ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

今年度、株主への配当を考えています。
当社は子会社が債務超過のため、連結でみた場合、
債務超過となりますが、商法上、配当は可能でしょうか?

A 回答 (1件)

情報開示義務については連結主体となっていますが、


配当についてはそれぞれ単体で配当可能であれば問題なかったと思いますが・・・。

ただし、一般論として考えると、子会社を加えて「債務超過」になるのであれば、親会社単体もかなり厳しいB/Sになっているのではないでしょうか?。
取締役会で決議する前に、会計監査人と下協議して、配当の是非を確認されておくほうが無難なように思いますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利益準備金や株主配当について教えてください

毎回お世話になっております。
よろしくお願いします。

法人、資本金500万、初決算です。
決算修正を終え、赤字700万となりました。
株主は二人いて、社長(255万)と知人(245万)です。

質問(1)
利益準備金や積立金は、決算において当期利益が出た際に計上していくという認識でよいのでしょうか?
現在決算書は利益準備金も積立金も¥0です。

質問(2)
赤字なので株主配当は出せないので、今回は何もしないという認識でよいのでしょうか?

質問(3)
配当金を考えなきゃいけないタイミングは当期利益がでた時でなく、繰越利益が出るようになってからでよいのでしょうか?

よろしくお願いします
利益準備金が0になっている決算書を見た記憶がなかったので心配になり質問させていただきました。
回答お待ちしております。

Aベストアンサー

(1)
利益準備金は、強制されることに意義があるのであって、剰余金の配当をしないときにこれを計上する動機がありません。禁止されているわけでないのは当たり前ですが、剰余金の配当をしないのに計上しても何の意味もなく、たとえ「利益準備金」の名目で計上しても、その本質は会社法上のそれとは別の、任意積立金の一種に過ぎません。結局利益準備金は、剰余金の配当をするときのみに計上するものであると言えます。

(2)「損益計算書レベルで損失が生じていた場合」と「貸借対照表レベルで欠損や債務超過が生じていた場合」の取り扱いの違いというのは何のことか理解できませんが、とにかく損失の処理は、株主総会の決議によって「できる」(会社法452条)だけのことで、強制ではありません。処理しないときは何も決議しないのであって、手続をおこなうかどうかを決議するのではありません。ついでに株主総会の決議事項は、先に取締役(会)で決める必要はありません。
利益準備金も積立金も¥0の会社では、単純なやり方では損失処理のしようがありませんから、結局赤字なので株主配当は出せないので、今回は何もしないという認識でよろしい。これは設立初年度であろうが100年度であろうが異なりません。

(3)
大雑把に、かつ質問者のタームに拠って言えば、分配可能額は繰越利益に概一致します。配当金を考えなきゃいけないタイミングとはつまり、それが可能になったときどうするかを考えるタイミングですから、要するに繰越利益が出るようになってからでよろしい。
「違反しても取締役等が責任を負うことを許容するのであれば)、配当をするかどうかは会社の自由」と言うのは「責任を負うことを許容するのであれば人を殺すかどうかはそいつの自由」だと言ってるのとおんなじことですね。

(1)
利益準備金は、強制されることに意義があるのであって、剰余金の配当をしないときにこれを計上する動機がありません。禁止されているわけでないのは当たり前ですが、剰余金の配当をしないのに計上しても何の意味もなく、たとえ「利益準備金」の名目で計上しても、その本質は会社法上のそれとは別の、任意積立金の一種に過ぎません。結局利益準備金は、剰余金の配当をするときのみに計上するものであると言えます。

(2)「損益計算書レベルで損失が生じていた場合」と「貸借対照表レベルで欠損や債務超過が...続きを読む

Q前期まで累積赤字がある会社が配当金を出せるか?

会社です。前期まで累積赤字があります。今期当期利益がでましたが配当金を出せるのでしょうか? その場合の株主資本等変動計算書はどのように書くのでしょうか?

Aベストアンサー

会社の配当は下記の算式で計算した金額の範囲で可能です。

当期の利益が確定した後で、この金額を計算してそれが配当金額よりも多かったら配当できるということです。

従って、繰越損失よりも十分に当期の利益が多ければ配当は可能ということもあります。

配当可能限度額 = 純資産額 -(資本の額+資本準備金+利益準備金+その決算期に積み立てる利益準備金)


人気Q&Aランキング