渡るべからず
・屏風のトラをつかまえる

など、子供の頃はとんちを繰り返しやんちゃな姿が描かれています。

しかし、私が読んだ本では、最後の話として
大人になった一休さんが、ぼろぼろの姿で客先にいくと
追い返され、着替えていくと丁重なもてなしを受け、
最後には身なりで人を判断するような人物にはお経を唱えられない、
といって断るエピソードで絵本は終わってました。

子供と大人の話しかなくて、しかも到底同一人物とは思えない
成長振り。多分本当の話だと思うのですが
一休さんはいったいどのような成長をして
とんち少年からとても内省的な人間になったのでしょうか?
興味があります。

参考の本、URLなどありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
実在の人物とはいえ、日本を統一した人物、戸かではない、ただのお坊さんなのに、アニメ化されたり子供用の絵本になったり、子供の頃皆が読んだことがあるとおもわれる一休さんについて質問です。


一休さんの話では、下記のものが有名だと思います・

・橋を渡るべからず
・屏風のトラをつかまえる

など、子供の頃はとんちを繰り返しやんちゃな姿が描かれています。

しかし、私が読んだ本では、最後の話として
大人になった一休さんが、ぼろぼろの姿で客先にいくと
追い...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんが書かれている話はいずれも有名な一休とんち噺ですね。
それらは江戸時代に創作されたものだそうです。本当に一休さんのことなのか
他の僧侶等のことだったのかは分かりませんが、江戸時代に一休さんのこととして
まとまったのだそうです。歴史に残る一休宗純の逸話としては女色を行ったとか
骸骨を杖の先にさして歩いたとか、かなり変わったお坊さんだったらしいぐらいですね。

Q郵便料金

郵便料金

郵便物は大きさと重さで、料金が決まっていますが。

郵便局では、ひとつひとつの大きさと重さを確認していますか?

昨日、エコポイントの申請書を郵送。

大きさは規格内でしたが、重さはキッチン用で約20g~25gでした。
アナログのキッチン用なので、測定誤差がありそうですが。

80円切手で投函しました。

もし25gを超えていた場合、返却されてしまうのでしょうか?

ただでさえ遅いポイント発行が、
さらに遅れるのが気になります。

Aベストアンサー

郵便料金の不足の処理ですが、
差出人の住所の管轄郵便局で投函して見つかった場合、
差出人の住所が記載してあれば、
差出人に戻ってきます。
○円不足していますという紙が貼ってあります。

住所の管轄以外の郵便局の場合、
例えば、通勤や通学途中で、差出人の住居地以外の管轄の郵便局から出した場合は差出人には戻ってこないです。まず、受取人へ配達されて、受取人が不足分を払うのを拒否すれば、差出人に戻ってきます。

26g以上あれば、その不足分が請求されます。

Q日本史 飛鳥時代 白村江の戦い 天智天皇 仏教

白村江の戦いの敗北を受けて、天智天皇(中大兄皇子)が行った政策について80字以内で教えてください。

また、
≪氏寺・三経義流・古墳≫の語句を用いて、伝来当初から七世紀前半までの仏教の受容の特徴を90字以内で教えてください。

Aベストアンサー

天智天皇⇒670年、日本最古の全国的な戸籍「庚午年籍」作成。

それまで、氏寺(儒教)が主流であったが、馬厩皇子が仏教の蘊蓄を書き綴った書(三経義流)を発行後、有力豪族の蘇我氏の影響で全国に広く伝播した。薄葬制の制定により、徐々に古墳は消え、10世紀には消えた。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報