もう随分前(10年ぐらい前)の話なんですが・・・

高校で天文部に入っていて、彗星を見るために天体観測合宿をしていた時のことです。
夜空に、小さな光の円を描いている物体がありました。
円は、地上からの見かけ上は直径1センチぐらい、動く速度は光の軌跡で円が見えるぐらいなので結構速かったと思います(その物体自体は点にしか見えませんでした)。
みんな「あれは何?」「人工衛星じゃない?」と言っていたのですが、人工衛星は地球の軌道上を楕円を描きながら動いているそうなので、地上からは直線に見えるんじゃないかと思いますが、円を描きながら動く人工衛星もあるんでしょうか?
動きかたや見え方からヘリコプターや飛行機ではありませんでした。

ちなみに、その日はオースティン彗星を見るために集まっていたので、日付は1990年4月3日、時間は恐らく夜の8時ごろで、その物体は少なくとも1時間ほどは同じ場所を旋回していました。
もうほんとに随分前の話で今更調べられるわけはないと思うのですが、ずっっっと気になっているもので・・・。
人工衛星って、どんな風に見えるんですか?
また、これ(人工衛星)以外で、夜にこのような見え方をするものってあるんでしょうか?
(自分としてはUFOとかってあまり信じてないんですが・・・絶対無いとは言い切れないでしょうけど・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

その動き方は人工衛星ではないですね。


小型飛行機かヘリだと思います。音は高高度を飛んでいてかつ上空の風が強ければ聞こえなくとも不思議ではないです。自衛隊か米軍のヘリ、あるいは報道などの用途であれば旋回しつづけることは十分考えられます。おっしゃるように宇宙人のUFOではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、人工衛星にしてはちょっと怪しいかもしれません。。。
飛行機などでも星と同じような見え方をするんでしょうか?
さすがにUFOではないと思いますが。。。
情報、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/19 14:19

静止衛星というのは、3600kmほど「上空」にあるので、肉眼では見えないでしょう。

(スペースシャトルの10倍以上遠い)

人工衛星自体、発光しているわけでないので、太陽の光に反射していないと地上からは見えず、夜中までみえることはありません。

地上の「何か」が反射している、という感じを受ける(空中でぐるぐる回るものを思いつかない)のですが、何に反射しているのか、ということになると、「?」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>人工衛星自体、発光しているわけでないので、太陽の光に反射していないと地上か
>らは見えず、夜中までみえることはありません。
そういわれれば、そうですよね(^^ゞ

結局あれはなんだったのでしょう・・・??

お礼日時:2001/10/21 01:55

一晩中見えていたなら、人工衛星の可能性はないと思いますが、


8時から9時ならば、人工衛星かもしれませんね。
おっそろしく精度の悪い、位置制御が発振している静止衛星とか。。
そんなのあり、か?
すぐに動力源が尽きてしまいそう。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とりあえず私が見ていたのは1時間ぐらいで、その後観測を打ち切ったので結局どのくらいの時間見えていたのかは定かではありません・・・。
私も人工衛星にしては同じところをぐるぐる、っていうのがよく分からなかったんですが・・・(?_?)

お礼日時:2001/10/17 12:44

あ、15-20年ほど昔、たしか、小学生か中学生のとき、そういうの、見たことありますよ。



見かけは橙色っぽい、周囲の星との見分けがつかない輝点なんですが、仰るように見た目で数cmの滑らかな円軌道を描いて、数秒で一周していたような…

位置についてはあまり記憶していないのですが、天頂の近くだったような… 少なくとも地平線の付近ではありません。

私も同じく、ずっっっと気になったままです(^^;
UFOらしきものを見たのはそれ一回限りです。
友人に話しても、誰も信じてくれなくて・・・

尚、地上のサーチライトとは明らかに違うものでした。
地上のサーチライトは、結構大きさのある白色光が大きな円を描きますよね。地上から上空に伸びる光条も伴いますし。

極軌道衛星説ですが、申し訳ないんですが、これも少し違うような気がします。大円でなくて小円で、速度もかなり速かったですから。


数センチの円軌道を数秒で一周しようと思うと、速度が極端に速いか、距離が近いかのどちらかですよね。
もし前者だとすると、UFOとかそっち系の話になってしまうかもしれないので、後者だと仮定します。

上空で(円運動の中心点が)静止しているように見えるのですから、飛行機の類ではないでしょう。
気球は…風に流されるかな。飛行船も似たりよったりでしょうか。

ヘリなら、ほぼ静止状態を保つことが出来るかも… ヘリって、どれだけ上昇できるんでしょうねぇ。少なくとも、ヘリのエンジン音は聞こえなかったように思いますから。
加えて、結構大型な円運動する発光装置を取り付けないといけませんし… 大型ヘリなら可能かなぁ。

うーん、よく分からんです。
人間の記憶って結構イイカゲンですから、記憶が混線したまま定着してしまっているのかも。(でも、「見た」という記憶はあるんですよ。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう!!それです!!
天頂付近をくるくる回っていたんです!!
他にも目撃例があったんですね・・・安心しました(^ ^ゞ
(記憶が古くなるにつれ、だんだん怪しくなってきたので・・・)
飛行機ですかねー。普通の旅客機だったら光の点が幾つもあるはずだし、第一同じところを1時間も旋回したりしないと思うので、撮影用とかの小型の飛行機でしょうか?(速度も結構速く見えたし・・・)
ヘリにしては音も聞こえなかったので、ちょっと違うかもしれません。
やっぱり一番可能性が高いのは飛行機でしょうか???

お礼日時:2001/10/15 11:26

こんばんは。



人工衛星は一定の速度で同じ明るさで直線上にずっと動き続ける光の点として見えます。
また静止衛星なら動かない点ですね。

ですから、もし光のサイズが1cm なら人工衛星ではないでしょう。
また>同じ場所を旋回~というのは?と思いますね。

そういう悪さをするものとしては、地上のサーチライトがあります。
薄い雲や上空に塵が沢山あった場合など、地上のサーチライトが照らすと、上空にまるいぼやけたまるい光が見えます。
実際、自衛隊基地が同じ市内にある場所に住んでいた時、よくそういう物を見ました。
そのような上空を照らすサーチライトでは、回転している事が多く、同じ場所をくるくる回ってます。

ですから、文面からこのパターンを推測するのですが、ある程度の距離に飛行場、自衛隊駐屯地、化学工場などのプラント・・・といったようなのはありませんでしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、書き方が悪かったようです。
「光の大きさ」が1センチなのではなく、「光が描く円」の直径がい1センチぐらいだったのです。
それに、サーチライトは私も見たことありますが、ぼやけた光ではなく、星と見分けが付かないぐらいの光の点でした。
ちょっと違うみたいです・・・。
情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/15 11:22

初めまして。

こんばんわ。
mitchelさんは、恐らく、「極軌道衛星」を見たのではないでしょうか。
地球を、極の上を通る軌道をとる衛星です。
(もしかして、スパイ衛星だったかも・・・・?)

やはり、人工衛星は、地球上からかなり離れて軌道上を移動してますので、見かけ上天球上を、大円を描いた軌跡をとります。
夕方の薄明直後、北天から南天の地平線に向かって、或いは、南天から北天に向かって、2等級、時に-1等級の明るさで、一定の速度で滑らかに軌跡を描きます。
結構速いですよ。2~5分で見えなくなりますよ。
天球上では、明るい物が、よく大きく見える傾向があります。
だって、1等星のほうが、5等星より、大きくみえるでしょ。

飛行機の場合ですと、直線的で、暗く見えます。
火球流星は光度が変化しますし、速度が全く速いです。
UFOは見たことが無いので、解りません。

私は、小さい頃は、色々な天体の写真を撮りました。時々、人工衛星が写りこみ、残念だったような、嬉しいような、不思議なきがしました。

でも、星空って、すごく綺麗で、いつまでもあるようですが、最近は都市の明かりで見えずなり、残念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「極軌道衛星」というのは初めて聞きましたが、こんなに長い時間(1時間ぐらい?)同じ場所に見えているものなのでしょうか?
う~~ん・・・やっぱり謎です(ーー;)

本当に最近は星空を見るのも大変ですよね。
私の住んでいるところもネオンが多くて、ほとんど見えません。
寂しくなりましたね・・・。

お礼日時:2001/10/15 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第1宇宙速度付近で飛ぶ人工衛星の高度は?

第1宇宙速度は、約7.9km/s (= 28,400km/h) です。

では、水平速度9.0km/s (= 32,400km/h)で地球を周回する人工衛星の、地表からの高度は何キロメートルですか。


仮定条件:
①地球は均質、かつ、完全な球体である。
②人工衛星は、地球の中心を中心とする円運動をする。
③大気を無視する。従って、大気を構成する物質の分子、原子、イオンおよび電子による抵抗はないものとする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

もし、質問自体に無理がある(=正解は存在しない)ならば、遠慮なくご指導下さい。お願いします。

Aベストアンサー

第一宇宙速度より大きい速度では
円軌道はありえません。

従って解無しです。

Q彗星の見える星座

ハレー彗星はこれまにでに何度も観測されていますが、出現する星座というのは決まっているのでしょうか。それとも、観測時期によって、異なっているのでしょうか。

その他の彗星に関しても、同様のことを知りたいです。

過去未来の彗星が出現する星座が分かるサイトはありますでしょうか。

Aベストアンサー

ハレー彗星は載っていませんが・・
http://www.aerith.net/comet/catalog/index-update-j.html

1986年のハレー彗星見えた星座は
http://www17.plala.or.jp/groovy_com/sky/jiken/j_file002.htm

Q第2宇宙速度付近で飛ぶ人工衛星の高度は?

第2宇宙速度は、約11.2 km/s(40,300 km/h)です。

では、水平速度11.0km/s (= 39,600km/h)で地球を周回する人工衛星の、地表からの高度は何キロメートルですか。


仮定条件:
①地球は均質、かつ、完全な球体である。
②人工衛星は、地球の中心を中心とする円運動をする。
③大気を無視する。従って、大気を構成する物質の分子、原子、イオンおよび電子による抵抗はないものとする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

もし、質問または仮定条件自体に無理がある(=正解は存在しない)ならば、遠慮なくご指導下さい。お願いします。

Aベストアンサー

計算間違えてました.

軌道長半径が 90000 km ってことは近地点と遠地点との間の距離はその 2倍の 180000 km. で近地点が地表面だと遠地点の地表面からの距離は 180000 km から地球の直径を引くのでだいたい 167000 km です. 月までの 4割くらい.

Q彗星へ衝突機をぶつけて彗星の軌道が変わりませんか。

彗星探査機「ディープインパクト」の衝突機(インパクター)を、7月4日秒速10キロメートルもの高速でテンペル彗星へ衝突させた。
質量の問題だと思いますが、彗星の軌道が変わって、地球へ彗星が衝突することになったりしませんか。

Aベストアンサー

「18輪の巨大トレーラーのフロントガラスに虫がぶつかるようなものだ」とヨーマンズ博士は言う。「衝撃弾によって彗星の速度は秒速0.0005ミリメートル遅くなるだろう。軌道変化は今後5年かけて100メートルを超える程度に過ぎない」

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041222302.html

前にもどこかで同じ質問を見ましたが、その回答も彗星の軌道を大きく変えることがないだろう(無視できる範囲ではないか)というものだったと思います。

Q人工衛星でもだめなのはなぜ?

北朝鮮が人工衛星と言いつつ、明日にでもミサイル?を打ち上げるニュースを見て疑問に思いました。
日本の政府の姿勢は人工衛星でも反対的ですが、人工衛星とは打ち上げても良い国と駄目な国の区別があるのでしょうか?(北朝鮮ということは横においておいてです)
それか、人工衛星とは他の国の上を、ある高度以下では横切るのが駄目なのでしょうか?
日本の周囲は海なので環境面から人工衛星を飛ばしやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

>人工衛星とは打ち上げても良い国と駄目な国

 人工衛星が問題なのではなく、打ち上げのためのロケットが問題なのです。ミサイルと人工衛星を打ち上げるロケットは基本的には同じものです。このロケットが完成すれば北朝鮮は同時にミサイルを発射できることを意味します。

 本当に人工衛星を打ち上げたいだけなら有料で他の国に打ち上げてもらってもいい上に、北朝鮮のような最貧国では、打ち上げても衛星を利用する技術(衛星の制御、地上局や画像処理)があるとは思えません。さらに、北朝鮮のような国で衛星を利用する必要があるのかも疑問です(そんな金があったら食料を買うべきとか)。だから、わざわざ自力で打ち上げるのはミサイルを開発しているのだろうと思われているわけです。

>人工衛星とは他の国の上を、ある高度以下では横切るの

 人工衛星は基本的にできるだけ赤道に近い位置で東に向かって打ち上げます。地球の自転のスピードを利用するためで、それによって燃料が節約できます。ヨーロッパのアリアンロケットはそのために赤道直下の南米ギニアに発射場を作ったくらいで、アメリカの発射場はフロリダに、日本の発射場は種子島に、それぞれその国の南のはずれにあります。東側に領土か海が無い国の場合、オーストラリアなどで打ち上げることが多いようです。イスラエルの場合は東が敵(アラブ諸国)なので西に打ち上げました。

 高緯度も回る衛星の場合どこで打ち上げてもかまいませんが、北か南方向に打ち上げます。でも、その場合はほとんどが軍事偵察衛星なので、軍事利用が目的と思われてしまいます。ちなみに日本の偵察衛星も真南に打ち上げました。

 北朝鮮の場合、軍事利用でない衛星を打ち上げると主張するためには東に打ち上げるしかなく、必然的に日本を通過します。更に北朝鮮の場合、北と西には中国が、南には韓国がありどの方向に打ち上げてもトラブルが起こります。

>日本の周囲は海なので環境面から人工衛星飛ばしやすい

 理想的な場所です。南東側(北半球では)に大洋があり、国がないw。
小笠原あたりに追跡局が作れる、衛星打ち上げには最も適しています。ただ、土地が無いので狭い打ち上げ場しかないのが玉にキズです。同様な条件を持つのはアメリカ、オーストラリア、ブラジルなどです。

>人工衛星とは打ち上げても良い国と駄目な国

 人工衛星が問題なのではなく、打ち上げのためのロケットが問題なのです。ミサイルと人工衛星を打ち上げるロケットは基本的には同じものです。このロケットが完成すれば北朝鮮は同時にミサイルを発射できることを意味します。

 本当に人工衛星を打ち上げたいだけなら有料で他の国に打ち上げてもらってもいい上に、北朝鮮のような最貧国では、打ち上げても衛星を利用する技術(衛星の制御、地上局や画像処理)があるとは思えません。さらに、北朝鮮のような国で...続きを読む

Q彗星見えましたか?

こんにちは。時々天文ファンです。

百武彗星、ヘールボップ彗星の時は、町中からも見えましたし、
ちょっと郊外まで双眼鏡を持っていたら、尻尾まできれいに見えましたね。
三脚にカメラをつけて、シャッター開放できれいな写真も撮れました。

いまも2つの彗星が来ていますね。天文雑誌によると、ピークは
過ぎてしまったようです。梅雨に入ってしまいましたが、晴れ間が出たら
見てみようと持っています。

さて、見られた方、どうでしたか? できれば、上記の彗星に比べてどうだった
か、教えて頂ければ嬉しいです。(そういえば、ハレー彗星もみましたが、
(双眼鏡)ぼやっとした星が見えただけで、尻尾はみえませんでした)

よろしくお願い致します。
以上

Aベストアンサー

 私も、かたづをのんで見守っていましたが、それらしき「星」を観ることはできたものの残念ながら、納得のいく結果は得られませんでした。当初より肉眼であっても見られるということから大変期待を掛けてただけに、今回は裏切られてしまった感があります。
 
 嘗て昼日中に見られた彗星の名前なども忘れてしまいましたが、今となっては懐かしく思い出します。あれはヘールボップ彗星だったのでしょうか?その絵に描いたような「尻尾」には感激したものです。

 マスコミももう少し情報を発信してほしかったぁ… 「今回のイベント、関心度が低いと思いません?見える見えないは別として、皆で灯りを消して、天空へ目を向けるゆとりがあっても好いと思うのですが…」

Q人工衛星の軌道

今度の3月に人工衛星を打ち上げるようですね。
いつも思うことですが、人工衛星は地球の赤道上空を
回るものだと思っていました。人工衛星の原動力は
重力でそれが均等に加わるのは赤道上空と思いました。
地球はきちんとした球ではないからです。
もしくは必ず地球の重心上空をとおって
回っていなきゃいけないと思います。
高度が決まっていて軌道も限られておると、
もう衝突しないようにあげるのは
難しいのではないでしょうか??
衛星の雲なんてのがあるのでしょうか??

Aベストアンサー

私は宇宙工学関係ですので,
>別の話ですが地球がきちんとした球でないのは
>自転しているからですか??
については一般人,しかも自信なしでお願い致します.

私も知らなかったので,調べてみました.下記URL御参照.

どうも,本当に西洋ナシ型なのではなく,陸地や山があったりなかったりで,
これを平均海水面(ジオイド)を用いて表現すると,西洋ナシ型になるようです.

参考URL:http://mike.medic.mie-u.ac.jp/~kimunori/koumuin/tigaku1.htm

Q見えていた彗星が消滅するのは珍しくないですか?

アイソン彗星。
NASAによれば消滅したらしく、残念に思うネット上の書き込みが多いですね。
しかし、Wikiによると4.8kmの核を持つ彗星が、目視で確認できた後に消滅するのを目の当たりにするのは貴重な体験且つ天文現象だと思うのですが、それほどでもないのでしょうか。

太陽の力はすごいですね。重力圏は未だよくわかっていないようですし。

Aベストアンサー

太陽に吸い込まれる、彗星は有るようですが
ここまで大きい彗星が、消滅するのは、珍しいでしょう
太陽に突っ込んだ彗星の画像は、ユーチューブでも有りますが
今回の場合には、太陽の反対側に、尾が出ていますので、分解して小さくなって、核が通過したようですね
彗星の周りは氷などで、それが太陽の熱や、太陽風のイオンなどによって、彗星の周りが溶けて、
尾に成るのですが、彗星が尾を引かなくなったのが、小惑星の中に有るとされていますので
観測される様になる前にはあったのかもしれません
彗星の中には、る有がハッキリしませんが、急激に進路が変わって、尾が弧を描くようになった彗星も観測されています
分解した、理由は、太陽に地数き過ぎて、分解したのでしょう
もう少し近かったら、衝突していたと思います
只太陽の反対側に出た、光は、尾かもしれませんね
尾は必ず太陽と反対側に出ますが、彗星があれだけの速さで抜けるかな?
何れにせよ、もう少し、研究してみないと、
核は小さくなって、存在するのか、観測できない位小さくなって、太陽に吸い込まれたかは現在では、憶測でしか有りません
もう少し様子を見たいと思います
太陽の重力圏は、冥王星より遠くまでありますよ(^-^)
地球が軌道を書いて太陽の周りをまわって居れるのは太陽の重力と、遠心力のバランスがとれているので、回って居れます
太陽の重力が弱くなったら、地球は軌道を離れて、迷子星に成ります

太陽に吸い込まれる、彗星は有るようですが
ここまで大きい彗星が、消滅するのは、珍しいでしょう
太陽に突っ込んだ彗星の画像は、ユーチューブでも有りますが
今回の場合には、太陽の反対側に、尾が出ていますので、分解して小さくなって、核が通過したようですね
彗星の周りは氷などで、それが太陽の熱や、太陽風のイオンなどによって、彗星の周りが溶けて、
尾に成るのですが、彗星が尾を引かなくなったのが、小惑星の中に有るとされていますので
観測される様になる前にはあったのかもしれません
彗星の中には...続きを読む

Qミサイルと人工衛星の違い

こんにちは。

近頃話題になっている北朝鮮のミサイルor人工衛星について教えてください。

テレビの放送では、ミサイルと人工衛星の違いは大差がなく、先っぽに装着するものが核弾頭(?)だったら長距離弾道ミサイルで、先っぽに装着するものが人工衛星だと人工衛星だと言ってました。

また、大気圏を突破した後の軌道もミサイルと人工衛星では違うらしいです。

そして、仮に今回先っぽに装着されるものが人工衛星だとしても、その技術はミサイルに応用できるので、今回のもミサイルと言っても過言ではないと言ってました。

そこで質問です。

1.各国の人工衛星はミサイルとは全然別物なんですか?

2.各国の人工衛星の技術はミサイルには応用できないものなんですか?

3.仮に今後この技術がミサイルに応用できたとしても、先っぽが人工衛星なら人工衛星なんじゃないんですか?

4.なぜテレビでは先っぽに何も装着していない段階(打ち上げ前)でミサイルと断定できるんですか?

以上、よろしくお願いします。


※特に今回のミサイルor人工衛星の発射を肯定してるわけじゃなく、単なる疑問です。

こんにちは。

近頃話題になっている北朝鮮のミサイルor人工衛星について教えてください。

テレビの放送では、ミサイルと人工衛星の違いは大差がなく、先っぽに装着するものが核弾頭(?)だったら長距離弾道ミサイルで、先っぽに装着するものが人工衛星だと人工衛星だと言ってました。

また、大気圏を突破した後の軌道もミサイルと人工衛星では違うらしいです。

そして、仮に今回先っぽに装着されるものが人工衛星だとしても、その技術はミサイルに応用できるので、今回のもミサイルと言っても過言ではないと...続きを読む

Aベストアンサー

『ミサイル』と『人工衛星』をのせるロケットの違いですよね。

1.現在人工衛星を自国で打ち上げることが可能の国のミサイルとロケットは違います
 理由は先につける物の重さが全然違うからです。
 ミサイルはせいぜい数百キロ、人工衛星は数トン以上

2.国によっては構造がけっこう似てる場合もあるし、似てない場合もあります。
 ただ、先頭に乗せるものが全然違いますから、形自体は全然似てません
画像を見ると分かりますが
http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/rockets_world.html
 各国の人工衛星用ロケットとミサイルは荷物を載せるペイロード部分と推進剤部分の比率が大きく違います。
 日本なんて構造自体が違います

3.確かに先っぽが人工衛星ならねw。しかし今回北が用意したのは人工衛星かどうかは疑問が残ります。。
 宇宙航空研究開発機構の的川泰宣名誉教授は「衛星の形はしているが、普通はロケットの組み立て前に衛星を内部に組み込む。これから入れるというのはあまりにも非効率」と指摘。さらに「北朝鮮の言う実用レベルで使うにはサイズも小さすぎる」と疑問を呈す。

 科学ジャーナリストの松浦晋也さんも、「全面に太陽電池を貼った衛星は太陽光を受けるため回転させて使用する。公開された衛星は縦長で、外部に重りなどのバランスを取る装置が必要。北朝鮮にそうした技術があるかどうかは不明で、なければ姿勢が安定しない。『はりぼて』の可能性が高い」

4.3の理由とか多くありますが、今回の人工衛星の打ち上げ方向をみると『極軌道』タイプの衛星です。赤道に対してほぼ90度となる。対地同期軌道の場合を除いて、極軌道の衛星は周回ごとに異なった経度で赤道を通過するタイプです。
 これは、地図作成やリモートセンシング衛星、偵察衛星、気象衛星などでよく用いられる軌道なのですが、北朝鮮の発表したのは農業用ですよね。なんか農業用で『極軌道』は無いと思うのですが・・

 まぁそもそも北の環境で農業用観測衛星を打ち上げて意味があるのか?
北の貧困の理由は、治水などや飼料不足、農業用工作機械の不足などで慢性的な品不足が原因、観測したって意味が無いと思う
 結局北は現時点で人工衛星を打ち上げる意味がない

『ミサイル』と『人工衛星』をのせるロケットの違いですよね。

1.現在人工衛星を自国で打ち上げることが可能の国のミサイルとロケットは違います
 理由は先につける物の重さが全然違うからです。
 ミサイルはせいぜい数百キロ、人工衛星は数トン以上

2.国によっては構造がけっこう似てる場合もあるし、似てない場合もあります。
 ただ、先頭に乗せるものが全然違いますから、形自体は全然似てません
画像を見ると分かりますが
http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/rockets_world.html
 各国の人工衛星用ロケットと...続きを読む

Q自転する人工衛星?

本日午前10時30分過ぎ横浜戸塚の上空に不思議な飛行物体を発見しました。横浜方面から大船方面へヘリが飛行するくらいの高度で移動している物体は羽根も無く、銀色の機体に太陽光が反射してキラキラ光っていました。よく見ると高速回転していて飛行機などと違い音も無く、そろばんの玉みたいな形をしていました。その後見えなくなり、また空を見ていると今度はジャンボ機が飛ぶくらいの高度で同じように高速回転しながら同じ方向に移動する物体を発見しました。二度目の方が速度が速くあっという間に見失ってしまいました。
自分でも目を疑いましたが、そんなに高速で回転しながら移動する人工衛星などあるのでしょうか?
職場の同僚と半信半疑だったのですが結論が出ませんでした。長くなりましたが、皆さんは何だと思われますか?

Aベストアンサー

人工衛星、ほとんどのものは小さいのでせいぜい点にしか見えません。また、太陽光を反射する程度なので、昼は非常に見えにくいです。

可能性としては、飛行機の見間違いがあるかな、と思います。この場所は飛行機が多数飛びますし、風や気温の不連続によっては近くても音が聞こえないことは良くあります。
回転については、ストロボライトを点滅させていると、その点滅によっては回転しているように見えることがあります。翼も角度によってはほとんど見えません。
あと、飛行機の高度と距離は意外と難しいので、距離の差によっては速さも違って見えるかもしれないです。

可能性として飛行機を上げましたが、これは飛行機がそのように見えることもありうる、と考えてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報