こんにちは。
社会保険って何なんでしょうか?
社会保険がない会社とある会社があるのですが、社会保険はなくても大丈夫なものなのでしょうか?
困っています。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#4です。



こういう社会保険は、従業員からの拠出金だけではなく、会社も拠出金を負担しなければなりません。

従って、労働者にとっては、国保よりも健保が、国民年金よりも厚生年金が有利ですし、
企業にとっては、拠出金が重荷になるわけです。

社会保険を準備しなければならない企業が、準備しない場合は、経営者が、健康保険法の場合、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金、厚生年金保険法の場合は6ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金が課されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二回目の回答ありがとうございます。
詳しくありがとうございます。

お礼日時:2005/04/22 20:42

 他の回答者様とは違う視点からの回答です。



 私の勤める会社の社長は「うちは社会保険にもちゃんとはいっており、その分金も余計に負担している」と威張ってますが、労働者にとっては文字どおりもしもの時の保険ですし、経営者にとっても労働力の安定供給を受ける為に必要な制度です。

 関係機関に実際罰則は適用されているか、尋ねたことがあります。小規模事業所の場合は違反が多すぎて、指導、助言を行うのが実態だそうです。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
指導、助言ですかぁ。
違反が多いのですね。
なんか不安です。

お礼日時:2005/04/23 20:57

#3です。



> 保険は会社で入る保険に入った方がよいのでしょうか?
そうですね。
そのほうが将来もらえる年金も多いし、得だと言えるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二回目の回答ありがとうございます。
その方が得なんですね。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/22 22:50

法律に根拠のある公的な保険をいいます。



医療費に関する「健康保険」や「国民健康保険」
年金である、「厚生年金」や「国民年金」
それに、失業に備える「雇用保険」、労務災害や通勤災害に備える「労災保険」などを指します。

通常、会社に正社員で入社すると、
「組合健康保険」か、「政府管掌健康保険」
「厚生年金」、「雇用保険」「労災保険」の4点セットとなります。

通常勤務の形態で社会保険を準備しない会社は、基本的には法令違反を犯している会社ということになります。

会社が社会保険を準備していない場合は、
国民健康保険と、国民年金に自分で手続きして入らなければなりませんし、雇用保険や労災保険は、個人では手配できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
社会保険を準備していない会社は法令違反なのですね。
では、会社は社会保険を準備していないといけないのですね?
準備していない会社は罰せられることはないのでしょうか?

お礼日時:2005/04/22 20:14

社会保険とは↓に詳しくあります。


http://majima-jyuku.com/shakaihoken/shakaihoken. …

社会保険に加入しない場合、自分で国民健康保険・国民年金に加入しないといけませんが、
その額がどちらが高いかは収入により違いますので、一概に言えません。

会社で入る物(社会保険)と自分で入る物(国民健康保険と国民年金)は全く違います。
「社会保険」や「国民健康保険」などのキーワードで検索してみてください。

社会保険はほぼ会社と折半ですので、全体の保険料としては沢山支払います。
その分、けがをしたときの傷病手当や障害年金、遺族年金や出産手当金など、国民健康保険・国民年金にはないお金がもらえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
URL参考になりました。
なかなか難しいですね。
保険は会社で入る保険に入った方がよいのでしょうか?

お礼日時:2005/04/22 20:08

社会保険とは健康保険と厚生年金のことで、サラリーマンなどが勤務先で加入します。


勤務先が株式会社や有限会社などの法人の場合は、社員が1名でも居ると、強制適用事業所となり、社員を加入させることが法律で義務づけられています。。

ただ、パートなどで、一週間の勤務時間と出勤日数が正社員の4分の3以下の場合は加入できません。

又、社会保険料は、会社も保険料の半額を負担する必要があることから、違法と知りつつ加入させない会社も有ります。

このように、社会保険に加入できない場合や、自営業者など、国民年金と市の国民健康保険に加入することになります。

社会保険料は給与の額によって決りますが、国民健康保険の保険料は、前年の所得を基に所得割が計算され、均等割などが加算されます。

一般的には、健康保険は会社が半額負担をするので、国民健康保険よりも本人負担は安くなります。

国民年金は誰でも一率で、平成17年4月から平成18年3月までの国民年金保険料は、月額13,580円です。
平成17年度から平成29年度まで毎年月額で280円引き上げられる予定となっています。

一般的には、厚生年金のほうが国民年金より、保険料が高くなっています。

そのかわり、年金を貰うときには、厚生年金のほうが国民年金より多く支給されます。

詳細は、下記のページをご覧ください。

http://www.ifinance.ne.jp/learn/socin/siv_5.htm

http://www.ufjbank.co.jp/sonaete/nenkin/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
社会保険は強制なのですね。
URL参考になりました。

お礼日時:2005/04/22 19:55

年金と健康保険のことですね。


雇用保険も入るかな。

会社にないと、自分で国民年金と国民健康保険に加入しなくてなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
会社ではいるのと自分ではいるのは同じものなのでしょうか?
金額などは変わってくるのでしょうか?
また質問になってしまって申し訳ないのですがお願いします。

お礼日時:2005/04/22 18:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い戻し手数料と振替手数料の意味が知りたいです

海外ネットオークションをたまに利用しているのですが、お金のやり取りはペイパルと言って外貨流通機関を通してやり取りしております。
簡単に言うと相手方が外国からペイパルに払うと私(日本側)が登録している日本の金融機関の口座にその代金が振り込まれるというものです。
そこで一つ問題があるんですが、日本の金融機関でそのお金を引き出す際に一律500円が手数料として差し引かれてしまいます。
その手数料の内訳は払い戻し手数料と振替手数料を足した額のようです。
金融知識に乏しい私なんでよくわからないんですが、振替手数料と払い戻し手数料の意味を簡単で構いませんので教えていただけないでしょうか。
意味もわからずに500円も持って行かれるのは納得出来ません^^;
ぜひアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>振替手数料と払い戻し手数料

振替手数料は海外から日本への送金手数料
払い戻し手数料は、(多分)自行でなく他行のための銀行口座利用払い出し手数料(例えば、ATMで銀行の預金をコンビニなど他の金融機関で払い出すとき、手数料が必要な場合がある。自行以外の仕事をただでしない)

Q就職先-近くて賃金が安い会社&遠くて賃金が高い会社、どっちが良いの?

昨年冬、結婚を機に寿退社、暫くの充電期間を経て、現在就職活動中ですが、就職先について、自宅近辺で賃金が安い会社で働くか、都内中心地まで出て賃金が高い会社で働くか、で悩んでいます。
自宅近辺で賃金が高い会社があれば勿論その会社を受けますが、なかなかそのような求職がありませんので・・・(>_<)
何か良いアドバイスがありましたら、その理由とともにお教え下さい。また、私が考え付く長所や短所は下記に書きましたが、それ以外にも長所や短所がありましたら、教えて下さい。宜しくお願い致します。

(自宅は東京都府中市、31歳、♀、現在は子供は居ませんが、将来、子供が出来ても働き続ける事を想定して、就職活動をしています。希望の職種は、企画や一般事務、秘書、受付、バイオ・薬系の研究・品質管理などです。営業や販売、警備、清掃などの仕事は考えていません。英語やプログラムなど専門的な技能は持ち合わせていません。)

○パターンA-近くて賃金が安い会社
  ・自宅近辺にある会社(徒歩or自転車orマイカーで通勤だと尚可)
    →通勤時間が大幅に短縮出来る
    →体力への負担が少ない(子供が出来たりすると、余計に)
    →自転車や車通勤可であれば、子供の送り迎えや、夕食の買い物が楽
    →通勤に掛かる時間が少ない分、残業時間に当てられれば、若干ではあるが給料が増える
  ・比較的、高い能力を必要とされる仕事は少なく、一般事務等の求人が多い
    →給料が安い(15万~21万円くらい)
  ・比較的、規模の小さい会社が多い
    →福利厚生や、産休・育休などの制度が整っていない
    →会社が潰れるリスクが高い
  ・自宅近辺で働くと、一般的に、あまりおしゃれに気を遣わなくなり、生活感が出てくる
    →単に、自分で気をつければいいだけですが・・・周り環境の影響は、多かれ少なかれあると思うので

○パターンB-遠くて賃金が高い会社
  ・都内中心、主に山手線の内側にある会社(乗換えなしだと尚可)
    →通勤時間が、乗換えなしでも1時間弱、乗換えありだと1時間半以上掛かる
    →満員電車に揺られて、体力への負担が大きい
    →通勤に掛かる時間分、残業時間が減るので、若干ではあるが給料が減る
  ・比較的、高い能力を必要とされる仕事が多く、企画などのクリエイティブな仕事が出来る可能性がある
    →給料が高い(28万~35万円くらい)
  ・比較的、規模の大きい会社が多い
    →福利厚生や、産休・育休などの制度が整っている
    →会社が潰れるリスクが低い
  ・都会のおしゃれな雰囲気に触れていられる

※※※※※※※※※※
実際に上記パターンにあてはまる会社があるかどうか、またあったとしてもその会社に受かるかどうか、産休・育休があるかどうかなどは、ちょっと置いておいて、単純にどちらがベターかで考えています。
※※※※※※※※※※
この情報では少ないかもしれませんが、わかる範囲でアドバイス頂けたらと思います。
※※※※※※※※※※

昨年冬、結婚を機に寿退社、暫くの充電期間を経て、現在就職活動中ですが、就職先について、自宅近辺で賃金が安い会社で働くか、都内中心地まで出て賃金が高い会社で働くか、で悩んでいます。
自宅近辺で賃金が高い会社があれば勿論その会社を受けますが、なかなかそのような求職がありませんので・・・(>_<)
何か良いアドバイスがありましたら、その理由とともにお教え下さい。また、私が考え付く長所や短所は下記に書きましたが、それ以外にも長所や短所がありましたら、教えて下さい。宜しくお願い致します。...続きを読む

Aベストアンサー

子供が生まれた場合を想定しますと、勤務先は家から近い方が何かと都合が良いです。子供というのは人間ですから、体調を崩すこともあれば怪我をすることもありますので、例えばあなたが日々の時間的組み立てをしていても、必ずしもその通りにはさせて貰えない場合もあります。

ラッシュの中での長時間の通勤というのは、まともな神経の人間であれば非常に疲れます。あなたがどういうタイプの人間かは不明ですが、子供が生まれて、仕事と家事、子育てに追われて疲弊してしまう可能性も高いのではないかと考えます。疲弊してくると人間がイライラしてきますので夫婦や親子の関係にも影響が出てくるケースもあります。

家計的な問題で、どうしても都心の会社に勤める必要がある、ということであれば迷う話ではないはずなので、どちらでも良いならば家の近くで和気あいあいと長く勤めていられるような職場を探すのが良いと思いますよ。
まぁ最終的にはあなたが人生に何を求めるのかによって変わってくる話ですから、それに従って行動をすることになると思いますが。

Q慰謝料と損害賠償は同じ意味ですか?

不倫の慰謝料は「損害賠償」と同じ意味ですか?
奥さんが旦那さんに不倫されて、不倫相手の女性に慰謝料を請求することを
「損害賠償を請求する」という事になりますか?

Aベストアンサー

慰謝料は損害賠償の一種で、精神的な損害に対して使われるものです。
要するに損害倍所の方が範囲が広いのです。

ご質問のケースでは、どちらも正解ですが一般には「慰謝料」と表現するでしょうね。

Q人事部がある会社ってどんな会社ですか?また人事部がない会社ってどんな会社ですか?

そもそも人事部ってどんな役割ですか?業種である程度違いはありますか?

Aベストアンサー

質問に回答させていただきますね。

人事の業務というのは、主に以下の5つです。
・人材配置
・人事考課
・労務
・採用
・教育

これらの業務に対する専門的な部署が「人事部」となります。

社員が多くなるほど、上記の業務量は増えますし、
社員が少なくても該当業務を常用している場合は存在します。

また、人事部がない場合は、総務部が該当業務を兼務しているか、
社長が直接該当業務を担っている場合が多いかと思います。

業種によって大きな違いがあるとは一概に言えませんが、
社員数が100名以上の会社には人事部がある場合が多いです。

参考になれば幸いです。

Q【地震保険料控除】用語の意味を教えて下さい

【地震保険料控除が創設され、所得税については平成19年以降地震保険に支払った保険料について、最高5万円の控除を受けることができるようになります】

税金の計算方法が全くわかっていないのですが、この場合例えば地震保険料として10万円支払い、5万円の控除が受けられるとすれば極々単純に考えて支払った所得税から5万円が返ってくると思えばいいのでしょうか?それとも年収(所得金額)から5万円を差し引いた金額を所得税の課税対象とするという意味なのでしょうか?
前者ならすごくお金が戻ってくるので地震保険に入ろうかなとも思いますが後者ならほとんど税金が戻ってくることはありませんのでガッカリですね。それとも控除とは他の意味があるのでしょうか
素人の質問ですがよろしくお願い致します

Aベストアンサー

所得税の控除には、所得金額から差し引かれる「所得控除」と税金から差し引かれる「税額控除」の2通りあります。扶養控除や社会保険料・生命保険料・損害保険料・医療費控除など、控除の多くが「所得控除」です。「税額控除」の代表的なものは住宅ローン控除でしょうか。

ご質問の地震保険料控除は、今までの損害保険料控除を発展させたもので「所得控除」にあたり、ご質問では後者に該当します。損害保険料控除は15000円が控除額の上限だったのが、地震保険料では50000円まで控除できるということになるようです。

Q社会保険・厚生年金・健康保険に加入していない企業はある?

企業は社会保険・厚生年金・健康保険に必ず加入する事と法律で定められていますが、加入していない企業なんてあるのでしょうか?
またあるとしたらそれはブラック企業でしょうか?

Aベストアンサー

税理士事務所での経験のある者です。

ものすごい数あると思います。

個人事業で5人以上というものは少ないかもしれませんが、法人となれば強制加入です。
しかし、未手続きによる未加入という企業は多いはずです。

以前、社会保険庁の時代には、滞納などで保険料の徴収率が下がることを避けるため、滞納をするような企業については、強制加入事業所であっても、全喪事業所として脱退を仕向けるようなこともあったぐらいです。

すべてとは言いませんが、建設業・運送業などには、社会保険未加入の法人は結構あるように見受けられます。
私の知っている会社では、税務調査で税務職員に社会保険未加入を問題視され、日本年金機構などに連絡をされ、加入をさせられたということも聞いたことがあります。
私の経営する会社では社会保険完備にしていますが、周りの経営者仲間の会社の多くは社会保険未加入というところも多いようです。私の場合には、業界的に社会保険完備でないと人が集まりにくいということや許認可事業を行うために社会保険完備をチェックされることが多いため、厳しいですが社会保険完備にしています。

国保などに加入していれば等という人もいますが、国保よりも社保のほうが保険制度は手厚いですし、会社負担の保険料がある分、国民年金よりも厚生年金のほうが手厚い制度となっています。
年金を年寄りになった時のものと考えすぎてはいけません。もらえる年齢が上がっていることで損だとかいう人もいますが、若くして障害年金のお世話になる場合もありますからね。
それに、雇用主の義務を果たさない理由にはなりえませんしね。

マイナンバー制度が導入されることで、これらの問題も明るみに出ていくかもしれませんね。これを国などがどのように対処するのか、都合の良いところだけしか見ずに放置するのかわかりません。

未加入企業が多くても法律に反していることには違いはありません。

税理士事務所での経験のある者です。

ものすごい数あると思います。

個人事業で5人以上というものは少ないかもしれませんが、法人となれば強制加入です。
しかし、未手続きによる未加入という企業は多いはずです。

以前、社会保険庁の時代には、滞納などで保険料の徴収率が下がることを避けるため、滞納をするような企業については、強制加入事業所であっても、全喪事業所として脱退を仕向けるようなこともあったぐらいです。

すべてとは言いませんが、建設業・運送業などには、社会保険未加入の法...続きを読む

Q「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。次の文章の中にわからない文があります。「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか。特に、「其方で」の意味がよくわかりません。教えてください。

「そこで、Aさんにお願いがあります。私は、あの土地(1ム)を5万元で手放したいと思っています。(この5万元には税金、売買手数料、Aさんのマージン等を抜かした金額となります。)ですのでAさんには、その金額以上で売っていただければ、(税金、売買手数料等を其方で支払っていただき)残りのお金はAさんの方で自由にしてもらってけっこうです。)」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので解決済みだとは思いますが、私なりに回答してみます。

この方の希望は、
1、A さんに自分の土地を売ってほしい。
2、土地をいくらで売るかは A さんに任せるが、
販売代金=「5万元」+「5万元にかかる税金、売買手数料」+「Aさんのマージン」
となるように売ってほしい。
3、その販売代金から、
「5万元」を私が貰います。
残りは、
『5万元にかかる税金、売買手数料」』+『Aさんのマージン』
です。
『5万元にかかる税金、売買手数料」』は、【其方[そちら]=A さん】が支払ってください。
残ったお金は『Aさんのマージン』ですから自由にしてもらって結構です。

ということですね。
つまり、
「高く売れば売るほど A さんのマージンは大きくなります。私は【正味で】5万元だけ手に入ればよいのです」
と言っているわけです。
 

Q社会保険のカードをもらわなかったら、保険金を払わなかくてもいいの?

私は外国人です。今年の12月1日に新しい会社に入社しました。試用期間を3ヶ月です。今月28に半月分の給料しかもらいませんでした。なんか15日締め切りなので、半月分しか支払わないと上の方が言いました。しかも、計算間違って、雇用保険、社会保険、年金など費用を引くのが忘れて、来月に2ヶ月分を引くと言いました。そしたら、雇用保険と社会保険を12月に加入しないで、来年の1月から計算するよう会社に要求することができるのでしょうか?なんだかおかしいと思いますが、どなたさまか教えていただけませんでしょうか?お願い致します。

Aベストアンサー

雇用保険は、45日分(半月+1月)賃金額にほぼ比例して引かれます。
社会保険にくらべ料率は低いので、たいしたことはないでしょう。

社会保険(健康保険+厚生年金保険)は、15日締め当月払いでしたら、
1月遅れの徴収なので、
17年12月賃金からは徴収せず、
18年1月賃金から前月分のみしか差し引けません。

給与事務がよくわかってない会社では入社月から
徴収している会社もあるようですが。

Q源泉票の個人年金保険料支払額の意味は?

源泉票や保険料控除申告書に支払保険料を記入しますが、上限額があります。ですが、個人年金保険料支払額を記入する欄もありますが、控除額に関係のない金額をわざわざ記入する必要があるのでしょうか? この欄の意味は何かあるのでしょうか? ご存知の方、教えてください。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

源泉徴収票の記載欄の事でしたね、失礼しました。

推測にはなってしまいますが、個人年金の控除に関しては、後からできた制度で、それ以前は一般分のみしか控除できなかったのですが、別枠で控除できるようになったため、生命保険料控除額が5万円より多い場合も、個人年金をこれだけ支払っているから、そういう訳ですよ、というのを示すために、わざわざ欄を設けたのでは、と思います。
で、なぜか、それが導入当初だけではなく、現在まで続いている、という感じと思います。
(ひょっとしたら損害保険料もそういう趣旨かもしれません)

Q社会保険なしの会社

ほぼ内定をいただいた会社なのですが(正社員)、
面接の際に保険の話になり、社会保険は全く入っていない、とのことなんです。
わたしは、そのとき保険に関してはなにも興味がなく、
「会社で保険には入っていないから、自分でやってくださいね」
と言われ、「そうなんですか」という感じで何も疑問に思わなかったんです。
でも調べてみて、保険に入っていない会社は法的に違反しているという事を知りました。

その会社は建築事務所(有限会社)で、社員は5人です。

保険に関しては全くわからないんですが、これは違反しているんですか??
顧客に対するサービスなどが親切で、結構しっかりしているところにまず好印象を感じ、
面接の話では風通しのいい雰囲気で、社長さんも分別のある方なんですよね…。
だから違法しているとしたら信じられなくて…。
面接でうまい話しかしてないというのはあるみたいですけど…。

契約社員の方は、保険などは自分でやらなきゃいけないというのは、実際私の先輩もそうなのでよく聞くんですが、
この場合はどうなのでしょうか。

近日中に入社するかどうかの返事をしなくてはいけないんです。
業務内容は自分のやりたい仕事なので本当に悩んでいます。
どうかよろしくお願い致します。

ほぼ内定をいただいた会社なのですが(正社員)、
面接の際に保険の話になり、社会保険は全く入っていない、とのことなんです。
わたしは、そのとき保険に関してはなにも興味がなく、
「会社で保険には入っていないから、自分でやってくださいね」
と言われ、「そうなんですか」という感じで何も疑問に思わなかったんです。
でも調べてみて、保険に入っていない会社は法的に違反しているという事を知りました。

その会社は建築事務所(有限会社)で、社員は5人です。

保険に関しては全くわからないん...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
実際、そういう会社はザラにありますよ。
健康保険、厚生年金に加入すると半額は会社が負担しなければならないので、経営の苦しい会社はいくら法律で決められているとはいえなかなか大変なこともあると思います。(あとケチな会社も)

旦那の会社も本来法律では、健康保険、厚生年金に加入しなくてはならない事業所なのに、未加入です。
だから仕方なく、国民保険、国民年金を自分で支払っています。

保険で入社を決めるかはポイント高いですね。
まず国民保険は市町村にもよりますが、自分で保険料を払うのは結構な金額です。
(健康保険加入の人なら会社が半額負担)
あと厚生年金ですが、国民年金と厚生年金ではもらえる額があとあとかなり差が出ます。将来もらえるもらかないが話題は別として。(厚生年金はやはり会社が半額負担してくれます)

手取り給与が結構いいなら、それでもいいかも知れないけど、よーーく考えて判断してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報