グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

みなさんにお聞きしたいのは沖縄地上戦の話なんですが、
前にあるところで、集団自決説はウソだということを聞きまして、今まで信じていましたのでビックリしたのですが、本当にその説はウソなのでしょうか?なにを以ってウソだとなるのでしょうか?

曽野綾子氏の「ある神話の背景」というのが文献にあると聞いたのですが、一体その本はどのような内容なのでしょうか?

あと、ひめゆり学徒隊の証言というのは有効な証言なのでしょうか??


どうかよろしくおねがいいたしします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

最初の質問の曽野綾子氏の『或る神話の背景』


の内容の件ですが、

この本は、渡嘉敷島の住民が当時島の守備隊長だった赤松嘉次隊長(当時 25
歳)の自決命令を受けて次々と自決したという件に関するものです。この自決命
令のことが大江健三郎やその他の著者の本に大きく取り上げられており、これら
の本では赤松大尉を「人非人」「人面獣心」などと書き、大江健三郎氏は「あま
りにも巨きい罪の巨塊」と罵倒しています。

曽野氏の『或る神話の背景沖縄・渡嘉敷島の集団自決』では、
「赤松氏を告発する側にあった村長は、集団自決を口頭で伝えてきたのは当時の
駐在巡査だと言明したのですが、その駐在巡査は、私の直接の質問に対して、赤
松氏は自決命令など全く出していない、と明確に証言した。
つまり事件の鍵を握る沖縄関係者二人が二人とも、事件の不正確さを揃って証言
したのです。。」
ことを記述います。
更に、赤松氏が、集団自決の命令を出した、という証言が何処にもない、こと
や、大江氏は全く実地の調査をしていないことも書いています。

念のため書きますが、この本は渡嘉敷島の集団自決において、赤松氏が集団自決の命令
を出した証拠がないことを記述したものであって、軍が、沖縄の何処でも住民の集
団自決を命じたことがないと主張するものでも、ましてや集団自決がなかったこ
とを主張するものではありません。
    • good
    • 0

自決を論じる時に恐怖の対象であった米軍の行状について知っておく事も必要だと思います。


 サイパンでのできごとを目撃し、生き残った方の文章(文芸春秋だったと思う)を読んだことがあります。
占領した滑走路で老人子供をガソリンを使って焼き殺す、その中に赤ん坊を放り込む。また、連中の女性に対する強姦欲は我々の想像を絶するものがあり、陵辱殺人の様子はとてもここでは書けないものです。
 それを読んでからはバンザイクリフを違った捉え方で理解するようになりました。
    • good
    • 0

いろいろな意見が出て、南京大虐殺まで出る始末です。

おそらく捏造されたといわれることを例に出して比較、回答されていると思いますが、同列には扱うことが出来ないと思います。

ひめゆり学徒隊が自決であろうが玉砕だろうが同じことです。悲惨きわまる激戦地だった沖縄で起こった悲劇の一つです。彼女たちがクローズアップされていますが、軍部の無謀な戦いのために行動を共にした多くの民間人が犠牲になっています。同時に捕虜(民間人はならないが)になることを恥とした教育のために、集団で自決したケースもあるでしょう。軍によって足手まといになるから殺されたという話もあります。

逆に日本軍に見放されたおかげでアメリカ軍の攻撃を受けず、奇跡的に助かった人たちも多くいます。

こういったことから軍人の介護に当たったひめゆり学徒隊は、軍に近い存在であったために悲惨な状況に追い込まれ、少しでも戦力が欲しい軍に利用されたのだと思います。実際に無能な上官の下にいたというのなら、敗色濃厚になった場合には集団自決を迫られたり、手榴弾を持って敵に玉砕することを命令されたりしても不思議ではないです。言葉は違うけど、実質両方とも自害です。生存の選択肢が無いに等しいことだと思います。

ひまゆり学徒隊の生存者の証言は本当だと思います。実体験以外のことを捏造しても彼女たちの利益になるのでしょうか?嘘だとばれれば、亡くなった方の名誉も傷つけかねないことです。それを生存者がする理由がありません。彼女たちが純粋に軍人の「生きて虜囚の辱めを受けるな!」という考えをを注入されたのなら、余計に考えられません。

こういう類の疑惑が出るたびに、戦争の悲惨さを細々と語り続ける彼女たちを責める資格があるのだろうか?と思うし、民間人に多数の犠牲者を出した沖縄戦の悲惨さを後世に伝えて欲しいと思います。何が本当であれ悲惨な体験をされた方たちです。空爆で犠牲になった人たちとは種類が違う、白兵戦の中での悲劇を彼女たちの残り短い人生で精一杯伝えて欲しいです。
    • good
    • 0

「集団自決」の問題については、軍令の有無のみ問題としている向きもありますが、問題はそれにとどまりません。

「玉砕」「集団自決」という用語の問題にも触れている参考URLをどうぞ。(下の方の「座談会・戦争と記憶―戦後60年」「「集団自決」を考える」のあたりです)

主題ではないので詳しくは述べませんが、#5の慰安婦訴訟については、「証拠不十分」で原告敗訴となったものはなかったと思いますが。(国の国際法違反や不法行為責任を認めた原告敗訴判決もあります)

参考URL:http://www.okinawatimes.co.jp/sengo60/tokushu.htm
    • good
    • 0

 私は、沖縄のひめゆり祈念資料館で、実際にひめゆり部隊の生き残りの方から、悲惨な当時の様子を聞きました。

あれがねつ造だとしたら、あの方の想像力は神を超えてますね。

 最近、ネットワーク上で日本に都合の悪いことはすべて捏造だ、うそだ、と飛んでも論を撒き散らす連中が跋扈しています。
 それにだまされてとんでもない方向へ引っ張っていかれないようにくれぐれもご注意下さい。

 沖縄戦の真実を知りたければ実際に沖縄を訪ね、平和祈念資料館や、ひめゆり祈念資料館を実際にその眼でごらんください。
    • good
    • 0

ひめゆり学徒隊に関しては私はよく知りません。


ただ、似たような話が実は嘘だったという話はいろいろ聞いたことがあります。
まず、説明しなければならないのは当時の言葉には集団自決と言う言い方はされておらず玉砕と言う言葉が使われていました。
仮に証拠資料に玉砕じゃなく集団自決と書かれていたらそれは100%嘘だと考えていいでしょう。
それに、集団自決の大半は旧日本軍に強制されたと書いていますが最近の研究ではこの事実が創作だと言うことが分かりましたし・・・
現実問題、近年になって色々な創作が問題視されています。南京大虐殺や慰安婦の強制連行も最近の研究では創作だということも分かっていますし、ひめゆりの件についてももしかしたらそのような可能性があるということは否定できません。
    • good
    • 0

沖縄では非常に多くの投降者が出ています。


又、捕虜になってから自白はしてはいけないとの教育をしなかったので、あらいざらい喋っていたようですね。

もちろん大勢の自決者は出ていますが、いわゆる玉砕という状況ではありませんでした。

本の内容が知りたければ、読むのが一番です。
    • good
    • 0

ぜひ沖縄のひめゆり祈念資料館に行ってみてください。


さまざまな映像・写真がありますよ。
ちなみに映画やドラマに出てきたひめゆり学徒隊と事実は異なります。映画やドラマはところどころ話が変えられています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む


人気Q&Aランキング