中韓の人々が、「日本はドイツを見習うべきだ」とよく言います。私も、ドイツと日本の戦争責任とか戦後のすぐの軍事裁判について勉強しているのですが、ドイツの文献はなかなか手に入りません。そこで教えてほしいのですが、

1 ニュルンベルグ軍事裁判に関する初心者向けの本
2 ドイツは日本が結んだサンフランシスコ平和条約のような講和条約を連合国と結んでいるのでしょうか?
3 ドイツは侵略戦争をしたということを、たとえばポーランドやフランス、オランダなどに謝罪しているのでしょうか?

以上3点、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

次の2点に関してお答えします。



2 ドイツは日本が結んだサンフランシスコ平和条約のような講和条約を連合国と結んでいるのでしょうか?

していません。何故ならロシア・フランス・ポーランド・チェコによる潜在的ドイツ人居住地域の占領が終わっていないという問題があるからです。


3 ドイツは侵略戦争をしたということを、たとえばポーランドやフランス、オランダなどに謝罪しているのでしょうか?

 ドイツが1974年以降どこを侵略したのでしょうか?侵略の定義は僅か30年前に出来たものであり、それ以前の戦争では侵略という概念がありません。ちなみに日本のA級戦犯が裁かれたのは対米英中蘭に対して宣戦布告したことです。侵略に関しては裁かれていません。
 ドイツとしてはポーランド戦に関しては住民投票を無視し、ドイツ系住民に対するポーランド軍及びポーランド警察の住民弾圧から住民救済をするために出兵したのです。オランダは通過点として通っただけです。フランスはフランスが先に手を出したのであってドイツ側から宣戦布告した訳ではありません。

 ドイツのWW2に関する公式見解は全てナチスが悪いのであってドイツ国民も被害者である。ドイツとしては被害を受けた住民に対して被害相当額の弁済はするというものです。

この回答への補足

>ドイツが1974年以降どこを侵略したのでしょうか?侵略の定義は僅か30年前に出来たものであり、それ以前の戦争では侵略という概念がありません。

私が「ドイツの侵略戦争」といったのは、1939年のポーランド侵攻のことですが、これは侵略戦争とはいえないのですね。そうですか、侵略の定義は僅30年前にできたものですか?これは知りませんでした。

>ちなみに日本のA級戦犯が裁かれたのは対米英中蘭に対して宣戦布告したことです。侵略に関しては裁かれていません。

おっしゃるとおり、東京裁判では、訴因に「侵略」という言葉は入っていませんね。改めて児島襄の「東京裁判」を読み返してみたのですが、訴因の一覧表(上の132~133ページ)には「侵略」という表現はありません。これも目からうろこでした。

>ドイツのWW2に関する公式見解は全てナチスが悪いのであってドイツ国民も被害者である。ドイツとしては被害を受けた住民に対して被害相当額の弁済はするというものです。

こういうことをもっと日本人は勉強して、中韓などの言いなりにならないでひとつひとつ反論していくことが大切だなあと感じました。反論だけで和解は生じませんがお互いの言い分を言い合うことがその第一歩であるような気がしました。

どうもありがとうございました。

補足日時:2005/08/23 21:00
    • good
    • 2

「ドイツの戦争責任と謝罪」について知りたいなら、


以下のサイトから行き届いた答えが得られると思います。

あなたが本当にドイツ人のやり方から学ぼうとする方ならば、
多くの意味で力付けてくれるでしょう。

 

 

参考URL:http://www.geocities.jp/dasheiligewasser/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拝見しました。これからしばしば訪問しようと思っています。早速お気に入りにも登録しました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/23 22:10

戦勝国は敗戦国から賠償金を取る事は禁じられています。


日本はその為に 有償無償の政府間援助と言う言葉のあやを使って賠償してきました。no1さんも言われているとおり目覚ましい経済発展が有ります。

ドイツは国家に出来ないので個人に対してを中心に賠償してきたと思います。

ニュールンベルグはユダヤ人虐殺で有り、東京裁判は人道に対する裁きです。

ヨーロッパは日本で言えば戦国戦であり、私の知る限りでは日本のような謝罪はしていません。
独裁者ヒットラーに従った事の重大さを常に認識する様に ハイルヒトラーと言えば刑務所ーーと戒めています。

戦後責任や謝罪そのものが不要なことだと考えます。

インド植民地 仏領シンドシナ(ベトナム)上海共同疎開 北京共同疎開 等などの植民地政策に対して イギリス フランス ポルトガル スペイン オランダなど謝罪していますか。

戦後50カ国だった国が現在190カ国程度ありますが、現在の世界を作ったのは、十字架上の日本ーーといって国際連盟を脱退した(人種差別問題と植民地政策)日本の行動にある事も知っておく必要があります。

この回答への補足

>戦勝国は敗戦国から賠償金を取る事は禁じられています。

サンフランシスコ平和条約では大多数の連合国が賠償金を日本から取ることを放棄しましたが、日本は、東南アジアの国々の一部には先方からの要求があってのことですが、賠償金を支払ったと認識しているのですが・・・。

ドイツが謝罪をしていないことは事実のようですね。また、植民地政策を取ったヨーロッパの国々も。

どうもありがとうございました。

補足日時:2005/08/23 20:52
    • good
    • 1

答えではないです。


それは身近な中韓の方に言われたのでしょうか?
(すいません、ニュースソースで聞いたことないもので)
どういう意味で見習うべきかがはっきりしませんが、
ドイツは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で軍隊を持っています。
仮に彼らの言う謝罪をすれば同じように自衛隊を増強し、
アメリカとの軍事関係を増強しても構わないということなのか、
その主張の根本にあるものを聞いてみたいと思いました。
身近な人の場合そう言ってみて頂きたいなぁ、そこで戦争になっても責任取れませんが・・。

謝罪という点では、金銭面でも円借款という援助を行っていました。
それで現在の中韓の繁栄した状況があるわけです。
そのことを棚に上げて、さらなる金銭を要求しようというのは
過去の歴史から見ても言いがかりとしか思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>それは身近な中韓の方に言われたのでしょうか?

1998年の日中友好30周年記念番組(確かTBS)で日中の著名人による意見の交流会(生番組)がありましたが、ソニーの会長か社長の出井さんが日中の溝と和解について発言したとき、中国側の出席者が、「それならドイツとポーランドの間で行われたことを見習うべきだ」という趣旨のことを言いました。このとき出井さんはカチンときたようで、「揚げ足を取らないでほしい」とやや感情的になったのが印象的でした。中国側は、そう言えば日本はへこむとでも思っているような風情でした。

他にも韓国のノムヒョン大統領も先日のドイツ訪問でそのような趣旨の発言をしたことをネットニュースで読んだことがあります。

サヨク系の本では結構出てきます。

早速のコメントを感謝いたします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/23 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第二次世界大戦の原因

第二次世界大戦の原因

第一次世界大戦でこりたにもかかわらず、どうして短期間のうちに第二次世界大戦が起こったのでしょうか。

第二次世界大戦の根本原因を教えてください。

また、どのような原因と結果の積み重ねで第二次大戦が起こったのか、その「原因と結果の流れ」を教えてください。

Aベストアンサー

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合、侵略には略奪がセットになっているので、貧しい国にとっては戦争は半分経済活動でもあった訳です。

そう考えると、第二次大戦の根本要因は貧富の差だといえます。
で、貧富の差は現在むしろ大きくなっているので、第二次対戦で懲りたどころか、同じようなものは再度おこってもおかしくないと考えるべきです。一例を挙げればイラクとリビアと北朝鮮みたいな国、これが同時に暴発して、中国あたりが援助すれば用意に第三次大戦にはなり得るでしょう。
その抑止力があるとすれば核でしょうか。つまり、今度大戦をやったら勝者はいないという意識が辛うじてそのような事態を食い止めているのかもしれません。

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合...続きを読む

Qよく戦後の謝罪はドイツを見習えというが本当?

よく「第二次世界大戦後のドイツの隣国への謝罪を見習え」という論調が
国内にとどまらず、中国や韓国からも出ますが(今回の韓国の竹島問題でも
少し話題に出ましたが)、

 ・本当にナチスドイツの謝罪はうまくいっているのでしょうか?
 ・もしそうでしたら、何がうまくいっていると言われているのでしょうか?
 ・また、日本以上に問題がこじれているものはないのでしょうか?

詳しくないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「謝罪」という行為にはそれ自体に倫理的価値がありますが、外交においては「和解」に資する道具立てとして重要です。そのため、いくら「謝罪」しても「和解」にいたらないのなら意味はありません。
 日本の場合はこれが「うまくいっていない」ので問題視されます。

 なぜそうなのか。理由はいろいろありますが、まず相手方の事情から。
 中国と韓国は日本の支配に抵抗し、独立解放を勝ち取ったことを一種の建国神話としています。実際には朝鮮半島は連合軍が日本帝国を打ち破ったからであり、中華人民共和国は戦後の国民党との内戦の結果生まれたものです。しかし、彼らは祖国をそのようなものとして認識し、誇っております。もちろん、根拠がないわけではありません。
 それに対して、ヨーロッパ諸国はナチスドイツの侵略をこうむった時点ですでに近代的な国民国家を築いておりました。ナチスからの解放によって再出発したことには違いがありませんが、「建国」の重要度はまったく異なります。
 中韓の場合は、日本の支配・侵略から脱したことがはるかに重要な意味を持っているのです。それだけに日本がそれに見合った行動をとらないと、彼らには「納得できない」となりがちです。

 次に、アメリカが戦後の東アジア戦略を構想する過程で、日本と近隣諸国が緊密な関係を築くことを望まなかったという事情があります。ソ連に対しては敵対し、韓国とはアメリカを抜きにした友好関係を望まず、中国には最初は敵視で途中から敵対はしないが友好的でもない関係にあることを期待し、そのために行動してきました。
 東アジア諸国はまんまと(とあえて言います)これに乗り、「和解」の努力を中途半端にしてきました。この事情を国内政治に利用したのです。韓国では日本の支配を非難すれば失政をごまかすことができ、日本では国内の軋轢を呼ぶしかない「謝罪」の問題を適当に処理して済ませても許されました。
 ドイツの「謝罪」に対する不充分さはほかの方も指摘しているとおりですが、いっぽうで「和解」を獲得するための努力は真剣なものでした。一例としてドイツが放棄した歴史的領土は日本の比ではありません。ドイツは全体としてアメリカの世界戦略にしたがいながらも、この一点では独自の外交路線をつらぬいたのです。EUは伊達や酔狂で成立したわけではありません。
 条件の相違はあるものの、日本にこの姿勢が足りなかったことは事実でしょう。

 また、日本の「謝罪」が不充分だったのもたしかだと思います。
 ドイツの場合はその罪を当初ヒトラーとナチスにかぶせることができたので、罪過を認めることもより容易でした。しかしそのいっぽうで、あれらはナチスを支持したドイツの罪である、という論調も世間に根づくようになりました。だから、ブラントの東方外交も支持されたし、ヴァイツゼッカーの演説も受け入れたのです。
 文言や事実だけなら中途半端という評価も正当ですが、これらの言動が生み出された土壌は日本にないものです。だから、周辺諸国も高く評価したのです。
 もっとも、近年は歴史修正主義と称して「ドイツの罪と言われるものには誤りがある」とか「言われるほどではなかった」という論調もありますが、いつもそういった主張は批判を浴びてきましたし、いまでも文学者のギュンター・グラスのようにナチスであった過去は批判の対象となります。表だって公言することがはばかられる言説なのです。

 それに対して、わが国では大日本帝国と日本国を切り分けることが終戦時の条件の相違から難しかったし、あえてあいまいにもしてきたので、戦前の罪を認めることにもあいまいさが付きまといました。
 おかげで今になって、植民地支配や侵略の過程でなされた行為の数々がなかったことにされています。あるいは、あったかなかったかわからないことになってます。しかし、その多くは学術的研究の成果として否定されるのではなく、そのほうが国内の納得を得られるから唱えられているにすぎません。
 こういうことを書くのは多くの反発を喰らうのでかなり勇気が要ります。そのこと自体がドイツと日本の差です。村山談話、河野談話の文言がどうあろうと、また過去公式にどれだけの「謝罪」が積み重ねられていようと、それを認めたくない世論が多数をしめているかぎり、説得力は生まれません。

 皆さんの賛同を得られない「回答」であることは承知しておりますが、わたしが理解しているかぎりではご質問に対する答えはこうです。
 本文でお尋ねになっていることに答えていない部分もありますが、そこは他の方に譲ります。

 長文回答失礼しました。

 「謝罪」という行為にはそれ自体に倫理的価値がありますが、外交においては「和解」に資する道具立てとして重要です。そのため、いくら「謝罪」しても「和解」にいたらないのなら意味はありません。
 日本の場合はこれが「うまくいっていない」ので問題視されます。

 なぜそうなのか。理由はいろいろありますが、まず相手方の事情から。
 中国と韓国は日本の支配に抵抗し、独立解放を勝ち取ったことを一種の建国神話としています。実際には朝鮮半島は連合軍が日本帝国を打ち破ったからであり、中華人民共和...続きを読む

Q第二次世界大戦で枢軸国が行った酷いこと(ドイツ軍によるユダヤ人迫害、日本軍による南京大虐殺など)を教

第二次世界大戦で枢軸国が行った酷いこと(ドイツ軍によるユダヤ人迫害、日本軍による南京大虐殺など)を教えてください。出来ればやったことがはっきりしていることでお願いします。

Aベストアンサー

ドイツがしたユダヤ人迫害。アウシュビッツに行って直に目にした。幸か不幸か当日は停電していて、中の一部が観れなかった。髪の毛の山等は観れなくて却って良かったかもしれない。若ければ若いほど、恐らくトラウマに成る。トラウマにして確りと後世に色々と植えつけるために存在する施設では有るが、中々強烈です。

未だにドイツ人はそれを後ろめたく思っている人間が多い。今回の難民受け入れは有る意味罪滅ぼし的な感覚も充分有り。

Q【第二次世界大戦と昭和天皇】昭和天皇って嘘を付いてませんか?辻褄が合わないことがあってどうも嘘を付い

【第二次世界大戦と昭和天皇】昭和天皇って嘘を付いてませんか?辻褄が合わないことがあってどうも嘘を付いているなあと感じます。

みなさん感じませんか?

昭和天皇は第二次世界大戦に関与していないという歴史ですけど、これ嘘ですよね。

第二次世界大戦の歴史の本を読むと昭和天皇は戦争に反対で人道支援に力を注がれており、戦争で負傷した兵隊を介護するために私財を投じて人道支援活動を自国敵国関係なく行ったと書かれていたんですけど、第二次世界大戦前までの戦争はなぜしてたんでしょうね。

戦争に第二次世界大戦で負けてから急に戦争は反対だったとか言われても困ります。

あと天皇陛下の人道支援活動なんですけど第二次世界大戦時にはしてないんですよね。戦後に出来た国際条約を戦時中に実施していたとか時系列がおかしい。

昭和天皇は嘘を付いていると思います。違いますか?

Aベストアンサー

嘘ついてます。

彼が「やってもいいよ」って言ったから、戦争が始まったんです。
原爆を2発も落とされてからやっと、「堪え難きを堪え・・・」だって。
よく言うよ。堪えてるのは国民のほうなのに。

反対してるんだったら、「早く戦争をやめなさい」って国民に言いなよ!

天皇陛下万歳なんて、馬鹿げた洗脳すら反対しなかったくせに。

彼が、1番の戦犯です。

東條さんは、任務を忠実に遂行したにすぎません。
かわいそうに。

Q第二次世界大戦下のユダヤ人とドイツ人について、

第二次世界大戦下のユダヤ人とドイツ人のそれぞれの生き方を知りたいと思っています。お薦めの映画作品がありましたらお教えください。
現在見ようと思っているのは、「ライフ・イズ・ビューティフル」「シンドラーのリスト」「戦場のピアニスト」「聖なる嘘つき/その名はジェイコブ」「白バラの祈り」です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ナチスを描いた映画は沢山あります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%8F%B0%E9%A0%AD%E3%82%92%E4%B8%BB%E9%A1%8C%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

わたしが観て印象に残っているのは
クロード・ルルーシュの「愛と哀しみのボレロ」「遠い日の家族」(現在DVDで観られるかどうかわかりませんが)

「夏に抱かれて」「暗い日曜日」「さよなら子供たち」「禁じられた遊び」「ソフィーの選択」あたりです。

http://movie.goo.ne.jp/movies/p12022/index.html

「炎のランナー」も時代背景は違いますが、参考になるかも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%8E%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC

ナチスを描いた映画は沢山あります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%8F%B0%E9%A0%AD%E3%82%92%E4%B8%BB%E9%A1%8C%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

わたしが観て印象に残っているのは
クロード・ルルーシュの「愛と哀しみのボレロ」「遠い日の家族」(現在DVDで観られるかどうかわかりませんが)

「夏に抱かれて」「暗い日曜日」「さよなら子供たち」「...続きを読む

Q第二次世界大戦

靖国神社問題で中国韓国が戦争責任を批判していますが、
日本と韓国の戦争はなんと言う戦争名ですか?第二次世界大戦時の戦争で特に名称はないですか?日本は第二次世界大戦中に中国も韓国も攻めたのですか?その時点ではすでに植民地化されていたのでしょうか?
また南京大虐殺というのは日中戦争時のことですか?
中国韓国はどの戦争についていっているのですか?
満州事変、日中戦争、第二次世界大戦すべてでしょうか?よく知らないので教えてください。

Aベストアンサー

>韓国を植民地にしたのですか?中国やロシアが日本にせめてくるのを防ぐためですか?

あまり自信が無いので他の投稿を待っていたのですが、悪しからず。 まず御質問者におわかりいただいているのか否かが、回答者の側に良く分からない部分が大きいように思えます。 どう答えたら良いか窮する意味があります。

まず戦後の日本は、アメリカの経済力を借りて経済復興した事は、御存知ですよね。 これは、特に朝鮮戦争が原因で朝鮮半島での米軍の軍事行動を「後方で支援する」ための支援基地として「日本の位置」が重要になりました。 特に朝鮮戦争特需で日本人は金を掴むことができ、その後の文化・教育・メディア方面など様々な領域に渡り経済活動が発達しました。 「特にアメリカの友人である朝鮮人は」朝鮮半島での米軍の軍事活動を正当化する上でも優遇されました。
戦後の日本の事はこれくらいにして・・・

>中国やロシアが日本にせめてくるのを防ぐためですか?
ということであれば「そうです」と、まずはお答えすべきであろうと考えます。 この点については詳細説明をするより、「軍隊の活動を後方支援させるため」に国家辺境の地(当時は朝鮮半島)に、我々の父祖の税金からなる莫大な予算投資が行われ、朝鮮半島の近代化がなされた。 という事をまず御理解下さい。

>韓国を植民地にしたのですか?
「植民地化する」という事と「併合する」という事は別の意味があるのですが、この点の詳細は他の方の回答内容を御確認下さい。

例えば、ベトナム戦争当時の韓国は米軍に協力して直接戦闘に参戦しております。 日本に併合された後の朝鮮人も又「天皇陛下の御ため」に良く働き、日本国軍人として日本に協力しました。

朝鮮人が「己の過去を否定」する活動は、一方で必ず米軍に協力する事で戦勝国人として振舞える(=犯罪者並です。 実際に米軍によって、米国軍人同様、日本の法律に従わなくても良いとされました)事になり、一方ではソ連に協力する事で戦勝国人として振舞う事ができ、かつて日本化された朝鮮人を行方不明者とする事もできました。

これら統治する側(米国かソ連)に味方した朝鮮人は、嘗ての統治者である日本を悪者にする事で、自身を正当化する事ができると考えており、且つ行動している訳です。

>韓国を植民地にしたのですか?中国やロシアが日本にせめてくるのを防ぐためですか?

あまり自信が無いので他の投稿を待っていたのですが、悪しからず。 まず御質問者におわかりいただいているのか否かが、回答者の側に良く分からない部分が大きいように思えます。 どう答えたら良いか窮する意味があります。

まず戦後の日本は、アメリカの経済力を借りて経済復興した事は、御存知ですよね。 これは、特に朝鮮戦争が原因で朝鮮半島での米軍の軍事行動を「後方で支援する」ための支援基地として「日本の...続きを読む

Q第二次世界大戦でユダヤ人を助けた人々について

この間「戦場のピアニスト」という映画を見ました。

主人公のユダヤ人(ポーランドでは有名なピアニスト)が戦火のワルシャワをポーランド人にかくまってもらったり助けられながら生き延びたのですが、
このようにユダヤ人を助けていた人々は何かそういうことを専門に活動していた組織か何かだったのでしょうか?
自分たちも危険にさらされることを承知で活動をしているようだったので、気になりました。

どなたか詳しい方がいらっしゃれば教えていただけますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう組織があったかもしれませんが、あまり聞きません。

脱出した連合軍パイロットや、脱走してきた捕虜を保護し、連合国に送る組織ならありました。

しかしユダヤ人となると人数も多く、そもそも連合国でも歓迎されていませんでした。大戦中でどこの国もそのような余裕もないし、戦局に寄与するメリットもありませんから、組織的にやったとは考えにくいですね。

むしろ世界中のシオニストが、裏で動いたかもしれません。しかし行動そのものは制約が大きかったでしょう。むしろ彼らの活動はイスラエルの建国の方へ向けられていたと思います。

Q第二次世界大戦とロシアについて

無知なので、第二次世界大戦についてくわしく知るところがないのですが、第二次世界大戦をロシアの目線から説いたものや第二次世界大戦がロシアに与えた影響について知りたいのです。なにか参考になる文献などをご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか。
どんなささいな資料でも大変助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。
ロシアに関する情報サイトを挙げておきます。
英語やロシア語のものが多いですが。
http://www.slavweb.com/jp/Russia/defense-j0.html
↑ここの歴史→第二次大戦をご覧ください。

ちょっとズレますが、日露戦争についての小説に
司馬遼太郎さん著“坂の上の雲”
というものがあります。
全8巻という長編ですが、戦争への流れやその進み方
当時のロシアがどういう感じだったか、
何故日本のような小国が勝つことができたか等
分かりやすく書かれています。
全てが事実ということはないのでしょうが、
もしご興味があれば、読まれてみてください。
それでは。

Q今卒業論文を書いていますが、第二次世界大戦中の日本が行なったファシズムについて書こうと思っています。

今卒業論文を書いていますが、第二次世界大戦中の日本が行なったファシズムについて書こうと思っています。
参考になれる本や資料について教えてください。

また、そもそも日本は第二次世界大戦中にファシズム政治を行っているいるのか教えてください。

Aベストアンサー

俗説を盲信しているようですが、日本にはヒトラーのドイツや、ムッソリーニのイタリアのようなファシズムはありませんでした。 日本にファシズムが存在したと言う話をでっち上げたのは、アメリカ、イギリス、ソ連を始めとする当時の連合国側であり、第二次世界大戦は彼らによって「ファシズムと民主主義の戦争」だと規定され、後者の当然な勝利によって終結したと説明され、理論づけられたものです。 日本にファシズムがなかったことは、林房雄氏の著書『大東亜戦争肯定論』(夏目書房)を読めば良く解ります。

Q第二次世界大戦終結後の植民地国の独立

インド、オランダ、フィリピンなど、第二次世界大戦終結後、数年以内に独立した国はいっぱいあります。

宗主国としては自国の権益はいつまでも持ち続けたいはずです。
しかし、数年以内に独立している国が多数あるところをみると、何か権益の持続を図り得ない大きな力が働いたのではないかと思うのです。

この理由の一つに日本と連合国との戦争は大きく寄与している・・・第二次世界大戦がなければ、当時の独立はあり得なかった・・・のではないかと思うのですが、如何でしょうか?

第二次世界大戦がなくても、すでにこの頃、これら植民地の独立の気運は熟していたのでしょうか?
仮にもし、第二次世界大戦が独立の一要因になったとすれば、これら独立国は日本に対し感謝の念を持っているのでしょうか?

あまりこういうことを言う人を見ないので、お尋ねします。

Aベストアンサー

独立運動と言うものは民族意識、国家意識の存在が必要となりますが、近代における植民地は一般に民族・国家形成が遅れており、独立運動は余り盛んではありませんでした。

しかし19世紀も後半になると、鉄道や新聞など、近代国家を形成するのに必要な環境が整い、植民地においても次第に独立の気運が出てきます。(インドの鉄道は1853年開通)

その機運に拍車を掛けたのが第一次世界大戦後に出されたベルサイユ条約であり、そこでは民族自決の原則が盛り込まれました。この原則に影響されてインド(ガンジー)、朝鮮半島(3・1独立運動)、ベトナム(ホーチミン)、インドネシア(スカルノ)、ビルマ(タキン党)、フィリピン(ケソン)など、多くの植民地で独立運動が活発になります。

宗主国もそれに押されて独立の約束をする国(アメリカ、イギリスなど)もありましたが、経済状況の悪化(大恐慌)や、戦争への不安などから、実際には独立が許された国はわずかでした。

その状況が一変するのは第二次世界大戦です。欧米は対独戦争に忙殺され、アジアの植民地を省みる余裕がなく、また対日戦争を優位に進めるために、植民地運動の指導者たちを支援せざるをえませんでした。

一方でこの地に足を進めた日本も、民族解放をスローガンに対欧米戦を展開したため、植民地では「解放軍」として受け止めた人も少なくなかったようです。実際、フィリピンやビルマでは独立が達成されます。

しかし元々日本には民族解放という目標はなく、あくまで戦争遂行のための資源確保が東南アジア侵出の目的であったため、独立といっても実権の伴ったものではなく、軍による搾取や処刑が盛んに行われた結果、現地人も次第に反日的になり、抗日運動が激しくなっていきます。

さらに戦況が悪化していくと、状況を見越して欧米側に寝返る植民地人も続出し、軍当局は彼らを弾圧した結果、余計に反日感情を悪化させるケースも相次ぎました。

フィリピンでは親日政権とアメリカに支援された抗日ゲリラの戦闘が激しくなり、ビルマでもイギリスの援助を受けたアウンサンら(ノーベル平和賞受賞者アウンサンスーチーの父)が、一向に独立を認めない日本を見切り、独立運動を活発化させます。インドネシアや台湾では日本は大きく譲歩し、45年には独立を約束しますが、その前に戦争が終わってしまいます。

戦後、戻ってきた宗主国は統治を復活させようとしますが、戦争時にすっかり基盤が出来上がってしまった独立運動を押さえつけることはできず、戦争(ベトナムなど)などを経て、結局独立が達成されていきます。

こうして見ると、実際に第二次世界大戦が独立に大きな影響を与えたことが分かりますが、日本の位置づけは微妙です。と言うのは日本は確かに植民地解放を掲げたのですが、実際に独立させた国はわずかであり、しかも多くの地域で強制労働や強制徴収を行っていたからです。

戦時下ゆえ、そのような強制は不可避であり、戦争が日本の勝利で終わっていれば日本はそれらの国々を独立させていた、とする意見もありますが、当時の日本軍部の発想を考えると、そのような可能性は小さいものと思われます。

なぜなら皇民化運動に見られるように、軍部の考えは原理主義の日本版とでも言うべき日本中心主義で、全ての人民や資源は国体を守るために配置される、というものでした。この考えに沿って強制労働や沖縄捨て石戦が行われたのであり、仮に日本が勝利したとしても、植民地人の権利を尊重する発想は生まれなかったでしょう。植民地の自決は、日本中心主義から最も遠い点にあるものだからです。

実際、現地人聞いて見ますと、日本の占領に感謝する人はほとんどおらず、「犬が去って豚が来た」(台湾)、「ワニが去って別のワニが来た」(インドネシア)と、日本を単に別の宗主国と見る声がほとんどでした。

確かにチャンドラボースやインドネシア、台湾(注)の一部には感謝する声もありますが、これは特殊な事情が介在しているからであり、全体としてみると、「日本の統治は植民地独立の気運を高めはしたが、それは植民地解放を目的としたものではなかったため、一般に独立国は日本に感謝していない」、と言うことでしょう。

注)
ボースはイギリスの急進独立派であり、日本の力を借りてイギリス勢力を追い出そうとした。
インドネシアでは戦後、独立運動に身を投じた日本兵士もいた。
台湾では戦後、国民党による虐殺・圧制が横行したため、比較的緩やかであった日本時代を懐かしむ高齢者が存在する。

独立運動と言うものは民族意識、国家意識の存在が必要となりますが、近代における植民地は一般に民族・国家形成が遅れており、独立運動は余り盛んではありませんでした。

しかし19世紀も後半になると、鉄道や新聞など、近代国家を形成するのに必要な環境が整い、植民地においても次第に独立の気運が出てきます。(インドの鉄道は1853年開通)

その機運に拍車を掛けたのが第一次世界大戦後に出されたベルサイユ条約であり、そこでは民族自決の原則が盛り込まれました。この原則に影響されてインド(ガンジ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング