電子書籍の厳選無料作品が豊富!

リニア工事に関して静岡県知事の川勝さんが反対しているので予定どおりの着工を断念したそうです。
色々な識者や評論家が川勝さんのことを叩いていますが、
静岡県は現在も廃棄物処理や工事で掘り出した土の処理を曲輪系の企業に独占させていて、曲輪企業との癒着が切れていません。
熱海土石流虐殺事件はその象徴ともいえます。
今度リニア工事でまた熱海土石流虐殺事件みたいなことが起きれば今度は川勝知事が腹を切って詫びるだけでは問題が済まなくなるのを分かっているから、曲輪系企業との癒着が切れるまでは川勝知事もOKを出せないと思うので、私は静岡県知事が反対するのも理解できます。
皆さんはどう考えるか?色々ご意見教えてください。

A 回答 (10件)

知事のもっとも重要な仕事は、県民の利益を最優先にすることですから、静岡県にデメリットはあっても利益がないリニアの工事に同意できないのは、当然のことです。

それが国益に反しても。

川勝知事は次の知事選には出ないようですが、次に選ばれる新知事もリニアには同意しないことが確実視されています。
    • good
    • 1

ワガママはJRですね、結局。

立ち退きを隠蔽している訳だから。大深度地下工事で穴が空いたのですから。
    • good
    • 0

真っ先に、静岡県庁総務部総務課対外広報室係が、真実を公示して下さいませ。

又、NHK、静岡放送等、共同・時事通信社、テレビ局新聞社は、カワマケ知事絡み、東海リニア絡みの真実を公示並びに、報道を、するべきです。今は、判断に迷っておる!
    • good
    • 1

反対するのも理解できます????貴方のような??????


そのような静岡県民に支えられているのが
二位に大差を付けて三期目を当選した川勝知事です

誰にどれだけの迷惑をかけたか。
天秤にかけて判断しましょう。
天秤がぶち壊れる程、明確なのです。
明らかに問題なのは川勝知事と「静岡県民」なのです。

清水の次郎長を尊敬する静岡県民です
ヤクザやチンピラのやり方と同じですね。
 我々がいくら議論しても空しいですよ
で、我々の出来る事は一つ
「傍観者」を装う「冷笑主義者」であり「究極の自己中」である
静岡県民の目を覚まさせる事ぐらいです。
    • good
    • 1

リニアの別のもっと巨大な問題がある。

東京~神奈川、愛知~大阪にあります。この報道が全くないのが大問題です。当初は大深度地下工事という立ち退き不要の予定でしたが、その想定が崩れたんです。


首都圏の外環道で大深度地下工事は失敗し立ち退き問題が発生していますから。リニアでは実態がバレると、反対が増えるでしょうね。


それに立ち退き予算が10〜100倍にもなりえますから、増税議論もしないと出来なないでしょう。納期も少なくとも20年は最低かかるでしょう。
    • good
    • 0

自民党の政策に反対すると


メディアを使って悪者扱いされる

政府自民党議員はJRや関係企業から賄賂を受け取り
リニアをやろうとしている
オリンピックや大阪万博と同じ構図です

6人に1人の子供が1日3食、食べれないと言われている日本
違うところに税金を使うべきだと思うけどね
    • good
    • 0

「川勝さんが反対しているので」ではありません。



用地買収が予定通り進んでいません。

開通は10年後と言われていますよ。

「国家プロジェクトなのに川勝くんの反対でストップした」と思わせたいのです。

陰険な圧力です。
    • good
    • 1

沖縄の基地は知事が反対しても強行するのに、リニアのトンネルも強行すれば良いと思うのになんでやらないんだろう?

    • good
    • 3

>皆さんはどう考えるか?



 曲輪系企業との癒着が切れるまで?

私の知った情報では、
 「山梨県内で出る地下水は静岡県の水だ」とか
「県境付近の工事中の湧き水全量を戻せ」とか
主張して中止させていると聞いていますが、
その問題の対策をしたら 別の問題を出してきて
(自然保護の問題)
 「曲輪系企業との癒着」が、問題なのに
何故 その事を主張せず 水問題、自然問題?

 川勝知事のスポンサーが、問題あるようです。

    • good
    • 0

かつて国鉄が丹那トンネルを掘ったとき、水脈をぶち壊してトンネルの上の土地が干乾びた。


また同じことが起きないか危惧して反対してると思ってたんですが、違うみたいですね。
中国でリニアが開通する時期が確定すれば、反対するの止めますよ。どうしても中国が先に開通しないとダメって考えるみたいです。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A