AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

野球を見ていると、というか、子供の頃からずっと野球を見ていますが(経験は全くなし)最近は、変化球の種類がとても多くて、ピッチャーはすごいなと思います。

ところで、落ちるカーブって、昔のドロップだと思うのですが、何で今はドロップって言わないのでしょう?
それともドロップとは全然違うのでしょうか。
(カーブって横に曲がるからカーブだと思っているのですが…)

それと、2年前のホークス優勝雑誌を読んでてあれ?と思ったんですが、佐藤誠投手の談話で「シュートは落ちて欲しいけど云々」というのがありました。
私は野球経験皆無なのでわからないんですが、シュートって右打者に食い込む、カーブより曲がらないボールなのかと思っていました。

シュートって落ちるんですか?

最近の変化球について、詳しく載せているサイトがありますか。(どういう風に落ちるのか、曲がるのか、揺れるのか。最近はもうなんでもありですね)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#4です。


>下のほうでも回答があったのですが、握りは違うんですか。でも、めんどくさいので(笑)これ以降、落ち るシュート=シンカー と覚えてしまおうか、と思っ ています。

いい機会なんで、ちょっと自分も最近の変化球についてネットで調べました(笑)
http://www.geocities.jp/technicofbaseball/tousyu …
このページは分かりやすくてお勧めです。
特に、プロ野球選手の握りを見れば最新の握り方なども載ってておもしろいですよ。

で、落ちるシュート=シンカーでもOKです。
見た目で分かる人はいませんし、握り方を見ないと球種わかりませんしね(^^;)
判断の仕方に、投手の持ち球を覚えればどんな変化球を投げたか分かるようになります。


>>極最近注目されてるのは、昔からあったシュートやナックルです。

>昔からあった、というのは横に曲がるだけの、ということですか?(ナックルは縦でしたっけ?)

昔からあったシュート=横に曲がるシュートで、
現在のは落ちるシュート(シンカー)などです。ちと紛らわしくてすみません。
最近活躍してる投手が使うようになってます。

ナックルはメジャーで使われてるんですが、ヤンキースの松井なんかが、このボールを投げる投手にやられてます。
ナックルはおっしゃるとおりで、縦に落ちるボールで、さらに、揺れます。

参考URL:http://www.geocities.jp/technicofbaseball/tousyu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。
参考URL拝見しました。とてもためになるわかりやすいサイトでした!球の軌道も図解してあって、おお!こういうのを求めていた、というサイトでした。

特にシンカーに関する説明が納得でした。
・シュートから発生した変化球であること
・落ちるというより沈むのだということ(だからシンカー)

この2点に、うーんなるほど!という感じでした。

これから野球中継見るときに、変化球の種類で疑問点が出てきたらこのサイトを見ようと思っています。

※松井選手が今年あまりよくないのは、ナックルのせいもあるんですかね(苦笑)。

お礼日時:2005/06/08 20:19

昔のドロップはどんなものか分からない世代ですが、


基本的にカーブは横に曲がるものだと僕も思います。
ただ、基本であって、応用すれば横にも縦にも落ちます。

で、「シュートは落ちるか?」の答えですが、
以前番組で、元巨人の西本聖投手と、元ヤクルト(中日)の川崎憲次郎投手が出てた時の話で、
両投手ともシュートの使い手ですが、
シュートは2シームで握り、肘はひねらずに指先の加減で投げて曲げるとのことでした。
もちろん横へ曲がるんですが、
落とすシュートの場合、同じにぎりでも深く握り、
ちょっとした指先の力加減で投げると落ちるシュートになるそうです。

落ちるシュートといえば、他にも握り方は違いますが、
シンカーがあります。

最近の変化球に詳しいサイトですが、最近というよりここ数年流行ってる変化球であれば、
2シーム、チャンジアップ(サークルチェンジ、OKボール)、ジャイロボールなどあります。

極最近注目されてるのは、昔からあったシュートやナックルです。
いい変化球を投げるピッチャーは活躍してますので、TVなどで確認されてみるといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>基本的にカーブは横に曲がるものだと僕も思います。
>ただ、基本であって、応用すれば横にも縦にも落ちます。

応用なんですね、なるほど。ちょっとわかりやすいですね。


>落とすシュートの場合、同じにぎりでも深く握り、
ちょっとした指先の力加減で投げると落ちるシュートになるそうです。

「落とすシュート」なるほど!
「落ちる」のではなく「落とす」と考えるとよく理解できます。普通のシュートのままでなく、最初から落とすつもりでいわゆる落ちるシュートを投げるわけですね。


>落ちるシュートといえば、他にも握り方は違いますが、
シンカーがあります。

下のほうでも回答があったのですが、握りは違うんですか。でも、めんどくさいので(笑)これ以降、落ちるシュート=シンカー と覚えてしまおうか、と思っています。


>極最近注目されてるのは、昔からあったシュートやナックルです。

昔からあった、というのは横に曲がるだけの、ということですか?(ナックルは縦でしたっけ?)

お礼日時:2005/06/08 16:07

元来がカーブやシュートというのは横の変化をするボールです。


それをちょっと捻って縦に変化するボールに工夫したのがドロップなんですが
ドロップと言っていた頃はまだ変化球の数も少なく
フォークボールなんか殆ど無かった時代でした。
時代を経て変化球の数も増えてきて
それにいちいち名前を付けていた日には
いくつ名前があっても足りなくなってくる上に
見てる方も混乱するのである程度淘汰されました。

ドロップもカーブも手首の捻る方向が違うだけで
基本的には投げ方が一緒なので統一されました。

シュートも同様で基本的には横に曲がる球ですが
少し捻り方を工夫すれば縦変化させることも可能です。
特に今の時代は横変化だけで打ち取ることは至難で
多少なりとも縦の変化を入れないとすぐに打たれてしまいます。

ただ名称のことですが実際テレビの解説者も
はっきり分かっていません。
変化の度合いや球の速さ、スローモーションで見たときに見える
球の握りで見当をつけているに過ぎません。
縦変化のスライダーや縦のカーブ、小さく曲がるフォーク、
などスローで見直さなければ分かりようもないのです。

フォークは基本的に人差し指と中指で挟んで抜く球ですが
これを親指と人差し指の間から抜く投手もいます。
捻るのではなく抜いて投げるのでフォークに入れてますが
これもフォークと呼んで良いのかどうか怪しいものですが
ややこしくなるのでフォークで統一してます。

これだけ変化球も多彩になると
正直いちいち見分けるより
縦のカーブ、縦のスライダー、落ちるシュートなどと言った方が早いんでしょうね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>元来がカーブやシュートというのは横の変化をするボールです。

これが私の持つ考えと同じなんですよ。基本的に古いのでしょう。


>それをちょっと捻って縦に変化するボールに工夫したのがドロップなんですが

なるほど。で、これが今に言う、落ちるカーブというわけなのでしょうか。

>ドロップもカーブも手首の捻る方向が違うだけで
基本的には投げ方が一緒なので統一されました。

「カーブ」という変化球に統一されたということなんでしょうか。でもそれでは、横に曲がるカーブと縦に曲がる(?)カーブの違いが説明できないから、落ちるカーブとか縦のカーブ、という言い方をするのでしょうか。


>シュートも同様で基本的には横に曲がる球ですが
少し捻り方を工夫すれば縦変化させることも可能です。

それで、落ちるシュートが存在するのですね。

というか、純粋に(?)横に曲がる変化球では、もう対応できないんですね。ピッチャーは大変ですね。


>ただ名称のことですが実際テレビの解説者も
はっきり分かっていません。

そうなんですか!
私なんか、中継を見ただけでは、スライダーとカーブの軌道の違いもわからない(くらい無知)なので、解説者はさすが専門家だな、と感心しきりだったんです。


>これだけ変化球も多彩になると
正直いちいち見分けるより縦のカーブ、縦のスライダー、落ちるシュートなどと言った方が早いんでしょうね

そうですねえ…これだと
普通の(?)カーブと縦のカーブ。
普通のシュートと落ちるシュート。
普通のスライダーと縦のスライダー。

すっきりして、ぐっと統一感が出ますね(笑)。

※この回答から思ったのですが、純粋に横に曲がるカーブやシュートはもう存在しないのでしょうか?

お礼日時:2005/06/07 21:24

変化球というのはその時代によって呼び方が変わることがあります。

また、変化の程度によっても名前が変わる事があります。
例えばカーブ、縦に割れるカーブとか、横のカーブ、スライダー、また落ちるスライダーなどいずれもカーブ系ですが今はドロップという言葉は死語になっています。

シュートにしても、単に横に曲がるシュートという場合と、落ちるシュートもありますし、それをシンカーと呼ぶ場合もあります。また、左投手の落ちるシュートをスクリューボールと呼んだりもします。

縦の変化球については、フォークが有名ですが浅く持ってスプリットフィンガー・ファストボールといったり、その投手のクセでシュート回転になりシンカーとも言える場合があります。ナックルとかパームボールは握りが全く違いますので同じ変化をしてもそれぞれ呼び方が変わります。

従って、投げた投手の自己申告もありますし、また、似た変化球を区別するために呼び方を変えることもありますので、大きく分けてカーブ系、シュート系、縦の変化でいいのではないでしょうか。
あと、チェンジアップは変化球とは言えないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。言葉が時代によって変わるというのは理解できますが、あまりにボールの種類が多すぎて混乱してしまいます。
ドロップは確かに死語ですが、落ちるカーブとは全然別物なのでしょうか。
縦に落ちるカーブってカーブなの?と思ったり(苦笑)。


>落ちるシュートもありますし、それをシンカーと呼ぶ場合もあります。

落ちるシュートって、シンカーのことだったんですか!目からうろこでした。


>縦の変化球については、フォークが有名ですが浅く持ってスプリットフィンガー・ファストボールといったり

野茂投手がメジャーにはじめて行った頃、フォークを向こうのアナウンサーは、スプリットフィンガーファストボールと言ってました。それで、そのときも、日本ではフォークと言っていたのに違うのかな、と思ったことを思い出しました。


>その投手のクセでシュート回転になりシンカーとも言える場合があります

フォークの握り、もとい、縦に曲がるボールの握りで、シュート回転になりシンカーになるんですか?(すみません、ここわかってないです)


>投げた投手の自己申告もありますし、また、似た変化球を区別するために呼び方を変えることもありますので、

うーん、ますます混乱してしまいますね。

カーブ系・シュート系・縦の変化。
こういうのを解説してあるサイトがあればいいですね。
カーブの仲間とか、シュートの仲間、とか。


>チェンジアップは変化球とは言えないでしょうね。

チェンジアップはストレートの仲間(?)なんでしょうか?

お礼日時:2005/06/07 17:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご紹介いただいたサイト二つとも拝見しました。
これは、変化球がなぜ曲がるのか、とか、ボールにどんな圧力や抵抗がかかって曲がるのか、の解説みたいですね。
(pdfファイルのほうは力学の論文のようで、私には理解できない難しさでした)

せっかくご紹介いただいたのに、お礼が失礼に思われたらすみません。
私は野球をやっているわけではないですので、どうすればよく曲がるのかにはあまり興味ないんです。

落ちるカーブってドロップとどう違うんだろう、とか、シュートって打者のほうに食い込む小さく曲がるボールだと思っていた(落ちないと思っていた)ので落ちるんだろうか、とか、そんな疑問なんですね。

それで落ち方とか曲がり方とかそういうのを書いてあるサイト(pdfファイルのほうにも少しありそうでしたが、難しすぎるのと、少し私の疑問点とは違うなあ、というかんじがしましたので)があればいいな、と思ったんです。

お礼日時:2005/06/07 17:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q草野球のピッチャーのレベルはどれくらい?

草野球のピッチャーの投げる球って、平均でどのくらいなんでしょうか?
球種は普通はどんななんでしょうか?
フォークやシュートとかって、あまり投げないんでしょうか?
速い人で何キロくらいでるんでしょうか?

Aベストアンサー

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的にやっている草野球チームで105km位だと思います。
球種はやはり一番多いのは「ストレート」と「チェンジアップ」のようです。
ストレートを投げておき、たまに抜いた球を投げます。まぁ変化球というよりは「緩急」というのが一般的のようです。
フォークやシュートは投げる人はいない事はないのですが、フォークが落ちるような球速のボールを投げるといえばやはり120kmは超えてこないとフォークが空気抵抗で落ちることはほとんど無いので、あまり効果がないようです。
シュートに関してはやはり草野球で肘を痛めたくはないので皆投げないようです。
ただ、自分の経験によると草野球では100kmのボールを確実にストライクゾーンに投げられれば、投手としてやっていけるのではないかと思います。

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的...続きを読む

Q素人に球速100km/hがだせるのか?

最近キャッチボールをしていて100km/hをだそうと頑張って投げてたんですけど、友人言わく「そう簡単に、素人に100km/hはだせない」と言っていました。
始球式でプロゴルファーの石川遼選手で94km/hだせたのだから、それよりも体格の良い素人なら100km/hだせるのでは?と思うのですが。石川選手をなめすぎですか?
ちなみに素人の定義は、筋肉質で、野球は小学校の時に遊びでやっていた程度で、硬球を使用したと想定して下さい。
球速葉測れるボールを買えと言われればそれまでなのですが、ボールが風を切る音がすれば最低でも何km/hはでてる等、感覚的な球速を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

球速というのはリリースした(指からボールが離れた)瞬間に計測されます。よって力がある人であれば100km/hを超える球を投げることも可能です。ただし、球質・投げ方によって失速しますので、"速い"と感じるとは限りません。
球速の目安については人によって感覚が違いますが、私の場合は山なりでなければ100km/h近いと考えてよいと思います。

Qドロップとフォークの違いは?

昔ドロップという球種があったそうです。
フォークとの違いはどうだったのでしょうか?
現在でも投げる人はいますか?
またどうして廃れるようになってしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

No1の方の言うとおりです。
今ではドロップ=縦のカーブです。
これは今なら、巨人の工藤投手が投げます。
ドロップは大きな弧を描きながら縦に落ちながら曲がります。ストレートとは急速も違うのでチェンジアップ的な意味合いがあります。投げ方は手首を大きくひねるように投げるので斜めに回転して落ちながら曲がります。
フォークははさんでストレートと同じように投げるので最初の球道はストレートと同じで、回転が少ない事で受ける空気抵抗によりバッタに近くなってから急激に落ちます。
ですから、ドロップ(カーブ)はタイミングを外すのが最大の目的で見逃しでストライクが取れます。
フォークは投げた瞬間はバッターに「ストレートだ」と思って振らせて実際はストレートの球道から大きく落ちることによって空振りをとる又は打ち損じを誘う球種です。
ですからワンバウンドするぐらい落ちないとフォークは意味がないので、見送るとボールになるぐらいじゃないとダメです。
ドロップが廃れたのは、球が投げられた瞬間から球種が分かりやすいので、対応しやすい球種だからでしょう。握りや腕の使い方でも分かられやすいので、タイミングを外すためなら、ドロップよりチェンジアップの方が効果的だからと言う事も一員でしょう。

No1の方の言うとおりです。
今ではドロップ=縦のカーブです。
これは今なら、巨人の工藤投手が投げます。
ドロップは大きな弧を描きながら縦に落ちながら曲がります。ストレートとは急速も違うのでチェンジアップ的な意味合いがあります。投げ方は手首を大きくひねるように投げるので斜めに回転して落ちながら曲がります。
フォークははさんでストレートと同じように投げるので最初の球道はストレートと同じで、回転が少ない事で受ける空気抵抗によりバッタに近くなってから急激に落ちます。
ですから、...続きを読む

Qカーブってどっちに曲がるボールですか?

昔(中学時代)野球をやっていたのですが、投手ではないのでカーブやシュートという球種にはあまり詳しくありません。今更ですが、どなたか教えてください。
私は右投げなので、投げる自分から見て左下に曲がって行く球をカーブというのはわかります。野球の本にも右投手のカーブの握り方や球道の解説があります。しかし、左投手が同じ握り方で投げれば当然球は左下に曲がって行きます。左下に落ちるのは「右投手」から見たらシンカーですよね?
さて、質問です。球種を定義するのは
1)球道?
2)握り方?
のどちらでしょうか?
もし1)なら、左下に曲がる球は「右投手ならカーブ」「左投手ならシンカー」というように左右で呼び名が異なります。
もし2)なら、右投手のカーブの握りを「鏡に映した形」で左投手が握ればそれは「左投手のカーブ」になります。この場合、同じ握り方をしても、右投手のカーブは左下へ曲がり、左投手のカーブは右下に曲がります。球道が正反対になります。
1)と2)のどちらが正しいのか教えてください。

Aベストアンサー

変化球には明確な定義はありません。同じ球種でも人によって握りも変化も違います。ただ一般的に、カーブは投手の利き手側から反対側に落ちながら曲がっていく変化球です。

打者の流し打ちと同じです。右打者は右に、左打者は左に打つのが流し打ちですよね。どっちに打つかではなく、どう打つかなのです。変化球も一緒です。

また、基本的に「カーブ打ち」と言ったら右投手のカーブを指します。カーブとシンカーは全く別の変化球で左右対称というわけではないので、カーブ打ちが得意でも左投手のシンカーが打てるとは限りません。

Qナックルを素人でも簡単に投げれる方法を教えてください

タイトルどおりナックルを投げたいです。
あれって抜くんですよね?
あと、素人でも投げ方をマスターすればストレート
が120キロは絶対でるときいたのですが
これは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1
ナックルは親指と小指でボールを挟んで投げるのが一般的ですね。
しかし、素人でいきなり投げれるわけありません。
#2
投げ方をマスターする。言葉では簡単ですがマスターするには日々の努力が必要なわけです。
プロ野球選手ですらマスターしてるわけでなく日々の練習で自分にあった投げ方に近づきうまくなっているわけですからマスターする事は不可能です。
120キロはでるという事に関しても人の体格や筋肉の質によってかわってきますから出るとは限りません。

Q守備用グローブ(手袋)の意味は?

野球を見ているとプロの選手でグローブの下にバッティング用?守備用グローブつけている選手を見かけますが、どういう意味でつけているんでしょうか?

バッティングは滑り止め効果があるのは分かりますが、守備につけていると何かメリットがあるんですか?


昨日の日本代表の試合では西岡選手がバッティングのと同じのを守備の際にもつけていました。

どなたか詳しい方教えて下さい!

Aベストアンサー

icemankazzさんが書かれている様に、パッドが付いた守備用の手袋も有りますが
パッドが有ると、違和感の様な感じを受ける為、多くのプロ野球選手は
バッティンググローブと併用している様です。

メリットは、硬球のボールを捕るのと痛いので衝撃の緩和も有りますが、
グローブと手の一体感も有る様です。

例えば、現在横浜の仁志選手は
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/bandaisp/cabinet/syouhin4/img42971338.jpg
を使っていますが、これは素手感覚で捕りたい気持ちと、
グローブと一体感が欲しい気持ちを両立させたものです。
(自分も夏場はこのタイプを使っていますが、良い感じになります)

素手感覚で捕りたい選手も多いので、手袋をしない選手も多いですよ。

Q球が高めに浮く理由

ピッチャーは疲れてくると球が高めに浮いてくると良く言われますが
あれは何故ですか?
物理学的にも証明されていることなんですか?

あと、調子のいいピッチャーはなぜ低めに投げることが出来るのですか?

Aベストアンサー

 握力が失われていくからです。投球では腕のしなりと手首のスナップで
球速を生み出すいっぽう、リリースポイントぎりぎりまで握力でボールを
押さえ込む必要があります。握力が減っていくと、自分が作り出す球速に
耐えることができず、早くリリースすることになってしまいます。

 よって握力がなくなってきた場合の選択肢は、(1)球速を落としてでも
低めに投げる=棒球になる、もしくは(2)球速を落とさないで握力の限界
まで頑張る=高めに浮く、の2つになるわけです。

Q■なぜシュート回転する球は良くないの?

■なぜシュート回転する球は良くないの?

プロ野球中継なんかで、よく
「直球がシュート回転していて良くない」
とか聞きますが、

なぜシュート回転する球は良くないのでしょうか?
バッターにとって、打ちやすいものなのでしょうか?

西本や盛田、東尾などシュートを武器とするピッチャーも多いはずなのに。。。

どなたかご存知の方がいれば、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シュート自体が良くないのじゃなくて直球がシュート回転するのが良くないのです。意識して投げるシュートは武器になります。
直球で意識しないのにシュートするのがダメなのです。
右投げで右バッターの外角いっぱいに直球を投げたのにシュート回転すると内側に入る形で真ん中に近くなってきます。芯を外すはずが芯に近付いてしまうので甘い球になります。それがダメなんです。
シュートを意識的に内角に投げるならストライクだと思って手を出したのが手元に食い込んで打ち損ねるということになるので、意識的に投げるのは良いのです。

Q■サウスポーでシュートの使い手っていますか?

■サウスポーでシュートの使い手っていますか?

タイトル通りなのです(笑)。
サウスポーでシュート投げる人って、あんまりいなくないですか?
もしいたら、超貴重な存在なのでは?
と思い、投稿しました。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オリックスの先発ローテーション投手の山本省吾も投げますよ。
まぁ、シュートよりも、変化球はスライダーとシンカー気味
に落ちるフォークが持ち味の投手ではありますが・・・


人気Q&Aランキング