あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

海外滞在中の者です。
こっちの過剰冷房に毎年悩まされています。上着を着て帽子をかぶってスカーフをしてストッキング、厚手の靴下、という姿でも寒くなるのです。
で、周囲を見渡すとノースリーブに裸足でサンダル、で平気そうな人たちばかりだから頭に来ます。たまにあまり効いてなくてほっとしていると、必ず「冷房もっと強くして」という人がいて、怒り心頭です。

こっちの人で、日本に行ったことのある人に言わせると「日本人は暑くても平気でいる。冷房も高めの温度に設定してあって、こっちは暑くてかなわなかった」ということです。

私のいる国(中東方面)だけでなく、話しに聞くところでは、東南アジアなんかでも、冷房のあるところではすごく強くしているとのこと。日本では省エネや環境問題を意識して適性温度の微調整がわりと徹底してると思いますが、海外ではそんなこと全然お構いなしなのでしょうか。

で、日本以外の国での冷房事情をいろいろ知りたくなりました。海外での経験で思い出すこととがありましたら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

台北在住です。

もうこっちは長いのですが、この過剰冷房だけは慣れることができません。夏の外出は長袖カーディガン必須です。しかし、外は室外機の排気により気温がさらに上がるため、この室内外の温度差にまいってしまいます。私は夜は扇風機だけでも平気なのですが、こっちの友人には信じられない!と言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。まだ閉め切らずにいて良かった・・

> もうこっちは長いのですが、この過剰冷房だけは慣れることができません。

同感です。ANO.7の方のお礼にも書きましたが、同じアジア人でこの違いって何なんだろう、と思ってしまいます。

お礼日時:2005/06/18 03:21

タイも冷房が凄まじいです。


 ・映画館
 ・デパート
 ・長距離バス

どうも高級になればなるほど、冷房が強いという傾向がありそうです。長距離夜行バスで乗客のほとんどが寒がっていたこともあり、「少し冷房を弱めて」とお願いしたのですが、「冷房も運賃に入っているので、それはできない」と断られました。
震えるぐらい冷やすのは、サービスのようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。

> 震えるぐらい冷やすのは、サービスのようです。

という考えがあるみたいですね。こっちは大迷惑なのに! でも冷房を弱めることを断るなんて、きっとバスの乗務員は自分は寒さを感じていないからなんでしょうね。欧米人とのあいだに体温差があることは認めても、同じアジアでこの違いってなんなんでしょう?

お礼日時:2005/06/18 03:17

2月に台湾に行った時のことです。


乗り換えの関係で空港で一夜を過ごしたんですが、冷房がガンガンにかかってて本当に寒かったです。

いくら台湾とはいえ、2月に冷房は必要ない・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>いくら台湾とはいえ、2月に冷房は必要ない・・・。

ですよねえ。こっちでも冷房を入れ始めるのは、2月なんです。ビックリするのは冷房と暖房の混在。建物家の中は寒くて暖房が入っていたのに、日中、ちょっと暑くなるとバスの中はガンガン冷房が効いていたりします。暖房か冷房か、どっちかを入れないと落ち着かないのでしょうか?

お礼日時:2005/06/07 15:51

オーストラリアでもそうでした。

バスの中とか冷蔵庫?と思うぐらいの寒さで、毛布にくるまる私の横で地元の人はノースリーブで冷たいジュースを飲んでたりしました。ちなみに家の冷房は○度という設定がなく、オンかオフのみ!オフだと暑いんですけど、オンだと寒すぎなんです。聞いたところによればヨーロッパの人達はアジア人に比べて体温が1,2度高いそうです。
カナダでは暖房や電気が一日中つけっぱなし。電気代がすごく安いそうです。私も海外滞在中で、ついさっき日本の小泉首相が省エネのためノーネクタイ運動をしているのをニュースで見ました。こっちのニュースキャスターの人は個人的な感想を言うとクビになるんですが、それをみてニンマリ笑っていた顔が省エネに感心・・・というより「こんなちょっと省エネしてかわいいわね」って感じに見えました。日本だけががんばってるんでしょうか・・・^^;。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ちなみに家の冷房は○度という設定がなく、オンかオフのみ!

わかりますこれ。こっちでもあんまりくどく「寒い」と言うとガチャン、と切っちゃうんですが、止めなくてもいいのになあ(どうせまたすぐ、暑いと苦情を言う人が出る)、と思います。個人的には何でも日本が良い、と言うのは好きではないんですが、こういう面では、日本の良さを再認識しちゃいます。

>カナダでは暖房や電気が一日中つけっぱなし。電気代がすごく安いそうです。

他国のことをとやかく言うのは失礼かも知れないけれど、少し認識を改めて欲しいですよね・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/05 15:49

ハワイ在住です。



こちらも建物の中はいつも冷房を強くしていますね。
だいたい年中気温が高い場所なので、Tシャツ、単パン姿やアロハシャツで過ごしているから、ほどほどの冷房で大丈夫と思うのですが、どこでも強い冷房が目立ちます。

外で強い日差しにさらされて、中で強い冷房で冷やされると身体によくないですね。

そういえば天気の悪い、涼しいような日でも外国人は海やプールに平気で入っていたりしますが、外国の人は日本人と体感温度が違うのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハワイもですか・・。
のんびりとした南の島のイメージから、冷房でひえひえしたイメージに変わっちゃいそうです。

>外国の人は日本人と体感温度が違うのでしょうか?

本当にこれ、謎ですよね。冷え性なんて言葉は日本以外にはないのか? こっちでも、涼しいような日でもわりと薄着の人が多い感じなので、暑がり(寒さに強い)なのかなあとも思っていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/05 15:40

フィリピンへ仕事で10回以上行っている半導体製造会社の社員です。



あっちでも冷房は寒いくらいにしてありました。
ホテルの部屋は私が弱くしていてもルームサービスが目いっぱいに強くしていくのです。
通勤の車もドライバーが強くしていて私が「弱くしろ」と言うまで弱くしません。

さすがに会社では半導体製造工程なので、25度できっちりと管理してますので過ごし易いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。
そうなんですよね・・。冷房を目いっぱい入れることをサービスと勘違いしているのかなあ?と思います。以前バスで、各席にある頭上の冷房の排気口(?)を閉じていたら、運転士がわざわざ見に来て開けようとしたことがあります。「冷房は不要だから閉じているんだ」と言ったら、「料金はちゃんともらってるんだから遠慮しないでいいんだよ」という返事でした。とほほ。

お礼日時:2005/06/05 05:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「寒い!」と、感じる曲や歌。

『真冬日』が続く北海道地方で御座います。

普通なら、「暖かくなる」曲を、と書きたいところなんですが、この際「ひねくれモノ」に成ります。

★『寒い!』、『寒くなる』

そんな曲や歌を教えて下さいませ。

「声が不気味で、寒くなる」
「歌詞が変だから、寒くなる」
「ストレートに、寒さを感じる」
など、一言「寒くなる理由」を書き添えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

音もメロディーも冷たく美しいです。

陰陽座 - 氷の楔
http://www.youtube.com/watch?v=Hw7J45-Z9nI

Qニダーが友達になりたそうにこっちをみています。 お友達にしてあげますか? いいえ いいえ http:

ニダーが友達になりたそうにこっちをみています。
お友達にしてあげますか?


いいえ いいえ
http://img.news-us.jp/fuckorea/fabyooon.jpg

Aベストアンサー

はいはい、こんなニダー様とは、お友達になるのはお断りです。

★本当は「日本人」の犯罪じゃない犯罪ニダー↓
https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/68.html

○チャイナ様か、北の金豚様にお願いするアルニダ!

Q29度の設定温度でも冷房とは?

寝室のエアコンはシャープでプラズマクラスター付です。 先日から27度の微風でベッドに入ったら
寒くて眼がさめました。
それ以来、29度か30度の微風にして丁度快適な眠りに入ります。
でも不安になるのは29度、30度の冷房に設定して眠ってもエアコンに無理はありませんか。
こんな温度が冷房なんて信じられません。

Aベストアンサー

Offにしたら、35℃とかになるかもしれないところを、しっかりと働いて30℃や29℃にしているので、れっきとした冷房です

どんな温度に設定しようが、エアコンには無理はありませんよ

設定が低すぎると、寒かったり電気代が高くなるだけです

QAUのパケット料金請求額が急に上がって困っています。2009/11月現在、自分以外にも同じ経験されている方いますか。

AUパケット料金が急に跳ね上がりました。私は、インターネットをみることがないので、それ以前パケット料金は毎月100円前後でしたが8000円位の請求。その後も月4000円前後が続いています。AUに電話し一定の手続きを踏んで、明細を出してもらいましたが、こどももさわれないありえない日付のものもありました。eメールも月数回、写真もほとんど送ったり受け取ったりありません。auには連絡して、調べるとのことですが…。どうなってるのでしょうか。小額とはいえ腑に落ちません。現在同じ経験されている方いますか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

似たような質問がありました。
AUの料金システムはおかしいのかも

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5452872.html

Q冷房とドライ(再熱除湿タイプではない除湿)の違いがいまいちわからないの

冷房とドライ(再熱除湿タイプではない除湿)の違いがいまいちわからないのですがドライって弱冷房除湿なんですよね?使用すると2、3度温度が下がってしまう。だったら冷房で27度または28度くらいの高めの温度設定で使用するのとドライを使用するのとほとんど同じなのでは?と思っているのですが実際どうなのでしょうか?。

Aベストアンサー

まず 普通のドライはおっしゃるとうり弱冷房です
冷房で27度だとなぜNGか、
それは室内の温度が27度以下であると冷房運転を停止する為に
除湿ができないから、

で、弱冷房がなぜドライなのか、
これは少し難しい話になりますが 蒸発器コイルのバイパスファクターに関係があります
熱交換器を通過する空気が熱交換器のフィンに触れ、露点温度以下になるので除湿されます
この際、すべての空気が熱交換器と触れ合うわけではありません スルーして
しまうものもあります できるだけ多く熱交換器と触れ合うにはフィンのピッチを細かく
するか通過す売る気流速度を下げる必要があります フィンピッチは固定ですから
弱冷房にすればこれが適います よって弱冷房=ドライなのです

再熱ドライとはこの除湿され冷却された空気を加熱する事によって
寒くないようにしたものですがこれは元々 産業用の空調システムとして
湿度制御をする為にあります 
ルームエアコンの場合 加熱源に制約があるので
いわゆるなんちゃって再熱とも言えます

期待するほどのものではないことを付け加えておきましょう

Q寒すぎる冷房

教えて下さい。
最近(1ヶ月以内)に転職をした会社の環境です。
私の通う会社は、暑がりの男性上司が多い会社です。
そのため社内の冷房は20℃~22℃くらいに設定されています。

私の席は社内でも一番暑がりの上司に近い事もあって冷房直下…。
カーディガンを羽織ってストールをかけてもまだ寒さを感じます。
とくに防ぎようのない手元などは痛さを感じるくらいです。
社内にもこの寒さに耐えれクーラー病にかかっている方までいるそうです。

このエコの時勢にはずれて堂々と20℃~22℃を保つ会社なので、少し旧式な感じの会社…。
私は入社したばかりで、寒すぎることも伝えられずにいます。
改善に良い方法をお持ちの方がいたら、お知恵を貸して下さい!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.team-6.jp/try/coolbiz/
政府が行う「チーム・マイナス6%」プロジェクトの内容ですが、
「温室効果ガス削減のために、冷房時の室温を28℃に。そんなオフィスで快適に過ごすため、2005年の夏、スタートしたのが「COOL BIZ(クールビズ)」とサイトにあります。

これに準じるのが会社のあるべき姿です。
質問者さんの会社は十年以上前の企業です。
これが政府及び日本の方針である以上、20度などあり得ません。
朝一番は暑いので仕方がありませんが、原則28度になるよう
提案を総務部がするべきです。

Q会社の冷房で暑い人と寒い人がいます。暑い人は服の脱ぎようがなく(制服を

会社の冷房で暑い人と寒い人がいます。暑い人は服の脱ぎようがなく(制服を脱げない)寒ければ中に着込むなり羽織るなりできますが毎日、暑い人と寒い人で冷房の温度と風量の設定で大変気まずいです。暑い人と寒い人どちらを優先すればよいでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

答えは簡単で難しく考える必要は有りません。

熱いと感じる人と寒いと感じる人がいる場合は、暑い人の体調に合わせて低めの温度設定にするのが常識です。

寒いと感じる人は、上着を着る、厚手の靴下やタイツ、厚手の下着や膝掛けなど、いくらでも調整は可能ですが、熱いと感じる人の場合は、女性がブラジャーだけになったり、男性がステテコ一枚になって仕事をする事は常識として出来ません。

寒すぎて体調を崩すという人の場合は自分で工夫すればいくらでも調整が可能ですが、暑さに弱い人は調整に限界が有り体調不良を起こす可能性がありますので、大勢の人間がいる場合は熱がりの人に合わせた温度設定にしなければいけません。

この場合には、太っているのが悪いんだとか、自己管理の問題だとか、みんなが寒いのに暑がっているのはお前1人だ、などの個人攻撃や多数決の論理は通用しません。

法律的に見ても調整可能な方の人が、調整が困難(不可能)な人にあわせると言うのが常識だそうです。
(テレビの法律の番組で複数の弁護士の先生達が全会一致でそう言っていました)

Q夏の「異常気象」 もう毎年では?

お世話になっています。

この時期になると、「毎年、例年にない猛暑」「異常気象」といったアナウンスがありますが、
処暑以降も35度以上の猛暑日が続き、9月半ば過ぎ(ほんとうに彼岸頃まで)まで30度超の暑さが続くのはもう毎年な気がします。
たしか、2010年は130年ぶりの記録的暑さという報道がありましたが、その水準がキープされているのではないでしょうか…
先日発表された今後3ヶ月予想でも、9月は暑いと断言していました。もはや9月は夏なのでしょうか。
それとも、これでも毎年が異常気象で、「平年並み」の気温に戻る夏がくるのでしょうか…
本当に、思考停止しそうな暑さです。

Aベストアンサー

 気象用語で「平年」とよく使われます。
ちなみにこの平年とは
「西暦年の一の位が〇である年が終わるごとに、それ以前の30年間分を算出する。たとえば、1961年から90年までのものを2000年まで用い、10年ごとに更新する。」

 ってことなので、今現在(2012年)の「平年」とは1981年から2010年までの平均値を使うので、比較的「現在」に近い数字だと思います。この数字は2020年まで使われることになります。

 ということは、2010年のときの「平年」とは1971年~2000年までの平均値なので、すでに40年近く~10年も前の古い記録を使っていたことになります。2010年の時点で10代~20代の人が「平年よりも暑いんだって。やっぱ異常気象だと思った」なんて言葉を使ってたとしたら、まだ生まれてもないころか、10代の頃の気温を知ってたというおかしな話になります。

 もう一度書けば2010年の時点で平年よりも気温がめちゃ高かったとすれば、その平年とは1971年から2000年までの平均値が平年なので、差があって当然だと思います。しかし、2012年の予報が平年並みとすれば、其の平年とは1981年から2010年までの平均値なので、納得してしまうんですね。

 なので質問者さんがおっしゃるところの「平年並み」は暫く続くと思います。現在の平年とは1981年から2010年までの平均値ですから。

 

 気象用語で「平年」とよく使われます。
ちなみにこの平年とは
「西暦年の一の位が〇である年が終わるごとに、それ以前の30年間分を算出する。たとえば、1961年から90年までのものを2000年まで用い、10年ごとに更新する。」

 ってことなので、今現在(2012年)の「平年」とは1981年から2010年までの平均値を使うので、比較的「現在」に近い数字だと思います。この数字は2020年まで使われることになります。

 ということは、2010年のときの「平年」とは1971年~2000年までの平均値なので、すでに40年近く~10...続きを読む

Q冷房による関節痛

私は20歳なのですが、最近、冷房による冷えのせいか腕の関節が痛くなります。
自分の家の室温は自分で調節できるので問題ないのですが、大学の講義室は、学校側が管理しているため、寒く感じるほど冷えていても、どうしようもありません。
ですので、講義室内や部屋の中では厚着をするようにしているのですが、一度痛み出すと、体を温めてもなかなか痛みが引きません。生活に支障が出るほどの痛みではないのですが・・・。
一度病院へ行った方がいいのでしょうか?
受診するとしたら何科を受診すればいいのでしょうか?同じ経験をされた方・お詳しい方、是非教えてください。

Aベストアンサー

38歳女性です

職場に100キロ級の暑がりがいて…冷房18度…冬は暖房を切って窓を開ける…という感じでした

寒さから関節痛時々おきます、ひどいと寒すぎて意識が遠退きます(冬山に遭難して「寝るな、寝たら死ぬぞ」というシーンを見たことがありますが、寒くて意識が遠退くのです)

内科に相談したら「クーラー病ですね、霜焼け用の血液の循環が良くなる薬を出します」と投薬をうけました

いまだにクーラーにあたると骨のずいまで冷えて具合が悪くなります

クールビズの職場ですが、クールビズのクーラーでさえ寒いと感じます

主人は自律神経が調整出来ていないのか?と言われます

この時期クーラー攻撃辛いですよね…お大事になさってください

Qここまで要求することは過剰か? (長文です)

 直接会って・或いはメールで、自分の趣味の話しかしない友人A(つき合い10年程?)がいます。Aの趣味は私の専門ではないものの「嫌いではな」かったので何とか話を合わせられていたのですが、いい加減食傷気味になり、少しは私にも全く別の趣味があることを思い出して欲しいと思うようになって話題を振りました。が、完全無視が長く続きました。
 1度すったもんだした挙げ句何とか、私が振った「Aの趣味以外の話題に」もAは気をつけてくれることになりました。但し、どうもAの解釈は「私の趣味の話題に」気をつけてくれるということではなかったらしいのです。
 その後のつき合いで、Aの行動は大筋で変わりませんでした。私が(メールの大部分はAの趣味の話でそこに1段落だけ)敢えて毎便自分の趣味を書いていたのに対し、Aからレスが来たのは数える程(実を言うと、記憶に残らない位)で、私がメールを見る度に黙殺された気分を味わい続けて更に1年近く経ちました。或るとき、それまでも「敢えて」何度も書いてきた私の趣味○○の話を書いたところ「○○って何だっけ、と一瞬考え込んでしまった」という返事が来ました。私が本格的にキレて、もうこれでAとのつき合いは終わっても良い覚悟で「結局ご自分の趣味だけなんですね……」と書き送り、悶着が再燃しました。
 Aの言い分は、
「自分の送ったメールと全然関係のない話を振られてもなあ、と困惑していた。mataauh1madeの振った趣味は、自分の趣味には今後も先ずならないだろう事柄で、それでもある程度反応したはずだ。それに対し『黙殺』とまで言われるのは切ないものがある」でした。


 さて、以下が質問です。
 私がカチンと来たのは、上記「1度したすったもんだ」の後のことを、

>>一通りのことにお返事
>>しないと怒られるということが分かったものですから、ある程度(mataauh1madeの趣味○○を)気には
>>していました。

と書いてきたことです。「一通り」と言うところからも、「すったもんだ」時の私の意図を全然判っていなかったことが明らかです。また私が、「『怒られる』から気にしたというのでは、公共の場所で騒いだ子供を『ほら、あのおばちゃんに怒られるからやめなさい』と叱る親と同じだ」と返したところ、

>> 「怒るから」というのが引っかかるようでしたら、「気になさるから」
>>でも結構です。どちらにせよ、mataauh1madeのお気持ちに合わせようとして、
>>努力してやっていたことですから。

と言ってきました(ここで既に自分が書いた『怒られるから』を都合良く『怒るから』に摩り替えています)。
「怒られるから」では、上記の責任転嫁の親と変わらないように見える。「相手の気持ちを考える」のではなく、「怒られる」という戦々兢々とした自分の気持ちのほうを考えているように見えるのだ。また、これが本当に「怒るから」「気になさるから」だったとしても、根底にあるのが「『振った話題に相手からの無反応が続いたら、“自分だったら”どう感じるか』を考える」ではないなら、上から目線・或いは他人事なのが丸判りで、努力のありがたみが感じられなくなるのは「怒られるから」と変わらない。

と私は思うのですが、世間一般的にこの考え方はどうなのでしょうか。ここまで、他人の言う(書く)ことを身を入れて聴け(読め)と要求すること自体、過剰なのでしょうか。そこのところをお尋ねしたく、長文をお読み戴きました。
 因みに、Aの職業は、人の話を聴き、内容をまとめて一般人に判り易く書くということがかなりの部分を占めているものです。

「人間関係」カテではなくこちらのカテに質問した点をご考慮の上、ご回答お願い致します。

 直接会って・或いはメールで、自分の趣味の話しかしない友人A(つき合い10年程?)がいます。Aの趣味は私の専門ではないものの「嫌いではな」かったので何とか話を合わせられていたのですが、いい加減食傷気味になり、少しは私にも全く別の趣味があることを思い出して欲しいと思うようになって話題を振りました。が、完全無視が長く続きました。
 1度すったもんだした挙げ句何とか、私が振った「Aの趣味以外の話題に」もAは気をつけてくれることになりました。但し、どうもAの解釈は「私の趣味の話題に...続きを読む

Aベストアンサー

お互い開き直って相手を言い負かそうとする「議論・バトル」の状況になったときは、議論の摩り替え、本心から外れた表現内容、要求のエスカレートなどの現象が見られるものです。今は正に、そのような状況ではないでしょうか。

敢えて推測してみればそのAさんは、「怒られるから」が本心なのではなく、「自分の趣味の話題以外に興味はないが、届く返信メールが『私は怒っている』と感じられるような内容なので、やむを得ず付き合う場合がある」というのが本心ではないでしょうか。

その一方でmataauh1madeさんの本心は、「相手の趣味の話題にはもはや興味をほとんど持てず、今は相手を言い負かしたくてたまらない、どうにかして謝らせたいし黙らせたい」というものではないかと。


そのような推測を立てた上でもう一度ご質問文を読み直せば、
> 「怒られるから」では、上記の責任転嫁の親と変わらないように見える~(以下、略)
とmataauh1madeさんがお思いになった、Aさんのメールの内容に対する評価は、妥当なものと思います。

ただ、自分から発信する話題に相手が乗ってくるかどうか、どこまで乗ってくるかは、自分の芸事のセンスにも関わってくるんですよね。話を聞きたくなる営業マンには、芸がある。「他人の言う(書く)ことを身を入れて聴け(読め)と要求」してしまうと、大変に失礼ながら、自分には芸がないんだと自分で宣言してしまうことにもなる(本当に芸がないのかどうかはご質問文を読んだだけの私には分かりませんが、自らの宣言にはなってしまう)。相手も馬鹿ではありませんから、そういう発言者の心のゆとりの無さは、無意識に感じ取るものです。話を聴くことを職業にしている相手なら、なおさらでしょう。

結局のところ、mataauh1madeさんがAさんとの関係をどうなさりたいのか、です。議論して打ち負かしたいのなら、議論のための準備が必要でしょう。その場合には、自己を客観的に見つめる目が不可欠です。付き合う気が無いのなら、さっさと幕を閉じるのがよいでしょう。その場合には、冷静な判断力が不可欠です。どうなさりたいのかにより、必要なものは若干異なってくるでしょうね。

お互い開き直って相手を言い負かそうとする「議論・バトル」の状況になったときは、議論の摩り替え、本心から外れた表現内容、要求のエスカレートなどの現象が見られるものです。今は正に、そのような状況ではないでしょうか。

敢えて推測してみればそのAさんは、「怒られるから」が本心なのではなく、「自分の趣味の話題以外に興味はないが、届く返信メールが『私は怒っている』と感じられるような内容なので、やむを得ず付き合う場合がある」というのが本心ではないでしょうか。

その一方でmataauh1made...続きを読む


人気Q&Aランキング