痔になりやすい生活習慣とは?

タイトルそのままですが、誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

草書体 書き方」に関するQ&A: 草書体の書き方

A 回答 (7件)

昔(江戸時代?)は、殿は位の高い人に用いたが、


今では、殿は同じか目下に使うことが多いです。

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=1339770 …
(江戸時代よりもっと昔らしい・・・)

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0743140 …
    • good
    • 0

 本来(江戸時代ごろ)は、「殿」は公式の場で用いる敬称。

「様」は主に口頭語。どちらも目上目下は関係なしに使えますが、「様」のほうは目上に限定する傾向がつよかったようです。
 現在では、「殿」は(1)きわめて公式の場合(表彰状の宛名、公的機関からの呼出状等)に目上目下にかかわらない敬称として、(2)目下の人に対する鄭重な敬称として用い、それ以外の場合にはもっぱら「様」を用います。
 ちなみに、戦前までは「殿」「様」を目上目下両方に用い、身分の上下(目上目下)で字の崩し方を変えていました。目下の人には大きく崩した(草書体の)「様」や「殿」を使っていたのです。この風潮が廃れたために「殿」と「様」を使い分けるようになったといわれています。
    • good
    • 0

 現在、「○○様」は、敬う意味として目上の人などに使われます。

「○○殿」は、同じ立場か目下の人に使われます。

参考URL:http://hb5.seikyou.ne.jp/home/Tetsulow.Tomita/1- …
    • good
    • 0

医療関係者です。

以前は患者さんのベッドネームはすべて「○○殿」でしたが、今は「○○様」に変わりました。前者は形式的=役所で使う、後者は一般的な印象を持っています。あくまで職場の体験ですが。
    • good
    • 0

こんばんは。



“様”は目上

“殿”は目下

に使います。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/yumeden/0/10/kaisha/d …
    • good
    • 0

どうぞ。


殿は今では書き言葉専用。様と比較して形式的な使い方ですね。

余談ですが 江戸時代の「~どん」や「~さん」はこの「殿」「様」が変化したものらしいですね。

参考URL:http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn= …
    • good
    • 0

様は目上。


殿は目下。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の書状。「殿」と「様」の使い分け。

目上の人には「様」だと思っていたのですが、大名が老中に出した書状には、○殿としている例が複数あります。
例えば、弘化4年(1847)備中鴨方藩は、池田信濃守政善が重病のため「急養子願い」を提出していますが、阿部伊勢守殿(他の老中3名も殿)としています。

「殿」としている他の例
横浜市歴史博物館 (金沢藩米倉家当主米倉丹後守忠仰が出した書状)
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/news/news15-6-1.html

「殿」「様」の使い分けについては、大名家ではそれほど厳密ではなかったのですか。
あるいは、約束事にはいくらでも例外があって当然ということですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再度、失礼致しますm(_"_)m

宗家と伊達家だけでは、偏りもありますので、
家格・官位・伺候席などの差異を求め、
WEB上で他家の養子願等の宛所「様付」にアプローチを試みていますが、
私には荷が重く、なかなか纏まった文書類には巡り会えず、
残念ながら現時点では下記程度に過ぎません。

〇上田城と仙石氏史料アーカイブズ
政明の養子縁組願/貞享元年(1684)5月9日/幕府老中宛仙石政明養子縁組願書(案)
http://museum.umic.ueda.nagano.jp/hakubutsukan/story/sengoku/cont_sengoku/doc_sengoku/096.html

そんな中、「挨拶状」ではありますが、下記に出会しました。
「仙台藩主から朝廷・公家・幕閣や主要役人に挨拶状を出す際の例文集。」
再び、既に御存知なら笑って許して下さいm(_"_)m

・東京大学史料編纂所>編纂・研究・公開>所報>
『東京大学史料編纂所報』第29号(1994年)p.66
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/publication/syoho/29/saiho_NAGOYA~1.HTM
〔武家羽林格〕一冊 141・4
仙台藩主から朝廷・公家・幕閣や主要役人に挨拶状を出す際の例文集。
奥書には、右一秩者久保金左衛門橘正貞為仙台少将之綴之、然而予与之後又親炙、
而令目録於追加改焉畢、以往卒に莫伝之人云、恭、
正徳三巳年仲春祥辰 大橋小伝次
とある。
宛所により一格~九格(実際は一五)に分け、さらにその中でも脇付を細分している。

□禁裏、院中、公方、仙洞、本院御所、新院御所
 飛鳥井前大納言、正親町前大納言は、参人々御中
 酒井雅楽頭、阿部豊州は人々御中
 稲葉美濃守、久世大和守、土屋但馬守は、人々御中・貴報
 なお、1は様付で、2以下は殿付である。

※上記□が1のようで、2~15の□は、
必要に応じ原本画像にて御確認いただければ思います。

以上 現状報告まで

再度、失礼致しますm(_"_)m

宗家と伊達家だけでは、偏りもありますので、
家格・官位・伺候席などの差異を求め、
WEB上で他家の養子願等の宛所「様付」にアプローチを試みていますが、
私には荷が重く、なかなか纏まった文書類には巡り会えず、
残念ながら現時点では下記程度に過ぎません。

〇上田城と仙石氏史料アーカイブズ
政明の養子縁組願/貞享元年(1684)5月9日/幕府老中宛仙石政明養子縁組願書(案)
http://museum.umic.ueda.nagano.jp/hakubutsukan/story/sengoku/cont_sengoku/doc_sengoku/096.html...続きを読む

Q『殿』『様』の使い方

宛名書きする際、名前の下には敬称を付けますよね。

『殿』『様』を付けるとは思うですが、この2つの使い分けというのは

原則的に使い方が決まっているのでしょうか?恥ずかしながらわからないので

ご存知の方、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的には、「殿」は目下の人に対して使うものであり目上の人には失礼、「様」は目上の人にも使える、という認識がされていると思います。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/special/kurasi/kurasi0913.htm
こちらの記述など。

http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=119
こちらには、また別の解釈があるようですが。

使い分けというより、とりあえず「様」を使っておけば問題ないのではないでしょうか。

Q1升って何リットル?

教えて下さい。

Aベストアンサー

1.8lです。

その他の単位については参考URLをどうぞ。
尺貫法での単位の説明があります

参考URL:http://www.tamonet.com/kiso1.htm


人気Q&Aランキング