このカテゴリーでよろしいんでしょうか?

医師は求められたときに「診断書」を書かねばならないという
法律が医師法19条にあります(下記)。

ただし、この法律には「正当な事由があれば」医師は

診断書を書かなくて良いとなっております。


赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、

「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの

でしょうか。

医師法
第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、
正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

2 診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは
検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、
正当の事由がなければ、これを拒んではならない。

第二十条 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方
せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を
交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診
療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書
については、この限りでない。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 赤の他人が、「見ず知らずの方の「医療」」の件で、


> 「診断書」をその診療を行った医師にすることは可能なの
> でしょうか。


1、お答え
基本的に不可能と考えます。

2、理由
(1)刑法134条
医師(医療関係者)は、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知りえた人の秘密を漏らすと処罰の対象になります(刑法134条、感染症予防法67条、68条、児童福祉法61条等)。個人の診察結果も、本人が結果の開示を容認する意思表示をしない限り、本状の秘密に含まれると考えられまので、医師が、本人の医療結果について、第三者の請求のみで公開することは、許されないといえます。

もっとも、同法のいう「正当な理由」があれば、医師が人の秘密を漏らすことも認めています。ここでいう「正当な理由」の具体例としては次のようなものがあります。

・法令上の義務によるもの(たとえば、感染上予防法12条のように、医師は患者を保険所長、都道府県知事などに届ける義務がある)
・秘密の主体である本人が同意したとき
・他人の利益を害する差し迫った危難を避けるために、やむを得ず行う緊急避難としての開示であるとき

上記例を満たす場合、医師は秘密を第三者に漏示することが許されますが、秘密漏示罪の重大な例外ですのでその解釈適用については慎重になされます。ご質問のケースからは、上記例外に当たるような事由は見当たりませんので、原則通り、第三者に対して本人のの治療情報の開示は許されないといえます。

(2)医師法19条2項について
確かに同条にいうように、医師は診断書の請求があったら交付しなければなりません。しかし、上記刑法134条の秘密漏示禁止事由に当たる場合、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当すると考えられます。となると、第三者に対しての診断書の交付は、刑法134条の例外事由に当たらない限り、医師法19条2項にいう「正当な理由」に該当し、拒否しえるということになります。
前述のように、ご質問のケースからは、刑法134条の例外事由がみあたりませんので、第三者による請求の場合、医師は医師法19条2項にいう「正当な理由」を根拠に交付を拒否しえることになります。

3。補足
法律の原則とおり解釈すると以上のような結論になります。しかし、刑法134条は親告罪です。診断書の請求をする第三者が、配偶者や親、子といった関係であり、かつ、本人の意思確認が取れないような場合などは、第三者の請求でも認められる場合もあるといえるといえます。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「医師法19条」の条文があまりにも簡素なもので、
洞解釈したらよいのかなあと。
困っております。
もちろん私は医師ではありません。
とてもくわしく、かつ、てきせつな過程をふまれてご回答いただけて感謝いたしております。
質問の要領も悪いのにありがとうございました。早速にありがとうございました。お忙しいところをありがとうございました。

お礼日時:2001/10/08 08:56

治療内容は、医師の守秘義務の範囲に含まれますので、診断内容を説明したり、診断書を提出するのは、親兄弟子などの範囲に限られます。


 全然関係のない人から診断書を求められても、書く義務はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の要領も悪いのにありがとうございました。早速にありがとうございました。お忙しいところをありがとうございました。

お礼日時:2001/10/08 08:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺言書作成に立ち会う医師は歯医者でよいか

遺言書を作成するときに医師の立ち会いを必要とするものがあります。
その場合、立ち会う医師は精神科の医師でなく、「歯科医師2名」とか「眼科医と耳鼻咽喉科医師」とかでよいのでしょうか。
そうだとすると、あまりに医師の能力を高く評価しすぎているように思います。

いかがでしょうか。

Aベストアンサー

この場合の「医師」に歯科医は含みません。法律上、「医師」と「歯科医」は別物です。

ただし、精神科医である必要はありません。というより、事理弁識能力があるかどうかの判断は、精神科医がするわけではありません。
そもそも、「内科」「外科」「耳鼻科」「精神科」「眼科」というのは、医師資格があれば何を名乗っても良いのです。「内科」を標榜するために何か研修を受けなければいけないわけではありません。医師免許があれば、そのどれも診断する能力があるとみなされるからです。弁護士が「刑事事件」「離婚事件」「民事事件」などどれを行っても標榜しても良いのと一緒です。

歯科医は歯科以外を行うことは許されません。資格試験も「医師」ではなく「歯科」ですし、学部も医学部ではなく歯学部です。難易度も全然違う別物で、事理弁識能力があるかどうかの診断はできません。

Q診断書(傷病手当金請求書)を書かない医師への対処は?

法律とは無縁の会社員です。傷病手当金請求書及び診断書を書かない
医師に腹が立ち色々調べているうちに、医師法にたどりつきました。
目が点になりました。何かいい方法があれば教えて下さい。

・心の病で欠勤、A病院(B医師)へ通院開始。
・症状が軽くなったため、通院継続しつつ職場復帰。
(欠勤中は傷病手当金請求書を提出したため支給された。)
・病気が再発して欠勤となる。
・A病院へ行くと、いつものB医師でなくC医師のみが病院にいた。
・次にA病院へ行くと、またC医師のみであった。聞いてみると、平日がB医師、土曜はC医師ということであった。
・次は平日にA病院へ行き、B医師へ欠勤期間中の傷病手当金請求書への記入を依頼したが、自分は診察していないから書かないと言われた。
診断書も拒否、C医師の所在を確認すると外国へ行ったと言われた。
・別の病院へ通院開始。以後問題なし。

会社には事情を説明したが、傷病手当金は当然支給されないし、査定にも当然悪影響があったはずである。
この結果基本給が下がったと仮定すると、ちりもつもれば山となる。
定年退職までの累計、ボーナス、時間外手当、退職金など全てに悪影響が出る。

医師法第二十条を読むと、診察していないから書かないのは正当と思えるが、患者の立場では同じ病院に通院しているのにその様な事をやられるとたまったものではない。
ここだけを読むと私は泣き寝入りするしかなさそうですが、最悪でも傷病手当金だけは何とかしたいのです。
慰謝料と減収の損害賠償はあきらめて、カルテを入手する方法を検索した方がいいんでしょうか?

【医師法】
第十九条  診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
2  診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない。

第二十条  医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。

法律とは無縁の会社員です。傷病手当金請求書及び診断書を書かない
医師に腹が立ち色々調べているうちに、医師法にたどりつきました。
目が点になりました。何かいい方法があれば教えて下さい。

・心の病で欠勤、A病院(B医師)へ通院開始。
・症状が軽くなったため、通院継続しつつ職場復帰。
(欠勤中は傷病手当金請求書を提出したため支給された。)
・病気が再発して欠勤となる。
・A病院へ行くと、いつものB医師でなくC医師のみが病院にいた。
・次にA病院へ行くと、またC医師のみであった...続きを読む

Aベストアンサー

医療関係のものですが
通常C医師がカルテに記入した以外の事での診断書は
B医師は書けませんので、正当な行為です。

通院の事実と症状ならカルテをみて書いてくれるんじゃないでしょうか。

Q正当事由に対する評価障害事実

署名・押印の有効性を争っています。署名・押印が無権代理だとの主張です。

そこで、相手方は、
「原告の悪意、又は重過失及び正当事由に対する評価障害事実を指摘する」と来ました。

悪意・・・知っている
重過失・・・知らなかったとしても、その事につき原告に重大な過失がある。例えば、電話一本すれば済む事ではないか。
正当事由に対する評価障害事実・・・知らなかった事に付き、正当な事由であるとしても、かくがくしかじかの事実の存在は、原告に当然に知るべき事由が存在し、その結果、原告には正当な事由がない。例えば、普段から無権代理者が印鑑を保持していた事を知っていた、原告は被告の内部事情に詳しい、原告の職業から考えれば、代理権の確認をすべき地位にある等々。これは、要件論?ですか?
以上の解釈、誤っていますでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

失礼ながら、質問者様は法律知識がごちゃまぜになっています。

正当事由ということは、あなたは表見代理を主張したいのですか?
しかし、表見代理だとすれば重過失ではなく、過失で足ります。

正当事由の評価障害事実は「知るべき事由」ではなく、知らないことを正当化できない事実です。

結論として、正当事由の評価障害事実は「無権代理者が印鑑を保持していた事を知っていた、原告は被告の内部事情に詳しい、原告の職業から考えれば、代理権の確認をすべき地位にある等」となるのは正しいです。

要件論というのは、要件事実論のことでしょうか?

質問者様の質問は、中途半端に正しいので、かえって何をお聞きになりたいのか分かりません。まず、質問者様が何を(どんな訴訟物を)、どんな根拠で(どんな請求原因で)請求したいのかを整理して下さい。
被告に対する反論は、これをやって初めて可能になります。

Q正当事由

賃貸借契約を貸主から解除するには正当事由が必要といわれますが、借主の同意があっても、正当事由が必要ですか?

Aベストアンサー

正当事由が必要とされるのは、借り主に
不測の損害を与えないためです。
従って、借り主が同意していれば、正当事由
の有無は問題になりません。

Q不動産の立ち退き、正当事由

 父がマンションを所有しています。
今までは人に貸していましたが、息子(以下、私)が住むことにしたいと思っています。

 この場合、私が住むことが正当事由に当たるでしょうか。

<こちらの状況>
・父は寝たきりであり、私と生計は一である。
・自営業を廃業したため、父は多少不動産収入があるが、私は無収入。
・廃業を機に私は、マンションがある県へ移り転職を試みている。
・現在は住む場所もなく、無職で家を借りれないので、親戚の家に同居している。

<借手の状況>
・15年以上借り続けている。
・家賃はキッチリ入金。
・同じビルに空き室あり。

<その他>
・借手には、昵懇な不動産屋さんがおり、こちらの不動産屋さんは何もいえない状況。
・水漏れ工事をしたい旨(借手から依頼もあった)を伝え、話し合いの結果、家賃免除とその間の代替住居提供で落ち着いたが、結局させてくれないまま数ヶ月経過。

 工事をさせてくれないので、どんどん費用負担は膨らむ一方、ゴミ屋敷状態だという事も聞きました。
自分の住む家もないのに、こんな人に貸すのが馬鹿馬鹿しくなり、節税にもなるので、何とか立ち退いてもらいたいと思っています。

 この状況で、正当事由が成立したとしても、更新まであと2ヶ月しかありません。立ち退き料などの請求されますか。
退去時期を6ヶ月先に延ばすことではダメでしょうか。

 また、更新をする場合、
2年更新を1年更新に変更することは可能でしょうか。
そうしておいて、更新した後に、立ち退きの勧告をすることは、こちらに不利でしょうか。

長くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いします。

 父がマンションを所有しています。
今までは人に貸していましたが、息子(以下、私)が住むことにしたいと思っています。

 この場合、私が住むことが正当事由に当たるでしょうか。

<こちらの状況>
・父は寝たきりであり、私と生計は一である。
・自営業を廃業したため、父は多少不動産収入があるが、私は無収入。
・廃業を機に私は、マンションがある県へ移り転職を試みている。
・現在は住む場所もなく、無職で家を借りれないので、親戚の家に同居している。

<借手の状況>
・15年以上借り...続きを読む

Aベストアンサー

文面の状況では正当理由と認められないでしょう。

もし立ち退き勧告しても出て行かない場合に、裁判をすれば判ると思いますが、100万以上の立ち退き料が必要になる可能性があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報