中国の雲岡石窟にみられる弥勒像は、交脚像として表されることが多いようです。
一体なぜ、交脚像なのでしょうか。参考となる資料などを知っていらっしゃる方がみえましたら、教えていただきたく思うのですが・・・。
また、菩薩の場合と如来の場合は、違うのでしょうか・・・。これは自分でも調べてみますが、よろしければアドバイスなどいたたけると嬉しいです。

A 回答 (1件)

初めまして、骨皮といいます。


交脚像としての弥勒像の遺品は雲崗石窟にとどまらず、炳霊寺石窟にも敦煌石窟
にもあります。私自身が現地へ行って確認しましたので、間違いありません。
参考資料としては、毎日新聞社の「仏教芸術」の178号に収録されている石松
日奈子氏の「中国交脚菩薩像考」が、現時点では最も優れたものと思います。
なお、交脚像というのは一説によれば中国古代における北方騎馬民族の生活スタ
イルの反映であるということで、初期の仏教芸術がそういう民族によって形成さ
れたために、そのスタイルが造容に取り入れられた、とする見解があります。
如来にも菩薩にも交脚像はあります。天人にもあります。要は仏像の姿勢におい
ては、尊像の区別はあまりないということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答を本当にありがとうございました!騎馬民族にルーツが見出されるのは意外ですね・・・。早速、ご紹介いただいた資料を探します。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/04 15:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿弥陀如来像と釈迦如来像の違い

インターネットの中で仏像の説明で(清朝時代に制作されたものとの説明あり、戦争当時の略奪品とありました)釈迦如来像とありますが、坐像で光背はありません。印は上品下生印の来迎印です。仏像の解説の中に(阿弥陀如来像は,禅定印と来迎印の像がほとんどです。坐像の場合は,禅定印・来迎印の両方の像があるのですが,立像の場合は,来迎印のみなのです。ですから九種類の印があっても禅定印と来迎印さえ覚えておけば,阿弥陀如来を簡単に見分けることができるのです)とあり阿弥陀如来かと思うのですが、釈迦如来像にも上品下生印の来迎印はあるものでしょうか。

Aベストアンサー

釈迦の来迎印はないと思います。
なぜなら、来迎印とは、阿弥陀の本質を表しているはずだから、です。


私も、やはり来迎印に似た印を結んでいるかも、と思います。来迎印は、基本的に「左右OK」マークですよね。


釈迦如来に、それによく似た印を結んだものがあります。
「右手の指まっすぐ・施無畏印」「左手指まっすぐ・与願印」の像です。

もちろん、両方ともポーズは同じです。


もし来迎印をとっていて、なおかつ釈迦であるというなら、それを書いた方が間違えたか、かなり特殊な例ではないかと思います。

Q弥勒菩薩のサンプル画像について

ご質問させていただきます。

現在、趣味の一貫で、仏像の模写や彫刻を行っているのですが、
京都 広隆寺の弥勒菩薩と
奈良 中宮寺の弥勒菩薩のサンプル画像を探して言います。

Google等で画像を検索しても、解像度が小さく細部の仕様がよくわかりません、

どなたか、大きい画像(A4かA3に印刷できそうな・・・)を持っている方
もしくは、よい参考資料(写真集等)の情報を知っている方はいらっしゃいますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 毎日新聞社より刊行されている『国宝・重要文化財大全-3 彫刻I』及び『国宝・重要文化財大全-4 彫刻II』の何れかに掲載されていた記憶があります。また小学館から刊行されている『原色日本の美術 2』『原色日本の美術 3』にも確か掲載されていた記憶があります。
 大型本ですので公共図書館に足を運べば類似する全集や大系が架蔵されておりますので、一度図書館に足を運ばれては如何ですか?。

Q盧遮那仏、弥勒如来の見分け方

釈迦、阿弥陀、薬師、大日如来は印や持物で見分けられますが、盧遮那仏と弥勒如来はどういった特徴があるのでしょうか。
また、東大寺と唐招提寺以外で盧遮那仏があれば教えていただけないでしょうか。(日本のみ)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>興福寺や奈良薬師寺などの弥勒如来像はどういった特徴からそう判断されるのでしょうか。

 仏像のそういったお姿の歴史的な変遷に詳しいわけではありませんが。

 半跏思惟像は、古いものが多いようですね。中宮寺は聖徳太子の時代、広隆寺も飛鳥時代のようです。
 私も弥勒菩薩=半跏思惟像と思っていましたが、確かに興福寺(奈良時代)、奈良薬師寺(鎌倉時代)は違いますね。「平安時代・鎌倉時代には、半跏思惟像は見られなくなり、立像や坐像として表されるようになる」ということらしいです。

 私自身も、少し仏像を深く勉強してみようかなと思いました。こんな本を読んでみようかと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%8F%E5%83%8F%E5%8F%B2%E8%AC%9B%E7%BE%A9-%E5%B9%B3%E5%87%A1%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E5%8B%89/dp/4582857752/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1434986860&sr=1-1&keywords=%E4%BB%8F%E5%83%8F

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E4%BB%8F%E5%83%8F-%E4%BB%8F%E5%83%8F%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%BE%E3%81%99%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E4%B8%89%E5%AE%85-%E4%B9%85%E9%9B%84/dp/4416614047/ref=sr_1_9?s=books&ie=UTF8&qid=1434986860&sr=1-9&keywords=%E4%BB%8F%E5%83%8F

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>興福寺や奈良薬師寺などの弥勒如来像はどういった特徴からそう判断されるのでしょうか。

 仏像のそういったお姿の歴史的な変遷に詳しいわけではありませんが。

 半跏思惟像は、古いものが多いようですね。中宮寺は聖徳太子の時代、広隆寺も飛鳥時代のようです。
 私も弥勒菩薩=半跏思惟像と思っていましたが、確かに興福寺(奈良時代)、奈良薬師寺(鎌倉時代)は違いますね。「平安時代・鎌倉時代には、半跏思惟像は見られなくなり、立像や坐像として表され...続きを読む

Q千手観音 と 弥勒菩薩 が 撮影できる場所について

アドバイスよろしくお願いします!

自主制作で千手観音と弥勒菩薩を写真にとりたいのですが、京都の三十三間堂、広隆寺の両方とも撮影禁止になっています。
私は都内に住んでいて、都内の博物館で撮影が出来る。。。と少し耳にしたんですが、そちらが何処なのかわからないので、確認できません(;_;)
最悪、写真をネットで買うしかないねと友人に言われたのですが、買えるものなんでしょうか?(ちなみに紙に大きく印刷したいので、なるたけ解像度が高い画像でなければなりません。)

自分も調べているのですが、どうしようもなくなってしまい今回質問させて頂きました。
少しでも何か情報をご存知の方がいらっしゃいましたら、回答お願いしますっ!

Aベストアンサー

 東京国立博物館では部屋によって(展示によって)写真撮影は許されているものがあります。
 但し、作品を傷めてしまいますので勿論フラッシュは厳禁です。
 最近の模様替えで彫刻の部屋はかなり照明が暗くなってしまいましたので、通常のカメラとフィルムではあまり綺麗に写らないかもしれません(彫刻の部屋が撮影可能だったかどうかは知りません)。

Qこの仏像(おそらく日光菩薩像)について

亡き伯父が趣味で彫った仏像ですが、
どこかの像を見本にして手が折れているところ、ひび割れを起こしているところなど、
細部にわたり見本そっくりに作り込んだと聞きました。

それがどこにある仏像なのか、当時それを聞かなかったか、あるいは聞いたが忘れたか
もう数十年前のことで思い出せません。

そこで伯父がどこにある仏像を手本にしたのか知りたいのです。
どこかに破損具合までそっくりな像があるに違いないと思っています。

おわかりになる方ありましたらよろしくご教授お願いします。

画像はこちらも参考にどうぞ http://blogs.yahoo.co.jp/alfasalon/65190259.html

Aベストアンサー

No.1です。
奈良薬師寺金堂の薬師三尊像です。向かって左側が月光菩薩です。
この像がモデルと思います。因みに国宝です。
写真は、下のサイトからお借りしました。
http://www.bell.jp/pancho/k_diary-16/2015_07_31.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報