生物学や農学に関する論文にヘキサンとかアセトンが時々出てきますがどういう効果があるのでしょうか?
またそのことについて知るためにどんな本を読むべきでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> ヘキサンとかアセトンが時々出てきますが


> どういう効果があるのでしょうか?

 簡単に言ってしまうと,ヘキサンもアセトンも「有機溶媒」です。ですので,有機化合物(makimaki さんの 「非水溶性の成分」)を溶かすための溶媒として使用します。

 両者の違いは,ヘキサンは極性が低く,アセトンは極性が高い点にあります。ですので,低極性の化合物だけを溶かしたい場合(makimaki さんの「脱脂」),ヘキサンを使います。逆に高極性の化合物はヘキサンでは溶けませんので,アセトンを使います。

 具体的には,お書きの「生物学や農学に関する論文」でどの様に使われているかをご覧になるのが一番だと思います。


> そのことについて知るためにどんな本を読むべきでしょうか?

 ヘキサンやアセトンの化合物としての性質は書かれた本がありますが,お書きの「生物学や農学に関する論文」に出てくる様な事は書かれていないと思います。これは実際にそれらの論文を見て,どの様に使われているかを勉強するしかないと思います。
    • good
    • 0

一般的なところで、非水溶性の成分の抽出、脱水、脱脂に使います。


クロマトグラフ等で成分分析をする時に使いますので
化学機器分析、環境機器分析等の本を読まれると良いかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアセトンについて

アセトンとCPアセトンは、違う溶剤なのでしょうか?
また、アセトンには種類があるのでしょうか?
ラッカー系シンナーに使用されているアセトンの単独での
プラスチック樹脂に対する溶解力を調べたいのですが・・・
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には同じアセトンですよ。
CAS番号(→参考URL参照)も、試薬のアセトンとCPアセトンとでは、ほぼ同じです。
ただし、純度や不純物含有などの製品規格で違いはあると思います。
(たとえば、研究者が使うであろうJIS特級アセトンは純度99.5%以上ですが、上のCPアセトンは99%以上となっているみたいです。)

調べた限りでは「CPアセトン」のCPは、リサイクル品でない合成されたアセトンを示す、記号のようです。
ちなみにリサイクル品は「Rアセトン」というらしいです。

以上、ご参考まで。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/CAS%E7%99%BB%E9%8C%B2%E7%95%AA%E5%8F%B7

Q生物系統学や生物進化学が学べる大学

系統学や生物進化学が学べる大学を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国立大学(法人)の総合大学の農学部、生物資源科学部にある生物科学などその辺の学部学科ならたいていどこでも学べます。
しかし植物系統分類学に力をいれているとか、動物系統分類学に力をいれているとか大学によって違いますので、そのように漠然と聞かれてもなかなか回答が難しいのです。
どんな分野を勉強したいのでしょうか。
自分でやってみたい分野のキーワードを見つけて(たとえば裸子植物における植物系統分類など)、それをいろいろな大学のホームページで調べるのが早いと思います。
やっぱり自分が一番勉強したい分野をやっている大学がいいと思うのです。

Qアセトンと水

アセトンで「乾燥」ができるのはどうしてですか?
(まずアセトンって何・・・?(+_+))どんな反応が起こっていますか?
そして例えば,細胞とか組織とかをアセトンシリーズで乾燥させる
ことがあるのですね。アセトンシリーズは濃度のシリーズのことですか?
具体的にどういう操作をしているのですか?

Aベストアンサー

水は沸点が高いけれども,アセトンと混和すると水もアセトンと一緒に
よく揮発するのですか?

そのとおりです。
アセトンは、極性がある(=分子内に電気的な偏りがある)ので、水分子と混和して、一緒に揮発していきます。 もっとも、あまりに水が多すぎるとその効果は厳しいですけど…

Q分子生物学やってる農学部生の就職先について

地方国立大学で植物と菌の遺伝子の分子生物学的な研究室に配属された
3年生なんですが就職先の事が心配です。
旧帝の植物病理の研究室に行こうと思ってるんですが其処は
農薬会社系の就職に強いそうです。
今いる研究室の就職先は農薬会社系に行ってる人は近年はいないようです。
植物系の食品会社とか電子部品の会社とか鉱物検査の会社に入ってるようです。
なのでどう動くべきか迷っています。
僕は農薬系の会社に行きたいです。
食品でも化学でも化粧品でも良いです。できれば研究職が良いです。
コネみたいな物は無いわけじゃないが期待はしない方が良いとの
事なので期待しない事にしました。
博士は就職無いらしいので行きたくないです。
就職あるのなら行っても良いです。
今の研究室の先輩は4人中3人が外部に行ってしまいます。
自分の興味のある研究を探している途中ですが
今の所、(1)名古屋(2)東京(3)自分の所の順番で行きたいです。
北海道の植物病理も良いですけど「窓際族」になると聞いたので
行きたくありません。
「自分の所」に入れば研究を引き続きできるし環境にも慣れてるので
具合が良いと聞いたので視野に入れています。
試験に落ちたら内部に行こうと思います。
でも農薬とか化学とかの会社に就職したいです。
自分のやりたい研究を探すのはもう少し研究内容を理解してからが
本番だと思ってます。ホームページ見るくらいしかしないと
思いますが。
学科とか分野を変えた方が良いというのなら頑張ってみたいです。
医学系とか薬学系とか農芸化学系とか。
農芸化学に行けば良いと言う先生もいました。
どうしたら良いでしょうか?

地方国立大学で植物と菌の遺伝子の分子生物学的な研究室に配属された
3年生なんですが就職先の事が心配です。
旧帝の植物病理の研究室に行こうと思ってるんですが其処は
農薬会社系の就職に強いそうです。
今いる研究室の就職先は農薬会社系に行ってる人は近年はいないようです。
植物系の食品会社とか電子部品の会社とか鉱物検査の会社に入ってるようです。
なのでどう動くべきか迷っています。
僕は農薬系の会社に行きたいです。
食品でも化学でも化粧品でも良いです。できれば研究職が良いです。
コネ...続きを読む

Aベストアンサー

>博士は就職無いらしいので行きたくないです。
実際厳しいですが、ポスドクで働き、そこを勝ち残らないと安定した職には就けませんし、有用な研究、自分のやりたい研究は出来ません。
博士の就職は厳しいからと言って博士課程前期(修士)で終える人は、一生博士の下でこき使われます。

Qアセトンを洗浄するのに一番良い化学品を教えてください。

皆さん、こんにちは、ケーブルの紫外線硬化樹脂被服を除去(剥離)するために、アセトンに6分程浸し紫外線硬化樹脂被服を浮かして除去しています。

アセトンは揮発性が高いため放置しておいてもアセトンの成分は蒸発してしまうのでしょうか?

念のためアセトンを洗浄しようかと考えていますが、どのような薬品で洗浄したら良いのでしょうか?

アルコールや蒸留水での超音波洗浄は意味が無いですか?

ご存知の方いらっしゃいましたら宜しくご教示お願い致します。

Aベストアンサー

いろいろご回答が出ていますが、質問の内容に不足部分があるため核心に至る答えが出てこないようです。
それで良いなら良いのですが、せっかく聞いた意味がないのではないでしょうか?
要点は、なぜアセトンを除去したいのか、の「理由」です。
ケーブル(被覆)がべたついて巻き取れない、アセトン蒸気がいつまでも出続ける(臭い、火気、健康に不安がある)、…umidaisuki様が「なぜ困っているのか」をお書き下さい。

Q分子生物学の論文が読めません

私はバクテリオファージのコミュニティを
解析する研究をしています。そのために、色々な
プロトコルや論文を英語で読まなければなりません。
DNAの抽出や、各種のPCR、T-RFLPなどの話です。
そこで、その際に出てくるresuspendやsupernatent,
apply(入れる)のようなこの分野ならではの英単語や
熟語を知りたいです。どのようなものがありますか?
意味と一緒に教えてください。

Aベストアンサー

私も同じく英語論文で四苦八苦してます(^^;)

私は論文読むときは『訳GO.com』を利用しています。
http://www.yakugo.com/WebHint/Quick.aspx

ある程度の用語であれば、ちゃんと出てきます。
なにより、タイプしたらすぐ表示される点が使いやすいです。


でも、やっぱりそのテの本を一冊でも持っておくことが一番いいでしょうね・・・。

Qアセトンに水和物を混ぜると水だけ溶けますか?

アセトンに水和物を混ぜると水だけ溶けますか?

無水アセトンに炭酸ナトリウム1水和物を混ぜてよく攪拌してからろ過したとします。
アセトン内に水の部分だけ溶けているでしょうか?

仮に、アセトン500mlに水15g溶けている溶液があるとして、そこに100gの炭酸ナトリウム・H2Oを混ぜよく攪拌してから濾過して炭酸ナトリウムを除去したあと、アセトン内の水は15gのままでしょうか?

どたなかよろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

アセトン500mlに水15g溶けている溶液に100gの炭酸ナトリウムを加えると、
溶けきれないので、水とアセトンが塩析します。
その時に、アセトン中に含有する水の量は一定となりますが、いくらになるかは分かりません。

>濾過して炭酸ナトリウムを除去したあと、アセトン内の水は15gのままでしょうか?
15gより少なくなります。

Q読んでおきたい生物学の本

 めでたく今年から大学に進学することになりました。大学入学までまだ一月あまりあるのでその間に受験中に読めなかった本をできるだけ読んでおきたいと思います。
 そこで、みなさんがおすすめする生物学の本はありますか?純粋な学問について書いてある本。クローンや生命等の根本的な問題について哲学的な要素が入った本などを探しています。よろしければ紹介してください。お願いします。

Aベストアンサー

貧乏学生でしたので、安い新書・文庫から、すでにご存知かもしれませんが。
生物といえば、やはり進化論でしょうということで。

スティーブン・ジェイ グールドの一連の著作
「ニワトリの歯」「パンダの親指」などなど

中原 英臣 (著), 佐川 峻 (著)
「ウイルス進化論―ダーウィン進化論を超えて」

身内誉めかつ単行本ですが、
奥野 良之助 (著)
「金沢城のヒキガエル―競争なき社会に生きる」

質問とは趣旨がはなれますが、下記は読むことを強くお勧めします。
レポート・論文を書く上で、非常に参考になります。
木下 是雄
「理科系の作文技術」

Q水中のアセトンの除去

アセトンなど水と混ざってしまう有機溶媒を、水と混ぜたのち、放置ヤ脱気などで揮発させたり、アセトンは沸騰するが水は沸騰しない温度で温めたりすると、アセトンのみを除去できたりはするのでしょうか?

ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

当然の事ながら溶媒の種類によります。
たとえば、アセトンのように水と比較してかなり沸点の低い溶媒であれば加熱することによって除去できるでしょう。
しかし、現実問題として両者を完全に分離するのは困難だと思います。

よく水道水中の微量のトリハロメタン(現実にはクロロホルム)を除去するために煮沸することがありますが、同様のことを行えばアセトンは除去できると思います。

ただし、アセトンとともにある程度の量の水も揮発させる必要があるでしょう。

Q数学を勉強するには暗算力が必要ですか。また、生物学を勉強するにはどのく

数学を勉強するには暗算力が必要ですか。また、生物学を勉強するにはどのくらい数学の知識があればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

暗算力は必要ないと思います。
生物学の場合は、数学より統計学が重要になると思います。
これは、実験系すべてに言えることです。

私は、化学系出身ですが、生化学の実験では、
簡単な微積分が出来ればいい程度でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報