つい最近徳島の吉野川上流に行って来ました。
かなり岩壁が立っていてびっくりしたのですが
川の水は緑青色なのです。友達と「きれいやなー」
といっていたのですが、そう言っていたのは
上流の水はきれいという常識から来ているもので、
「でもなんでこんなに緑青なんやろー」という
話になってしまいました。
状況としては
1 上流といっても船下りができるくらいなので
 幅10mくらいはある川
2 下に藻が生えているようには見えない。
3 緑青のせいで下まで見えない(浅いところは別)
というところです。

海の青色がレイリー散乱と水の赤色の吸収からくると
いうことは知っていますが、緑青はどういうことなので
しょうか?ここはあんまりきれいじゃないのでしょうか?
あほな質問ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

海や川の水の色が場所によって異なって見えるのは水が濁っている場所と濁っていない場所では太陽光(R,G,B)の反射が違うからです。

飛騨に旅行に行ったときガイドブックを買いました。そこに神秘の湖と呼ばれるエメラルドグリーンの美しい湖が載っていました。なぜエメラルドグリーンなのか。そこに書いてあったのは水の中に硫黄を多く含んでるからと書いていました。
    • good
    • 0

>どっちなんでしょ。


自分で.分析したらいかかでしょうか。
水を1-10リットル採取して.限界ろ過をして.顕微鏡観察。
微生物がどのようにいるのかを観察します。
顕微鏡観察が終わったらば.乾燥して.X線蛍光分析をかければ.鉄のヒークの有無が分かるでしょう。
もっとも.限界ろ過のろ紙を炭酸で凍らせて.電子顕微鏡観察.適当な位置をねらって.マイクロアナライザーで元素分析。一度にできます。

学校の設備が使えるかどうか不明ですが.都道府県工業試験所では.材料費さえ払えば.機械が自由に使えるという制度をもっていることろがあります。運が良ければ.ご近所の工業試験所で機械を貸してもらえるかもしれません。
    • good
    • 0

吉野川が該当するかどうか不明ですが.


川の水が青緑色で.下まで透き通って見えない場合には.水酸化鉄コロイドです。岩から鉄が溶けて.空気中の酸素で酸化されて.青緑色になります。

関東地方では.群馬県草木ダム上流で.
南東北では.福島県五色沼で
みられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はー、なるほど。一応化学者(学生ですが)なのでそっちのほうはなじみがありますね。でっかい岩はいくらでもあったのですが。水中生物ももっともらしいですし、こっちももっともらしい。というか両方正しいのであって自分の場合どちらかはわかりにくいですね。どっちなんでしょ。

お礼日時:2001/10/02 20:28

川の上流はきれい。

確かにそう思いがちですよね。ご覧になられた場所が詳しくわかないのですが、上流にダムがないでしょうか?ダムがあるとそこで水が滞留し、アオミドロやアオコが発生し、水が緑色に濁ります。青っぽく見える分は海の水が青く見える原理と同じ。二つの色が混ざって緑青色になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにあります。さらにかなり上流ですが。ということはあんまりきれいではないのですかね。きれいなようなきたないような。なるほどありがとうございます。

お礼日時:2001/10/02 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が

炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が割れるとかいたらどーなりますか?

Aベストアンサー

炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が割れる

→ 炭酸水素ナトリウムを加熱したときに試験管を傾ける理由は、できた水が加熱部分にいき試験管が割れる可能性があるため。

水が加熱して割れるのではなく、加熱した熱くなった試験管のガラスが水により急激に冷やされたとき、
割れることがあるためですから、不正解もしくは△て゛減点される可能性があります。

参考までに。

Qミー散乱について

ミー散乱が起こる際に水蒸気との関係で赤色に見えることはあるのでしょうか?
雲は白く見えますよね・・・?

Aベストアンサー

もともとミー散乱もレイリー散乱もひとつの式で表すことができ、粒子が波長オーダー程度以下になると特に波長に依存した散乱強度となり、結果として現象が異なるために別の名前をつけただけです。
そのため完全にどちらの散乱なのかを断定するのは難しい問題なのですが、ミー散乱であっても条件により波長に対する依存性が強く現れることはあります。

たとえば火星の色は赤いですがどちらかというと粒子サイズからするとミー散乱といえます。
火星大接近が話題になっていますので、ご質問はきっと火星のことについてなのかなと思いましたので。
ただ、火星の場合は水蒸気ではありませんが、、、。

水蒸気は結構サイズが大きいことが普通なので(クラスターを作る)、大抵は白いのですが条件次第では波長依存性が見える、つまり赤色とかピンクなどに見える可能性が0というわけではありません。
(特に空気中にちりが一切ない条件だと可能性は大きくなります)

Q紫外線の散乱について

紫外線の波長は300~200nmですが、250nm程度の微小な穴があった場合、「可視光や赤外線は通過するが紫外線は散乱する」と聞きました。

なぜ、250nmより長い波長の可視光や赤外線が通過できるのでしょうか。もし、間違っていたらすみません。ご説明いただけたら助かります。

Aベストアンサー

>全体の直径はおそらく200~250nm位ではないかと思います。

 200nmの穴があいている直径200nmの粒子って存在できるのですか?
 その粒子は、ビーズ玉のように穴があいているのではなく、
卓球のボールのように中が空洞になっているのではないですか?
 付けていただいた補足の文で気になるのは、
「と思います」という語尾がついていることです。 
 ことによるとその粒子なるものは質問者さんの頭の中だけに存在するものなのかな、
という感じがするのですが・・・
 
>そこに光を当てると、赤外線や可視光と、紫外線を分離(?)ができるのではないかということです。

 それでしたら適当なフィルターを使えばいいだけのことではないでしょうか。

QX線散乱?X線回折?

XRDはX線回折のことを指しますが、
X線散乱もこれと同じことなのでしょうか?
回折と散乱は異なる物理現象ですが、同じようにして使われているのを
見かけたので気になりました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

小角とは入射角が小さいという意味ではないですよ。
回折角が非常に小さい領域という意味で、ブラッグの法則からもわかるように、
回折角が小さければそれだけ大きな構造を反映した信号が得られます。
なので、原子サイズよりもはるかに大きい周期構造があれば、
小角域でもピークは出現します。

Q青い目はレイリー散乱ですか?

目の虹彩や皮静脈の青さはレイリー散乱でしょうか。

青空に関して青が散乱しやすいという一般論はいいと思いますが、世界の色彩において、青く見える現象で、レイリー散乱は少数派ではないでしょうか。ちなみに青空は大気中の何よってレイリー散乱しているのでしょうか。地球が青空なのは大気がたまたま青空に見えるための条件にあっただけですよね。大気がもっと濃くなれば赤くなっていくのでしょうか。

本題は
★虹彩や静脈がなぜ青く見えるのかを教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

虹彩については、メラニン色素と、レイリー散乱の組み合わせで説明されています。

個人的には、虹彩には、メラニン色素以外の色素に由来する色もあるのでしょうが、
その色素が発見されていないだけと考えています。

特定の色の虹彩を多数、収集して、色素を抽出、分離して、
メラニン色素以外の色素を実験的に特定するというのは、
人道的に問題があり過ぎます。

そこで、虹彩を発現する遺伝子の研究を通じて、解明することになり、
遺伝子レベルである程度の知見が得られています。

ところで、人種差別が残っている社会、文化では、
虹彩の色彩の遺伝子の研究は、
遺伝子レベルの人種差別につながり兼ねない危険があります。

ナチスドイツは、優生学の知見を悪用して、
アーリア人は優秀とプロパガンダに努める一方、
劣等民族と決め付けたユダヤ人はガス室で殺されました。

政治的に悪用されかねない虹彩に関する科学研究が十分にされておらず、
解明されていない部分が残るのは止むを得ないと考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報