南九州の縄文時代について、今勉強しています。縄文土器は私達の生活に何をもたらしたのでしょうか?いろんなサイトを調べてみたんですけど、どれもいまいちで。。縄文土器のことや、縄文のことならなんでもいいので、ぜひ教えていただきたいと思います。縄文時代のトイレもどんなものだったのか、誰か知っていたら教えてください!!よろしくお願いいたします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

神武天皇は九州出身です。



天孫降臨の地の高千穂も南と北に二つあります。

南九州はかつては現天皇の発祥の地でした。

縄文時代より黒潮などに乗り、四国、近畿、東海、関東を行き来した船の運航技術にたけた民族でした。

当然、日本国内はもとよりお隣の中国とも早くから交流がありました。

古代日本は結構な文明国だったのです。

卑弥呼の時代にも日本は帯姫(神功皇后)の国として有名でした。
帯方郡って聞いたことありませんか?
あれは帯夫婦のいる方角の郡と言う意味で公孫氏が名付けた郡なのです。

三韓征伐も本当の事です。
    • good
    • 0

 南九州の「縄文時代」の研究はまさに始まったばかりではないでしょうか。

現在までの縄文時代という「括り」が果たしてこれからも妥当であるかどうか、と発掘現場からの意欲ある発言が奥ゆかしく様々になされているように、
漠然と感じます。
 出土土器だけをもって時代を画然とするのではなく、その交流をこそ考えていこうと言う潮流があります。その基本は縄文時代といわれた時代の、南西諸島から南九州を経ての貝殻装飾品の伝播にあると私は思います。
 つまり、現在の段階で南九州独自の「文化」という前に、「縄文時代」とは誰が何のために名付けたかを再確認し、その「便宜上」使われている土器とは私たちにとっていったい全体どういうものなのかを考えることが、ひいては南九州の独自性へのアプローチへと至る道と考えるものです。
 見れば見るほど面白いのは落語や演劇だけではなく、訳が分らんほど色んな人があ~でもないこ~でもないと真面目に論文を書く考古学です。
 ちょっとサイトでチョッとでは中々「縄文」は「一筋縄」ではいかないとじょおもうん、よね。
 いっぱい個性的な土器を見てドキドキするのが近道です。まずそっからね。
    • good
    • 0

 初めまして^^えっと、どれくらいの詳しさで書けばいいのか判りかねますが、(縄文時代∧南九州の範囲で)手持ちの本や覚えていること等を書かせて頂きますね。

(大学で専門的に勉強してらっしゃるのなら到底私の回答は参考にならないと思いますので 汗)
 
 縄文時代は草創期(12000~10000年前)、早期(10000~6000年前)、前期(6000~5000年前)、中期(5000~4000年前)、後期(4000~3000年前)、晩期(3000~2300年前)の6段階(年数は放射性炭素14年代測定法によります)に分けられます。
 その草創期の頃は晩氷期と呼ばれ、激しい寒暖を繰り返しながら次第に気温が上昇し、海面の上昇(温暖化で大陸の上の氷河がとけたためです。)が起こった頃です。四季の季節変化が始まったのも縄文時代からだそうです。
 先日、NHK「日本人~はるかな旅」によると東南アジア系の人類という港川人が黒潮に乗り九州南部に移ったということが言われておりました。この港川人と縄文人の骨格が似ていることから、港川人のような先土器時代人が縄文人になったと言われています。同様に紹介されていた「上野原遺跡(鹿児島県国分市)」は縄文早期初めに50軒近い竪穴式住居や集石・土坑などが多数発見された日本最古級の定住集落です。耳飾や土偶も発見されており、非常に注目されております。
 これも紹介されていたのですが、約6400年前頃、鬼界カルデラ(巨大噴火で海底に沈んでしまった鹿児島県屋久島の北にある火山)で縄文時代最大の大爆発があり、火砕流体積物が薩摩・大隈半島まで達し、火山灰は関東地方まで降り注ぎました。これによって草創期・早期に開花した南九州の文化は壊滅し、自然の回復後北九州から来た別系の縄文人が移住するまで一時無人化しました。(この間1000年程度。その他にも桜島や富士山etcの噴火もあり、それぞれに縄文人に多大な影響を与えたと考えられています。)
 トイレはちょっと知識ないです((シ_ _)シ)是非、専門的に勉強なさっている方がいらしたら回答お願いしたいです。私も興味あります^^
ただ、縄文人が何を食べたかは炭素と窒素の安定同位対比(説明すると長くなりそうなので・・w)を使ったり、貝塚から推測しているところを見るとトイレはなかった(もしくは未発見なのではないでしょうか)
縄文人の主食は種実類や根菜類を中心とした食物です。ですが、身近にあって食べられるものは何でも食べていたという感じです。動物は骨の髄まで食べたそうです。 
 えっと、最後に土器について。
土器の出現理由は様々なものがあげられていますが、土器が持つ大きな意味は「煮る」ということでしょう。貯蔵や盛り付けよりも先に「煮る」という機能を持った道具として普及していきました。「煮る」ことによって、食物が柔らかくなったり灰汁が抜けたりして食べやすくなり、食べられるものの範囲が広がりました。これによって寿命が伸びるなどの効能がありました。
草創期(丸底深鉢形土器が多い。後半期には押圧縄文・撚糸縄文が施されています。)
早期(尖底深鉢形土器が多い。押型文、沈線文、貝殻条痕文が施されています。)
前期(円筒形の丸底・平底深鉢形土器が多い。縄文文様の最盛期。)
中期(円筒深鉢土器が多い。関東~北陸にかけて立体的装飾のある厚手の土器が現れる。火炎土器。)
後期(深鉢形・浅鉢形・注口土器が一般化。磨消縄文・沈線文などがある。)
晩期(東日本を中心に亀ヶ岡土器が出現。)
こんな感じです。

 かなり広く浅く(凸凹してますな 汗)書きましたので判りづらいかと思います。もし、補足等がありましたら、今度はもう少し的を絞って回答したいと思います^^ 
    • good
    • 0

たしか.沖縄-九州-中国(以東略)で.文化の切れ目があったと記憶しています。


沖縄人は.体格・服装等がまったく異なる別文化の人々です(たしか漢書?)。
中国では.壱岐経由で朝鮮半島との国交があり.対馬経由で朝鮮半島と国交のあった.九州地区とでは文化が異なります。

又.奈良地区の相続争いで負けた一族が.南九州に逃げてきたものの.天皇一族による追手によって殺されたという神話があることから.南九州には近畿地区に敵対する勢力があったことが想像されます。
最後に.古墳時代には.奈良地区と異なった巨大古墳群が九州地区にあり.奈良地区とは異なった部族がいたことが推定できます。

現在の日本史は.天皇の行動を正当化するという研究が主体ですので.天皇とは異なる勢力については.その存在を消す動きがあり(例として有名なものは.アイヌの部族長).歴史から抹消されていますので.注意が必要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今度南九州のことについてレポートを書きます。

今度南九州のことについてレポートを書きます。
・知覧などの平和
・南九州の文化
・世界遺産(屋久島)
・南九州の自然
以上のことをそれぞれ書きたいと思っています。
なにか参考になるサイトや、情報をお願いします。

Aベストアンサー

つ www.google.com

Q縄文時代は永いですが、縄文式土器は進化しましたか?

縄文時代は一万年近く続いたとされています。
その中の重要な文化のひとつである縄文式土器ですが、これは進化し続けたのでしょうか?
造形や文様が複雑になっていったのはわかりますが、それ以外のもの、作り方、焼き方、丈夫さ、薄さ、材料などについて変化があったのかどうか、教えてください。

この前考古学展をみてきたのですが、初期のものも後期のものも同じようにしか見えなかったので、疑問をもちました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっとだけ説明させていただきます。

縄文時代は草創期・早期・前期・中期・後期・晩期と、時期区分されていて、土器にはその時代ごとの特徴がみられます。これは生活のスタイルや土器の用途によってさまざまな点で変化しているためです。

>初期のものも後期のものも同じようにしか見えなかった

 きっと草創期や早期あたりの縄文地紋の土器と、晩期の加曾利あたりの薄い甕をみてのご感想かとおもうのですが、どうでしょかね?縄のあとひとつをみても、縄自体の造りや縄目のつけかたでも違いが見られます。また後者のほうには粗製土器と精製土器ってのがみられ、内面や外面をこすって土の目を締め(徽密度を高め)ています。
 
 このような土器の変化を(中部山岳地帯の土器についての)特徴でいいますと、厚みは、薄⇒厚⇒薄と変化がみられます。材料については粘土に混ぜ入れるもの((これは粘土のみだと焼き上げるときに割れてしまうため砂などを混ぜます))に違いがあります。また器形は底が尖ったものから平底のものへと変化し、時代が下るごとに形はバラエティ豊かとなっていきます。

 縄文土器は時代は作られた地方によってそれぞれの特徴が顕著にみられるものです。またそれは生活のスタイルの変化であると考えられます。
 人の生活がかわっていけば、使う道具もかわってくるわけです。縄文時代の一万年間には、いろんな変化があったことは紛れもない事実、その変化を今に伝えるのが土器なんです。土器がかわるということは、それを作った人々の生活がかわる、またはその土地に住んでいる人がかわる(移動してきた)ということであり、長い年月の間で言えば、進化といってもいいのではないでしょうか?

ちょっとだけ説明させていただきます。

縄文時代は草創期・早期・前期・中期・後期・晩期と、時期区分されていて、土器にはその時代ごとの特徴がみられます。これは生活のスタイルや土器の用途によってさまざまな点で変化しているためです。

>初期のものも後期のものも同じようにしか見えなかった

 きっと草創期や早期あたりの縄文地紋の土器と、晩期の加曾利あたりの薄い甕をみてのご感想かとおもうのですが、どうでしょかね?縄のあとひとつをみても、縄自体の造りや縄目のつけかたでも違いが見られ...続きを読む

Q南九州でのおすすめ

中学生や高校生の修学旅行で南九州(熊本・宮崎・鹿児島、及び種子島・屋久島などの離島)方面に行く場合を想定して回答をお願いします。
(1)中高生の多くが感動できると思われる南九州でしか出来ない体験・スポット
(2)感動できる観光地
(3)南九州ならココという一押し名所
など、情報を教えてください。
あと、6月中下旬に行くので雨でも楽しめるという体験・スポットなどの情報もお願いします。

Aベストアンサー

熊本では何と言っても阿蘇火口と草千里でしょう。
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/kakou/kakou.htm
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/kusasen/kusasen.htm
大観峰や俵山展望台も九州ならではの絶景です。
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/daikanb/daikanb.htm
http://e8641.web.fc2.com/tawarayama/index.html

宮崎では高千穂峡
http://miyazaki.daa.jp/takachiho/
青島・鬼の洗濯岩
http://miyazaki.daa.jp/aoshima/
宮崎はこれから都井岬まで道順に観光地の目白押しですから時間を考えて
スケジュールを組めばいいでしょうね。
http://miyazaki.daa.jp/nichinan_k/
えびの高原、生駒高原
http://miyazaki.daa.jp/ebino/index.htm
歴史的建造物で今大評判の宮崎市役所で知事でも、もし会えれば中高生は大喜びでしょうね。

鹿児島はやはり桜島や社会勉強で知覧、開聞岳周辺などでしょうね。
熊本から高千穂に抜けて宮崎、日南、霧島えびの、鹿児島のルートで回れば無駄もないと思います。

熊本では何と言っても阿蘇火口と草千里でしょう。
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/kakou/kakou.htm
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/kusasen/kusasen.htm
大観峰や俵山展望台も九州ならではの絶景です。
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/daikanb/daikanb.htm
http://e8641.web.fc2.com/tawarayama/index.html

宮崎では高千穂峡
http://miyazaki.daa.jp/takachiho/
青島・鬼の洗濯岩
http://miyazaki.daa.jp/aoshima/
宮崎はこれから都井岬まで道順に観光地の目白押...続きを読む

Q縄文土器の縄目文様は、撚糸を土器表面に回転させてつけたものだそうですが

縄文土器の縄目文様は、撚糸を土器表面に回転させてつけたものだそうですが、
「撚糸」とは何ですか。
植物の茎か繊維であるとすれば、その植物は一般的に何と考えられているのですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「その植物」は
アカソ、カラムシなどです。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/5106/sub135.htm
http://www.geocities.jp/kitanojoumonclub/3itotuku.htm

Q南九州税理士会事件について

今年から憲法を学んでいるものです。芦辺憲法を基本書として使用しています。

南九州税理士会事件というものについてですが、一通り基本書読んだり調べたりしたのですが、自分なりにまとめようとしてもなかなかまとめることができません。

どなたか模範解答していただきたいのです。(規約のとおり、レポートなどとは一切関係ありません。)

南九州税理士会事件
(1)いかなる事件か。
 一応把握できているつもりですが、よろしければご教授くだされば参考になります。
(2)最高裁の示した判断はどういうものか。
 (1)と同様です。
(3)そこに含まれている憲法上の問題点と、(4)それに対する見解。
 問題点があるなしに関わらず、回答者様のご意見をお聞かせいただければと思います。

以上、お手数だとは思いますが、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

有名な事件ですし、本当に詳しいことは百選に書いてあると思うので、私なりにわかりやすくまとめて答えてみたいと思います。


(1)いかなる事件か

税理士会が政治献金しようと思って、お金を徴収する決議をしたが、反対する税理士がお金を払わないといって争った事件。

(2)最高裁の示した判断はどういうものか

お金を徴収する決議は、税理士会の目的の範囲外であるとして、無効とした。

(3)そこに含まれている憲法上の問題点と、(4)それに対する見解。

私人間効力の問題。つまり、税理士会と税理士の間で人権の衝突が起こったことになります。

税理士個人は、どこに政治献金するかの自由を有しているはずなのに、税理士会の決議で強制してもいいのかという問題です。

この判例は、私法の一般条項に憲法の趣旨を取り込んで解釈すべきである(間接適用説)として、民法43条に憲法の趣旨を取り込んだことになります。


この判例が面白いのは、八幡製鉄事件では政治献金が認められたのに、税理士会には認めなかった点です。

なぜ結論が違うのか。それは、強制加入であり、脱退の自由が制限されていることに理由があります。

いろんな人がいるはずだから、それぞれの人が思うとおりに献金するべきで、多数決で決めるべきべはないことが判旨にも述べられていますね。

それと同じように、労働組合が政治活動するためにお金を徴収するのも駄目だという判例があります(国労広島地本事件。百選152)。この労働組合もユニオンショップ制などで脱会の自由が事実上制限されています。

八幡製鉄ー国労広島地本ー南九州税理士を比較できれば、きれいな模範解答になるかもしれません(百選の解説はその1つ)。

こんにちは

有名な事件ですし、本当に詳しいことは百選に書いてあると思うので、私なりにわかりやすくまとめて答えてみたいと思います。


(1)いかなる事件か

税理士会が政治献金しようと思って、お金を徴収する決議をしたが、反対する税理士がお金を払わないといって争った事件。

(2)最高裁の示した判断はどういうものか

お金を徴収する決議は、税理士会の目的の範囲外であるとして、無効とした。

(3)そこに含まれている憲法上の問題点と、(4)それに対する見解。

私人間効力の問題。つまり...続きを読む

Q縄文土器の内傾接合と、弥生土器の外傾接合との違いについて

伊東道子編の“人類大移動”を興味深く読んでいます。その中に、下記の説明がありました。
<縄文土器は粘土紐を境目が内側に傾くように重ね合わせ(内傾接合)、弥生土器は境目が外側に傾くように重ね合わせる(外傾接合)、ものが多いのです。>
土器の内傾接合と外傾接合とは、どのような意味を持っているのでしょうか?
(作りやすさ、強度、美的面、などに関係するのでしょうか?)

Aベストアンサー

この下のPDFのP56/90にある説明は、縄文式の場合、外傾接合が時代を経て内傾接合に変わるが、土器製作途中で上部がへたり込んで形状を維持出来ないことに対する対策の方法が変化したことなどが書かれています。大形の土器の場合には一度に粘土で形成せず、何度か乾かしながら上に造り上げていくという方式でやろうとする場合に、工法上内傾接合になるという傾向があったようです。
http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/literature/nenpou/sanmaru-nenpou15.pdf  P34~P56/90に詳しい。
弥生式では外傾接合が多いのかどうかは、私にはわかりません。上記PDFのp35/90には、「弥生土器においても、韓半島からの渡来人との関連から検討が進んだ遠賀川式土器を除き、「内傾か外傾か」はあまり検討されていない。この理由として、①弥生土器は遠賀川式を除き、内傾接合であると想定されていることから、編年の指標となりにくい、②薄手で粘土紐の接着が入念な弥生土器では、接合剥離痕や水平に巡る割口の頻度が低いため、「外傾か内傾か」を判定しにくい場合が多い、という、縄文土器と類似した点があげられる」と書かれています。 この説明文からすると、遠賀川式を除き、弥生土器は内傾接合であると想定されているけれど、実態は不明だということのようです。

土器製作途上でのへたれ対策には色々あるようなので、技術の進歩というよりは、製作集団の伝承がタマタマ変化したという方が、あたっているような気がします。 縄文土器のような模様を外形に残したいという希望が高ければ、製作方法もそれなりに工夫はされたでしょう。 薄手で土器を作るという希望だと、形を整える過程で叩く延ばす抑えるので、もう、内傾接合も外傾接合もない製作になってしまうのではないでしょうか。

この下のPDFのP56/90にある説明は、縄文式の場合、外傾接合が時代を経て内傾接合に変わるが、土器製作途中で上部がへたり込んで形状を維持出来ないことに対する対策の方法が変化したことなどが書かれています。大形の土器の場合には一度に粘土で形成せず、何度か乾かしながら上に造り上げていくという方式でやろうとする場合に、工法上内傾接合になるという傾向があったようです。
http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/literature/nenpou/sanmaru-nenpou15.pdf  P34~P56/90に詳しい。
弥生式では外傾接合が多...続きを読む

Q南九州の騎馬文化

蝦夷の騎馬戦闘は有名ですが、南九州の熊襲や隼人にも騎馬戦闘が存在したのでしょうか? 蕨手刀に似た刀が発掘されたという話をいつか聞いたことがあります。詳しい人がいたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

おそらく、九州地方の古墳から出土される埴輪から考えると、存在したと思われます。

Q縄文土器・土偶を、制作者(縄文人)の心理的な観点から分析した著作・サイトはありませんか?

時折、茅野や御代田の縄文博物館を訪ねるのですが、いつも思うんです。
「この摩訶不思議なデザインを考えた人(縄文人)の頭の中はどうなってるんだろう?」と。
土偶の解釈としては一般的に「多産・豊作の象徴」などと紋切り型に記述されていますが、どうも「それとこのデザインは自分の頭の中で結びつかない……」のです。
考古学者の方々も、大昔の事ゆえ不用意に根拠のない持論の展開は出来ない、それ故の「無難な見解」になるのは分かるのです。が、それで終わっていいの? とも思うんです。
「これこれこういう理由で、必然的にこういうデザインになった」と、胸のつかえが一気に晴れるような明快な解釈をした著作・サイトなどはないでしょうか? 特に、往事の縄文人の生活環境などから推理して、心理学的な観点から縄文土器・土偶のデザインの必然を示したものなど。
 どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

紹介サイトはできませんし、質問と離れますがすみません。

同じ事をやれば、解る気がしますよ。
私は陶芸をすこし齧りますので、縄文人の気持ちは理解できている気がしてます。

同じ赤土をいじって、女性人形を作り、何回か焼いてみれば、セクシーな造形に似せた人形で、最も割れない形は土偶形になります。
縄文は、へらで深く切り込みを入れると焼いた時そこから割れるので、型を押し付ける事になります。
型を作らないと、でき合いで間に合わせる事になるので、布や紐を押し付けます。布の一種の寒冷紗の肌地の陶器は現在でも一般的です。

ほとんど技術的な問題なんですよ。
同じ道具を幼児に与え、お母さんを作らせたら、現代でもほぼ同じものができます。
クレヨンしんちゃんなんて、ケツがでかいとかブラジャー仮面とか、胸と尻の大きさでしか女性を表現できないですから。

過飾に飽きると、実用とシンプルが好まれるので弥生土器になります。
これはロココとマイセンやギリシャ様式と同じです。

歴史は、有史以前から繋がっている証拠でしょう。
考古学者の想像にはちょっと違和感を感じます。

紹介サイトはできませんし、質問と離れますがすみません。

同じ事をやれば、解る気がしますよ。
私は陶芸をすこし齧りますので、縄文人の気持ちは理解できている気がしてます。

同じ赤土をいじって、女性人形を作り、何回か焼いてみれば、セクシーな造形に似せた人形で、最も割れない形は土偶形になります。
縄文は、へらで深く切り込みを入れると焼いた時そこから割れるので、型を押し付ける事になります。
型を作らないと、でき合いで間に合わせる事になるので、布や紐を押し付けます。布の一種の寒冷...続きを読む

Q南九州大学のサークル!

南九州大学のキャンプサークルのOBのホームページ探しています。

出来る限りのサイトで探したのですが見つからず、ご存じの方がいらっしゃったら是非、教えていただきたいと思います。

どんな些細なことでもかまいませんのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

些細なこと

参考URL:http://www.nankyudai.ac.jp/link/index.html

Q縄文土器・弥生土器について

 僕はある高校の地歴部に所属しています。
いま、秋の文化祭に向けて土器を焼く計画が始まっています。
顧問の先生が言うには、実際に使うときに丈夫にしておくために、
粘土をこねている段階で何かを混ぜてから成型して焼くそうですが、
どの文献にも土器の焼き方について触れた文献はなく、
どうしたらよいのかわかりません。
どなたか縄文土器・弥生土器について詳しい方、
粘土の段階で何を混ぜていたのか教えてください。
「本で見たよ。」という方は、
その本の名前・著者名等も教えていただけるとさいわいです。

Aベストアンサー

3/3
あと、注意しておくことは、あまり大きな作品を作らないようにすることじゃ。
というのは、野焼きの場合、窯で焼くのと違い、作品全体の温度が均一にならない
ので、作品が大きい場合、表は焼けたが裏はまだというような状態になりやすい
のじゃよ。

物差しで計ってみるとよくわかると思うのじゃが、焼き物というものは焼けると
2割程度縮むものなのじゃよ。だから、焼けた面は縮んで小さくなろうとするが
まだ焼けていない面は元の寸法のままなので、作品に大きな歪が生じて、これまた、
ボンという音とともに大爆発をおこすのじゃよ。作品の大きさは15cm以内であれば
割れることも比較的少ないと思うのじゃが、どんなもんであろうのう。

文化祭には大勢、友達も見に来ているとおもうので、この爆発した時に飛び散る
焼き物の素焼きの破片が目などに入ると大変なので、焼いている場所から5mくらい
の所に縄でも張ってそこから中には入れないことじゃな。怪我をさせると
詰まらぬぞよ。

あと、焼くときにはあらかじめ藁などを燃やして灰を作っておき、作品をその
灰の中に埋めてさらに、その上に割れた素焼きの植木鉢などをかぶせて、その上で
焚き火をすると良いというような話を読んだことがあるぞよ。

マロはこういう焼き方をしたことがないので、あまり詳しいことは分からぬが
怪我やヤケドに気をつけて文化祭を楽しんでチョ。

3/3
あと、注意しておくことは、あまり大きな作品を作らないようにすることじゃ。
というのは、野焼きの場合、窯で焼くのと違い、作品全体の温度が均一にならない
ので、作品が大きい場合、表は焼けたが裏はまだというような状態になりやすい
のじゃよ。

物差しで計ってみるとよくわかると思うのじゃが、焼き物というものは焼けると
2割程度縮むものなのじゃよ。だから、焼けた面は縮んで小さくなろうとするが
まだ焼けていない面は元の寸法のままなので、作品に大きな歪が生じて、これまた、
ボンとい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報