新めの映画でチェ・ゲバラの映画を見ました。
この映画を見て、カストロが主役のような感じで
ゲバラ自体はその右腕みたいな扱いでした。
サブキャラの様な感じでした。
そこで質問なんですがゲバラは何をして映画のタイトル
にもなっているし、英雄的な扱いを受けているのでしょうか?
大体のことは分かりますが映画を見た感想は
上記のような感じでしたので良く分かりません。
あと、カストロ(と言うよりキューバ自体が)
は最後の方で非難されるような事態になってました。
彼は何をしたのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 カストロの右腕としてキューバ革命で戦い、更にキューバの工業大臣という顕職を投げ打ってボリビアの革命闘争に参加して非命に倒れた、生涯一革命家、というのが一般的なゲバラに関する認識でしょう。



 波乱万丈、といえばこれ以上ドラマティックな生涯も他にはちょっとない、と言えば言えます。彼は1967年にボリビア政府当局により処刑されましたが、1997年に遺骨が確認されるまで生存説がささやかれていた点でも、ある種のロマンチシズムを刺激する存在でした。
 また、一生を通じて地位や名誉や富貴に未練を持たない革命家であり続けた(ように見える)、という点で、同時代の進歩的な人士から尊敬を受けていました。また、彼のゲリラ闘争理論はラテンアメリカ・アフリカの社会主義革命運動に多大な影響を与えています。
 従って、1960年代の左翼的人士にとって彼は有言実行の、理想的な革命戦士であったわけです。逆に言えば、この時代の「革命闘争」(たとえば、パレスチナゲリラやベトコンの闘争)にプラスの意味での思い入れがない人にとっては、彼は単なる社会不適応者かつテロリストにしか過ぎません。

 なお、彼はアルゼンチンの生まれなので、キューバでもボリビアでも革命を主導する立場にはなれませんでした。ですから、キューバ革命の部分でカストロのほうが主役に見えるのはむしろ当然といえます。
    • good
    • 0

墓の方が詳しく回答しているので、経緯は割愛しますが、キューバの最高指導者に落ち着いたカストロと、キューバ革命に成功した後も革命運動を広めるために次の地を求めたのがチェ・ゲバラということです。



カストロとの決別後、最後まで革命の理念を追い求め彷徨い、ボリビアで壮絶な最後と遂げたことが共感を呼んで伝説的な人物になったのだと思います。つまり富や名声を求めず、理想を追求した姿がコミュニストのみならず、一般の人にも通ずるものがあったと思います。
    • good
    • 0

革命前のキューバは1898年のアメリカースペイン戦争でキューバがスペインから独立して以来、アメリカの裏庭の傀儡政権的な政府が続き腐敗していました。

若きカストロはこの事態を憂慮しメキシコで革命の準備をしてキューバに侵攻しました。このとき、アルゼンチン出身で、中南米の貧富の差を憂慮して何かしなければいけないと思っていたゲバラが合流したのです。すなわち初めから主役はキューバ人のカストロです。

キューバ革命が成功してしばらくして、ゲバラは南米
(ボリビア)に次の革命の場を求めましたが、同国は
貧困層はインディオの農民が多く、キューバと事情が
違っていたため革命に失敗し、最後はCIAの協力を
得た(一説)政府軍に追い詰められ逮捕、銃殺されました。この時、ゲバラの死体の写真を撮って海外に流した地元の写真家がいたために、ゲバラの悲劇として
世界中で有名になりました。その写真を撮った人が先日亡くなり再び世界のマスコミがゲバラ最後の写真を報道しました。
    • good
    • 0

カストロは生きています。

 ゲバラは死んでます。 その差だと思います。 カストロは指導者です。 ゲバラは単に戦闘員です。 でもキューバ独立後も他の国の為に戦って捕まって殺されて、美化されるところが多いのではないですか。
    • good
    • 0

カストロはヒーロー、ゲバラは参謀という役所でしょう。


ゲバラがいなかったら内戦は負けてたと思います。
豊臣秀吉と、黒田如水のような関係ですね。

最後にゲバラが死んだのは、カストロがゲバラを売ったからという説もあります。

天下を取った後は、協力してくれた有力者を順に抹殺するというのは、どこの国にもあったことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットでよく自分に著作権がない有名人の写ったコマーシャル等の画像を貼り

ネットでよく自分に著作権がない有名人の写ったコマーシャル等の画像を貼り付ける人がいますが、著作権等法律的観点から問題点を挙げてください。

Aベストアンサー

著作権者の権利が侵害され、不利益が生じ、創作活動の鈍化を招く恐れがあります。何より法律違反です。

Qマイケルムーアが映画「シッコ」でキューバに入国した件について

アメリカの医療問題を扱った「シッコ」という映画には、監督のマイケルムーアが医療制度を紹介するためにアメリカの一般人数名を連れてキューバに入国する場面があります。

当時、それがアメリカ政府で問題になったことに対して、監督は「取材で行っているから密入国ではない。違法ではない」というコメントをしていました。「一緒に連れて行った一般人も取材で行っているのだから同様に問題ない」という趣旨の見解もありました。

1)そこでお尋ねしたいのですが、取材目的であればアメリカはキューバ入国を許可し、キューバもアメリカ人の入国を許可するのでしょうか?
マイケルムーアが今回使った入国の方法はどのようなものだったのでしょうか?

2)アメリカ政府は、マイケルムーアと同行した一般人に対して結局おとがめ無しだったのでしょうか?この騒動の顛末はどうなったのでしょうか?

3)一般のアメリカ人がキューバに行ってみたいと思った場合、方法(合法的な方法、安全確実な密入国方法?など)はあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

3)だけ答えておきますね。
カナダを通すと、適法に入国できます。
ですので、アメリカ人は、カナダに行ってから、キューバに行くことも多いです。というわけで、カナダには、キューバツアーでたくさんあります。

Q有名人の言葉を画像に。

ある有名人の言った言葉をpictbearなどで画像に載せて
個人のHPで配布したいと思ってるのですが、
それは著作権違反になりますか??

Aベストアンサー

その言葉が文献の引用でなければ構わないでしょう。
当然、その画像はあなたが文章を書き込んで作るものですよね?

Qカストロ議長について

日本、キューバ戦で、テレビにまた、映っていましたが、あの人はいったい、今、何歳なんでしょうか??

 独裁者のようないわれ方をテレビで言われてますが、独裁者というと、良くない言葉で使われることが多いですが、実際は本当に?良い政治家なのでしょうか?
 中学などで、「 キューバ危機 」などで、ケネディ大統領と一緒にもでてくる有名なキューバの最高指導者ですが・・・ 
 カストロ議長の次の政権はいったいどうなるんだろうとか、素朴に考えるときもあります。

Aベストアンサー

カストロは1926年生まれですから、80歳になりますね・・。
キューバでは絶対的な権限を持ち続けていますから、独裁者という表現をされてもやむを得ないでしょうね。

良い政治家かどうかは、キューバ国民がどう評価し、彼の死後どう費用かされるかによって決まるので使用ね・・。

下記サイトを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD

Q質問に芸能人や有名人の画像を添付するのは?

よく「この画像のモデルさんは誰ですか?」とか
「この女の子は何ていう名前ですか?」とか
「このタレントが来ている洋服はどのブランドでしょうか?」
等の質問で、芸能人や有名人、モデルさんなどの画像が
一緒に添付されていますが、これは問題ないのでしょうか?
特に削除されることもなく残っていますが・・・

質問内容によっては画像を添付したほうがわかりやすいですが
NGならしてはいけないなと思いまして。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

本来であればグレーゾーンです。
複製あるいは、二次利用に関し
該当サイトの管理者・作成者、被写体本人、撮影者、画像そのものの版権保有者
の同意(許諾)が必要ですが・・・


・誰もがダウンロードできる状態である。
・商用利用ではない。
・イメージを貶めるコメントなどしていない。
・CM効果がある。(画像を利用されることによって宣伝効果がある。)

などを考えれば、問題ないと判断されるでしょう。

Q何故キューバに?

 何故米国は敵対関係にあるキューバのグアンタナモに基地を持っていられるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 元々、属国に近い状態だったようですね。
下のURLに詳しく記述されています。

1900年11月
  キューバ外交権の事実上の制限と,米国の内政干渉権を明示するよう強要.
 同時にグアンタナモを米海軍基地として租借するという修正条項の受入れを
 強要.キューバを米国の隷属下につなぎ止めようと企む.

1934年5.29
  ワシントンでスターリングとハル長官との会談.モンテビデオ宣言に基づき,
 プラット修正を破棄することで合意.新条約ではグアンタナモ海軍基地以外の
 プラット条項の全てが撤廃.米国は「双方の同意がない限り,基地は撤去され
 ない」との条項を確認させ,年間2千ドルの賃貸料でグアンタナモ基地と
 周辺116平方キロの永久租借権を得る.

 以前に新聞記事を読んだ記憶では、もっと安かったような気がしますので、
私のような斜め読みではなく、しっかりと読んで下さいネ。(^^;)

 こんな事していながら、他の国のする事は許さないという二重基準。
どういう神経しているんだか???

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh1818/chronology/cuba/%7E1934.htm#キューバ年表 その(4)

 元々、属国に近い状態だったようですね。
下のURLに詳しく記述されています。

1900年11月
  キューバ外交権の事実上の制限と,米国の内政干渉権を明示するよう強要.
 同時にグアンタナモを米海軍基地として租借するという修正条項の受入れを
 強要.キューバを米国の隷属下につなぎ止めようと企む.

1934年5.29
  ワシントンでスターリングとハル長官との会談.モンテビデオ宣言に基づき,
 プラット修正を破棄することで合意.新条約ではグアンタナモ海軍基地以外の
 ...続きを読む

Q有名人の画像や歌詞の著作権について。

海外の芸能人のゴシップや、海外ドラマを画面キャプチャして書いているブログをよく読むのですが、どこまでがOKでどこまでがNGなのか分かりません。

見た映画を記録したいのでパッケージの画像を載せたり、出ている女優さんや俳優さんについて書きたいのですが、これは著作権違反ですか?日本、海外(アメリカ)の場合はどうなりますか?
完璧に違反なもの、グレー(判断するのが難しいもの)、Okなものって分かりやすく言うとどう分けられているのでしょうか?

芸能人の自分で撮ってない画像を使っている人って沢山いると思うのですが、(たとえばトップ画像に使ったり、韓国のアイドルの写真を貼ったり)これはOKなのでしょうか?違法だけどしてる人が多くて事実上OKという意味ですか?

歌詞に関しても全文載せている場合、一部(ワンフレーズ)について「ここの部分が気に入ってる」などの感想を書いている場合(ブログ、twitterなどで)は違反なのでしょうか?

Aベストアンサー

写真は肖像権や著作権のからみで許可を得ないでのネット使用は全面的に止めておいた方がいいです。
特に海外はうるさいし、賠償額も高額ですからなおさらです。

歌詞の場合はどこまでの線引きがあいまいですが一部だけの抜粋ならOK、全部掲載は例外なくNG。

沢山居るから事実上OKにもなりません、単にいたちごっこで、削除させてもさせても雨後の竹の子のごとく後から新たな違反者が出ているだけのことです。


どうしても問題なく掲載をしたいのであれば、権利関係者に許可を得ましょう。
そうすれば多少の対価と引き換えで心置きなく利用できます。

Q「キューバ」の質問

「キューバ」について3つの質問をします。答えられるだけでもいいので、教えてください。                                                       <(1)なぜアメリカは、ソ連が消滅した今でもキューバに対して経済封鎖をしているのですか?                                                     <(2)キューバは、「テロ支援国家」になっていますが、本当にテロ組織を支援しているのですか?                                                 <(3)アメリカに亡命したキューバ人が、キューバ本国に出入国することができるって本当ですか?

Aベストアンサー

<(1)なぜアメリカは、ソ連が消滅した今でもキューバに対して経済封鎖をしているのですか?                    

米国の対キューバ経済制裁はソ連とはあまり関係がありません。 表向きの理由は、キューバにおける人権抑圧への制裁ですが、もともと米国が実質支配していたキューバが、革命によって米国の在キューバ資産を接収したままで返還もしていないゆえ、経済封鎖によって制裁を続けているのです。 また、キユーバ革命の時にアメリカに逃れた地主や富裕階級の子孫がアメリカの政治家や実業家になって大きな政治勢力になっています。 そういった連中が政治力を行使して意地になって封鎖を継続させています。

<(2)キューバは、「テロ支援国家」になっていますが、本当にテロ組織を支援しているのですか? 

キューバは国連のテロ防止関連条約に署名していますが、カストロは依然としてテロを合法的な革命戦術と見なしています。 キューバは、引き続き「バスク祖国と自由(ETA)」のメンバーの少なくとも20人を、特別な客人として国内に居住させています。 また、コロンビアのコロンビア革命軍(FARC)および民族解放軍(ELN)のメンバーに何らかの隠れ家を提供しています。 FARCに爆発物訓練を提供した疑いでコロンビアで逮捕されたアイルランド共和国軍(IRA)のメンバー3人のうちの1人、シン・フェイン党のキューバ・中南米公式代表のニアル・コノリーが、過去5年間キューバを本拠地としています。 また、最近ブラジルで、チリのテロ集団マヌエル・ロドリゲス愛国戦線(FPMR)のリーダーが逮捕されたことで、1990年代半ばにチリで殺人容疑で手配されていたFPMRテロリストらをキューバ政府がかくまっていた可能性が高いことが明らかになっています。 この逮捕されたリーダーは、ブラジル当局に、キューバを経由してブラジルに入国したと話しています。1996年にFPMRメンバーが脱獄した後、チリの捜査官は、国内のFPMRメンバーの身内がキューバへ電話をかけたことを確認しましたが、キューバ政府は、手配されている者はキューバ国内にはおらず、電話番号は間違っていると主張し、2度にわたって引き渡し要請を拒否しました。
更に、多くの米国人逃亡者がキューバに居住し続けています。1973年にニュージャージー州の警察官を殺害した容疑で米国で指名手配されているジョアン・チェシマードは、1979年以来、カストロ政権の客人としてキューバに住んでいます。
                                

<(3)アメリカに亡命したキューバ人が、キューバ本国に出入国することができるって本当ですか?

これについては、具体的な事例を知りませんが、一般の米国人は表向きキューバへの渡航を禁じられているような現状、米国籍をもった亡命キューバ人がキューバ―を自由に出入りしているというのは、米国へのいやがらせとして可能性があるんじゃないでしょうか。 確かベトナムでも米国との正式な国交回復以前から、米国に亡命したベトナム人のベトナムへの入国を歓迎していたと思います。

<(1)なぜアメリカは、ソ連が消滅した今でもキューバに対して経済封鎖をしているのですか?                    

米国の対キューバ経済制裁はソ連とはあまり関係がありません。 表向きの理由は、キューバにおける人権抑圧への制裁ですが、もともと米国が実質支配していたキューバが、革命によって米国の在キューバ資産を接収したままで返還もしていないゆえ、経済封鎖によって制裁を続けているのです。 また、キユーバ革命の時にアメリカに逃れた地主や富裕階級の子孫がアメリカの政...続きを読む

Q画像の有名人の名前を教えてください

ど忘れしちゃって・・・

Aベストアンサー

アインシュタインですね。

Qゲバラが目指した事は日本が達成したのでは?

遅れながらもモーターサイクルダイアリーズ、DVDで観ました。
ご存知のように若き日のエルネスト・チェ・ゲバラがバイクで旅をしながら色々な事に触れ目覚めていく過程を描いた映画ですが、彼が後に目指した事を日本はあっさり実現していませんか? 
ゲバラは旅の途中、貧困の為医療も受けられず死を待つ老女や住む場所も無く強制労働を強いられる人々に出会い‘世の中間違っとる!!‘と革命家になっていくわけです。しかしながら現在の日本は貧富の差に関係なく平等に医療が受けられますし無一文でもCTR、MRI、ペースメーカーといった高度医療も受けられます。
また生活保護制度により労働を強制されることなく冷暖房インターネット完備の生活が‘最低限の生活‘として保障されます。
おそらくゲバラに限らず世界中の革命家、社会主義国家が目指した事だと思うのですが、さまざまな国でことごとく失敗しています。にも関わらず資本主義国家である日本が犠牲を出さず成功させたのはなぜなのでしょうか? またこの状況はこれらも維持できるとお考えですか?

Aベストアンサー

戦後、豊かさの平等を追求してきたからですね。これは、階級闘争から抜け切れなかった多くの国との違いですね。戦後の、チャンスの平等は、がんばれば誰しも豊かさを享受できるということだったのですね。平均市民が豊かになれば国も豊かになり貧困は減るといういい例なんですね。貧困が諸悪の根源なんですね。ゲバラもマルクスの労働者・資本家の2極単純子供思想からぬけらなかったのですね。要するに多くの企業家が出ないと国は富まないのですね。みんな労働者となれば誰が給料払うのかということですね。みんな公務員の国であったソ連や東欧はそれに気づいたんでやめたんですよね。公務員減らして企業家を増やせばより豊かになり、福祉も継続しますよ。自由な国ですから何かを捨てればどこかで暮らせますし、貧乏を愛すことも自由ですからね。


人気Q&Aランキング