これからの季節に親子でハイキング! >>

“神様や仏様に願ったり祈ったりする”ことは、その対象が“神”であれ“仏”であれ、あらゆる宗教・宗派を問わず大昔から現在に至るまでどこでも行われてきていることですよね。別に特定の宗教の信者じゃなくても、極論すれば常日頃「無宗教」を公言している人だって「こうなってほしい、ああなってほしい」と心の底から強く願ったり祈ったりすることはあると思います。

そこで質問なのですが「儒教(の信者)」にはそのような側面があるのでしょうか?確か歴史の教科書に載っている宗教分布図では東アジア(主に中国と朝鮮半島)は堂々と“儒教”と記されていたように思います。

しかしながら私の「儒教」というものに対する印象はあくまで生活の規範をこと細かく定めたものにすぎないのです(…典礼儀式として東アジア社会諸国ではそのシステム運営のために深く取り込まれはしましたが)。もしかすると「儒教」は“先祖を祀る、大事にする”という部分もありますから、何か願い事をしたい“儒教の信者(?)”は自分の先祖に対して願ったり祈ったりするのでしょうか?…真相をお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そもそも「宗教」って定義できるものなんでしょうか?辞典にはもちろん解説が書いてありますが、何を見ても、「明確には定義できないが大体次のような傾向がある」などと書いてあります。



一応ウィキペディアを引いときます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99

さて、ではmustapha13666さんが書いておられる「儒教」の話に移りましょう。

そもそも、「儒教」とは孔子の始めた儒学がその基礎となっており、もとは学問なのです。ここで孔子の功績について述べることはしませんが、彼は徳による政治を地上に具現させることを理想としており、そのような人物を聖人と呼んで崇めました。聖人へと近づくための様々な訓練が、儒学という学問であったということもできます。

質問に書かれていた、「生活規範の定義」云々というのがまさにそれです。日常から自らの心身を律することが聖人への道であり、それこそが儒学の本来持つ存在意義です。

ですが、儒学は前漢の武帝の時代に官学化され(これはもちろん、為政者の立場からするに、儒学が都合のよい学問であったからです)、後漢中期以降は価値観の範たる「教え」としての性格を持ち始めました。これが、「儒学」が「儒教」化する過程です。

宗教としての側面を持ち始めた儒教ですが、これが今日メジャーな宗教(特に世界三大宗教のような)と異なるのは、神や仏といった「絶対的存在」がいないことに特色があります。#2の方が書かれているように、孔子は「不語怪力乱心」なのです。


以上のような儒教の持つ特有の性格のために、儒教は宗教と認知されにくくなっているだけです。言い方を変えるならば、現在世界を席巻しているいくつかの宗教が作り出した「画一的な」宗教像の枠にはまらないだけです。日本古来の「八百万の神」を信仰するという「宗教」も、そういう意味で宗教と認識されなくなっていますね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

“絶対的な存在である唯一神に救いを求める”ような定義、またはそれに(仮に「多神教」であっても)近いような考えを含めた上で儒教や神道をみてしまうと確かにその信仰の対象がぼやけてわかりずらいものとなりがちですね。しかしながらそれは西洋的な基準でしか見ていないからそうなってしまう。「宗教」の定義も実は幅広く、悪くいえば“あいまい”なところもあり、どこに基点が置かれるかでその人の見方も自ずと変わってくるというだけの話。…なるほど。

始皇帝の秦がすぐに滅んで、その後の王朝(漢とか唐とか…)がうまく何百年も続いたのは「儒教」と「法家思想」を上手く使いこなせたかどうかの違いだという話を以前に本で読んだことがあります(前者は法家ばかりを尊んで儒家を抹殺しようとした。後者は前者に倣って法家的な思想も国の根幹に取り込んだが、それ以上に儒家の思想を“タテマエ”として大きく取り込んだ云々)。結局、“儒学”が“儒教”化する課程は「絶対的存在」がいるかいないかの違いだけでローマ帝国以降のヨーロッパ社会がキリスト教を大きく取り込んでいく課程とある意味共通しているところもある訳なんですね。…とても興味深い事実です。ご教授いただきまして誠にありがとうございます。

お礼日時:2005/07/21 17:07

>何か願い事を・・・願ったり祈ったり



孔子は学問の神様として認められています。

ちなみに「孔子廟」は日本にもありますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに孔子は神格化されていますね(孔子廟って日本にもあるんですか~。…知らなかった!)。その“ライヴァル”といったらおかしいけど、老子も同様みたいです。関帝廟は横浜の中華街にありますし…。関羽は確か「商売の神様」でしたっけ(…どう結びついたんだろう?)。この3人は中国では根強く慕われているんですね。

実在の人物が神格化されて多くの人々に慕われているパターンというのは、日本では「学問の神様」というと“天神様”の菅原道真が多少人気がある(?)くらいで後は(…そういえば)あまり思いつきませんね。東郷平八郎の“東郷神社”も、乃木稀介の乃木神社もピンとこないし…(笑)。他に「神格化された人」っていったら日光東照宮の家康さんぐらいでしょうか(笑)。

お礼日時:2005/07/21 17:36

宗教というのは「生活の規範をこと細かく定め」るものです。

イスラム教ならメッカの方角に一日何回か礼拝するとか、豚肉を食べないとか。イギリスですが、アガサ・クリスティーの小説に「日曜にカードはダメ」というのが出て来たそうです。
日本では坊さんが長髪で刺身を食べビールを飲みますから、そんな規範は忘れられていますが、日常生活を律するなら立派な宗教でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに「規範」というものに着目し、そこに重点を置いて「宗教」というものを規定すると“儒教”は「立派な宗教」となりますよね。…良いんだか、悪いんだか(笑)。

世界には規範が事細かに定められ、我々日本人からすると非常に息苦しそうに生活している宗教の信者さんも大勢います。それが「悪い」という訳ではありませんが「価値観の違い」なんでしょうね。但し映画の『ラストサムライ』なんかを時々思い浮かべると我々の生活だって寂しく思えるときがあります(苦笑)。

お礼日時:2005/07/21 17:16

子、怪力乱神を語らず。



孔子を神や聖人としてあがめ、孔子の言ったことは絶対だと信じる人にとっては、儒教は宗教。そうでない人にとっては、人生の指針。儒教にどのようにかかわるかによって宗教にもなり、人生の指針にもなるのでは。中国三千年の智慧でしょう。

宗教=思考停止、考えることをやめただひたすら信じる。テルトリアヌスは、"不合理ゆえにわれ信ず"と宗教の本質は考えることではなくて信じることだといってますね。これは、儒教にかぎったことではなく、学問でも、学説が現実と違っていても、偉い学者が言ったことだからとそれを信じて疑わない人がやっているような学問はその人にとっては宗教となんら変わりはないですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は特定の宗教を信仰しているわけではありませんが、クリスチャンの方々なり旧新興宗教の信者の方々なりなにかしら信仰を持っている人々からかつて「…疑うことも大事だが、それ以上に信じることも大事」と言われたことがあります。ある意味、良くも悪くも「信じること」からその対象は何であれ「宗教」は始まるんですね(極めて“当たり前過ぎる”話なんですが…すみません)。

お礼日時:2005/07/21 16:27

日本人の死生観の中心的な部分は、一般的には仏教の教義に由来していると信じられているようです。


本当にそうでしょうか?

たとえば、輪廻転生を信じるインド仏教では葬儀を行わず、魂が離れた死者の体はもはや不要として、死体は焼いて骨と灰は川へ捨てるので、墓がありません。
転生とは魂が再び身体をもった存在となることなので、死者の魂(霊)がいつまでもこの世の人間と関わりをもち続けるということもありません。
死者と生者は、四十九日が過ぎれば縁が切れるので先祖祭祀も不要なのです。
そもそもインド仏教では、この世は生・老・病・死の苦に満ち満ちているので、転生しても再び人間として生まれることを必ずしも期待しませんし、第一その確率は低いとされています。
輪廻転生自体が永遠の苦悩であり、解脱して成仏するまでは、魂は休まる暇がありません。そして、成仏するとは、この世からは十万億土も離れた極楽浄土へ往くことです。

このような考え方は日本人の死生観とはかなり異なると思いませんか?
わたしたちは、死者の魂はこの世のしがらみから解放されれば一応成仏したといいますが、その後も定期的にこの世へ戻ってくると考え、その時に備えて死体の一部を墓に納めて保存し、戻ってきた魂と体が依りつけるようにと位牌を用意するのです。
これだけでも本来の仏教との違いは決定的ですが、日本人の時間・空間認識も人生観も、仏教のそれとは大きく異なっています。しかしわたしたちはそれが仏教の考え方だと思い込んでいます。
そうなった原因は、仏教が中国・朝鮮半島へ伝播したときに儒教思想を大幅に取り入れられ、それが日本へ到達したときにさらに日本的儒教の影響を大きく受けたためのようです。

確かに儒教はこれまで道徳性を語りこそすれ、宗教性についてあまり語ってこなかった面があり、儒教には宗教性がないというような誤解を与えてきたのでしょう。
日本では、日本仏教の中に儒教の宗教性が大きく取り込まれているため、中国人や朝鮮人に比べて、さらに儒教の宗教性に気づかなくなっているのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、誠にありがとうございます。

…そういえば私が大学生だった時、懇意にしてもらっていた当時の先生から「日本で“仏教”と思われてるものは実は仏教そのものが中国大陸を経由することで“儒教のフィルター”を通してできあがったもの。その実、(中身)8割は“儒教”なんだよ」と教えられたことがあります。

学生時代に戻る感じでまた一度再考してみます。最良のヒントを教えて頂きまして本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/07/21 13:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q儒教ってなんですか?

儒教ってなんですか?


儒教って何か、わかりやすく簡単に教えてください。

パク・ヨンハが自殺した背景の1つとして、韓国の儒教の教えが厳しく身についていることが問題とされた記事を読みました。

儒教の教えが厳しいことと自殺することの関連性がわかりません。

儒教について検索して調べてみましたが難し過ぎて理解しにくいので、わかりやすく教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その教理を持って思考・行動を律する物です。
儒教の考えで自殺なんて正直意味不明です(´・ω・`)y-~
関連性はあるとおもえない。
父親を思うなら死んだら元も子もありません。経済的にも精神的にも物理的な対応の上でも。
単純に精神的疲労だろう。

韓国で仁、義、礼、智、信なんて五常の徳なんて物を見ることは俺の15年来の付き合いでは1度としてない。w
形式的なスタイルを保つためにそうした文句を利用することはある。
強いていえば教師や親恩師などへの礼のスタイル的意識は強いといえる。それ以外は何も特別に描くような物ではなく、万国どこにでも存在する事柄に固有的に儒教の徳を当て付けてるにすぎない。
韓国や中国が老人にとって住みやすいかといえば乾いた笑いしかでないだろう。
中国において儒教なんて物は灰どころか気化してしまったようなものだが、スタイルとしては韓国には色々のこっている。けども、その教理に本当に即してるかと言えば。え?ってとこだ。
日本と何ら変わらない。世界と何ら変わらない。

儒教を宗教だと勘違いしてる人がいるが、宗教じゃない。武士道のような生き方や物事の考え方がストリクトにフォーマット化したものだと思えばいい。
だから党派の派閥争いで解釈の仕方が違うと言ってそれぞれ喧嘩したりしてたりした。
(´・ω・`)y-~んなことやってる時点でだめだろ。と思うわけだがw

その教理を持って思考・行動を律する物です。
儒教の考えで自殺なんて正直意味不明です(´・ω・`)y-~
関連性はあるとおもえない。
父親を思うなら死んだら元も子もありません。経済的にも精神的にも物理的な対応の上でも。
単純に精神的疲労だろう。

韓国で仁、義、礼、智、信なんて五常の徳なんて物を見ることは俺の15年来の付き合いでは1度としてない。w
形式的なスタイルを保つためにそうした文句を利用することはある。
強いていえば教師や親恩師などへの礼のスタイル的意識は強いといえる。それ以外は何...続きを読む

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む

Q儒教の国なのに、何故中国・韓国には売春婦が多いの?

中国も韓国も儒教の国で、女性の品行に対して、

大変厳しいお国柄のようですが、何故、売春婦が多いのですか?

それに、韓国の場合、日本女性の振りをして、海外で売春し、摘発されたりしていますが、

どういう理由でそういう事をされるのでしょうか?

以前アメリカで、韓国の売春組織が、売春婦たちを車椅子に乗せて、

身体障害者として、入国させていると、アメリカのメディアが批判していましたが、

何故、そこまでして、自国の女性の体を売るのでしょう?

また、彼女らの稼ぎが、国のGDPの5%も占めるそうですが、それも関係しているのでしょうか?

しかしながら、日本女性に成り済まして、売春するのだけは、勘弁して頂きたいですね。

ソース→http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/22866059.html
http://sarahctr.iza.ne.jp/blog/entry/1655859/

Aベストアンサー

韓国は、外貨獲得目的で国営のキーセン(ソープランド)が大々的に行われていましたからね。 90年代ぐらいから東南アジア、ロシアから売春婦を連れてくるのをやり過ぎて問題になって、21世紀に入って全面閉鎖/禁止になったと思います。
ついこの間までは「韓国旅行=売春ツアー」のイメージだったので、うっかり「韓国旅行」なんて口にしたら、おっさん連中に意味ありげにニヤニヤされたもんです。

儒教だけど、体売るのには大らかなんでしょうw もしかしたら儒教ってものがそういうものなのかもしれませんし。

海外にある、寿司屋や日本食レストラン、実は韓国人経営ってことがほとんどなので、まあ売春でも日本人のフリするのに躊躇はないでしょうね。

不思議で仕方ないのですが、あれだけ日本人を軽蔑しているのに、何故日本食のレストランを営業したり、日本人のフリしたりすることができるのでしょうかねえ?
「日本人のフリなんて死んでも嫌だ」ってなるのが普通だと思うのですが。

まあ「ディスカウント ジャパン」キャンペーンの一環、国策なのかもしれませんね。日本人のフリをするのは。これほど効率の良いネガティブキャンペーンは中々ないですよ。なんせ韓国人の行動を見て、外国人は「日本人!?」と思ってしまうのですからw

いずれにせよ、韓国も中国も、すべての原因は「日帝!」って言うのでしょうね。売春も。
あの人達は、右向いても左向いても、何やってもどうせ全て日本のせいですから。

そういうのも儒教の思考体系の一つなのかもしれませんねw

韓国は、外貨獲得目的で国営のキーセン(ソープランド)が大々的に行われていましたからね。 90年代ぐらいから東南アジア、ロシアから売春婦を連れてくるのをやり過ぎて問題になって、21世紀に入って全面閉鎖/禁止になったと思います。
ついこの間までは「韓国旅行=売春ツアー」のイメージだったので、うっかり「韓国旅行」なんて口にしたら、おっさん連中に意味ありげにニヤニヤされたもんです。

儒教だけど、体売るのには大らかなんでしょうw もしかしたら儒教ってものがそういうものなのかもしれませんし。
...続きを読む

Q【宗教】儒教、道教、仏教の違いを簡潔に説明してください。

【宗教】儒教、道教、仏教の違いを簡潔に説明してください。

Aベストアンサー

そうだな 極めて簡単に言えば

仏教は 仏に
道教は 仙人に
儒教は 役人に

なろうとする。

かな。

Q儒教について教えて下さい

仕事の関係で中国や韓国に出張が多く、現地に友人もいるのですが、いわゆる儒教の教えや習慣は韓国の方が色濃く残っているようです。

礼儀作法や年長者への接し方など、日本では消滅してしまった美しい文化だと思います。

ただ疑問に感じるのは、若年層や下層階級に対する「教え」や「戒め」が多くあるのですが、その一方、年長者など人の上に立つ人たちへの「教え」や「戒め」はあるのでしょうか?  

イジ悪くみると、年寄りはやりたい放題、若者はひたする頭をさげるのみ、といった感じを受けるときがあるのですが・・・ すみません。

Aベストアンサー

>ただ疑問に感じるのは、若年層や下層階級に対する「教
>え」や「戒め」が多くあるのですが、その一方、年長者
>など人の上に立つ人たちへの「教え」や「戒め」はある
>のでしょうか?  

鋭い観察眼ですね。
ご指摘のとおり、儒教は目下の人(家庭では子供、組織では
臣下)が、目上の人に対する礼儀を説く内容が大半を占めて
います。

特に親への孝行が主眼となるのですが、この前提として、
親は無条件に子供を愛するという前提条件が付随するもの
と思われます。
これは一部想像が混じりますが、儒教の創始者である孔子
は、複雑な家庭環境ではるものの(孔子は妾の子供です)
おそらく親の愛情をたっぷり受けて育ったため、親の愛情
に対する疑問というものを、まったく感じていなかったの
ではないかと考えています。

もっとも君子(人の上にたつ立場の人)はかくあるべし、
という内容も多いので、必ずしも目下の人の道徳だけを
説いているわけではないようです。

さらに、少し時代があとですが、孟子の書物を読むと、主君
はかくあるべし、という非常に痛烈な指摘もあったりします
ので、一部分だけを捉えるのではなく、全体をきちんと学ぶ
必要があるのではないかと考えています。

>ただ疑問に感じるのは、若年層や下層階級に対する「教
>え」や「戒め」が多くあるのですが、その一方、年長者
>など人の上に立つ人たちへの「教え」や「戒め」はある
>のでしょうか?  

鋭い観察眼ですね。
ご指摘のとおり、儒教は目下の人(家庭では子供、組織では
臣下)が、目上の人に対する礼儀を説く内容が大半を占めて
います。

特に親への孝行が主眼となるのですが、この前提として、
親は無条件に子供を愛するという前提条件が付随するもの
と思われます。
これは一部想像が混じり...続きを読む

Q韓国にキリスト教徒が多いのはなぜ?

こんにちは
韓国はキリスト教徒が多い(たしか約30%?)そうですが
どうしてなのでしょうか?

またそのほかの人はどういう宗教なんでしょうか?

Aベストアンサー

仏教とキリスト教徒が25-30%ずつ。残りは儒教などです。キリスト教が多い理由は、李氏朝鮮時代にまともな宗教が無かったので宣教しやすかったのが理由の様です。日本(神仏混合)、中国(道教)、インド(ヒンズー教)の様に独自の宗教観が根付いているところや既にイスラム教が進出している地域では宣教師は苦戦していますね。逆にアフリカや南米などの原始宗教しか無いところではキリスト教の布教がやりやすいそうです。その場合原始宗教とミックスした独自なキリスト教になる事があるのですが韓国にもその傾向は見られます。韓国のキリスト教は新興系の独自のキリスト教が多いのが特長です。

そもそもの原因は李氏朝鮮が廃仏尊儒制作を取ったためですが、イスラム教徒の儒学者が存在しても矛盾しないように儒教は宗教としては不完全なものです。その為か、庶民の間には原始的な呪術信仰が残っていたと100年前の外国人の朝鮮旅行記には記されています。

なお、韓国のキリスト教にはカソリックからは、異端どころかキリスト教扱いすらされていないものまであります。

Q神道と仏教と儒学とキリスト教の違い

4者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?
時代によって廃れたり、隆盛したりしていると思いますが、
現代の勢力図はどのような割合になっているのでしょうか?
女性の権利の拡大とこれらの宗教の教えは矛盾しないでしょうか?

Aベストアンサー

壮大すぎる質問ですなー。

まず、儒学が宗教かどうかはなかなか難しいと思います。儒「学」と名乗っているのですから学問のひとつと考えるべきかな。確かに宗教は価値観のひとつであり、儒学も価値観だと考えることはできると思いますけどね。

神道と仏教とキリスト教の決定的な違いは、神道と仏教が多神教的テイスト(神道ははっきりと多神教ですが)なのに対してキリスト教は一神教であることです。
現代の勢力図といいますが、創価学会や立正佼成会などを仏教の一派と考えるか、新宗教と捉えるかで勢力図は全く違いますね。日本での勢力図ということでしょうが、キリスト教と一言でいってもカソリック(旧教)とプロテスタント(新教)に分かれていて、この両者は創価学会と総本山の間柄なみに仲が悪いですから、十把ひとからげに「キリスト教」とはくくれないですね。

女性の権利拡大と宗教の関係となると、もう質問者さんの意図がどういうのかわからないと答えようがないですね。そもそも、日本の女性解放運動というのは宗教とは無関係のスタンスにあるところです。女性解放運動に宗教的立場から横槍が入ったことは(目立った形では)ありませんし、逆に宗教指導者が女性解放運動に関わったこともないと思います。
平塚らいてうが「原始、女は太陽だった」といったのは彼女の文学的センスによるもので、別にアマテラスへの信仰心を利用して女性解放運動を展開しようとしたわけではないと思いますよ。

壮大すぎる質問ですなー。

まず、儒学が宗教かどうかはなかなか難しいと思います。儒「学」と名乗っているのですから学問のひとつと考えるべきかな。確かに宗教は価値観のひとつであり、儒学も価値観だと考えることはできると思いますけどね。

神道と仏教とキリスト教の決定的な違いは、神道と仏教が多神教的テイスト(神道ははっきりと多神教ですが)なのに対してキリスト教は一神教であることです。
現代の勢力図といいますが、創価学会や立正佼成会などを仏教の一派と考えるか、新宗教と捉えるかで勢力...続きを読む

Qキリスト教の唯一神の名は何ですか

ユダヤ三教はいずれも一神教です。

例えば、
1.ユダヤ教の唯一神の名は「エホバ(ヤハウエ)」、
2.イスラム教の唯一神の名は「アッラー」です。

それでは、
3.キリスト教の唯一神の名は何ですか。ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

高校生の時カトリックの洗礼を受けた60代の男性です。
これまでの回答も間違ってはいないのですが、少し混乱されそうだと思いましたので、もういちど整理して回答してみましょう。

・あなたの言われるとおり、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教の神(引いてはそれ以外の宗教も、という考えもある)は、同じ唯一神であり、呼び名は色々ある。(呼び名はどうでもよい、という側面もある。)
・キリスト教の場合は、古くからヤーウェ(エホバ)或いは、デウス(「神」のラテン語訳でギリシャ神話のゼウスも同じ語源)という呼び名もあったが、
・現代のキリスト教では、単にGod(神)と大文字で表記し、普通名詞としてのgodと区別することが多い。
唯一神なのだから、単に、固有名詞の「神」だと考えればわかりやすい。
・日本の信者間での通称は、「主」(しゅ)が一般的である。
・私が子供の頃は、「天主」という呼び方もあったと記憶している。古い教会で「浦上天主堂」などと呼ばれているのはその名残。多分「天使」と混同するから使われなくなったのだろう。

・尚、カトリックでは、「三位一体」説というのがあり、神には、「父」と「子」と「聖霊」の3つのペルソナ(人間なら「人格」と訳すが、神なので「位格」と訳す。英語のパーソンに相当)があるが、本来は同じ一体の「神」の別の表れ方という解釈がなされている。
→ http://www1.tcat.ne.jp/eden/Hst/dic/trinitas.html
仏教の阿修羅のように、一体なのに、顔が四方についているイメージを思い浮かべば、イメージしやすいかもしれない。

この内、「父」は、「天の父」であり、
「子」は、「神の子」でありながら、人類の救いのため、人間の姿になって地上に降られた「イエス・キリスト」であり(その意味で、「イエス・キリスト」は「救い主」(メシア)と呼ばれる。)
「聖霊」(「精霊」ではない)は、イエスの誕生、洗礼及び復活のとき、イエスの中に満たされるとともに、今日ペンテコステ(聖霊降臨の日)と呼ばれる日に舌の形で弟子たちのもとに下り、一瞬の内に出身国・国語の異なる弟子たちの言葉が通じ合い、喜びに満たされた、という話があり、今後も「聖霊」が人類に与えられることによって救いが完成すると言われています。
→ http://www.pauline.or.jp/spirit/sps3.php

このように、三位一体説は、非常にわかりにくい教義で、3つのペルソナの中で、すぐにイメージしやすいのは「子」であるイエス・キリストのみであり、教会内にキリスト像ないし十字架上のキリスト像があるが、あとの2つは、像もなく、目に見えにくいイメージですね。

神=イエス・キリストという回答も間違いとは言えませんが、正確には、イエス・キリストは神の3つのペルソナの一つであり、「キリスト教の唯一神は固有名詞の「神」Godという呼称で呼ばれています。」という回答の方が、現代では一般的だと思われます。

高校生の時カトリックの洗礼を受けた60代の男性です。
これまでの回答も間違ってはいないのですが、少し混乱されそうだと思いましたので、もういちど整理して回答してみましょう。

・あなたの言われるとおり、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教の神(引いてはそれ以外の宗教も、という考えもある)は、同じ唯一神であり、呼び名は色々ある。(呼び名はどうでもよい、という側面もある。)
・キリスト教の場合は、古くからヤーウェ(エホバ)或いは、デウス(「神」のラテン語訳でギリシャ神話のゼウスも同じ語源...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


人気Q&Aランキング