戦時中に沈没した戦艦を引き上げてまでして原子力施設にリサイクルしているらしいのですが、なぜそんな大掛かりなことをするのでしょうか?
戦前の鉄はそんなに特殊(現在の技術では再現出来ない?)だったのでしょうか。

A 回答 (6件)

下記の回答されている方々がおっしゃると通り、放射線測定装置の部材に使われると聞きました。


現在の溶鉱炉の耐火煉瓦には、レンガの原料である粘土(輸入物)に、放射性物質(確かラジウムだと聞きました)が比較的多量に含まれているそうです。
戦前の溶鉱炉の耐火煉瓦は、国産品が多く、その粘土には、放射性物質が極めて少ないそうです。
そのため、戦前の鉄には放射性物質が入りこむ機会が少なかったそうです。
(近所の山間に今でも細々、陶土を掘って耐火煉瓦を作っている工場があります)
ですから、戦前の鉄は戦艦陸奥に限らず、放射線測定器具では重宝されています。
宜しく、参考にして下さい。
    • good
    • 0

 他の方が答えていらっしゃるように、現在の作られている鉄には意図的に(たぶん鉄が均等に延ばされているか調べるためだったと思います.)放射性同位元素が加えられているそうです.


 昔に作られた鉄はそれが加えられていないので、放射線は全く出ないと考えていいですよね.それに、鉄は放射線を吸収する性質が強いので、自然放射線をカットしてくれるのです.だから多分微量放射線の計測に使うのではないでしょうか.(微量な放射線を測定するのに、自然放射線が入ってきたら、単純に考えて測定結果を信用できませんよね.多量の放射線だったら少量の自然放射線は無視できますよね.)ただ、どれだけ鉄が自然放射線をカットしてくれるのか分かりませんが。

この回答への補足

ご回答を頂いた皆様、ありがとうございました。
戦艦の意外な第2の人生の真相を知ることが出来て感動しています。

補足日時:2001/10/15 16:15
    • good
    • 0

nakaji068さんの参考URLの閲覧で見落としました。


意図的に、コバルト60が添加されたんですね。
浅学の極みです。
回答のアドバイスの不具合、お詫びいたします。
大変な勉強になりました。
    • good
    • 0

戦艦陸奥のことですね。

以前、新聞に載ってました。
戦艦陸奥を海中からひきあげて、砲身の鉄を微弱放射線測定装置の壁面に使うらしいです。理由はoribeyakiさんが回答されている通りです。
詳細は参考URLを見てください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/heiki3/mutu …
    • good
    • 0

調べてみたらこういう話がありました。



ホールボディカウンター(体内残留微量放射線測定装置)というものがあり、
これに一時期(今も?)戦前の戦艦の鉄材が使われていたそうです。
なぜかというと、現在の鋼材の製造時に、炉の損傷を調べるためにコバルト(Co60 もちろん放射性物質)を使用しているそうです。
炉壁の材料にコバルトを含ませておくと、炉壁の損傷度合いが、製造された鋼材に含まれるコバルトの量でわかるということらしいですね。

このコバルトが、ホールボディカウンターに影響を与えるので、
戦前のコバルトの含まれていない鉄を使ったとか・・・

以上、また聞き的情報でした。^^;

>戦前の鉄はそんなに特殊(現在の技術では再現出来ない?)だったのでしょうか。
戦艦などに使用されていた特殊鋼の生成技術は終戦時の軍事機密の焼却処分などで
かなり失われたと聞いたことがあります。
(当時は、戦艦の打たれ強さに関係してくるので各国とも鉄の成分は軍事機密でした。)
また、戦艦の主砲の作成技術なども失われてしまったため、今の日本では大和は作れません。
(すいません、趣味に走りました・・・m(_ _)m)
    • good
    • 0

単純にコストの問題ではないでしょうか?



原子炉の格納容器なんかは特殊鋼を使っていたと思いますし
鉄鉱石の段階から作るより
戦艦をサルベージして再生するほうが安いのでしょうね

戦艦の船体も普通の鉄板で作っているのではないので
そのようなこと(沈船引き上げ)をするのでしょう

ちなみに
今の軍艦では無理だと思います
今の戦闘艦は
「いかに当らないようにするか」
「当った場合のダメージコントロ-ルをどうするか」
などを主眼において設計していますから
先の大戦の戦艦のように重装甲で攻撃に耐えると言う設計ではないので
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙戦艦ヤマト

今日、車でラジオを聴いていたのですが、そこで宇宙戦艦ヤマトの英語版?のロックみたいな曲が流れていて、自分的にとても気に入り、仕事が終わり自宅で調べたのですが、曲名と歌手が分かりませんでした。
どなたか知っている人はいませんでしょうか?
インターネットで「宇宙戦艦ヤマト 英語」で調べましたが、出てくるのはささきいさおさんのだけでその曲とは違いました。
ラジオは朝の9時ごろでラジオ番組は名古屋市内で聞ける番組ですが、覚えていません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカのヘヴィメタルバンド・ANIMETAL USA(アニメタルUSA)の、“Space Battleship Yamato” ではないですか。

貼付リンク先で試聴ができますが、違いましたらすみません。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%ABUSA/dp/B005E35K44

Qタイタニック沈没時の不思議

映画・エンタメというよりはこちらの問題かと思いカテ違いの質問をさせていただきます。
タイタニックの映画を見るとき、人々が飛び込んだり、溺れたりしている海面は、どの映画をどう見てもプールや遮蔽された水域の水面です。セットがどうとか、特撮がどうとかでなく、そのシーンだけがすごく不自然に見えるのです。
あの、かなりリアリティを考証したというキャメロン監督のタイタニックでさえ、これが大西洋の真ん中かというような、まるで屋内プールの水面です。
実際の生存者の証言でも、全く凪のない穏やかな水面だったという証言があり、その証言にもとずくものかもしれませんが、どう見ても、ほかの映画(たとえば忘れ得ぬ夜とか、タイタニックの最後とか)でもこのシーンだけがプールに見えてしまいます。

タイタニック映画をご覧になった方(デカプリオ版に限らず)で海洋気象等にお詳しい方がいれば教えてください。大西洋の真ん中で屋内プールと同じような水面状況(凪等が全くないどころか外洋の波長の非常に長い波による海面のわずかな波状による上下もない状態、つまりあの映画で人々が飛び込む水面)になることがあるのでしょうか。

映画・エンタメというよりはこちらの問題かと思いカテ違いの質問をさせていただきます。
タイタニックの映画を見るとき、人々が飛び込んだり、溺れたりしている海面は、どの映画をどう見てもプールや遮蔽された水域の水面です。セットがどうとか、特撮がどうとかでなく、そのシーンだけがすごく不自然に見えるのです。
あの、かなりリアリティを考証したというキャメロン監督のタイタニックでさえ、これが大西洋の真ん中かというような、まるで屋内プールの水面です。
実際の生存者の証言でも、全く凪のない穏やか...続きを読む

Aベストアンサー

当時の海面の状態と思しき写真が下記のサイトにあります。
タイタニック (客船) - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/タイタニック_(客船)
この中に
「カルパチアに近づく救命ボート」という写真があります。
屋内プールのような海面でないことだけは確かです。

>大西洋の真ん中で屋内プールと同じような水面状況(凪等が全くないどころか外洋の波長の非常に長い波による海面のわずかな波状による上下もない状態、つまりあの映画で人々が飛び込む水面)になることがあるのでしょうか。
映画を見ていませんので、何とも言えませんが、波は風で起こされますので、どこまで伝わるか、ということと、どの程度の波長かということかと思います。
高気圧の中心付近ですと、無風状態になり周辺では波が発生しなくなり、高気圧から周辺へ吹き出す風で高気圧の外側の波が打ち消されるということはあります。
ただ、そうは言っても程度問題です。
北太平洋では瀬戸内海のように島影がくっきり写るほどには静かにはならないでしょう。
記録などからすれば、北大西洋の常識からすれば極めて穏やかな状態であったことは間違いはないでしょう。

広い外洋では気圧のバランスで無風状態が何日も続くということはあります。
帆船時代の船乗りを苦しめました。
うねりも波長が長くなり、人間が作った船程度の大きさでは感じられないこともあります。
陸地に近づいて、陸地から打ち返される波と出会い増幅されて初めて波として感じられるようになります。
外洋に面した海岸で波が無いという日がないのはこのためです。
瀬戸内海のような内海では、凪と同時に波がない状態がおきますが、外洋に面した海岸では非常に起きにくい現象です。

ということで、屋内プールのような海面というのはありえないでしょう。
とは言え、今日のようにコンピューターグラフィックが発達していなかった当時、フィルム撮影だけで波を忠実に再現しろ、と言っても無茶でしょう。

当時の海面の状態と思しき写真が下記のサイトにあります。
タイタニック (客船) - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/タイタニック_(客船)
この中に
「カルパチアに近づく救命ボート」という写真があります。
屋内プールのような海面でないことだけは確かです。

>大西洋の真ん中で屋内プールと同じような水面状況(凪等が全くないどころか外洋の波長の非常に長い波による海面のわずかな波状による上下もない状態、つまりあの映画で人々が飛び込む水面)になることがあるのでしょうか。
映画を見ていませんので、...続きを読む

Qガンダム側戦艦と宇宙戦艦ヤマト側戦艦どっちが強い?

ガンダム側戦艦は地球連邦軍(U.C0079~0088)(ティターンズも含め)

エゥーゴU.C0087~0088までの戦艦
         vs
宇宙戦艦ヤマト1.2.3シリーズ戦艦どっちが強いのでしょうか。
ルールはms•戦闘機などの発進は禁止
戦艦の実力で勝負
かつのはどっちでしょうか教えて下さい。
(僕は連邦軍•エゥーゴを応援してます)

Aベストアンサー

29万6千光年の旅を成し遂げた程の宇宙戦艦ヤマトは、
ガンダム側戦艦の物資補給や燃料補給が比べようがありません。

ガンダム側戦艦のミノフスキー粒子の存在があっても、
宇宙戦艦ヤマトの攻撃の作戦しだいではガンダム側戦艦の補給はまま成らないでしょうね。

アステロイドシップ計画で、攻守に特化した宇宙戦艦ヤマトは、
宇宙を漂う岩石と化すので、ガンダム側戦艦に発見されない。
ガンダム側戦艦がミノフスキー粒子散布でレーダーを殺しても無駄です。
空間磁力メッキでタキオン粒子を利用した光学兵器やエネルギー兵器を反射させる訳で、
宇宙戦艦ヤマトを沈める事はガンダム側戦艦にはムリです。

波動エンジンがある限り宇宙戦艦ヤマトのエネルギーは無尽蔵でしょう。
ガンダム側戦艦が物資補給や燃料補給の機会に宇宙戦艦ヤマトがアステロイドシップ計画で、
岩盤を回転させてガンダム側戦艦を沈めるとミサイルは消費しないで良い訳で、
で、イザと成れば、極短距離のワープで距離を取ればよい訳です。
更には、ガンダム側戦艦がワープでガンダム側戦艦にぶつければ、
レーダーがどうのこうのの騒ぎじゃない訳です。

なので、ガンダム側戦艦の圧勝ですね、いや、勝負に成らないのでは?。

29万6千光年の旅を成し遂げた程の宇宙戦艦ヤマトは、
ガンダム側戦艦の物資補給や燃料補給が比べようがありません。

ガンダム側戦艦のミノフスキー粒子の存在があっても、
宇宙戦艦ヤマトの攻撃の作戦しだいではガンダム側戦艦の補給はまま成らないでしょうね。

アステロイドシップ計画で、攻守に特化した宇宙戦艦ヤマトは、
宇宙を漂う岩石と化すので、ガンダム側戦艦に発見されない。
ガンダム側戦艦がミノフスキー粒子散布でレーダーを殺しても無駄です。
空間磁力メッキでタキオン粒子を利用した光...続きを読む

Q戦時中の日本における国家総力戦について

 大学の授業で「国家総力戦における民衆の生活」についてやっていたのですが、結局のところ、それが戦中や戦後にどう連続してきているのか、また、国家総力戦自体の合理性はどこにあるのかを教えてください。

Aベストアンサー

「連続」に関しては野口悠紀雄さんの
『1940年体制』・東洋経済新報社 (1995-05-08出版)
が参考になると思います。
(きっと授業で紹介されているでしょう・・)
だけれど、野口さんが指摘なさっている事例以上に
「連続」はあると思います。

「合理性」については・・・・
総力戦の「理念」はともかく
戦略的に「敵国」に効率的に勝つという意味では、
合理性のかけらなかったのではないのでしょうか?
というか、感じられません。

Q宇宙戦艦ヤマト

何で今頃と思われるかもわかりませんが
宇宙戦艦ヤマトにハマッて全部見てしまおうと思っているのですが
テレビシリーズと映画シリーズの見る順番がわからないので、放送された順番を教えてほしいです。

[テレビ]宇宙戦艦ヤマト1
[テレビ]宇宙戦艦ヤマト2
[テレビ]宇宙戦艦ヤマト3
[映画]新たなる旅立ち
[映画]さらば宇宙戦艦ヤマト
[映画]愛の戦士たち
[映画]ヤマトよ永遠に
[映画]宇宙戦艦ヤマト完結編

どういう順番で見ればいいでしょうか。
(現在[テレビ]宇宙戦艦ヤマト2迄見ています)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

宇宙戦艦ヤマト(TV 1) ~ 宇宙戦艦ヤマト(映画)
宇宙戦艦ヤマト2(TV) ~ さらば宇宙戦艦ヤマト(映画)
新たなる旅立ち
ヤマトよ永遠に(映画)
宇宙戦艦ヤマト3(TV)
宇宙戦艦ヤマト完結編

の順です。
映画とTV版を併記しているものがありますが、これは内容はほぼ同じですが、映画にする時に脚本の一部が書きかえられ、特にラストは大分違うものになっています。
それに伴い、それぞれを時系列をそろえてみようとすると多少の矛盾が生じるような内容になっていますが、大体この順序で見ると楽しめると思います。

Q夏休みの自由研究 懇談会の前に引き上げられて

子供の通う学校では、毎年夏休みが明けて1週間後くらいに、保護者の懇談会が行われます。

通常教室の後ろには、子供たちの自由研究の作品(絵・工作・習字などなど)が並んでおり、その鑑賞も楽しみのひとつです。

ところが、今年のクラス(3年生)は、自由研究を持参した後、懇談会を待たず数日で持ち帰ってきました。

今年の夏は子供と調べ学習をし、何件も博物館を訪問し、それをまとめるために(親の私が)そうとう苦労しました。

懇談会終了後の自由研究の鑑賞で「わ~よくできてるね~」と、少しでも他の保護者のみなさんからの賞賛の声が聞けたなら、私の苦労も労われると思っていましたが、がっかりです。

その理由を先生に聞くと、コンテストに出す作品を選んで提出したので、懇談会には全員の作品をならべられないので不公平になると思い、学年で話し合い、コンテストに出さなかった作品は返却したとのこと。(他の学年、少なくとも姉のクラスはまだ展示してあります)

もちろん、クラス内の子供同士で作品を発表しあい、鑑賞はしたようです。

みなさまからは、子供の作品は親の名誉欲(?)を満たす為のものではないし、そもそも子供の課題に親が手を出し口を出すべきでないとのお叱りをいただきそうですが、今年の夏休みは子供に手をかけてあげようと張り切った後のこの脱力感。

来年は、本人に絵を描かせて(当然ですが)終わりにしようと心に決めた私に、お叱り、励まし(あるかな?)など、お願いします。

子供の通う学校では、毎年夏休みが明けて1週間後くらいに、保護者の懇談会が行われます。

通常教室の後ろには、子供たちの自由研究の作品(絵・工作・習字などなど)が並んでおり、その鑑賞も楽しみのひとつです。

ところが、今年のクラス(3年生)は、自由研究を持参した後、懇談会を待たず数日で持ち帰ってきました。

今年の夏は子供と調べ学習をし、何件も博物館を訪問し、それをまとめるために(親の私が)そうとう苦労しました。

懇談会終了後の自由研究の鑑賞で「わ~よくできてるね~」と、少しでも他...続きを読む

Aベストアンサー

あ~、でもお気持ちはすごくわかりますよ。
自分の子供の作品が褒められればうれしいのは当たり前ですし、
親も頑張った分、心の中でガッツポーズ位しても罰は当たらないと思います。
それに他の子がどういうものを出しているか見たいですし、
普通は懇談会があるとわかっていれば、その機会に見せて欲しいのでは?
1か月ならともかく、1週間も飾らずに返されては、子供もがっかりしたでしょう。
先生の言う不公平という理由もよくわかりません。
出したくても出せなかった子がいるなら不公平と言うのもわかりますが、
その場に飾られていないという事はコンテストに選ばれたという事ですから、むしろ名誉なこと。
それともコンテストに選ばれなかった子が可哀そう、という意味なんでしょうか。
来年は・・・などと言わず、コンテストに選ばれるような作品目指して頑張って下さい。

Q★戦艦大和

★戦艦大和

戦艦大和は、建造費(現在換算約2.5兆円)と人的損害2700名余に比べて
戦果は護衛空母ガンビアベイに一発当たったとか当らなかったとか、
駆逐艦ジョンストンを撃沈したとかしないとか怪しげなものが2件程度しかありません。

ということを考えると、源田実が言うように、戦艦大和は世界三大バカ建造物の一つ(万里の長城、ピラミッド、戦艦大和)というのにもうなずける気がするのですが
戦後、戦艦大和はアニメになったり映画になったりと戦後の人々の心をひきつけているようです。

戦艦大和の何が人々の心を惹きつけているのでしょうか。

Aベストアンサー

その船が活躍するかどうかだなんて、そりゃ運です。だから、戦果で建造費を割って、割に合ったかどうかなんて計算をするのはナンセンスですよ。それをいったら戦争そのものが不毛な行為なんですから。

戦艦大和が日本人の心を惹きつけるのは「世界一の大きさと主砲を持つ艦であった」ということと「大和」という名前にあると思います。悲劇的な最後も英雄物語の最後にふさわしいですね。ただ、英雄物語と違うのは、英雄物語には欠かせない「超人的な活躍」がないことです。その点においては、欧米で人気の戦艦はビスマルクです。敵戦艦を生存者わずか3人しか残らぬほどに一撃で葬り去るなんて、全盛時のピーター・アーツのようです。

海軍というところはちょっと特殊なところがありまして、それはフリート・イズ・ビーイング、艦隊現存主義ともいうのですが、軍艦は「使わないで置いておくことにも意味がある」というところがあるのです。それはどういうことかというと、敵が強力な戦艦を持っていると分かると、そうおいそれと敵の方に攻めていくわけにはいきませんよね。敵戦艦にとっ捕まったらエライ目に遭いかねません。それに、敵戦艦があると思うと、味方の輸送船などにも護衛をつけてやらないとアカンとなったり、それに対抗するためにこっちも戦艦を手元に置いておかなければならないということになります。
しかし、ひとたび海戦となると、数に劣勢な方はほとんど必ずといっていいほど敗北し、そして大抵それによって戦争の帰趨や帝国の寿命にも影響してしまうのです。例えば、日露戦争では数も充分ではなかったウラジオストック艦隊の通商破壊戦に日本は散々苦しみました。ウラジオ艦隊に対抗しなければならなかったのですが、旅順艦隊もいたし、なによりバルチック艦隊に対抗するために日本艦隊主力は割かれていたので、ウラジオ艦隊は存分に暴れたのです。しかし、ご存知日本海海戦でバルチック艦隊が完膚なきまでに叩きのめされると、もうウラジオ艦隊は出撃できなくなります。今や日本主力艦隊がウラジオ艦隊も海の藻屑にしてくれんと存分に暴れられるようになったからです。

ナチス・ドイツ海軍は、戦艦ビスマルクが沈められると姉妹艦ティルピッツを北海の奥深くに置いて出撃させようとしませんでした。しかし、ビスマルク級の恐ろしさが身に沁みている英国海軍は執拗なまでにティルピッツに空襲をかけました。それは、ティルピッツが北海を通る対ソ連への輸送船団を襲い掛かるのではないかと恐れたからです。その意味では、英国海軍を引きつけたという点において、ティルピッツが出撃しなかったことにもある意味はあったといえます。

戦艦大和も、日本海軍としては切り札だと思っていましたから、変なところで焦って使って沈ませでもしたら大変だと手元に置き続けたのです。源田氏は海軍軍人ながら航空至上主義者でもあったので多少さっぴいて考える必要はあろうかと思います。実際問題、レイテ海戦では米軍は栗田艦隊に対し執拗な航空攻撃をくり返しながら「謎の反転」をするまで栗田艦隊の動きを食い止めることはできなかったのですから(しかも武蔵を失った程度で、大和を始め艦隊主力は脱出に成功しています)。

その船が活躍するかどうかだなんて、そりゃ運です。だから、戦果で建造費を割って、割に合ったかどうかなんて計算をするのはナンセンスですよ。それをいったら戦争そのものが不毛な行為なんですから。

戦艦大和が日本人の心を惹きつけるのは「世界一の大きさと主砲を持つ艦であった」ということと「大和」という名前にあると思います。悲劇的な最後も英雄物語の最後にふさわしいですね。ただ、英雄物語と違うのは、英雄物語には欠かせない「超人的な活躍」がないことです。その点においては、欧米で人気の戦艦は...続きを読む

Q年間50兆円借金をして公務員のボーナスを引き上げるってどういう心理なんですか?

年間50兆円借金をして公務員のボーナスを引き上げるってどういう心理なんですか?

Aベストアンサー

お役人(各省庁職員=公務員)も自分の生活があるため、現在の仕事を守らなければなりませんが、魅力の実態は利権でしょう。
無駄な事業と評されようとも事業廃止はできません。退官後の天下り先確保にもなります。
それらを維持するためにも「年間50兆円借金」を止めることもできません。
民間企業の給料は社員業務成果の対価として決まりますが、公務員のそれは「民間同等」が基準で、業務成果によらないところも不思議です。

公務員のボーナスというよりも給与引き上げでは?
これを決めるのは国会ですが、ついでに決める議員自身の報酬アップにもなります。こんなおいしい仕事(報酬アップの協議自体が仕事)は無いですよね。

「痛みを分かち合う」ところの議員数削減は全く手を付ける気配はないし、ましてや議員報酬削減なんてのは言い出したら村八分になります。
そんな集団の心理は理解を求めるほうが無理、というものです。
(最近の議員数削減に絡む話しは一票の格差低減によるもので、「痛みを分かち合う」歳費削減には全く関係していません。)

Q適当に回答お願いします。 あなたは宇宙戦艦ヤマトと宇宙戦艦ナデシコどちらが、好きですか?

適当に回答お願いします。
あなたは宇宙戦艦ヤマトと宇宙戦艦ナデシコどちらが、好きですか?

Aベストアンサー

機動戦艦と言ってくれという程度に。

Q再現性と等価性?

某大学院入試の過去問を見てて,どうしても分からない単語がありました.
再現性と等価性がそれです.相違点を明確にしながら200字で説明したいのですが,どの領域の用語かすらわかりません.
どういう意味なのか,教えてください.

Aベストアンサー

理工系の経験からですが、

「再現性」というのは、何度同じ実験を繰り返しても、同じ結果が得られること。

「等価性」というのは、一見無関係に見える2つ以上の事象・現象が、
実は、本質的に同じであるということ。
(相対性理論における質量とエネルギーの等価性、
 連立一次方程式を解くことと逆行列を求めることは等価、など)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報