姉妹が店を持ち手伝っています。衣料雑貨の店です。1年半になりますが難しい状態です。色々考えて、儲けの仕組みを理解していないことに気がつきました。50円投資して品物を仕入れ、100円で売ります。利益の50円で次の仕入れをするといったいいつ儲けが出るのでしょうか。自転車操業になると思うのですが。ばかばかしいようで申し訳ありませんが商売仲間に聞くわけにも行かず、考え込んでいます。素人ですので分かりやすくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、手元にある50円で、雑貨品を仕入れます。

ここで、50円はなくなるのですが、お客さんが来て商品が売れると、それとひき替えに、手のひらに100円玉が乗っているはずです。この時点で、今度、50円の商品を二つ仕入れることができます。しかし、お金はなくなっています。二人目のお客さんが商品を買われると手のひらに100円玉があるはずです。三番目のお客さんが商品を買われるとさらに100円増えて、手のひらには、200円があることになります。しかし、仕入れた商品は売り切れたので、200円でまた商品を仕入れますと、手のひらの上にはお金がありません。しかし、今度は、4個の商品がありますから、それが売れると400円になるのです。この時点で店を閉めてしまえば、400円から最初に使った50円を差し引いた350円が正味手のひらに残っていることになります。このように、儲かるのが商売ですが、残念ながら仕入れ値の二倍の金額で売れたとしても、生活費に使ったり、店の電気代に使ったりいろいろとお金を使っていますから、このようにうまくことは運びません。
儲けるためには、仕入に50円かかるところを30円で仕入れられるようにし、また、仕入れた商品は、なるべく高く、そしてたくさんお客さんに買ってもらう必要があります。そのためには、売れるための工夫が欠かせません。また、広告費や水道光熱費なども節約できるところは節約して効率よくお店を運用しないといけません。仕入れて店頭に並べるだけで商品が売れていく時代ではありません。例えば、お店の周囲には、どのようなタイプのお客さんがいるかを調べて、そのお客さんが欲しがっているものを仕入れてくる必要もありますし、場合によっては、お客さんのターゲットを絞って、少し遠くてもやって来てくれる店にするとかの工夫が儲けの基本かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変分かりやすかったです。言われてみればその通りなのですが混乱していました。そうなんですよね。経費とか色々かかると実利益が殆どなくなるので難しいです。でも50円で始めても400円になると思ったらまた闘志が湧いてきました(笑)。

お礼日時:2001/10/03 01:54

少なくとも損益分岐点は理解しておかないと駄目でしょう。


いくら売上があっても、ある金額以上売上が無いと赤字になる点です。
本屋さんで参考書があると思いますが、参考URLでさわりだけでも見てください。
本当は線グラフにして交点を出せば一目瞭然なんだけど。

http://www.jnews.com/kigyoka/2001/kigyo0107.html

http://www2.ocn.ne.jp/~gunippan/bunseki/bunsekis …

経営学の基礎??(モデル酒店経営)
http://www.klc.co.jp/school/MAIN/04A1.HTML
    • good
    • 0
この回答へのお礼

損益分岐点などを目安に目標売上額などを決めるのですね。適当にこれくらいと言う感じだったので、良くなかったかも知れません。縁で突然始めた店とはいえ、1年半も立つのにこれでは少し勉強不足でした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 02:20

商売には、利益を計算するのに2つの方法があります。



一つは、売上から仕入れを引いた利益です。
50円で10ヶ仕入れれて100円で10ヶ売れば、1ヶ当たり50円の利益で10ヶで500円の利益があります。
ここで、売れた代金500円でつぎの仕入れをしていきます。
これをうまく回転していき、その利益からお店の経費(家賃・電気代など)を引いたものが、純利益です。

もう一つの方法は、現金の流れだけで考える方法です。
先ほどと同じ例で見てみます。

50円で10ヶ仕入れれて100円で10ヶ売れば、1ヶ当たり50円の利益で10ヶで500円の利益があります。
ただ、5ヶしか売れないと、250円の利益で、5ヶは在庫として残り、それを売ったときに利益が実現します。
つまり、仕入れたものが全部売れないで、在庫として残ってしまうと、利益の実現が後になり、その在庫が売れるまでは次の仕入れが出来なくなってしまいます。

このために、最初にぎりぎりの資金ではなく、在庫分の資金を用意しておかないと、自転車操業が止まってしまうのです。
これが、利益があるのにお金が無いという状態で、黒字倒産と云います。

結論として、仕入れたものを売ったときに利益が出ますが、在庫があると、利益は現金として残らず、在庫として残るのです。
仕入れたものが全部売れたときに、全部の利益が実現して現金で残ります。

下手な文章で、判って頂けたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。何も知らずに始めた商売なので、確かに在庫のことも考えた資金の準備がなかったかも知れません。更に売り上げも悪いので「黒字倒産」にはなりませんが。皆さんに書いていただいて、回転が大切だと分かりました。数を売って、次を仕入れる。すると利益が生まれるんですね。単純に売れば利益が生まれるとしか思ってなくて深く考えたことがなかったので、バカみたいな質問で申し訳なかったですが良かったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 02:16

50円でものを仕入れて、100円でものを売った場合の考え方です。


PL(損益計算書をわかりやすく簡単にしてます。)

この場合、50円を1割の利子で銀行から借りて、100円でものを
売った場合を例にとっています。
売るために、電器代や人件費など30円かかったとします。


        売上----100円
        原価---- 50円
―――――――――――――――――――
     売上総利益---- 50円
販売費及び一般管理費---- 30円←ものを売るために必要な所謂経費
―――――――――――――――――――
      営業利益---- 20円
     営業外損失---- -5円←50円のものを買うのに1割の利子で
                   お金を借りた場合の利子
                   (50円が自分の元手ならかからない)
―――――――――――――――――――
      経常利益---- 15円
        税金----  7円
―――――――――――――――――――
     税引後利益----  8円


つまりこの8円が自分の手元の残る本当の利益です。

そして100個のものを売ればこれが100倍になります。
この回転をうまくやっていくのが商売です。

現金商売(小売りなど)の場合は、
仕入れ業者に払うお金は1ヶ月後で、
お客さんからは売ったその瞬間にお金をもらいます。
このズレをうまくいかして
経営をしていくのが資金繰り(キャッシュフロー)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくありがとうございました。仕入れが買い掛けになるのは意味があったんですね。50円で仕入れたものの純利益が8円とは・・・。商売って大変です。個数をたくさん売るのが大切で基本なのだとあらためて気づきました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 02:06

手持ち50円からはじめましょう。



50円で商品を仕入れます。手元に残るのは50円の商品ですね。

100円で売って、50円分また仕入れます。手元に残るのは50円の現金と50円分の商品ですね。
この50円分の商品があなたの儲けです。

なんか納得できないでしょうが、商品も現金と同じ資産と考えるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経理の方も実は私がやっているのですが、混乱してました。確かに50円の商品が残るんですよね、そしてそれがまた100円で売れる。それを忘れてました。経理担当者がこれだから儲からないのかも・・・。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 02:00

説明をわかりやすくできるかあんまり自信ないですが・・・。



例えば最初50円の品物を100個仕入れたとすると、5000円かかりますよね。
お店に商品を置かないわけにはいかないので、常時お店に商品は置きますよね。コレは最初に投資すると考えてください。お店をやめるときにはそれを売り切ってしまえばよいのですから。

で、その商品を1個100円で売ると50個で合計10000円。この中から、次の商品のために、50円でまた100個かうと、残りが5000円。コレが儲けです。うまく回転して、商品が売れれば売れるほど、この繰り返しになりますよね。そのたびに、売った数だけまた次の商品を買って、残りが儲けとなりますよね。実際は、全て売り切ってしまうと、お店がカラになってしまうので、30個売れれば、3000円入り、そこから、また30個を1個50円で買いなおして、残りの1500円が儲けとなるわけです。最初の50個分はやめるまでは、帰ってこないものだと考えると、多少考え方が楽になるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさにその通りでした。ありがとうございました。そうですね。やっぱり儲けは出るんですよね。考え込みすぎて混乱してました。毎回少しずつ儲けが出るから、やはりたくさん売れば大きな利益になるのですね。

お礼日時:2001/10/03 01:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q標準操業度と基準操業度の違い

お世話になります。
工業簿記の製造間接費について理解できない箇所があります。

具体的には、標準操業度と基準操業度は何が違うのかが解りません。
というのも、テキスト(サクッっとうかる日商2級工業簿記)には、
標準操業度:当月投入分を作るのに必要な標準作業時間
基準操業度:年度はじめに予算を立てるとき見積もった作業時間÷12
(操業度=作業時間とした場合)
と記載されておりますが、標準操業度=基準操業度と思えてしまうため
あえて分けて計算する主旨が理解できません。

つまり、
「年度はじめに予算を立てるときに見積もった作業時間÷12」であれば
「当月投入分を作るのに必要な標準作業時間」であり、
また、
「当月投入分を作るのに必要な標準作業時間」×12であれば
「年度はじめに予算を立てるとき見積もった作業時間」
であると思うのです(論理的には同値かと)。

とはいえ、類書を見回しても、両者は同じような説明で明確に
分けられており、問題集でも当然のごとく、シュラッター-シュラッター図
で解説をされているため、上記のような私の認識が間違っている
と考えております。

大変恐縮ですが、誤認してる点、そして、それゆえ、
「標準操業度と基準操業度は異なるもの」であるかをご教示
頂きたく存じます。

是非とも、お知恵の拝借をお願いいたします。

お世話になります。
工業簿記の製造間接費について理解できない箇所があります。

具体的には、標準操業度と基準操業度は何が違うのかが解りません。
というのも、テキスト(サクッっとうかる日商2級工業簿記)には、
標準操業度:当月投入分を作るのに必要な標準作業時間
基準操業度:年度はじめに予算を立てるとき見積もった作業時間÷12
(操業度=作業時間とした場合)
と記載されておりますが、標準操業度=基準操業度と思えてしまうため
あえて分けて計算する主旨が理解できません。

つまり、
「年度はじめ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

予定配賦率とは実際原価計算における、製造間接費の配賦率を言います。
標準配賦率とは標準原価計算における、製造間接費の配賦率を言います。

では、なにが違うのかというと
操業度の消費量(時間)が実際であるか(予定配賦率)、標準であるか(標準配賦率)という点です。

予定配賦については、製造間接費の配賦率にかぎらず、材料費、労務費についても同様です。


実際原価計算とは

財貨又は用益の実際消費量をもって計算した原価を言います。

当月投入において、材料を何kg消費していようと、労務費の作業時間に何時間かかっていよう
と製造間接費において何時間操業していようと考慮していない。 ということです。

問題集があれば見てもらえばわかると思いますが、予定配賦(予定価格)を使用した場合
には、当月投入における消費量は、すべて実際の消費量ですね。
製造間接費でいえば、消費量は操業度です。

※当月投入そのままの操業度(消費量)は、本当に適正(標準的)ですか?
 ということを考慮していませんね。

実際の操業度に対して(当月投入の中に無駄があっても)、予定配賦率を乗算して計算します。

この点において、実際と実際の比較を行っていることになるため、原価の無駄を排除する
という観点において、合理性を欠きます。


標準原価計算とは

財貨又は用益の消費量を、科学的・統計的調査に基づいて能率の尺度となるように
予定し、かつ予定価格又は正常価格をもって計算した原価を言います。
(ここでいう予定という言葉に惑わされないでくださいね。)

 当月投入 × 原価標準(標準価格 × 標準消費量)

当月投入における、材料について標準的な消費量を求め、労務費について標準的な
作業時間を求め、製造間接費について標準的な操業度を考慮したうえで、それぞれ
標準価格ないし、標準配賦率をかけて計算します。

製造間接費における標準配賦率は標準操業度(当月投入 × 標準消費量)に乗算して計算
します。

従って、差異分析においても、標準操業度と実際操業度の差異が発生しますね。
予定配賦率では、この差異は発生しません。
当月投入における操業度が能率的であったかどうかは無視されています。

標準原価計算においては、材料費、労務費についても同様に、消費量について差異が発生します。


計算の過程において、消費量が実際であるか、標準であるかが大きな違いです。
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

予定配賦を行っていても、消費量が実際である以上、実際原価計算といいます。
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

予定配賦率はあくまでも実際原価計算上の、製造間接費の予定価格を使用した配賦であり、
標準配賦率は、標準原価計算における、製造間接費の標準的な消費量が考慮された標準操業度
に乗算するものです。                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


何かあれば補足してください。
それでは、頑張ってください。

こんにちは

予定配賦率とは実際原価計算における、製造間接費の配賦率を言います。
標準配賦率とは標準原価計算における、製造間接費の配賦率を言います。

では、なにが違うのかというと
操業度の消費量(時間)が実際であるか(予定配賦率)、標準であるか(標準配賦率)という点です。

予定配賦については、製造間接費の配賦率にかぎらず、材料費、労務費についても同様です。


実際原価計算とは

財貨又は用益の実際消費量をもって計算した原価を言います。

当月投入において、材料を何kg消費していようと...続きを読む

Q仕入れの明細書より請求書の方が何故、数円安い?

仕入れの明細書の税抜きの合計金額と請求書の税抜きの合計金額は同じです。
しかし、請求書の方の税額がいつも数円安いのです。
もちろん、請求金額の方が少し、安いのですから、問題はないのですが、
その理由がわかる方はいらっしゃいますか?
全体に対しての税と、個々に対する税の合計は、違いますか?
どなたか、わかる方、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

仕入の明細も請求書も税抜きで,しかし請求書の方が何時も税額が数円安い?質問者は上記の訳を理解できますか?

一応仕入れと消費税について書いておきます。
(1)仕入原価  1000
(2)仕入税額    50
(3)マージン   300
(4)マージン税額 15
 合  計    1365

お客へ売る  1365

上記のようになっているので計算の時に消費税の小数点以下の端数の計算の時の切捨・切上げ・四捨五入の時の扱いで金額が違うのだと思います。消費税の計算は切捨てだから注意しれね?

Q一般的に「1,000円未満切り上げ」と言うと、1,800円も1,005円も2,000円になるでしょうか?

いつもお世話になってます。

仕事上で普段よく使うのは「切り捨て」ばかりです。

例えば「1,000円未満切り上げ」と言うと、
1,800円も1,005円も2,000円にすることでよろしいでしょうか?

一般的に(普通解釈)として。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい。そうです。

私の知っているケースでは
会社の給料の残業代は、多くの場合、例えば100未満は切り上げです。
(切捨てにするという、一部、例外の会社もあるようです。過去の、ここの質問で見たことあります。)

今の総額表示になる前の消費税表示ですと、多くのスーパーでは、1円未満切捨てでした。

つまり、
一般社員、一般市民に損がないようにしているのが常識のようです。

Q製造間接費の操業度差異

次の簿記問題の操業度差異の答と計算方法を教えてください。
(問題)
次の資料より(1)直接原価計算方式による損益計算書、(2)全部原価計算方式による損益計算書を作成しなさい。また、(3)直接原価計算の営業利益に固定費調整を行って全部原価計算の営業利益に修正しなさい。
(資料)

1.当月の生産・販売データ
 月初仕掛品量   0個  月初製品在庫量 400個
 当月投入量 1800   当月完成量  1800
   計   1800個    計    2200個
 月末仕掛品量   0   月末製品在庫量 200
 当月完成量 1800個  当月販売量  2000個
2.当月の原価資料
 (1)月初製品:直接材料費960万円、直接労務費640万円、変動製造間接費480万円、固定製造間接費720万円
 (2)直接材料費(変動費)4500万円
 (3)直接労務費(変動費)3060万円
 (4)製造間接費実際発生額
    変動製造間接費2250万円、固定製造間接費3420万円
 (5)実際販売費および一般管理費
    変動販売費1760万円、固定販売費1580万円、一般管理費1020万円
    一般管理費は、すべて固定費である。
3.製品1個あたりの売価 20万円
4.製品の倉出単価の計算方法は、先入先出法による。  

次の簿記問題の操業度差異の答と計算方法を教えてください。
(問題)
次の資料より(1)直接原価計算方式による損益計算書、(2)全部原価計算方式による損益計算書を作成しなさい。また、(3)直接原価計算の営業利益に固定費調整を行って全部原価計算の営業利益に修正しなさい。
(資料)

1.当月の生産・販売データ
 月初仕掛品量   0個  月初製品在庫量 400個
 当月投入量 1800   当月完成量  1800
   計   1800個    計    2200個
 月末仕掛品量...続きを読む

Aベストアンサー

 この問題は、操業度差異を求める必要はありません。
 直接原価計算による損益計算書を作成し、固定費調整を行い、全部原価計算による当月の営業利益まで示すには、売上高→変動売上原価→変動製造マージン→変動販売費→貢献利益→固定製造原価→固定販売費及び一般管理費→直接原価計算ベースの営業利益→固定費調整→全部原価計算ベースの営業利益 の順に求めていけば良いわけです。

Q操業度分析

食品メーカーで経理をやっています。
現場の人向けに工場のラインごとの操業度分析をしたいのですが、どのような分析をするのが効果的なのか思案しているところです。
予算操業度と実際操業度を比較することぐらいしか思いつきません。ひと工夫して効果的な分析資料をつくりたいのですが、どのように分析をしたらよいものでしょうか?

Aベストアンサー

分析化学・分析的定義・分析哲学・分析判断。左記を少し紐解いて構想する手があります。しかし分析資料を作るとなるとなかなか決まらないのが私の体験です。

私はこのように考えるようにしていました。先ず実際操業度をシビアに検討して,予算操業度を試作的に作成して実際操業度から見てラインごとに経費節減を得るにはどうしたらよいか?そのためには創意工夫をしたら,或いは改善したらとか,時にはラインの皆さんに改善提案をさせて優秀なものは取り入れる。優秀なものには賞を与えるなどのさまざまな考案をしました。

稼働率=操業度を工夫するにはラインの皆さんの知恵も借りては如何かと思います。私も食品会社で上司からの罵声を浴びながら四苦八苦して考えた時代があります。参考になればよいのですが,頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報