プロが教えるわが家の防犯対策術!

 仏教にも大僧正や、権大僧都、大律師などの様々な階級があるとききました。

 例えば、キリスト教では司教が司教区を、司祭が教区を担当するといった風に、おおまかに階級によって役職が決まっていますよね。
 仏教でも住職はコレ、教区(言い方は違うと思いますが)の代表はコレ、といった風に役職がだいたい決められているのでしょうか?

 また、住職というのはお寺で一番偉い人のことだと思うのですが、お寺におけるほかの役職には、どのようなものがあるのでしょうか?調べてもよくわかりませんでした。お教えください。

さらに質問になるのですが、例えば、かつての僧兵のようにアーミーチックなものや、石山本願寺みたいに国家的なものでの、僧階と役職の関係はどのようなものだったのでしょうか?
知っている方がいらしたら、これもお教えいただけませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

仏教や他の宗教でも同じですが、日本の場合、昭和20年代の後半より30年代前半に、宗教団体法と宗教法人法という法律が出来まして、例えば、寺を会社と見立てたら、誰が責任者なのという法律での宗教組織の判断をする。

(立法的発想)

包括法人法と言って、同一宗派の中で、どこの組織とどこの組織が上下関係があるの?(行政的発想)

組織内で、悪いことしたらどうなるの(各宗派審事院など)(司法的発想)

が、出来。まだ、寺院の護持主体者名の住職と坊守などの呼称。

各宗派での、その寺の内部組織としての呼称など、呼び名の根源が、法律からきたもの、慣用からきたもの、歴史からきたものなど、内局といってその宗旨の行政官庁からきたものなど、たくさんの区分、呼称があり、同一人物が、兼任をしていることが、多いです。

宗教を純粋に考えれば、役職など、不要ですね。

ただ、宗教法人法でいう会社では、代表取締役のことを、代表役員と言い。会社でいう社長のことを、住職ということが、多いようですね。よって、代表役員兼住職というのが、代表取締役社長なんでしょうか。

教区というのは、行政でいう、市町村のようなものです。

過去、歴史的に、戸籍管理を寺がやっていたなごりの部分ですね。ですから、その地域の取りまとめ役の仕事を教区長なる人が、宗務行政上、しているに過ぎないので、住職と教区長のどちらが偉いか?は、石原都知事と麻生総務大臣のどちらが偉いか?との質問のように、土俵が違うので、どちらとも言えないが、答えでしょう。

住職の階級も、階級が、宗教、布教に与える影響とは、無いに等しい訳です。

曹洞宗でいえば、道元禅師は、黒の衣で、一生を終わったのですから、階級は、最低ですよね。

単に、衣の色や階級などは、儀式つまりイベントの装飾に過ぎないと理解すればいいでしょう。

僧兵は、歴史を勉強してください。僧というのは、知恵ものや学者、文才が多く、幕府からも、庶民からも頼られていた。つまり、宗教の根源は、生と死にきっかけがあるので、ききんになれば、雨を降らしたいとか、伝染病が流行れば、食い止めたいとか、仏教の言葉、日本語で含蓄のある単語は多くは、仏教語で、中国語の翻訳が多い。

で、水洗便所を、鎌倉時代に発明したりとか平城京から平安京へ遷都するとき、下水の整備を考えたりとか。。。

僧階と役職についても、役職によって、宗教活動が制限されることは、ありませんよ。

勲章みたいなものですから、OO宝章をもらったというだけですので。。。

歴史と時代により、意味合いが異なります。現在は、憲法で、信教の自由がありますから、役職での強制コントロールは無理です。ただ、過去は、そういうことで、政治をしてきた時代はありますので、質問者が、何時代、何を背景に、何が起こったかを、ご自分で、調べること。そして、教科書には、宗教について書けないので、ほとんど、理由は書いてありませんので、教科書以外の権威ある書籍をお読みください。低俗な新興宗教のパンフレットは駄目ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、いろいろあるんですね。詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/11 11:07

本来の仏教では、僧に階級はありません。


帰依した(入門した)時期で、兄弟子弟弟子というのが決まるだけでした。

中国などでの禅寺などで、色々な役職がありますが、それにしても、階級というか上下の関係があるわけではありません。

仏教思想としては、物事に対する平等な見方というのが重んじられるので、仏教を名のる組織で階級に固執する組織(上下があるような組織)というのは、おかしなことだと思います。私見ですが、そういうものは、エセ仏教だと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/11 11:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺の「住職」とは???

お寺にいるお坊さん(僧侶)達をみんな「ご住職」と呼んで良いのでしょうか?

それとも、そのお寺の一番えらい僧侶が「住職」とよばれ、一寺院に一人だけなんでしょうか?


また、高野山の寺院の僧侶も「ご住職」と呼んでも構わないのでしょうか?

Aベストアンサー

 その寺院を管掌する僧侶、つまり責任者です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E8%81%B7

 高野山の寺院というのは金剛峯寺のことでしょうか。他にも117ほどあるようですが。
 金剛峯寺の場合は管長ですが、座主(ざす)ともいいます。尊称としては座主猊下です。

http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/zasu/index.html

Qその宗教で一番偉い人の呼び名

何がありますか?

主、尊師、あじゃり、、、他に思い付くの教えてください

Aベストアンサー

天台宗は、座主(ざす)ですね。

そして、
真言宗のTOPは長者。
真言宗の総本山・高野山のTOPは座主ですけれども、高野山のTOPが真言宗のTOPというわけではありません。
(歴史的なことを言うと、東寺長者の方が高野山の座主よりも格式が上)

また、
あじゃり(アーチャーリヤ)は、本来、先生や学者、師匠くらいの意味ですかね。弟子をもて、その弟子に(真言)教えを授ける資格を持つ人を阿闍梨(あじゃり)と言います。
偉いと言えば偉いですけれど、それ程、偉いわけではありません。
真言宗の中には阿闍梨は、それこそ掃いて捨てるほど存在します。


現代もその役職があるのかどうかは知りませんが、
東大寺で一番偉い人は、別当(べっとう)ですかね。
別当は、お役所の長官くらいの意味です。
(東大寺は官営の寺なので、そのトップはお役人さんと同じ呼び名)


明治時代に、真言宗の総本山はどこかという争いがあって、
東大寺は「うちこそ、真言宗の総本山だ」と高野山や東寺と争ったことがある(ら・し・い)。
空海は東大寺の別当(長官)を務めていたことがあったので、東大寺にもそう名乗る資格があった(笑い)。

天台宗は、座主(ざす)ですね。

そして、
真言宗のTOPは長者。
真言宗の総本山・高野山のTOPは座主ですけれども、高野山のTOPが真言宗のTOPというわけではありません。
(歴史的なことを言うと、東寺長者の方が高野山の座主よりも格式が上)

また、
あじゃり(アーチャーリヤ)は、本来、先生や学者、師匠くらいの意味ですかね。弟子をもて、その弟子に(真言)教えを授ける資格を持つ人を阿闍梨(あじゃり)と言います。
偉いと言えば偉いですけれど、それ程、偉いわけではありません。
真言宗の中には阿闍梨...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q住職の息子さん(後継ぎ)は何て呼べばいいんですか?

住職の息子さんもお坊さんで将来は寺を継ぐ方なんですが何てお呼びすればいいんでしょうか?

若住職ですか?
若聖人?

教えてください。

Aベストアンサー

お寺の用語は宗派が異なりますとまったく違う場合があります。
例えば、住職の奥さんのことを
浄土真宗では「坊守(ぼうもり)さん」といいますが
浄土宗では「寺庭婦人(じていふじん)」と言います。
お尋ねの住職の息子さんも、単に若さんという場合や新発意(しんぽち)という宗派もあります。
ただ、新発意を住職の息子さんと言う意味で使う宗派と「新しいお坊さん」という意味で使う場合(地域)と、
「子供のお坊さん」という場合と、「お寺の跡取り」という意味で使う場合とがあり難しいです。
お寺の男子の子供を「若院(じゃくいん)」や若(わか)さん」とかも言いますし、これも跡取りのみに使う場合とそうでない場合(地域)とがあります。
また「しんぽち」を「新発意」と書く宗派ばかりでなく、「新発」と書いたり「新法師(しんぽち)」、「真法師(しんぽち)」(たしか天台でしょうか?)と書く宗派もあります。
読み方も 「しぼち(新発意,新発)」とも呼ぶ宗派もあるようです。
私は、浄土真宗の坊さんで、他宗のことは良くわかりませんが、浄土真宗では、「若院(じゃくいん」です。No.1でご回答の0410さんには申し訳ありませんが、私の30年の経験上では宗門内で若住職という用語は聞いたことがありません。(宗門法規上、住職は職名なので、職名としては住職、副住職、代務住職しかありません。)

お寺の用語は宗派が異なりますとまったく違う場合があります。
例えば、住職の奥さんのことを
浄土真宗では「坊守(ぼうもり)さん」といいますが
浄土宗では「寺庭婦人(じていふじん)」と言います。
お尋ねの住職の息子さんも、単に若さんという場合や新発意(しんぽち)という宗派もあります。
ただ、新発意を住職の息子さんと言う意味で使う宗派と「新しいお坊さん」という意味で使う場合(地域)と、
「子供のお坊さん」という場合と、「お寺の跡取り」という意味で使う場合とがあり難しいです。
お寺...続きを読む

Q"Can you celebrate?"ってどういう意味??

安室奈美恵さんの「Can you celebrate?」
という曲がありますが、そもそもこの英語はどういう意味ですか?
(誰が誰に対して言っている言葉なのでしょう・・・)
「Will you celebrate our marriage??」
とかならわかるのですが、celebrateが自動詞ではおかしいと思うのですが・・

Aベストアンサー

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。

結論を言うと、「Can you celebrate?」は微妙なところだと思います。「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。

慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...続きを読む

Qお坊さんのことを何と呼べばいいのか教えてください。

例えば、学校の教諭、医師、保母などは一律に「先生」と呼ぶのが一般的だと思います。

お寺の住職、や奥様はなんと呼ぶのでしょうか?
宗旨宗派、または地方によっての違いがあるかもしれませんが、教えていただけますでしょうか?
一応仏教で、本願寺の場合でお願いします。

テレビドラマでは、「ご住職」などと言ってますが正解ですか?

お坊さん本人がいないときの、一般人同士会話では「お寺さん」奥様を「おくりさん」と呼んでいますが、これをそのまま本人に向かって言って良いものとは思えないのですが、いかがでしょうか?

父方の親戚の女性は、お坊さまに対し、「おそうさま」「おそさま」などと、呼んでましたが、他では聞いたことがないため、なんだか、間違っているようにも思えます。これは、いかがなんでしょうか?

Aベストアンサー

大変失礼しました。

確認してみたところ、浄土真宗では、「ご住職さん」が正式とのことです。和尚さんは、仏教一般には通用するのですが、浄土真宗は、宗教的意味もあってこれを使わないようです(師と弟子という関係を嫌うようです)。

「ごえんさん(ご院さん、の訛りだそうです)」、「ご院家さん」は、使います。奥様に関しては、坊守と言いますが、あまりこの言い方を効きませんので、他の方が坊守さんと呼んでいたらそれで良いかと思います。

混乱させて済みません。

Q僧侶に手紙を出すときの敬称

よろしくおねがいします。

お坊さんに手紙を書くときに、
敬称は普通の人と同じで「様」なのでしょうか?

私は一般人です。
これまで「~~様」で通してきましたが、もし正式な作法があるのでしたら、知りたいです。

それから、脇付ももし一般人と異なるようであれば、お教えくださいませ。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 仕事でお寺さんに書面を出すことがあります。
 ただ、正当な書式を教わったわけではないので、自信はないです。(自分も教えて欲しいぐらいですが・・・)

 一般の側からお寺さんに出すのに、余程改まった書面でないかぎり、あまりかしこまったり、過度に書式を気にする必要はないではないかと思っています。ヘンに奇異な感じになるので・・・

 宗派によっても言い回しが異なりますし、お寺さんの呼び方というのは、地方でも結構まちまちなので、その点もご留意ください。

 ウチは、お名前の後に、一般的な「御住職様」浄土系宗派には「上人様」、あとは「僧正様」などを用いています。
 住職さんと先代さんがおられて、先代の方に出す場合は、「老師様」「老大師様」という感じ、既に修行を終えられたお寺のご子息さんに出す場合は「副住様」「副住職様」といった感じでしょうか。(宗派によっては「副住職」というのは正式な役職名になっていることがあります。ただ、書面の場合はそれに関係なく、若様がおられる場合は「副住職」を使ってますね。)

 脇付は、普通の書面(とくに横書きの文書)にはいらないかな、と思いますが。
 縦書き書面の最後の宛名に脇付をつける場合、右肩に敬語・真ん中に宛名と敬称・宛名の左斜め下あたりに脇付となります。この書式でよく用いるのが「侍史」「侍衣下」です。
 縦書きの場合、先方のお名前が行の上の方にくるよう、自分の謙称は下の方になるよう、行と文字数を考えて書くと、より配慮が足りていると思います。

 封筒などの宛名書きで寺院名とお寺さんの名前を併記する場合、住所を書いて、次の行に寺院名と、その下に「御内」「御裡内」、次の行に宛名として少し大きめにお寺さんの名前と敬称という感じでしょうか。

 ウチの社で自分が入る前からやっているというだけなんで、本当に合っているかどうかはわからないですが・・・では。

こんにちは。。

 仕事でお寺さんに書面を出すことがあります。
 ただ、正当な書式を教わったわけではないので、自信はないです。(自分も教えて欲しいぐらいですが・・・)

 一般の側からお寺さんに出すのに、余程改まった書面でないかぎり、あまりかしこまったり、過度に書式を気にする必要はないではないかと思っています。ヘンに奇異な感じになるので・・・

 宗派によっても言い回しが異なりますし、お寺さんの呼び方というのは、地方でも結構まちまちなので、その点もご留意ください。

 ウ...続きを読む

Qカトリック教会の階級

カトリック教会の中で、地位の順序っていうか、階級の上からっていうか、地位ある順からそれを教えてください。

教皇
枢機卿
大司教
司教
の順ですか?

Aベストアンサー

 教皇がトップ。

 枢機卿は、80歳未満の者は教皇の選挙(コンクラーベ)に参加する権利を持つ聖職者で、司教以下からも選ばれる可能性はある(が、現在では司教でないものはほぼいない、らしい)。内部に「司教枢機卿」「司祭枢機卿」「助祭枢機卿」という位階がある(これは枢機卿のもとの身分とは関係がない。司祭であっても、助祭枢機卿になる)。教皇が任命する。

 司教は例外はあるが、特定のブロック(司教区)のトップ。特に大きい司教区(大司教区)か、数司教区を束ねるトップは大司教となる。
以下、司祭(=神父)、助祭という聖職者位階がある。

 で、位階制度として叙階の秘跡を授けらるのは「司教」「司祭」「助祭」の3ランクだけ。これらは(秘跡でそのランクを受けるので)職を停止・引退しても残る階級。
 一方、例えば教皇ですら、職を辞めることは出来る(ここ500年ほど例は無いが。辞めた後の階級がどうなるかは不明)。

つまり
教皇>枢機卿>大司教>司教>司祭>助祭
ではあるが、司教以上は全員教義上の階級は司教であって、その職掌によってランク分けされているだけである、と考えれば司教以上は皆司教、
教皇≧枢機卿≧大司教≧司教>司祭>助祭
と考えられる。
また、形骸化しているが、枢機卿は必ずしも司教ではないばあいもある(ただし、司教と同じような礼遇を受ける特権が枢機卿位にはついてくる)。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF#.E8.81.96.E8.81.B7.E8.80.85.E3.81.A8.E7.B5.84

 教皇がトップ。

 枢機卿は、80歳未満の者は教皇の選挙(コンクラーベ)に参加する権利を持つ聖職者で、司教以下からも選ばれる可能性はある(が、現在では司教でないものはほぼいない、らしい)。内部に「司教枢機卿」「司祭枢機卿」「助祭枢機卿」という位階がある(これは枢機卿のもとの身分とは関係がない。司祭であっても、助祭枢機卿になる)。教皇が任命する。

 司教は例外はあるが、特定のブロック(司教区)のトップ。特に大きい司教区(大司教区)か、数司教区を束ねるトップは大司教となる...続きを読む


人気Q&Aランキング