円錐を水平に切ったときの断面図は、円になりますが、円錐を傾けていくと断面図の円は、どのように変化するのでしょうか?式での表現がうまくいきません。

A 回答 (2件)

原点に頂点があり,軸がz軸になっている円錐の方程式は


(1)  ax^2 + ay^2 - z^2 = 0
(a は正の定数)ですから,
平面の式と連立させればOKです.

a=1 の場合の円錐を xz 平面で見たのが下図です
普通の円錐は z<0 の部分ですが,z>0 には逆立ちした円錐があると思ってください.
こうしておくと,双曲線が見やすいのです.


      z  
  \   │   /
   \  │  /
    \ │ /
     \│/
  ───────── x
     /│\
    / │ \
   /  │  \
  /   │   \


xy 平面に平行な面で切るなら,例えば z=1 と連立させて
切り口は
(2)  x^2 + y^2 = 1
で,円.

以下同様ですので,細かい計算はお任せします.

少し傾けて,z = (x/2) - 1 で切るなら,(1)と連立させて楕円の式になります.

z = x - 1 (母線に平行)で切れば放物線の式.

x = 1 で切れば双曲線の式.
この場合は,上の円錐と下の円錐の両方を切ることに注意して下さい.
曲線が2本出るので,双曲線という名前がついたのです.
    • good
    • 0

直円錐の軸が垂直になるように置いておくとして,


切断する面が水平なら,切り口は円.
少し傾けると切り口は楕円.
もっと傾けて面が母線と平行になると,切り口は放物線.
これより傾けると双曲線です.

切断の面が平面が円錐と交わらない,頂点のみで交わる,母線を含む,
などの場合は除外して,
「普通に切った」話にしています.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどです。ありがとうございます。だいたい分かったと自分では思います。また、切断してできる楕円上の点(座標)、楕円式はどのように導けばいいのでしょうか?

お礼日時:2001/10/19 12:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円を積み重ねたら円柱になります。この時円のことを何と呼ぶ? 断面図? 平面図? 横方向の断面図?

円を積み重ねたら円柱になります。
この時、積み重ねた円一枚一枚のことを何と呼ぶでしょうか?
・断面図?
・平面図?
・横方向の断面図?
・あるいはそれ以外?
・断面図というのは、縦方向だけの呼称?

Aベストアンサー

断[面]---面とは高さ0の二次元--
「高さ h の位置での断面」といえば、円柱に限らず任意の立方体に対応できる。

>円を積み重ねたら円柱になります。
 なりません。円とは高さはありません。0は何倍しても0・・

・断面図?
 「図面に描き下ろす場合は」断面図、

・平面図?
 「投影図に使われる言葉」
 工作用の図面(第三角法)に使われる。多くの場合、正面図、側面図、平面図
 https://www.nmri.go.jp/eng/khirata/mechdesign/ch04/ch04.html
  これはこの場合は当てはまらない

・横方向の断面図?
 それじゃ長方形になる。
 横に切ったときの切断面といえばよいけど

・あるいはそれ以外?
 ですから、高さ h の位置での断面 (図はつけない)

・断面図というのは、縦方向だけの呼称?
 どの方向でも、横から r の位置での断面

Q高校数学です。 底面の半径1,高さhの直円錐を,頂点を通る平面で切る。その断面である三角形の面積の

高校数学です。

底面の半径1,高さhの直円錐を,頂点を通る平面で切る。その断面である三角形の面積の最大値を求めよ。


という問題です。どうやって解くのか教えてください。

Aベストアンサー

底面の中心Oからのズレをa とします.
aと頂点を通って,O-aに直角な平面が切断面(赤い三角)となります.
aの値を0~1まで動かして,面積の最大値を求めればよい.

切断面も常に三角形なので,
三角形の底辺は 2×√(1-a^2)
三角形の高さは √(h^2+a^2)

三角形の面積Sは
S= (1/2)×2×√(1-a^2)×√(h^2+a^2)
S=√((1-a^2)(h^2+a^2))
(aの4次式ですが)[a^2]の2次式なので,その最大値を求めればよい
S=√(-a^4-(h^2-1)a^2+h^2)
=√(-a^4-(h^2-1)a^2-((h^2-1)/2)^2 +((h^2-1)/2)^2+h^2)
=√(-( a^2+(h^2-1)/2)^2 +((h^2-1)/2)^2+h^2)
=√(-( a^2+(h^2-1)/2)^2 + ((h^2+1)/2)^2 ) <ここまですべて平方根の中です>

したがって,a^2= -(h^2-1)/2 =(1-h^2)/2 のとき,すなわちa=√(1-h^2)のとき
最大値 (h^2+1)/2
ただし,これはh<=1 の場合

h>1の場合は,a=0のとき最大でS= h

底面の中心Oからのズレをa とします.
aと頂点を通って,O-aに直角な平面が切断面(赤い三角)となります.
aの値を0~1まで動かして,面積の最大値を求めればよい.

切断面も常に三角形なので,
三角形の底辺は 2×√(1-a^2)
三角形の高さは √(h^2+a^2)

三角形の面積Sは
S= (1/2)×2×√(1-a^2)×√(h^2+a^2)
S=√((1-a^2)(h^2+a^2))
(aの4次式ですが)[a^2]の2次式なので,その最大値を求めればよい
S=√(-a^4-(h^2-1)a^2+h^2)
=√(-a^4-(h^2-1)a^2-((h^2-1)/2)^2 +((h^2-1)/2)^2+h^2)
=√(-( a^2+(h^2-1)/2)^2 +((h^2...続きを読む

Q図は半径と円すいからなる地形を中心を通る鉛直平面で切った断面図である。

図は半径と円すいからなる地形を中心を通る鉛直平面で切った断面図である。この地形の等高線図として正しいものはどれか。

添付画像左図が問題文の図で、右図が解答の図になります。
この「半径と円すいからなる地形を中心を通る鉛直平面で切った断面図」という表現がよくわからくて困っています。
どなたか解説お願いします。

Aベストアンサー

>半径と円すいからなる地形を

地形を説明してるので、「円すい」は立体の名前なのでわかりますが
「半径」が意味不明ですね。「半球」のまちがいだと思います。

Q円錐を底辺に平行な2つの平面P,Qで切断し、高さの等しい円錐Aと円錐台

円錐を底辺に平行な2つの平面P,Qで切断し、高さの等しい円錐Aと円錐台B,Cに分けた。このときBの体積が21cm3であったとすると、Cの体積はいくらか。

解説↓
円錐Aを基準とすると、円錐A+円錐台Bの高さは2倍で底面積は4倍となる。体積は、円錐A:円錐A+円錐台B=1:8となる。円錐Aの体積をxとすると、1:8=x:(x+21)となり、x=3となり、円錐Aの面積は3である。円錐Aを基準とすると、円錐A+円錐台B+円錐台C=1:27となる。円錐台Cの体積をxとすると、1:27=3:(3+1+x)となり、x=57となる。

解説で「円錐A+円錐台Bの高さは2倍で底面積は4倍となる」とあります。相似比を2乗すると面積比なるはずですが、どうして底面積だけ4倍なのでしょうか?円錐A+円錐台Bの面積比が4倍になるではダメなのでしょうか?
どなたか解説お願いします。

Aベストアンサー

>相似比を2乗すると面積比なるはずですが、どうして底面積だけ4倍なのでしょうか?

底面だけ比べても相似だからです。(側面積も同様に4倍です。)

>円錐A+円錐台Bの面積比が4倍になるではダメなのでしょうか?

高さと底面積から体積を求めるので、底面積だけについて述べた方がいいでしょう。

Q円錐の断面

円錐を底面と平行になるように切った場合、上部と下部に分かれますよね。この上部と下部の切り口は円だと思うのですが、この円の面積は全く等しいものなのでしょうか? 
感覚としては等しいような気もするのですが、そうなると、逆に面積の等しい円を積み重ねた場合出来上がるのは円柱なので前提と異なってしまいます。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

> この円の面積は全く等しいものなのでしょうか?

そうですね。切る前は寸法が一致してたものですから。
切った後も寸法は一致、つまり「同じ」です。

> 積の等しい円を積み重ねた場合出来上がるのは円柱なの


違います。
「厚みがある」とすると重ねれば円柱ですが、厚みがあるとそれは即ちそれだけで「円柱」です。
単に「円」というと厚みがないので
いくら積み重ねても厚みは増さず、「円」のままです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報