最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

こんばんは。全く無知なので教えてください。

数ヶ月前に、自動車で人身事故を起こしました。
相手の方がむち打ちになってしまったのですが、
幸いもめることもなく、事故後の処理はすべてスムーズに進んでいます。

先日、検察庁から呼び出され、話をしてきました。
その際、「略式起訴で金額はまだ分からないけれど罰金を払うことになるでしょう。
免停にもなるだろうけど、一日免許センターへ行けば済むと思うよ。
数週間したら裁判所から通知が届くでしょう。」
と言われました。

この話しの通りになった場合、
略式起訴されるということは、裁判の被告になったということですよね?
これから有罪とか無罪とか、判決がでるということですか?
私は前科ありということになるのですか?
現在、色々不安定な立場なので職場には知らせたくないのですが
それってまずいでしょうか?

また、こちらで過去の質問の中に「嘆願書を相手の方に書いてもらう」
という話が出ていますが、私の場合も嘆願書を書いていただいていれば、
状況が変わっていたのでしょうか?

事故は初めてですし、保険やさんからも車の修理費や治療費など
支払に関する話以外は一切なかったので、分からないことだらけです。
盛りだくさんになってしまってすいません。
どうか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一般的には、被告でもいいかもしれませんが


刑事裁判で起訴された者は「被告人」です。
「被告」というのは民事裁判で
訴えられた者のことです
ということで、【被告人】です。

事実関係で争わなければ、
簡易裁判書で、判決が出ます。
有罪で、量刑として、罰金刑となる見込みが
高い事例と思います。

前科という意味では、前科になります。
スピード違反で一発面取になるのと
同じように、前科になります。

会社への報告の義務があるかということは
質問者さんの職業が、運転関係であると
あるでしょうが、運転と無関係である場合
会社によるとしか言えないと思います。

事故後の補償その他について、スムーズに
いっているようですし
嘆願書があっても、大きく変わらない事例
であると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>前科という意味では、前科になります。
やっぱり、そうですか。
自分のしたことの責任はとらなくてはならないとはいえ、
気が重いです…。
早速の回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/26 22:48

>このような状況にあることを、職場が把握するということはありえるのでしょうか?



知ろうと思えばいくらでも知ることができます。
人身事故を起こしたことあるいは略式起訴されたことが影響するような職場なんでしょうか?
それならばなおのこと黙秘していたことでより重いペナルティが課せられるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/28 19:16

※以下、一般論としてご覧下さい。



1.刑事事件における公判(正式裁判)は、公開の原則があるので、誰でも裁判を傍聴することができます(事案によっては、裁判長が傍聴を制限することはあるが…)。
 ですから、公判となった場合、会社の同僚が偶然、○○裁判所の質問者さんの法廷を当日傍聴していれば、会社が知る可能性がないとはいえません。

 一方、略式起訴の場合、「手続は、法廷を開かない書面審理で行われる」ので、傍聴されるという心配はありません。

 警察や検察、裁判所が質問者さんのプライバシーを損ねるような行動を取るとは考えられないので、これらの機関から会社に通知がいくことはないと思います。

 ただし、警察や検察、裁判所からの書類の送り先は、ご自宅になっていると思いますが、もし、呼び出しに応じない場合や罰金を支払わない場合には、会社へ書類が送られ、差出人名(○○検察庁)が知れるという可能性はあります(取り調べの際に会社名を告げたとき)。

 また、質問者さんが有名人(政治家、芸能人など)であったり、事件が特殊であり新聞報道された場合は、知られることになりますが、今回は該当しないでしょう。

2.前回の回答にも書きましたが、会社に報告するか否かは、会社の社内規定に従うべきだと思います。でも、こればかりは「自己責任」なので、「従うべき」というアドバイスすら慎むべきかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

法律、その他についての無知を改めて実感し、
学生時代の不勉強を反省しました。
二度にわたり、詳しい回答をありがとうございました。

お礼日時:2005/06/28 19:15

1.「自動車で人身事故」というのは、刑法では「業務上過失傷害罪」に該当します(刑法211条)。



 この場合、警察は事件を検察へ送致(=書類送検)します。そこで、検察官が公訴(正式裁判)するか、略式起訴するか、起訴猶予または不起訴にするかを決定します。
 統計的に「業務上過失傷害罪」のうち、傷害の程度が軽い場合等で起訴猶予または不起訴になる者は全体の約25%、罪が重いので公訴までいく者が全体の約5%、そして、その中間の略式起訴される者が全体の約70%となっているようです。

2.略式起訴というのは、公判(正式裁判)を経ずに、50万円以下の罰金または科料を科す場合の手続きで、検察は、被告に異議がない時だけ行うことができます(刑事訴訟法461条~470条)。
要するに質問者さんが検察官に対し業務上過失傷害罪を認めると、簡易裁判所に略式起訴され、書類審理だけで裁判官が有罪(=罰金刑)判決を出します。

 一方、略式起訴に不服であり、公判(正式裁判)を望むのなら、被告人は略式起訴を蹴って、公判へ進む選択肢を取ることができます。
 ただし、公判になった場合、無罪の可能性もありますが、業務上過失傷害罪は「5年以下の懲役もしくは禁固、又は50万円以下の罰金刑」ですから、最悪の場合、懲役刑(執行猶予付きか)という可能性もあります。また、公判の場合は、1回だけで結審しません(数回、出廷する必要があります)。

 略式起訴で罰金刑を選ぶか、略式起訴を蹴って公判で闘うかは、質問者さんが決めることです(裁判所からの書類にも、書いてあると思います)。

3.罰金刑でも前科には違いないのですが、罰金刑では弁護士などの資格停止処分には該当しません。会社に報告するかは、会社の社内規定に従って下さい(この掲示板では回答不能です)。

4.「嘆願書」の効力は噂ほどないように思います。交通事故の判決を読んでも、「治療費や慰謝料の支払いを斟酌して」という表現はあっても、「嘆願書」によって執行猶予を付けたというものを見たことがありません。

 「事故後の処理はすべてスムーズに進んでいる」ので、公判ではなく、それより軽い略式起訴を検察官は選択しようとしているのだと思います。

5.ご参考までに、最高裁HPから、簡易裁判所の略式起訴に関するページを下記、参考URLに貼っておきます。左側INDEXから、「簡易裁判所の事件について」を開いて、「第4.簡易裁判所の事件について(刑事関係)」をクリックして下さい。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
とても詳しく教えていただき、勉強になりました。
また質問になってしまいますが、3.にかかわってくるのですが
このような状況にあることを、職場が把握するということは
ありえるのでしょうか?
ご存知でしたら、教えていただけたらと思います。

お礼日時:2005/06/27 20:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人身事故と検察庁からの出頭通知と罰金について

去年の11月に人身事故をおこしました。車対車の事故で信号無しの十字路にこちらが飛び出した形です。責任の割合は保険会社に任せていて分かりません。相手の方は全治1ヶ月でした。事故を起こした日に直接家にお伺いしてお見舞いに行きました。3日後に電話で体の状態を確認しました。今年の2月に警察から調書をとるために呼び出しを受けたときに行政処分が7から9点で罰金が10万から20万くらいではないかと言われました。ただ相手の方が警察に調書をとられた際にこちらのフォローをしてくれたみたいです。そのおかげか行政処分は6点で30日免停で講習と試験の点数の結果で1日に短縮されました。昨日、検察庁から出頭通知が届きましたが、罰金はいくらぐらいになるのでしょうか。

Aベストアンサー

>事故の10か月前に一時停止違反をしています。罰金にどの程度反映されますか?

今回6点の10か月前に一時停止違反の2点

合計8点です、前歴が無ければ、6~8点は30日免停同じですから影響しないと言えますね。

http://rules.rjq.jp/gyosei.html

>それと出頭指定日が父親の退院日で行けということと仕事の都合もあってこちらの都合日を指定したのですが、罰金に反映されますか?

ちゃんと出頭通知記載の電話番号に電話して相談したのであれば、反映なんてされません。


質問文を読む限りの事故内容、そして質問者様の人柄、相手の人柄を考えれば、この程度の人身事故なら、懲役になる事は100%無いと言っても過言では無いです。

最悪、罰金刑で済む話です、質問者様が原因の事故で全治1ヶ月は一般的には30~50万には変わりません、初めての事故と相手の対応も良いようなので、20~30万とは私は思ってます。


http://rules.rjq.jp/jinshin.html

Q人身事故で警察で検察庁に呼ばれると言われました。。。

雨の日に走行中、道幅の狭い道で対向車が来たので、端に寄りました。
運悪く、鉄製のマンホールに車輪が乗り、スリップして、対向車と正面衝突してしまいました・・・
お互いのスピードは30キロ以下でしたが、車は廃車・・・
相手方はご老人の男性で、ベルトが腰に食い込んだりして打ち身・打撲等をして、人身事故になりました。
本日、警察に調書を取りに出頭した際、警官に「点数は4点。年明け頃に検察庁に呼ばれるから、調書の通りに言うように」と言われました。
前にスピード違反で捕まっており、今回の事故で90日免停になります・・・
通勤にも車を使用しておりますし、免停は厳しいですが仕方ないと思っております。
しかし刑事処分のサイトを検索したところ、相手方が告訴しなければ、不起訴になることもあると知りまして、疑問に思ったことがあります。
私が検察庁に呼ばれると言う事は相手方が告訴すると言ったからなのでしょうか?
もちろん、相手方には謝罪にも伺いましたし、怒り爆発という感じでもありませんでした。怪我の方も順調のようですし・・・
私の謝罪が足りなくて告訴されるのであれば、今からでもまた謝罪に伺えば、刑事処分を受けなくて済むのでしょうか?

雨の日に走行中、道幅の狭い道で対向車が来たので、端に寄りました。
運悪く、鉄製のマンホールに車輪が乗り、スリップして、対向車と正面衝突してしまいました・・・
お互いのスピードは30キロ以下でしたが、車は廃車・・・
相手方はご老人の男性で、ベルトが腰に食い込んだりして打ち身・打撲等をして、人身事故になりました。
本日、警察に調書を取りに出頭した際、警官に「点数は4点。年明け頃に検察庁に呼ばれるから、調書の通りに言うように」と言われました。
前にスピード違反で捕まっており、今回の...続きを読む

Aベストアンサー

検察に呼ばれる理由はNo2の方のおっしゃるとおりです。今回悪質な事案では無いと思いますので検察官は警察の調書が間違いないかと言うことと事故後被害者にどう対応したかなどを聞かれると思います。自分も以前経験しましたが何回お見舞いに行ったか?何かお見舞いに持っていったか?それは幾らぐらいの物か?任意保険に入っていたか?など被害者との状況を聞かれました。面接後その場で書類送検することを言われ帰ってきました。自分は書類送検後呼び出されることも罰金もありませんでしたが裁判が必要と判断されればまた呼ばれる見たいですね

Q人身事故を起こしましたが、罰金の通知が来ません・・・。どうしてでしょうか?

今年1月19日に物損事故を起こしてしまったのですが、後になって相手方が痛いと仰られたので、
2月8日に人身事故に切り替えでの現場検証と、警察に行って状況の説明をしました。
その時に警察の方に、「裁判所からの出頭命令が必ず来るから行くように」と言われました。
しかし、ずっと待っているのですがなかなか通知が来ません。
もう警察に行ってから2ヶ月と2週間程度になります。

相手方は全快し、車も双方共に直りました。
免許の点数も、6点の減点で違反者講習を受けてきました。
(2点が安全運転義務違反、4点は人身事故による付加点数です。私の過失は軽い、との事でした。)
後は、罰金だけだと思うのですが、一向に来ないのです。

周りの人に聞けば「罰金は来ない事もある」だとか「忘れた頃に来るよ」なんて意見ばかりで、スッキリしない気分です。
この手の話にお詳しい方や、同じような経験をされた方、アドバイス頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

幸い軽症の事故のようですし、不起訴処分になったのではないでしょうか?
既に違反者講習と点数の減点の通知が来ているのであればおそらく請求は来ないと思いますよ。罰金→減点の順で通知が来るはずです。
検察が不起訴処分を出した後に公安から減点処分が下ると思いますので。
安心したいのであれば、事故を担当した警察署の担当の方に電話して聞いてみればいいかと思います。回答していただけるはずです。

Q交通事故(人身事故)加害者です。

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です。
すぐ後ろを走るトラックの運転手さんがすべてを目撃していて「どう考えても悪いのは自転車であなたは悪くないよ。証人になるから」とまで言ってくれました。
警察の話だと過失は明らかに彼女側にあるのだが自動車を運転中の事故であり当然こちらにも過失が発生するとのこと。
また彼女が骨折をしている以上、「人身事故」扱いになり「書類送検」となりますが前例からおそらく不起訴になると思いますとの話でした。
彼女に対しては会社の上司と共に自宅まで2回ほど謝罪に訪れ彼女の母親も彼女も非を認めて逆に謝罪をしてきました。
しかし当初の予定を上回り完治するのが10月頃に長引く予定です。
ここで質問です。
3ヶ月程度起ちますが警察からも裁判所からも未だ通知が届きません。
警察官(交通捜査課の刑事さん)は不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思いますとの説明を受けました。
不起訴になった場合は検察からは特に連絡がないとの説明も受けました。
今後の展開が全く見えません。
過去の色々な事案をネットで調べると長い場合半年から1年後に通知が来たとの情報もあります。
罰金、減点等どのような結果が予想されるでしょうか?

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違反があり持ち点があれば6点オーバーで免停ですが)。
私も昨年の秋に人身事故を起こし、被害者は全治1週間の打撲で4点加点でした(示談成立済み)。持ち点がなかったため(違反歴がなかった)免停にはなりませんでした。
4点の内訳は、「事故を起こしたことに対する加点2点」と、(私の場合は、特に重大な違反・過失はなかったが、何かしらの過失があったからこそ事故が起こったと言う事で)「安全運転義務違反の加点2点」。
それらの交通違反がつくので、少なくとも9千円の「反則金」(罰金ではない)がつくとのことでした(どなたかが「違反がないのだから“減点”(本当は減点ではなく加点)はありえない」と書き込まれていますが、「安全運転義務違反」という違反が「あります」)。
こういう理由で少なくても2~4点の加点が出ます。
行政処分と刑事処分は別だと書きましたが、私の場合はまず行政処分が事故から1ヵ月後に下りました…加点4点。
刑事処分のほうはあれから8ヶ月経過し、検察からの呼び出しがなかったので、おそらくあのまま不起訴処分になったと思われます(事故の規模は本当に小さかったので、あれでいちいち起訴していたら検察も大変かと…示談も成立しましたし)。
だいたい処分が決まるまで3ヶ月~半年とのことです。

すみません、だらだら書きましたが、罰金・処分の内容等、被害者の方の怪我の診断内容によりますね。
ちなみに最初の診断書の内容で確定されるとことなので、その後治療が長引いたとかは、処分の結果に影響を及ぼさないとのことです。
(現に私の場合被害者の全治は1週間との診断書でしたが、結局1ヶ月近く通院したとのことでした。処分内容に変更なし)

ただ、私も事故をやった当時こちらのサイトでかなり調べましたが、結構地域によって処分内容に微妙に差があるようです。
それで結構混乱しましたがね…
私の場合はこんな感じでした。参考までに…
(しかし、未だに反則金の納付書が送られてきていません…「忘れた頃にやってくる」とは聞いたのですが…)

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違...続きを読む

Q人身事故をしてしまいました。今後について相談

交差点で人身事故をしてしまいました。
私が運転する車が、遠方の信号赤に気を取られて、止まる速度でいましたが、信号で止まっていたバイクに、気ずくのが遅く追突してしまいました。
この交差点、停止線がずいぶん手前にあり、遠方に気を取られて目測を誤りました。

今後についてですが、被害者の方には誠意をもって対応と思っています。
賠償については、保険会社に任せています。

私の処分の行方ですが?
事故当日に鑑識の方が、検察に送る?事故現場の調書を作って、あと被害者の診断書が着たらこれで検察に送るからと言われました。
診断書の結果によっては、警察に出頭して調書の作り直しをすると、言ってましたがどう言う事でしょうか?

警察の方の説明で、刑事責任になれば罰金刑があるかもと言ってましたが。
罰金とはどれぐらいの金額なのでしょうか?

あと起訴か不起訴の確定は、いつ分かるのでしょうか?
何か通知書が来るのでしょうか?

Aベストアンサー

起訴されるかされないかは、検察官の判断。

大きい重傷事故でない限り、略式裁判にまわされます。

警察で送検するための、調書作成。
被疑者取り調べ。

地方検察庁より「お尋ねしたいことがあります」のお手紙が届く。
東京地検管轄であれば、交通犯罪は重大なものは霞が関の庁舎で、または、
道路交通部扱いの東京簡易裁判所墨田庁舎内での取り調べ。

そこでの検察官との取り調べで、検察官が起訴するかしないかの判断を行います。
HEROの久利生公平みたいのはおりません。
淡々と取り調べを行い、判断されます。

起訴されても、略式裁判であれば簡易裁判所で罰金が決定し、
出納窓口で支払いをすれば、刑事処分は終了。
相手が重症であれば、正式裁判で最悪懲役もあり得ます。
相手の診断書が2週間の治療期間を要すであれば、
略式10万円。
重症・後遺障害を残すものであれば、懲役+50万円の罰金。
(現在額は上がっているかもしれません)

相手の怪我が大きい場合、診断書が出てくるのは遅くなる。
軽ければ、すぐに出てくるはず。
出てこない場合は、人身事故扱いにならずに物損だけで済まされる可能性もあり、
刑事処分は受けなくてすむ。

あとは行政処分。
人身事故の場合、安全運転義務違反2点+付加点数2点の4点が課せられます。
初心者運転期間であれば、初心者運転講習になります。

他に2点の違反があり、累積6点を超えた場合「違反者講習」あるいは「免停」のいずれかの処分を受けます。
累積7点になったらもれなく「免停」プレゼント。免停30日。
講習を受けて29日減免してもらうことも可能。

6点未満の場合、1年間無事故無違反で違反点数は0点とカウントされます。
もし違反等を犯したら、累積点数となります。

起訴されるかされないかは、検察官の判断。

大きい重傷事故でない限り、略式裁判にまわされます。

警察で送検するための、調書作成。
被疑者取り調べ。

地方検察庁より「お尋ねしたいことがあります」のお手紙が届く。
東京地検管轄であれば、交通犯罪は重大なものは霞が関の庁舎で、または、
道路交通部扱いの東京簡易裁判所墨田庁舎内での取り調べ。

そこでの検察官との取り調べで、検察官が起訴するかしないかの判断を行います。
HEROの久利生公平みたいのはおりません。
淡々と取り調べを行い、判断されま...続きを読む

Q検察に呼ばれたら、検察庁で何するのですか??

(1)検察に呼ばれて検察庁にいったらどんな事するのですか?

(2)その日に不起訴や罰金刑とかある程度の処分は分かるのですか?

(3)略式裁判って裁判所に出頭して行われるのですか?
 普通のテレビでみる裁判と何が違うのですか?


私は器物損壊で現行犯で捕まってます。
一応謝罪と弁償は済んでますが、自分がやった馬鹿さにあきれています。反省もしています。
毎日が不安なのです。

Aベストアンサー

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と違う点は裁判官が書類上で決めてしまう、被告が出頭しない、被告が裁判官と会わないの3点くらいですか。

大体これくらいですね。こういう経験って普通の人はなかなか無いので不安かと思います。実際、当方も少し不安でした。それと経験談からのアドバイスです。おそらくこの程度の事件でしたら起訴猶予(前科がつかない)で済むと思います。器物損壊は軽い罪の方ですし謝罪と弁償が済んでいるのなら大丈夫でしょう。ただ検察官は事件の程度が低いため経験の少ない人に当たる可能性が高いです。(経験を積んだ検察官ってどうしても凶悪犯罪の方に回されますからね)ひたすら反省している態度を見せてその上で下手な事(主に調書の内容と違うことです)は言わないほうがいいです。検察官といっても所詮同じ人間ですから経験が低い人間に当たると進め方がなかなかわからないってことにもなりますからね。(当方の場合経験がない成り立ての検察官で苦労しました)それとあくまで検察官の機嫌が損ねないのがポイントです。検察官の態度次第で机上は不起訴の事件でも平気で起訴にしてきますからね。特に経験が無い検察官はなおさらです。裁判所側だって忙しいのです(ですから裁判員制度の導入が決まったわけですしね)ですがレベルの低い検察官だとそういう事実も無視して平気で起訴にしますからね。国家権力を盾に罵声、暴言、大声はもちろんの事、平気で嘘ついたりしますからね。あくまでキレずに冷静に対処してくださいね。事件の場であったことや調書の内容をそのまま言って反省していれば大丈夫ですから。あまり不安にならずにがんばってくださいね。

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と...続きを読む

Q人身事故を起こしました。再度事情聴取をされるのはなぜでしょうか?

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければならなくなった。というのですが、このようなことはどうのような理由からなのでしょうか?検察庁に書類をあげる2日前に連絡が来ました。正式な交差点での事故と見なさず、横断歩行者妨害ですのでしたし、幸い御相手の怪我が軽傷でしたのであなたはラッキーでしたよ、と先日の事情聴取で担当の警察の方がおっしゃたので、安心したのですが、電話の呼び出しの理由は、横断歩行者妨害ではなく、信号無視とみなされるので、再度・・・と。同じ警察の方からの連絡でしたが、担当する方によって(上の方々の判断によって)このように再度聴取必要ということがあるのでしょうか?定義や明確な基準はないのでしようか?初めてのことで全く無知なので、詳しい方のご意見をお聞かせいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければな...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけの事なんです。

同様の接触事故を経験しました。
この経験から書かせていただきます。

再度の警察からの呼び出しですね?
堂々と応じましょう。
これ、稀にあります(再度の現場検証)書類の不備や不明な点があるんでしょう。
別段気にする事はありませんよ。
事実関係だけを確認すればいいだけです。
しかし、実際に在った事実だけを主張してください。
自己弁護が許されてるとは言え虚偽の主張や申告はいけません。
現時点で質問者さんが申告した内容と違ったりしてる場合もありますから、そんな時には「そこは違います」と主張してください。
卑屈になって「何もかも私が悪いんです」なんて言う事ありませんよ。
開き直りと言われるかもしれませんが、そうではありません。
事実確認の説明と逆切れの開き直りは根本が違いますから。。。

「呼ばれたから来ました」「お世話かけて申し訳ないです」って調子でいいです。
車の正面に当たったのか?側面に当たったのか?など事実とは相違があれば否定してください。

赤信号で停止線を超えると「信号無視」になるので、信号のある交差点でしたので「横断歩行者妨害」ではなく「信号無視」の扱いとなったのでしょう。

恐らく最初は「横断歩行者妨害だね」ってなってたのに「ん?よくよく見たら信号機のある交差点じゃね?」「横断歩道上だよね?」「じゃあ信号無視じゃん」「あらホントだ横断歩行者妨害じゃねぇじゃん」ってな会話があったかどうかは分かりませんが、どうせこんな事の流れでしょうね。

んで「検察に上げる書類、信号無視の件として上げよう」ってなったんでしょう。

「歩行者妨害」と「信号無視」ではどちらかと言えば「信号無視」の方がキツイんですよ。
どうせやるなら「キツイ方にしちゃえ」的な感じになったんでは?と思われるでしょうが、そうでは無いでしょう。

「事実」としては「赤信号で停止線越え」ですからキツクする為ではなく「事実関係」としての書類作成は役所ですから当たり前の話なんですけどね。。。

事実は事実ですから。。。

だったとしても、この事実を受け止め、堂々としてればいいんです。
(被害者の前で堂々としちゃダメよ)

今後の予定としては。。。

検察の「査問委員会」なるトコロから「来てね」って手紙が届きます。
これは再度の確認と自己弁護の場です。
検察官が警察より提出された書類の内容に「相違ないか?」ってのと「なんか申し開きある?」ってのが趣旨です。

この場では「自己弁護主張」しても「いい場」なので、言いたいことはキチンと言いましょう。
「示談は済んでる」「相手の怪我は全治一週間である」「誠意ある謝罪は行った」などなどです。
(質問者さんにとって有利な事はどんどん言いましょう)
勿論、件の書類も確認して「ん?コレちょっと違うんじゃね?」ってトコがあったら「この部分は事実と違います」と主張してください。

やっちゃいけないのは虚偽と横柄な態度。
「存在しなかった事実=虚偽」の主張なんかしないでください。
(当たり前ちゃ当たり前だけどね)
そして、反省はしてる態度で臨んでください。
(卑屈になる事はないです)

この日のうちに罰金が確定して罰金の支払いをします。

免停は別の処理で、後に交通センターとかから呼び出しがあります。
恐らく「90日免停」でしょうね。
まあ、程度が軽いので「60日」かもね。
交通センターとかで再度「事実確認」をします。
まあ、ここまで来ると「違う事がある」なんて事はありませんけどね。
で、90日コースなら二日間、60日コースなら一日半、の講習&試験を受けます。
講習をキチンと聞いてれば「合格間違いなし」程度の試験です。
この試験に合格すると免停期間の「30日分」が免除されます。
90なら60に、60なら30になるって事です。

事故に於いて「軽い重いは問題ではない」んですけど、今回の事故は程度から考えると「軽い」方です。
(だからって「そんなもんだ」「よくある事さ」って受けてちゃいけませんよ)
逆に「重大な事故にならなくて幸いだった」「これで、打ち所が悪くて死傷事故だったら」って思ってください。
相手が高校生とか若い人だと少々転倒しても「平気x2」って調子でしょう。
これが高齢者だと「ちょいと転倒」で「死」に到る場合もあります。

今後は安全運転するようにすればいいです。

こんな事を書くのは如何かと思いますが、、、
「大した事故でなくて良かった」です。
(これは他人である立場の人間が言う事ですけどね)

これから色々面倒な手続きや免停などの「拘束」もあります。
まあ「一つ勉強」だと思って粛々と取り組んでください。

私も似たような事故をしました。
もう20年近く前ですけど。。。
当時は相当に凹みました。
今では「いい勉強になった」「いい経験をさせてもらった」と思っています。
(その後の安全運転に役立っています)

これからが色々面倒です。
どうか御身体御自愛ください。

質問とは関係無いことまで(余計な事)書きましたが、関連する事項なので、参考までに読んでください。

御参考になれば幸いです。

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけ...続きを読む

Q信号無視での人身事故 罰金は?減点は?この先どうなるの?

詳しい方どうかお知恵を貸してください。

先日、私の不注意により赤信号を見落とし、交差点へ侵入し、普通自動車と事故を起こしてしまいました。幸い相手の方のケガは大事には至らなく、検査の為に一応病院へ行くというものでした。そこで、警察の方は物損ではなく、最初から人身事故という扱いにし、私は業務上過失で送検されました。
事故の後、相手の方に電話をして、お体の具合の方を伺ったところ、『衝突した瞬間、力を入れてハンドルを握っていたため、多少肩が筋肉痛のようになっているけど、心配ない』とおしゃってました。
この際、どのくらい点数がつくのでしょうか?また、私が起訴される可能性はどれくらいなのでしょうか?起訴されるとしたら、罰金が課されると聞いたのですが、こういうケースではいくらぐらいになるのでしょうか?

自分で調べていても、交通事故は多種多様なので、よくわかりません。詳しい方、どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

事故お見舞い申し上げます。
大事に至らなかったことは不幸中の幸いでした。
ご加入保険会社と密に連絡を取り、示談を進めましょう。

>不注意により赤信号を見落とし、交差点へ侵入し、普通自動車と事故を起こしてしまいました。
◎過失割合100:0の一方的加害事故ですね。

>警察の方は物損ではなく、最初から人身事故という扱いにし、私は業務上過失で送検されました。
◎事故によるケガ人があれば、当然にも人身事故です。
ケガの程度に関係なく人身事故に違いはありません。
人身事故は、物損事故と違い刑事責任追及され、罪名は「業務上過失傷害罪」となるわけです。
運転するという「業務」中、
事故を起こさないようにしなければならない義務を、不注意による信号見落としなどの過ち、すなわち「過失」を犯し怠り、
他人様にケガを負わせてしまった
罪というわけです。

>相手の方に電話をして、お体の具合の方を伺った
◎できれば、菓子折りなど持参して、謝罪とご機嫌伺いをしておいたほうが良いでしょう。

>多少肩が筋肉痛のようになっているけど、心配ない』とおしゃってました。
◎ケガがないなら、人身扱いを取り下げてもらいましょう。
事故当初、警察は、相手が病院へ運ばれたことと、これまでの事故処理経験から、ケガしているに違いないと考え、人身扱いで処理していると思われます。
しかし、検査の結果、本当にケガがなければ、人身事故ではありません。
誠意を尽くしたうえ(このようなことからも、お見舞い訪問することで誠意を表明することが大事と)、
「人身事故は免許点数による免停などの行政処分、罰金などの刑事処分が科せられ、充分反省しているのでカンベンして下さい」と、お願いしましょう。
ケガのない被害者の申し出というか了解があれば、人身事故届けは撤回可能です。

>どのくらい点数がつくのでしょうか?
◎人身事故の点数。
【ケガにつく点数】
一方的過失の場合で、全治15日以下=3点(30日以下6点)
【事故原因につく点数】
赤信号無視=2点+(場合により)安全運転義務違反=2点
合計5~7点と思われます(物損事故なら0点)。

>私が起訴される可能性はどれくらいなのでしょうか?
◎相手のケガ次第。
警察から検察へ書類が送られ(送検)、司法判断がされますが、流れは大きく三通り。
不起訴または起訴猶予=実質的オトガメなし(何も連絡はありません)。
略式起訴=公判を開いて裁くほどでもない=罰金刑。
正式裁判=公判が開かれる、すなわち、裁判が行われ刑が確定します。

>罰金が課されると聞いたのですが、こういうケースではいくらぐらい
◎50万円以下、推測すれば10万円程度(?)。
昨年あたり罰金の上限が上がったかもしれませんが、参考までに。

※ケガしているなら人身事故届けは取り下げられませんので、その場合なら。
被害者へ充分な補償をした上で「減刑嘆願書」を書いてもらい検察へ提出すれば、
罰金が減額される可能性が高いです(10→5万円または0など)。

これを機会に、今後はボーとした運転をしないように心掛け、絶対事故を起こさないよう安全運転したいものです。

事故お見舞い申し上げます。
大事に至らなかったことは不幸中の幸いでした。
ご加入保険会社と密に連絡を取り、示談を進めましょう。

>不注意により赤信号を見落とし、交差点へ侵入し、普通自動車と事故を起こしてしまいました。
◎過失割合100:0の一方的加害事故ですね。

>警察の方は物損ではなく、最初から人身事故という扱いにし、私は業務上過失で送検されました。
◎事故によるケガ人があれば、当然にも人身事故です。
ケガの程度に関係なく人身事故に違いはありません。
人身事故は、物損事故と...続きを読む

Q人身事故で前科がつく??

過去の質問の回答から、自動車事故により人を巻き込んだ場合、被害者にあたる方が裁判を起こした時だけ罪に問われる、ということでしょうか??ということは極論、人が亡くなった場合でも遺族の方が訴えなければ罪に問われることもなければ、前科がつくこともないということでしょうか??

Aベストアンサー

人身事故を起こしたら

・事故責任

人身事故を起こすと「行政責任」「刑事責任」「民事責任」の3つの責任を負います。

行政責任は「違反点数の加算」や「免許停止」や「免許取消」などです。

刑事責任は「罰金刑」や「懲役刑」や「禁固刑」です。

民事責任は「治療費」や「慰謝料」や「賠償金」などの賠償責任です。

・事故報告

交通事故(物損・人身どちらも)を起こした場合、警察に事故を報告する義務が発生します(道路交通法)

事故で怪我人が出ると、人身事故になります。

・出頭命令

人身事故を起こすと、最初に、ハガキで出頭要請が来ます。

出頭すると「事情聴取」されて「弁明の機会」について説明され、軽微な人身事故の場合、その場で、略式裁判になります。

死亡者が出ていたり、後遺症が出ているなどの重度の事故の場合は、事故時に逮捕されるので、出頭要請などは無く、略式裁判にならないで正式な裁判になります。

・略式裁判

略式裁判では「○月○日、貴方は○○で事故を起こし、被害者○○に全治○日の怪我を負わせましたね?間違いありませんか?何か弁明したい事は?」と担当判事に聞かれるだけです。

ここで「間違いありません」と答えると、その場で判決が確定し、罰金刑などの刑事罰が科せられます。その場で罰金を払えば帰宅できます。

この時「事実と違う」とか「反論がある」とか言うと、略式裁判では結審せず、後日、正式裁判になります。

・前科とは

「警視庁の犯罪記録」と「警察庁の前歴簿」と「市町村の犯罪者記録」の3種類があります。

「警視庁の犯罪記録」は一定期間で消え、消えない間に累犯すると「より重い罰」が与えられます。

「市町村の犯罪者記録」は転居するか、死ぬまで消えません。

「警察庁(各県警)の前歴簿」は、不起訴になったり執行猶予になった分も、全部載ります。

・判決が確定し、刑罰を受けると

罰金刑も「刑事罰」ですから、罰金刑が科せられると「犯罪者」になります。

しかし、警視庁の「犯罪記録」では「交通関係の罰金刑以下は記録を省略」とされ、交通関係で罰金刑だけの場合は記録されません。

市町村の「犯罪者記録」にも、交通関係の罰金刑は記録されません。

ですが、警察庁(各県警)の「前歴簿」は警察独自に作成していますから、これには載ってしまうかも知れません。

ただし「犯罪者記録、犯歴記録及び前歴簿」に記録されなかったとしても、本来罰金刑が刑事罰である以上「前科」である事には違いはありません。

たとえ「記録を省略された」としても「記録が残らない前科」な訳ですから、前科は前科です。

そういう訳で「前科が付かない」のは「刑事裁判で無罪判決が確定した場合のみ」です。

・刑事と民事

警視庁の犯罪記録に載る、市町村の犯罪者記録に載るのは「人身事故の刑事裁判の判決が確定し、刑を受けた場合」ですから、遺族は無関係です。

遺族が訴えるとしたら「損害賠償に関する民事裁判」ですから、刑事裁判とは一切関係無いのです。

ぶっちゃけ、刑事裁判で無罪になって前科が付かなくても、遺族が訴えた民事裁判で敗訴し賠償金を払わされる結果になる事だってあります。

人身事故を起こしたら

・事故責任

人身事故を起こすと「行政責任」「刑事責任」「民事責任」の3つの責任を負います。

行政責任は「違反点数の加算」や「免許停止」や「免許取消」などです。

刑事責任は「罰金刑」や「懲役刑」や「禁固刑」です。

民事責任は「治療費」や「慰謝料」や「賠償金」などの賠償責任です。

・事故報告

交通事故(物損・人身どちらも)を起こした場合、警察に事故を報告する義務が発生します(道路交通法)

事故で怪我人が出ると、人身事故になります。

・出頭命令

人身事故を...続きを読む

Q人身事故の罰金について

先日、私が100%悪い
追突事故を起こしました。
点数の通知は5点が来ました。
相手方とは、保険に任せている状況です。
この後、検察からの呼び出しは、いつ頃になるでしょうか?(くる確率はたかいでしょうか?)
罰金もいくらぐらいになるか、知りたいです。

ご存知の方
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨年の自動車運転過失致傷罪の起訴率は、9.9%(約68万人の被疑者に対し、起訴されたのは約67,000人)です。

免許点数の加点は行政処分ですから、事故当初の診断書で判断されることが多いのですが、刑事処分は被害者の治療状況や被害者感情も大いに勘案されるため、被害者が加害者側の対応に不満を持っているかどうかも、起訴・不起訴の判断材料になります。

この辺りは、検察の判断となりますので、なんとも言えませんが、検察から事情聴取の出頭要請があった場合は、起訴(略式手続による罰金刑)の可能性が高くなります。
事情聴取の際は、被害者との示談状況について尋ねられますので、被害者の治療状況等を把握しておく必要があります。また、加害者の事情聴取後に被害者にも事情聴取がありますので、被害者への謝罪等の連絡もとっておく方がよいでしょう。

起訴された場合、過去に交通違反の処分歴・人身事故歴がなく、当初の診断書が軽傷であれば罰金は10~20万円です。

被害者側へきちんと対応し、十分反省していれば不起訴となるでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング