人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

物理が苦手で単色光の具体例について理解できません。
私は単色光は目にみえる色だと理解していたのですが、どうも違うのではないかと思います。

秋刀魚を焼くときにでる黄色い光
夕日の赤
液晶画面の色
トンネルで使われている黄色っぽい光
赤い星からの光
ダイヤモンドの色
ステンドグラス

これらを単色光と白色光にわけるとどうなるのですか?
また見分け方を教えていただけるとありがたいです。

A 回答 (5件)

No.4 のものですが、自分が回答してから他の方の回答をみて私の表現とは内容が相違する表現をされている方がいらしたので、補足します。



この限られたスペースで回答するのには限界がありますので、私自身述べたように、どうしても正確さに欠ける点が生じるのは仕方のないことですが、No.1の方がおっしゃっていることには明らかな間違いがあります。

トンネル内のナトリウムランプとLEDはどちらも限りなく単色光に近い光ですが、単色光ですと言い切ってしまっては、やはり間違いです。

たぶん私自身が「太陽光は白色光といってもまあいいでしょう。」と表現したのと同じ意味でしょうね。

No.1の方、気に障ったら申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答してくださってありがとうございました!!
難しかったですが、だんだん分かってきました!

お礼日時:2005/06/05 22:46

>単色光は目にみえる色だと理解していたのですが、どうも違うのではないかと思います。



はい違っています。目に感じる光のことは可視光といいます。単色光という言葉はそういう意味ではありません。

以下の説明はわかりやすくするために、かなり正確さを欠く説明です。

まず白色光ですが、太陽からやってくる光だと思ってください。
夏の昼間の太陽の光は白っぽいですよね。
夏の昼間の太陽の光を白色光と呼んでもまあ良いでしょう。

そもそも光とは電磁波と呼ばれる波です。
海岸に次々に打ち寄せる波を思い浮かべてください。次々に打ち寄せる波と波の間の長さを波長と呼びます。
海の波の波長は、まあなんとか長さの見当がわかりますが、光の波長は短すぎるので、目で見てもわかりません。

太陽からやってくる白色光とは、いろいろな波長の光が均等に混ざり合わさったものです。

反対に、単色光とはただ一種類の波長の光のことをいいます。
自然界には存在しません。
身近に目にするのはレーザー光線です。レーザーポインタや、ショーなんかで使われるレーザー光線は単色光です。
普通の生活を送っている限り、レーザー光線以外には単色光を目にすることはありません。

つまり、あなたが例であげられた中には単色光はありません。
数種類、数千種類、数万種類の「単色光の混合物」なので単色光とは呼びません。

なお以上のような説明は物理学的な説明ですので、色彩学的、美術学的見方からは全然違った説明ができると思いますが、わたしの手には余るので、ここで説明を終わります。
わたしの拙い説明が少しでもわかっていただけたでしょうか?
    • good
    • 0

ANo.1 の方の説明でほぼ言い尽くされていますが、その隙間の説明で。



光の色は波長の長さによってきまります。太陽光などの白色光がプリズムで分解されてできる虹の7色で言えば、赤が最も波長が長く、紫に近づくほど波長が短くなります。この赤~紫の光が人間の目で見える光の範囲なので可視光といいます。赤より波長が長くて人間の目に見えない光を赤外線、紫より波長が短くて人間の目に見えない光を紫外線とよんでいます。

ANo.1の方の説明にあるとおり、自然界にある光は波長の異なる光が集まってできているため、単色にはなりません。例えば赤い夕日であっても赤い波長の光が多いだけで、他の波長の光も含んでいます。

> これらを単色光と白色光にわけるとどうなるのですか?

間違いなく言えるのは、「白い光は単色じゃない」ってことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!!
白い光は単色じゃない・・覚えてテストで活用します!!

お礼日時:2005/06/05 22:43

単色色は特定の周波数だけ明るい光です。

赤外線と紫外線は目に見えないけど光ですね。

質問者の上げている例では、秋刀魚を焼くときと赤い星の光が外れかな。

白色光は周波数が全般的に出てる光です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
外れというのは秋刀魚を焼くときの光と赤い星の光は白色光だということでしょうか??

お礼日時:2005/06/05 20:52

単色光というのは多分、単波長のという意味であると思いますが、自然界にある光はほとんどこれに該当しません。



間単にいってしまえばプリズムを通して分光(太陽光などは七色に分かれますよね)しても、分かれない光といえばいいのかな。たとえば自然界にある光では複数の波長の光が混ざり合って、その割合によって色々な色に見えているものがほとんどです。

身近にある単波長の光はたとえばレーサーポインターの光やLEDの光などがあります。これらは半導体に混合する物質の特有の波長の光のみを発生するので単色光です。トンネルの黄色い光(ナトリウムランプ)もナトリウム原子に電子が衝突する際に出る光を使用しているので単波長の光です。

最近よく見るLEDを使った懐中電灯では紫色の光と黄色い光を混ぜて白色に近い光を出していますが、このように複数の色の光が混ざることで別の色を出している場合が多いのです。液晶画面やCRTの画面は三原色の小さな点がそれぞれ必要な強さに光ってさまざまな色を出しているので単色光ではありません。

一般に白色光を発生する蛍光灯などは実はいくつか色の光を発生する蛍光物質を混合して白色に見える光を作り出しているのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!
答えてくださって感謝感激です!
では、簡単にいうと単色光(単波長)は人工的に作られた光と理解してよいのでしょうか??
物理はむずかしくて手に負えませんが、これからも頑張ります^^

お礼日時:2005/06/05 20:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセロハンの色と透過した光について

色セロハンを透過した光が、そのセロハンの色になる理由なのですが、

息子が考えた理由であっているのか、
お教え頂けないでしょうか。

こちらで色の三原色・光の三原色をお教え頂いてから、
色々遊んでいる様です。

息子が不思議に思ったのは、

色セロハン:たとえば[赤]に太陽光をあてると、
セロハンはもちろん[赤]なのだけど、
セロハンを通り抜けた光〈透過した(?)〉も赤・・・。

[赤]は赤い波長を反射するからなのに、
なんで、赤セロハンの後ろも[赤]なんだろう・・・???
あれれ…幼稚園の窓もそうだった…(ステンドグラスの事です)。
付録とかの3Dメガネもそうだし・・・。
ばばのコップも!
おかしいなぁ・・・

と・・・。

考えに考えて、
赤いセロハンは[赤い]波長以外、全~部吸収してしまっている。
[赤い]セロハンは、赤の波長を全部は反射はできなくて、
少し通りぬけている。(透過している)
でも、他の色は全部吸収されてしまって通り抜けられない(透過しない)。
だから、
赤いセロハンの後ろは、反射されなくて通り抜けた少しの赤い光が映る。
だからかなぁ…。
あれ?ぼやっとしてるし・・・、
セロハンって後ろが透けて見えるからぁ・・・
って事は、
他の色も全部は吸収されてなくて、通りぬけてるってこと?
あ~わかんなくなってきた~。いみふめい~。
(このあたり…親子だなぁ…と思いながら聞いていました。苦笑)

「ママ!親切な人に教えてもらって!」と言い寝てしまいました。

この考え方で正しいのでしょうか?


(息子は自分で調べる気はないのです・・・。
〇○の知りたい事は〇〇たちの読める本には書いてないし!さがしたら書いてあるのかもってママは言うけど、ママが図書館でさがせないのに〇〇が自分で探すって無理じゃん!でも知りたいの!と…。申し訳ありません。)



私も[セロハン]を少しサイトで調べたりしたのですが、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112278686
[赤のセロハンは赤の波長の光(約650nm)を吸収しているから赤く見えるのでしょうか?
それとも赤の波長の光を透過しているから赤く見えるのでしょうか?
どちらですか?
ベストアンサーに選ばれた回答
kittiwakeさん
.ご質問にもある通り赤の波長の光を通す(透過させる)ので赤く見えます。
リンゴは逆に赤以外の光をよく吸収し、赤色の光を反射するので赤く見えます。]

というもので…
私には理解できないでおります。

赤の光を最大限透過させて、
赤以外の色を吸収しているものってどんな物があるのでしょうか?

息子の考え方で正しいのでしょうか?

小3男児&全くの理科系音痴の母なのですが、
理解できるレベルで
ご教授頂けましたら有難いです。

宜しくお願い致します。

色セロハンを透過した光が、そのセロハンの色になる理由なのですが、

息子が考えた理由であっているのか、
お教え頂けないでしょうか。

こちらで色の三原色・光の三原色をお教え頂いてから、
色々遊んでいる様です。

息子が不思議に思ったのは、

色セロハン:たとえば[赤]に太陽光をあてると、
セロハンはもちろん[赤]なのだけど、
セロハンを通り抜けた光〈透過した(?)〉も赤・・・。

[赤]は赤い波長を反射するからなのに、
なんで、赤セロハンの後ろも[赤]なんだろう・・・???
あれれ…幼稚園の窓もそ...続きを読む

Aベストアンサー

 #18です。

>[反射]と言う言葉を、光の当たった面側に[出される]事だけではなく、光のきた方向と同じ方向に[出される]場合も[反射]と考え、光の当てられた面の後ろに出されているから[透過]と表現されている。

 簡潔にまとまったよい説明だと思います。おおよそ理解されたようですね。もちろん「良くできました。〇」です。

P.S.1

 今回のご質問をミクロのレベル(分子、原子)で考えるとすると、

「白色光は分子、原子にエネルギーを与える。そのエネルギーを使って分子、原子は発光する。そのとき、分子、原子の種類により赤色光などのある波長だけで発光するものがある。」

と考えても可です。そう考えるとして、

「白色光をエネルギーとして吸収した分子、原子がそのエネルギーにより発光するとき、ある方向にだけ発光するものがある。」
「セロハンはそういう一方向に発光する分子、原子の方向が揃っている。そのため、セロハン無しで見たときと同じに、物の形が見える。」

と考えるといいでしょう。しわくちゃにするとか、紙やすりで擦って細かい傷をたくさん作ったりすると、揃っていた方向が乱されて、セロハンを通して見る物の形が歪んだり、ぼやけたりするわけです。

P.S.2

>※暗所で、黒い紙の上に赤いセロハンを置いて光をあててもセロハンは黒に見えました。 目&光源から反対側からの光がないから(セロハンを透過して目にはいる赤がないから)ですよね!

 その通りです。そのことを利用した絵本を見たことがあります。透明のシートに透けて見える程度の色の濃さで絵が描いてあり、下が黒い台紙になっています。その状態では絵はほとんど見えません。

 絵本には「◎>」の形をした紙が付属しています(>の先は懐中電灯の絵)。◎は白、>は灰色です。それを絵の描かれたシートと黒い台紙の間に入れてやると、「◎>」の部分だけが、まるで懐中電灯で照らしたように見えます。

 乱反射がどういうものか、月を海が照り返す様子が分かりやすいかもしれません。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201308/29/00/f0229700_1357974.jpg

 もし海が波一つないなら鏡のように月を映すはずです。でも海に映る月は光が長く伸びていて、月の形をしていません。これは波があるためにいろいろな場所で反射角度が異なり、鏡だったら届かないはずの光も目に届くからです。何かを通して光を見る場合も同様のことが起きます。

 #18です。

>[反射]と言う言葉を、光の当たった面側に[出される]事だけではなく、光のきた方向と同じ方向に[出される]場合も[反射]と考え、光の当てられた面の後ろに出されているから[透過]と表現されている。

 簡潔にまとまったよい説明だと思います。おおよそ理解されたようですね。もちろん「良くできました。〇」です。

P.S.1

 今回のご質問をミクロのレベル(分子、原子)で考えるとすると、

「白色光は分子、原子にエネルギーを与える。そのエネルギーを使って分子、原子は発光する。そのとき、分子...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む


人気Q&Aランキング