今、集成材で建築を考えているのですが
無垢材との違いは、だいたい把握したのですが一般的に集成材の方が安いのでしょうか
知人に木材費が高すぎじゃないかと指摘されました。
木工事すべて集成材です。所々無垢材を使う方が安く出来るのでしょうか?
素人なもので知識が受け売り状態でいろんな情報に惑わされています
宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

材木屋です。


集成材の価格と言ってもいろいろです。
一等柱: 集成>天乾無垢
     集成<人乾無垢
役柱:  集成<無垢
桁:   集成>無垢

私的には集成材を使うのは、桁の長尺スパンの時だけです。あまり信用してないからです。接着剤にしても永久的にもつ保障なんてないものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/05/13 09:06

まず価格については乾燥不十分な無垢材との比較であれば集成材の方が高いです。


集成材と遜色がないほど乾燥した無垢材であれば無垢材の方が圧倒的に高いです。

まず木の強度は乾燥度が重要です。
乾燥しているほど強度が強い。

無垢材は必ずわれや狂いが生じます。
そして対策として背われといって初めから割を入れておくことが行われます。
この意味はお分かりと思いますが同じ太さであれば割れのある木材の方が強度はありません。

上記2つのことが理由で、ある太さの集成材と同じ強度の無垢材を使おうと思うとずっと太い木材を使わねばなりません。逆にいえば集成材は少ない木材で同じ強度を出せるということです。

集成材の歴史は意外と古く、100年以上前のから使われていました。(接着剤はレゾ系)
結構実績のある木材であり、単に集成材ではなく、その木材強度まで工業的に管理したエンジニアリングウッドは、従来の無垢材では出来なかった巨大な木造建築物まで作れるようになりました。

集成材といっても数枚を張り合わせただけですから、実は湿度の吸放出特性は無垢材と同じです。
ただ非常によく乾燥しているため、無垢材のように割れなどはほとんど発生しませんし(15%以下の過乾燥の状態だと発生することもあります)、寸法の狂いもありません。
木目を反対にすることで互いに狂いを抑える働きがあるわけです。

接着剤については実績のあるレゾであれば水分にも強く長期にわたり性能を維持することがわかっています。
初めから接着不良でなければ剥離することはありません。

最近ホルムアルデヒドを含まず生産効率の高い水ビ系の接着剤が出てきていますがこちらははっきり言うと長期安定性や水に対する耐性に不安があります。
つまり一言で集成材といっても色々ということです。

人の中には集成材で使うレゾ系接着剤に含まれるホルムアルデヒドを指摘する人もいます。ただ切断面は「線」しか外に出ませんので、実際にはホルムアルデヒドは検出できないほどしか出ていません。
それよりは天然の木材自体もホルムアルデヒドを発生しますのでそちらの量の方が多く優位差はないです。

昔の民家のように無垢の太い柱や梁を使った家というのは非常に味があって私も好きです。
ただそれにはコストが、、、、

集成材程度の価格で入手できる無垢材でははっきり言うと強度的にも耐久性もずっと落ちる住宅しか作れません。

集成材より安い無垢材を使うにいたっては、、、やめときましょう。

あとは予算と相談して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/05/13 09:04

信頼していないわけではないのですが、やはり本心では、思ってしまうのでしょう。



シックハウスに関する法律が施行されてからまだ、日が浅く、そのときに、今まで使用していた接着剤がほぼ使用できなくなり、基準に合ったものに変更になりました。10年、20年くらいは大丈夫と思っていても、やはり家はそれ以上の耐久性を望みます。30年40年と経年していくうちに、???という感じです。

違う視点から見ると、土台や1階の柱は、他に比べて湿気の影響を受けやすい部分に配置されていて、また、建物を支える上で、基礎と同等の要の部分であることはご存知の通りだと思います。

木材は、ある程度周囲の環境に順応して、調湿、調温効果があります。言い換えれば、湿気があるところにおくと湿気を吸ってしまうということです。
ムク材では、一時湿気を吸っても、その後乾燥すれば、放湿し、元の状態に戻りますが、接着剤のまくがあると、そうは行きません。

また、ムク材では、構造材に使用する部分はある程度その木でも強い部分を使用するのですが、集成材は、死節のような断面欠損部分は除去されて、良い状態の部材を張り合わせるのですが、やはり、木材の強い部分はムク材として加工、出荷され、その残り材を継ぎ合わせて作るイメージがあります。
そうすると、やはり、単価が同じであれば、ムク材のほうが良いですよね。

ただ、切っただけの材料と、切って張り合わせるのと、加工手間、接着剤、流通、どれをとってもムク材のほうが安くなりそうですよね。それが同じということは、元の木材の材料費に差があるのだと思います。

あくまでも私の主観です。
工務店によっては、集成材を主流に扱い、良質なものを安価に仕入れられるルートが有る場合もあります。

あと、地域的なものもかなりあります。
木の産地のそばだと、その木材が安く入手できるとか、JASの集成材工場が近くにあったりすれば、集成材も安くなります。また、貿易港に近ければ、輸入材が入手しやすくなります。
工務店の得手不得手、場所、環境、その他、多くの情報を判断材料として仕入れて、決めてください。

私は、木材の造る環境が好きなので、ムク材にこだわっていますが、ひとつの考えとして聞き流してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2005/05/13 09:03

集成材にも、ムク材にも、それぞれ樹種、産地、等ランクがあり、値段は一概にはどちらとも言えません。


最高級を求めるなら国産ムク材でしょうが、そのほかは、どっちつかず。集成材も良いものを使えばムク材より高価になります。

普段ムク材を使っている工務店では、修正材に対して信頼度が低く、使うのならハイランクのものと考えるのも分かります。

私は、どちらとは決めずに適材適所使い分けるのが良いのではないこと思います。

土台や1階の柱はやはりムク財を使いたいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
土台や1階の柱はやはりムク財を使いたいですよね。
とは、なぜですか?

お礼日時:2005/05/12 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q構造で使うなら集成材か無垢材か

一般に無垢材のほうがいいというのは知っています。
ネットで調べましたし、工務店巡りでも色々聞かされました。

ある工務店で、

「構造体(柱・梁)は、うちは集成材を使ってます」
「集成材のほうが、強度もあって、経年変化も少ない(伸び縮みしない)」
「コストで選んでいるのではなく、総合的に性能が良いので集成材です」
「ご希望とあらば、無垢材でもやります。値段は、10-20万高くなる程度です。だけど、お勧めは集成材」


といわれました。
隠す雰囲気もなく、割と自信たっぷりに言ったので、
少しびっくりしてしまいました。

一般には、無垢材がいいってことになっていますが、
集成材のほうが良い、って本気で言っている人いるんですか。

計測値でも、集成材のほうが強度が出るとかいう話もあるし、質の悪い無垢より
質の高い無垢のほうがいいだろうし、いろんな意見はあると思います。

一概には言えないかもしれませんが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

乾湿繰り返しによる耐久性について説明します。
集成材が盛んに使われ始めた数年前に集成材と乾燥無垢材を屋外に雨ざらしして放置したら、集成材のみに接着部分にヘヤークラックのような剥がれが認められるとの報告を複数見たことがありました。木材が濡れて膨張し乾いて縮む作用を何回も繰り返すことで接着部分が剥がれてきているのです。実際には雨ざらしにはならないだろうが、結露が発生する場所に使うと起こりえる現象です。集成材は接着部分が剥がれると強度は激減します。

Qムク材と集成材の違い

タイトル通り「ムク材」と「集成材」の違いを教えてください。
あと、「ムク」とは?

Aベストアンサー

無垢材...無垢とは自然のままとか汚れていないという意味で、要するに天然の木そのものを指します。
集成材...定義があまり厳密ではない部分がありますが、広義には無垢の木を接着剤で張り合わせたものを指します。

集成材が登場したのは大きくは2つの理由があります。
1.木材は十分に乾燥させないとゆがみが生じる、収縮するなどの現象がおきるために後に不具合となります。
  また木材の強度も乾燥している方が強度が高くなります。
  しかし木材は太いほど乾燥に時間がかかります。

2.そもそも大きな木材の入手が難しく、高価である。
  また大きな板や柱を切り出すと、端材がどうしても出てしまい無駄がある。

集成材はこの問題に対して、一つ一つの木材のサイズを小さくすることでより短時間で十分に観想させることが出来、また木目を互い違いにするなどの工夫により、そりなどのゆがみも最小に抑えることが出来ます。
また小さな端材でもそれを集めることで有効利用できるというメリットも生まれます。

集成材は色々な種類があるので代表的なものを上げると、

・柱などに使う集成材...
この中でも特に工業的に品質管理されたものをエンジニアリングウッド(エンジニアードウッドとも)と呼びます。特徴としては、同じ太さの無垢材よりも強度が強く品質が安定していることです。またコストも高くありません。
更には天然ではまず手に入らないような太い木材も作ることが可能です。これによりたとえば木製のジェットコースターのような無垢材では到底作れないようなものまでできるようになりました。

・板の集成材
これはかなり種類があります。厚めの板材を3枚ほど張り合わせたものは表面は無垢材と同等だが、より乾燥させられることと、木目を互い違いにすることで収縮方向を分散するなどして狂いも少なくて済むように出来ます。
あと、広く、長い板にするために、小さな板を多数つなぎ合わせたものも集成材と呼ばれています。


一方非常に薄いラミナと呼ばれる木を多数張り合わせたものもあります。これは代表的なものはベニアと呼ばれていて、通常は合板という言い方が普通です。(あまり集成材という言い方はしません)
住宅で良く使われるフローリング材も大抵この部類に入ります。

接着剤については1番のエンジニアリングウッドとか3層程度の張り合わせたものであれば、ほとんど化学物質が出てくることはなく心配は要りませんが、合板などですとかなりの接着剤を使用しているために注意が必要です。

無垢材...無垢とは自然のままとか汚れていないという意味で、要するに天然の木そのものを指します。
集成材...定義があまり厳密ではない部分がありますが、広義には無垢の木を接着剤で張り合わせたものを指します。

集成材が登場したのは大きくは2つの理由があります。
1.木材は十分に乾燥させないとゆがみが生じる、収縮するなどの現象がおきるために後に不具合となります。
  また木材の強度も乾燥している方が強度が高くなります。
  しかし木材は太いほど乾燥に時間がかかります。

2...続きを読む

Q【すみません至急お願いします】間柱にホワイトウッドはありですか?また間柱と管柱の違いは何ですか?

お世話になります。

在来工法で新築中で12日に上棟を迎えます。
本日現場に木材が搬入されており,納品書には
「通し柱 桧」
「間柱  ホワイトウッド」となっておりました。

工務店から請負契約時に受領した仕様書の中の構造材欄は「間柱」の文字は無く,「管柱 桧KD」となっておりました。

(1) これはコストダウンのため,桧→ホワイトウッドになったことでし ょうか?
(2) 間柱と管柱はどうちがうのでしょうか?
(3) 間柱にホワイトウッドを用いるのは好ましくないことでしょうか?
  (ホワイトウッドは悪評が多いようなので)
(4) 仮に(1)がコストダウンのためであった場合,事前に申し出があるべ きかと思いますが,上棟式間際となった状況で工務店にはどのような 対応をしたらいいのでしょうか?

着工からこれまで基礎の施工についていろいろとトラブルがありました。
そのため,工務店の費用が増加している事実は確認しております。

よくばりな質問ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プレカット工場の技術を担当している者です。

間柱は構造材ではなく、ホワイトウッドの間柱がよく使われる物との
認識は他の回答者様が言われている通りです。
地域にもよると思いますが、私が担当(東海地方)する物件では、
間柱に関して、5割以上の割合でホワイトウッドを使用しています。

なお、構造材で無垢のホワイトウッドはまず使用しませんが、
ホワイトウッドの積層材(EW材)は柱や梁として普通に使用されています。
なお、強度的にも無垢の米松材よりもホワイトウッドの積層材が上です。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qブロック塀を10m位作りたいのですが、見積もりはいくら位でしょうか?

ブロック塀を10m位作りたいのですが、見積もりはいくら位でしょうか?
ブロックは最安の一般的なもので、1段目を土に半分くらい埋めて、その上にもう1段と考えています。
自分でやろうと思ってますが、水平をだすのが難しそうなので業者さんに依頼した場合、どの位の見積もりになるか知りたいです。
簡単な土留めと考えていますが、人目につきやすい場所なので水平、垂直はしっかりしたいです。
できれば、工賃と、材料費等、項目別の見積もりが知りたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

yakisoba-様 自分で作るならそれ程手間もかからないで出来ますので挑戦してみて下さい。
真直ぐに作るのであれば、棒又は鉄棒を3~4本同じ間隔で立てて糸を張る。(手前から奥へ糸を覗き込めば真直ぐかどうかが分かる。糸の重みで途中が弛まない様に棒にテープ等で仮止めをする。又、糸を2本位張っておけば作業工程の基準となります。)
基礎地盤が大事なので、作る予定の地盤はしっかりと踏み固めて下さい。砂利を5cmくらいに引きつめる。
水平にならすのが良ければ、水平器(100円ショップにある)で所々たる木を下敷きにして測りながら砂利の地固めを行う。
基礎のコンクリート(セメント1・砂3・砂利6を混ぜた物)を流し込む。砂利から5cmくらいの高さまで流せばOK。固まる前にブロックの穴の間隔に合わせて鉄の芯を打ち込む。(安い鉄筋で良い。二段目のブロックの頭から突き出さない長さにする事。ブロック1個に対し、鉄筋2本が普通ですが高く積み上げないので1本でも良い)1日乾燥させる。
モルタルを作る(セメント1・砂2~3)。
後はブロックの四隅にモルタルを親指大に乗せて行き並べて行く。
はみ出したモルタルは竹べらや目地ゴテを使って形をととのえる。
ブロックの切断はタガネ(100円ショップ)で少しずつ傷を付けながら両側から割るとい。上段のブロックの穴に小さい草花を植えるのも良いかも。  健闘を祈る。

yakisoba-様 自分で作るならそれ程手間もかからないで出来ますので挑戦してみて下さい。
真直ぐに作るのであれば、棒又は鉄棒を3~4本同じ間隔で立てて糸を張る。(手前から奥へ糸を覗き込めば真直ぐかどうかが分かる。糸の重みで途中が弛まない様に棒にテープ等で仮止めをする。又、糸を2本位張っておけば作業工程の基準となります。)
基礎地盤が大事なので、作る予定の地盤はしっかりと踏み固めて下さい。砂利を5cmくらいに引きつめる。
水平にならすのが良ければ、水平器(100円ショップにある)で所々たる木...続きを読む

Q屋根勾配と軒の出について意見を下さい。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建材は優秀だから
問題無い」と言われました。

(1)ネットで調べると、外壁が"木造の場合"は耐久性の観点から
「最低でも60cmが望ましい」と書かれておりましたが建築会社の
言う通りサイディングの場合は25cmでも大丈夫という事なのでしょうか?

(2)知人の大工も「最低でも60cm。意匠なんかどーでも良いから軒を出せ」と
言われましたが「意匠はどーでも良い」とも思えないため悩んでおります。
機能性だけでなく意匠も考慮した場合、何cm位の軒の出がバランス良いと思われますか?

『屋根勾配について』
(3)スレート(コロニアル)のメーカー推奨が3.5寸以上となっており、建築会社も
3.5寸が良いと言っていますが、3.5寸「以上」と言う事は、以前に別の方が
仰っていた通り4寸勾配にしておいた方が良いものなのでしょうか?

大変お手数ですが、ご教授頂ければ幸いです。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建...続きを読む

Aベストアンサー

軒は長いほど良いと思います。
私が以前建てた家はコロニアルで1尺でした。
日当たりが良く南面は全て大きな掃き出しでした。
夏は地獄のような家でした。
夏は家に入ると温室のように暑かったです。
紫外線により10年で床板は傷みました。
今は瓦屋根の古い中古住宅で2尺です。
夏も涼しく外から入ると締め切っていてもひんやりしています。
冬の日差しを確保するより、夏の日差しをさえぎる事の方が重要だと思います。
日本の家は夏向きが良いと言います。
理想の軒の長さは、軒から窓の下端までの高さの1/3が良いだったと思います。
夏の日差しをさえぎり、冬の日の入る長さです。
冬の日を入れることより、夏の日を遮るちょうど良い長さだと思います。
私の家は2尺ですが、庇が低いため1/3になっています。
当然家の中は少し暗いです。
屋根の勾配もきついほど良いと思います。
天井裏も大きくなります。
汚れも雨で流れますし、良い事はあっても悪い事は無いのでは。
安く建てたコロニアルの家は暑いですよ。

Qサイズ(W・D・H)の表示順についての質問です。

サイズの表示順についての質問です。
カタログなどで商品のサイズが20×30×10などと表記されているのですが、W×D×Hの順序でしょうか?それともW×H×D? 基本的なことで申し訳ありませんが教えてください!

Aベストアンサー

幅W×高さH×奥行D が多いです。

椅子の場合は 座面の高さ SHが入ります。

テーブルは 長い方W 短い方はD 高さは H

で お打合せしてます。

Q駐車場は砂利が良いかコンクリートが良いか

両親が、家にカーポートをつけるにあたって悩んでいます。

それは、下を砂利にするかコンクリートにするかです。
コンクリートって物凄く高いようで、その金額がちょっときついので、今のまま砂利でカーポートをつけるか迷ってるみたいなのですが

駐車場は、砂利でいいのか、コンクリートがいいのか
それぞれの利点欠点、
またカーポートをつけることをふまえた意見もお願いします

Aベストアンサー

砂利の良さは防犯上の利点とコスト面です。
現状が砂利のようですから、カーポート部分だけの費用で済みますよね

コンクリートの方がメンテナンスのしやすさや追加のコストが下げられる点はあります。
ただし、既に見積もりを取られているように普通に考えれば安いのですが、追加のコストがかかります。

他にも枕木を埋めたり、敷石をしたり方法はいくらでもあります。

施工業者に総額の希望を行って、費用の中で砂利とコンクリート以外で出来る方法を提案してもらってはいかがでしょうか?

それと、カーポートと地面のどちらに費用をかけるかで考えれば断然地面にお金をかけます。
地面の状況が不安定であれば(きちんと固めない、コンクリートであれば厚みが薄い)などの状況は、後々手直しが必要になり、そのたびにコストがかかります。
カーポートはあくまで車が汚れないためと乗り降りの不便さを解消するため。シャッター付きの完全タイプなら防犯上の利点もありますが・・

建て売り物件などでも、カーポートはなくても、駐車スペースにコンクリートが打ってあるのはこのためです。
地面は車が出入りするたびに負荷をかけます。まずは土台をきちんと固めることをおすすめします。

砂利の良さは防犯上の利点とコスト面です。
現状が砂利のようですから、カーポート部分だけの費用で済みますよね

コンクリートの方がメンテナンスのしやすさや追加のコストが下げられる点はあります。
ただし、既に見積もりを取られているように普通に考えれば安いのですが、追加のコストがかかります。

他にも枕木を埋めたり、敷石をしたり方法はいくらでもあります。

施工業者に総額の希望を行って、費用の中で砂利とコンクリート以外で出来る方法を提案してもらってはいかがでしょうか?

それと、カーポー...続きを読む

Q床材の価格について

フローリングについて教えてください。
ダイケンやパナソニックなどの一般的なフローリングと、無垢のフローリングの価格差ってどの程度なのでしょうか。
延べ床31坪程度2階建てです。
無垢材の種類にもよるとは思うのですが、安いと思われるパイン材でしたら、合計でどの程度の価格差になるのでしょうか。
オークなどは高そうなので考えていません。

Aベストアンサー

こんにちはご参考までに

新築で無垢材を張るのでしょうか?
価格差は使うフローリングと使う無垢材によって全然変わります。高いフローリング(合板)より安い無垢材の方が安いですし、、それから、合板のフローリングは一般的には303mm巾長さ1820mmですが、無垢のフローリングは75mm巾長さ1820mmというものが主流です。施工性が単純計算4倍違いますので無垢材は材料費が上がるのと工事費も上がります。

単純にいいものはお金かかります。安い無垢材は合板のフローリングにも劣ります。
一般的に高価な床材(無垢)カリン・チーク等も良いものは高いく3~4万円/坪ぐらいしますが安いものだと2万円/坪しません。(材料費)それに対して一般的なフローリングは6,000~1.5万円/坪ぐらいかと思います。

ちなみにパインの無垢材では1.5万円/坪前後でしょうか?とても柔らかい木ですので良くその性質を理解してからのご選択をしてください。北欧スタイルの家でしたら良いかと思います。杉やパイン等は表面がすぐぼこぼこになる。ひび割れ等の発生率が極めて高い。床暖房・ホットカーペットが使えない等ご注意ください。

余談ですがオーク(なら)は一般的な無垢材フローリングのなかでは一番安いものとなります。(パインを一般的な床材とみなさないので、、)1.5~2万円/坪ぐらいです。

一応パインのお勧めのフローリング(無垢)はWOODONEさんのピノアース12mmパインです。
無垢材のパインをうづくり塗装により表面強化された優れ物価格は1万円強/坪程度かと、、

延べ床31坪とはいえ床材はる面積はもう少し少ないのでは?予算がないのなら一階部分を無垢材にして2階は合板のフローリングにする方が多いかと思いますが、、、

以上ご参考までに

こんにちはご参考までに

新築で無垢材を張るのでしょうか?
価格差は使うフローリングと使う無垢材によって全然変わります。高いフローリング(合板)より安い無垢材の方が安いですし、、それから、合板のフローリングは一般的には303mm巾長さ1820mmですが、無垢のフローリングは75mm巾長さ1820mmというものが主流です。施工性が単純計算4倍違いますので無垢材は材料費が上がるのと工事費も上がります。

単純にいいものはお金かかります。安い無垢材は合板のフローリングにも劣ります。
一般的に高価な床材(無...続きを読む

Q住友林業の構造材

一戸建ての新築を計画中です。地場を含めて住宅メーカーを検討中ですが、住友林業の営業の方が、地場のメーカーの構造材について、杉はダメだと悪口を言います。

住友林業では構造材は檜の無垢で、間に杉の集成材メッシュ状を組み合わせて造るので、耐久性が全然違うと言います。

でも、住友林業はホワイトウッドを使っているという噂も聞きます。檜の無垢はオプションの高級仕様のものだけに使われるものなのでしょうか?スタート坪単価が70万くらいとも聞きますが、それぐらい出したら、地場のちゃんとしたメーカーではすごくよい仕様の上等なものができます。

地場のメーカーが安かろう悪かろうとは思えないのですが、住友の営業はとても悪口をいいます。マージンの差なのでは?住友林業はそんなにすごく上等な構造材を使っているのですか?

Aベストアンサー

>住友林業はそんなにすごく上等な構造材を使っているのですか?

地場の工務店と住友林業で、同じ坪80万円で40坪、3200万円での建築をすれば、間違えなく地場工務店の方が良い(=値段の高い)国産材を潤沢に使えますよ。

構造材としてヒノキの無垢材に拘るのは真壁+漆喰仕上げの日本家屋を造る場合。

洋間+フローリングなどの大壁造りなら、国産ヒノキの集成材で充分です。

構造材の差は、案外小額ですよ。

個人的には、地場工務店の価格を基準として、住友林業と比較すると、差額分がでますので、その差額分で木製サッシ+真空ガラスをおごってやるのが一番じゃないかと思います。

住宅のガラスを全面的に真空ガラスにするのが21世紀的な贅沢じゃないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報