普通はフォアハンドの方がバックハンドより力が入ると言われてますが、
私はフォアハンドで力が入りません。

バックは体を十分ひねり、そのひねりを開放しながらラケットをボールにぶつければよくて、特に力不足は感じません。

一方フォアは、夢で何かを殴ろうとしても力が入らずフワーっとした感じと同じで、なぜかまったくといっていいほど力が入りません。

別の言い方をすると、
ドアをぶち壊そうとしたときに、
バックは背中をドアにぶつけて力が十分入る感じで、
フォアは胸をドアにぶつけてもまったく力が入らない感じと同じです。

なにか良い方法が有りますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も、フォアハンドの方がバックハンドより力が入るので力が入らない感覚を想像して回答します。


手と体の動きがずれていて、いわゆる手打ちではないですか?
ひじを体につけて打ってみてください。
これで力が伝わるなら、その感覚を覚えててください。
体が覚えたら、少しずつひじを体からはなし練習してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な方策ありがとうございます。

なんかうまくいきそうな気がしてきました。
さっそく明日試してみます。

お礼日時:2005/04/23 20:15

これは、野球のバッティングでもそうなのですが、あなたが右利きなら、まず腰を左へグッと回す。


そして、その反動で腕(ラケット)を振ってやると、驚くほど強いボールが打てます。
この効果は、驚くほどです。
すでにやっていたら、失礼。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

試してみたいと思います。

お礼日時:2005/05/01 21:45

バックは決まった形が直ぐに出来・・・それ以外だと打てないから・・・・るので、最初は難しく感じますが、コツが分かるとバックの方が打ちやすいです。



で、
フォアは自由度が凄く有るので、本当は難しいです。

書かれてあることだとすると、重心移動が出来ていないのではないかと思うのですが・・・・。
バックの方法が書かれているのですから、フォアで同じことは出来ているとは思うのですが。

体が開いてしまっていることは無いですよね。

一回ビデヲを撮ってもらうとか、出来なければ回しっ放しにして見てみると結構第三者的な目で見られて、欠点が分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

下から上へのスイングをフラットに変えてみたら、
多少はマシになった気もします。

お礼日時:2005/05/01 21:44

素振りの練習をたくさんしましょう。



「ボールを打つ」イメージをして素振りをします。
俺の友人は素振りの練習をよくしていました。
その友人はものすごくうまくなりました。
なんかの大会で結構上まで行きました。


基礎のことからきちんと書いたテニスの本を必ず買いましょう。(雑誌ではありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

素振りもやってみます。
本も山ほど持ってます。

お礼日時:2005/04/23 20:22

以前自分もありました!なぜかバックのほうがきれいに決まるんですよね!



確かにバックは体をひねらなければ打てません。しかし、フォアは体をひねらなくても打てますが、決して良いボールにはなりません。。

フォアもしっかり体をひねり、肩を中に入れて打つように心がけましょう!
仮に、力に自信がない人でも、速いボールが打てます!

さらに言うなら、腰も落としましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

フォアでも体をひねる事に気をつけてやってみます。

お礼日時:2005/04/23 20:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆虫の自然治癒力

不思議に思うことがあります。

→昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?

獣医とかがあっても、昆虫を手当てしている場面を見たことがありません。
傷を治すことは可能なのでしょうか?寿命が短くて、治る前に命が尽きてしまうだけなのでしょうか?

疑問が浮かぶと頭から離れない性格なので、なるべく早い回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

 昆虫類は堅い外殻を持っていて、脱皮により成長します。脊椎動物では、皮膚は柔らかく、傷がついても修復(皮膚細胞の再生)が可能です。昆虫類の脱皮は普通は5回(6齢で成虫)ですから、途中で傷つけば、脱皮修復が可能です。成虫は無理です。血液は、銅を主成分としたヘモシアニンで酸素運搬能力を有しますが、血液凝固作用ははっきりしてきません。ので、
>昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?
 は、成虫では無理、幼虫では可能でしょう。

Qフォア、バック両手打ちでフォアはスライス、バックで攻撃する選手って誰?

フォア、バック両手打ちでフォアはスライス、バックは非常に安定していて、バックで攻撃する選手がいるそうです。
ランキングは100位かな?年は30過ぎ?で男性です。
雑誌に載っていて名前を忘れてしまいました。
誰があの選手じゃないかなって思い当たる外国の選手がいたら教えてください。

Aベストアンサー

フランスのサントロですね。

ダブルスの名手で、ミッシェル・ルードラと組んで、2003年全豪ダブルス優勝、去年の世界ダブルス選手権で優勝しています。

選手名鑑にありました。ファブリス・サントロ abrice Santoro

参考URL:http://news.tennis365.net/news/tour/players/details/index.html?id=men00088

Q昆虫はなぜ腹を見せて死んでいるの?

昆虫は、自力でひっくりかえることができない(本当?)というのに、なぜ死骸は
ほとんどひっくり返っているのでしょうか?
風ですか?または最期の力で何か頑張るのでしょうか?
それとも私が目にするただの偶然なのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  すでに多くの方の回答が出ていますが、何か見逃しているような気がします。それは端的に言いますと、昆虫は身体が小さく、体重が非常に軽いということです。
 
  昆虫の場合、平べったいごきぶりなどは、脚がなければ、比較的に安定しているとも言えますが、脚があり、また、蝶などになると、複雑な大きな羽があるので、安定しません。しかし、身体が軽いのに較べると、昆虫の顎の噛み切りの力とか、脚の把握力などは、相当強いです(顎の強さは、きりぎりすに噛まれた経験があると、一生忘れないでしょう。文字通り、指先に穴が開きます)。
 
  昆虫は、この身体の軽さに比較して強力な力を持った脚で、樹木とか草とか、地面の小石とか、床の繊維とかにしがみつきながら行動しているのだとも言えます。何かにしがみついた昆虫を離そうとするのは、力がいります。それだけ強い力で脚先の鈎などで、しがみついているのです。
 
  ごきぶりが安定した姿勢で生前行動できるのも、その脚の強さでしょう。昆虫は、自分ではひっくり返れないというのは間違いで、ひっくり返る行動をする理由がないのでひっくり返らないので、天井などにしがみついているごきぶりを見ますと、自力で簡単にひっくり返ることが可能だと思います。ただ、ひっくり返ると、元に戻るのに、何か脚の鈎をかけられるものがないと、力の出しようがないので、元の姿勢に戻りにくく、それ故、あえて、ひっくり返るような、戻るのが困難な姿勢は避けているのでしょう。
 
  昆虫が自然死すると、すでに先の方が述べておられるように、脚を、縮めたような形にします。これは、脚の筋肉が、普段は開いている方向に意図的に力を入れているのが、死ぬと、力がなくなり、自然に、曲がった内向きの方向になるのでしょう。(脚を開いて、常に何かを掴んで、姿勢を維持しているのが昆虫ですから)。
 
  昆虫の脚の力が強く、これで色々なものにしがみついているというのは、実は、昆虫が軽いので、そうしていないと、風などで吹き飛ばされるからですし、ひっくり返ったりもしますし、何かしっかりしたものを掴まないと、自在な、高速な運動ができないためでしょう(ゴキブリなどが、大変速い速さで走るのは、床の繊維などを次々に掴んでいるのです)。
 
  こういう事実から、昆虫が死亡すると、脚が腹側で丸くなる。そうすると、腹側を真下にした姿勢というのは不安定で、必ず横に傾いた姿勢になる、と言えます。昆虫は軽いので、死んで、掴む力がなくなると、わずかな風や、何かの刺激で、ひっくり返った姿勢になる可能性が高いです。時間がたつと、乾燥して来て、ますます軽くなり、不安定な姿勢を維持するか、仰向けになって安定した姿勢になるかというと、確率的に、仰向けになって安定した姿勢の方が数が多いと言えます。
 
  こういう理由で、仰向けの昆虫の死体がよく目につくのだとも言えます。ただ、野外だと、死ぬ時に、地面の繊維などに、脚先をからめて死ぬと、十分に強く地面などに固定されるので、仰向けでない死体が、屋内などの場合と較べてより多い可能性があります。屋内だと、ごきぶりが典型的に、生きているあいだは、床の繊維のわずかな突起を掴んでいたのが、死んで、こういう細かいことができなくなると、脚先は床に引っかかることができず、結果的に、何かの拍子で仰向けになってしまい、そのままということが多いのだと思います。
 

 
  すでに多くの方の回答が出ていますが、何か見逃しているような気がします。それは端的に言いますと、昆虫は身体が小さく、体重が非常に軽いということです。
 
  昆虫の場合、平べったいごきぶりなどは、脚がなければ、比較的に安定しているとも言えますが、脚があり、また、蝶などになると、複雑な大きな羽があるので、安定しません。しかし、身体が軽いのに較べると、昆虫の顎の噛み切りの力とか、脚の把握力などは、相当強いです(顎の強さは、きりぎりすに噛まれた経験があると、一生忘れないで...続きを読む

Qガシャったり、力んだりの苦しいフォアハンド(硬式)

自分は高2で四月から3年生になります。
部活で硬式テニスをしているのですが、まったくテニスが安定しません。

問題はフォアハンドなんですが、ガシャってしまったり、今度はガシャらないように、ボールをよく見て打ったら、力のないショットになって、腰の回転を意識してワイパースイングにしたのですが、まったく気持ちよく打てません↓。腰の回転をうまく使えてないのか腕が力んでしまいすぐ右腕が疲れます。

原因はスイートスポットに当たってないからでしょうか、恥ずかしいながら2年間もテニスをして、いまだスイートスポットに当てきれません。

友達からのアドバイスで、テイクバックでラケット面を90度近く立てて引いて、後は腰の回転をしてその遠心力でラケットが付いてくる感じといわれました、そしてボールをヒットさせる前はグリップエンドを相手に見せると言われたのですが、手首を固定しろと言いたいのでしょうか。


原因はグリップの握りも関係しているのでしょうか、自分はセミウエスタンのつもりで握っています。セミウエスタン(包丁握り)で握って、そこからグリップを反時計回りに回して行くと、イースタン→セミウエスタン→ウエンスタンとこんな感じです。

球出しも下手くそで、かならずスピンがかかってしまい、ひどい時はネットにかかってしまいます。周りは軽々しく球出しをするのに・・・。

文がとてもへたくそですが、今の悩みです。
アドバイスなどあればぜひお願いします。

自分は高2で四月から3年生になります。
部活で硬式テニスをしているのですが、まったくテニスが安定しません。

問題はフォアハンドなんですが、ガシャってしまったり、今度はガシャらないように、ボールをよく見て打ったら、力のないショットになって、腰の回転を意識してワイパースイングにしたのですが、まったく気持ちよく打てません↓。腰の回転をうまく使えてないのか腕が力んでしまいすぐ右腕が疲れます。

原因はスイートスポットに当たってないからでしょうか、恥ずかしいながら2年間もテニスをして...続きを読む

Aベストアンサー

まず友達のアドバイスはおおむね今風な打ち方としては正解と思います。
これはなによりあなたのプレーを見ている人の意見ですし
ポイントも突いているアドバイスだと思いますよ。
これをあなたが信じてあげないと友人はしまいにはあなたへの
助言は聞き入れて貰えないと感じやがてなにも言って貰えなく
なります。逆にあなたがよい助言をしてくれると感じ努力して
いれば、友人もあなたの欠点をより深く考えてアドバイスして
くれるようになる可能性があります。

それを踏まえたうえで、

>腰の回転をうまく使えてないのか腕が力んでしまいすぐ右腕が疲れます。

逆に一気にブンと腰を回しすぎではないですか?フォアハンドはインパクトを
境にそれまで先行させていた下半身→体幹→腕→ラケットの順番が
ラケット先行になり腕が付いていくようになります。
でもこれはインパクトの瞬間までラケットをひっぱり続けるわけではなく
直前にリリース(腕の力を抜く)がないとラケットは振り遅れになるか
もの凄い力で打点まで手首をおこさないといけないことになります。
ついでにアゴがあがりボールも見られません。

直前にリリースがうまいタイミングで出来ないといけないわけです。
ゴルフなどではこれを壁を作るなどと表現します。ダウンスイングを
下半身→体幹→腕の順で始めますが、インパクトの前に下半身は
止めてしまい体幹→腕と先に止めます。それによってゴルフクラブが
走る(いきよいよくスピードに乗る)わけです。

野球などでもぴっちゃーは踏み込んだ足がつっかえ棒になり上半身→腕
→手首と加速させる訳です。踏み込み足の地面がどろどろで
速い球は投げられますか?
他に魚つりで投げ釣りの時、釣ざおは途中で止めますよね。

>テイクバックでラケット面を90度近く立て
>手首を固定しろと言いたいのでしょうか。
ラケットは高い位置にあればそれだけで位置エネルギーを持ちますし、
毎回位置を変えるよりラケットの位置を認識しやすいです。
またランニングショット等でラケットを立てたままだと走りやすく
なります。ラケットは水平に持つより立てたほうが軽く感じますし
取り回しやすく感じられると思います。

がちがちにするわけではありません。形が保てればいいくらい。
グリップはプロは大体インパクトで30パーセント位の力で
握るといわれます。

>原因はグリップの握りも関係

グリップとスイングの関係は本当に重要でこれが良くないために
普段はとても上手くても試合になると全くダメになる人を知っています。
ラケット面がインパクトゾーンで長く安定するような組み合わせが
必要です。

最後にものごとを習得する時には、遊びでも誰かプロの真似をしたり
(よく見ないと出来ません)用具で遊んだりも重要です。
テニスは腕の長さが倍近くになるスポーツとも言えます。

がんばってね。

まず友達のアドバイスはおおむね今風な打ち方としては正解と思います。
これはなによりあなたのプレーを見ている人の意見ですし
ポイントも突いているアドバイスだと思いますよ。
これをあなたが信じてあげないと友人はしまいにはあなたへの
助言は聞き入れて貰えないと感じやがてなにも言って貰えなく
なります。逆にあなたがよい助言をしてくれると感じ努力して
いれば、友人もあなたの欠点をより深く考えてアドバイスして
くれるようになる可能性があります。

それを踏まえたうえで、

>腰の回転...続きを読む

Q素晴らしい特技のある昆虫、または動物を教えて下さい!

 人間から見れば驚異的な力、特技を持つ昆虫や動物を教えて下さい。
例えば、「ホタル 光る」なんてものです。

Aベストアンサー

ベニクラゲ

なんと不老不死!まあ、若返るんだから不老ってことはないですね。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~moozoo41/

Qダブルフォアハンドからシングルフォアハンドへの変更。

小1からテニス始めた息子が肘を痛め無いようにダブルフォアハンドでやってました。小3になったのでダブルフォアハンドからシングルフォアハンドへの変更しました。いまいちパワーがのらず苦しんでます。練習しかないと思いますが、変更経験者の方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ダブルとシングルの違いは、単に両手、片手の違いだけではありません。
一番の違いは打点です。

シングルの方がダブルより打点が前です。
また、テイクバックの大きさもシングルの方が大きいです。

これって、シングルのパワー不足を補うためです。

ダブルの時と同じようなテイクバック、同じような打点だと、差し込まれた形になってパワー負けしてしまいます。

ダブルと同じフォームで、ただシングルに変えただけではダメなんです。

ダブルと同じパワーを得たいのなら、より大きなフォームで打点も前にする必要があります。

この時「より大きなフォームで打点も前」に変えるわけですから、ボールを打つときのリズムも変わってきます。

動いていって、軸足を決めて、その間にテイクバックを終わらせて、どのタイミングで振り始めるか、ですが、この一連の動きがダブルとシングルでは異なります。

結局、全体的なイメージを変える必要があるのです。

ボールを打つイメージはすでにあるわけですから、ダブルとシングルの違いを理解して練習すれば大丈夫ですよ。

Q【昆虫の進化】昆虫が人間の口の高さで飛行するように進化した理由を教えてください。 人間の口に昆虫が入

【昆虫の進化】昆虫が人間の口の高さで飛行するように進化した理由を教えてください。

人間の口に昆虫が入って昆虫にどんなメリットがあるのでしょう?

Aベストアンサー

昆虫には人間の口という障害は
遺伝子に組み込まれていないだけの話でしょう

メリットだけの進化というのはありません

Qフォアハンドストロークのテイクバック

中学1年女子の片手打ちフォアハンドストロークについてです。
以前から振り遅れが多く打点がどうしても後ろになってしまうのでコンパクトなテイクバックをこころがけたところラケットを2度引きする癖がついてしまいなかなか直せません。矯正するのに効果的な練習方法をご存じでしたらお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

>矯正するのに効果的な練習方法をご存じでしたらお教えください。

怖がらせるわけではないのですが、二度引きする癖はかなりの難敵で、
大人でも苦労するということを覚えておいてください。(^_^;) 

まず、なぜ二度引きするかというと、ボールがワンバウンドするときに
タイミングを取ってしまっているのです。具体的には一瞬だけヒザ~
身体全体を少し下方向に落としているはずです。そこからラケットを
やや上向きに引いていってるのではないかと思います。これが、二度
引きのスタート地点と言えます。

これを矯正するにはテイクバックという概念(考え)を捨ててください。
テイクバックというのは、どうしても1・2・3のリズムでという昔風の
教え方をする人が多いのです。新しい教え方ではラケットを引く動作を
「セット」とと言います。これは前向きのスイングを始める準備の為に
必要な場所にラケットを持って行くということです。リズムで言えば
1・2! (^_^)

フォームのイメージとしては、まっすぐ引いておいて、前に踏み込んで
打つ。ただし、中学1年生では筋力も十分とは言えないでしょうから、
今の時点では「ラケットはボールと接触するまで30cmスイングして、
思った方向へ飛ばす」という練習をやってみてください。最初は自分で
左足の前にボールを落としてやってみるとよいでしょう。できることなら、
それを友人か家族にでも見てもらって、30cm以上振っていないか、
セットするときにラケットがまっすぐ引けてるか、二度引きしていないか
を確認すると良いでしょう。ただし、テニスの練習はこれが絶対という
のはありません。自分がやりたいことに近づけるよう色々試してください。

最後に理想とするフォームで打つためには、現在どのように打っている
かをきちんと把握する必要があります。可能であれば誰かにビデオでも
撮ってもらえれば本当によく分かりますよ。

頑張ってね。(^_^)v

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

>矯正するのに効果的な練習方法をご存じでしたらお教えください。

怖がらせるわけではないのですが、二度引きする癖はかなりの難敵で、
大人でも苦労するということを覚えておいてください。(^_^;) 

まず、なぜ二度引きするかというと、ボールがワンバウンドするときに
タイミングを取ってしまっているのです。具体的には一瞬だけヒザ~
身体全体を少し下方向に落としているはずです。そこからラケットを
やや上向きに引いていってるのではないかと思いま...続きを読む

Q昆虫食の件について聞きたいことがあります。

それで、身近な昆虫(バッタやセミ、コオロギなど)が減少、絶滅しないか心配しています。

「昆虫はおいしい、昆虫食は世界を救う」というツイートやブログをよく見かけます。
それで、将来的に昆虫がいなくなるのか、昆虫食が流行らないか心配しています。

どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

一部の人だけだと思いますよ

食卓に昆虫料理が並んでも 食欲湧かないし・・流行らないでしょうね・・

Qフォアはゴルフで、バックは野球スイングです

40代男性、初めて4ヶ月、週一でスクールにいってます。
3日前から自宅で動画を撮りながらの素振りをはじめました。コーチの指導と思い出し、youtubeで見た画像をイメージしながらやっています。毎日、撮影ビデオをみて改善点をボードに書き、翌日はそれを意識してするのですが、悲しいくらいに同じフォームの毎日です。→まあ当たり前といえばあたり前ですが(^^;
根気よくやるつもりですが、変な癖をつけないためにはどういう進め方をすれば良いですが?

(フォアハンド)
1)見た目、ゴルフのスイングに近いです
2)ステップから手を引いた時、手とラケットの位置を120度くらいに意識しているのですが、繰り返し振るうちに、ゴルフの浅いトップ状になってます
3)フォローの伸び(楕円状の軌跡)を意識するのですが、繰り返し振るうちに円弧に近い軌跡になります
4)引き手から打点までのラケットがスッと下に落ちる感じがよく分かりません
5)見た目のバランスはよく、身体もあまりぶれてないです。
6)レッスンでもフォアはまずまずといわれます

(バックハンド)
1)完全に野球のスイングです
2)ステップから手を引き、振りに入る所が、「王さんのプロマイド写真」のようです(分かるかな・・・汗)
3)スイングの軌跡も野球です
4)手を120度、下から上に振ると、挙動が変で、ラケットが変な位置でぶれたり、ふらついたりします。
5)これを直そうと工夫して、スムーズな軌跡とスイング音がしてきたな・・・と思うと、スイングが野球に戻っただけでした(涙)
6)見た目のバランスも悪く、猫背気味で、身体がふらついています
7)レッスンでもバックは悲しいくらいに・・・メタくそです←これが悔しくて自宅素振りを始めました(^^;

40代男性、初めて4ヶ月、週一でスクールにいってます。
3日前から自宅で動画を撮りながらの素振りをはじめました。コーチの指導と思い出し、youtubeで見た画像をイメージしながらやっています。毎日、撮影ビデオをみて改善点をボードに書き、翌日はそれを意識してするのですが、悲しいくらいに同じフォームの毎日です。→まあ当たり前といえばあたり前ですが(^^;
根気よくやるつもりですが、変な癖をつけないためにはどういう進め方をすれば良いですが?

(フォアハンド)
1)見た目、ゴルフのスイングに...続きを読む

Aベストアンサー

おっさんです。う~ん、頑張ってますねえ。

>変な癖をつけないためにはどういう進め方をすれば良いですが?

レッスンでフォアはOKが出ているなら安心っすねえ。問題はバックっすか・・。
両手バックなんですか??以下は基本的なことを書くっす。

>振りに入る所が、「王さんのプロマイド写真」

これはすぐに修正できるっすねえ。最低でも高橋慶喜、もしかしたら松本 哲也
でも良いかも(笑)。あっ・・・両方とも故障中だし、そもそも最近は巨人の
試合はテレビでやってないっすねえ。Yutubeでチェックされてるっていうこと
なので理解してもらえると思うっすが、野球より気持ちで下に沈むところから
スタートするのが基本っす。つったったイメージではなく、でも身体はリラックス
した状態から始動するのが基本っす。

>スイング音がしてきたな・

これが一番悪いと思うっす。野球の例えついでに言えば、フォームに悩むピッチャー
が投球練習でキャッチャーのミット音を求めたら??フォームはまとまらないし、
下手したら肩壊しますよね・・。テニスも一緒っす。スムーズにゆっくり振る・・
周囲から見たらちょっとカッコ悪い・・・でもそれが基本っす。ただし、ゆっくり
振ると、最初は肩やグリップに力がはいりやすいっす。想定するインパクトだけ
ギュッと握ってそれ以外は力を入れない意識が必要っす。

>ラケットが変な位置でぶれたり、ふらついたりします。

ラケットがスムーズに前に出ないのは、一般的にはインパクトが身体から遠い時に
おきやすいです。もちろん、近すぎてもぶれるっすが、ボールを使わない素振り
だと、身体がふらつくまではいかない人が多いっす。もっとも、質問者さんは
スイング音がするぐらい振ってるっすから、近くてもふらつくかも・・・。
素振りでもボールがあると仮定しないと良い素振りにならないっす。ビデオや
鏡にうつった自分が打っている姿に見えないとダメっす。

ちなみに、昨年、某テニススクールの中級クラスでスクール内大会優勝っていう
ペアを紹介されました。中級だろうなんて安心していたら、危うくやっつけられ
そうになりました。おひとりがアマ野球のキャッチャーっていうことで、野球
打ちのダブルバック・・・フラットでめちゃめちゃ速いんです。サーブを相手
のフォアに集めて、ストロークでは相手のバックにスライスで入れたらなんとか
かんとか・・・(汗)。野球打ちは、そんなに悪くないっすよ。

おっさんです。う~ん、頑張ってますねえ。

>変な癖をつけないためにはどういう進め方をすれば良いですが?

レッスンでフォアはOKが出ているなら安心っすねえ。問題はバックっすか・・。
両手バックなんですか??以下は基本的なことを書くっす。

>振りに入る所が、「王さんのプロマイド写真」

これはすぐに修正できるっすねえ。最低でも高橋慶喜、もしかしたら松本 哲也
でも良いかも(笑)。あっ・・・両方とも故障中だし、そもそも最近は巨人の
試合はテレビでやってないっすねえ。Yutubeでチェックされて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報