はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

新しい職場で、何かと社内メールで上司に報告を行います。先輩は皆、「~ご報告いたします」としているのですが、報告するのは自分なのだから、「報告いたします」で良いのじゃないでしょうか?
敬語って気にすれば気にするほど訳がわからなくなります。教えてください。

A 回答 (4件)

どちらでも特に問題はありませんが、「報告いたします」だと、いわゆる謙譲の意があらわれまれません。


それを出したいときは「ご報告します」か「ご報告いたします」に。(ものたりない場合は「ご報告申し上げます」も。)
謙譲語は客体(「~を」や「~に」のつく動作の受け手)に対するものなので、動作をする者が誰であるかは、それほど重要ではありません。今回の場合は、上司に「報告する」ので、謙譲語を使うのがよいと思います。
また「いたす」はいわゆる謙譲語とは性質が異なり、話し手である自分が聞き手に対して本当に謙遜するので、謙譲の「お~する」の「する」にかえて使っても構いません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

どちらでも問題ないってことがわかって安心しました。自分なりに使い分けできるようにしたいです。
ご回答ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2005/08/21 00:14

こんにちは。



文法的には、「ご」付きでも大丈夫です。
#1のご回答のとおり「ご」には、相手の動作を敬う"尊敬"の用法のほか、自分の動作をへりくだって言う"謙譲"の用法もありますので。(ついでに、単に丁寧"丁寧"の用法まであります(^^;)

あとは、相手の感覚的な問題ですね。

↓に類似のQ&Aを挙げておきますので、ご参考にどうぞ!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1580966
    • good
    • 5
この回答へのお礼

こんにちは。
尊敬、謙譲、丁寧すべてあるのですか…日本語って世界一難しいと思うのは私だけでしょうか。
人に聞かなくてもスマートに日本語をあやつれるようになりたいです!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 00:20

とりあえず「報告いたします」の方がただしいと思いますが、「ご報告」も最近はでは間違いでもないようです。



一般に「ご」をつける場合は、あいての行為や事象を丁寧にいうためとの認識ですが、相手との関連があれば、つけてもおかしいことではありません。
たとえば「見積書」は普通「御見積書」としますよね?見積もるのは自分ですが、得意先が見積もらせる指示をだしたものに返す行為としておこなっているため、相手の関与があり、「御見積」になります。
報告も厳密には上司から報告するように指示があるわけですから、「ご報告」でもOKかと。

あとは多重敬語にならないように気をつけるとあまり「お」や「ご」はつけない方がスマートですね。なんにでも「お」をつけれる人もいますので、それは育ちが良いと好意的に解釈される場合もあるので、悪くはないと思います。(そのむかしアニメ、ムーミンのエンディングがその手の「お」をつける人間を揶揄した曲でした、なつかし・・)

やたら敬語を意識した「お○○させていただきます」という表現は社会人としては避けたいところです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私も、ばか丁寧過ぎない言葉遣いをするように心掛けています。が、難しいですね。
社内メールなのだから、やっぱり「ご」は付けないで良いかな。
お答えありがとうございました。

お礼日時:2005/08/20 02:08

ご質問の「ご報告」は下記にあたると思います。


ご報告でも問題ないと思います。

ご 【御】

(2)動作を表す漢語に付く。

(イ)行為の及ぶ他人を敬って、自分の行為をへりくだっていう。
「―案内申しあげる」「―招待いたします」「―紹介する」
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?col=KO&pg …
    • good
    • 6
この回答へのお礼

”ご”を付けて問題ないのですね。
「ご案内」についても、”ご”を付けるものなのか
疑問に思っていたので、とても勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/20 01:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「ご報告する」って正しい使い方?

ビジネス文書でたまに見かける疑問に思う丁寧語。
その中で、「~についてご報告申し上げます」で始まる文を見かける事があるのですが、これは自分に丁寧語を使っている感じがするので、間違いではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

補足のご質問にお答えします。

「連絡」も「報告」も、「ご」がついて謙譲語になります。
理由は、既に御説明したとおり、「連絡」「報告」といった行為が相手に及ぶからです。
例えば「理解」と比べてみてください。これも「○○さんを理解する」というように、対象を持つ言葉ですが、「理解」はあくまでも当人(話者)の心(というか頭というか)の中の問題であり、それをしたからといって対象となる人物は何の影響も受けません。(他人に理解されたらうれしい、ということはあるでしょうが、それは相手(話者)が自分(対象)を理解しているということを「知る」あるいは「聞く」などの行為があって初めて起こることです。単に話者が「理解」しただけでは相手(対象)にそのことは伝わりません。)
それに対して、「報告」や「連絡」は、その行為が行われれば、その行為の一方の当事者(行為の受け手)に、必然的に相手の人物(対象)がなることになります。つまり、前出の「敬語の指針」の説明をあえて繰り返しますが、
>自分側から相手側(敬意の対象)へ直接かかわる動作であり、謙譲語Iにあたるので、「お」を付けて「ご報告します」としても何ら問題ないということになります。
ということです。
ただ、たまたま相手の人間(得意先や上司など)が敬語に関して無知で、「ご」などつけるとはけしからん、と怒ることがあるかもしれません。しかし、それは正しい敬語とは何か、という問題とは別な次元での話しです。もしかして、立場上相手の言い分を飲まなければならないことがあるかもしれません。それでも、「謙譲語に『お/ご』をつけることもあるのだ。」という事実を知っていてそれを受け止めるのと、何も知らずに受け入れるのとでは、だいぶ異なると思います。
少なくとも最も避けるべきなのは、相手が正しい敬語を使っているのに対し、それは間違いだと声を荒げることです。事実を知ってさえいれば、その最悪のパターンだけは避けられます。

ただ、難しいのは、敬語には例外や別則が非常に多いということです。話がややこしくなりますが、質問者の方は大人でいらっしゃるので(私は普段子供(小中校生)向けに国語の学習書やテストなどを書いていますが、そのときは、あえて難しいことは書きません。)、自説に不利なことも書きます。
例えば「賛成する」あるいは「賛成」という語ですが、これは相手方に直接かかわることもある言葉ですが、「ご賛成します。」などとは用いません。その理由は、「賛成したからといって、必ずしも賛意が相手に伝わるとは限らないから。」ということもできますが、文脈上、確かに相手側に向かって「賛意を表している」場合であっても、「ご賛成~」を使えないのはなぜか、という問いに答えるのは非常に難しい。一方で「賛成申し上げる」とは言えるので、「賛成」には絶対謙譲語を使えないというわけでもないのです。
このように例外が多数あるのは、初めに規則がありそれに応じて実際の言葉が作られたわけではなく、ほかの方もおっしゃっていましたが、まず具体的な言葉があって、後付で敬語という概念を作り諸規則を作ったからです。したがって、ある意味、「絶対に正しい敬語」は存在しません。しかし、だからといって規範に意味がないとか、個人的な語感をもとに話せばいいのだということにはなりません。規則の限界を知った上で、それを上手に使いこなすことが大切なのだと思います。そのことは敬語に限らず文法、語彙など、言葉の使用全般についていえることだと考えます。

ちなみに、「~できる」を尊敬語に直す場合は、「~なれる」「おできになる」という形にするか、あるいは視点をかえて謙譲語を用い、「~いただける」を使うのが無難な方法です。そのどれが最適かは、文脈・場面によってかわってくるので一概には言えませんが・・・。
ご質問の文の場合は、
><「○○万円までお預け入れできます。」
「特別価格でご購入できます」
というように、営業上(客相手の言葉)ですので、
><「○○万円までお預け入れいただけます。」
「特別価格でご購入いただけます」
と、謙譲語を用いるのが丁寧でいいと思います。この場合は、「お預け入れ」「御購入」が尊敬語で、あとの「いただけ」が謙譲語です。この用法はいわゆる二重敬語ではなく、正当な敬語法ですので自信を持ってお使いくだい。(その点、NHKのアナウンサーが局のHP内に間違った内容のことを書いていました。そのうち訂正の申し入れをしたいと思います。)
また、尊敬語だけを用いるなら、
><「○○万円までお預け入れになれます。」
「特別価格でご購入になれます」
でも間違いではありません(規範文法的には)が、やや敬意が薄く感じられます。なお、この場合は「おできになる」を用いるとまだるっこしい言い方になるの(「~預け入れがおできになります」など)で、避けた方がいいように感じます。
以上、ケーススタディに関しては、正否というより私の個人的な意見が入っているので、その点はご理解ください。

補足のご質問にお答えします。

「連絡」も「報告」も、「ご」がついて謙譲語になります。
理由は、既に御説明したとおり、「連絡」「報告」といった行為が相手に及ぶからです。
例えば「理解」と比べてみてください。これも「○○さんを理解する」というように、対象を持つ言葉ですが、「理解」はあくまでも当人(話者)の心(というか頭というか)の中の問題であり、それをしたからといって対象となる人物は何の影響も受けません。(他人に理解されたらうれしい、ということはあるでしょうが、それは相手(話...続きを読む

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q返送?ご返送?

丁寧語について教えてください。
ある文書が送られてきてそれに記入後返送することについて、
・相手にお願いするときに「ご返送願います」
・相手へ返送する際に「ご返送いたします」

どちらに「丁寧の「ご」」がつくのかわかりません。
それとも送る際は「返送」ではなく普通に「お送り致します」の方がスマートなのでしょうか。

また、よくこのテのこと(どちらに丁寧語をつけるのか)で悩むので参考になるHP等あればアドレスを教えていただきたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「ご返送願います」は尊敬+丁寧(ます)
「ご返送いたします」は謙譲+丁寧(ます)
で、どちらも正しい日本語です。
「お送りいたします」も謙譲+丁寧(ます)です。

「ご/お~になる」は尊敬表現ですが、「ご/お~する/いたす/申し上げる」は謙譲表現です。
自分の行為でも、その結果が相手に及ぶときに、「ご/お」を付けるのです。丁寧語ではありません。
相手の行為について「ご用意してください」などと言ってはなりません。
単に尊敬語が欠けているというのではなく、「ご用意する」という謙譲表現を使っているからです。

「100万円までお預け入れできます」「お持ち帰りできます」
は、相手の行為に謙譲表現を用いた誤用です。
(「お持ち帰り」を名詞と見て「お持ち帰り【が】できます」の省略形のように誤解しているのかも知れません。)
「ご用意できます」「お答えできません」のように、自分について言うときに使うべき表現です。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q申し上げる

先日、ある作業の完了報告をEメールで配信したときの事です。
配信先は、その作業の依頼元と上司、同輩などの連絡網です。
今回の場合は、正式な報告書ではなく「無事終わりました」程度の内容です。
いつもそうしているのですが、5W1Hの記述に続けて文面の最後に「~報告申し上げる」としましたが、ある上司に「こんな人を見下した文章を書くな」ということを人づてに聞きました。
私は今まで「申し上げる」は最上級の謙譲語であると認識していましたが、使い方が間違っていたのでしょうか???

Aベストアンサー

「ですます調」と「である調」の統一は確かに基本的なことなのですが、
最近では、「ですます調」の中に、リズムをつけるために体言止めを使用することもあり、あまり気にする必要はないと思います。
それよりも上司の方が気になさっているのは、
「である調」の断定的な響きではないでしょうか?
報告書の本文は箇条書きでOKですが、
最後の一文は、やはり本文とは文体を変えて
「ご報告申し上げます。」がいいように感じます。

また、「ですます調」と「である調」が混ざるのが気持ち悪いのなら、
「以上、取り急ぎご報告まで。」でもいいと思います。

謙譲語は、自分がへりくだることによって、
相手を尊敬する気持ちを表す言葉ですので、
その意味から考えても、ですます調とあわせて
丁寧に表現するほうがいいと思いますよ。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q自分が相手に相談したい時は「相談」or「ご相談」?

ビジネスの場において
自分が相手に相談したい時に
「ご相談なのですが、、、」

「相談なのですか、、、」
とどちらが敬語として正しいですか?

相手から相談された場合なら
「ご相談いただきありがとうございます。」などと言うので
自分が相手にした時に
「ご相談」だと自分の動作を丁寧にしてる気がするので
なんとなく不自然な感じがします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談する人が相手なら、ご相談お受けいたします。

自分が相談するなら、相談させていただいてもよろしいでしょうか。

自分のする行為には御をつけないでOKだと思います。

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング