人の血液型のABOは、なぜABCでなくABOという名前がついているんですか?何かの頭文字か何かなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

O型はA,B抗原がない(ゼロ)から来ているという説を聞いたことが


あります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/1603/ke …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご返答ありがとうございます。
URL参照させていただきました。
むかしはC型って言っていたんですね~。

お礼日時:2001/10/31 00:04

すみません。

さらに付け足しで。

下記の回答で「O型の人はA糖転移酵素のDNA塩基配列部分の中で1つの塩基が欠失しているために、読み枠の移動(フレームシフト)が起こり、そのせいでタンパク質(酵 素)が合成されないために、酵素がない状態が起こります。 」と書きましたが、語弊が生じるといけないので補足しますと、

A型の人のA糖転移酵素蛋白は353個のアミノ酸残基により構成されますが、A型の人では上記のような現象が起こるため、これよりさらに短い116個のアミノ酸残基により構成される蛋白が合成されます。しかしこの蛋白には酵素活性が存在しないため、事実上無意味な蛋白合成といえます。

質問からは全然離れているので、どうでもいいことなのですが、専門家の方からの突っ込みが来ると困るので、念のため補足いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすみません。
非常に詳しく2回もありがとうございます。
しかし、せっかく教えていただいたのに私には難しくて半分も理解できませんでした。また、何回も読んで理解したいと思います。

お礼日時:2001/11/02 02:13

最後の付け足しで、



ABO式血液型を調べる手段はオモテ試験(赤血球膜上の抗原を調べる)とウラ試験(血清中に存在する抗A、抗B抗体の存在を調べる)というものがあります。
このオモテ試験では抗A抗体や抗B抗体を用いて赤血球膜上のA型抗原、B型抗原とくっつくかどうか(もし抗体に対応する抗原があると抗体が結合し、赤血球がたくさんくっついていく(凝集する)現象が起こります)を調べます。
そしてもちろん、O型の人はA、Bどちらの抗原も持っていませんから、どちらの抗体と反応させても、凝集は起こりません。

簡単な(例えば生物の授業でする程度)検査なら、その二つの抗体を用いた検査でいいですが、実際の医療の現場では、O型の人の血液型を調べる際に、抗A、抗B抗体を用いた検査だけでなく、抗Hレクチン(レクチン=植物凝集素)というものを使用します。
この「H抗原」はA型、B型抗原の「前駆体」、つまり基になっているものです。A型やB型の人はそれぞれこのH抗原にA抗原(N-アセチルガラクトサミン;GalNAc)、B抗原(D-ガラクトース;Gal)がA型糖転移酵素、B型糖転移酵素の働きで付加されて成り立ちますが、O型の人はこれらの酵素作用が存在しないため、H抗原がむき出しのまま存在することになります。(しかしA、B、AB型の人でも、未反応のH型抗原が当然存在するので、皆無というわけではありませんが)
従って、きちんとO型であるという確認をするために、このH抗原を特異的に認識し、赤血球を凝集させる作用を持つ抗Hレクチン(UEAレクチン;ハリエニシダという植物の種子から抽出した成分)を用いてこのH抗原の存在の有無を調べます。

なぜ、そのような必要があるかというと、どのような血液型システムでもあるのですが、特にABO血液型システムには多種の「亜型」が存在します。そしてH抗原が発現しない「ボンベイ型」という亜型があります。これはH抗原の前駆体h抗原が膜上に存在し、H抗原が発現するのに必要なフコースを付加する糖転移酵素がないためにH抗原にさえ変化しないものです。
そしてABO式血液型検査に「オモテ試験」と「ウラ試験」があるのは、これらの亜型を詳細に検査するためにあり、さらに唾液中のABO抗原の有無(これには別の血液型システムが関わりますが)や直接A、B型糖転移酵素の有無を調べたりしないと正確に血液型を同定できない場合もあります。そういった点で、ABO式血液型システムはメジャーな血液型であると同時に、非常に複雑な血液型といっていいでしょう。

ちなみに、ABO式血液型の発現を司るA、B糖転移酵素の遺伝子は第9番目の染色体上にあります。O型の人はA糖転移酵素のDNA塩基配列部分の中で1つの塩基が欠失しているために、読み枠の移動(フレームシフト)が起こり、そのせいでタンパク質(酵素)が合成されないために、酵素がない状態が起こります。
H抗原の発現を司るH糖転移酵素の遺伝子は第19番染色体上に存在します。
(ABO遺伝子≠H遺伝子です)

また、ABO式型血液抗原は蛋白等に結合した糖鎖の違いによる「糖鎖抗原」ですが、Rh式血液型抗原は「蛋白抗原」です。

随分本題と離れましたが、1900年にランドシュタイナーが発見したABO式血液型は非常に奥の深い血液型システムなのでした。
    • good
    • 1

 A,B,O,AB型と言うのは表現形だと思ってください。



 先ほど書いてあったAA型、AO型と言うのは遺伝子形です。

 A,Bの遺伝子は同じ強さで表現されるので、もし、両親から、A,Bの両方をもらった時(ひとつずつしかもらえません)表現形はAB型となります。

 ところが、O型と言うのはA,Bよりも弱いので、AとOの両方をもらっても表現形はA型になってしまいます。

 つまり、遺伝子形がAA同士両親からはA型しか生まれてきませんが、AO同士の親の場合、子供の遺伝子の形は「AA、AO、OO」の3通りあり、最後のOO型の場合のみ、表現形がO型の子供が生まれてきます。



 こんな説明で分かりますか・・・分からなかったら、また、聞いてください・・・もっと上手に説明できる人がいるかもしれないし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすみません。
何度もありがとうございます。
あっそうか、よく考えたらなんとなくわかった気がします。

お礼日時:2001/11/02 02:07

抗A抗体(凝集素)に対する抗原(凝集原)を持っているのがA型、


抗B抗体に対する抗原を持っているのがB型、どちらの抗原も持っているのがAB型、
どちらの抗原も持っていないのがO型です。OというのはA抗原もB抗原も持っていないという意味です。

Rh型という名前は、アカゲザルの赤血球をウサギに注射して免疫血清を作ったことからアカゲザル(Rhesus monkey)の頭文字から名付けられました。

他にもいろいろ血液型はありますが、単なる記号として名付けられたものや、人の名前に由来するものなどいろいろです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Rh型の説明までつけていただきありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/10/31 00:19

ごく簡単に説明すると、A凝集源、B凝集源というものがあり、A凝集源を持つ人をA型、B凝集源を持つ人を、B型、どちらも持つ人をAB型。

と言います。

 そして、O型のOはアルファベットのOではなく、どちらの抗原も持たないと言う「0(ゼロ)」から来ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご返答ありがとうございます。
なるほど、Aを持つのがA型、Bを持つのがB型、どちらも持たない0(ゼロ)が変わってO型ですか。
そこで、ふと思ったのですが、AB型はA凝集源とB凝集源の両方を持っているということですよね~。ではAA型とAO型の違いはどうなるのでしょうか?

お礼日時:2001/10/31 00:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QABO血液型の発現頻度が変わったといううわさを耳にしたんですが・・・

ABO血液型の発現頻度が変わったといううわさを耳にしたんですが、「A40%、O30%、B20%、AB10%」から「O40%、A30%、B20%、AB10%」になったという話を聞いたんですが本当なんでしょうか?知識をお持ちのかたいらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近は外国人が多いので多少は変わっている可能性があるでしょうが、人間のABO血液型はメンデルの遺伝法則にしたがっているので発現頻度が変わるということは通常起こりえないはずです。(アメリカで一番多い血液型はAではなくO型です。)
たまたまA型の人が集まっているところに爆弾が落ちてみんな死んでしまったとか、そういう特殊なことがない限り起き得ないでしょう。

QABO血液不適合について

血液型が私はO型、主人はAB型、子供はB型です。
子供を二人目をつくろうかと考えていますが、以前妊婦雑誌で
ABO血液不適合について記事を読んだことがあるのですが
私は血液の中にB型の抗体ができていて、それを元に戻す
注射があるとその記事に書かれていたように思うのですが
実際どうなのでしょうか?もしも血液型がA型の子供を妊娠した場合
なにか影響があったりするのでしょうか?またO型とAB型は相性が悪いので
しょうか?(そんなことも書かれていたので...。)
このような質問で恐縮ですが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。
お母さんがO型でお父さんがAB型の場合はA型もB型も不適合は起こりうる可能性があります。
 でも、実際起こったとしても症状が軽いのでそんなに心配がないみたいですよ。
 ただ、RH式の不適合でお母さんが(-)でお父さんが(+)の場合に、妊娠中や分娩時、赤ちゃんの血液がお母さんの体内に入ると母体が遺物とみなして抗体を作ってしまうんです。
 抗体が胎盤を通して胎児の体に入ると出生後に重症黄疸になったり貧血になったりと影響があるみたいです。
 でも、一人目を出産後に病院で「免疫ブログリン」を注射されている可能性が高いので、一度心配であれば、一人目を出産された病院で確認してみてはいかがでしょうか?
 心配ごとがあればそれも、その時に先生に相談した方が楽になれますよ。
 頑張ってくださいね。

Q子供の血液型A型Rh-と言われました

現在韓国で生活していますが、子供の血液型がA型Rh-
とわかり血液バンクでもストックがいつもあるかわからないと言われてしまいました。
私も、夫も+なので何かあったときは他の人の助けが
必要なのですが万が一ないとき、あきらめるしかないのですか?それとも、二重国籍なので日本の助けも借りる事は出来ますか?
とても不安で。。どなたか教えていただけますか?

Aベストアンサー

 こんにちは。 私はRh(-)の者です。
 韓国の血液の供給がどのようなシステムになっているのか分からないので、日本の状況を書いておきますね。

 まず、Rh(-)の患者が出た場合でも即応出来るようにある程度のストックは血液センターにあります。そこの血液センターにストックが無くても、近くの血液センターから輸送されます。
 ストックが無い場合は、血液センターに登録されている献血協力者が呼び出されて献血します。(私も何回か呼び出しを受けました。)
 以前そのような制度が確立されていないときは、<Rh(-)の会>みたいな雄志の会があり、病院から会に連絡があり、会に登録されている人が献血にいったそうです。

 韓国にもRh(-)の方はいらっしゃるでしょうし、もし日本より比率が少ないということでしたら、なおのことそのような雄志の会みたいな物も有ると思いますが。(日本ではRh(-)の人は200人に一人といわれています。)
 医療機関又は血液を管理する公的機関に問い合わせれば教えてくれるのでは無いでしょうか。

 日本の助けですが、国籍に関係なく必要と判断されれば受けられると思いますよ。

 日本人が特別にRh(-)の人間が少ないって話を聞いたことがありますよ。欧米人ではもっといるのだそうです。

 こんにちは。 私はRh(-)の者です。
 韓国の血液の供給がどのようなシステムになっているのか分からないので、日本の状況を書いておきますね。

 まず、Rh(-)の患者が出た場合でも即応出来るようにある程度のストックは血液センターにあります。そこの血液センターにストックが無くても、近くの血液センターから輸送されます。
 ストックが無い場合は、血液センターに登録されている献血協力者が呼び出されて献血します。(私も何回か呼び出しを受けました。)
 以前そのような制度が確立さ...続きを読む

Q血液型 どの国でもA型が一番多いのでしょうか?

日本ではA型が一番多いとされていますが、
これはどの国でもA型が一番多いのでしょうか?

Aベストアンサー

中国人がBが多いですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ABO%E5%BC%8F%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%9E%8B#.E5.89.B2.E5.90.88

QAB型の人にA型の血液を輸血して死亡した理由とは?

2007年2月2日の河北新報に以下のような記事がありました。
----
東北大病院(仙台市)で、血液中の造血幹細胞の移植手術に伴う輸血を受けて死亡した青葉区の理容業男性=当時(49)=の妻(59)ら遺族が、同大に1100万円の損害賠償を求める訴えを1日までに、仙台地裁に起こした。
遺族側は「死因は肺炎で、輸血との因果関係は不明」としながらも、治療で存命が望める患者の「期待権」が損なわれたと主張している。
訴えによると、男性は白血病で同大病院に入院し、2001年3月21日、姉(57)の造血幹細胞を移植する手術を受けた。その後、約1ヵ月半に10回、輸血を受けたが、免疫力が低下して肺炎になり、手術の約10ヵ月後に死亡した。
男性の血液型はAB型、姉はB型で、輸血は時期に応じてAB型、B型の血液を注入しなけれならないが(原文のまま)、病院は誤ってA型を輸血し続けた。
造血幹細胞移植の生存率は約20%で、その限度で存命が望めたが、輸血ミスのせいで命を落としたとしている。
造血幹細胞は血液に含まれ、白血球や赤血球、血小板に分化する。同大病院は「現時点ではコメントできない」としている
----
なぜ、AB型の人にA型の血液を輸血することが不適合なのでしょうか?
多くのサイトで調べると、この場合はやむをえない場合には行なっても大丈夫だと書いてありますが、今回不適合が起こった理由は何なのでしょうか?

なお、朝日新聞でも同じ記事があり、そちらでもAB型を輸血すべき所にA型を輸血したのが原因と書いてあったと思います。

2007年2月2日の河北新報に以下のような記事がありました。
----
東北大病院(仙台市)で、血液中の造血幹細胞の移植手術に伴う輸血を受けて死亡した青葉区の理容業男性=当時(49)=の妻(59)ら遺族が、同大に1100万円の損害賠償を求める訴えを1日までに、仙台地裁に起こした。
遺族側は「死因は肺炎で、輸血との因果関係は不明」としながらも、治療で存命が望める患者の「期待権」が損なわれたと主張している。
訴えによると、男性は白血病で同大病院に入院し、2001年3月21日、姉(57)の造血幹細胞を移植...続きを読む

Aベストアンサー

AB型の患者が姉(B型)の造血幹細胞移植を受けると、AB型の人が徐々にB型に変わってゆくことになります。
よって「時期に応じてAB型、B型の血液を注入しなけれならない」事になります。
移植後約1ヵ月半なら白血球(血小板もそろそろ)は姉の物に置き換わっていると思われますが、赤血球は自分のABがまだ残っている可能性が高く、血液型の検査をしてもまだAB型であった可能性が高いです(赤血球は120日生き続けます)。
輸血したA型に免疫反応が起きていたとするならば、自分のA型抗原に対してもGVHDが起きていた可能性があり、それくらいの免疫抑制はしていたはずです。
よってクロスマッチは絶対やっているはずですが、免疫抑制剤や白血球(抗体)が極めて少ない状況では正確な検査ができなかった(目では確認できない)と思います。
「血液型検査ではAB型の人でクロスに異常なく~あてにならない状況で、白血球が置き換わった(生着)時点からはB型のみ輸血可能な状態」と言うことになってしまいます。
しかし赤血球の寿命から言って早々にB型にしておくべきだったのでは無いでしょうか。
「時期に応じて」はそう言った事を(検査だけでなく)ぼやかして指摘していると思います。
どれだけの不利益を被ったのかは分かりませんが、何れにしても望ましく無い事は事実であり訴訟の理由になり得るのでしょう。
3月21日。入れ替わりの時期。注意事項に漏れでも有ったのでしょうか。

AB型の患者が姉(B型)の造血幹細胞移植を受けると、AB型の人が徐々にB型に変わってゆくことになります。
よって「時期に応じてAB型、B型の血液を注入しなけれならない」事になります。
移植後約1ヵ月半なら白血球(血小板もそろそろ)は姉の物に置き換わっていると思われますが、赤血球は自分のABがまだ残っている可能性が高く、血液型の検査をしてもまだAB型であった可能性が高いです(赤血球は120日生き続けます)。
輸血したA型に免疫反応が起きていたとするならば、自分のA型抗原に対してもGVHDが起きていた可能...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報