株式を学び始めた超初心者です。
PBR=株価÷1株当たりの資産
PER=株価÷1株当たりの収益
と本で読みました。

では、マイナスになっているのは?
PBRの場合、株価は正の数で、1株当たりの資産が負の数ってことがあるのですか?
PERの場合、株価は正の数で、1株当たりの収益が負の数(これは赤字ってことですか?)でしょうか?

基本的な事項とPBR,PERがマイナスの場合の意味を教えて下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

PER がマイナスは「赤字」のことでいいと思います。

その年の純利益が赤字ってことですね。

PBR がマイナスは「債務超過」のことです。資産より負債の方が大きい状態です。赤字が続いて元々あった資本が食い潰されたりするとこうなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
簡潔明瞭な答えで、すっきりしました。

お礼日時:2005/04/23 18:13

おはようございます。



PBR が1を割り込んでいるのは、含み損を抱えているということです。

PBR(株価純資産倍率)
収益面から株価を計るPERに対し、純資産から株価を見るのがPBRですよね。
株価を1株あたりの純資産でわってもとめられる。
一般的に1に近いほど割安とされる。また、理論上1を割ることはない。
なぜなら株式には残余財産分配権というのがあって、これは、会社が解散や
倒産したとき資産を売却し負債を返して残ったもの(つまり、1株につき、1株あたりの
純資産)を株主でわけるというものなので。
PBR1ということは、元本が保障されていること意味します。
しかし、実際には1以下の株式は多数ある・・
これは、会計を時価ではなく簿価でしていたり、マーケットが含み損を抱えていると
判断しているからです。


PER(株価収益率)
ご存知のとおり、株式投資でもっともよく使われている指標ですよね。
念のため・・ 株価を一株利益(EPS)で割って求める。
つまり株価を一株利益の何倍に買われているかをみるもの。
倍数が高ければ割高、低ければ割安と判断します。
ただ、明確な絶対基準はなくあくまで相対比較をするものではないでしょうか。
通常、業種別平均PERと比較するのが良いのでは・・
ただ、EPSがマイナス値の場合、当然PERもマイナス値になり、この場合、
投資尺度としてPERは意味を持たなくなると思います。


http://help.yahoo.co.jp/help/jp/fin/report/h.html

http://www2u.biglobe.ne.jp/~migrant/kabusikiyoug …

http://all.toyokeizai.co.jp/dictionary/08.html

http://all.toyokeizai.co.jp/dictionary/07.html


お互い がんばりましょ!!!

参考URL:http://help.yahoo.co.jp/help/jp/fin/report/h.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
会計等の知識がありませんが、少しずつ、頑張りたいと思います。

お礼日時:2005/04/23 18:16

簡単に言えば赤字決算企業。


もしくは、公開間もない未成長企業。
    • good
    • 0

簡単に言えば赤字決算企業。


もしくは、公開間もない未成長企業。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました

お礼日時:2005/04/23 18:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイナスかけるマイナス

マイナスかけるマイナスがなぜプラスになるのか、という問いはよくあり、それに対していろいろな説明がなされますが、科学雑誌Newton の「虚数がよくわかる―“ありもしない”のに難問解決に不可欠な数」の中で、「マイナスかけるマイナスがプラスになるのは、そのように決めたからであり、必然ではない。マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学体系を作ることも可能だが、そうすると、計算が非常に煩雑になるため、マイナスかけるマイナスはプラスというルールを採用しているに過ぎない」という意味の文章が書かれていました。

以下参照
http://www.newtonpress.co.jp/qa/0812/a0801.html

また、外国人研究者が書いた「負の数学」という本でも、「マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学を作ることは可能である」と書かれているようです(読んだことはありません)。

マイナスかけるマイナスは必然的にプラスになるという説明がある一方で、それは単なる決め事に過ぎないという説明もあります
。いったい、どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 これは、「そのように決めた。」のです。

 これは、人類が発展する中で、数を数えるのに最初は、自然数ですんでいたのですが、

商業などで借金などをどう表すかという問題にぶつかり、負の数という概念を考えて、数が整数に拡大します。

そのときに、四則計算が、(この場合は引き算が)、今までの自然数と同じようにできるように整数の中でも
そうとりきめたということです。

    6-  3 = 3
    6-  2 = 4
    6-  1 = 5
    6-  0 = 6    0という数字の発見は、かなり遅いですが・・・・概念としてはありました。

         ここまで1ずつ増えている

    6-(-1)= ?
    6-(-2)= ?

 これを、現実の生活にも合うように(応用できるように)ルールとして考えたのです。

     6-(-1)= 7 つまり、6+1
     6-(-2)= 8 つまり、6+2
    
    

そして、かけ算も同様です。 マイナスというかずを認めて、掛け算を考えると

   (-3)X 4 =-12 
   (-3)X 3 =- 9 
   (-3)X 2 =- 6 
   (-3)X 1 =- 3 
   (-3)X 0 =   0  ここまで、3ずつ増えている。
   (-3)X(-1)= ?   
   (-3)X(-2)= ?? 

これらも、前と比べて、3増えるのが自然だ!!!  

   (-3)X(-1)= 3   
   (-3)X(-2)= 6

 これを、18世紀、19世紀の後の世になって、数学の体系として見直し、数と計算のルールに整合性が
でるようにしたものです。


 決め事に過ぎないので、ほかの方法も成り立つのです。ただし、生活に密着しているかどうかは別問題。

大学に入って数学を学ばれたらわかってきます。


 余談ですが、人類の歴史を考えると、数学も楽しいものになりますよ。

 ヨーロッパ(移住したアメリカも含む)は、英語のように eleven twelve と10代の数を
日本のように十一(10+1)になっていませんね。

 フランス、スペイン、イタリア、ロシアなどなどみんなそうです。どうしてなのでしょう。

 日本のように数えるのは、中国、韓国、アジアの国、南太平洋の国々です。

 そもそもどうして10進法なのでしょう?
 ヨーロッパは、長い間、10進法でないものを、たくさん使っていましたね。

 (実は、古代マヤは、20進法)

 ちょっと脱線しましたね。

 こんにちは。

 これは、「そのように決めた。」のです。

 これは、人類が発展する中で、数を数えるのに最初は、自然数ですんでいたのですが、

商業などで借金などをどう表すかという問題にぶつかり、負の数という概念を考えて、数が整数に拡大します。

そのときに、四則計算が、(この場合は引き算が)、今までの自然数と同じようにできるように整数の中でも
そうとりきめたということです。

    6-  3 = 3
    6-  2 = 4
    6-  1 = 5
    6-  0 =...続きを読む

Q【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか? PER(株価収益率)とは株価を1株

【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか?

PER(株価収益率)とは株価を1株当たりの当期純利益で割った値で、日経平均銘柄だと14-16倍だそうです。

で、PERが高い銘柄をスクリーニングするとワタミが2.43倍とPERで見ると良い会社に見えます。

進学会だと3.02倍でブラックワタミ嫌いの人なら進学会の株を買えば儲かると思うのですが投資家は買ってないですよね。

なぜ買わないんですか?

PER(株価収益率)は良いですよね?

Aベストアンサー

PERが平均より高い会社がダメとは限りません。
PERが高いということは、それだけ評価が高い、高い成長が期待されているということでもありますので。
その期待に応えられれば株価はさらに上昇する可能性があります。
逆にそれなりの成長は続けていても、期待されているところまで到達しないと株価は下落ということもあります。

ワタミが2.43倍というのはPBR、純資産倍率ですね。PERとは違います。
進学会だと3.02倍というのはなんの数字が意味がわからないです。PERでもPBRでもないですね。

株価は単純にPERの高い低いだけでは判断できません。
様々な要素を幅広く考える必要があります。

Qマイナスかけるマイナス

マイナスかけるマイナスがなぜプラスになるのか、という問いはよくあり、それに対していろいろな説明がなされますが、科学雑誌Newton の「虚数がよくわかる―“ありもしない”のに難問解決に不可欠な数」の中で、「マイナスかけるマイナスがプラスになるのは、そのように決めたからであり、必然ではない。マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学体系を作ることも可能だが、そうすると、計算が非常に煩雑になるため、マイナスかけるマイナスはプラスというルールを採用しているに過ぎない」という意味の文章が書かれていました。

http://www.newtonpress.co.jp/qa/0812/a0801.html

また、外国人研究者が書いた「負の数学」という本でも、「マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学を作ることは可能である」と書かれているようです(読んだことはありません)。

マイナスかけるマイナスは必然的にプラスになるという説明がある一方で、それは単なる決め事に過ぎないという説明もあります
。いったい、どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

根本的には数学は、自然科学ではないので全て人が作った規則だけです。

ただ、ある規則を作るのに他の規則に矛盾しないような規則が求められます。
それで他の規則に矛盾しないように例外規則をたくさん作ると凄く計算がややこしくなります。
なので、そのような矛盾をおこさずに例外規則を最小にするためには「マイナス×マイナス=プラス」の方が都合がいいのです。

Qyahooファイナンスの株価収益率と株ドットコムの株価収益率の値が全然違う。どちらが正しい?

yahooファイナンスの株価収益率と株ドットコムの株価収益率の値が全然違う。どちらが正しいのでしょうか?

ご存知の方、わかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

両方正しいです。Yahoo!は今期利益からPERを出しているのに対し、カブドットコムは来期予想利益からPERを出しているので違いが生じています。

Qプラスかけるマイナスがマイナスになる、分かりやすい説明お願いします。学

プラスかけるマイナスがマイナスになる、分かりやすい説明お願いします。学校の宿題なんです。まだ中一なので。          

Aベストアンサー

昔教わった考え方です。

「1日ごとに100円手に入るとします。

1.3日後の持ち金は今よりいくら差があるでしょうか?
⇒ 100[円/日]×3[日]=300円
⇒ +300円

2.3日前の持ち金は今よりいくら差があるでしょうか?
⇒ 100[円/日]×(-3[日])=-300円
⇒ -300円」

Q株のPER、PBRについて教えて下さい。 

株価収益率(PER)の説明として「株価を1株あたりの利益で割って算出する」とありました。例えば現在の一株株価が1,000円だったとします。こちらを「1株あたりの利益で割って」?というのが良くわかりません。今現在の一株の株価1,000円がいくらの利益を出しているのかなんて計算することができるのでしょうか?また、株価収益率(PBR)についても株価を1株あたりの総資産で割って算出とありましたが、「1株あたりの総資産」ってどういうことなんでしょうか?さっぱりわかりません。どなたかわかり易く教えて下さい。

Aベストアンサー

PER = EPS(一株当たり利益)/株価 
※EPS = 発行済み株式数/当期利益(当期純利益)

PBR = BPS(一株当たり純資産)/株価 
※BPS = 発行済み株式数/純資産

興味のある会社で計算してみてください。
なんとなくわかると思います。

Qギターにやすりをかける

ストラトのエレキを弾いているのですが、木の感触が好きなので、ネックやボディに紙やすりをかけようと思っています

そこで、不安なのですが、やすりをかけることでマイナスの効果はあるのでしょうか?
そして、実際ギターにやすりをかける人はいるのでしょうか?

回答アドバイス等お願いします

Aベストアンサー

汚れについてはNo.1の方のおっしゃるとおりですが、塗装を落とした「生木」の状態で空気にさらすと、湿気を吸ってある種の細菌が湧いてきて、木をボロボロにすることがあります。もちろん時間をかけてボロボロなっていくわけですが、木の質と保管状況によってはかなり短い期間ボロボロになることもあります。マイナス効果はここですかね。音質については、やってみないことにはわからんかと思いますので。

知り合いがギターの塗料剥ぐのを手伝ったことがありますが、塗料を剥いだ後には木質保護用のワックスを塗りました。楽器メーカーがオイルフィニッシュモデルに使う高級な物もあると思いますが、ホームセンターなどでも、木工用の保護油やワックスがありますので、そういう物でも良いかと思います。
塗料でなく保護油やワックスなら、表面に染みこんで内部を湿気等から保護するだけなので、手触りは生木とほとんど全く変わりません。ただ
完全に乾くには1ヶ月くらいかかることもあるので、それも作業工程に折り込んでおいて下さい。塗って1週間くらいで早速ライブでお披露目を…なんてことは考えない方がよいです。じっくり熟成?が必要です。

ただ、メーカーや価格ランクにもよるとは思いますが、ギターの塗膜というのは経験上「意外と分厚い」もので、私たちがやった時には、最初は手作業でしたがめちゃくちゃ能率が悪く、最終的には電動サンダーとかを使いました。それでも、ボディ外周部やネックは手作業でじっくり削らないと変な段差とか付いたらイヤですから、手でちまちまとやるしかないです。よって、思ったより相当に時間がかかります。
また、電動工具を使うと、油断すると「削りすぎ」てしまい、木質を彫り込んでしまいます。私たちがやった時は、ギターの所有者本人が、かなり木工とか塗装に知識のある人間でしたが、それでも結構ヘマをしました。
うまく上塗り部分だけを電動工具で落とし、下塗りは細かいサンドペーパーでじっくり落としていく必要があるでしょう。
しかし、下塗りが残っていると、ワックスを塗った時にその部分だけ染みこまず、斑点状のムラができてかっこわるいので、そのあたりの見極めが難しいところです。

そのほか、ギターによっては塗装を剥がしてワックスを塗ると、「板の継ぎ目」がはっきり浮き出てしまい、ルックス的にどうよ…という羽目になることもあります。私たちも一度やってみて、「なるほど、メーカーの木目仕様のギターが高いのは、ちゃんと理由があるんだな」と痛感しました。
また、びっくりするような節や傷痕が見つかって、なんかメーカーに欺された気分になることもあります。メーカーできちんとパテ埋め等がされていますので、音質的には今更どうこう…なんですが、そういう補修痕はワックスが乗らないので、場所や大きさによってはすんごくかっこわるいことも…ボディー裏等、目立たないところにしか見つからないよう祈るのみです。

ついでに言えば、この作業は、もう想像を絶するほど「削り粉」が大量に出ます。ネックの細かいところ等をちまちま削るくらいなら、室内で敷物を敷いて作業してもよいかと思いますが、ボディ等広い面積を作業する時は、手作業でも大量の削り粉が出ますので、ガレージ等の作業場があれば良いですが、室内では家族からド顰蹙を買いますね。ただ、水はもちろんのこと、オイル等を付けて磨くと、今度は削り粉が木質に染みこんで、めちゃくちゃ汚い仕上がりになるので、大量の粉が吹き飛ぶ中、完全に乾燥状態で作業しなきゃなりません。木質が表面に出てくると、下手したら汗が付いても取れないシミになります。結構しんどい作業でしたねぇ。

紙ヤスリの「目」も、上塗りから中塗りくらいは、見極めができるなら80番くらいでダーッと削っても良いですが、低い番号では油断すると木質まですぐいってしまいますので、下塗りから下は、240番くらいでゆっくり削らないとやばいです。下塗りをきれいに剥がせたら、400番以上で全体がなめらかになるよう、時間をかけて注意して削り、ワックス仕上げ前には、800番~1000番くらいで「ツルツル」にしてやらないと、後で少し後悔します。

と、昔ほんの2~3台ほどやってみた経験です。参考までに。

汚れについてはNo.1の方のおっしゃるとおりですが、塗装を落とした「生木」の状態で空気にさらすと、湿気を吸ってある種の細菌が湧いてきて、木をボロボロにすることがあります。もちろん時間をかけてボロボロなっていくわけですが、木の質と保管状況によってはかなり短い期間ボロボロになることもあります。マイナス効果はここですかね。音質については、やってみないことにはわからんかと思いますので。

知り合いがギターの塗料剥ぐのを手伝ったことがありますが、塗料を剥いだ後には木質保護用のワックスを...続きを読む

QPERやPBRで理論的に株価を予想できるのかについて

「PBR」や「PER」で株価を計算して予想する式を知りたいのですが。
 すべてが計算どおりにいかないとは思いますが、一応知識・判断材料として知っておきたいので。
             
              ご返答お願いします。

Aベストアンサー

簡単な方から
 PER=株価÷1株当り予想利益

PBRは、株価÷BPSで求めます。BPSは
 (総資産-総負債)÷発行済株数

計算式はこうなります。

Q統計をかける値について.

統計に関して質問があります.
統計解析をする時に,計測値にプラスとマイナスの値が混在していても可能なのでしょうか?
絶対値に変換する必要があるのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

当然可能です。
統計解析で何を知りたいかによるでしょう。

例えば気体の平均速度を求める時は、普通に平均すればv=0になり意味がないので
この場合は二乗平均<v^2>を計算します。

QPERが低く、ROEが高くても、PBRがマイナスの場合は...

 購入しても、債務超過なので買ってはいけないのでしょうか?
これから成長が期待できても...

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これからも成長が期待できても・・・と判断されているということなので、今までの多少の投資経験から回答します。PERが低くてPBRが安いと株価は安いことと思います。私は、かつて、9123太平洋海運の株を48円で2万株買ったことがあります。利益が少なくて累積債務があるので株価が安い訳です。その後、値上がりしたので売却して生活費の足しにしましたが、現在の株価をみれば、半分もっとけば良かったと思うくらいの立派な株価です。判断材料としては、(1)赤字でも倒産しない会社であること。親会社が面倒見ているとか、メインバンク主導で再建中とか、とにかく倒産のリスクがまずない会社の株を買うことが重要です。(2)今後、どのように再建する計画なのか把握し、その可能性を質問者様ご自身が判断されることです。(3)その業界自体の将来性がどうか、検討してみる。例えば造船や海運関係なら多少赤字でも業界全体の流れにのっていけます。(4)東証1部の会社の株を買い、新興市場は避ける。新興市場は玉石混在していて、実績のある東証1部の株ならボロ株でも、いままでの実績をもとになんとかしようとそのノウハウなどもあると思います。なお、ROEは資本効率を示すものですが、赤字の会社のROEはあんまり選択の要素に入れない方は良いと思います。結論として、ボロ株だからダメということはなく、個人投資家が機関投資家に対して優位である点の投資時間が長く持てる(機関投資家は一定期間に数字を出さないと給料に影響します)点から中長期投資の観点から考えて、倒産しない会社で、株価が安いときに、今後の再建の見通しがご自身の判断で立つなら、買っても良いと思います。なお、成長できることと、累積債務解消が連動していることが前提です。

これからも成長が期待できても・・・と判断されているということなので、今までの多少の投資経験から回答します。PERが低くてPBRが安いと株価は安いことと思います。私は、かつて、9123太平洋海運の株を48円で2万株買ったことがあります。利益が少なくて累積債務があるので株価が安い訳です。その後、値上がりしたので売却して生活費の足しにしましたが、現在の株価をみれば、半分もっとけば良かったと思うくらいの立派な株価です。判断材料としては、(1)赤字でも倒産しない会社であること。親会社が面倒見...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報