これからの季節に親子でハイキング! >>

以前から疑問に感じていたことです。
テレビを見ていて、アナウンサーや司会者が
「~の可能性が大きい」
とか
「~の確率は小さい」
というのを耳にするたびに
「可能性は『高い』、確率は『低い』でしょ!そんなことも知らんの?」
と、心の中で叫んでいました(笑)。
番組終了後に、先輩アナウンサーから注意されるんだろうなー、と思っていました。
ところがそのような使い方をしている場面を見聞きする機会は最近になっても減っていないような気がします。
ひょっとしたら私が間違ってたの?

この辺の使い方は何が正しいのでしょうか。
また正しい使い方は何で調べればよいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

●一般の使用状況からいって、どちらでも良いかと思います。


・「可能性」も「確率」も特に意味を区別する必要はないと思います。
・一般に、「率」は「高低」が使えるので、「高低」は使えるでしょう。
・しかし、「量」としても把握できるので「大小」を使う<余地>はあります。

●絶対的な基準はないように思います。
・「包容力」は数値化できませんが「大きい」のような気がします。
・「温度」は数値で表せますが「高低」しか使わないような気がします。
・「不満」は上下左右に広がるようですが「高まる」のような気がします。
・しかし「不満が大きい」であり、また「大満足」のような気がします。

●使用方法の参考までに。
・数学・統計学では、「確率」は「大小」とも「高低」とも言います。
・中国語でも「可能性」は「高」とも「大」とも言っているような気がします。
・英語でも"possibility"は"high"とも"small"とも使うような気がします。

●国語の語彙の正確な違いを研究している文献はあります(題名は失念)。
・しかし結局は用例から帰納するしかないので、その結論から「この使用法は間違っている」と演繹するのは難しいように思えます。
・特に、「確率」も「可能性」も最近の訳語だと思われるので、数学・統計学の慣用に従うのが穏当なのでしょうか。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
みなさんのご意見を拝見しますと、どうやらどっちもありなのかなと感じます。
自分の使い方にない言い方を聞いたときに違和感を感じるだけで、もちろん意味は分かりますから問題はないですよね。ということで一応解決!としたいと思います。
いろいろなご意見、ありがとうございました。大変参考になりました。
「教えて!goo」サイコー!!!

お礼日時:2001/09/12 14:34

個人的には、すべての組合せがOKだとおもいます。



ちなみに数学の文献では確率は大きい、小さいというのが
普通です。理屈を大事にする世界(理系の学問等)では
確率、可能性とも「大きい・小さい」を、その他の分野
では「高い・低い」も使うのではないでしょうか。これも
個人的見解ですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
個人的見解、大歓迎です。
理系の学問では「大きい・小さい」ですか、、、ふーむ。
となると、私は文系の思考回路のようです(笑)ますます興味が沸いてきました。

お礼日時:2001/09/12 14:24

「可能性大(ダイ)」って言いませんか?


僕もよく使います。大きいであってると思いますよ。
でも、「可能性小さい」ってあまり聞きませんね。「可能性低い」って言ってますね。
そう思って「可能性」をgooの国語辞典で引いてみました。
すると、

 かのう-せい 【可能性】
(1)物事の実現する見込み。「成功の―がある」「―が小さい」「無限の―を秘める」

とありました。
「可能性が小さい」って言うようです。「大小」で間違いではないみたいですね。
ただ、「高低」が間違いとは書いていないので、それでも良いのかもしれません。
自信なしです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり「可能性が高い・低い」が間違いとは明記されていないようですね。
調べていただいてありがとうございました。

※あと1日待って締め切りたいと思います。専門家の方からのご意見もお待ちしています。もちろん一般人の方からもお待ちしています。

お礼日時:2001/09/12 14:16

参考URLに2つは入らないのでここに。



可能性は大きい小さいの方が↓
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …

確率は高い低いの方が↓
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …

例示されています。

可能性の高低、確率の大小が否定されているわけではありませんが。
個人的には可能性の方は両方O.K.な気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
URL参考にさせていただきました。
おっしゃるとおり、可能性の高低、確率の大小が否定はされていないんですよね。。。

お礼日時:2001/09/12 14:09

可能性は大(ダイ)とは言いますが、可能性は高(コウ)とは言わない気がします。



確率は高い、低いで、、、率は上下する性質から、上下を表す言葉でOK。

可能性は多い、少ない・・・大きい、小さいの他、これは言いそうですね。

可能性は上下、左右方向のほかに、立体的に膨らみが感じられますから・・・多い、少ないも成立するようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
回答No.1の方へのお礼と同じになってしまいますが、私としては個人差ではなく言語的(というのかわかりませんが)に解決したいと思っています。
「高い・低い」は正しくて「大きい・小さい」は誤り
のように明記されている資料をご存じでしたらお教えください。

お礼日時:2001/09/12 14:06

そうですねぇ。


このあたりのことは難しいところだて。

可能性・・・○○性という場合は、大きいとは言えませんよね。というのは、はっきりと数値であらわれるものではないからです。可能性が何%とかいう場合には、それは可能性というより確率と言い換えた方が妥当だったりします。ですから、これは「高低」で示す方がよいですね。

確率・・・○%とか、何分の何とかいうのは、数値です。ですから、その数値が大きいかどうかを言いたいのであれば、「確率が大きい」という言い方はあながちまちがいではないでしょう。しかし、一般的に確率というのは「全体の可能性の中に占める事象のおこる可能性の割合(nabayosh国語大辞典)」です。割合は数値ではないから、「高低」で示す方がよい、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私としては「可能性が大きい」や「確率が大きい」という響きにすごく違和感を感じるのですが、感じ方には個人差があると思うのです。
また私自身もこれらのフレーズをテレビ等で聞き慣らされていくうちに、違和感が小さく(少なく?(笑))なってきた気がしています。
正しい使い方はコレ!とわかる辞書などがあればスッキリするのですけど、nabayosh国語大辞典以外にご存じありませんか?

お礼日時:2001/09/12 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qリスクは低い/高い?それとも小さい/大きい?

 日本語を勉強中の中国人です。リスクは低い/高いと言うでしょうか。それとも小さい/大きいと言うでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

リスクが低い/高い
リスクが小さい/大きい
リスクが少ない/多い

どれも使います。どれも辞書には載っています。

使い分けはそれほど厳密ではありませんが、おおむねつぎのような感じではないでしょうか。

リスクが低い/高い
「危険性」という確率をいうとき。

リスクが小さい/大きい
それによって生じる被害の大小を想定しているとき。

リスクが少ない/多い
具体的なリスクの内容を考えているとき。

Q「可能性が高い」は誤りで、「蓋然性が高い」と言うべき?

 「可能性」と「蓋然性」の言葉の違いを調べているうちに、
「可能性が高い」という言い方は誤りであるとの情報
http://www.jas21.com/athenaeum/athenaeum60.htm
に接しました。

 「可能性がある」、「蓋然性が高い」、「蓋然性”は”低い」、
といった表現が望ましいのでしょうか?
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、「可能性」というのは本来何かをする上で可能であるかどうかに関連する事を表す言葉だと聞いたことがあります。

例を挙げると「優勝の可能性に賭けてみる」等です。

よく言う「犯人は男性である可能性が~~」というのは誤り、ということです。


質問者様の質問とは若干ズレているかもしれませんが、こんな情報もあるということで参考までに。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q間隔は「開く」?「空く」?

今日の新聞の夕刊に「間隔は開かない方がいい」という文章がありました。
この場合、「開かない」は「ひらかない」であって「あかない」ではないですよね?

間隔を「あける」時は「空ける」で、間隔を「ひらく」時は「開く」という漢字の使い分けでいいのでしょうか。
また、そもそも「間隔を開く(ひらく)」という表現はありますか?
間隔が主語ならいいのかな……

考えれば考えるほど混乱してきました……普段使っているような使っていないような……

Aベストアンサー

「開かない」の読み方ですね。

「あく」に使う漢字は、
空(あ)く=からになる。席が空く。間が空く。手が空く。
開(あ)く=ひらく。穴が開く。戸が開く。幕が開く。店が開く。
明(あ)く=ひらいて見える。目が明く。埒(らち)が明かない。

よって、意味から考えると「空(あ)く」を使うべきでしたよね。

開(ひら)くと使う場合は、扉(を)開く。大会(を)開く。本(を)開く。店(を)開く。
となります。反対語が「閉じる」である事から、
閉じないものをひらく様な使い方には使わないと思います。
「間隔」は、詰める事はあっても閉じるとは言わないので、
「あかない」と読む事例ではないですね。

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「急かしてすまない」を敬語にすると?

タイトルの通りなのですが、
「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
=(常体)「用事を言い付けてすまない」

「お呼び立てして申し訳ありません」
=(常体)「呼びつけてすまない」

4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。

従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。

5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。

以上ご参考までに。

こんにちは。8/20の英語のご質問以来ですね。

ご質問:
<「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?>

「お急ぎ立てして申し訳ありません」
などもあります。

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと
「申し訳ございません」
なども可能です。

2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。

3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。
例:
「ご用立てして申し訳ありません」
...続きを読む

Q多岐にわたる、は、亘る OR 渡る?

タイトル通りなのですが、
辞書を引くと「多岐にわたる」と書いてありますが、
「わたる」を漢字で書く場合、
「亘る」か「渡る」のどちらが正しいでしょうか?
それとも、辞書どおり「わたる」とひらがなの方が無難でしょうか。
以前、「渡る」は間違いだと言われたことがあるような気も
するのですが・・・ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

渡る…移動や一般的な通過の場合
亘る…ある期間、ある範囲に及ぶ

という違いがあります。上記の場合には、漢字では「亘る」になりますが、「亘る」は常用漢字の表記外なので、通常は「多岐にわたる」と書きます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング