父から最近受け継いだ会社が、債務超過だといわれました。
母は、仕事を辞めて欲しいと言いますが、どうしたらいいか全く未知の領域なので
誰に相談したらいいかもわかりません。途方に暮れている状態です。
どなたか詳しい方、お知恵をお貸し下さい。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

wakabu-さん、こんにちは。



ご質問の文面拝見しました。
>父から最近受け継いだ会社が、債務超過だといわれました。
との事ですが、これらを言われた方は、税理士さんなのでしょうか?
(お父上の会社の税務申告をご担当されていた税理士さん?)
もし、そうであれば、それらの債務超過がどの内容なのかどうかをご確認の上
(買掛金が多額に発生している‥在庫を抱えすぎている?)
ご処置を決定された方が宜しいかと思います。
それらの債務超過内容の如何によって、その後の措置を考慮された方が
宜しいかと思います。
それらの債務超過がどう措置しても、措置しきれない程あるようでしたら、
会社を受け継がず、清算手続きなり、清算可能であれば、廃業するなりを
考慮した方が良いかと思います。

ご相談されるには、それらの明確に分かる資料(貸借対照表・損益計算表)を
ご持参になって、各都道府県が開催している無料法律相談等にご相談
されるか、あるいは、お父上のご依頼になっている税理士にご相談されては
如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 具体的に内容を知っている税理士さんに相談してみます。
とても参考になりました。何とか頑張ってみようと思います。

お礼日時:2001/10/29 18:36

>父から最近受け継いだ


 お父様は、ご存命?亡くなられた?

失礼があるかもしれませんが、仮定で進めますと、
借金遺産の場合、相続拒否できます。

>債務超過
資産より借金のほうが多いわけですね。

>誰に相談したらいいかもわかりません。
 とりあえず、地元の商工会議所などで会計士相談コーナーのようなところで聞いてみてはいかが?
あまり詳しい回答でなくてゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お返事ありがとうございます。
父はとりあえず生きてはいるのですが、入院中で復帰の見込みは余りありません。
商工会議所の方で、聞いてみたいと思います。

お礼日時:2001/10/29 11:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q知恵をお貸しください。ゲームセンターでの作業

ここでよいのかどうかわかりませんが、知恵をお貸しください。ゲームセンターでアルバイトをすることになりましたが、作業マニュアルやマニュフェストがひとつもありません。
作業チェックリストを日報様式で作ってそれを作業マニュアルあるいはマニュフェストにしたいと重います。
いくつか項目として浮かんだのですが、皆様からのお知恵をお借りしたいと思います。
例)メダルは回収されているか
掃除は終わっているか
景品は補充されているか
両替金は確保されているか

Aベストアンサー

・おしぼり補充
・灰皿交換
・トイレ清掃
・全館放送

上記が基本で、
メダルの計数、メダル貸機補充、メダルバンク補充、メダルの回収

など実際やってましたよ。その他に勿論お客様の対応は優先ですね。

アルバイトにしては真面目さんかな?と思うのですが、社員ではないのですよね?

私の仕事場はマニュフェストというか基本姿勢が
「お客様に快適な空間を提供する」というのがありました。
是非参考になさってください。

Qコンサルタントに調査して欲しいのだが

 コンサルタントと言われる人たちは数多くいらっしゃると思います。
 分野も様々かと思います。
 
 社内のシステムを調査・分析して頂くならシステムコンサルタントでしょうし、経営面ならば経営コンサルタントが該当するのでしょう。
 では、会社の業務そのものを見ていただける方は、どのような方が該当するのでしょうか?。
 システムコンサルと言っても、SEあがりなため、どうしても現状システムからの切り口になりますし、経営コンサルなら税理士・会計士よりでの金銭的な経営面からの切り口になるかと思います。
 
 うちの会社は、仕事のやり方(業務のやり方、体制、組織)がアバウトすぎます。
 業務体系の見直しが必要と思ってますが、業務コンサルタントなんて方いらっしゃるのでしょうか?。

Aベストアンサー

まず、専門分野を標榜した肩書はあまり意識されない方がよろしいかと思います。
依頼される場合は経歴(経験)を知ることです。

会社のオペレーション機能等を診断するのですから、現役のオーナー経営者か経営経験者がよいですね。
中小企業のマネジメントは、創業者・経営者・オーナーの経営思想や人生観がもろに反映されるものです。

生身の人間が小社会を形成しているわけですから、組織統制にせよ事業取引にせよ日々大小のドラマありですよね。
あらゆる駆け引きや、競合を経て今日まで生きのび、ヒト・モノ・カネに対し責任を負う(負った)者でなければ、起死回生策の知恵は出ません。

企業のトップマネジメントとは、従業員とその家族、時には下請け企業などにも同様の配慮をすべく立場にありますから、その感覚をも共有できなければ務まらないとも思います。

会社とは生き物でありますから、マニュアル的な経営分析では立体感ある改善には届かないでしょう。
専門家サイトのみならず、少し凝った探し方をされるのもよいかもしれませんよ。

Q自分の仕事のこれだというUSPがわかりません

自分が独立するときにどういったポジションをとっていけばいいのでしょうか。
スキルとか実績というのはありますが・・・
そういった経歴じゃないもので、USPを打ち出して行きたいと考えています。
USPはどのような思考で考えていけばひらめくのでしょうか?

Aベストアンサー

個別にみないと具体的なことはコメントしづらいものなので、参考になるかわかりませんが。
一般的に、私がお客様に助言するときには、まずは役立つかどうかはおいておいて、強み、特色等の数を優先(質より量)して出してみることからスタートします。
出しきっても不足を感じたならば、他人のそれを数多くみてみること。その中に思い出せなかったものが含まれていて、新たに気づくこともあります。
さらに可能ならば、他人の意見もきいてみる。
そうして出てきたものを分類整理していくと、傾向や相互のつながりが見えてきますから、キーとなる特色が浮き彫りになり、数は絞られていくと思います。
その上で、ポジショニングがねらいですから当然に抜けていないと思いますが、外部環境にそれをおいたときに武器になるかどうかを踏まえて、決めていく。
効率の良さとしては、外部環境を見極めて、それに似合うものに最初から絞り込んだ方がよいかもしれません。しかし、経歴ではないものは、自分では気づいていないものが多いと思います。それを打ち出すためには、多少遠回りでも、まずは質より量で出せるだけ出してみる工程は無駄にはなりません。

個別にみないと具体的なことはコメントしづらいものなので、参考になるかわかりませんが。
一般的に、私がお客様に助言するときには、まずは役立つかどうかはおいておいて、強み、特色等の数を優先(質より量)して出してみることからスタートします。
出しきっても不足を感じたならば、他人のそれを数多くみてみること。その中に思い出せなかったものが含まれていて、新たに気づくこともあります。
さらに可能ならば、他人の意見もきいてみる。
そうして出てきたものを分類整理していくと、傾向や相互のつながり...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報