今年度、株主への配当を考えています。
当社は子会社が債務超過のため、連結でみた場合、
債務超過となりますが、商法上、配当は可能でしょうか?

A 回答 (1件)

情報開示義務については連結主体となっていますが、


配当についてはそれぞれ単体で配当可能であれば問題なかったと思いますが・・・。

ただし、一般論として考えると、子会社を加えて「債務超過」になるのであれば、親会社単体もかなり厳しいB/Sになっているのではないでしょうか?。
取締役会で決議する前に、会計監査人と下協議して、配当の是非を確認されておくほうが無難なように思いますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q債務超過とは何でしょうか。

最近はよく,会社が債務超過になり,倒産したとの記事を見かけますが,債務超過とは,何でしょうか。

Aベストアンサー

会社というのは資本金を元手にスタートします。

資本金:1億円とすると

スタートの時点で
資産:1億円(現金)
負債:なし
-------------------
差額:1億円
ですね。

3億円の借金をして商品を仕入れます。
資産:4億円(現金:1億、商品:3億)
負債:3億円(借入金)
-----------------------
差額はまだ1億円です。

仕入れた商品が4億円で売れました。
資産:5億円(現金)
負債:3億円
-----------------------
差額が2億円に増えました。
普通はこうして差額(=自己資本)を増やしていくのですが、

もし商品が1億円でしか売れなかったら
資産:2億円(現金)
負債:3億円
-------------------------
差額が-1億円マイナスになってしまいましたね。
これを債務超過というのです。

この場合でも手元には2億円の現金があるわけで、この範囲で営業活動を行い、業績の回復を図ることは可能です。もちろん追加融資してくれる銀行があれば、従来のような積極的な営業を継続することも可能でしょう。債務超過になったからといって必ずしも倒産するとは限りません。
もちろん異常事態であることは間違いないですし、緊急に対策を講じる必要があります。

会社というのは資本金を元手にスタートします。

資本金:1億円とすると

スタートの時点で
資産:1億円(現金)
負債:なし
-------------------
差額:1億円
ですね。

3億円の借金をして商品を仕入れます。
資産:4億円(現金:1億、商品:3億)
負債:3億円(借入金)
-----------------------
差額はまだ1億円です。

仕入れた商品が4億円で売れました。
資産:5億円(現金)
負債:3億円
-----------------------
差額が2億円に増えました。
普通はこうして差額(=自己...続きを読む

Q債務超過の100%子会社を吸収合併するとします。

債務超過の100%子会社を吸収合併するとします。

例えば、資産100、負債150、純資産△50を0で購入したら、のれん50と思いますが、こののれん
は償却分は損金算入できるのでしょうか?

普通の会社を吸収するとできるとは思いますが、100%子会社の吸収合併の場合、グループ法人税の主旨を読むと、損金にはならない気がしてますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

5年超以前から100%子会社だったら
合併によって子会社の青色繰越欠損金もそのまま引継ぎ、
合併存続会社の繰越欠損金として使うことができます。

適格合併であれば、税務上も償却が認められるようなのれんを計上することは絶対にありません。
7年以内に生じた欠損金ならそのまま引き継げるのですから。

前回の回答は欠損金の引継ぎを書き忘れていました。

Q債務超過の会社を吸収合併することってできるのですか?

債務超過の会社を吸収合併することってできるのですか?普通に会社どうして合併する、されるというのは想像できるのですが、片方が債務超過の場合はどうなるのでしょうか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

債務超過にある会社を解散会社として、吸収合併することはできません。資本充実の原則に反するからです。債務超過にある会社を存続会社にして、黒字会社を吸収する。合併と同時に、吸収した黒字会社の商号に変更する。多分税務上のメリットがあったような・・・。

Q債務超過の子会社

親会社が3年以上前に買収した100%子会社の経営状態が、以下のようなとき、親会社には、どんな法的問題があるのでしょうか?

1.3年以上前に買収したが、赤字が続きその後投資をしても改善されず、ついに実質(投資を続行しなければ)債務超過に陥っている。引き続き、再建計画のないまま投資を続行する。
2.3年以上前に買収し、当時から債務超過状態にあったため、投資を引き続き続行するも今も債務超過であり、再建見通しが立っていない。引き続き再建計画もないまま投資を続行する。
3.3年以上前に買収したが、その後赤字に転落し以降投資しても改善されず、ついに実質債務超過に陥った。引き続き再建計画・見通しのないまま投資を継続する。

どうかよろしく、お願いします。

Aベストアンサー

一般には、法的な(刑法上の)問題は無いでしょう。
親会社の経営者が経営者としての能力を問われるだけです。

ただ、子会社と親会社の経営者個人が特別な関係にあるときは
話が変わり、これは背任となります。

Q債務超過でも資金調達できるの?

債務超過でも、事業資金の借入はできるのでしょうか?
知り合いの社長さんから質問されましたが、私には借入の経験がまだないので、サイトで調べると債務超過でも今後の事業の展開が見込める事業所であれば、事業資金の借入は可能になった。と言う記載がありました。
実際には、どうなんでしょう。債務超過で事業資金を借り入れた経験のある方の回答をお願い致します。

Aベストアンサー

会社の規模や経営内容、債務超過の内容が不明なので何とも言えません。
従来の借入金が正常返済中で営業利益が黒字なら借入可能だと思いますが、
担保がなければ保証協会付き融資か公庫での融資となりますので審査結果次第です。
あと将来性のある商品や技術があればそれを担保に融資する金融機関もあるでしょう。

Q連結税率差異の記載における子会社からの受取配当金

質問があります。
連結の税率差異の記載で、子会社からもらった受取配当金(連結上相殺消去される)はプラスの差異になるのでしょうか、マイナスの差異になるのでしょうか。
直感的な説明とともにお願いいたします

Aベストアンサー

子会社からの受取配当金は連結実効税率を上げることはあっても下げることはありません。

連結納税している場合、連結納税グループ内での配当金は益金不算入になりますので、消去後の連結上は税引前利益も税金もゼロになり連結実効税率に影響は与えません。

連結納税していない場合は、受取配当金の一部に課税される可能性があり(負債利子相当額)、連結実効税率を押し上げます。

海外子会社からの配当金は外国税額控除の対象ですが(近い将来変更されそうですが)、この場合も税額控除後で、ベストの場合で税金がゼロ、子会社の所在国の税率が日本より低い場合は、配当金に対する税額が控除される税額よりも大きくなるため、やはり連結税額を押し上げます。

Q連結だと債務超過となる企業の配当について

今年度、株主への配当を考えています。
当社は子会社が債務超過のため、連結でみた場合、
債務超過となりますが、商法上、配当は可能でしょうか?

Aベストアンサー

情報開示義務については連結主体となっていますが、
配当についてはそれぞれ単体で配当可能であれば問題なかったと思いますが・・・。

ただし、一般論として考えると、子会社を加えて「債務超過」になるのであれば、親会社単体もかなり厳しいB/Sになっているのではないでしょうか?。
取締役会で決議する前に、会計監査人と下協議して、配当の是非を確認されておくほうが無難なように思いますね。

Q欠損金、債務超過 累積債務、減資

欠損金→債務超過→減資の関係が良くわかりません。欠損金は、単に赤字と考えてはいけないのですか?これは、税法の用語なんでしょうか?債務超過もなんとなく赤字が溜まってきて、資本の部を食い始めているくらいの事ぐらいのあいまいな事しかわかりません。減資して累積損失を一掃などと新聞に出ていますが、累積損失と欠損金、債務超過の関係が良くわかりません。どなたか教えて下さい。できれば、税理士か公認会計士のかたがいたらお願いいたします。

Aベストアンサー

公認会計士のものです。

欠損金には税法上の(青色)欠損金もありますが、ここでいうのは一般用語のようですね。
1の方の言うように商法上の欠損金という用語はなくなりました。
しかし、概念としては、今でも考えられます。利益剰余金がマイナスの状態でそのマイナス部分を欠損金といいます。
この欠損金が大きくなり、利益剰余金、資本剰余金、資本金を食いつぶした状態が債務超過です。でも、単純に負債が資産を上回っている状態と考えたほうがより用語の意味に近くなります。
そして、利益剰余金がマイナスで、かつ二期以上にわたってマイナスがある状態を累積損失といいます。累積損失は実務用語であり、欠損金イコールの関係です。損がたまっているという感じで使われる定義のあいまいな用語です。

減資は資本金を減らすという商法上の手続きですので、上のものの延長線上に考えると混乱します。
減資で累積損失を一掃という意味は、資本金がプラス概念で累積損失がマイナス概念であるため、これらを相殺してしまうことを言います。
会計的にはあまり意味はありません。まあ、損失がたくさんある状態はかっこ悪いという感じです。
商法的にはいつまでたっても未処理損失がたくさんあるため、配当ができないので、これをチャラにして利益が出たら利益配当ができるようになる、という意味があります。

たとえば、資本の部が資本金100億円、利益剰余金のマイナスが70億円とした場合、累積損失を一掃とは資本金70億円を取り崩して利益剰余金の-70億円を貸借対照表から消し去るようなことです。すると資本の部は資本金30億円だけになります。

公認会計士のものです。

欠損金には税法上の(青色)欠損金もありますが、ここでいうのは一般用語のようですね。
1の方の言うように商法上の欠損金という用語はなくなりました。
しかし、概念としては、今でも考えられます。利益剰余金がマイナスの状態でそのマイナス部分を欠損金といいます。
この欠損金が大きくなり、利益剰余金、資本剰余金、資本金を食いつぶした状態が債務超過です。でも、単純に負債が資産を上回っている状態と考えたほうがより用語の意味に近くなります。
そして、利益剰余金がマ...続きを読む

Q承継会社が債務超過

お世話になります。本日19日の日経新聞朝刊にベルリッツジャパンとフェニックスアソシエイツの合併公示が載っていましたが、承継会社のベルリッツ社の決算公示上は債務超過となっています。いくつか疑問があります。(1)債務超過社が受け皿として継承して存続することの疑問 (2)合併後にB/Sが一本化されると思いますが、数字上はベルリッツ社の債務超過が解消されるとは思われないのになぜ承継会社になっているのでしょうか。
両社は吸収分割ではない合併ので、本来なら財務が安定している会社が承継会社となるべきではと思うのですが。このままでは承継会社のベルリッツ社が債務超過のままのような気がします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社法 第七百四十九条(株式会社が存続する吸収合併契約)
以下に会社の合併の規定があります。

ここでは吸収合併存続会社、吸収合併消滅会社は双方の会社のどちらとも規定されていません。
特に債務超過の会社が存続できないと言うことにもなっていません。
どちらが存続しても合併後の会社の財務内容は同じことですから別にそれを禁止する必要もないのです。債務超過の会社を吸収合併するのは買い手にはその営業内容等、BSに現れない魅力を評価するのでしょうから、これは契約の自由ですね。
この例ではベルリッツジャパンのブランド力を残したほうが良いと判断したのではないでしょうか。

Q株主総会の決議で否決されたら株主配当はなしですか?

 株主への配当は、株主総会の決議で決めるものだと思うのですが、株式の過半数を握るオーナー社長が強欲で、利益がでているのに配当を拒んだ場合、出資した株主は永遠に配当をもらえないのですか?
 非上場企業の場合、上場後に株価があがって売却益をえることもできないわけですから、こういった場合、株主は損じゃありませんか?
 詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>株主総会の決議で否決されたら株主配当はなしですか?
あたりまえでしょう。そのための総会です。なお、利益が蓄積しているなら株価は上昇しますし、解散時の分配金がそれだけ多くなります。
総会の決議に納得がいかないなら、その株を転売するか、譲渡制限のある会社なら発行会社に買い取り請求をすればいいだけです。売却価格は市場価値や累積利益をベースに判断されるべきものなので、価格に不満があれば、裁判で争うこともできます。
http://www5.ocn.ne.jp/~f-kikaku/page108.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E8%B2%B7%E5%8F%96%E8%AB%8B%E6%B1%82%E6%A8%A9


人気Q&Aランキング

おすすめ情報