いつ頃からか「スライダー」という変化球の名を耳にするようになり、どう変化するのかも気にせずにTVを見ていました。いったいこれはどう変化するのでしょうか?またこのスライダーは非常に多用されているように思うのですが、なぜでしょうか?

それに加えて昔はよく聞かれた「シュート」「縦のカーブ」などがほとんど聞かれなくなりました。これもなぜでしょうか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

スライダーは直球のような軌道から鋭く外角へ変化します(右対右の場合)。


外角へ変化する変化球という点ではカーブと似ていますが、スライダーのほうが球速があるため、バッターは直球と間違って振ってしまいます。
このように直球とコンビネーションが良いため、直球に自身のある投手はスライダーを特に好んで使うのだと思います。

シュート・・・他の方が述べているようにシュートは肩・肘への負担が比較的大きい球種です。これに加えて近年ではシュート系の変化をするツーシーム(ダルビッシュや岩隈が投げるもの)が流行っているのでシュートの使い手が昔に比べて減ったのではないかと思います。

縦のカーブ・・・現在でも投げている投手は大勢います。ただ、カーブはその種類が多すぎるため(縦のカーブ(ドロップ)、スローカーブ、スライダー気味のカーブ(パワプロでいうところのスラーブ)など)、単に総称してカーブと呼んでいるのだと思います。
    • good
    • 1

>いったいこれはどう変化するのでしょうか?



すべるように曲がっていきます。

>またこのスライダーは非常に多用されているように思うのですが、なぜでしょうか?

一番おきな原因が、スライダーは手首を捻らなくていいからです。手首を捻って投げるカーブは肘や方に負担がかかるからです。

>それに加えて昔はよく聞かれた「シュート」「縦のカーブ」などがほとんど聞かれなくなりました。これもなぜでしょうか???

シュートも同じく手首を捻るために、あまり使われなくなりました。
    • good
    • 0

まず、スライダーの変化ですが、右ピッチャーが投げた場合、基本的に右にスライド変化するという事です。

もちろん、真横にスライドするというわけでなく、どんな球種であっても球は沈むものですからカーブのような変化になります。ですが、カーブほどは沈まないというのが一般的です。
ちなみにスライダーには数種類あって、沈むスライダー(Vスライダー)高速スライダー(Hスライダー)などがあります。Vスライダーはフォークのように落ちる変化球、Hスライダーはよりストレートに近い球速でスライダーの変化をする球種です。特にHスライダーは最近プロで投げるピッチャーが増えている球種です。
 次ぎになぜスライダーがよく投げられるようになったのかという事ですが、一言に言うと打者を打ち取るのに効果的だからです。スライダーは他の変化球よりストレートに近い軌道を描きます。これは他の変化球のように手首をひねったりして投げるのではなく、指を滑らせる事で球に回転を加えるため、よりストレートに近い投げ方で、変化を与える事が出来るためです。プロの打者はピッチャーの腕の振り、ボールの軌道、ボールのスピードを瞬時に判断し、ピッチャーと打者との中間点にボールが来る頃には、球種を判断しバッティングの動作に入っているといいます。そうなると、ストレートと同じ軌道を描き、スピードもそこそこ出るスライダーを瞬時に見極める事は難しいのです。そのため打者はストレートだと思ったらスライダーだった、なんてことがよくあり、見てる私達は「なんだよ、あんなくそ変化球に手を出すなよっ!」という状況が生まれるのです。ちなみにスライダーは、ストレートと見間違えやすい球種なので三振を取る球として有効です。ヤクルトの石井やランディ-・ジョンソンなど奪三振の多いピッチャーの決め球として、スライダーが使われている事でその事がよく分かります。さらに余談ですが同じような変化をするカーブはスピードを殺しタイミングをずらして打ち取る球として使われるのが一般的です。
最後に「シュート」と「縦のカーブ(ドロップ)」についてですが、シュートは現在も多投されています。特にここ2・3年は打者を打ち取るのに非常に有効な球だと、シュートを覚えるピッチャーが増えています。これも余談ですが、近年日本のピッチャーがメジャーで活躍していますが、むこうの打者が嫌がる球種はフォークではなくシュートとの事です。どうやらメジャーではシュートを投げるピッチャーが少ないためのようです。あと縦のカーブを最近聞かないのは、投げる人がほとんどいないからです。投げたとしても決め球にはしてないはずです。縦のカーブを最近投げなくなったのは腕への負担が大きいためだと思います。現在ではそこまでのリスクを背負って投げるほどの球ではないという事です。それでもたまに投げるピッチャーも見かけますが、一流のピッチャーにはほとんど見かける事がないです。
 こんなもんでどうでしょう。ほぼ合っていると思いますが、間違ってたらすいません。
    • good
    • 0

こんにちは。


そうですよね、解説者の人も皆さんスライダー、シンカーと昔のカーブ、シュートを、そう表現しているのが、目立ちますね。
先ず、スライダーはどう変化するの?=大間かにわけて2種類あります。
縦に落ちながら曲がるスライダーと横に曲がるスライダーです。
これを高校生の時からから投げ分ける投手がいましたね、そう松坂大輔です。
なぜ、2種類とも同じスライダーというのかは、同じ抜き球だからです、(そこがカーブと違うところですが)縦、横の使い分けは、企業秘密ですが.......
(2)、なぜ多用されるか、一言で言うと、簡単で効果があるからです。
上で説明したように、スライダーは抜き球です、抜き球の代表はホークボールですが、ホークは人指し指と中指の間に大きな硬球を挟んで投げるのですから、誰でもというわけには行かないのですが、スライダーは親指と人差し指で挟んでなげるのですから、そう難しいものではないのです。
最後に、昔よく聞かれたシュート=シンカー  縦のカーブ=カーブと表現されているようです、桑田真澄投手は縦のカーブ(ドロップ)を今でも結構投げてますよ。
    • good
    • 0

スライダーは横にすべる様に曲がるボールです。

きっと・・・。
カーブの変化は曲がりながら落ちるというもので、右投手が投げた球は
←↓この二つの矢印を足した方向に変化します。(左斜め下へ向かう)
それに対してスライダーは←の方向に曲がります。(左へ向かう)

多用される理由については、ストレートとスピードの変化があまりないからではないでしょうか。
スピードの変化があまりないという事は、曲がり始めるまでそのまままっすぐ来るのか、それとも変化するのかが分からないのでバッターとしては非常に打ちにくいのです。それに対してカーブ等はストレートと比べスピードがかなり落ちるので、
早い段階で変化球だということが分かり打ちやすいです。(タイミングをはずす為に投げる場合もあるので、スピードが遅いのは悪いことばかりではありませんが)

シュートについては確かにあまり聞かなくなりましたね。
回答になるかどうかわかりませんが、シュートは肘を痛めやすいと聞いたことがあります。更に、右投手が右バッターに対してシュートを投げるとバッターの胸元へ食いこむような変化をする為危険だと言うことも聞いたことがあります。
このへんがあまり使われなくなった、一因なのかもしれませんがあやふやな記憶しか残っていないのではっきりと断言することはできません。

縦のカーブについては分かりません。
    • good
    • 0

違ってたらごめんなさい。


スライダーってカーブに似た握りで投げ方はストレートみたいに…って投げ方だったと思います。
変化の仕方は早いカーブみたいな感じだったと思います。

多用されるようになったのはごめんなさい、分かりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはしごの様に使える脚立

脚立を伸ばしてはしごの様に使うのは安全上良くないと聞いています。安全マニュアルなどに脚立のその様な使用は厳禁と書いてあるのを見たこともあります。でも伸ばしてはしごの様に使える脚立もあるそうです。このような脚立は普通の脚立と何が違うんでしょうか?なにか特別な細工がしてあってはしごの様な使用ができるのでしょうか?

Aベストアンサー

最近の脚立はほとんどハシゴとして使うことが出来る兼用型です。
足の天板側にハシゴ状にのばした場合の補強が入っていますし、のばした状態でストッパーもかけられるようになっています。
通常、脚立で○○メートル、ハシゴ時○○メートルという記載があれば兼用のものです。
心配な場合は、店員さんに確認してみてください。
http://www.homemaking.jp/product_info.php?products_id=23594
ネットで「兼用脚立」で検索すればいっぱいヒットします。

Q変化球 『カーブとスライダー』

今晩は。僕が小学生の頃なので15年ほど前ですが、当時は変化球といえば主流はカーブでした。しかし今はカーブよりもスライダーを多投するピッチャーの方がプロ・アマ問わず多いように思えます。  (僕が久しく野球を見なかったので、知らなかっただけかもしれないですが…)

どちらも『曲がる』系で、軌道の違いもある程度イメージつくのですが、3つほど質問させてください。

(1) 主流がカーブからスライダー移った理由
(2) 2つの球種の良し悪し
(3) 試合中いろんなケースがあると思いますが、どういった場面でどちらが適しているか

 欲張っていろいろ書きましたが、1つでも結構です。回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

(1)簡単だから。工藤に言わせればカーブは子供のころから投げないといいカーブを投げられるようにならないようです。ひねって抜く。これを絶妙のタイミングでできるようになるのは、高校生になってからでは難しいです。(抜くだけの人ならちょこちょこいると思います。)
(2)カーブの場合、ベースの上とミットに届くまでで、3~40センチも変化します。審判によってベースを通過するときのボールの位置で判断する人と、ミットの位置で判断する人がいます。結果カーブの場合審判によって全然判定が異なる、これが結構縦のカーブを投げる投手には問題となります。
(3)カーブの場合タイミングをはずす効果があるので、ストレートにヤマを張られているときに投げると、ほとんど対応できないですよね。しかも次のストレートが早く見えます。ただカーブにヤマを張られているときにカーブを打たれると、よく飛びます。スライダーの場合横の変化が大きいので、タイミングどうこうよりストライクコースの出し入れになりますよね。ただ相手にあてにこられると、スライダーとストレートだけでふりきるのは、なかなか困難です。岡島、工藤、星野、今中、桑田、カーブの投手は非常に高い奪三振率が特徴に思えます。

(1)簡単だから。工藤に言わせればカーブは子供のころから投げないといいカーブを投げられるようにならないようです。ひねって抜く。これを絶妙のタイミングでできるようになるのは、高校生になってからでは難しいです。(抜くだけの人ならちょこちょこいると思います。)
(2)カーブの場合、ベースの上とミットに届くまでで、3~40センチも変化します。審判によってベースを通過するときのボールの位置で判断する人と、ミットの位置で判断する人がいます。結果カーブの場合審判によって全然判定が異なる...続きを読む

Q脚立の価格について

高所で作業をするため、1.6メートルの脚立を購入したいと思っているのですが、通販で7000円のを見つけました。1.6メートルの脚立で、7000円は普通でしょうか? 5000円以下で1.6メートルの脚立は流石に存在しませんでしょうか。脚立の相場が分からず、脚立を購入したことがないので、分かりません。 少しでも安く購入できたらと思っています。

Aベストアンサー

たかが1.6mとは言っても危険性はあります。
 脚立の価格は流通コストも当然かかりますが、それ以外に材質(純アルミではなくジュラルミン)、表面のアルマイト処理(これは結構大きな価格)、金具の強度などにって決まります。
 特に屋外に保管するとかなら、しっかりした表面処理の物を選択します。最低限SGマークは必要。
 まあ、消耗品ではないので価格ではなく品質で選択すべきではないかと思います。
 なお、屋内使用で脚立としてしか使わないのでしたら、一方が高い専用タイプ( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%20%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BC%20OR%20%E4%B8%8A%E6%9E%A0%E4%BB%98&gws_rd=ssl&tbm=isch )が圧倒的に使いやすいです。

 どうしても価格を優先するなら鉄製の足場脚立( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E9%89%84%20%E8%B6%B3%E5%A0%B4%E8%84%9A%E7%AB%8B&gws_rd=ssl&tbm=isch )のほうがずっと安価です。二つ買って足場板を乗せる。

たかが1.6mとは言っても危険性はあります。
 脚立の価格は流通コストも当然かかりますが、それ以外に材質(純アルミではなくジュラルミン)、表面のアルマイト処理(これは結構大きな価格)、金具の強度などにって決まります。
 特に屋外に保管するとかなら、しっかりした表面処理の物を選択します。最低限SGマークは必要。
 まあ、消耗品ではないので価格ではなく品質で選択すべきではないかと思います。
 なお、屋内使用で脚立としてしか使わないのでしたら、一方が高い専用タイプ( https://www.google.com/sear...続きを読む

Qカーブとスライダーの違い

「カーブは手首を捻って回転を与えるボール、スライダーは手首を捻らずに投げるボール。」

この手首を捻ることと、捻らないことの違いをある人に文章で伝えたいのですが、どうしても伝わらないのです。どうやって、伝えればよいでしょうか?

どうも、捻らなければ、曲がらないと思われているようなのです。しかし、スライダーのように捻らなくともボールは曲がるというのをどうしても伝えたいのです。わかりやすい文章でお願いいたします。

Aベストアンサー

 他の方へのお礼を拝見しましたが、相手の方は自分の発言を間違いだと認めたくなくて意地をはっているだけのように感じます。もう何もしない方がいいのではないでしょうか。しばらく経つと何事もなかったかのように「スライダーは手首をひねらない」なんて発言するようになる気がします。

Q内装用脚立

脚立の使い分けについて質問します。
外部で使うための脚立と軍手とかで養生をした内装用の脚立を使い分けておられる方が多いと思います。
その本数の割合は外部用何本くらいで、内部用を何本くらい使われてるのでしょうか?
また内装用脚立は何尺くらいのが多いですか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんいちは。

<内部用は仕上げ前と後で使い分けられているのでしょうか>
 分けてはいません。
 最も脚立は床が張り終わらなければ使えません。
 
 床の養生は、ダンボールを使います。サッシ屋さんに毎回大量に持ってきてもらってフローリングが張りあがったら、全て隙間なく敷き詰めます。
 ダンボールもなるべく厚手のものから使っていきます。ダンボールのつなぎ目は紙の梱包用テープで全て塞ぎます。これを怠ると、そこから砂などが入り込んでフローリングを痛めます。
 場所に拠っては2~3枚重なる場合もあります。ダンボールは、上から誤って物を落としたときに(床が)致命的な事態にならないのです。

 床は上記の様な状態なので、軍手などと言うものは使いません。但し、脚立を置いてある状態で(足で蹴って)横に滑らせたり、乱暴に置いたりしません。脚立を置く場合は水平にそ~~~と床に置きます。
 上り下りも脚立の4本足に常に一定の重さがかかるように上り下りを行います(フローリングが傷ついたらアウトです)。

 上記は仕事を行う上での「なれ」なので、意識的にその様に脚立や床に対して神経を使っていればその様な扱い方になります。最も性格にも因るでしょうが。

 外部の脚立は、NO1に書いたとおりギブスが嵌ってるので、直径2寸~2寸5分ぐらいの円盤にゴムが付いた造りなので、床に対しては優しいです。
 ダンボールで養生してあるので内部で使おうと思えば使えますが、今度は鉄の脚立は、一段一段の間隔がありすぎるので、内部造作作業には適当ではありません。

 こんいちは。

<内部用は仕上げ前と後で使い分けられているのでしょうか>
 分けてはいません。
 最も脚立は床が張り終わらなければ使えません。
 
 床の養生は、ダンボールを使います。サッシ屋さんに毎回大量に持ってきてもらってフローリングが張りあがったら、全て隙間なく敷き詰めます。
 ダンボールもなるべく厚手のものから使っていきます。ダンボールのつなぎ目は紙の梱包用テープで全て塞ぎます。これを怠ると、そこから砂などが入り込んでフローリングを痛めます。
 場所に拠っては2...続きを読む

Qカーブは曲がりながら落ちる変化球なのでしょうか。

野球で、カーブとは、曲がりながら下に落ちる変化球なのでしょうか。

Aベストアンサー

”落とす”か”落ちる”かで印象は違うかもしれません。

指で弾いて意図的に回転を加えて曲げて落とすカーブ。フォークや縦スラの代用になるようなキレの良いボール。

一方腕の振りだけで後は指から抜けるままの落ちるカーブ。余計な回転をかけてない分スピードも遅く空気抵抗で揺れたり落ちなかったり。他のボールとの速度差を利用するボール。

カーブ自体は横に曲げることはあまり想定していないボールなので(フォークボールもMLBではカーブの一種とされることも)、極端な話落ちさえすれば何でもカーブと呼んでいい、そんな感じでしょうか。

一口にスライダーといっても誰一人同じボールを投げないのと同じで、カーブも本来は落差があればカーブ、だったのですが。それこそ縦スライダーやパワーカーブ、シンカーなど名前が複雑になって分かり難くなってるだけかもしれません。

Q室内用の脚立

外用のよく見かけるアルミ製の脚立とは違う室内用の脚立を探してます。
女性でも持ち運びしやすい脚立で何かおススメはありませんでしょうか。

電球交換が出来る高さがある物でお願いします。

Aベストアンサー

わたしは女性ですが、これを使っています。
「ルカーノ」
この写真の中で一番左のものです。
http://www.hasegawa-kogyo.co.jp/lucano/spec.html

軽くて持ち運びがしやすいですし、見た目のデザイン性もあります。
値段が高めかもしれませんが、楽天やヤフーで検索すると少しは安く買えます。

ご参考までに。

Qよくプロ野球中継を観ますが、ピッチャーが投げるカーブとスライダーの球の

よくプロ野球中継を観ますが、ピッチャーが投げるカーブとスライダーの球の軌道の違いがわかりません。どうか、わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
カーブとスライダーの違いは球筋ではなく、投げ方です
投げる時
しっかりボールを持って自分より前で手首をしっかりひねって投げるのがカーブ、
手首を自分の方に向けて(空手チョップのように横にして)指をボールの上を滑らすように投げるのがスライダーです。
なので、スライダーは横に曲がったり、縦に落ちたり色々な球筋があります

Q瓦屋根の上に脚立

最初に大工や本職を頼め!と言う意見は支払うお金がどうしても工面出来ないので苦肉の策で自分で張替えるのでしないで下さい。

2階の下見の張替えで瓦屋根の上に脚立を立てたいのですがコンパネをひいてその上に脚立を立てないと瓦が割れますか?。
四寸勾配なのですがコンパネをひいても大丈夫でしょうか?。
こういうやり方で瓦屋根の上に脚立を立てると言う方法が有りましたら教えて頂けますか?。

Aベストアンサー

#3 の 瓦爺・・・もう一線は退いてますが・・・・です。

先の投稿で ”瓦を持ち上げて・・・捕獲用荷造り紐” は紐を適当な 輪に結んで
屋根下地に ビスを垂木等丈夫な位置に固定して 輪のを瓦の下側より出して
瓦を元に戻し 此の輪になった丈夫な荷造り紐を利用して 滑り止め用部材を
結びつけます。瓦は元に戻ってるので 雨の心配は有りません。

尚、脚立工事で一番気をつけることは 乗って部材を前後左右に送る時です。
物理的に反作用で 逆方向に脚立が動き 転落する事が多いのです。
低い屋根に 脚立から 瓦を屋根上に 差し出して置こうとして転落し
後ろ向きに 瓦の上に落ちたのです。背骨を 鯖折り状態で負傷してます。

平地でも傾斜地でも 起こります。
これに関わる事故で 私の弟子も 軒先近くより転落しいて 脊椎損傷で 障害者に
なってますし 同業者では 死亡事故も出てますので 充分に気を付けて下さい。

脚立よりも 梯子の方が 事故は少ないですが 作業効率は落ちます。

以上 ご参考に・・・・・

Q落ちるカーブ。落ちるシュート。

野球を見ていると、というか、子供の頃からずっと野球を見ていますが(経験は全くなし)最近は、変化球の種類がとても多くて、ピッチャーはすごいなと思います。

ところで、落ちるカーブって、昔のドロップだと思うのですが、何で今はドロップって言わないのでしょう?
それともドロップとは全然違うのでしょうか。
(カーブって横に曲がるからカーブだと思っているのですが…)

それと、2年前のホークス優勝雑誌を読んでてあれ?と思ったんですが、佐藤誠投手の談話で「シュートは落ちて欲しいけど云々」というのがありました。
私は野球経験皆無なのでわからないんですが、シュートって右打者に食い込む、カーブより曲がらないボールなのかと思っていました。

シュートって落ちるんですか?

最近の変化球について、詳しく載せているサイトがありますか。(どういう風に落ちるのか、曲がるのか、揺れるのか。最近はもうなんでもありですね)

Aベストアンサー

#4です。
>下のほうでも回答があったのですが、握りは違うんですか。でも、めんどくさいので(笑)これ以降、落ち るシュート=シンカー と覚えてしまおうか、と思っ ています。

いい機会なんで、ちょっと自分も最近の変化球についてネットで調べました(笑)
http://www.geocities.jp/technicofbaseball/tousyu.html
このページは分かりやすくてお勧めです。
特に、プロ野球選手の握りを見れば最新の握り方なども載ってておもしろいですよ。

で、落ちるシュート=シンカーでもOKです。
見た目で分かる人はいませんし、握り方を見ないと球種わかりませんしね(^^;)
判断の仕方に、投手の持ち球を覚えればどんな変化球を投げたか分かるようになります。


>>極最近注目されてるのは、昔からあったシュートやナックルです。

>昔からあった、というのは横に曲がるだけの、ということですか?(ナックルは縦でしたっけ?)

昔からあったシュート=横に曲がるシュートで、
現在のは落ちるシュート(シンカー)などです。ちと紛らわしくてすみません。
最近活躍してる投手が使うようになってます。

ナックルはメジャーで使われてるんですが、ヤンキースの松井なんかが、このボールを投げる投手にやられてます。
ナックルはおっしゃるとおりで、縦に落ちるボールで、さらに、揺れます。

参考URL:http://www.geocities.jp/technicofbaseball/tousyu.html

#4です。
>下のほうでも回答があったのですが、握りは違うんですか。でも、めんどくさいので(笑)これ以降、落ち るシュート=シンカー と覚えてしまおうか、と思っ ています。

いい機会なんで、ちょっと自分も最近の変化球についてネットで調べました(笑)
http://www.geocities.jp/technicofbaseball/tousyu.html
このページは分かりやすくてお勧めです。
特に、プロ野球選手の握りを見れば最新の握り方なども載ってておもしろいですよ。

で、落ちるシュート=シンカーでもOKです。
見た目で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報