pH-gradient method (pH勾配法)っていう方法が論文を読んでて出てきたのですが、どのような方法なんでしょうか? また、日本語訳は、pH勾配法であってますか?

A 回答 (2件)

HPLCの溶離液か何かで出てきたのでしょうか?


HPLCの場合、一般にグラジエント法というのは、溶媒組成をアナログ的に変化させていく方法を指します。
例えば、水/アセトニトリル(9:1)からスタートし、1分間にロータリーポンプを用いて5%の率でアセトニトリル濃度を上昇させるといったものです。
pHについても同じようなことが可能でしょう。ただし、出発の溶媒にバッファーを用いている場合は困難かもしれませんが。
訳としては、pHグラジエント法というのが一番しっくりくるように思えますが。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 0

あまり回答が無いようですが,既に解決しましたでしょうか。



私にも若干思い当たるものが無いわけではありませんが,何分昭和30年頃の話として聞いた事があるというだけですので,ここに書けるほどの情報がありません。私が思っているものは,天然物化学分野のアルカロイドの分離法に関するものです。その論文の著者,タイトル等もう少し詳しい事が解れば調べる事も可能なのですが,捕捉説明をされてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築基準法施行令における傾斜路勾配の制限

別の質問で、家を新築する場合に車椅子用のスロープを付ける場合の勾配の目安を
お尋ねしたところ、建築基準法施行令に傾斜路勾配について下記の制限があることを
教えていただきました。

(階段に代わる傾斜路)
第26条 階段に代わる傾斜路は、次の各号に定めるところによらなければならない。
1.勾配は、8分の1をこえないこと。
2.表面は、粗面とし、又はすべりにくい材料で仕上げること。
(以下、省略します。)

つきましては、この条文の解釈について、もしご存知の方がおられたら、お教えください。
(1)屋外の傾斜路についても適用されるのでしょうか?
(2)他に階段がある場合も適用されるのでしょうか?
 (今回の場合、玄関へは別に階段があり、それとは別に道路から庭まで傾斜路を
  つけることを考えています。)

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)屋外の傾斜路についても適用されるのでしょうか?
適応されます。傾斜路は階段の代わりの昇降手段なので屋内外問いません。

(2)他に階段がある場合も適用されるのでしょうか?
人が使用しない「デザイン」としてのスロープならOKですが、それ以外は適用されます。
この場合の傾斜路は、階段が使用困難である人用の昇降手段ですので、他の階段の有無は関係ありません。
例えば、一つの建物に2つの階段がある場合、片方が条件を満たしていても、もう一方がダメならアウトになります。
傾斜路は「階段の代わり」なので、階段と傾斜路の組み合わせでも両方とも条件を満たす必要があります。

Q密度勾配遠心法について

密度勾配遠心法では、あらかじめ濃度勾配を形成させておいたショ糖または塩化セシウムの入ったチューブに試料を入れて遠心すると、その試料の比重に従って分散する、と学びましたが、この原理を教えてください。ショ糖が水分子を吸収しやすいことと関係があるのでしょうか?
また、塩化セシウムとショ糖をどのように使い分けるのかについても教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

生物カテの方が専門家がたくさんいらっしゃるので適切ですが、ごく簡単に骨組みだけ、↓
http://www.ambis.co.jp/glossary/2007/01/densitygradient_centrifugation.html
セシウム塩はショ糖に比べ密度が高いので、上記記述のように容易に勾配を作れます。
細かいことについて、質疑応答がある以下のページも参考になります、↓(速度法から分子量を出すときには沈降係数と拡散係数を求めて、それからSvedberg の式を使って分子量を計算します…)
http://www.farisaka.bio.titech.ac.jp/aucforum/2002-11.pdf

Q勾配天井の傾斜方向について

南北に細長い総2階建で、7m×13mの長方形の建物です。
2Fの南西がリビング
南東がダイニング 
北西が風呂、
真北がトイレ。
北東がスタディールーム
中央の東ががキッチン
中央の西が階段です。
真ん中に南北に長いホールがあります。

勾配天井で、天井高のメリットを出す為に、寄棟屋根ではなくて、切妻にする予定です。
その場合、
(1)南側の夏場の日差しの緩和、
(2)北側の屋根に、北向きの天窓が欲しい。
(3)東側の高い位置に ハイサイド窓が欲しい。
(4)北屋根と南屋根の接合面をずらして、南のリビングに対して北向きのハイサイド窓が欲しい。

■上記の理由で、切妻屋根を、南北に細長い長方形の屋根を2枚合わせするのではなく、北側の正方形の屋根と南側の正方形の屋根を家の中央で2枚合わせにしたいのですが、コストに対してにメリットが薄いでしょうか? もしくはそれほどコストは違いませんか? 

Aベストアンサー

南北に細長く切妻にするのでなく、東西に棟が通った短く高い切妻にするのですね。

NO.1の回答と同様ですが、
十分コストに見合うメリットはあると思います。

質問文には書かれていないメリットとしては、
(1)ソーラー発電を載せる場合、南向きの斜面でないと発電効率が悪い
(2)屋根裏収納、ロフトをつけるのに便利
(3)屋根裏が大きいほうが夏の暑さ低減に有利
(4)大きな高い切妻屋根は豪華に見える

NO.1解答に少し書かれていますが、屋根が高くなるので、各種の高さ制限(斜線制限)にひっかからないよう注意してください。

QpH試験紙とpHメーターについて

0.1Nや0.01NなどのCH3COOH水溶液を作り、pHメーターとpH試験紙を用いてpHを測定しましたが、値は必ずしも一致しませんでした。これはなぜですか?またどちらが精度が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

 pH試験紙は目安です。
 ただ、1種類の指示薬による狭いpH変色域用のものは、まあまあの精度がありますが、ユニバーサル試験紙の様に複数の指示薬を用いて広いpH変色範囲をカバーするものは、pHで±1ないしそれ以上狂う場合もあります。
 精度は、pHメーターの方が、断然上です。

Qプロトン濃度勾配について

呼吸鎖の中でプロトン濃度勾配というのが出てきますが、「勾配(gradient)」という言葉を使う意味はどういうものでしょうか。『Essential細胞生物学』にある図で見る限り、H+が文字通り勾配(傾斜)になって最終的に電子とO2と結合→H2O、となるようですがよくわかりません。

Aベストアンサー

ご質問の図は,Essentialの図13-4ミトコンドリアのプロトンポンプのことかとおもいます。確かにこの図では何を言っているのかよくわかりませんよね。

電子伝達系等の図に関しましては,「Essential細胞生物学」もその原本の「The Cell」も極めて漫画チックにかかれています。図のみに頼ると却って理解しにくくなると思います。

電子伝達系は,電子が伝達することによりプロトンを膜間腔に汲み出します。図でH+ポンプとなっているものは,下記URLの複合体I・III・IVを示します。最終的に電子は,プロトンと酸素と結合して水になります。

その電子伝達系で汲み出されたプロトンは,膜間腔にプロトンが多くなりますからこれをプロトンの濃度勾配と呼ぶわけです。このプロトンの濃度勾配は,内部に流れ込んでEssentialの図13-3にありますようにATPaseでATPを合成します。

参考URL:http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/Oxidphos.htm

QpHメーターとpH試験紙の測定結果の食い違い

検体のpHをpHメーターとユニバーサルpH試験紙で測定したところ、pHメーターでは3.0、試験紙では4と5の間でした。検体は水溶液で、どのような成分が含まれているかは不明ですが、見た目は無色透明でにおいもありませんでした。

pHメーターは中性と酸性(pH4)のpH調整用緩衝液で調整しており、pH4の緩衝液は試験紙でもpH4の呈色でした。ユニバーサルpH試験紙での測定が大ざっぱであることはわかるのですが、二つの検体(この場合は検体と酸性緩衝液)でどちらがpHが高いかということまで食い違ってしまうものなのでしょうか?また、その場合、どのような原因が考えられますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

断言は出来ませんが、問題は2つあります。
1.pHメーター:なぜpH4以下の標準液で、校正していないのでしょうか?
四シュウ酸カリウム・二水和物 は1.681です。

2.混合水溶液には還元性や酸化性の物質は含まれていないでしょうか、たとえば酸化性の物質が含まれているとph試験紙は脱色してしまいます。
又時にはph試験紙の色素が溶け出すことさえあります、
ユニバーサル試験紙でなく、ph範囲を限定した試験紙を必ず用意してください。

Q駐車場の勾配を水平にする方法

自宅の駐車場の勾配を一部水平にする方法を探しています。
前面道路が傾斜になっているため、自宅の駐車場(道路に対して縦列に止める駐車場)も傾斜しています。道路から駐車場を見て右に勾配がついており、且つ自宅敷地から前面道路のほうにも勾配がついているため、敷地の右手前方向に勾配がついています。そこにバスケットボールゴールを設置したいのですが、その部分だけ勾配をなくして水平にしたいのです。
木材、またはブロック等で水平にとるにはどのような方法で行えばいいでしょうか?
それとももっと簡単な方法がありますか?将来的には撤去して通常の駐車場の一部としますので、コンクリートを打つことは考えていません。
何かアイデアがある方、ご教授ください。

Aベストアンサー

バスケットゴール自体を鉛直に据えるには、その座の部分に適切な厚みになるように重ねた板状の物を縛り付けるのが最も楽かと。
=何か所かに分散させること。
(ボールを扱いたい他の部分の勾配の是正は本格工事以外無理です)

Q中性はpH=7.0それともpH=7ですか?

とても些細なことなのですが、酸性・中性・アルカリ性を説明するときに「中性はpH=7」と書きますが、本当はpH=7.0と表記すべきなのでしょうか?
そうなるとpH=6.9は弱酸性、pH=7.1は弱アルカリ性となりますよね・・・中性はどこからどこまでなのでしょうか?

Aベストアンサー

温度によって、中性のときのpHは変わります。
pH=7.0というのは、25℃の時だけです。
したがって、一般的には、中性はpH=7というぐらいの有効数字で良いと思います。

もう少し詳しく書くと・・・
水の電離定数kwは温度によって変わり、10℃で0.295x10^-14、25℃で1.02x10^-14(単位は[(mol/L)^2])になっています。中性というのは、[H+]=[OH-]のときで、[H+]=√kw になります。pH=-log[H+]ですから、10℃でpH=7.3、25℃でpH=7.0となります。

Q傾斜天井用のダウンライト

新築を予定している者です。
天井が1寸勾配(5.71度)のところがあるのですが、
そこに、設計士はパナソニックのLB74396Zを図面上で配置してきました。
ところが、パナソニックによると、この照明は勾配天井に付けられないそうです。
ただ、理由を聞いても、明確な答えがもらえませんでした。
そこで質問なのですが、

1.
傾斜天井用の物ではないダウンライトを5.71度の傾斜が有る天井に付けたときに起こり得る問題とはなんでしょうか?

2.
1寸勾配(5.71度)の天井に付けられる白熱灯のダウンライトは無いでしょうか?
欲を言えば、ユニバーサル(角度を変えられるやつ)が希望です。

どちらかだけでも、ご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.天井と器具のフレームに隙間が出来る。

 放熱の方向の影響がどうなるか知る必要がある。

 正規の取り付け方法でないとメーカーは保障しない。

 ごくまれにですが点灯しない事がある。


2.パナソニックにこだわらなければ良い。ダイコウなど。

  白熱灯は確かに演色性が良いが、製造中止になるのでLED器具で考えた方がよい。

  遠藤など。

  あくまでも白熱灯にこだわる場合、E17の金口にしておけば将来的には問題ない。

  取り付け場所が容易に球交換できる場所か確認した方が良い。

  又、器具も簡単に調整できる場所か。

  ユニバーサルはあります。


など思いつくままに記してみましたが参考になりましたでしょうか?

Q廃水にpH試験紙を浸してpHを調べたところ

pH試験紙が一色に染まるのではなく、部分的に酸性の色、部分的にアルカリ性の色と まだらになる事が頻繁にあり困惑しています。

この現象について下記の2つの疑問があります。

(1)pH試験紙の色が まだらになるのは廃水がよく混ざっていないーという事ですか?

(2)まだらになっているpH試験紙の酸性の色がpH4位で アルカリ性の色がpH9位ならば この廃水のpHは4~9の間であるーと判断していいのですか?


どなた様か、回答して頂ければ とても助かります。
どうか宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

こんにちは。
大変難しい内容だと思います。

まず1、に関してですが、可能性はあります。
排水には何が入ってるのかわからないので、比重の重たい液体や、高級アルコール(炭素の数が多いアルコール)のように、ある程度の割合でしか水と混ざらないものだとか入ってる可能性もあります。

他に、酸化、還元力のある物質が入ってる場合、リトマスと反応して漂白してしまう事があります。
酸化・還元でなくてもリトマス色素と反応して色をおかしくする物質も存在します。

2に関しては、こういう場合、判定不能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報