出産前後の痔にはご注意!

海王星は生物がすんでいるんでしょうか?
もしくは、住んでいた、とかがあるのでしょうか??
海王星には、生物がすめないのなら、ナゼ住めないのか教えてください。

A 回答 (3件)

行っても無いのわかりません→いるかもね、いないかもね 疑問に思うのは大切


まず、地球に適した生物はすめません。
では、他の環境に適合する生物が住んでいるのか
いまの地球の科学では解明できないのが正解です。
ここで、生物の定義がどこからになるか・・・・もあります(とりあえず細胞があるにしていきます)
地球圏外の宇宙では、いろいろアミノさん配列の物は見つかっていますね
生物を作る基礎部室が地球以外にあることは判ってます。
あとは、どんな環境だと生物まで進化するか
地球に似て無いとだめなのか、それとも特殊な条件があれば、海王星でも誕生するかもしれません
いまのところ0に限りなく近いですね
でも生物いないかなの方が楽しみあって夢あっていいですね
といゆうことで
夢にいち1票でいてるかもに入れますね

補足
水が無くても一部の微生物は生きていけますよ
水が無い温度が地球と同じ位の環境以外でも生物はいる可能性はしめしてます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに、詳しく答えて下さって本当に有難うございます。
やはり、いま居る生物は住めませんね。
もし、海王星に生物に生物が居るのなら、どのような姿をしているのか?なんて考えてました(笑)
レポートを書くのに【海王星】について調べていたので、とても有り難いです。
本当に有難うございました

お礼日時:2003/12/27 20:02

まず住めないですね。


太陽からの影響がいけれないほど遠いのでとても寒くて何もかも凍った状態です。
内部でマグマの活動などがあって熱を持っていれば別ですが海王星にそう言った活動は認められていないと思います。

生命が活動するにはどうしてもある程度の温度が必要になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答えいただき、有難うございます。
海王星が【寒くて何もかも凍った状態】というのは初めて知りました。
とても、参考になりました。
お答えいただき有難うございました。

お礼日時:2003/12/27 20:06

多分というか絶対に住んでいませんし、住めないでしょう。


海王星は水素やヘリウムから成るガス星です。(木星なんかと同じです)
残念なことに生命が存在するために必要な水や空気が存在しません。
更に太陽からとても離れているため、気温が-218度という
大変冷たい星です。これではとても生命が住めるわけがありません。
でも最近になって地球に良く似た星が発見されているので
いつかは生命が発見されるかもしれないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり住めないのですね・・・・・
とても、勉強になりました。
お答えくださってアリガトウございます。

お礼日時:2003/12/27 19:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙空間で宇宙服を脱いだらどうなりますか?

素人の質問です。
宇宙空間で宇宙服を脱いだらどうなりますか?
宇宙空間といっても広いので、地球の火星の間ぐらいだったとします。

 先日みた映画では、宇宙飛行士は一瞬で死んだのですが、顔が凍ったようになったようにみえました。
 昔聞いた話では、気圧が低いので細胞が破壊されるようなことを記憶しているのですが?

 また太陽光線が当たってとても熱いので沸騰していまうのではとも思います。
 火星の表面温度が130度あるらしいので、それに類似した温度ではないかと想像しています。
 まさかダイビングスーツを着てアクアラング装備であれば生存可能ということはありませんよね?

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宇宙は超高真空なので,絶対0度に近い温度とは言っても,
我々の言う温度とはちょっと異なります.

我々は濃い大気にいますから,ちょっと温度が下がるだけで,
大量の空気分子が我々の体にぶつかり,体から熱を奪います.
しかし宇宙では1~10ccに陽子1個とか言うレベルですから,
粒子衝突による冷却ではなく,電磁波による輻射冷却となります.
しかし体内の発熱量は大きいですから,すぐに凍るとは考えにくいです.

「ミッション・トゥ・マーズ」は,この点について疑問ですし,
また噴射していなければ進まないみたいな間違った場面が
ありましたから,ちょっと疑問です.

>火星の表面温度が130度あるらしいので、

これは「月」のことではないでしょうか.
火星表面は夏の昼間でも10℃どかそんな温度だったと思います.


で,私の回答としては,

1.息を止めてお尻をきゅっと締めていれば,内蔵が口や肛門から
  飛び出すことはないだろう.お尻きゅっとしてなければ,
  腹圧がありますから,裏返った腸がじわじわと出てくるのでは?

2.超高真空なので,沸点がほとんど絶対0度辺りです,
  従って目や口など,水っぽいところは瞬間的に蒸発して,
  乾いてしゅわしゅわになってしまうでしょう.

3.火星程度までであれば,太陽に当たった側はすぐに火傷しそうです.
  日陰側は凍傷っぽくなるのではないでしょうか.
  ただ,宇宙は1~10ccに陽子1個程度ですので,
  濃い大気中の粒子衝突による冷却(熱伝達)ではなく,
  輻射冷却ですので,最初はすーっと温度が下がっても,
  次第に温度降下は緩やかになるのではないかと思います.

4.口や鼻を締めていないと,肺から空気がシュッと出て,
  酸欠で瞬間的に気絶するでしょう.下水道工事や喘息での
  酸欠ではほとんど一瞬で卒倒するそうです.

5.それに耐えても強力な放射線や宇宙線でくらっとするかも知れません.

即死はしないでしょうが,酸欠で瞬間的に意識を失うと言うのが,
私の結論です.未経験ですので,推測の域を出ていませんが.

宇宙は超高真空なので,絶対0度に近い温度とは言っても,
我々の言う温度とはちょっと異なります.

我々は濃い大気にいますから,ちょっと温度が下がるだけで,
大量の空気分子が我々の体にぶつかり,体から熱を奪います.
しかし宇宙では1~10ccに陽子1個とか言うレベルですから,
粒子衝突による冷却ではなく,電磁波による輻射冷却となります.
しかし体内の発熱量は大きいですから,すぐに凍るとは考えにくいです.

「ミッション・トゥ・マーズ」は,この点について疑問ですし,
また噴射...続きを読む

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q金星はどうして人が住む計画が無いのか?

火星は人が住めるのではないか?といろいろな科学番組やドキュメント番組等で有名ですが
金星に移住しようという計画などは一つもありませんでした
金星は中学校のころの理科の教科書で硫酸の雲で90気圧の大気だと習いましたが
大気が無い火星より有利なのでは?
どうして火星ばっかり注目されて金星は注目されないのですか?

Aベストアンサー

★金星は確か『硫酸の大気』だったかな。→教科書どおりですね。
・とにかく生命体が住めるような星にするのはかなり困難です。
 住めない惑星を住める惑星に改造することを『テラフォーミング』と呼びますが、
 『火星』はすでに『氷』=『水』が大量にあります。水を電気分解すると『水素』と
 『酸素』に分けれるために『氷』を溶かせばよいのです。今、地球温暖化で困って
 いますが、『火星』の大気に二酸化炭素、フロンガスなどを充満させれば 100 年
 程度で『海』、『大気=酸素』が出来るようです。あとは『種』をまけば植物が
 成長してどんどん住める惑星に改造できます。
・上記が『火星』の『テラフォーミング』ですが、『金星』はもともと『太陽』に
 近いために温度を下げるのが一番大変です。地球温暖化でさえも解決できない地球人
 にとってはほとんど『不可能』なことだと思います。大気の方も生命体に欠かすことの
 できない『酸素』を生成する良い方法(アイディア)もなさそうですから。
・こんな感じで『火星』が注目されているのです。でも中継基地を作る目的で『月』も
 注目されていますよ。
・以上。→火星の方が注目される理由は『現実的』に『何か』が出来るからです。夢ではなく。

★金星は確か『硫酸の大気』だったかな。→教科書どおりですね。
・とにかく生命体が住めるような星にするのはかなり困難です。
 住めない惑星を住める惑星に改造することを『テラフォーミング』と呼びますが、
 『火星』はすでに『氷』=『水』が大量にあります。水を電気分解すると『水素』と
 『酸素』に分けれるために『氷』を溶かせばよいのです。今、地球温暖化で困って
 いますが、『火星』の大気に二酸化炭素、フロンガスなどを充満させれば 100 年
 程度で『海』、『大気=酸素』が出来るようで...続きを読む


人気Q&Aランキング