昔の西洋に、吟遊詩人という人々がいたようですが、この人たちについて、(1)いつ頃現れ、いつ頃いなくなっていったか(またのその理由)、(2)主に活躍した地域や国、(3)普段の生活、などについて、概要がわかるような本がありましたらご紹介ください。専門的な本ではなく、文庫や新書の「読み物」のような本ですと有難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

吟遊詩人は世界の民族が古代から持っていた語り部の一種といえるでしょう。

語り部とは各民族の歴史、神話を暗記して代々伝えた人たちです。人類が文字を発明する前からいたわけです。

古代の吟遊詩人として有名なのはギリシャのホメロスでしょう。今日まで伝わる英雄叙事詩を歌ってギリシャ中を回ったといわれます。ヨーロッパの先住民ケルト族も神話を伝える吟遊詩人を持っていました

中世になると吟遊詩人が職業化してニュースをいち早く全国に伝えるため楽器を弾きながら旅をしたり、宮廷に仕えて王やその一族に物語を歌で聞かせました。日本では琵琶法師と呼ばれる吟遊詩人が平家物語などを弾き語りで民衆に聞かせて行脚をしました。

近世になるとニュース性に芸術性(音楽性)を加えて吟遊詩人の活躍の場が増えました。メキシコではコリードという事件を歌いこんだ歌が流行し、アルゼンチンではパンパ(草原)の住民がパジャードという即興の歌をギター片手に歌い、旅先で
歌比べを行って吟遊詩人の名手になることを競っていました。日本では浄瑠璃語りが三味線を手に全国を回り主としてお涙頂戴の人情物語を分かりやすく庶民に歌って生活費を稼ぐようになりました。

明治になって新政権の方針に不満をもつ若い壮士達がギターを弾きながら政権批判を行いましたがこれも一種の吟遊詩人でしょう。吟遊詩人という言葉がヨーロッパから伝えられ、猫も杓子もヨーロッパを向いていた当時の人々が、ことさら特別視
し、必要以上にロマンティックなイメージを加えたため吟遊詩人が特別な存在になってしまったのだと思います。今日、駅前の広場などでギター片手に歌を歌っている若者がいますが、あれが吟遊詩人の原型に近いと思います。

このように人々に歌を通じて喜びを与え、内外のニュースを伝えていた吟遊詩人は
新聞、雑誌、ラジオ放送とマスコミが発達するにつれ、また国民の義務教育が普及するにつれ、存在価値がなくなり遂に職業として成り立たなくなって舞台から姿を消したものと思われます。

参考書やURLは吟遊詩人で検索すれば多数ある筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変丁寧な回答有難うございました。
漠然と持っていたこと以外にも意外な側面があったことを知りました。
以前検索サイトで探したときには、個人が自分のホームページに「吟遊詩人」と冠しているものが大量に引っかかってきたので諦めたのですが、検索の仕方を工夫して再トライしてみます。
有難うございました。

お礼日時:2001/09/24 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいつ頃から日本というようになったのでしょうか?

古来、日本のことを「大八島」と言っていたと聞きましたが、今のように「日本」というようになったのはいつ頃からのことでしょうか?また、「日本」というようになった由来は何でしょうか?

Aベストアンサー

旧唐書日本伝に「日本国は倭国の別種なり。其の国、日辺に在るを以て、故に日本を以て名と為す。或は曰く・・・」
という一節があって、中国が「日本国」を認識したのが8世紀あたりであることがわかります。旧唐書倭国伝が別にあって、これは邪馬壹国以来の伝統的な倭国伝ですが、このあとに日本伝があるのです。
ただ、この認識のしかたがかなり「こういう説もああいう説もある」みたいな言い方で不審ではあります。(中国との付き合いは昨日今日に始まった訳でもなし、また戦争したあとで、かなり偉いさんの捕虜もあったはずだし、第一阿倍仲麻呂なんていう唐王朝の高官さえいたのだからなんでこのくらいわからんのか)
このため、現在に続く「日本国」と倭国(邪馬壹国以来の)とこれを区別する学説もあります。(九州王朝説など)
日本書紀などの書名や、中国側の記録でもだいたい8世紀初頭(記録上最も古いのが701年)ぐらいがこの名前の国際的に使われたはじめでしょう。
では国内的な上限はどのあたりか?これははっきりしませんが、隋書には国名はたい(ニンベンに妥)ですが、日出る処、といっていてどうもこのあたりから「日本」という名前が作られたような形跡はあります。ただ、国名というのは外交があってはじめて意味があるのではっきりしているのは上記の通り「701年以降」です。
なお旧唐書日本伝の「説」は日本国は倭国の別種で、1.日辺にあるのでそういう名前を付け直した、2.倭というなまえがよくない(雅ならざる)ので改名した、3.小さな国日本が倭国とは別にあって、倭国を征服した、の3つの説。

で、其の国の人がいうことはなんやらあやしい(倭国伝と矛盾する)といっています。

つまるところかつて中国が知っていた倭国となんかちがう国だがしかし其の流れをひいているのも確からしい。そういう国として日本が認識されているようです。

ということで時期は国内的には史料不足で不明だが対中国では701年以降。
由来は諸説あるが不明。というのがはっきりしていることです。

旧唐書日本伝に「日本国は倭国の別種なり。其の国、日辺に在るを以て、故に日本を以て名と為す。或は曰く・・・」
という一節があって、中国が「日本国」を認識したのが8世紀あたりであることがわかります。旧唐書倭国伝が別にあって、これは邪馬壹国以来の伝統的な倭国伝ですが、このあとに日本伝があるのです。
ただ、この認識のしかたがかなり「こういう説もああいう説もある」みたいな言い方で不審ではあります。(中国との付き合いは昨日今日に始まった訳でもなし、また戦争したあとで、かなり偉いさんの...続きを読む

Qいつ頃から美男・美女を外見で判断するようになりました?

タイトルどおりなのですが、美男・美女を外見で判断するようになったのは、大体いつ頃からなのでしょうか?

明治初期の古い写真で 「美人」 と紹介されているのを見た事がありますが、目がパッチリと二重でポッチャリとした、今の感覚でも美人でした。

ところが平安時代には顔などの外見ではなく、教養すなわち和歌の上手・下手で判断されたと聞いた事があります。 あるいは女性の場合はそれに髪形が重視されたとも。

という事は、和歌に優れている女性に憧れ、ついに自分のものになった時、実際に顔を見て 「ギエッ!」 という事は無かったのでしょうか? 当時は顔はどうでも良かったのでしょうか?

また、それ以前の大和時代や、邪馬台国の時代の美男・美女の判断基準はどうだったと考えられますか?

それに、今のように高身長の男性がモテルようになったのは、いつ頃からでしょうか?

Aベストアンサー

平安時代にも顔の美醜による基準はありました。
それは絵巻物でも有名な「引目・かぎ鼻」で下ぶくれの
顔が美人です。そして髪の長さや質感も重要でした。
 ただし、当時、高貴な女性は御簾や几帳の陰にかくれていて
直接顔を見ることができるのは、深い仲の異性や夫、
父親といった人々で、男兄弟ですら直接顔を見ることは
できなかったようです。
 そんな平安女性が同性・異性を問わず自らをアピールするのに
使ったのは広い意味での「知識」、教養でした。和歌の上手い下手
は重要でした。多くの男性を虜にしたといわれる女流歌人に
「和泉式部」という人がいますが、意外にも彼女の容貌について
記したものはありません。宮仕えができるほどですからブス・・では
なかったにしても、それほど目を惹く容貌ではなかったのかも
しれません。しかし、彼女は和歌を通して人の心を読み、
自分の思いを伝える
ことに並でない力を持っていたので男性はもちろん女性の友人とも
結構親しくつきあっていたようです。 
ただし、平安時代
高貴な人には常に乳母などの侍女がつきそっていましたので
彼女たちが上手い和歌を代わりに詠んだり、歌人として有名な
知人や身内に代詠を頼む、ということもあったらしいので・・
良い和歌がやりとりしている相手の元に届いても
必ずしもその当の女性が詠んだものとは限らなかったようです。

それ以外にもやはり和歌や物語、漢詩を背景とした機知に
とんだおしゃべり。お香の上品な配合の仕方。衣の
色合いや配色のセンス、家具調度品のセンス、などただ
「顔が綺麗」ということでもてはやされるよりもセンスや
雰囲気、豊かな教養や感受性のようなものがこの時代は
特に上の階級ほど重要だったんじゃないか、という気がします。

江戸時代も、美人とは、単に顔の美醜だけでなく、髪型や
着物のセンス、化粧、教養や立ち居振る舞いにいたるまで
を総合してのことだったそうですから、なかなかハードルの
高いことだと思います。

そういう現代も、単に顔の綺麗な人よりは、スタイル、
ヘアメイクや服装のセンス、会話の力、といった
総合したものが見られていることを
考えると平安時代や江戸時代並に高度な「美人力」が
問われる時代かもしれません。
ただ教養 や立ち居振る舞い はどこかいっちゃってる人も
多いかもしれませんが・・・(自戒も込めて・・・)

平安時代にも顔の美醜による基準はありました。
それは絵巻物でも有名な「引目・かぎ鼻」で下ぶくれの
顔が美人です。そして髪の長さや質感も重要でした。
 ただし、当時、高貴な女性は御簾や几帳の陰にかくれていて
直接顔を見ることができるのは、深い仲の異性や夫、
父親といった人々で、男兄弟ですら直接顔を見ることは
できなかったようです。
 そんな平安女性が同性・異性を問わず自らをアピールするのに
使ったのは広い意味での「知識」、教養でした。和歌の上手い下手
は重要でした。多くの男...続きを読む

Q大名の婚礼はいつ頃から、なぜ昼間に行われるように。

江戸時代のある時期から、大名の婚礼が夜ではなく昼間に行われるようになったそうです。
何事も先例を重んじる江戸時代の武家社会にあって、縁組する両大名家が昼間の挙式に合意したということは、勇気がいったことだと思います。
いつ頃から、なぜ、昼間に挙式するようになったのですか。
また、具体的に大名家の記録があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

「貞丈雑記」 祝儀の部には、次のような記述があるそうです。
男は陽なり、女は陰なり。昼は陽なり、夜は陰なり。女を迎うる祝儀なる故、夜を用いる
なり。唐にても婚礼は夜なり。されば婚の字は女へんに昏の字を書くなり。昏は「くらし」
とよみて日ぐれの事なり。しかるに今大名などの婚礼専ら午の中刻などを用いる事、古法にそむきたる事なり。

Aベストアンサー

WEB上では『加賀藩史料』が手近ゆえ、
参勤交代制度化前後~宝永年間頃(※2編~5編)の間を
各巻末の索引を参照して調べてみましたところ、
出輿・入輿の何れかの時刻表記があるものは、下記のとおりでした。

〇『加賀藩史料.第2編/石黒文吉/昭和4-17』
<359/512>(711頁)
・十二月五日。德川家光の養女大姫前田光高に入輿す。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123742/361
<361/512>(715頁) 〔竹園雜記〕
寛永十(1633)年子十二月五日午の刻、御前様御輿入相済候。…

※当時、光高公十八歳、姫君七歳、これでは、いわゆる大人の関係は望めませんね^^

・九月二十日。前田利常の女満姫、廣島侯淺野光晟に嫁す。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123742/383
<383/512>(759頁) 〔天寛日記〕
(※寛永十二<1635>年)九月二十日
一、午後刻松平肥前守息女松平安藝守所嫁娶有之。…

〇『加賀藩史料.第3編/同上/同上』
・七月廿六日。前田綱紀保科正之の女を娶る。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123761/277
<277/525>(547頁) 〔壬申雜篇〕…
一、(※萬治元<1658>年七月)廿六日御入輿、未明に下女五十餘人來、
  四つ時分に女中卅七人乗物にて來り、午之刻御輿入、…

〇『加賀藩史料.第5編/同上/同上』
・十一月廿一日。前田綱紀の女節姫、淺野吉長に入輿す。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123792/236
<236/519>(465頁) 〔政隣記〕
(※元禄十二<1699>年)十一月廿一日…、…。午上刻御出輿、…

・四月廿六日。前田綱紀の女豐姫、前田孝資に嫁す。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123792/379
<379/519>(750頁) 〔政隣記〕
(※寶永四<1707>年)四月廿一日…、廿六日巳刻より…、申上刻御出輿。…

・四月六日。前田綱紀の女敬姫因幡侯池田吉明に嫁す。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123792/401
<401/519>(794頁) 〔政隣記〕
(※寶永五<1708>年)四月六日…、申刻御出輿。…

・十一月十八日。德川綱吉の養女松姫前田吉德に來嫁す。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123792/408
<408/519>(809頁) 〔政隣記〕
(※寶永五<1708>年十一月)同十八日快天、御入輿晝八半時。…

以上は数少ない断片情報に過ぎませんが、
「つい延寶あたりのところまでは必ず夜で、」(※後述)のフレーズは、
少なくとも徳川将軍家・加賀藩には当て嵌まらない様子も伺え、
果たして入輿の時刻にこだわりがあったのかすら疑問が残ります。

続きまして、
kouki-koureisya 様が既に御存知の内容も多く含まれると思いますが…

〇『故実叢書.貞丈雑記(伊勢貞丈)/今泉定介編/吉川弘文館/明32-39』
※貞丈が1763~1784(宝暦13~天明4)に記した草稿を岡田光大らが校訂、1843(天保14)刊行。
貞丈雜記卷之一
<19/51>(22頁)
一 婚禮は夜する物也…(中略)…然るに今大名などの婚禮専ら午の中刻などを用ふる事
古法にそむきたる事也
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/771945/19

上記は欄外注記に「江家次第婿取次第」とありますように、
関白藤原師通が博識の誉れ高い大江匡房に依頼して天永二(1111)年成立した
朝廷の儀式・行事の解説書『江家次第/大江匡房』からの一部援用でもあり、
文言前段は公家の婿通婚時代のお話、後段の漢字「婚」云々も古の中国のお話、
何れも情報としては正しいとしても、武家の嫁入婚にそのまま当て嵌めて
「古法にそむきたる事」とする伊勢貞丈は時代錯誤と言えなくもありませんね^^

あと、冒頭の事例からは、徳川将軍家や大藩たる加賀藩には「夜入輿」が当て嵌め辛い結果、
下記「・夜から晝への推移」の信憑性となりますと何とも・・・ではありますが、

〇『江戸の生活/三田村鳶魚/大東出版社(大東名著選20)/昭和16』
「武家の婚姻」<9~31/170>(3~46頁)
・夜から晝への推移
<18・19/170>(20~22頁)
それから婚禮といふことですが、これも江戸では享保頃になりますと、
在來は大抵夜分のものであつたのが、晝の方が多くなつて居ります。
つい延寶あたりのところまでは必ず夜で、早い輿入は暮六ツと申しますから、
只今の午後六時、それから五ツ(午後八時)四ツ(午後十時)九ツ(午後十二時)といふ風に
いろ\/あつて、ぐつと遅いのになると、八ツ(午前二時)などといふのもあつた。
それが享保度には晝になつてしまつたのです。…
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460041/18
・婚禮式は武家の創始
<19・20/170>(22~24頁)
天文(※1532-1555)年中に松永久秀が、その主人である三好長慶の長男義長の乳母を娶り、
その内縁により執權となつて勢力を張るに至つた。
さうした下心から景氣づけの爲に婚禮を盛大にやつた。
それから武家に晝間の婚禮といふものが出來たのだ、といふ説もあります。
或は又文祿三(※1594)年、毛利秀元が妻を娶る時に、秀吉が今度の祝言には
日本はじめての結構美麗を盡さうと云はれた。
それには夜ではいかんから、日中に輿入をして、
行列を諸人に見物させたがいゝといふことで、
秀吉自身櫓を構へて行列を見物し、その前で輿の受渡しをさせた。
これは白晝でありまして、日本ではじめての祝言と云はれて居ります。…
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460041/19

上記の「・婚禮式は武家の創始」の両説とか、
下記の「二代秀忠の娘・和子の入内の時」などと併せて考えますと

メタボンのブログ>江戸 結婚 3 武家の婚礼・道具
http://ameblo.jp/1480sn/entry-11587996591.html
江戸時代は、婚礼は夜が普通でしたが例外として昼行われた例がある。
二代秀忠の娘・和子の入内の時である。
元和元年(1620)御水尾後宮に入内した時は、敢て、白昼に行い、
将軍家の威光を見せつけるものであった。

「景氣づけの爲に婚禮を盛大に」「行列を諸人に見物させたがいゝ」
「将軍家の威光を見せつけるもの」なども、
入輿・輿渡などが昼間に行われる理由の一つになるかもしれません。

ほかにも、公家の婿通婚とか、相手の家格などに制限が無かった頃の武家の嫁入等であれば、
極端に言えば何れも身一つで良かったものが、やがて家格制限などの要因も生じたことで、
花嫁が3歳とか7歳の場面も多くなって夜型にすべき意味合いも薄れる場合も増えたり、
また婚礼に際し調度品の増加に伴う行列の長蛇化(例えば寛永十二年十二月十二日には、
数量制限の武家諸法度等もあったりもしますが)、他藩との競い合いなどなど、
あるいは幕府からの「酒乱酔に及ぶべからざる事」など、諸々の要因が重なった結果、
入輿などが昼間に行われるに至ったと考えられ、

・『古事類苑.礼式部6/神宮司庁古事類苑出版事務所編/神宮司庁/明29-大3』
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/897803
などからのヒントを求め目を通してみましたが、
残念ながら私には一つの理由には絞り込めませんでした(><)

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

WEB上では『加賀藩史料』が手近ゆえ、
参勤交代制度化前後~宝永年間頃(※2編~5編)の間を
各巻末の索引を参照して調べてみましたところ、
出輿・入輿の何れかの時刻表記があるものは、下記のとおりでした。

〇『加賀藩史料.第2編/石黒文吉/昭和4-17』
<359/512>(711頁)
・十二月五日。德川家光の養女大姫前田光高に入輿す。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123742/361
<361/512>(715頁) 〔竹園雜記〕
寛永十(1633)年子十二月五日午の刻、御前様御輿入相済候。…

※当時、光高公十八歳、姫君七歳、こ...続きを読む

Q旧日本軍の兵士は、いつ頃から丸刈りするようになったのでしょうか?

旧日本軍の兵士は、いつ頃から丸刈りするようになったのでしょうか?

太平洋戦争当時の将官や兵士の写真を見ると、陸海軍を問わず全て頭髪を丸刈りにしています。

ところが、もっと昔の日露戦争時代の、たとえば大山厳や東郷平八郎、それに乃木希典などの写真をみると、頭髪は普通の短髪です。

無論、短めにはしていますが、少なくとも丸刈りではありません。

日本兵が丸刈りにするようになったのは、いつの頃なのか、また陸軍と海軍で違いはあったのでしょうか?

海軍の兵士は (戦争前) 軍艦で世界中を訪問する機会が多いため、西洋人に奇異に見られないように、丸刈りではなく、普通の短髪にしていたという話を聞いた事があるのですが、本当でしょうか?

あと、すみません、太平洋戦争時代の一般男性 (教師とかサラリーマンとか) も丸刈りにしていた人が多かったと思うのですが、それでも短髪にしていた人はいたのでしょうか?

もしかして丸刈りにしないと、非国民とか言われて批判されていたのでしょうか?

ちょっと疑問に感じたので質問してみました。

Aベストアンサー

海軍の場合、諸例則(しょれいそく)という日常のお約束で、「頭髪はこれを梳る(くしけずる)べし」とあり、キチンとしていれば問題ありません。兵学校にも海軍省にも、大型の軍艦にも床屋が傭人(雇われた民間人)として乗っています。
昭和13年ごろから丸坊主が海軍でも多くなります。が、強制ではありませんでした。笑い話ですが、
「丸刈りはサッパリしていいぞ。お前もそろそろやったらいい」
「そうですか? でも米内大臣は髪の毛があるし、教官はヒゲ生やしているから、それでアイコですよ」

翌日、教官がヒゲをそってきたそうです。言われた方はそれをみて、素直に丸刈りにしたそうです。

丸刈りは衛生面で有利(水で簡単に清潔が保たれる)なので、特に戦地で髪を整髪する余裕のないことが多い陸軍では丸坊主が一般的です。バリカンをお金出し合って分隊で1個買い、お互いにのびたら刈っていたそうです。私の祖父は陸軍の師団軍医長でしたが、やはり丸刈りです。

丸刈りは私も剣道の重要な試合で負けて、全体責任で2回経験しましたが、軽く、水とセッケンで簡単にキレイになるので、これはこれでいいと思いました。

ソ連軍は丸刈り強制です。

一般の人は、戦前でもポマード、シャンプーなどが競争で売られていたので、普通にのばして整髪していました。戦時中に物資不足になると、丸刈りがおおくなったそうですが。あと、学生は基本丸刈りです。だからといって延ばしていても非国民呼ばわりはまずないとおもいます。
不潔だったら、いつの時代でも批判されるでしょう。

海軍の場合、諸例則(しょれいそく)という日常のお約束で、「頭髪はこれを梳る(くしけずる)べし」とあり、キチンとしていれば問題ありません。兵学校にも海軍省にも、大型の軍艦にも床屋が傭人(雇われた民間人)として乗っています。
昭和13年ごろから丸坊主が海軍でも多くなります。が、強制ではありませんでした。笑い話ですが、
「丸刈りはサッパリしていいぞ。お前もそろそろやったらいい」
「そうですか? でも米内大臣は髪の毛があるし、教官はヒゲ生やしているから、それでアイコですよ」

翌日、教官がヒゲ...続きを読む

Q日本は昔鉱山資源が豊富だったのですか? もしそうなら、いつ頃から[資源のない国]と呼ばれるようになっ

日本は昔鉱山資源が豊富だったのですか?

もしそうなら、いつ頃から[資源のない国]と呼ばれるようになったのでしょう…?

Aベストアンサー

今でもたくさん鉱物資源が埋まっていますが、地中深く掘らなければならず、コストを考えると海外から輸入した方が安くなるので掘らなくなったのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報