今、過冷却について調べているんですが、
水が氷になるためには『氷晶核』というものが
必要らしいんですが、
 この『氷晶核』って何ですか?
 水が凍る為にはこれが必ず必要なんでしょうか?
 精製水の中にも、これが入っているんでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃったらお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

冷却していくことで、液体が固体になる(結晶化する)ことは水に限ったことではありません。

また、再結晶をさせる時にも、結晶ができるのにその中心となる物質が必要なのです。この結晶が出来る時の中心となる物質が結晶核であり、水の時にはとくに、氷晶核とよんでいるのではないでしょうか。

結晶核は、他の物質である必要はないと思います。

水であれば、水分子がいくつか結合していれば、その結晶核となると思います。
特に他の物質が無くても、外部から刺激が与えられれば、それによって結晶が、発達していくことがあります。

過冷却の状態のビーカーに振動を与えてみると(ガラス棒などでビーカーの縁をたたく)と、それがきっかけになって急激に結晶化していくことがあります。

あくまで、想像ですが、この時の刺激によって、水分子の距離や結合のバランスが崩れ、水分子同士が、いくつかが結合するのではないでしょうか。これを核として、結晶が発達していくと考えています。

このことは、こんな例と似ているのではないでしょうか。江戸時代などの飢饉のとき、必ず百姓一揆が起こった訳ではないでしょう。でも、飢饉の時は必ず不平不満が溜まっていて、いつ一揆が起こってもおかしくない状態だったのではないでしょうか。そこに、一揆を先導する指導者がいたり、(これは、「ほこり」などの結晶の核となるまさにそのものズバリの物質になるものではないでしょうか)また、誰かが、代官に殺されてしまい、そのことがきっかけで一揆が起こったり(これは、外部からの振動などの刺激により水分子同士のいくつかが結合し、氷晶核となったといえるのではないでしょうか)したのではないでしょうか。

再結晶の時にもおもしろいことがあります。

まず、再結晶ということが知らないとわからないと思いますので、再結晶の説明を書きます。
再結晶とは、物質が水などの溶媒に溶ける量(溶解度)が、温度によって変化することを利用して純度の高い結晶を得る操作のことです。一般に固体は、温度が高いほどたくさん溶ける(溶解度が大きい)ので、高い温度で溶けるだけ再結晶したい物質を溶かします。この後、温度をさげると、溶けることが出来る量(溶解度)が減るので、溶けきれない分が結晶として析出するのです。

例えば、ミョウバンなどは、温度による溶解度の差が大きいので、中学や高校の実験では用いられています。
沸騰水にめいっぱいミョウバンを溶かして、(溶けきらないでのこったミョウバンがあったら、濾過して除いておきます)氷水など充分冷やします。本来であれば、0℃ではあまり溶けないので結晶がすぐに出てきそうなのですが、なかなか結晶がでてきてくれません。そんな時は、ガラス棒を中につっこんで、ビーカーの底をこすります。すると、そのこすった所から結晶が現れてきます。そして、この結晶が現れたらあっという間に、ビーカー内が結晶でいっぱいになってしまいます。これを見るとかなり、劇的に変化するのでおもしろいです。

ですから、精製水は、ほこりのような結晶核となる物質はほとんどありませんが、外部からの刺激によって、水自身の小さな結晶化したものが、結晶核となるといえると思います。

だらだらと、書いてしまいましたが、参考にでもなればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい説明、有り難うございます。
すごく助かりました。
 自分だけでいろいろと推測していたんですが,それを上回る情報、感謝します。

お礼日時:2000/12/12 15:17

氷晶核という物資があるのではありません。

水が氷になるときに成長点となる物質の総称です。水だけでは簡単には氷にならず、核となる物質の周りから氷は成長していくのです。氷晶核がないと氷への成長が簡単には進まず、過冷却が起こります。物がなにかというと簡単に言えば水の中の不純物ですね。微粒子、他の結晶等です。ちなみに天気のサイトで雹の氷晶核の1つとして黄砂が挙げられていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どうも有り難うございました。
分かりやすい説明、嬉しかったです。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q核汚染の実態 高放射線マンションに続き公になる事

福島の採石場の石が流通したことにより新築マンションが核汚染されたことが公になりました。
普通に考えれば福島東北関東は、食品だけではなく生産されたあらゆる原材料はすべて核汚染されていることは
科学的事実にもかかわらず、何でもかんでも風評風評と吹聴した世の中が原因だと思います。
野菜でも稲わらでもわかるように生産者は揃って『知らなかった』と釈明し、安全性や命よりも、生産・流通活動を優先する事もわかりました。

そこで一般市民の生活にかかわる中で、今後『公』になると予想される事実とそれの対策について皆様の
予測と事前対応策について教えてください。
自分なりに考えているのは以下の通りです。

(わかったこと)
・福島関東南東北は基本的にすべて核汚染されている
・汚染事実が公になるのはすべて流通、消費された後
・生産者(農家、農協、建材業者、食品メーカーなどすべて)はすべて『知らなかった』という事
・国、行政は『主体的に、予防的に』動くことはなく、何かが公にならないと動かないこと
・復興支援という言葉を隠れ蓑に、汚染物の消費流通を手助けしようとする偽善的な風潮が蔓延していること
・焼却場のバグフィルターではセシウムを補足できずに漏れること
・主要メディアは隠すこと

(今後、発生するまたは公になると予想されること)
・核汚染マンションが日本全国に広がる
・福島東北関東の木材を利用して建築された一軒家をはじめとした木造建築物が汚染されるということ
・福島だけではなく、南東北関東の採石場がすべて汚染されていること
・核汚染焼却灰を再利用したセメントの基準値がまともに計測されず、高放射化した建造建築物が大量に作られること
・日本全国に核汚染中古車がすでに流通していること
・花粉飛散が本格的になる連れ、再び東北関東に放射能が大規模に飛散し、すべての生産物が汚染されること
(すでに12月から福島では定時降下物が急上昇している)
・魚介類の生物濃縮が進み、且つストロンチウム、プルトニウム汚染が尋常じゃなく進んでいること
・あらゆる加工食品で汚染が進むこと
・仮に健康被害が多発しても、関連性はないと断絶され認めない

(対策すること)
・基本的に原発爆発以降の建造物は買わない(すべて汚染材料が使われていると考える)
・マンション、一軒家にかかわらず万が一買う場合は産地証明をもとめる(できるのかわかりませんが)
・日本全国で中古車は買わない、新車を買う(何処を走ったかわからない)
・食品は基本的に関東福島南東北のものは買わない
・魚は九州産や日本海産、海外産のみ買う
・きのこ類は買わない
・果物は南のものだけ
・国産牛肉は買わない

福島の採石場の石が流通したことにより新築マンションが核汚染されたことが公になりました。
普通に考えれば福島東北関東は、食品だけではなく生産されたあらゆる原材料はすべて核汚染されていることは
科学的事実にもかかわらず、何でもかんでも風評風評と吹聴した世の中が原因だと思います。
野菜でも稲わらでもわかるように生産者は揃って『知らなかった』と釈明し、安全性や命よりも、生産・流通活動を優先する事もわかりました。

そこで一般市民の生活にかかわる中で、今後『公』になると予想される事実とそ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

自分の健康は自分で守る!その姿勢は素晴らしいと思います。
私は自身をもって対策を実行して欲しいと思います。

私達日本人の最近の傾向として、、、

くさいものには蓋をする。
無かった事として暮らす。
放射能にかんして騒ぐ人が覚めた目で馬鹿にされる

こんな傾向があるような気がします。

私ももし、汚染されている地域に住んでいたら簡単には逃げられず、そこで生活をしていると思います。
口で言うほど簡単に避難は出来ないからです。
家を買ってしまっていたら?ローンは?仕事は?

日々の生活が放射能の怖さを忘れさせてくれるので、段々と鈍感になっていると思います。
それにだいぶ時間も経ったので、今はその話はタブーとされている、真剣に話したくない人が沢山いるからです。

放射能の怖さは何十年か経てば又公になると思っています。
だから、今出来る予防をしっかりする事が大事なんだと思います。

今、ボランティアを始めたのですが、、、、、
チェルノブイリから200km離れたところに住む女性(当時は少女)と知り合いました。
彼女は直ぐに避難したのですが、今大人になり好きな人が出来て結婚したのですが、産まれてきた子供は障害があります。
心臓に穴が3つ開いているのです。片方の親指は2本あります。。。。

こんにちは。

自分の健康は自分で守る!その姿勢は素晴らしいと思います。
私は自身をもって対策を実行して欲しいと思います。

私達日本人の最近の傾向として、、、

くさいものには蓋をする。
無かった事として暮らす。
放射能にかんして騒ぐ人が覚めた目で馬鹿にされる

こんな傾向があるような気がします。

私ももし、汚染されている地域に住んでいたら簡単には逃げられず、そこで生活をしていると思います。
口で言うほど簡単に避難は出来ないからです。
家を買ってしまっていたら?ローンは?仕事は?

日...続きを読む

Q水、過冷却、核生成

ご覧いただきありがとうございます。水に関するについて質問です。
水を液体から固体にすると、液体として自由に動き回るように存在している水分子が規則的に整列した状態になる。凍らせることにより水分子からエネルギーを奪い、分子運動(回転、振動等)が静まる。そして酸素原子と水素原子の水素結合によって規則的に整列した構造をとる。結果、結晶構造に隙間ができ、体積が大きくなる。しっかりと規則的に配列するものなのでしょうか。例外的に不規則な構造ができる可能性はないのでしょうか。

また、過冷却について。液体の水をゆっくり冷やすと過冷却状態をとり、軽い力を加えると相転移して固体化する。この時、物質内に「核」なる物が存在することで連鎖的に固体化がおこると記憶しています。この「核」はどのように発生するのでしょうか。これがなければ終始過冷却の状態であり、液体のままということですよね。「衝撃」を与えることで不規則に結晶化しかけていた水分子が規則的に整列するということでしょうか。

大学で化学を勉強していたのですが、とくに物理化学は苦手でした。今朝の水に関するニュースを見てかつての疑問を再び抱き、質問しました。

どなたかご教授願います。

ご覧いただきありがとうございます。水に関するについて質問です。
水を液体から固体にすると、液体として自由に動き回るように存在している水分子が規則的に整列した状態になる。凍らせることにより水分子からエネルギーを奪い、分子運動(回転、振動等)が静まる。そして酸素原子と水素原子の水素結合によって規則的に整列した構造をとる。結果、結晶構造に隙間ができ、体積が大きくなる。しっかりと規則的に配列するものなのでしょうか。例外的に不規則な構造ができる可能性はないのでしょうか。

また、過冷却...続きを読む

Aベストアンサー

イメージ的に説明します。
>【液体の】水(を液体から固体にすると、)⇒【奪うと】液体として自由に動き回るように存在している水分子が規則的に整列した状態になる。
>(凍らせることにより)【液体の】水(分子)から【熱】エネルギーを奪(い)⇒【奪うと】、【水分子の】分子運動(回転、振動等)が静まる。そして酸素原子と水素原子の水素結合によって規則的に整列した構造をとる。

※水分子どおしの水素結合は液体の状態のときも働いています。(水の強い表面張力、高い沸点、疎水結合はすべてそれによるもの)
 相互の相対的な位置関係は保たれています。それが他の水分子と位置を変えたり移動は可能な状態が液体です。

>結果、結晶構造に隙間ができ、体積が大きくなる。
 逆に考えたほうが正確でしょう。
 個体の水は水素結合によって配位する向きが制約されているため、隙間の大きい構造をしているが、分子間の位置を変えられるだけのエネルギーを持つと、その隙間に落ち込んでしまう水分子が現れるため体積が減ります。(そう考えないと水だけが融点付近の液体の体積が小さくなることが説明できない)

>しっかりと規則的に配列するものなのでしょうか。例外的に不規則な構造ができる可能性はないのでしょうか。
 そうすると、これが起きない理由が分かるでしょう。
 液体のときは分子は移動や回転が出来るが、水素結合が働いていて相対的な位置関係は決まっている。それが出来なくなったのが固定の水

>軽い力を加えると相転移して固体化する。
 これは突沸や過冷却も共通で、界面(個体と液体/液体と個体の境界)では、分子は頻繁に出入りしています。個体から液体の状態になるものも液体から個体になるものもつりあっている。しかし、その個体なり液体の微小粒子の体積が小さいと、その表面にある分子を引きつけている隣接分子の数が体積によって異なります。界面の曲率が違う。
[界面が平面の場合] /も\も→です。
←◎→
/↓\
[界面が曲面の場合]
 ◎   こちらのほうが補足されにくい
/↓\

 これが過冷却の要因です。ところが衝撃が加わるなどすると、ミクロ的な粒子がくっついたり、エネルギーの偏在が増幅されて粒子が大きくなります。一旦限界を超えた粒子が誕生すると、雪崩的に進行してしまう。
 そのとき、分子ひとつひとつの持っていたエネルギーは系の外に解放されますから、一瞬にして温度も上昇します。

>これがなければ終始過冷却の状態であり、液体のままということですよね。
 水は理論的には-数十度まで過冷却になるはずです。意味的な凝固点はそんなに低いはずです。0℃と言う数字は、個体と液体の水が共存しているときの温度。



 

イメージ的に説明します。
>【液体の】水(を液体から固体にすると、)⇒【奪うと】液体として自由に動き回るように存在している水分子が規則的に整列した状態になる。
>(凍らせることにより)【液体の】水(分子)から【熱】エネルギーを奪(い)⇒【奪うと】、【水分子の】分子運動(回転、振動等)が静まる。そして酸素原子と水素原子の水素結合によって規則的に整列した構造をとる。

※水分子どおしの水素結合は液体の状態のときも働いています。(水の強い表面張力、高い沸点、疎水結合はすべてそれによるもの)
 相...続きを読む

Q核武装は可能か?

最近、北朝鮮の核実験を契機として、テレビの討論番組でも核武装の是非が俎上に上がるようになった。
 核武装が必要と主張する人々は核抑止力により平和がむしろ実現するとしている。しかし、現在でもアメリカの核の傘にある現在、あらためて核武装が必要と主張することは、多分自前の核を保有することを意味しているのだろう。
 自前の核兵器を保有する時、核実験が必要になると思うが、一体どこで実験するのであろうか?
 現在の核保有国はすべて実験を行い、それに伴う放射能汚染を経験している。「自国の核武装は自前で」作ることは民族意識を煽るところがあるが、どうしても核実験が必要になる事態を想定していないのではないだろうか?その意味で、実現性のない少ないふりかざす人々は、別の政治的意図をもっているとしか考えられない。

 核実験なしで日本は核武装できると考えられますか?

Aベストアンサー

こんにちは、はじめまして

>核実験なしで日本は核武装できると考えられますか?

実運用可能な兵器システムとしての"核"ということが前提でしたら「No」になると
思います。
また、核爆発についての基礎データを ほとんど持たない我が国が シュミレーション
(あるいは臨界前核実験)だけで その(兵器としての)評価をすることは
はなはだ疑問です。

そういう観点で考えてみますと、実験もさることながら我が国が真面目に「兵器システム
としての核」を戦力化すること自体が かなり困難かと思われます。

まず「開発・製造」についてですが
最も基本となる兵器級のプルトニウム(WGPu)を生産する体制が全く出来ていないので、
そこから着手する必要があります。WGPuの製造にはいくつかの方法があるのですが、
研究・開発・管理の体制構築から、具体的な製造プラントの設計・建築ままで考え
ると、いずれの方式をとるにせよ製造までは順調にいっても4~5年という時間がかかる
ことが予想されます。
また完成した核兵器の投射手段についても(当然ですが)あらたに作る必要があります。
これまでに蓄積された既存技術の応用を考えるとロケット、つまり"弾道ミサイル"を
プラットフォームとすることが実現の可能性が高いと思いますが、ミサイル自体は
まだしも、大気圏再突入時における弾頭の耐熱、姿勢制御 及び 高硬度、地中目標に
対する弾体の貫通能力などは、これまでほとんど技術蓄積が無いので、今から開発
することになるため、こちらも実用化までは相当の年数がかかることが予想されます。

次に「配備・展開」ですが
いったいどのくらいの数の核を保持すれば良いのか?ということを考えた場合
まさか「2,3発でも"抑止力"として充分」などという非論理的な戦略はとれません
ので、我が国への核攻撃能力を持ち、かつ 潜在的に攻撃する意思を持つ周辺国が装備
する核への報復能力を考えた場合200~300発程度の核弾頭が必要になると言われて
います。
弾頭をMIRV化することで、ミサイル自体は50~60基でまかなうにしても、相手国から
の先制核攻撃からの防御を考えると それらミサイルは"分散配置"が必須となりますが、
広大な場所を必要とする地上配備基地(いわゆるサイロ)を複数持つことは我が国の
地勢上から見て極めて困難なため、潜水艦発射型(いわゆるSLBM)による海中配備が
適当かと思われます。
しかしながら 我が国には SSBN の建造実績は無いため、前項でも述べた開発が必要
となるのはもちろんですが、SSBN 専用の補給整備施設、SSBNが核動力型であるならば
(もちろん そうしないと SLBMのプラットフォームとしては あまりにも脆弱?)
原子力関連の整備施設も同時に必要となるでしょうが、前述のサイロまでとは
いかないまでも、その場所の選定自体は極めて難しいでしょう。

さて、開発・製造、配備・展開、だけ考えても こんなにも難問だらけな上、きちんと
した兵器システムにするには、さらに 対象国(相手国)からの攻撃の警戒・監視、と
探知・追尾、及び攻撃(反撃)の指揮・指令などのC4Iの導入、拡充が必要となるのは
もちろんのこと、核兵器及びそのプラットフォームの維持・管理、と廃棄の支援
システムや体制も別途用意せねばなりません。

こうやって考えてみると、着手して5年あるいは10年たって ようやく戦力化出来る
かどうかが見極められる、つまり現時点ではなにも保証が無い、というのが現実では
ないでしょうか?

政官民が協力し、もっともっとオープンかつ冷静で緻密な調査・分析・研究が必要
と思います。

こんにちは、はじめまして

>核実験なしで日本は核武装できると考えられますか?

実運用可能な兵器システムとしての"核"ということが前提でしたら「No」になると
思います。
また、核爆発についての基礎データを ほとんど持たない我が国が シュミレーション
(あるいは臨界前核実験)だけで その(兵器としての)評価をすることは
はなはだ疑問です。

そういう観点で考えてみますと、実験もさることながら我が国が真面目に「兵器システム
としての核」を戦力化すること自体が かなり困難かと思われま...続きを読む

Q氷だけで水はなぜ凍らないのか?

小学生向けの問題で、「氷に塩を加えたものの中に
水を入れた試験管を入れると水が凍る」というのを
聞いたことがありますが、
氷に寒剤である塩を入れなかった場合には
試験管内の水は凍らないのでしょうか。
また、それはなぜなのでしょうか。

出来れば小学生にも教えてあげたいので
小学生にも分かるように教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

0℃というのは、水と氷が共存できる温度です。
したがって、0℃においては、元々氷だったものは氷のままだし、水だったものは水のままです。
ですから、試験管の中に氷が入っていれば、氷は溶けずにそのままだし、水が入っていれば、0℃の水のままです。
試験管のまわりが、0℃よりも高くなれば、氷が溶け始めますし、0℃よりも低ければ水は凍り始めます。
氷につけた場合には、その境目である0℃になるために、水は水のままだし、氷は氷のままです。
寒剤を使えば、温度が0℃よりも低くなるので、水は凍り始めます。ただし、現実には過冷却という現象も起こりますので、0℃よりもわずかに低い程度の温度ではなかなか凍り始めないでしょう。

Q核保有国は核兵器を保有していない国が核開発を行うことを嫌がる理由はなにか?

昔から、疑問に思っていたことです。
最近ではイランのことがありました。
核兵器保有国(常任理事国)はイランの核開発を快く思っていないらしく、
開発の中止を要求しています。

が、どうしても核保有国が核兵器を保有していない国が
核開発を行うことを中止するように要求するのか、
その理由がわかりません。
僕の意見では、「核兵器はこの地球上から存在を消さなければならないもの」
という認識がありますが、
核兵器保有国が核兵器を持っていない国が核開発を行うことの中止を求める資格が無いと思います。
彼らが良く言う「人道」に反しているとさえ、思います。

彼らがそこまで核兵器を保有していながら他国が核開発することを
執拗に嫌がる理由はなんなのでしょうか?

とりあえず、核兵器は抑止力になるので、
持っていれば、攻撃されにくいという利点があります。
その利点を使って核兵器保有国は自国防衛をしているとおもいます。
だったら、核兵器保有国はそれと同じことをしようとしている他国の核開発に文句を言える立場に無いと思いますが、
そのような認識は核兵器保有国に微塵もないのでしょうか?

昔から、疑問に思っていたことです。
最近ではイランのことがありました。
核兵器保有国(常任理事国)はイランの核開発を快く思っていないらしく、
開発の中止を要求しています。

が、どうしても核保有国が核兵器を保有していない国が
核開発を行うことを中止するように要求するのか、
その理由がわかりません。
僕の意見では、「核兵器はこの地球上から存在を消さなければならないもの」
という認識がありますが、
核兵器保有国が核兵器を持っていない国が核開発を行うことの中止を求める資格が無い...続きを読む

Aベストアンサー

#1ですが、ちょっと補足。

江戸時代というのは、刀を持った侍がいて、「切り捨て御免」などという言葉も残っていることから「軍事政権」であったと考えられがちですが、実態としては同心として街中を歩く侍も、もちろん城詰めの侍も、刀を使って人を斬る権限はほとんどなかったそうです。
というのも、まず城中では「忠臣蔵」でお馴染みなように、刀を抜くのはご法度でした。また、街中をパトロールする侍は、刀を抜いて、町人を威嚇するだけ、というのは許されず、抜いた以上は斬らねばならず、しかも斬ったら「喧嘩両成敗」の原則が適用されて斬った侍も切腹になるケースが多かったそうです。それで刀を使う機会どころか抜く機会もほとんどなかったため、重たい真剣を持ち歩くのを面倒くさがって、竹光を持ち歩いていた人も多かったとか。
このため、江戸時代は、武器こそそこらじゅうにありましたが、完全な非武装社会が出来上がっていたといえます。
この非武装社会は、平等に「あなたが武器を捨てるから私も武器を捨てる」と言って出来上がったものではありません。圧倒的強者(江戸幕府)の軍事力一極集中社会をまず作っておき、幕府以外の武力勢力がほぼなくなった段階で強者が武装解除するという手順を踏んで出来上がった世界です。

これを考えると、現在の国際社会で「核武装権一極集中」状態にあるのも、考えようによっては核廃絶への道程の一段階といえなくもありません。圧倒的な核武力で他国を完全に従わせ、核武装権を持つ国以外の核武装の可能性が全くなくなってから、核武装権を持つ国自身が核を捨てればよいのですから。

江戸時代の話に戻りますが、そういう状況でしたので、諸藩の大名が武装軍団を起こして江戸幕府にたてつく、という可能性はほとんどなく、それゆえ事実二百数十年にわたって江戸時代は続いたわけです。
そういう江戸時代の、特に平和な元禄のころ、何が一番怖かったかと言えば、諸藩の反乱ではなく、不法に武器を所持するチンピラだったそうです。そういうチンピラに対しても、侍は「抜いた以上斬らねばならない、斬ったら後で切腹」という縛りがかけられたため、往来を肩で風を切って歩くチンピラを避けて、侍が逃げるようにこそこそと道の隅を歩く、という光景も珍しくなかったとか。

現代国際社会も似たような状態にあるといえますね。いま、圧倒的強者である確保有権保持国が一番恐れているのは、どこかの国が核武装して挑んでくることではなく、核兵器そのもの、あるいは製造、維持管理の技術がチンピラ=テロリストに流出することなのです。そのため、少しでもそういう兆候が見えると、可能性は低くても潰しておかなければいけないし、実際アメリカが最近起こしている戦争はすべてそのためのものです。
イラクのフセイン大統領が、大量破壊兵器(まあ、核兵器のことですよね)を製造・保持している可能性、さらにそれをテロ組織に流している可能性がある、ということでイラク戦争は始まったわけです。後にそれは間違いだったと認めることになり、世界中のマスコミがブッシュ大統領を叩いたわけですが、フセイン大統領は「自分のやっていることを隠す」という疑われても仕方ない行動を事実取っていたわけで、それを考えるとブッシュ大統領の行動にも全く正当性がなかったとは言えないと思います。

#1ですが、ちょっと補足。

江戸時代というのは、刀を持った侍がいて、「切り捨て御免」などという言葉も残っていることから「軍事政権」であったと考えられがちですが、実態としては同心として街中を歩く侍も、もちろん城詰めの侍も、刀を使って人を斬る権限はほとんどなかったそうです。
というのも、まず城中では「忠臣蔵」でお馴染みなように、刀を抜くのはご法度でした。また、街中をパトロールする侍は、刀を抜いて、町人を威嚇するだけ、というのは許されず、抜いた以上は斬らねばならず、しかも斬っ...続きを読む

Qなぜ、砂糖水を凍らせると、ふつうの氷より、はやくとけるのですか?

なぜ、砂糖水を凍らせると、ふつうの氷より、はやくとけるのですか?

Aベストアンサー

たぶん融点が変わるからです.
沸点も変わるはずです.

物質というものは,不純物が混じると物理化学的性質が変わるのです.
例えば塩を溶かすと沸点が上がるというのは有名な話です.
また,水酸化ナトリウムを純粋に混ぜるとよく電気が通るようになるのも有名な話です.

Q光核分裂断面積について

こんにちは、

添付は、中性子の核分裂断面積を表していますが、光核分裂の断面積を表したものはどこかにないでしょうか?図書館でいろいろと調べましたが、添付の中性子しかありませんでした。言葉では、光核分裂は通常20MeV以上でしか核分裂しないとか、重水素、ベリリウムは、2MeVで核分裂するとか書いてました。

また、ある原子に中性子を入射させた場合と光を入射させた場合、核分裂断面積は異なって当然だと思います。その理由は、中性子を取り込んで、複合核になり別の原子核になるからです。では、複合核の光核分裂断面積と、元の核の中性子核分裂断面積はなぜ違うのでしょか?全く同じにはならないかもしれませんが、近い値になるような気がします。

Aベストアンサー

既に参考にされた文献と同じかもしれませんが、以下のページに
僅かですが、重陽子の断面積についての記述があります。
2.35-450 Mevのエネルギー領域に二つのピークがあると計算され、
4.4 Mevで、3.2 ミリバーン、
280 Mevで、0.081 ミリバーン、
で、実験結果とよく合っていると書いています。

http://wwwndc.jaea.go.jp/1988Mito/abstracts/12916-1225.html

> 複合核の光核分裂断面積と、元の核の中性子核分裂断面積はなぜ違うの
> でしょうか?
核分裂性の原子核の場合、複合核は分裂のための閾値近くまで励起されて
いて、僅かのエネルギーを与えるだけで分裂を起こすので、同じ状態に
なるまでに散乱や移動などによってエネルギーを得る確率が低くなる元の
核の場合と異なり分裂しやすい状態にあるのではないでしょうか。
特に核分裂性の原子核では複合核は、エネルギーが与えられなくても
分裂可能なのですから。

Q水が凍ると氷になりますが、液体の体積と比べて何倍になりますか?

水が凍ると氷になりますが、液体の体積と比べて何倍になりますか?

Aベストアンサー

1.1倍くらいです。
ですから、氷山などは浮いている部分が1割くらいです。

Q核抑止

核保有国Aが核抑止力を無視して核保有国Bに攻撃し、B国の核ミサイル発射基地(核サイロ)が破壊されB国は反撃できないということは起こり得るのですか?それとも、各核保有国はそれを想定して対処法を作っているのですか?

Aベストアンサー

 核抑止力が機能する最大のポイントは、その破壊力です。

 広島、長崎の例をみても明らかなように、たった1発の原爆で数十万人が即死して、その何倍の人が放射能で苦しみます。 相手の原爆を100%破壊できるという可能性がないから、双方が攻撃できないというのが『核抑止力』の本質です。 ソ連時代には、スーツ・ケース型原爆というものが開発されたといわれています。 つまり、現代において そこその技術を持っている国が核保有国となった場合、相手の核兵器を100%破壊するということが不可能となる訳です。

 そういう観点から考えると、中国、ソ連やアメリカなどの国土の広い国は、多少の被害は無視しても核兵器を使う可能性はありますが、日本などの国土の小さい国には無理な戦略です。 ただし最近の研究では、核戦争によって大量の粉塵が大気に拡散して『核の冬』と呼ばれる氷河期に近い気候となるという説もあって、核戦争には勝者も敗者もいないと言われています。

Q水の過冷却について

水を過冷却状態でどんどん温度を下げていった場合、ある温度以下では
さすがに凍ってしまうと思うのですが、具体的な温度というのはどれくらいなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

純度が高く、ガスも溶けていないような状態ではかなりの低温でも過冷却のままです。と言っても多分-10℃程度でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報