ゴルフ暦3年目です。
今年こそは100を切りたいです。
最初からそうなんですが、フルショットをすると必ずといっていいほどドスライスします(T_T)
自分なりに原因をあげてみると

1、当たる瞬間、フェースが開いている
2、スイングが外側から入ってくる

と、この二つが大きな要因だと思います。
その理由として、1は玉の出だしから右に飛んでいる
2は、フェースに付く球のこすれ跡がフェース正面から見て左上から右下に向かって付いている。

そこで、上記の2つを簡単に直す方法ってありますか?
質問しておいて、大変失礼とは思いますが、あまり専門用語が分からない為(^^;、なるべくなら専門用語ナシでお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ボールに回転が付いているからだ。

    • good
    • 0

おそらく、肩が入っていないのに腰の回転を意識するあまり、スライスになっていると思います。

しっかり肩を入れて、腰の回転をもう一段階上げるといいかもしれません。
ただし、僕も同じ症状があり、過去数回ゴルフに行った程度なので、あまり言えませんが。なるべく目線の高さでインパクトするように心掛けています。
    • good
    • 0

2つの原因を挙げていますが、もしかして間違っている可能性があります。


まず、玉の出だしが右方向であれば、スイングは内側から外へ放り出すような起動になっていなければなりません。
スイングが外から入ってくる場合は、球筋が左方向に出ていくことになります。この起動でフェイスが開いていると、左に飛び出して右側に大きく曲がるいわゆるスライスになる訳です。

前置きはさておき、一般的なスライス解消法をいくつかあげておきますね。
1.左手の中指、薬指、小指は絶対に緩めないこと。
2.これにより左手の内側(ワキの下の方)に力がはいる。
3.グリップの高さにサッカーボール位の仮想のボールがあることを想像して、インパクトの瞬間は左手の甲でそのボールを叩く(ケンカで使う裏拳)イメージを持つ。

それと、スイングが外から入ってくるイメージがあるのなら、次の2つをやってみて、やりやすい方で練習してみてください。
1.テークバックからダウンスイングに入るまで、絶対に右ワキを空けないように意識する。
2.テークバックでは逆に右ワキを空けながらヘッドを遠くに(外に)もって行き、ダウンスイングの際に一気に右ワキを締める。
これはスイングが8の字になってしまいますが、スライスを直すのに効果的な場合もあるんです。現実に過去にそのようなスイングをしていた男子プロがいたくらいですから。

OBを含めた大曲りさえ減らせれば100は切れますよ!
頑張ってくださいね。
    • good
    • 0

簡単に簡単に、しかも確実に練習する方法は、右の脇にタオルを挟んで落とさないようにスイングする事です。


スライスする人はたいがいテークバックで右肘が開いている事が多いです。これを矯正するのにタオル挟みは効果的です。
最初は窮屈ですがしばらくすれば、他の方の書いている事が自然と身につきます。
    • good
    • 1

>当たる瞬間、フェースが開いている


>スイングが外側から入ってくる
上記2つとも原因は同じですね

左の脇が離れないで、クラブが振り切れれば
スライスが出ないというのが定説です

力を入れないで(ボールを「打ち」にいかないで)
スイング出来ればいいということですね

他の方々がスイング時の身体の動きについていろいろ
述べられていますが

タイガーウッヅのインパクトは腰がボールの正面を向いていないというのが正解だと思いますというのは
スイングの始動は左足かかとの軽く浮いた感じを
地面に着けるところから始まりますね
次に左腰が十分に回った左肩を引き戻そうと動き
始めます(この時左肩は止まっています)
このためからだの捻りが強調されてバネのためを
作り出しています
次第に左肩が引っ張られて動き始め、トップにあった
腕は身体に巻きつくような感じになっています
(腕に余計な力が入っているとこの状態にはなりません)
インパクト時には左腰は飛球線(ボールの飛ぶ方向)
よりやや左(右利きの方が打つ場合)に開いた状態
になっていなければフォロースルーが成り立ちませんね
左の腰が常にリードしていくわけですね

もうひとつ、身体の全体重の80%以上が左足に乗って行きますので
左足が軸になって腰の回転を行いますので
左の膝がグラグラしないことが大切です

クラブのヘッドが左の腰に追いつくのは
左腰が飛球線(前に解説しました)と30-40度を
成すあたりからですね

とにかく、最初から力強く振るのではなく
振り切れるスイングを何度か試みて
クラブの動きにあわせて少しずつ力を入れていく
慣れてくれば、自然にそのスイングになると思います

頑張ってくださいね
    • good
    • 0

>先に腰から作動し始めてそれにつられるようにスイングが始まっているように見えるのですが。

。。
私も同じ事思ってました、そして真似もしてみましたがスライスは直りませんでしたよ。 それを上手な人に言ったら「プロとおまえじゃスイングスピードがチガウから腰だけまねしてもだめ」と笑われました

>スイングが外側から入ってくる 
(左利きの右打ち)私のスライスの原因の90%はこれでした、そこで思いっきり右腕を体にひっつけてインパクトの時左足がツルぐら踏ん張りなが打つ練習をPWでしました(PWだと距離をきにしなくていいから)しばらく強く意識したスイングで練習をして、体に違和感が無くなって来たら、7番アイアンでうまく打てました。
ドライバーはまだ3割ぐらいドスライスが出ますが よくなって来た方です。 私も早く100が切りたい
    • good
    • 0

スウィングはいろんなタイプがあります。


タイガーみたく体重移動を積極的に使って飛ばす人もいれば、藍ちゃんみたいに体のターンで飛ばす人もいれば、アメリカのドラコンプロみたいに腕力を武器にしている人もいればいろいろいます。

ご自分の好きなスタイルで良いと思います。
ですがボールの曲がりが少なくなるまでオーソドックスで基本的な打ち方をマスターしたほうが上達の近道だと思います。

あまり飛ばしの迫力は感じないのですが芹沢プロのレッスンを見つけました。
参考になると良いですね^^

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/hochi/golf/golfclub/ish …
    • good
    • 0

#1です。



腰から回ると言うのは違うと思いますよ。
スイングの回転パワーは、「上半身の捻り」から生まれます。
不動の下半身があるからこそ、上半身を捻ることで捻転力が出るのです。
ゴルフ雑誌で、インパクトの瞬間の写真をじっくり見てください。
タイガー・ウッズだってインパクトの瞬間は腰は真横を向いたままですよ。
腰が回って正面を向くのは、フォロースルーに入ってからです。

腕だけのスイングで飛ばすのはそりゃあ無理です。
強力な背筋をつかって捻らないと、あの回転力は生まれないと思いますよ。

私は普通の筋力の持ち主(背筋力は130kgぐらい?)ですが、ドラコンは時々取ります。
体を効率的に使って、ヘッドにスピードを乗せることが出来れば、それなりに飛ぶはずですよ。
本コースだったら、260~70yd飛ばすのはそんなに難しいことじゃないと思ってます。
    • good
    • 0

100をやっと切るぐらいなので偉そうなことは言えませんが私の経験した範囲で参考になればと思い。



真っ先に思うのは、シャフトの固さがヘッドスピードに合っていないことでしょうか。
ヘッドがしなって遅れるので、右打ちでしたら右に飛ぶスライスとなります。
一度、どこかでヘッドスピードを計ってみるとすぐわかると思います。

後は、腰が先に回ってしまってヘッドが遅れてこすってしまってスライスになるとか。
本来はパワーは体重移動で乗るものなんですが、インパクトの前に回っていることがあります。

実際のところは、スイングを見ないとわからないので、私はレッスンプロに1度、習ってみることをお勧めします。
私は悪い癖のついたスイングを矯正するのに半年かかりましたが、それでようやく100を切れました。
矯正は早ければ早いほどいいと思います。
凄く旨くなったときの壁の度合いが違ってくると思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ちなみに当方が使用しているアイアンはフォージドです。
腰が先に回っているということですが、プロのスイングなんかを見ると、先に腰から作動し始めてそれにつられるようにスイングが始まっているように見えるのですが。。。
確かにわざとに腰を回さないで腕だけでスイングすると、そんなにスライスはしないのですが。。。
でもそれでは飛距離がぜんぜん出ません。
ん~~~難しい~~~~

お礼日時:2005/04/18 18:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタミナ太郎で キャベツ、玉ねぎのスライスされたやつ、ブロッコリー、キムチを最初に食べ次に焼いたキャ

スタミナ太郎で
キャベツ、玉ねぎのスライスされたやつ、ブロッコリー、キムチを最初に食べ次に焼いたキャベツ、玉ねぎを食べ、その後に鶏肉中心で肉を食べ、ビーフンひと皿、白玉ぜんざい少し、みずまんじゅう1つクレープ1つバニラアイス1つメロンシャーベット2つ食べてしまいました。ダイエット中なのに食べすぎてしまいました。。このあとの夕食、明日の朝抜けば太りませんかね?

Aベストアンサー

No.2です。

>びっくりしたのですが昨日の体重からまったく変わっていませんでした。なんでですかね??

それはよかったですね。

原因はいろいろ考えられますが、野菜類を沢山食べた結果、水分を多く摂ることとなり(たいていの野菜は90数%が水です)、
食べた直後増えた体重の原因である水分が尿として体外に排泄されたのでしょう。
野菜類にはカリウムが豊富に含まれており、カリウムは塩分の排泄には欠かせない栄養素です。
塩分が体にたまると、体の保水力が上がり、体重が増えます。これを体がむくむとも言います。
今回は野菜に含まれるカリウムが体内の塩分を効率よく排泄し、体重の増加を防いだのだと思います。

しかし、これは太らなかったという意味ではありません。
太るか太らないかは体脂肪が増加したかどうかです。
よく、サウナで痩せたという人がいますが、汗をダラダラ流せば、水分と塩分が体外に出ます。
当然、サウナ直後の体重は落ちますが、痩せたのではないことは判りますね。
そのあと塩分を摂らず、水だけで喉を潤すと、翌朝トイレへ行った後の体重は落ちます。
これも、痩せたのではなく、体内の塩分が減ったので、体の保水力が落ちて体重が減っただけです。
食事などで塩分を摂れば、元に戻ります。
体重の増減は、体脂肪より水分量の影響の方がはるかに大きいです。

この様に一時的な体の水分量の変化で体重が増減しても、痩せたとか太ったとか関係ありません。
喉が渇けば普通に水を飲んでください。水を飲めば、一時的に体重は増えますが、太るのとは違います。
砂糖の入った清涼飲料水は太ります。

ダイエット中、月に一回くらいバイキングで死ぬほど食べても、その後の生活をちゃんとやれば太りません。
バイキング1回だけじゃそんなに太れないのです。
今回は体重が増えなくてよかったですね。でも、月に1回位にしておきましょう。

No.2です。

>びっくりしたのですが昨日の体重からまったく変わっていませんでした。なんでですかね??

それはよかったですね。

原因はいろいろ考えられますが、野菜類を沢山食べた結果、水分を多く摂ることとなり(たいていの野菜は90数%が水です)、
食べた直後増えた体重の原因である水分が尿として体外に排泄されたのでしょう。
野菜類にはカリウムが豊富に含まれており、カリウムは塩分の排泄には欠かせない栄養素です。
塩分が体にたまると、体の保水力が上がり、体重が増えます。これを体がむくむとも...続きを読む

Qクローズフェースのドライバーのフェースの向き

最近、フィッティングを受け、少しだけクローズフェースのドライバーに買い替えました。
以前は少しだけオープンのドライバーを使用しておりました。

アドレスでのフェースの向きについてお聞きしたいのですが
今までは目標方向に対してボールの横にフェースを合わせていたのですが、クローズフェースになるとフェースが少し左を向いてくると思います。

少しだけフェースが左を向いているのが、正しくスクエアなアドレスだということはわかっているのですが、この向き方を安定させるにはどうしたらよいでしょうか?

自分で考えたのは、アドレスで一度体の正面にヘッドを地面に落とし
そこで目標に対して真っ直ぐにフェースを合わせ、そこからフェースをボールの横へもっていくといつも同じフェースの向きになるようになるのではと考えたのですが、この方法は間違っているのでしょうか?

他にいい方法があれば教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前から他の質問者さんへ回答などを拝見しているので知識、経験は充分お持ちであり、今回の質問文中にもある様にご自分でフックフェースの意味についてご存知の様なので、グダグダと説明する事は省き、結論だけ述べておきます。

フックフェースのヘッドをセットする時は、アドレス、ボール位置は通常のままで、クラブヘッドだけボールの後方10~15センチ位(ヘッドのフェース角によって微調整)離してセットしてみて下さい。目標方向へフェースを合わせられますよ。

Qキャベツの千切りが苦手です。包丁で指を切ってしまうんじゃないかと慎重に

キャベツの千切りが苦手です。包丁で指を切ってしまうんじゃないかと慎重になってしまって、遅いです。
どうしたら、シャキシャキあんなに速く細かく切ることができるのですか?

Aベストアンサー

元調理師です
私は、いずれの師匠からも、キャベツの千切りはこれほど細い物は見たことが無いと言われた事が有ります
キャベツを4個位切った事も有りますが、手を切るのはショッチュウでした
どんな有名な調理師でも最初は皆指を切って覚えて行くのです
鍵は、左手の中指です
猫の手でやって居ますか?そして関節を包丁に当てるのではなく第一関節と第二関節の間の平らな所を包丁に当ててガイドにして切ると、指を切っても皮がむけるだけですから、大した怪我になりません
所が関節に当てて指を切ると、炊いてんなことになりますので、注意が必要です
後切れる包丁で切る事、切れる包丁で怪我をした場合には比較的怪我は治りやすく、後も残りません

Qフェースをきれいにしたいのですが…

私のウッドのフェース(メタルのフェースです)にはボールを叩いたあとが、白っぽくうっすらと着いています。それをきれいに落とすことは出来るのでしょうか?洗剤とかで拭いても落ちません。研磨剤みたいな物を使うのでしょうか?
フェースの汚れだけでなく、ソール部の汚れ等含めてアドバイスをしていただければありがたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

まず、フェイス、ソールの汚れですが、ご質問の通り研磨剤を使います。研磨剤入りなら、どんな物でもかまいません。適当な物がなければ、歯磨き粉などでも落ちますが、落ちないようでしたら、ホームセンターなどで売っている、ピカールという商品があります。これならば、大体の物は落ちます。アイアンのショットマーク等大変よく落ちます。しかしあまり強く擦り過ぎないように様子を見ながら行ってください。汚い道具は気持ち悪いですよね。わたしは大変重宝しております。頑張ってください。

Q(1)左手グリップの親指と人差し指の間のV字が右肩を指すと何故スライス

(1)左手グリップの親指と人差し指の間のV字が右肩を指すと何故スライス出にくいのですか?
(2)リストコックの方法を教えてください。
(3)トップのポジションで左手首が甲側へ折れると何故良くないのでしょうか?
上記3つの理由を教えていただけませんか?
宜しくお願いします。
※詳しい動画サイトなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

(1)その状態で手首をナチュラルポジション(左手の甲が目標方向を向く状態)にするとフェースが被るからです。

(2)(3)グリップとコックには非常に密接な関係があります。
コックの基本はクラブヘッドを手首の動きで上に上げる動きです。
従って、極端なフックグリップなら左手首を甲側に曲げるのがコックになりますし、逆に極端なウィークグリップなら左手首を平側に曲げるのがコックになります。
実際にはそこまで極端なグリップはしないので、コックは左手首を親指側に折る動きに近いと思います。従って、左手首がトップでどの程度甲側に折れても許容範囲であるかは、グリップ次第になります。

Qドライバーが真っ直ぐ飛びません(ドスライスします)

ドライバーが真っ直ぐ飛びません(ドスライスします)
ゴルフ歴2年です。本当にドライバーがダメです。ほぼ9割方右に飛び出し、更に右に曲がります。
だから練習場の右側面のネットに当たります。
スイングプレーンがアウトサイドインで、クラブフェースが開いて入るからこうなる事は頭では
理解しているつもりなんですが直りません。

でもアイアンはショートもロングも大体真っ直ぐ飛びます。恐らくスピンが掛かっているから
目立たないんだと思います。基本はスライス球なんだと思います。
ちなみに他のウッド(3番、4番、5番)はドライバーほどひどくありません。
だからアイアン5番打ってすぐに5Wや3W打つと真っ直ぐ行く事も多いです。
とにかくドライバーが全然ダメです。

本当はレッスンプロか上手い人に見て貰えば修正も早いとは思うのですが、何せ周りにゴルフする
友達もレッスンに通う時間もありません。
何かアドバイス、いい練習方法、参考になるwebサイト等ないでしょうか?
皆様のご指導を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

シングルでレッスンもしています。ドライバーというより残念ながらスイングの根本が出来ていないようです。アドバイスで治すのは難しいですが、気づいたことを。

・ 右に出てということは、アウトサイドインではなく、インサイドアウト。ダウンでクラブを寝せて、肘を絞って右に押し出している。まず、出玉はは軌道の方向に飛ぶことを理解。

・ スライスということはフェースが開いている。絞った肘で、右手が下になり、スクエアに戻らない。ときどき戻すと、急激なチーピンが出る可能性があります。

・ 他のクラブが打てているという前提にたつのは危険です。アプローチ、アイアン、ウッド、パター、ミスの傾向は同じ場合が多いからです。

さて、対症療法で適当なことならいくらでも言えますが、やはりレッスンに行かれるのが一番だと思います。なぜかというと、毎年100人以上をレッスンしていますと、ご自分が問題と考えていることや、自己申告よるスイング分析は、ほぼ100%間違いである場合が多いからです。その上で、対症療法をすると、一瞬治ったように思えても、病気が再発することを繰り返すわけです。

ゴルフには、表現はいろいろありますが、

1。右手を上にスイングをし続け、フェースをスクエアにするという根本的な手の使い方。
2。テイクバックを体で行って、右の股関節が外れず、緩まないようなトップ。
3。ダウンでビハインドザボールを保ちながら、左に体重移動。このとき自然にクラブはふらなくても降りてくる。
4。クラブをリリースして、右腰を押し続けて、左股関節で回り切る。

といいう、根本的な動きがあります。プロもうまいアマチュアも、スコアが安定している人は例外なくこの動きができている人です。さまざまなレッスンやドリルは、言葉こそ違えど、こういう根本的なことを覚えるためのものなのです。ところが、自己流スイングには落とし穴があります。それは、マイナスと、マイナスで、プラスを作るという傾向です。つまり

  マイナス × マイナス =プラス

ですが、右に行くわるい動きと、左に行く動きをあわせて、真っ直ぐ行くというようなことですね。ひとつのマイナスを修正すると、

  マイナス × プラス = マイナス

になる。つまり、本来修正してよくなっているのに、結果が逆になってしまう。質問者の場合、ドライバーが悪いのに、アイアンが打てるという人のスイングは、ほぼ100%、悪い点が同じなのに、アイアンだけ、マイナスを打ち消すごまかしをしている(しやすいから)わけです。つまり、ドライバーの方が、まだ動きがよい可能性があるということ。

ここらかは想像ですが、質問者は、左に体重移動しても、腕が降りてこないのだと思います。そのため、肘を絞ってクラブを寝せて振ろうとする。短いシャフトなら、なんとかその後軌道修正できるが、ドライバーのようなフラットで、慣性モーメントが大き場合、そのままプシュアウトしてしまうわけです。その場合、まず、体重移動のとき、クラブを寝せないように、しなければなりません。フルショットでそれを覚えるのは難しので、谷、内藤、坂田、藍ちゃんのお父さん、著名なコーチがみんな言っているように、小さいスイングだけを半年徹底してやり、どこからダウンをしても手を使わずスイングをプレーンにのせるようにする必要があります。そして、1の右手が常に上にある動きを覚えます。ドライバーだけなおすと、返しの動きがはげしくなり、今度は体の動きが直ってプレーンのると、ボールを左に引っ掛けるようになります。そうなると本当に茨の道になります。

また体重移動とスムースなダウンができない原因は、3ではなく多くの場合2にあります。伸び上がって左の背中の筋肉が緩んで手でひょいとあげ、おまけに右の股関節を外れてしまうため3が出来ないのです。2が出来ないため、クラブを絞り戻し、反動で下ろそうとするわけです。

以上、ひとつの例を説明しましたが、これらの原因分析が合っているかは別として、一部の現象や、特定のクラブの結果だけに注目してもほとんどの場合無意味で勘違いであることが多いわけです。

おすすめは、

・ ビデオなどの客観レッスンでまずプロのアドバイスを聞く
・ できれば、定期的にレッスンに
・ 無理なら、対症療法はやめて、小さいスイングや、矯正ドリルなどを徹底
・ その間、ラウンドでスコアが乱れても、それを受け止める

有名コーチのDVDなどをひとつだけ買って徹底し、見てもらう人がいなければ、すくなくともビデオにとって自己分析する。自分の感覚に頼らず、事実を把握することに集中。勘違いの練習はしない方がよいのが、ゴルフなのです。早い人で数カ月。かかっても1年ぐらいで劇的にスイングは改善します。がんばってください。

シングルでレッスンもしています。ドライバーというより残念ながらスイングの根本が出来ていないようです。アドバイスで治すのは難しいですが、気づいたことを。

・ 右に出てということは、アウトサイドインではなく、インサイドアウト。ダウンでクラブを寝せて、肘を絞って右に押し出している。まず、出玉はは軌道の方向に飛ぶことを理解。

・ スライスということはフェースが開いている。絞った肘で、右手が下になり、スクエアに戻らない。ときどき戻すと、急激なチーピンが出る可能性があります。

・ 他...続きを読む

Qじゃがいもの洗い方・オニオンスライスのスライスの仕方。

前回、ゆでたじゃがいもの皮のむき方を質問しよい回答をしていただいたのでそれは解決したのですが、じゃがいもをゆでる前の汚れを落とす方法(丸ごと1個)を教えてください。
現在、スポンジたわしでごしごし洗っていますが、私は面倒くさがりやなのでもっと簡単で合理的な方法があったら教えてください。
次に、オニオンスライスですが、100円均一の店でスライサー?を買ってきてスライスしていますがいつも玉ねぎの最後のところに来ると指を切りそうで不安です。金額は高くても簡単にしかも指を切る不安もない道具あるいは方法があったら教えてください。
最近自分で料理を作らなければならない状況になったのとじゃがいもとオニオンスライスが好きなので(手間をかけずに簡単にできるので)、あまりにも基本的なことかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私もジャガイモはスポンジでごしごし洗うか、流水で手洗いするかしかしていないので、何ともいえないのですが・・・・

 オニオンスライスですが、据え置き式のスライサーを使うことはできませんか?テレビショッピングなどでよく売っているあれです。
 これですと、固定道具の付いたセットを購入すれば、手を切る心配はありませんが・・私は大根サラダの大根やつまなどを切るのに使っています。バーゲンなどであれば、1000円ぐらいで売っているのを見ます。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

Qアドレスでのフェースの向き

ゴルフのアドレスでのフェースの向きなのですが、まず基本的に全クラブ、目標に対してスクエアになるのが正しいのでしょうか?

ハンドファーストで左ももの内側に手を置いた時、フェースがフック気味になる気がするんです。           これは持ち方が悪いのか、目との角度による錯覚でしょうか?特に長いクラブになればなるほどそう感じます。

また、普通にクラブというものは、フェースはスクエアに作られているのでしょうか?空中でクラブを握って持ち上げた時も、すでにフック気味になっていると感じるのですが‥(特にUTやFWやDR)。

こういう場合、フェースをどうアドレスしたらいいのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>ゴルフのアドレスでのフェースの向きなのですが、まず基本的に全クラブ、
>目標に対してスクエアになるのが正しいのでしょうか?


けしてそうとは言い切れません。(ウッド類は特に)


>ハンドファーストで左ももの内側に手を置いた時、フェースがフック気味になる
>気がするんです。これは持ち方が悪いのか、目との角度による錯覚でしょうか?
>特に長いクラブになればなるほどそう感じます。


長いクラブ・・・特にドライバーなんかはハンドファーストには構えません!正面から見たとき腕とシャフトは大文字のYの字になっているのが正しいと思います。逆に短いSWなどは小文字のyっぽくなりますね!そもそも『ハンドファースト』という言葉こそが誤解の元!本来は『ヘッドレート』や『ボールレート』と言う言葉の方が適切です。その理由は手(ハンド)の位置は基本一定(=左太股の内側)で、持つ番手や打ちたい球筋などによってクラブのヘッドやボール位置がレート(右足寄り)になるというのが適切な表現なんだと思います。


>また、普通にクラブというものは、フェースはスクエアに作られているのでしょうか?
>空中でクラブを握って持ち上げた時も、すでにフック気味になっていると感じるのですが‥
>(特にUTやFWやDR)。


う~ん・・・・結構難しい話なんですよね~!
一度よければ結構マニアックな話なんですが、こちらの質問と回答を読んでみてください。(私の回答はNo.2・6・8です。)
QNo.6357954 http://okwave.jp/qa/q6357954_3.html#answer
プル角という物についてとそれに合わせたクラブの置き方(セッティング方法)を書いております。

ウッド類に関しては、明らかにフェースが左を向いている物が存在します。
いわゆるフックフェースと呼ばれているものでクラブをライ角通りにポンと地面に置いた状態でフェースが左を向くものがそれです。スライス防止の為の効果がありアベレージ向けのモデルで多く採用されています。インパクトの際にフェースが右に開いてしまいスライスするという方が多いので、それなら最初っから少し左に向けておけば結果真っ直ぐになるでしょ!的な考えからフックフェースなんてものが存在します。フェースは左を向いてしまいますがこれを無理に手で真っ直ぐにするのはNG!"ソールが座る"なんて言いますがヘッドを地面に置いた状態で一番安定するところで仮にフェースが飛球線に対して直角でなくとも気にせず打ちましょう。ということでフェースの向きに慣れるまではヘッドをソールさせてからグリップを作ってくださいね!

アイアンもプル角というものが存在し、それが≒フックフェースと言えるのですが、非常にややこしい内容なのであえて詳しくは説明しません。アイアンも同じくグリップは左太股の内側、クラブをライ角通りに地面にソールした際にフェースのスコアラインが飛球線に対して直角になるようにセットできる位置が=クラブに合わせた適正なボール位置です。


あと、よくよく見落とされがちなのがグリップ!特に純正品から交換されている物でバックラインという背骨のような指の引っかかるラインがあるタイプのグリップを入れてある物は、そのバックラインが正しく真っ直ぐに入っていないと思わぬ方向にフェースが向いてしまう場合があります。ご自身のクラブのバックラインの向きを確認する方法は、ヘッドを宙に浮かせた状態でグリップを作り、そのままライ角通りにソールしてください。その際フェースの向きが右や左を向いているか?ウッド類はソールの座りが良いかどうか?を確認します。
グリップの向きに関しては参考までにコチラを見てください。
http://www.arigaen.co.jp/hi-grip-irekata.htm

>ゴルフのアドレスでのフェースの向きなのですが、まず基本的に全クラブ、
>目標に対してスクエアになるのが正しいのでしょうか?


けしてそうとは言い切れません。(ウッド類は特に)


>ハンドファーストで左ももの内側に手を置いた時、フェースがフック気味になる
>気がするんです。これは持ち方が悪いのか、目との角度による錯覚でしょうか?
>特に長いクラブになればなるほどそう感じます。


長いクラブ・・・特にドライバーなんかはハンドファーストには構えません!正面から見たとき腕とシャフトは大文字...続きを読む

Qフェデラーの様な滑って伸びるバックハンドスライス

私がバックハンドスライスを打つと、どうしても相手の前で止まってドロップする、球威のないいわゆる伸びないスライスになってしまいます。打ち方は、まずラケット面の後方を上にして、斜めに構えます。ラケットはこの時腰の位置より高め、胸の辺りにセットします。で、インパクト後はラケットにボールを乗っけて運んでいくようなイメージで打ち、フィニッシュはラケット面が上向きになって相手の方向を指すような打ち方です。

これは以前通っていたスクールのコーチから最初にスライスの打ち方の手ほどきを受けた時のものをずっと続けています。

しかし、そのコーチが打ってくるバックハンドスライスは、そんなドロップ気味のものではなくて、バウンドしてからも球威が衰えず、しかも低い位置で滑って伸びてくるボールです。

そこでそのコーチにそういうスライスの打ち方を教えて欲しいと言ったら、「企業秘密だよ」とか「そのうち教えてあげる」と言って、自分でそういう打ち方を教えておいたくせに私のスライスを見て「それじゃナンチャッテスライスね」とバカにしていたのですが、私がそのスクールをやめてしまったため未だにそういう滑って伸びるスライスボールは打てません。

このカテゴリーの過去のQ&Aで、どなたかが、ラケットを斜めに構えず真っ直ぐに構えて最後に親指を上げる様にすればいい、とおっしゃっていましたが、それだと私の場合トップスピンがかかってしまいます。

また、では最後に親指を上げないで(この時ラケットを斜めには構えません)、ラケット面を最後に上向きにすると(つまりドロップスライスのフィニッシュと同じです)、ベースラインをはるかにオーバーしてホームランしてしまいます。

フェデラーのバックハンドスライスを実際に目の前で見たことはありませんが、新聞記事に、彼がウィンブルドンや全米、全豪のような早いコートで勝てるのは、滑って伸びるスライスがローンコートやハードコートのような早いサーフェスでは非常に有効だから、とあったのを読んだことがあります。

どうやったらフェデラーの様なって伸びるバックハンドスライスが打てるのでしょうか?また、その練習方法があれば教えて下さい。宜しくお願い致します。<(_ _)>

私がバックハンドスライスを打つと、どうしても相手の前で止まってドロップする、球威のないいわゆる伸びないスライスになってしまいます。打ち方は、まずラケット面の後方を上にして、斜めに構えます。ラケットはこの時腰の位置より高め、胸の辺りにセットします。で、インパクト後はラケットにボールを乗っけて運んでいくようなイメージで打ち、フィニッシュはラケット面が上向きになって相手の方向を指すような打ち方です。

これは以前通っていたスクールのコーチから最初にスライスの打ち方の手ほどきを受...続きを読む

Aベストアンサー

あまりにライジングすぎる場合はフラットに近い合わせ打ちみたいな
スライスにしないとラケット面でかすれてボールは前に飛ばなかったり
しますがこの辺の加減も出来る人は出来てしまうので・・・

実際スライスの古典であるローズウォールのラケット面の動きは
バックスイングの一番深い所でラケット面は地面に垂直→振り出して
すぐ地面に水平→インパクトで垂直→フォローに入って水平ぎみ→
フィニッシュはフラットと変わらないと、それぞれの動きが持っている
意味を説明するのは大変です。
ただ出来ない人が見ていてもムリが無く美しいとは感じるとは
思うんです。

以下考えられる例えをいくつか挙げてみます。

★野球のピッチャーはいったん投球方向に対して横を向き腕から力が抜け
その後腕はつねにヒジが先行して振られリリースで始めてスナップを使います。
この間の手首の向きの変化を説明をするのは身体の仕組みから解説しないと
出来そうもありません。
テニスではラケット全体を含め腕なのでヒジにあたるのはグリップです。
グリップを常に先行させムリに面を起こさないようにしてインパクトで
スナップを使う意味で面を立てる感じでしようか・・・

★空手のウラ拳のパワーを使いインパクトでは飛球方向に
面を向けボレーと同じ様なフォローで深さのコントロール感を出しています。

★スライスはプロが試合で使っている時はイロイロな場面で使うので
その時々で理由があり変則バージョンの事が多いです。
(ブロックに近いスライス、低い所でスイングスピードを落とさないで
打ちたい為のアウトサイドインに振るのサイドに切れるスライス等)
練習ストロークの時ほ方がある意味意識して基本的な打ち方をしています。

後、私は以前にもバックのスライスは回答した事があるので
よければ読んでみてください。

克服の方法はやはり克服出来た人に訊いてみるのがいいと思います。
スミマセン・・・

あまりにライジングすぎる場合はフラットに近い合わせ打ちみたいな
スライスにしないとラケット面でかすれてボールは前に飛ばなかったり
しますがこの辺の加減も出来る人は出来てしまうので・・・

実際スライスの古典であるローズウォールのラケット面の動きは
バックスイングの一番深い所でラケット面は地面に垂直→振り出して
すぐ地面に水平→インパクトで垂直→フォローに入って水平ぎみ→
フィニッシュはフラットと変わらないと、それぞれの動きが持っている
意味を説明するのは大変です。
ただ出来な...続きを読む

Qドライバーのフェースアングル

今、フェードの練習をしています。

アイアンはストレートネックのもので
問題なくフェードが打てているのですが、
ドライバーのフェースアングルのことでお聞きしたいです。

今、ドライバーを2種類打ち比べています。
・r7 SuperQuadフェース角:0.5°クローズ  45インチ
・r7 460 TPフェース角:0.5°オープン  44.75インチ
共にロフト8.5度、Xシャフトです。

フェードボールを打つ場合は、
やはりオープンフェースのものを使うのがいいのでしょうか?

それとも、多少クローズでも少し開き気味にして打ったらいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

フェースアングルの機能を使うのならば、オープンの方がいいに決まっていますが、必ずしもそうも言えないのがゴルフの難しいところですね。

実はクローズでフェードに合う方も中にはいらっしゃいます。というのは、フェース角がクローズ、つまりフックフェースだと左打ち出しをイメージさせる部分もあるからです。
いい例がリー・トレビノプロでしょう。パーシモン一辺倒からメタル(ステンレスヘッドのもの)が出だした時代、彼は一目散にメタルに変えました。なぜかというと、当時のメタル(TourPreferedという製品でしたね。偶然かどうか、今回の質問でgolf90さんが出されたクラブと同じメーカーですが)はヘッドが小さく(ということはスポット近くのトゥに当たる面積も小さい上、ネックは現在のものと変わりません)、球を捕まえるのに一苦労するような機能のものでしたから、当然メーカーとしてはフェース角をクローズにしたわけです。それが左打ち出しをイメージさせるという理由で彼は使い始めたのです。(彼の他にもボディターン系のフェードヒッターはこぞって使った覚えがありますね)
実は自分はドロー一辺倒(プッシュドローなんですが(笑))です。つかまりすぎを嫌うというより右打ち出しイメージのために少しオープンフェースのウッドを選ぶ傾向にあります。人間のアドレス時の心理の面白いところでしょうね。

アイアンにも同じような傾向があったりします。例えば、スコアラインのサンドブラストのトゥ側がフェースラインの頂点よりヒール側にある場合、左打ち出しをイメージする顔になりますし、トゥのラインのふくらみの頂点が中心あたりだとフェードイメージです。(頂点がソールに近くなればなるほどドローイメージになります)コンパクトヘッドに見せようとスコアラインを大きくとったらドローイメージですし、小さく見せようとすればフェードのイメージになります。

これが、いわゆる「顔」と言われる部分ですよ。機能を取るか心理を取るかはゴルファーの主観に左右されますので、どっちがいいとはここでは言うことができません。

フェースアングルの機能を使うのならば、オープンの方がいいに決まっていますが、必ずしもそうも言えないのがゴルフの難しいところですね。

実はクローズでフェードに合う方も中にはいらっしゃいます。というのは、フェース角がクローズ、つまりフックフェースだと左打ち出しをイメージさせる部分もあるからです。
いい例がリー・トレビノプロでしょう。パーシモン一辺倒からメタル(ステンレスヘッドのもの)が出だした時代、彼は一目散にメタルに変えました。なぜかというと、当時のメタル(TourPreferedと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報