高圧電線に付いているいくつ物の白いボールが未だに気になっています。この目的は何でしょうか?工事の時に使うのでしょうか?

A 回答 (2件)

そのボール状の物は2コ1組になってるやつですか?それであれば言葉悪いですけど、キンタマっぽく組みになってるやつ?


それでしたら、風に揺らされてぶ~らぶらしてバランス取ってその部分についている電線周辺を少し揺らします。1本の電線に複数個取り付けて、1本の電線が大きな波にならないようにします。大きな波になると電線が痛んだり、大きな波は電線の動きがスローになりますので雪が付きやすくなったりしますのでその対策品です。

ただ、こういうものは普通の電線にはついてないと思うのですが・・・高圧線に通常ついてます。

電柱と電柱を結ぶ線に複数個ついているものも碍子です。各電柱を絶縁する為に使ってます。その電線は工事用の線と思われます。電柱から電柱に線を渡す場合にその線にまずつないで(カーテンリングのように)線を延ばします。高所作業車でやる場合でも、ブームが電柱から電柱まで伸びない場合もありますし仮に固定するにも本線からぶら下げる訳にもいきませんからね。又、現物見ないとなんとも言えませんが、これからその部分に通線するのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お陰様でスッキリしました。あれは波の抑制でしたか。疑問に思って約10年にもなるのですが、誰に聞いたら言いか困っていた問題でした。

そうすると、そのボールは共鳴防止の為に、間隔を微妙に調整されているかもしれませんね。

ありがとう御座いました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

もしかして碍子(がいし)の事を言っておられる・・・?


そうであれば、あれは「電柱などの電線を支え、絶縁する為に使う、陶磁器などで作った器具」(国語辞典より)です。
参考までにHPのアドレスを載せておきますが、
ご質問はコレの事でよろしいんですか?
違ってたら補足してください。
http://www.daito-otk.co.jp/product1.html

参考URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~jammit/haidenn04.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
小生の質問の内容が不十分であったと思いますので、補足します。その白いボールは、支えの場所ではなくて、電柱と電柱の間の電線上に数個取り付けてあります。色からして、おっしゃるガイシの材質だと思いますが、なぜ空中に設置されているかが疑問です。お分かりでしたら、よろしくお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高圧電線路

高圧受電用のケーブルを納める電線路を露出することは、設備基準上可能かどうかを教えて下さい。
鋼管に納め、A種接地は施すものと致します。
設置場所は、自社敷地内ですが、人が触れる可能性はあるところです。
不可能な場合は、コンクリートで防護すれば逃げられるのでしょうか。
設備基準第○条による・・・等を教えて頂ければ助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電技解釈 第99条に高圧引込線等の施設の条文があります。

ここの第4項に、「屋側部分又は屋上部分は、第92条第2項から5項までの規定に準じて施設すること」とあります。
第92条は、No.2の方が記載している通り「堅ろうな管若しくはトラフに納め」とあります。
つまり、G管を使用すれば問題ないと思われます。
電力でも道路横断や電車線路横断の場合には、架空線を地中線に変更している立ち上り場所でG管を使用しており、路上でもこの方法で施工しています。

ちなみに同条第5項には、管にA種接地を施すか、管自体が10Ω以下である事になっています。

Q高圧鉄塔の電線って…

高圧鉄塔の電線ってどうやって架けるのでしょうか?

よく高速道路の沿線を見てると大きな鉄塔から電線が山の頂からつぎの山の中腹くらいまで支えなしで繋がってますよね?あれってどうやって繋ぐのでしょうか
。最初の1本が繋がればあとは滑車みたいので引っ張ればよさそうですが、その最初の1本はどうやって繋ぐのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

吊り橋も同じやり方ですが、最初に細いパイロットワイヤーとかメッセンジャーワイヤーを張り、
渡す事ができたら、徐々に太くして、本番の線重さに耐えれる物に替えます。
今はヘリコプターが多いと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1974079

Q高圧電線の途中にあるもの

鉄塔から鉄塔へ渡る高圧電線の途中に付いている板状のものは何でしょうか。

Aベストアンサー

よーく見ると、板状ではなく、アイスクリームを丸くすくうカップの形状が対称に2つではないでしょうか?

これは、雪の日に風で振動を起こして、電線に雪が堆積しない様にする為の物です。

これが無いと雪が降った時、電線に雪が堆積してしまい、重くなって電線が切れてしまいます。
それを防ぐ為の物です。

Q高圧電動機の電線サイズについて

初心者で申し訳ありません。
高圧電動機
定格容量300kW、定格電圧3300V、定格電流70Aの電動機にて、
盤内の主回路電線サイズの選定を行おうと考えてます。
使用する電線はKIPで計画しております。
低圧の電動機の選定の様に、電線許容電流を考慮し、
KIP38sq(40℃で185A)を選定しました
(遮断器がCBの為、38sq以上)。
またCTは120/5A(70×1.5A=105Aの上位)にしました。
選定方法は上記で合っているのでしょうか。
何か自信が持てません。上記選定で間違っているのであれば、ご指導願います。

Aベストアンサー

盤内の電線サイズは「定格電流を連続して流せる容量」+「盤内で万一短絡事故が発生した場合の事故電流遮断までの時間0.2秒程度の電流を許容できる容量」で決定します。
CBの定格をよく確認して選定してください。
なおCTについては、通常電動機起動時には定格電流の8倍程度の電流が流れるため、CTが飽和を起こしてしまいますので、飽和特性つきCTまたはCT電流容量を定格の10倍程度のものを選定することをお勧めします。

Q電気工事(電線の選定)

ある施設の電気設備の点検を行っていた所

75Aブレーカーの二次側~2mm三芯VVFで0.5M程の距離にある20Aブレーカー、20Aブレーカー、ブレーカー30Aに直列に接続されていました。
最初の20AブレーカーはOFF回路で
2番目の20Aブレーカーと三番目の30Aブレーカーは負荷が繋がっていました。

許容電流を調べた所、2mmのVVFケーブルの許容電流は35Aですので20Aと30Aのブレーカーに繋がっており、最大電流が流れた場合許容値を超えたしまうと思うもですが

電気工事の人に確認した所75Aブレーカーから20A、30Aブレーカーまでの距離が短く(0.5M)20A、30Aブレーカーの二次側には適性の電線が使われている為問題ないとの回答でした。

素人感覚では75Aブレーカーから20A、30Aブレーカーにそれぞれ2mmVVFが使用されていれば(各電線に35A流れても問題ない為)問題ないと判断で出来るのですが

20A、30Aブレーカーに最大電流が流れた場合2mmVVFケーブルで50Aの電流に本当に耐えれるのでしょうか?

個人的には75Aブレーカーから最初の20Aブレーカーまでは8sq(許容電流61A)を使用しなくてはいけないのではと思うのですが他の方の意見を聞かせてください。

許容電流以下の電線で問題ないのなら極端な話、
200Aブレーカーから0.5M程度の距離に100Aブレーカーが2台あった場合2mmVVFでも良いのでしょうか?

ある施設の電気設備の点検を行っていた所

75Aブレーカーの二次側~2mm三芯VVFで0.5M程の距離にある20Aブレーカー、20Aブレーカー、ブレーカー30Aに直列に接続されていました。
最初の20AブレーカーはOFF回路で
2番目の20Aブレーカーと三番目の30Aブレーカーは負荷が繋がっていました。

許容電流を調べた所、2mmのVVFケーブルの許容電流は35Aですので20Aと30Aのブレーカーに繋がっており、最大電流が流れた場合許容値を超えたしまうと思うもですが

電気工事の人に確認した所75Aブレーカーから20A、30Aブレー...続きを読む

Aベストアンサー

盤屋の設計をやっています。一寸気になったのですが

>2mmのVVFケーブルの許容電流は35Aですので

これ、間違っていませんか?
使用条件により異なりますが、VVFは許容温度を低く見ている為
そんなに電流を流せず、三芯の2sqなら20A程度しか流せなかった筈ですが…

http://www.sist.ac.jp/~a-nakata/gijyutsu/kyoyou_denryuu.htm

それはさて置き、その電線サイズでの配線は、普通では考えられないです
負荷電流が判っており、2sqのVVFの許容電流以下だと判るのであれば
使えなくもないかもしれませんが、基本的に電線サイズの選定は
ブレーカの容量で選定するのが普通です

また、電線の許容電流も、何もない所に1本あった場合の状態ですので
数本束になれば、熱を持ちますから、許容電流も当然下がる事になりますので
安易に、許容電流のみで考えない方が良いです

この場合の配線では、当社の場合、主幹の75Aから分岐の30Aまで14sqで配線をし
そこから20Aまでは3.5sqで配線をします

電線サイズが太いのは、安全率(マージン)を考慮している為で
当社の規定で、電線サイズは許容電流より1ランク上を見ています
(制御盤等では、配線ダクトに収納し許容電流が下がる事を考慮している為です)

盤屋の設計をやっています。一寸気になったのですが

>2mmのVVFケーブルの許容電流は35Aですので

これ、間違っていませんか?
使用条件により異なりますが、VVFは許容温度を低く見ている為
そんなに電流を流せず、三芯の2sqなら20A程度しか流せなかった筈ですが…

http://www.sist.ac.jp/~a-nakata/gijyutsu/kyoyou_denryuu.htm

それはさて置き、その電線サイズでの配線は、普通では考えられないです
負荷電流が判っており、2sqのVVFの許容電流以下だと判るのであれば
使えなくもないかもしれませんが、基...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報