推薦入試では「専願」と「併願」があるじゃないですか。それはそれでいいんですが、国公立大学の一般入試の専願というのはないんでしょうか?
絶対に国公立を受けるからには併願しなくてはいけないんですか?!

あと一般入試と推薦入試のそれぞれのメリットとデメリットも、恐縮ですが兼ねて教えていただければ幸いでございます!

宜しくお願いします!m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

国公立大は「前期のみ」「後期のみ」「中期のみ」で受験できます。


(1校のみ受験することが可能)

中期は大学の数も少なく学部・学科が限定されるので
(自分の志望学科が存在する)前期・後期しか受験しない人も
少なくありません。

前期・後期で「同じ大学の同じ学部・学科」を志願すれば
実質的に「併願だけど専願」と言えると思います。

そのような形で志願していないと面接時に突っ込まれる大学も
一部で存在しています。
(合否に影響を与えるか否かは分かりません)

日頃の地道な努力が報われる推薦入試のメリットは、
とくにセンター試験免除推薦入試の場合、
年明けまでには合否が決まることが多いので
合格者には時間的余裕が生まれ、その時間を有効活用
することが可能となります。

デメリットは「小論文+面接」が推薦入試で課される場合が
珍しくないので、不合格だった場合
「手ごたえはあったのに」「好き嫌いで落とされたのではないか?」という
納得いかない気持ちになったりすることが挙げられます。

一般入試のメリットは、難易度の高い国公立大になればなるほど
「センター試験の結果+二次試験の結果」によって総合得点の
高い者順に合格するので
気持ち的に落ち着ける(=疑心暗鬼にならなくて済む)度合いが大きい
ということが挙げられます。

デメリットは、センター試験の結果如何によって
事前の出願動向予測に大幅な変動が起き、自分の志望学科が
予想外の高倍率となり志願変更を余儀なくされる事態が時々生じる
ということが挙げられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明をしていただき、ありがとうございます!☆

なるほど、国公立は私立と違って「前期」と「後期」があるからチャンスはあるという事ですね^^

メリットとデメリットもありがとうございました!
とても参考になりました。

お礼日時:2005/04/17 22:08

>推薦入試では「専願」と「併願」


専願は、高校と大学の信頼関係で成立しています。指定校推薦がこの代表ですが、高校の推薦があれば、大学はよほどの事情がない限り(面接時に、「親に言われて、仕方なく」など)、不合格にできません。
 
専願のメリットは、
1) 高校での成績さえよければ、合格になります。
2) 入試当日ドキドキシテ、答案が書けないという危険性もありません。
3) 試験は、11月ですので、その時点で入試地獄かに解放されます(高校の先生からは、のんびりするので、他の受験生の邪魔になる、と非難されもします)。
 デメリットは、
1) この制度で合格した学生には、入学の義務があります。入学しなかったり、入学後に留年するようだと、次年度からの指定校は、ほとんど取り消します。
2) 退学した場合も、同様に処置します。
3) 「2月まで受験を頑張れば、もう1ランク上に行ける」と、11月の推薦入試自体を勧めない高校もあるとか。

 推薦でも、併願は、あります。公募性推薦とか、自己推薦とかで、この場合は倍率が1倍より大きいので、合格は保証されていません。ですから、他大学も受験することができます。
 すなわち、専願は、第一志望の大学で、指定校推薦のように、合格が実質的には保障されています。併願は、何度でも受験できます。

>絶対に国公立を受けるからには併願しなくてはいけないんですか?!
国立も、受験生集めで柔軟になっていますので、専願もあるかもしれません。が、大勢は、併願です。
 自分で、『国立のこの大学が第一志望。受験は、1回だから、専願』と思っても、それはご自身の勝手で、世間の扱いは、併願です。合格は、保障されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
推薦入試も厳しい所はあるものなんですね・・・。

とても参考になりました!ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/17 22:10

国立を受けるときに絶対に併願する必要はないですよ。


浪人してでもどうしてもその大学に行きたいのなら他の大学を受けずにそこ一本で受けることも可能です。ただ浪人して大丈夫なのかどうかはちゃんとご家族と相談してみてくださいね。

推薦入試というのは本来の試験よりも早く合格者を出す試験です。なので推薦試験は難関な分メリットはたくさんあるでしょう。代わりに一般入試は誰でも受けることができるし大勢の合格者が出ますが、メリットは特にないと考えたほうがいいと思います。
推薦入試のメリットは合格したら正直遊べるという事でしょうか。(^^;)免許取得やバイトや色々な事に手を出せます。遊んでくれる友達がわずかしかいないし、学校では肩身が狭かったりもしますが…。あとは仮に勉強ができなくてもその分野に関してとても優れていたり、関心を持っていたり、面接が得意だったりしたら有利になるといったところでしょうか。
先程一般入試にはメリットは特にない、と言いましたがもしあるとしたら自分の将来のために努力する事、何かを達成する事の辛さ・素晴らしさを実感できる事ですね。
頑張ってくださいね!!
    • good
    • 0

>絶対に国公立を受けるからには併願しなくてはいけないんですか?!



この意味が良くわからないのですが。

国立の推薦、AO入試はセンター直後にあります。だめだったら、一般入試が出来ます。ただし、一般入試はセンター終了後わずかな期間で前期、中期、後期全ての分の願書を出さなければなりません。

大抵の受験生が合格した所でストップです。前期入学手続きを取ると、中期、後期の権利はなくなります。一部の中期と後期がどちらにするか天秤にかけることが出来ます。
    • good
    • 0

一般入試に専願とか併願とかなかったような・・・     一般入試のメリットは勉強できる時間が長いことです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校受験についてお伺いします。専願は・・

こんにちは。
高校受験について不安なことがありますので、皆様にお聞きしたいと思い投稿致しました。
専願での受験で、重視される点はどのようなことなのでしょうか?
また、どのような基準で合格者を選ばれるのでしょうか?
その他、何か気をつける点などがございましたら教えてください。
専願制度について詳しくご存知の方、アドバイスをください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最初に申し上げたいのは、高校入試制度は、地域によって様々ですので、平均的な回答はあまり参考にならないのではないか、ということです。中学校の進路指導担当の先生に、率直に聞いてみましょう。

「専願」は私立1校だけを受験することで、「併願」に比べて入りやすい制度という意味だと思います。
東京以外のほとんどの地域では、私立受験者の多くが公立との併願で、「公立の結果次第で何人入学するかわからない」という状態です。
そこで、「公立落ちたから仕方なく入る」という生徒より、「勉強はちょっと苦手だけど、本当にそこに入りたい」という生徒を優遇するシステムが、私立高校から見た専願制度です。
だから、何より「本気でがんばりたい」という熱意・やる気が大切です。もちろん、あまり併願入学者と学力差が大きいようだと、入学してから本人がかわいそうですから、意欲で点数がカバーできる範囲も限りはありますが。
高校側が敬遠するのは「学力不足」より「非行傾向」です。試験当日の身だしなみ・礼儀作法はもちろん、調査書で欠席や遅刻の目立つ生徒はかなり不利です。
また、専願に限りませんが、ペーパーテストがある場合には、極端に不得意な科目をつくらないことです。1教科零点があると、他教科すべて満点でも確実に不合格です。入学後に必修単位をとれずに留年の可能性が大きいと見られます。
...これらはあくまで一般論ですので、地域の最新情報が必要でしょう。高校受験は、ネットの全国情報があまり役に立たない分野なのです。

最初に申し上げたいのは、高校入試制度は、地域によって様々ですので、平均的な回答はあまり参考にならないのではないか、ということです。中学校の進路指導担当の先生に、率直に聞いてみましょう。

「専願」は私立1校だけを受験することで、「併願」に比べて入りやすい制度という意味だと思います。
東京以外のほとんどの地域では、私立受験者の多くが公立との併願で、「公立の結果次第で何人入学するかわからない」という状態です。
そこで、「公立落ちたから仕方なく入る」という生徒より、「勉強はちょ...続きを読む

Q偏差値40というと、どの程度のレベルですか?

知人が偏差値40の大学を受けると言っています。ゼミナール?の偏差値分布で調べたそうですが、私は高校中退なもので、この40というのがどれくらいなのか分かりません。

英語・国語・数学でいうとどれくらいのレベルの問題が出るのですか?

また、大学全入時代ですが、偏差値40の大学を受けまくっても、落とされることもありえますか?

というのは、私の親戚ですごく頭の気転が利く人がいるのですが(たぶん頭はいいです)、試験場に行くと極度に緊張して実力が出せない、ということで、偏差値45くらいの大学に入って、不本意そうだったので、そういうこともあるんだな、と心配に思いました。

Aベストアンサー

偏差値は50で、全体のちょうど中間のレベルになります。
偏差値は45で、全体が100人いた場合の下から31%、下から31人目にあたります。
ですから、偏差値40ということは、それ以下で、成績は下から30%以下ということになり、かなり低いレベルになりますね。

せめて、偏差値50を目指してもらいたいものです。
今、偏差値40でも悲観する必要はないでしょう。
偏差値なんて、55ぐらいまでは簡単に上がりますから.
ただ、65を超えていくのは非常に大変です。
偏差値65で上位7%になります。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q入試を受ける時の服装について教えてください!!

高3の受験生です。もうすぐ入試がはじまります(>_<)私は冬なら普段はスカートとブーツ(ヒール高)しか履かないのですが、入試のときにはさすがにそんな格好で行くわけにはいきませんよね・・・そこで、どんな服装がベストなのか教えてください!!足が冷えると困るから下はパンツで歩きやすい運動靴・・・??ヒールがなければ運動靴じゃなくても平気でしょうか?上は、ジャケットやコートの下にセーターとかだと思いますが、ダウンジャケットのようなかさばるものは行き帰りはあたたかくても、会場内でそれを着て問題を解くには向いてませんよね・・・インナーもセーター1枚とかだと寒いですか(?_?)私は試験会場は寒いのではないかと勝手に想定しているのですが、きちんと暖房がきいてるものなのでしょうか?どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

仕事の関係で、大学入試の補助員を何度かしたことあります。

人それぞれです。
現役生(高校3年生)の中には、学校の制服で受験会場に来る生徒さんもいらっしゃいます。
でも、浪人生だったり、制服の無い学校もありますから、制服にこだわる必要はありません。

暖房については、寒いだけじゃないです。
築数十年の、ちょっと古めかしい?校舎をイメージしてるかもしれませんが、それでも冷暖房はきちんとしてる場合もあります。
私立大だと、移転や改築で、校舎自体は新しいこともありますから、暑いこともあります。
また、暖房が効いてくるまでに時間がかかり、「午前中は寒くて、コートを羽織ながら試験を受けたけど、午後は暖房が効きすぎて、ちょっと暑かった」ということもあります。

上半身は暖かくても、足元は寒いということもありえます。コートをひざ掛けにするのも手です。

Q推薦(指定校、公募)に影響があるのはいつの成績まで?

高校3年生です。大学受験を控えています。
私立の文系大(法・経済)を受けようと考えているのです(試験科目は国語、社会(日本史か政経)、英語になると思います)が、評定平均が4.4あるので、推薦(特に指定校)を考えています。そこで質問なんですが、推薦(指定校、公募)に反映される成績は、1年~3年の1学期までなのでしょうか?

実は授業選択に失敗してしまい、受験に全く関係の無い物理Iの授業が3年で週4時間受けることになっています。
捨てればいいのですが、推薦を考えている以上そういうわけにもいきません。
もし3年の1学期までだったら1学期だけ必死になれば良いので2学期以降の気持ちがすごく楽になるのですが・・・
また、僕と同じような選択ミスをしてしまった方がいらっしゃれば、どのように乗り切ったか、体験談やアドバイスを頂けると参考になります。

授業選択をした2年生当時、進路決定について甘く考えていたので(この時期、進路について悩みすぎていて軽いノイローゼ状態でした)、このような選択ミスをしてしまいました。推薦が取れるかもしれない瀬戸際ですから、不安でなりません。理系の友達のフォローもあるので何とかなりそうですが、気持ちが落ち着きません。他の科目にも影響が出ないように頑張りたいと思っています。
どんなことでも良いので、前向きにこなせる様なアドバイスを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

高校3年生です。大学受験を控えています。
私立の文系大(法・経済)を受けようと考えているのです(試験科目は国語、社会(日本史か政経)、英語になると思います)が、評定平均が4.4あるので、推薦(特に指定校)を考えています。そこで質問なんですが、推薦(指定校、公募)に反映される成績は、1年~3年の1学期までなのでしょうか?

実は授業選択に失敗してしまい、受験に全く関係の無い物理Iの授業が3年で週4時間受けることになっています。
捨てればいいのですが、推薦を考えている以上そういう...続きを読む

Aベストアンサー

指定校推薦や公募推薦に成績が反映されるのは3年の1学期分までです。なので1学期をがんばれば大丈夫です。
大抵の場合、指定校推薦の高校内の選考は9月から10月にかけてです。評定平均が出るのは、息子の学校の場合1学期のテストが終わった7月の中旬で学年中の順位も知らされました。公募推薦は10月から12月始ごろですから2学期は関係ありません。また2期制の学校で3年前期の成績が出ていない場合は応募できない大学もあります。
息子は指定校推薦と公立の公募推薦を受けるのに1学期までは頑張って4.6でした。合格して気が抜けたのか2学期は2がついた教科もありましたがもちろん何の差し支えもありませんでした。
頑張ってください。

Q国立と公立は併願できる?

併願という表現が適当かはわかりませんが、

国立大学は前期後期で一校ずつしか受験することができませんが、
公立との関係はどうなっているのでしょうか?

一度、受験日だけ、しかも一校の公立の受験日と
国立の受験日を比較したら同じ日でした。

基本的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

殆ど前のお二方が言い尽くしていますが、軽く補足をしてみます。

国公立大学の一般入試は『分離・分割方式』と呼ばれる選抜方式を採用しています。
これは前期日程・後期日程に定員を分けて募集を行う方式です。
(前期は2月25日、後期は3月12日頃に行うのが一般的です)
国立大学は全て、前期・後期の両方(もしくは片方)しか募集しません。
(大半の公立大学も前期・後期での募集を行っています)
そして、一部の公立大学のみ「中期日程」という特別枠を設けています。
(3月8日頃に入試を行います)
なので、受験生は前期・中期・後期の計3回受験が可能となります。


ちなみに、国公立大学に出願する際、大学入試センターが発行する
『センター試験成績請求票』が必要となります。
(この請求票を願書に貼り付けます)
この請求票が前期・中期・後期日程用に1枚ずつしかありませんので
各日程で1校ずつしか出願できない仕組みです。


また最後になりますが、公立大学でも
・国際教養大学
・新潟県立大学
の2校のみ独自の日程で一般入試を行いますので、前期・中期・後期に加えて
受験することが可能です。

殆ど前のお二方が言い尽くしていますが、軽く補足をしてみます。

国公立大学の一般入試は『分離・分割方式』と呼ばれる選抜方式を採用しています。
これは前期日程・後期日程に定員を分けて募集を行う方式です。
(前期は2月25日、後期は3月12日頃に行うのが一般的です)
国立大学は全て、前期・後期の両方(もしくは片方)しか募集しません。
(大半の公立大学も前期・後期での募集を行っています)
そして、一部の公立大学のみ「中期日程」という特別枠を設けています。
(3月8日頃に入試を行...続きを読む

Q調査書と成績証明書と卒業証明書の違い

高等学校が発行する調査書と成績証明書と卒業証明書の違いを教えてください。

Aベストアンサー

先の方のご回答通りですが、もう少し詳しく説明すると
(1)調査書=高校入試でいう内申書と同じです。あなたの住所などから卒業したのは何年の何月か、3年間(あるいは4年間)の各教科の成績(一般に5段階の評定)・修得単位数・欠席日数・3年間の高校生活の担任所見・所属したクラブ活動や係活動など、高校が発行する証明書では最も詳しいものです。(卒業式の日以降に発行されたものなら内容的には卒業の証明としても使えます)
(2)成績証明書=調査書の内容のうち、各教科の成績(評定)・修得単位数(場合によっては出欠席)だけが記されたものです。
(3)卒業証明書=あなたがその学校をいつ卒業したかだけが記されています。(卒業証書とは別のものです)
基本的には(1)で(2)の代用をすることは十分可能です(ただし、証明書を提出を求める学校や機関が(1)と(2)の違いをわかっていない場合が多いですが)。ただし(3)のような書類が必要なときに(1)でまかなおうとすると不必要な情報まで相手に伝えることになるのでやめた方がいいです。もしあなたが現役の高校生でこれから卒業式を迎えるなら、卒業式の前日までは「卒業見込み証明書」、卒業式の日からは「卒業証明書」を発行してもらえます。卒業証明書は卒業式の日に全員に1枚ずつ配る学校も多いようです。

先の方のご回答通りですが、もう少し詳しく説明すると
(1)調査書=高校入試でいう内申書と同じです。あなたの住所などから卒業したのは何年の何月か、3年間(あるいは4年間)の各教科の成績(一般に5段階の評定)・修得単位数・欠席日数・3年間の高校生活の担任所見・所属したクラブ活動や係活動など、高校が発行する証明書では最も詳しいものです。(卒業式の日以降に発行されたものなら内容的には卒業の証明としても使えます)
(2)成績証明書=調査書の内容のうち、各教科の成績(評定)・修得単位数(場...続きを読む

QAO合格を断るとどうなりますか?

 子供の進学のことで悩んでいます。
 子供はまったく異なる二つの大学(A校/B校)、学部を希望しています。
 一つはこれからA校のAOが始まりますが、受験資格には『その大学、その学部を第一志望とし・・・・』とあります。専願、単願とは書いてありません。B校にはには無い学部です。

(1)もしA校が受かったとしても、もう一つの大学(B校)を受けたいというのは可能なことでしょうか。同じ高校の保護者に『高校の先生は調書を出さないと思うよ』と言われてしまいました。

(2)もし仮に調書を出してもらえ、後半に受けた大学(B校)が受かり、そちらに行きたい場合、前半に受かっていた大学に、入学の取り消しを申請し、払い済みの学費は返してもらえるでしょうか。

 前出の保護者は『そんな裏切り行為をしたら二度と本校の生徒は取ってもらえないよ』と言っています。
 学校推薦ではないのだから可能なのではと思っていましたが、高校の先生に相談できない問題なので困っています。(2)の、調書をどうやって出してもらえばスムーズかもわかりません。

 そもそもAOは受かっても入学しない場合もあると思っていたのですが、最近は入学確約なんですか?
 出来れば、大学の入試課の方や、高校の進路指導の先生など、実際にその方面でお仕事をしている方や、ご経験者の方のご回答を希望します。

 子供の進学のことで悩んでいます。
 子供はまったく異なる二つの大学(A校/B校)、学部を希望しています。
 一つはこれからA校のAOが始まりますが、受験資格には『その大学、その学部を第一志望とし・・・・』とあります。専願、単願とは書いてありません。B校にはには無い学部です。

(1)もしA校が受かったとしても、もう一つの大学(B校)を受けたいというのは可能なことでしょうか。同じ高校の保護者に『高校の先生は調書を出さないと思うよ』と言われてしまいました。

(2)もし仮に調書を出...続きを読む

Aベストアンサー

大分間違った情報が飛び交っていますので、

入試には、いろいろな制度があるのは、ご存じですね。
 その中で、最も縛りがきついのは、指定校推薦です。高校の推薦があれば、入試当日行かなかったなど、よほどのことがない限り合格します。その替わり、辞退したり、入学後の留年、退学は、次年度からの推薦枠が取り消されます。これは、合格が保障されているので専願、すなわち他の大学の受験はできません。高校の先生も、他の大学の調査書は出さないでしょう。

 AO入試は、一発勝負のペーパーテストではなく、受験性の能力を総合的に観るという姿勢で始まりました。手本は、アメリカの制度だそうですが、実情はかなり違います。
 それはともかく、推薦入試は11月から、一般入試は2月から、と文部科学省の指導(通達?)があります(期日前の試験で、違反の大学も少なくない)。しかし、AO入試は、いつやってもOKです。例えば7月にやっても良いのです。デメリットは、手間かかる、ということです。ですから、特に教員はやりたがりません。
 この場合、合格は保証されていないのが普通です。不合格だった人が、他大学の受験ができない、なんぞの不合理な話はありません。ですから、辞退できます。
 これは、一般論で、AO入試で合格を保証しているのなら別の話です。その場合は、指定校推薦入試の名前にすると想うのですが。その大学に指定校推薦制度がないのなら、その替わりにしている可能性は残ります。

 AO入試の制度は、以上ですが、最近は定員割れ対策で行われたりして、本来の趣旨からズレテイル大学もあります。
 大学名が分らないので、一般論しか書けません。高校の先生とは、トラブルなのでなければ、相談するのが一番です。
 あるいは、大学の願書などに、辞退できない、と明示されていなければ、辞退できます。「辞退できます」と書く大学はありませんので、A大学の入試の窓口に相談すること。本学では、それで不利になることは、ありません。

大分間違った情報が飛び交っていますので、

入試には、いろいろな制度があるのは、ご存じですね。
 その中で、最も縛りがきついのは、指定校推薦です。高校の推薦があれば、入試当日行かなかったなど、よほどのことがない限り合格します。その替わり、辞退したり、入学後の留年、退学は、次年度からの推薦枠が取り消されます。これは、合格が保障されているので専願、すなわち他の大学の受験はできません。高校の先生も、他の大学の調査書は出さないでしょう。

 AO入試は、一発勝負のペーパーテストでは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報