平成3年にある会社がオフィス機器のリース契約をし、私がその支払いについての連帯保証人になりました。しばらくしてその会社が業務を停止したため、やむなく私が毎月のリース料を支払っておりました。
そろそろ終了という平成9年9月まで支払い続けたあと、ぷっつりと信販会社からの連絡がなくなったため、もう終わったものだと思い続けていました。
すると先月急に郵便が届き、残金と損害金約30万円を一括で支払えと言ってきました。なんでも私がそのころ引越したために、請求できなかったとのことでした。
残っていたなら支払うべきかとも思いますが、割り切れない気分がします。
こういうものには時効はないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

回答:時効はあるにはあるのですが、支払いをしなくなって5年間と法律にあります。

一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

以前リース会社に勤務していました。


まず始めに、singleclickさんが連帯保証人になっている以上は当時の契約書をsingleclickも1部お持ちのはずです。その契約書にリース期間が明記されているのでそれをご確認下さい。
リース期間が今現在もまだ残っていた(singleclickさんの勘違いだったということ)とすると、先方は度重なるリース料の延滞(←先方から見た時の表現)を理由に契約解除の実行にきたものと思われます。リース契約書にはリース料の支払いが一度でも滞れば契約解除できる旨定められているのが通例です。
リース会社はユーザーの契約解除を通告すると同時にリース契約に則って規定損害金やその他のおカネを請求してきます。これが今回のケースでは30万円だったということですね。
しかし、このくらいの金額でsingleclickさんの住所を特定する為にリース会社が3年間もかけていたとは考えにくいんですよね。
その気になれば、契約者に問いただすとかすぐに分かる方法があるように思えるのに。
今回のケースでは最後の支払いから4年しか経過していないので時効は成立「していないです。(時効は5年)
対応としては、リース会社に誠意ある態度を示して少しでも減額してもらえるように交渉するしかないような気がします。リース会社も多少でも回収できれば残りは損金処理できるから案外応じてくれるかもしれません。
言われるがままに30万円払うのは少し考えた方が良いと思われます。
(法律上はそうではないですが)
    • good
    • 0

リース会社に引越した新しい住所を


連絡していなかったとします。

住所を変更するときは契約書に基づいて
リース会社へ報告の義務があると思いましたよ。

リース会社は旧住所には請求書を郵送していたと思いますので
時効は成立しないと思います。

厳しい言い方ですが、
リース会社に連絡しないで住所を変更し、
リース会社はどのようにして
新しい住所に請求書を郵送するのでしょうか。

これで債務が免除されたら
リース会社の方が割り切れないでしょう。
    • good
    • 0

 法的根拠については、自信がありません。

連帯保証人は、当事者に代わって債務を支払う責任がありますので、当然毎月のリース料を支払っていたわけですよね。で、4年後に残金分の一括請求が来たって、これは割り切れませんよね。加えて、引越ししたために請求が遅れたと言うのは、どうなんでしょう???

 毎月の支払いは、請求書に基づき支払っていたのでしょうか?あるいは、請求書ではなくてリース契約書の支払い明細に基づいて、支払っていたのでしょうか?

 請求に基づいての支払いなら、請求書がこないので支払う必用は無いと思いますし、請求時効が適用されると思います。加えて損害金とは何の損害なのでしょうか?

 その辺を整理して、弁護士などの専門家の方に相談してはいかがでしょう。全然回答になっていなくて、申し訳ありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のリースについて

リースは解約不能とフルペイアウトの2要件をともに満たすものはファイナンスリースとなり、
これ以外はオペレーションリースとなります。

フルペイアウトの要件ですが、現在価値基準と経済的耐用年数基準のいずれかを満たせば
フルペイアウトと判断されます。

ここで車のリースですが、たいていが解約不能です。車のリースはたいていがオペレーションリースになります。
ということはフルペイアウトの2要件を両方とも満たしていないということになるのですが、
現在価値基準は満たしていないとしても、経済的耐用年数基準までも満たしていないということは
めったにないと思います。
経済的耐用年数基準は解約不能のリース期間が経済的耐用年数の75%以上の場合は
満たしていることになるのですが、車を5年リースした場合はこの基準を満たしているように
思えます。
しかし5年リースでもオペレーションリースとなります。
なぜこのような場合でもオペレーションリースとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.jala.or.jp/qa/lease_account01.html
こちらのURLに以下のような解説があります。

自動車リース取引は、中古車市場が発達しているため、残存価額を反映したリース料が算出されます。残存価額を考慮した判定の結果、大半がノンフルペイアウトのリース取引(オペレーティング・リース取引)となります。

なお、自動車リースは中古車市場の存在等により、借手がリース物件に係る殆どすべてのコストを負担することとならない場合が多く、原則的基準である現在価値基準により判定を行うのが一般的です。

Q受任通知書が届きました。残金は支払ってもらえる?

こんばんわ。ふくともうします。
早速ですが
昨年9月に追突事故に遭い、その修理代をS氏より
分割で支払ってもっらっています。
ところが本日、S氏の代理人(弁護士)より
受任通知書(自己破産?)が届きました。
残金(約13万円)は支払ってもらえるのでしょうか?

経過
H17.9初旬 追突事故発生 当方被害者
  任意保険未加入、自己破産申請中、とのこと
  
H17.9中旬
  修理見積もりでの請求を了承。(完全修理)
  (現状では自腹のため、最低限修理して
   支払い完後再度修理に出す予定)
  支払い意思確認(覚書)
  担当弁護士も払うべきといったそうだ。

H17.11.16
  修理代金¥371,796に対し、
 頭金として10万円、のこりを毎月2万円振込んで
 もらうようにした。(覚書)
 (無利子、無担保)

H18.8.1
  これまで順調に支払ってもらっていたが、
 S氏代理人 弁護士H より受任通知書が届く。
  
 ”6社より300万の債務で、弁済できないため
 破産手続をし、受任しました。
 平成17年11月8日”
 
以下、私の思うところ
 ・自己破産しようとしてるやつが、
 クラウンにのるな!
 軽に乗っていればクラウンの維持費で最低限の
 保険にはいれる。
 ・夫婦そろってタバコを吸ってるなら、
 タバコやめて返済にまわせ!

 ・自動車事故での負債は免責事項なんでしょうか?
 私のケースでは事故をおこせば支払いはできない
 わけですから、任意保険を掛けずに車に乗るなんて
 十分な過失があるように思えますが…

取り留めのない内容で恐れ入ります。
回答お待ちしております。

こんばんわ。ふくともうします。
早速ですが
昨年9月に追突事故に遭い、その修理代をS氏より
分割で支払ってもっらっています。
ところが本日、S氏の代理人(弁護士)より
受任通知書(自己破産?)が届きました。
残金(約13万円)は支払ってもらえるのでしょうか?

経過
H17.9初旬 追突事故発生 当方被害者
  任意保険未加入、自己破産申請中、とのこと
  
H17.9中旬
  修理見積もりでの請求を了承。(完全修理)
  (現状では自腹のため、最低限修理して
   支払...続きを読む

Aベストアンサー

災難でお気持ち察します。必ずしも当てはまるかわかりませんが、参考になるかと思いお話いたします。
当方の勤務会社が倒産しました、その際に債権債務の処理の基本は破産を裁判所が受理した後の債務かその前の債務かで支払う義務が変わっていました。当然は倒産後できた借財は破産関係なしに支払い義務が発生するといわれました。やはり個人でも基本は同じではないかと思います。事故時に先方から破産申請を聞かされており、且つその後支払うことを確約している現状から、破産関係なく支払い責任はあるきがします。
でもここは弁護士からの通知であれば弁護士で対抗したほうがよいと思います。又裁判は常に記録の勝負です。相手との会話記録、書面何でも証拠はより客観的な痕跡の確認が取れる形で、細かいものでも保管したほうがよいですよ。会話のテープはもとより、たとえば電話を何時何分にしたとか、とにかく細かくです。

Qリース車の保険等級引継ぎ

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理しますと、下記のような状態です。

(1)新車(リース)の納車
(2)現行車のリースアップ((1)の3日後)
(3)現行車の任意保険満了((1)の6日後)
・現行車と新車のリース会社は別
・現行車と新車の保険会社は別

現行車がリースアップしても任意保険を満了日まで継続させられるとした場合、新車に保険が掛っていない状態になると思います。

やはり、スムーズに等級の引き継ぎを行うためには、現行車の保険をお願いしている保険会社に車輌変更手続きをしてもらうことになるのでしょうか。

お知恵をお貸し頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

近々に、会社でリースしている車がリースアップとなり、その車はリース会社へ返却します。
次の車は別のリース会社から車種を変えてリースする予定なのですが、返却するリース車の任意保険がリースアップ日の3日後となっております。
車を変えるにあたり、任意保険のほうも見直しをかけているのですが、新車が納品される日がリースアップの3日前となっており、日にちが色々とオーバーラップして難しい話となっております。
このような場合、スムーズに保険等級の引継ぎを行うことはできるのでしょうか。
整理し...続きを読む

Aベストアンサー

まず代理店か保険会社に電話して書かれてる内容を伝えれば特別な手続きは、必要なかったはずです。
以前、リースで乗っていて、買い換えた時は、代理店に電話一本で済みましたよ。
差額や内容変更があれば代理店から言って来ます。

Qリース物件を無断で廃棄されました、支払必要?

リース物件をリース会社に勝手に処分されたがリース会社からリース料の支払いを求められています。
リース物件を処分したのは当社がリース料を支払わなかったということではなく、リース会社の過失によるものです。

1.止むを得ない事情でリース物件を置いたまま事務所を移ることになってしまった
2.大家が備品その他を占有し返却に応じないため、販売会社、リース会社に事務所移転先を連絡し裁判になる旨を伝えた(家賃の不払い等が原因ではありません)
3.移転先を伝えて2ヵ月後、リース会社が裁判の相手方からの連絡によりリース物件を廃棄処分してしまった
4.廃棄処分することについて当社には一切連絡がなく、事務所の所在地に別の会社が入っていて当社がいなかったからといわれた(リース会社が住所変更を怠っていて住所、電話番号が前住所になったままでした)
  保証人として記載されていた私個人にも全く連絡はなかった
5.その2日後、そうとは知らずリース物件の所在をリース会社に確認したが調べることはできない、裁判で被告から回収してくださいと言われた。(廃棄した担当と同じ担当者)
6.裁判で勝訴したので被告会社に損害金を請求し、差し押さえを行ったが被告会社は事実上廃業しており1円も回収できなかった。
7.リース物件を処分した直後にそれが分かっていれば被告会社から損害を回収できた可能性がある

これを伝えてリース会社と交渉しましたが過失責任を認めてリース料の残金から2割引、一括払いでリース料を支払った場合のみという条件を提示されました。
既に支払った分は仕方ないにしてもリース物件を処分した会社に物件もないままリース料を支払い続けるのが納得できません。

リース物件をリース会社に勝手に処分されたがリース会社からリース料の支払いを求められています。
リース物件を処分したのは当社がリース料を支払わなかったということではなく、リース会社の過失によるものです。

1.止むを得ない事情でリース物件を置いたまま事務所を移ることになってしまった
2.大家が備品その他を占有し返却に応じないため、販売会社、リース会社に事務所移転先を連絡し裁判になる旨を伝えた(家賃の不払い等が原因ではありません)
3.移転先を伝えて2ヵ月後、リース会社が裁判...続きを読む

Aベストアンサー

リース物件がリース会社の所有物であればそれを処分したこと自体に題はないように思えます。
少なくとも廃棄するまでの間は(使用していなくとも)リース契約を継続しているので支払い義務はあるでしょう。
「備品が占有されて使用できなかった」というのは御社と大家の問題なのでリース会社には無関係と思われます。
リース会社がリース物品を廃棄したのであれば代替品をリースする必要があるはずですからそれを新しい事務所に設置させれば良いのでは?
廃棄から再設置までのリース料金の支払い義務はないとは思います。

Q家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけ

家の奥さんが、今度車を買う時リースで乗ろうかなぁーって言っています。リースにすると月々のリース代だけで、車検代と税金を払わなくていいとのことですが、リースで車を乗ってる方詳しく方メリット・デメリット
教え下さい。

Aベストアンサー

まず、リースって奴が曲者です、払い終わる前に本体自体が
駄目になりやすい、それを我慢して使うストレス、そして期限がくる年度前くらいに次のリースの話が持ち上がり、
支払合計はならす感じで倍払いにはならないという風に組まれるのかもしれません。
これはコピー機の話です。コピー機をまともに買うと3-400万円くらいです。
コピー機はだましだまし使えてもイライラしますね、車は、その気になれば自分で修理もできるものです。しかし、借りものですから
勝手に手を加えたりとか修理したりしたものに対し、不具合が起きたなどでの
保証がゼロです。これについてはパソコンも同じです。

言える事は
スマホの2年拘束とはわけが違います。途中で調子悪い、故障したといっても
交換は絶対にしてくれません。

個人的な考えでは、購入して早い時点(価値がある)で買い替えるようにして
新車を乗り換えていく方が、いいと思いますけどね。

Qリースで取付けた防犯カメラに不具合、修理代を支払わなければならないのですか?

ある業者が熱心に勧めるので、今年の初めに防犯カメラ(2機)を取付けました。
「リースで一ヶ月当たりたったの一万円、これで安全が手に入ればお安いものです」というのでそのとおりにしました。
ちなみに60回払いです。
クレジット会社の申込書に記入しました。
そして先月、モニターの画像がボケてほとんど見えないに等しい状態になるという不具合が発生し、業者に修復をお願いしました。
さっそく翌日に直してくれて、その対応の素早さは素晴らしかったのですが、さらに数日後に部品代含めての修理費用として5万円の請求がきたのです。
リースというのはリース期間中は無料でメンテナンスをしてもらえるのではないのでしょうか。
それがリースというもののメリットのひとつと思っていましたので、大変驚いてします。
リース期間中は防犯カメラ一式は私の所有物ではないと思われるのですが。
元々買取で購入したのであれば、修理してもらえば費用がかかるというのは理解できるのですが、買取購入にしても今回のケースでは無料補償期間中ですよね。
今回のような場合、法的に私は修理費用を支払わなければならないのでしょうか。
それとも支払う必要はないのでしょうか。
このままお人好し的に払うのにどうしても合点がいかない気持ちなので、是非とも教えてください。

ある業者が熱心に勧めるので、今年の初めに防犯カメラ(2機)を取付けました。
「リースで一ヶ月当たりたったの一万円、これで安全が手に入ればお安いものです」というのでそのとおりにしました。
ちなみに60回払いです。
クレジット会社の申込書に記入しました。
そして先月、モニターの画像がボケてほとんど見えないに等しい状態になるという不具合が発生し、業者に修復をお願いしました。
さっそく翌日に直してくれて、その対応の素早さは素晴らしかったのですが、さらに数日後に部品代含めての修理費用とし...続きを読む

Aベストアンサー

レンタルとリースを混同しておられるようです。
レンタルは修理は会社持ちです。
リースは修理は個人負担です。
リース会社はリース物品の購入代金を用立てただけでそれをユーザが
月払いで返すという形です。
無償修理期間についても最初から無償修理なしで安く買っていることも考えられます。

Qリースでも『車を買った』って言う表現は

この度、リースで車の乗り換えします。

ふと思いました。
今まではローンで車に乗っていました。
その時、他人には『車を買った』『車を買い換えた』っていう言い方をしていました。

今回のリースはどうなんでしょうか?
『車を借りたよ』って言うんでしょうか?

リースでも今まで通り、『車を買った』『車を買い換えた』で良いですよね。

Aベストアンサー

「買う」とは、 代金を払って自分の所有とする。となりますので、
ローンでも所有権は別人(ローン会社)ですので、使わせて頂いている。というのが正式では・・・となります。
このことを踏まえて、
現在では車を購入するのに、現金(小切手等含む)・ローン・リース等の方法がいろいろあるので、「買った」「買い換えた」で問題ないと思います。

Q平成21年9月4日判決

平成21年9月4日判決

つい先日出された平成21年9月4日判決ですが、
重要かつ借主に大きな利益を生む判決だと言われているようです。

なぜこのように重要視されているのでしょうか、
過去の判決や、考えかたと何か大きな違いが生じたのでしょうか


ご回答お願いします。


参考URL

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090904111138.pdf

Aベストアンサー

利息の発生時期については、はっきりと正面から判断した最高裁判決がなかったので、ある程度の意味はあります。

しかし、下級審のほとんどは、これまでもこの最高裁判決と同様の判断をしていますし、これまでの最高裁の判決でも、今回の結論を当然の前提としているものもありましたから、いまさら特に重要な判決とも思いませんが・・・

Qリースの車

今、個人で仕事をしています。
現在所有している車は独立前に購入した車で、古くなったので買い替えようと思っているのですが、経理関係に詳しい方から減価償却して経費で落とすよりも 会社契約のリースにして、リース契約の終わる5年後に数万だして自分の物にすれば良いとの事でした。
私はリースの仕組みがよく理解できません。やはりこれが一番良い方法なのでしょうか?
リースのあいだは自分の車ではないのでしょうか?
また、リース以外に良い購入方法があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

私も以前リースで車を購入しました。
私の頃は3年でしたが、
仕組みは3年後、その車がいくらで売れるか、例えば50万で売れる
として、120万の車なら120-50の70万、分割払いの
形で支払いつつ借ります。
なのでリースの間は自分の車ではありません。
3年後、そのまま返すか、50万払って買うか、
返した時に査定が60万ついたら10万返ってくるし、
査定が40万なら10万払って返します。

私はリース中、当て逃げされ、事故車になってしまったので
3年後残りを支払い購入しました。

求めている回答と違ったらごめんなさい。

Qリース会社を挟んだ取引について

システム会社でPC/OA機器等を販売している営業です。
リース取引について教えてください。

お客様がサーバを購入しましたが、リース契約にするということでしたので、リース会社から注文書を頂きました。
当方の見積書にはサーバ機器と現調/搬入費等をそれぞれ明細で提示しておりますが、リース会社から出てきた注文書には、サーバ機器に現調/搬入費等の金額を含んだ一式明細で出てきております。

商法上このような取引って問題ないのでしょうか?
私としては現調費のような役務作業を見えなくして、印紙税逃れしているような気もしますが・・・。

どなたか詳しい方がいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「一式」という発注内容は、リース会社からのものについてはよく見られるようです。取引内容の詳細がお互いに分かっており、別の書面等で詳細を確認できるのであれば、取引法上は大きな問題となりません。

また、印紙税法では、混合契約(複合取引)の場合の取り扱いについても定められていますので、それに従って判断されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報