今、ジムに行っています。
友達と一緒にマイペースで運動しています。
エアロバイクを20分くらい負荷なしでこいでいたところエラーがでました。
脈拍が高すぎたのです(たぶん180くらい)
そのあと5分くらい休憩してから計ってみると158.
また10分くらい休憩して計ってみると150

友達は20分のエアロバイクをしている時は130くらい。
そのあと3分後で100
また休憩10分後には70くらいまで下がっています。

なにか病気がかくれているのでしょうか?
ほかの症状はないのに、病院に行ってもいいのでしょうか?

アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>ほかの症状はないのに、病院に行ってもいいのでしょうか?


kong16さんが自分自身で他の人と少し違うかもしれないと思われるのでしたら、
逆に病院に行くべきと思います。

脈拍・血管などは心臓関係ですから人の生命に直結していますので、まずは診察を受けてみて下さい。
答えになっていなくてすみません。

googleで「脈拍 下がらない -熱」で検索すると関係するかもしれないURLが出てきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q就寝時に10分くらいすると、体が突然ビクッと跳ねる

就寝時に横になって10分くらいすると、体が突然ビクッ!となって自分でもびっくりします。
胴体と脚の筋肉が跳ねる感じで痛みはありません。私は死んでしまうのでしょうか。

41歳、プログラマー、痩せ型、喫煙・飲酒・病歴なし

Aベストアンサー

入眠時ミオクローヌスとか睡眠(時)ミオクローヌスとかで検索すればたくさん、ヒットします。
原因は不明ですが、自然に改善する人がほとんどです。慣れると、起こって周りがビックリしても、本人は覚醒せず、きづかなくなります。

Q心電計の電極の色について

先日、大学の試験で次のような問題がありました。

『心電計の左足の電極の色は何色であるか?』

何色なのでしょうか。気になっています。
そしてこの問題は、何なんでしょう?
 電極の色を知っておくことに何か医学的、臨床的意味をもっているのでしょうか?それとも、教授の個人的趣味なのでしょうか?
 そのような疑問もあって、この問題が非常に気になります。

*ちなみに私は医学部の学生ではありません。講義をした先生は、医者なのですが、、、。

どなたか詳しい方、知っていらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

たしかにマニアックな問題ですね。

あなた方が臨床検査技師を目指しているのであれば、一理ある問題です。心電図の電極の色には普遍性があり、左足固有の色を知っておくと、スピーディに心電図の電極装着ができます。

そうでなければ、学生を馬鹿にした只の悪問としか思えませんが・・・。

Q心電図計の基本的な使い方を教えてください。

以下の基本的な内容を含んだ説明もしくはサイトをお願いします。

(心臓の周りに6つの端子?の両手両足に4つの端子?を取り付けるタイプの機械)
(1)何時スイッチをオンにし、どの状態でオフにするのか?
たとえば全ての端子を体に取り付けた後オンにするとか、端子の取り付け前にオンにするとか、全ての端子を取り去ったあとオフにするとか、取り去る前にオフにするとか言った事です。また、取り付け順、取り去る順番はあるのか?取り付け順があるとして、守らないと患者に対し危険なのか?正しい心電図が取れないという事なのか?機械が壊れるという意味でまずい事なのか?取り去る順番があるとして、守らないと患者に対し危険なのか?機械が壊れるという意味でまずい事なのか?

(2)クリームのようなものを取り付け場所に塗っているようだが、これの名称は?用途はしっかりと取り付ける為の役にたっているクリームなのか?通電性を高める為か?

(3)心臓周りに取り付ける6つの端子の位置は、取り付け位置の多少の誤差があっても正しい心電図がとれないものなのか?

よろしくお願いします。
m(._.)m

以下の基本的な内容を含んだ説明もしくはサイトをお願いします。

(心臓の周りに6つの端子?の両手両足に4つの端子?を取り付けるタイプの機械)
(1)何時スイッチをオンにし、どの状態でオフにするのか?
たとえば全ての端子を体に取り付けた後オンにするとか、端子の取り付け前にオンにするとか、全ての端子を取り去ったあとオフにするとか、取り去る前にオフにするとか言った事です。また、取り付け順、取り去る順番はあるのか?取り付け順があるとして、守らないと患者に対し危険なのか?正しい心電図が...続きを読む

Aベストアンサー

(1)スイッチONってのは計測を開始することですかね?
それならば電極を全てつけてからですけど。OFFは電極を外す前。
電極の貼り付ける順番は右足(ボディーアース)を最初につけて最後に外すって聞いたことありますけど、あまり気にしてません。機械が故障していて患者漏れ電流でも無い限り患者に危害を与えることは無いでしょう。
(2)名称はケラチンクリーム、ECGクリーム、カルジオクリームなどなど。全部商品名かも。私がいる施設ではケラチンクリームっていってますけど。用途は皮膚の接触抵抗を下げるとか電極を貼る位置のマーキングとか。ただ、私の後輩が行った実験では接触抵抗はあまり変わらなかったらしいが…
(3)少しぐらいなら大丈夫と思う。

Q心電計の音の変化。心拍の上昇で音が高くなる?

ふと思ったのですが、
心電計の音階の変化には意味があるのでしょうか?

ずっと一定心拍、一定音階だったけど、
半音ずつ音が高くなってくるときがあります。
(オペ中とか。)

その時、心拍が上がってるように思います。
今日、ふと思っただけなので、相関関係ははっきりしません。

音の高さに意義はあるのですか?

ご存知の方おられましたらご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同時にSpO2も測定していませんか?

その変化を音程変化にしている機器もある思います

Qあと、どの位生きられますか?

私の父の事です。

今日、正式に肺ガンであることを告知されました。
小細胞肺ガンです。
何もしなければ2.3ヶ月と言われました。
父はそのまま入院になりました。
貯金もないし、頼れる人もいません。

今のところ、お腹(超音波によると)に転移はありません。
しかし、その他はわかりません。
最低でも2ヶ月以上の入院になるそうです。

先生は、・・同じ告知をされた方で、9年も経つ方もいると・・
社会復帰された方も・・とおっしゃいましたが、

これは本人に、治療する気を起こさせるためでしょうか??
実際には、退院時にはどういう状態になると、思われますか??

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2846429.htmlさんですね?
No2で書かせてもらった者です。

とても酷な結果が出てしまいましたね。。。。
とても残念でなりません。

主治医が2,3ヶ月と先に言われたのは比較的お父様の年齢が若いという事と現在の進行度からだと思われます。
 現在、質問者さんも途方にくれるような気持ち、
これは夢ではないか、降って涌いてきた話しのような感じでいらっしゃるのではないでしょうか。
お察しするところ、お父様と質問者さん、二人で共に生活してこられたように思えます。
困惑する気持ちも重々承知の上での話しですが、
 まずは質問者さんが事実と向き合いこれからどのように二人で生きていくか、です。
既出ですがセカンドオピニオンを主治医に申し出て資料を貸し出してもらい他の医療機関のセカンドオピニオン外来を予約し他の専門医師の意見も求めてみるのもいいと思います。(料金については各医療機関によって異なります。事前に確認してみましょう)
 その結果現在の主治医と概ね診断内容も同様なようならばお父様への告知についてどうするか、という事になると思います。
この先、何の治療をするにも民間療法を試みるにしても、
「何の為にやるのか」「これをやってみる価値があるのか」等という疑問が告知されていないと当然お父様にとっては不可思議な事になってしまうわけです。
告知をした場合、お父様がこの先どうしたいか、という個人の尊重も大事にしていかなくてはならないでしょう。
 現主治医が言われるように、余命数年にわたるケースもある。
というのは現在の医学では予測不可能な場合、稀に予後を大きく良い方向に外れてしまうという事もあるようです。
しかしそれが全ての方に当てはまるという事では残念ながらありません。

 この先、病状が悪化してくると辛い話しですが質問者さんも病室へ入られるのもためらわれるようなケースも出てくると思われます。

 出来る限りお二人で時間を大事に使ってください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2846429.htmlさんですね?
No2で書かせてもらった者です。

とても酷な結果が出てしまいましたね。。。。
とても残念でなりません。

主治医が2,3ヶ月と先に言われたのは比較的お父様の年齢が若いという事と現在の進行度からだと思われます。
 現在、質問者さんも途方にくれるような気持ち、
これは夢ではないか、降って涌いてきた話しのような感じでいらっしゃるのではないでしょうか。
お察しするところ、お父様と質問者さん、二人で共に生活してこられたように思えます...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報