免疫生物学で、抗原決定基をエピトープ、ハプテンというのだと習いました。でも、エピトープとハプテンの違いがいまいちよくわかりません。どなたかわかる方教えてください。

A 回答 (3件)

下記ぺージ(メルクマニュアル 第17版 日本語版)の「抗原と抗体」部分の記述によると,次の様になります。



【エピトープ】
 抗体が認識する抗原上の結合部位で,大きな高分子量分子(例,蛋白,多糖類,核酸)の表面上に存在する特定の構造。

【ハプテン】
 抗体と特異的に反応できるが,他の分子,通常は蛋白(キャリア蛋白)と結合しない限り抗体産生を誘導できない抗原より低い分子量の物質。

 ・http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml. …
  免疫系の生物学

参考URL:http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml. …
    • good
    • 0

こんばんわ。



抗体が認識・結合する抗原の一部分をエピトープといいます。通常、生体内が異物を認識する場合、マクロファージなどが分解・消化した断片の一部分がエピトープになります。

一方、ハプテンとはそれ自身は分子量が小さすぎて抗原にはなりませんが、何らかのタンパク質に結合することで抗原性を示すことができるものを指します。
具体的にはDNP-BSAなどのDNPがハプテンにあたりますね。
    • good
    • 1

 確かエピトープは抗体が直接認識する部位の事で、ハプテンの方は分子量が小さくてそれ単体では抗原性を有しないが、他のタンパク質と結合することで抗体反応を誘導する物質の事であると理解していますが。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般的なホームページの構成ってどんなものでしょう

WEBで集客を目的としない、同業種もしくは、展示会で興味があった方を
対象としたホームページです。

最近、問合せ等で、貴社のホームページはゴチャゴチャしすぎていて
わかりにくい。
構成が全くなっていないと指摘されます。

別に当社は、ホームページとはかけ離れた仕事(製造業で幅広い不特定多数の
顧客相手ではありません)をしているのですが、やはり分かりやすいのを
作ろうと思うと、構成が大事だと思います。

そこで、一般的な構成とはどんなものでしょうか?

下記が一般的でしょうか?

また、見積もり依頼から納品までの流れを入れたいと思いますが、
その場合、業務内容の下位に入れるべきでしょうか?
または、業務内容等と同じ階層に作るべきでしょうか?

それと、自社開発製品を入れるのはどこになるでしょうか?

ネットで構成を調べてもページ構成の解説はあっても
全体の解説は中々見つかりません。

ホーム
 会社案内
  概要・沿革・アクセス
 業務内容
  自社業務
 品質方針
 環境方針
 お問合せ

Aベストアンサー

No.1です。
 訪問者が閲覧しているファイルのパスを意識していることは、まずありえません。
 たくさんのページで構成されているサイト(たとえば、まさしくこの掲示板)には、迷子にならないよう「カテゴリ [技術者向] コンピューター > プログラミング > HTML 」とかが記されています。これは『パンくずリスト(breadcrumb)』と呼ばれるものです。[詳しくは、Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%81%8F%E3%81%9A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88 )]

 以前回答したのですが、
ファイルの構築 - ホームページ作成ソフト - 教えて!goo ( http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5730017.html#a2 )のように、ディレクトリを整理するほうが製作には楽です。
 しかし、各ページからの他のページへのリンクは、せいぜい数個、ないし10個程度に抑えるほうが使用するほうからは楽です。
index.html[トップページ/ホーム]
会社案内
 →業務内容
 →自社業務
 →品質方針
 →環境方針
 →お問合せ

  業務内容のページ
  →概要
  →沿革
  →アクセス
  →トップページへ

  製品・商品
  →商品群A
  →商品群B
  →商品群C

   商品群A
    →商品
    →商品
 そして各ページに、パンくずリストと、トップページのメニュー(業務内容・自社業務・品質方針・環境方針・お問合せ)があればよいと思います。

 製作の立場と閲覧者の立場は異なりますが、大まかなところは同じ形でよいでしょう。

No.1です。
 訪問者が閲覧しているファイルのパスを意識していることは、まずありえません。
 たくさんのページで構成されているサイト(たとえば、まさしくこの掲示板)には、迷子にならないよう「カテゴリ [技術者向] コンピューター > プログラミング > HTML 」とかが記されています。これは『パンくずリスト(breadcrumb)』と呼ばれるものです。[詳しくは、Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%81%8F%E3%81%9A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88 )]

 以前回答したのですが...続きを読む

Q生物系統学や生物進化学が学べる大学

系統学や生物進化学が学べる大学を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国立大学(法人)の総合大学の農学部、生物資源科学部にある生物科学などその辺の学部学科ならたいていどこでも学べます。
しかし植物系統分類学に力をいれているとか、動物系統分類学に力をいれているとか大学によって違いますので、そのように漠然と聞かれてもなかなか回答が難しいのです。
どんな分野を勉強したいのでしょうか。
自分でやってみたい分野のキーワードを見つけて(たとえば裸子植物における植物系統分類など)、それをいろいろな大学のホームページで調べるのが早いと思います。
やっぱり自分が一番勉強したい分野をやっている大学がいいと思うのです。

QISO9001 派遣社員の教育・訓練

メーカーでISO9001の事務局をしております。 派遣社員の教育・訓練について、悩んでおります。
どうか良きアドバイスをお願いします。

近年の業績不振により、正社員採用に代わり派遣社員の採用数が増加しております。
現在では全社員の1/10が派遣社員であり、彼らが検査・製造・梱包等メーカーとして「製品品質に影響がある仕事・・・」を担っています。

このような状況において、小生は派遣社員の教育・訓練は必要と考えておりますが、当該社員を使う部門の長は不要と考えています。

その理由として
(1)「(彼らは)当社が必要とする力量を既に持っている(力量があるから派遣されている)」
(2)「レベルアップの教育の必要がない(もっと高いレベルの人材が必要ならば今の人とチェンジすればよい)」
(3)「(従い)教育・訓練の必要はない」・・・というものです。

小生はレベルアップの教育の必要はないにしても、最低でも「当社の検査のやり方・製造・梱包の方法等の当社のルール、品質方針・品質目標等々」は、必要であると考えています。

派遣社員を採用している会社の皆様。

どうか良きアドバイスをお願いします。

その際、「○○だから必要」といったように、ISO9001規格の根拠に基づき、ご教示頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願いします。

メーカーでISO9001の事務局をしております。 派遣社員の教育・訓練について、悩んでおります。
どうか良きアドバイスをお願いします。

近年の業績不振により、正社員採用に代わり派遣社員の採用数が増加しております。
現在では全社員の1/10が派遣社員であり、彼らが検査・製造・梱包等メーカーとして「製品品質に影響がある仕事・・・」を担っています。

このような状況において、小生は派遣社員の教育・訓練は必要と考えておりますが、当該社員を使う部門の長は不要と考えています。

その理由として
(1)「...続きを読む

Aベストアンサー

 10数年もISO 9001の主任審査員としてたくさんの審査を手掛けてきました。ご相談の件ですが、次の理解をする必要があります。

 ISO 9001の規格では教育することは求めていません。JIS訳では教育・訓練となっていますが、この訳が災いして教育が必要だと思い込んでいる人が非常にたくさんいます(審査員の中にもそんな人がいます)。
 原文のISO 9001がここで求めているのはトレーニングでして、教育とは似て非なるものです。ここで必要なことは、担当する仕事がまともに出来るように、それだけの力量(=知識と技能を適用するための実証された能力)がもし無ければ、実地訓練でもしてその仕事を安心して任せられるように腕を上げさせることです。これがトレーニングで、もちろんOJTでも構いません。もし力量があれば、それ以上のことはあえて必要ありません。

(1)「(彼らは)当社が必要とする力量を既に持っている(力量があるから派遣されている)」
 ベテランの前で実際に仕事をしばらくやらせてみれば、力量があるかどうか判断できるはずです。力量があることがそうやって「実証」できれば、それ以上のことはあえて実施しなくても構いません。
 もちろん、それ以上の、あるいはそれ以外の教育・訓練をしたいのであれば、どうぞやってください。

 ただし、ISO 9001が求めているように、その人が担当する仕事のもつ意味(全体の中の位置づけ・他の工程への関連性など)と重要性を認識してもらうこと、品質目標の達成にどのように貢献するか(どう役割分担するか、どれだけ影響するか)も認識してもらうことは、必要です。このことは見落とさないように。

(2)「レベルアップの教育の必要がない(もっと高いレベルの人材が必要ならば今の人とチェンジすればよい)」
 ISO 9001ではその仕事に必要な力量以上に、その人を育てる(人材を育成する)ことは求めていません。もっとレベルの高い人が必要になれば、そういう人を派遣してもらえばよいことです。それでもレベルアップ教育したいのなら、それはそれでもちろんOKです。

> 小生はレベルアップの教育の必要はないにしても、最低でも「当社の検査のやり方・製造・梱包の方法等の当社のルール、品質方針・品質目標等々」は、必要であると考えています。
 →貴社の実情に合うように仕事が出来るようにするトレーニングは必要です。つまり貴社固有の手順・基準やルールをよく知ってもらうことは必要です。仕事に直接関係する貴社固有の装置や設備を使いこなせるようにするトレーニングも必要です。でなければ、そこの仕事はまともに出来ないはずですからね。

 10数年もISO 9001の主任審査員としてたくさんの審査を手掛けてきました。ご相談の件ですが、次の理解をする必要があります。

 ISO 9001の規格では教育することは求めていません。JIS訳では教育・訓練となっていますが、この訳が災いして教育が必要だと思い込んでいる人が非常にたくさんいます(審査員の中にもそんな人がいます)。
 原文のISO 9001がここで求めているのはトレーニングでして、教育とは似て非なるものです。ここで必要なことは、担当する仕事がまともに出来るように、それだけの力量(=...続きを読む

Q液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか?
またそれは考え方として一般的ですか?

私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、
自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。

これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、
著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

Aベストアンサー

私は、液性免疫はB細胞による抗体産生、
細胞性免疫はT細胞による働きだと思ってました。
つまり、獲得免疫のなかに液性免疫と細胞性免疫が
含まれるということです。

ただ、液性免疫系とか細胞性免疫系って
言葉になると意味が違って、
自然免疫・獲得免疫関係なく、
液性のもんなら液性免疫系で、細胞が関わるなら細胞免疫系
って使い方をしてると思います。
自然免疫の液性免疫系のものだと、抗菌物質とか補体とか
があると思います。

一般的かどうかはわかりませんが・・・。

Qタンパク質のN末端分析

 先日、実験でタンパク質のN末端分析を行いました。分析法としてDNP法を使ったのですが、その機構についていまいちよくわからないところがあります。文献などでも調べてみたのですが、疑問点として残ったものが、
(1)なぜFDNB(1-フルオロ-2,4-ジニトロベンゼン)を弱アルカリ性条件下でペプチドに作用させるのか
(2)DNP化されるアミノ酸残基の種類と状態
(3)HCl加水分解後のDNPアミノ酸の状態
です。(2)では特にArgについて、(3)では特に酸によって分解してしまうアミノ酸について詳しく知りたいです。
 いくつも質問してしまいましたが、1つでもいいので何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

日本生化学会編集の(旧、新)生化学実験法講座などのタンパク質化学の巻で、化学修飾の項目を見ると出ていると思います。
FDNBの反応は親核的なので、アミノ基とか、スルフヒドリル基と反応します。アミノ基のうち、αとεアミノ基があるわけですから、それをなるべく区別しようとすると、荷電状態が問題になり、適切なpHで反応をさせることが必要になります。Argはアミノ基ではないから、反応しないか、しても不安定な誘導体しかできないのではありませんか?むしろCysが問題でしょう。また、GlnやAsnは酸アミドですから、アミノ基みたいに見えても、反応しないでしょう。酸化水分解で失われやすいものというと、Trpなどでしょうけれど、DNP誘導体の安定性は、原著論文でも見ないとわかりません。

Q古生物学?生物地理学? 

「trans-Arctic interchange」って何??昔に起きたことらしいっていうことしか分かりません。直訳しても…誰か助けて。 

Aベストアンサー

300万年ほど前(鮮新世)に北太平洋の寒冷水域に生息していた生物が大量に大西洋側に流入したことのようです。古生物学的に非常に意味があるようですね。下のサイトを参考にしました。

参考URL:http://www.nfb.org/bm/bm88/brlm8801.htm

Q大日本インキ化学と大日本印刷って関連会社?

DICのカラーチップで有名な大日本インキ化学工業とDNPといわれる大日本印刷って関連会社なのでしょうか?
元は同じ会社だったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

大日本インキは、川村インキ製造所か始まりで、川村喜十郎が1908年創業。
大日本印刷は、秀英社(佐久間貞一 等)と日清印刷(東京専門学校の印刷
所)が合併して1935年に設立。
関係ない会社のようですね。

因みに、似たような名前で関係ない会社
 日清製粉・日清食品・日清オイリオ(三社とも関係なし)
 旭化成・旭硝子
名前が似ていても関連会社とは限りません。

Q細胞生物学や分子生物学の教科書

 『細胞の分子生物学』や『Essential細胞生物学』に書かれているような内容を、ごく簡単に概観できる大学1年生程度の初級向け、分厚くない日本語の適当な教科書等があったら、特徴などとともに紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

講談社 ブルーバックスからですが、以下の3冊では如何でしょうか?

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4062576724/ref=pd_sim_b_1

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%AC%AC2%E5%B7%BB-%E5%88%86%E5%AD%90%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A1/dp/4062576732/ref=pd_sim_b_1

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第3巻 分子生物学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%AC%AC3%E5%B7%BB-%E5%88%86%E5%AD%90%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A1/dp/4062576740/ref=pd_cp_b_2

アメリカの大学教養課程における生物学の教科書 『LIFE』 (eighth edition) の訳書です。今のところ、上記の3分野しか出ていないようですが、他の分野も出版して欲しいところです。^ ^
.

講談社 ブルーバックスからですが、以下の3冊では如何でしょうか?

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%89%88-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4062576724/ref=pd_si...続きを読む

Q2,4-ジニトロフェノールと酸素消費

2,4-ジニトロフェノールにより、電子伝達系とATP合成が脱共役するとあります。
これは分かるのですが、DNPにより何故酸素消費があがるのかが分かりません。
ATPは酸素を還元してつくられるのならば、DNPによりプロトン濃度勾配がなくなってATP産生がなくなれば酸素消費もなくなると思うのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジニトロフェノールにより、水素イオンが、ATP合成酵素を通らずに、濃度勾配に従って内膜を通過して膜間腔から基質に戻れるようになってしまいます。その結果、内膜を挟んだ水素イオンの濃度が消失してしまうので、水素イオンはATP合成酵素を通過しなくなり、ATPは合成されなくなります。
しかしながら、クエン酸回路で合成されたNADHとFADH2は、電子伝達系において、ミトコンドリア内膜に埋め込まれた酵素複合体に電子を渡し、この電子が酸素に渡され、これらが水素イオンと結合して水を生成します。この時に放出されたエネルギーで、ミトコンドリア基質中の水素イオンが膜間腔にくみ出されるわけですが、あとは、上述の通りです。
一方、NADHとFADH2は酸化されてNADとFADに戻るので、NADとFADが確保され、クエン酸回路は継続されます。
以上のように、ジニトロフェノールにより、電子伝達系がATPを合成することなく「空回り」するのが特徴です。クエン酸回路→電子伝達系の流れが継続する限りは、酸素は使われますので、「無駄に」酸素が消費されることになります。

Q生物基礎の質問です。腎臓の、ネフロンと腎小体の違いがいまいちわかりません。

生物基礎の質問です。腎臓の、ネフロンと腎小体の違いがいまいちわかりません。

Aベストアンサー

腎小体はネフロンの一部です。
腎小体、糸球体、尿細管などの部品が組み合わさって一つのネフロンが形作られます。
ちょっと難香椎かもしれませんが以下のリンクを読んでみてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%8E%E5%B0%8F%E4%BD%93
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報