賞味期限があと三日で切れるマーガリンをもらったのですが、まだ使っているマーガリンもあるので賞味期限内には使いきれません。

 ッで、マーガリンを冷凍保存はできるのかなと思いご質問しました。

 未開封でずっと冷蔵庫に入れていたらしいです。

 冷凍保存できるとして解凍したい時 入用分だけ取れる
それともガチガチなのかな。

 また、賞味期限切れても、何日ぐらいなら冷蔵庫の保存で食べれるのかな。

 お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

マーガリンは賞味期限切れ後でも、冷蔵庫で3ヶ月位は大丈夫です。



もちろん、冷凍も出来ます。
使うときのことを考えて、幾つかに小分けにして、ラップなどに包んで冷凍すると良いでしょう。

この回答への補足

あけましておめでとうございます。


 誠に、遅く成ってましたが、〆切りと良回答ポイントです。

教えて!goo 利用から少し放れていたため遅くなりました。

『 マーガリンは、賞味期限切れから冷蔵庫保存で一ヶ月半で食べ切りましたが 』

         『 大丈夫でした。』

今年も、質問の際にはよろしくお願いします。



                             ありがとう

補足日時:2002/01/06 10:10
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
 3ヶ月位も大丈夫ですか。
 冷凍も小分けして少量験してみます。

 お話変って申し訳ないけど
  高橋 尚子 ばんざい ヽ(^o^)丿

お礼日時:2001/09/30 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランス脂肪酸はマーガリンだけなのですか?

いくつかトランス脂肪酸についてわからないことがあるので、教えていだけますでしょうか。

1、トランス脂肪酸が多く含まれるのは、マーガリンだけですか?マーガリンに匹敵する、トランス脂肪酸含有率の高い食品はありますか?

2、トランス脂肪酸は、一日に何g以上摂取すると、健康被害になる可能性が高まるのですか?

3、トランス脂肪酸は、何かの別の食材や、添加物との食べ合わせで、いっそう健康被害の可能性が高まることがありますか?あるとしたら、どんな食べ合わせでしょうか。

4普段エコナオイルやヘルシーリセッタのような健康油を使っているんですが、これに含まれるトランス脂肪酸と、健康油ではない通常のサラダ油に含まれるトランス脂肪酸は、どちらが多いのでしょうか?

お分かりになる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします!(すべてについての答えでなくても、ひとつだけとか、ふたつだけ、、、とかでもかまいませんので。。。)

Aベストアンサー

1、ショートニング、ファットスプレッド(マーガリンと認識してる人も多い)にも含まれています。
ショートニングは市販のパン、クッキー、ビスケットなどに大抵はいっています。
コーヒーフレッシュやアイスクリームにもトランス脂肪酸は入ってること多いです。

要は植物油を加工して、動物脂の代わりをしているようなものに多いです。

2、一日は知りませんが全カロリーの1%程度にという勧告はあるみたいです

4、エコナなどの加工油は、最近発がん性物質について最近話題になっていますよね。
極端に肥満で困ってるとかでなければ、天然のものの方が身体にいいと思います。
http://www.mynewsjapan.com/reports/412

Q冷凍保存して賞味期限切れのもの

アイスは賞味期限書いてませんが霜がはってしまったら食べられないと聞きました。なぜですか?
また冷蔵のものでたとえばチキチキボーン、開けてませんが賞味期限が三か月切れていて霜がはってます。ですがいつも買ってすぐ入れます。食べられますか?生の肉とかもあまり日数がたつのは冷凍しててもよくないんですかね。。

Aベストアンサー

冷凍保存してあればたぶん食することはできます。
自分が食べる気持ちになるかどうか、が問題になると思います。

ただし、家庭で冷凍したものは2ヶ月以内に食べたほうが
いいとも聞いています。

私も2ヶ月過ぎたものは思い切って捨ててしまいます。
2ヶ月以内に食べないものは1年経っても食べません。
(経験から)

また、あまり日にちが経つと、冷蔵庫の匂いが食材についてしまって、
決しておいしいとは感じません。

Qトランス脂肪酸のないマーガリン知りませんか?

マーガリンに含まれているトランス脂肪酸が血管によくなく、たくさんとると心臓病の元になるという話を聞きました。市販されているマーガリンのパッケージにはトランス脂肪酸の量が表示されておらず、困っています。
バターの方がむしろからだにはよさそうですが、値段が著しく高く、なかなか買いにくく感じています。
やはりマーガリンを選ぶしかなさそうですが、トランス脂肪酸の少ないものを御存知であれば教えていただけないでしょうか?また1日何グラム以内ならいいとか何か目標となる数値があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

実際問題、パンの上での溶け方とか、マーガリンのほうが優れてますからねえ。

孫引きですが
https://www.yamazakipan.co.jp/company/trans_fat/index2.html
こちらにWHOや食品安全委員会による指針がありまして、1日の摂取エネルギーの1%以内とされています。
そして個人差は大きいのですが、1日の摂取エネルギーの目安は2000kcal、
その1%は20kcal、油脂の質量に換算すれば約2.2g、
マーガリンは約7%のトランス脂肪酸を含んでいますから
30gちょっとのマーガリンを常食するならば、長生きした後に問題となってくる「可能性があります」

ちなみに日本人の場合、トランス脂肪酸の摂取割合はエネルギーで0.7%ほどと低く、
特に気にしないで良いと言うことが結論です。
気にするのであればトランス脂肪酸ではなく、脂質の総量ですね。
http://www.dietitian.or.jp/consultation/e_03.html

Q自宅の炊飯器で炊いたご飯をラップに包んで冷凍した場合、冷凍ご飯の消費期限(賞味期限)はどれくらいです

自宅の炊飯器で炊いたご飯をラップに包んで冷凍した場合、冷凍ご飯の消費期限(賞味期限)はどれくらいですか?冷凍ご飯はどのくらいもつものなんですか?

Aベストアンサー

冷凍で1か月が一般的な目安とされています。

炊き立てご飯をほぐし、扇いで粗熱を取る。
まだ少し温かいうちに、1ぜん分ずつラップにのせる。
米粒を潰さないように、薄く平らに広げてぴっちり包む。
ファスナー付きフリージングバッグに入れて空気を抜く。
室温まで冷ましたら冷凍庫へ。
アルミトレイなどに広げて冷凍庫に入れると早く凍結します。


冷凍すればいつまでも保存できると考えるのは間違いです。
家庭の室内には微生物(カビ胞子・腐敗菌)や目に見えないホコリが多量に浮遊しています。調理器具や調理する人の体にも多様に付着しています。食品工場の高度に保たれた清浄度に比べれば、雑菌・ホコリだらけといってよいでしょう。それらの雑菌やホコリをきっちり閉じ込めて保存しているわけです。

冷凍状態では微生物の繁殖活動が抑えられるので、腐敗を一時的に止める(遅らせる)ことができます。微生物が死滅するわけではありません。
「腐敗」は抑えられても、「乾燥」や「酸化」などの劣化は防げません。いわゆる「冷凍焼け」と呼ぶ現象です。
ラップやフリージングバッグの気密性(ガスバリア性)は完全ではないので、食品中の水分は次第に蒸発したり包装内で氷結して、食品の乾燥が進みます。また食品自体や包装内部に含まれる酸素、包装を透過する酸素などにより、食品中の油脂類の酸化が次第に進みます。肉や魚だけでなく米飯にも微量の油分が含まれています。
冷凍焼けした食品は味が変わったり風味が悪くなって不味くなります。また、嫌なにおいが付くことも防ぎきれません。

市販の冷凍食品は高度にクリーンな状態で製造・包装されています。ガスバリア性の高い包装フィルムを使い、酸素を追い出したり窒素を充填するなどして、品質の劣化を可能な限り抑えています。それでも無期限に品質を保てるわけではありません。

ホームフリージングを有効に利用するには、限界がある理由を正しく知ることが大切です。
できれば、同じ条件で炊いて包装したご飯をまとめて冷凍し、少しずつ日にちをあけて食べ比べてみるとよいと思います。2週間後、3週間後、4週間後、6週間後、8週間後…。
「炊き立てと変わらない」とは言えなくても、「じゅうぶん美味しい」と感じる限度が、その人にとっての「賞味期限」です。

冷凍で1か月が一般的な目安とされています。

炊き立てご飯をほぐし、扇いで粗熱を取る。
まだ少し温かいうちに、1ぜん分ずつラップにのせる。
米粒を潰さないように、薄く平らに広げてぴっちり包む。
ファスナー付きフリージングバッグに入れて空気を抜く。
室温まで冷ましたら冷凍庫へ。
アルミトレイなどに広げて冷凍庫に入れると早く凍結します。


冷凍すればいつまでも保存できると考えるのは間違いです。
家庭の室内には微生物(カビ胞子・腐敗菌)や目に見えないホコリが多量に浮遊しています。調理器具...続きを読む

Q植物性マーガリン(トランス脂肪酸低減タイプ)と動物性バター どちらの方が体に害があるのでしょうか?

植物性マーガリン(トランス脂肪酸低減タイプ)と動物性バター

どちらの方が体に害があるのでしょうか?

先日ちょっとした論議になったので質問です。

動物性の脂肪はできるだけ取らない方がいい。
トランス脂肪酸低減タイプだから、普通のバターよりも安心。

とある人からそう聞いたり、

植物性の油脂は動物性よりも体に残りやすい。トランス脂肪酸低減タイプでも、人工的に生成されたトランス脂肪酸と天然のトランス脂肪酸とではまた体に与える有害度が違う。マーガリンは風味が少ないし、バターを使用した方が良い

と聞いたりして、どちらを使用した方が良いのか悩んでしまいます。

どちらにしても、飽和脂肪酸などを多量に含んでいるのであまり多用するのは良くないのは分かっていますが全く使用しないわけでは無いので気になりました。

様々な成分を比較し、どちらがより体に有害なのか回答頂けましたら幸いです。

回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

結論から書きますと

金銭的に可能ならば、ですが
香りや減塩優先の時は「発酵バター」を使用。
それ以外の際(例えば菓子作り)はオーガニックのトランスファットフリーショートニングを使用。
しかしどちらも、毎日摂取などの多量摂取は控えるのが前提。

パンに塗る目的ではショートニングは不適正なので、そこは上質なオリーブオイルにする等の工夫を。
コールドプレスのオリーブオイルがあれば完璧です。


私は、医師に指示を受け体質改善中なのですが、バター含む乳製品は身体に悪いと言われました。
動物性脂肪なのもありますが、牛の乳はとにかく人間(特に日本人)の体質に合わないとのこと。
加えて日本の牛のエサは基本的にアメリカ等の遺伝子組み換え植物(粗悪品)を使用しており、
それからくる毒素が身体に蓄積された牛から絞る乳など、身体に良いわけがないだろうとのこと。
身体が弱い人ほど、弱っている人ほど、牛乳の毒素が排出できずに体内に溜まるそうです。

人間のお母さんのお乳もそうですが、基本的に母体の食事や生活が顕著に表れるのが「乳」なので、
伸び伸びと育ち、自然なエサを与えられた素晴らしい牛から絞った乳から作るバターでない限り、
とても人間の身体に良いものにはなりえないそうです。

また、昔から牛乳を飲むとお腹を壊す人がいたかと思いますが、
そういう方は「乳たんぱくを分解できない体質(≒乳アレルギー)」と
乳を搾る牛の粗悪な飼料(エサ)に反応する人の二種類がいて、
日本人には前者の割合が高く、つまり そもそも身体に合わない人が多いのです。
(勿論後者も見逃せる問題ではありませんが)

しかし、一転してヨーグルト、発酵バターなどの乳の発酵食品になるとまた変わってきます。
発酵バターとは、牛乳ではなくヨーグルトをバターにしたもの。
(ヨーロッパでは、発酵バターが主流らしいです。)
食品は、発酵をしたり、漬け物にしたりすると性質がガラリと変わるそうで
多量でなければ逆に身体に良いとのこと。(毎日摂取するべし、というわけではありません)
そもそも発酵食品自体が、身体に良いのでヨーグルトに限らず積極的に摂取せよと言われ
その中の一つにヨーグルトを入れておりました。発酵バターは油分が多いので、ごくたまに。
※勿論、乳タンパクを分解できない体質のアレルギーもちの人は食べてはいけません。


余談ですが、
動物性脂肪の危険性を挙げるならば、同時に
白砂糖を筆頭に、糖分の摂りすぎも身体に害悪をもたらすという事を忘れてはいけません。
多くの人は、「無添加」の中に「白砂糖」を含まない考えをお持ちですが、そうではありません。
白砂糖も立派な「添加物」なのです。化学物質と同レベルの危険な食品の一つ。
普段から自然由来の糖分を少量摂るくらいの気持ちでいないと、後々健康被害が出てきますのでご注意くださいね。
(私は医師の指示で白砂糖含む糖分を普段の1/10くらいにしたところ、劇的に体調改善しました
 また、指示を受けてから1年以上経ちますが、白砂糖だけは一切摂っていません)

…なんて、食品の害悪を考え出したら、まさにキリがないのですが、
なんでも摂りすぎは良くない、という辺りで落ち着くのが無難ですね。

結論から書きますと

金銭的に可能ならば、ですが
香りや減塩優先の時は「発酵バター」を使用。
それ以外の際(例えば菓子作り)はオーガニックのトランスファットフリーショートニングを使用。
しかしどちらも、毎日摂取などの多量摂取は控えるのが前提。

パンに塗る目的ではショートニングは不適正なので、そこは上質なオリーブオイルにする等の工夫を。
コールドプレスのオリーブオイルがあれば完璧です。


私は、医師に指示を受け体質改善中なのですが、バター含む乳製品は身体に悪いと言われました。
動物性...続きを読む

Q冷凍保存の魚の煮付けを冷蔵で保存した時の賞味期限

タイトルの通りですが、とあるお店で購入した魚の煮付け(調理済みで湯煎するか、レンジで暖めるタイプ)ですが、賞味期限が今月末でしたので、食べようと冷蔵庫から出したのですが、
よくよく見ると要冷凍と書いてありました。
冷蔵庫に入れたのは、1月下旬頃と記憶しておりますが、
当然冷凍にしてないモノは、いくら冷蔵庫に入れていたとしても、
食べれないのでしょうか?
それとも冷蔵庫にあれば賞味期限前ですし食べれるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも冷凍での期限です。

冷蔵では菌が繁殖しますので無理です。

Qトランス脂肪酸の含有量について(バターとマーガリン)

トランス脂肪酸の含有量について、信用できる情報ソースを探しています。ネットや本で見て、
バター 4~5%
マーガリン 10%程度
というような情報を別々のところから見つけました。
出来れば同じ出典で信用できる情報は無いものかと探していますが、なかなか見つかりません。
比較しているようなサイト、または本をご存知の方がいらしたらぜひ教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

脂肪と普及のトランス脂肪酸(TFA)含有量

食物 g TFA
ティースプーンフル単位で(4.7g) g TFA
100g 単位で
大豆油 <0.02 <0.5
半流動体マーガリン <0.02 <0.5
柔らかいマーガリン 0.35 7.4
短縮 0.47 9.9
棒のマーガリン 0.94 20.1
バター 0.07 1.5

ソース: リヒテンシュタイン他、1999

短縮とは何だろう

Q賞味期限切れた未開封のうま煮、いつまで平気?

賞味期限二週間ほど前のさといものうま煮、を食べてしまいました。
(パックで未開封。ふ◯っ子のおかずでした)

2個くらい食べて、味付けがなんかぼけてるなぁ…と思って確認したら、
だいぶ過ぎていたので、しまったと思いました。

すぐ、整腸剤と梅肉エキスをとりました。

皆さんは、どれくらい賞味期限が過ぎたものを食べてますか?


やはり、いくらなんでも2週間は…ですよね;
わたしは普段、賞味期限・消費期限に厳しく、ほとんど切れた物は食べません。

当たらなければいいんですが。気にし過ぎでしょうか?

Aベストアンサー

心配することはありません。
家の冷蔵庫には7年もののビ-ルが冷蔵されており、先日見つけた羊羹は8年ものでしたが、お腹は痛くなりませんでした。
 
パックもので未開封、冷蔵庫に入れてあれば、期限後ひと月位は、私なら食べます。

Qトランス脂肪酸について&回避方法を教えてください。

私と家族は毎日食パンを食べます。
食パンにはマーガリンを使用します。
そのマーガリンに含まれているトランス脂肪酸がよくないと聞きました。
身体によくないものがなぜ使われているのだろう?疑問です。
そのほか、外食や購入するパンや菓子などにも含まれていると聞き、どのようなものに使われているのか気になっています。
家族の健康のためにできるだけ安全なものを食べてもらいたいと思ってます。

・トランス脂肪酸は危険ですか?
・トランス脂肪酸はどのような食品に含まれていますか?
・トランス脂肪酸の回避方法はありますでしょうか?

どの項目でもかまいませんので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランス脂肪酸を含有している食品
 ・マーガリン
 ・ショートニング(クッキー等の菓子やパンに使用されている事もあります)
 ・反芻動物(牛、山羊など)の肉や乳

他にも含有している食品は色々ありますが、あげればキリがないと思います。

 「トランス脂肪酸はLDL(悪玉コレステロール)を上げ、HDL(善玉コレステロール)を下げ、心筋梗塞などの発症リスクを高くする」と言われており、最近にわかにトランス脂肪酸を排除する動きが食品メーカーでありますね。元々この話は脂肪の多く含まれる食品を多く食べて深刻な健康被害に悩むアメリカからきており、日本がアメリカと同じように神経質に対応するべきなのか、というと何ともいえないところですよね。トランス脂肪酸に限らず飽和脂肪酸だって取り過ぎに注意するべきだと思います。普段は日本食中心の生活をおくっている人はあまり気にする必要はないでしょうし、洋食(特にカロリーが高そうなもの)中心によく食べている人は気にした方がいいと思います。
 …というより、バランスのよい食事が一番大事でしょうね。脂質だって、何も摂らないでいると皮膚がパサパサになったりしますから適度には摂った方が良いのです。ただ、何でも摂り過ぎは「毒」になる。水なんて無害そうですが、水でさえも飲み過ぎは毒になりますからね(水毒といいます)。
 トランス脂肪酸が含まれている事にとらわれ過ぎると大事な栄養素を摂取する阻害となりますので、そのへんは「脂肪はあまりとり過ぎないように気をつけよう」くらいでよいかと思いますよ。

トランス脂肪酸を含有している食品
 ・マーガリン
 ・ショートニング(クッキー等の菓子やパンに使用されている事もあります)
 ・反芻動物(牛、山羊など)の肉や乳

他にも含有している食品は色々ありますが、あげればキリがないと思います。

 「トランス脂肪酸はLDL(悪玉コレステロール)を上げ、HDL(善玉コレステロール)を下げ、心筋梗塞などの発症リスクを高くする」と言われており、最近にわかにトランス脂肪酸を排除する動きが食品メーカーでありますね。元々この話は脂肪の多く含まれる食品を多く...続きを読む

Q賞味期限切れの冷凍比内地鶏肉

冷凍庫から、カチカチに凍った比内地鶏の肉が入ってあるのに気付きました。
前に物産展で買ってあったもので、賞味期限は2010年5月です。

今日、寒いのできりたんぽでもしたいと思ってます。

他の食品なら迷わず捨てるのですが、なにぶん比内地鶏なので
すんなり手に入るものではないので、なかなか代替えがききません。

この肉、食べても大丈夫だと思いますか?

ついでに、同じ時期のフカヒレスープ(カニ入り)もいかがでしょうか?
(迷ってますがw)

Aベストアンサー

>食べても大丈夫だと思いますか?

どちらも食べられますよ
家庭用の冷凍庫で長期間冷凍保存すると冷凍温度が高めだったり上下したりするので細胞膜が敗れて多少風味落ちているとか食感が少し悪いとかがあるかも知れませんが基本的に「食べれない」ということはありません。
もし本当に劣化が進んでいるとしても、そういうものに合った解凍(ドリップが出にくいようにするとか)と調理方法で調理すれば十分食べられます。
もしそういう状況であっても鍋料理なら少しパサつく程度で大丈夫です。

腐敗しているなら未だしも長期保存で「賞味期限」が過ぎたからと言って食品を捨てるのは愚かなことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報