小売業界で、メーカーや問屋からのリベートというものがありますが、これは損益計算書上どこに計上されるのでしょうか?
値下げ原資などに使われることが多いので、
仕入れ原価から控除されるものと思っていたのですが。
営業外収益に計上されることもあると聞きましたが、本当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

遅くなりましてすいません。


結構熱心に考えているんですね。
まず有価証券報告書で見分けるにはというお話ですが、もし営業外収益で計上している場合、受取販売手数料のような科目で処理しているんではないかと思います。もしなければ仕入原価に含まれているのでは・・・もしくは雑収入?
正規の粗利というお話ですが、リベートは通常ある規定の数量を仕入れたら何%バックするとかいう物ですので、商品の原価がある規定の数量を超えれば変わってくるとなると、本来の原価はいくら?っていう感じになりませんか。
あくまでも販売する商品の原価は一定と考えた方がいいのではないかと思います。
そうすれば事業を継続して営んでいる場合の粗利は一定に保たれるので、税務署からみても売上げと仕入のバランスが保たれていると見なされ、正規に処理が行っていると見なされます。
但し、節税や経営戦略(銀行への提出資料)などの関係でどのように処理をしたらいいか考えたらいいんじゃないでしょうか。
もしよければもっと詳しく教えていただければ、一緒に考えてみますよ。また聞いて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼


ありがとうございます。ただ外部分析の立場なので、詳しい状況がわからないのです。リベートの実務にも疎くて。
もしできればリベート実務についても教えて頂けます
でしょうか?

一定数量以上仕入れると何%かの割合でリベートが発生するとします。
これは、リベートが受け取れるように注文した方が有利になる仕組みですよね。

ちょっと変な例ですが(計算を単純にするために)、100個までは1個50円、100個以上が45円(つまり1割引き)という場合、90個以上仕入れるのなら、100個仕入れた方が得で(95個なら損)、となるような仕組みですよね。メーカーはそのようにして問屋や小売りのインセンティブを高めるものと思われます。
これは極端な例だと売れなくても在庫を少々かかえても
リベートが貰えるレベルまで仕入れた方が良いという
話になってしまうわけですよね。(これは大体良いでしょうか?
それとも100個までは50円で101個めから45円という形になるのでしょうか?)

どちらにしろ、原価は1個50円(つまりメーカー建値というか出荷価格)で帳簿上管理され、その後リベートが何がしらの形で入ってくるとしたらリベートは営業外収入の方が好ましいような気はします。

しかしリベート、特に数量リベートは大量に仕入れたために受けられるメリットであり、値下げ原資という性格もあることも考えると、仕入れ原価と合計(つまりリベートを控除)したものと売価で計算される
粗利益率が実際のものという気もします。
つまりバイイングパワーのある大手小売りでは、それだけ売価を下げるか粗利益率を確保することができるはずで、(勿論一般論でその他要因は考慮外として)、その意味では、リベートも仕入れ原価と一緒に売上原価までの
項目で処理されていた方がわかりやすい気もします。実務上は違うのでしょうね。



まだまだお聞きしたいことはあるのですが、少し長くなってきました。読みづらいと申し訳ないので一旦、止めます。
ただ、どうしても気になるのは、リベートを営業外収入にしてしまうと、本来はバイイングパワーを活かし本業で(つまり商品販売で)利益が出ているにもかかわらず、営業利益が赤字になってしまうこともあり得るという
点です。
営業利益が赤字、経常利益が黒字だと、本業は採算が採れていないけれど、金融収支で何とか黒字にしている、というイメージになってしまうような気がします。








お礼日時:-0001/11/30 00:00

リベートの会計処理ですが、会社毎にまちまちだと思います。

個人的には営業外収益で計上した方が筋が通るとは思います。
但し、実務上を考えた場合、会社が消費税の課税事業者(簡易課税)だとしたら、むやみに収入を引き上げるのは損だし、その場合はメーカーにどの商品の値引きであるか無理矢理明細を作らせて、仕入原価より控除する方法をとった方が有利だし、小売業界ので決算時に於ける棚卸しを売価還元原価法を選択している場合(多いと思います)に仕入原価にリベートが控除されている場合は、その分を戻して計算しないと正しい原価が算出できないということになります。もちろん月次の損益計算書上、正しい粗利が見ずらいといった問題点も・・・
なんやかんやいってすいません、結局会社毎に処理の仕方が違うのが現状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
会社毎にまちまちということですね。
有価証券報告書のPLなどを見て
リベートがどこに計上されているか見分ける
方法はあるのでしょうか?

ところで、”月次の損益計算書上の正しい粗利”
で言う正しい粗利は、リベート控除前のことですか?
つまりメーカーの建値というか仕切り価格みたいなもの
で最初に計算されるものが”正規の粗利”という考え方に
なるのでしょうか?
いろいろ聞いてすみません。よろしければ詳しく教えてください。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 会社によってどこに計上するかはまちまちです。

おたずねの通り、営業外収益に計上する会社もあると思われます。そもそも公に認知される収入ではないので、どの費目に計上するのが正しいという決まりはありません。--a_a
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
その場合、どのような勘定科目に算入されていることがのでしょう?
見分ける手だてはありますか?
一つのPLで、あちこち(つまり売上原価であったり、
販売費の控除項目であったり、営業外収益だったりする)
に算入されていることもあり得るということでしょうか?
いろいろ言ってすみません。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクレジットカード 勧誘(申込件数の獲得)の裏側とは?

こんにちは。

うちの会社でクレジットカードの勧誘キャンペーンを
やることになりました。
そのクレジットカードはうちの会社の関連会社(お店)で
大手の信販会社が発行しているもので、お店のロゴが
載っているようなタイプのものです。

とりあえずひとり3件という目標(ノルマ)で
全社的には数千という数になります。
先日、説明会を受けたのですが、担当者曰く
「身内だけでも3件取ってこい」というのです。
それもかなり気合いが入っている様子。
終いには、「カードが届いたらすぐ解約してもいい」とか
「これっぽっちの目標も達成できないから売上が悪いんだ」とかいう始末。

「どうしてここまで躍起になっているのか?」
「何か裏があるのではないか?」
と思わずにはいられませんでした。

一応の勧誘目的として「顧客の囲い込み」、
「手数料の軽減」ということでしたが
「顧客の囲い込み」という目的はすでに
失っていると思えますし、申込件数だけしか
見ていない状況かと思います。

俗に言う「バックリベート」のようなものが
あるのでしょうか?

どなたか「裏側」をご存じないでしょうか。
よろしくお願いします。

こんにちは。

うちの会社でクレジットカードの勧誘キャンペーンを
やることになりました。
そのクレジットカードはうちの会社の関連会社(お店)で
大手の信販会社が発行しているもので、お店のロゴが
載っているようなタイプのものです。

とりあえずひとり3件という目標(ノルマ)で
全社的には数千という数になります。
先日、説明会を受けたのですが、担当者曰く
「身内だけでも3件取ってこい」というのです。
それもかなり気合いが入っている様子。
終いには、「カードが届いたらすぐ解約し...続きを読む

Aベストアンサー

結構な紹介料が入ります。

数千ですか。
例えば5000件だと、信販会社直接の一次紹介だと、1500万~3000万円くらいでしょうか。

アフィリエイト提携であれだけ紹介料が出る、ということは、その倍は有るということになります。

カード会社の加盟店(代行じゃなく直接契約)になれば、こういった、紹介のプログラムをカード会社から提案されます。詳細については守秘義務があるんで、これ以上はいえませんが。(こういう理由なんで、一般人・自信なしとしておきます)

Q会社間取引における商品仕入れに対するリベート領収書について

会社で経理を担当しています。私ども会社で商品を仕入れるわけですが(売掛金)その金額に対してリベート値引きが発生します。リベート金額は毎月概ね10万円前後です。仕入先から値引き後の領収書を仕入れ月末入金後に貰います。
その場合、仕入先から値引きリベートの領収書を発効するようにいわれますが、発効しなければならないでしょうか?

Aベストアンサー

契約で発行すべきとなっていれば、発行しなければなりません。

また、本来は仕入先からリベートを現金でもらう契約になっているところ、仕入代金と相殺して支払っているのでしたら、発行してあげるほうがいいと思います。相殺の証明書になるためです。この場合、領収書に「ただし全額相殺のため支払なし」などと全額相殺対象であることを記載すれば、印紙は不要です。

そうでなく、仕入代金の計算時にリベート額を差し引いて計算することになっているのでしたら、請求書にそれを記載させ、リベート分の領収書は発行しないのがいいと思います。

いずれにしても、発行するのでしたら、仕入先からもらう領収書は値引き前の金額とさせ内訳でリベート分を記載させるのがベターです。

なお、領収書の発行の要否は法律が関わるところ、リベートは値引きとは法律での位置づけが異なります。ご質問のケースに値引きのたとえ話は当てはまりません。

Q売上戻り高とは?

基本情報処理試験のために損益計算書の勉強をしている者です。
純売上高を算出するのに、当期製品総売上高から売上戻り高や売上値引き高を引くとありました。
売上戻り高とは、たとえばお店に払った販売奨励金(リベート)などのことでしょうか?具体的に何を指すのか調べてみても出てきませんでした。詳しい方教えてください。それと値引きして販売した場合値引き後の売上高が計上されると思うのですが売上高と売上値引き高が別々に計上されるものなのでしょうか?門外漢でピンときません。初歩的なことかもしれませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記URLより
『販売した商品や製品の品質上の欠陥、品違い、契約取り消し等による返品の際に使用します。売上高から控除します。
返品の件数が少ない場合等で、独立科目として「売上戻り高」を把握する必要がない時は、この勘定科目を使わずに売上高から直接減額する場合もあります。』

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/cgi-bin/dic3/dic.cgi?action=view&cg=%8Co%97%9D%97p%8C%EA

Qリベート計上について

食品メーカーの経理初心者です。先日、社内の経理監査で小売店が行っている弊社商品の販売コンクールの賞金をリベート計上(賞金を弊社が出資)していることが判ったのですが、リベートに計上してもよいのでしょうか?
弊社特定商品の販売コンクールなので、その商品の売上割戻と考えれば、売上げに連動してリベートに計上してもよいのかな、とか考えているうちにわからなくなってきました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

会計論を厳密に論じるならば、

(1)商品の一定数量以上を販売した場合に支払うのであれば、売上割戻として売上高を減額するのが適当です。

(2)販売店に競争させて、その順位によって支払うのであれば、販売奨励金あるいは支払リベートとして販売費(販管費)に計上するのが適当です。

QHT-03Aの開通設定とは?

先日、愛知県の一宮西エイデンで、FOMAからHT-03に機種変更しました。その際、開通設定に時間がかかりますとか言って、書類作成終了から、さらに1時間以上またされました。でも、よく考えたらこれっておかしくないでしょうか?単に電話を渡せばいいばずです。いったいHT-03Aの開通設定とは何ですか?

今思うと、その時間は、エイデンがHT03のOSを勝手にアップグレードしていたのではないか、と勘ぐっています。ドコモと裏取引があって、これを行うことで、ドコモからリベートがもらえるのではないか?(もしくは、これをしないと、リベートが減額になる)ということです。実際、受け取った時点でOSは、バージョン1.6(これが最新。3G回線で1.5から1.6にすると、必ずBzホーダイの上限5985円に達する)になってました。できれば、無線LANでアップグレードしたかったです。

もちろん、最初からバージョン1.6なら私の杞憂なのですが、もしそういう裏取引があって、そういう行為をしたのであれば、そういう説明なしにした行為はかなり悪質ですよね。

ここでアップグレードすることが、この料金で購入できる条件ですと言ってくれれば、納得できますが、こういうやり方は納得できないです。考えれば考えるほど、だんだん腹が立ってきました。

HT03を買われる方は、十分に注意してください。最初にバージョンを聞いて、ここでアップグレードしないと受け取れませんか?と聞いたらいいかも・・・。このような勘ぐりは、おかしいでしょうか?

先日、愛知県の一宮西エイデンで、FOMAからHT-03に機種変更しました。その際、開通設定に時間がかかりますとか言って、書類作成終了から、さらに1時間以上またされました。でも、よく考えたらこれっておかしくないでしょうか?単に電話を渡せばいいばずです。いったいHT-03Aの開通設定とは何ですか?

今思うと、その時間は、エイデンがHT03のOSを勝手にアップグレードしていたのではないか、と勘ぐっています。ドコモと裏取引があって、これを行うことで、ドコモからリベートがもらえるのではないか?(もしくは...続きを読む

Aベストアンサー

>HT-03Aの開通設定とは何ですか?
一般の家電店にはドコモの登録端末がありませんので
・販売店より代理店の登録窓口に申込書他書類をFAX
・FAXされた情報を元に端末に情報を登録
・ドコモで与信(開通しても問題ない顧客かチェック)
・結果を代理店から販売店に連絡
までの作業です。
時間がかかるのは登録作業を行う端末が少ないからで登録されるまでの
待ち時間です。
ドコモショップで機種変や新規契約を行うと分かりますが対面で行えば
問題の無い場合、10分程で済む作業です。

>エイデンがHT03のOSを勝手にアップグレード
そんな事しなくても勝手にアップグレードされてしまいますよ。
開通確認に為に販売店でFOMAカードを差して電源を入れてチェック
している間に自動アップグレードされてしまいます。

>できれば、無線LANでアップグレードしたかったです。
購入する時にそう言えばよかったのでは?

私も先週HT-03Aを新規加入で購入しました。(バリュー一括0円)
アップグレードの件を知っていましたので契約する条件として
端末にFOMAカードを差さずにノーチェックで欲しいと言ったら
その通りしてくれましたよ。
更にプランも一番安くなる様にシンプルバリュー+Bizシンプル+
mopera-uライトでお願いして無線lanで使うと言ったらその通りに
して更に解約月などこの様にしたら一番総支払額が少なくなりますよ
と説明してくれました。
ちなみに端末バージョンは1.5でした。
別のmopera-u未加入のFOMAカードさしてアクティベーションして
使える状態にしてから無事無線LANにてアップグレードできました。
(新品のHT-03Aは一度FOMAカードを差さないと緊急通報しか出来ない
 状態でロックが掛っています)

>HT-03Aの開通設定とは何ですか?
一般の家電店にはドコモの登録端末がありませんので
・販売店より代理店の登録窓口に申込書他書類をFAX
・FAXされた情報を元に端末に情報を登録
・ドコモで与信(開通しても問題ない顧客かチェック)
・結果を代理店から販売店に連絡
までの作業です。
時間がかかるのは登録作業を行う端末が少ないからで登録されるまでの
待ち時間です。
ドコモショップで機種変や新規契約を行うと分かりますが対面で行えば
問題の無い場合、10分程で済む作業です。

>エイ...続きを読む

Q倒産したメーカーと取引のあった問屋に前払いの小売店は返金してもらうことは可能でしょうか

あるメーカーが倒産しました。
そこと取引のあった問屋に小売である弊社はそのメーカーの品を購入するために前払い支払っております。

メーカーが倒産したことで、その問屋から前払い分の現金が返金されないのですが、それは法的におかしくはないのでしょうか。

倒産したのはメーカーであって、問屋は倒産していないので
財務的に影響を受けて苦しいのでしょうが、
弊社に返金しないこととは関係ないのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

また返金可能な場合、どのような言い分で返金してもらうことが可能でしょうか(例えば、法律でいう何条の何例ではこのようになっているから、返金しないことはおかしい、または法律違反など・・)

専門家の方、経験者の方どうぞよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

返金させるためには、契約または法律上の根拠が必要です。

まずは、契約をご確認ください。メーカー倒産時に返金される(または契約解除できる)との定めのあるとき、その他契約に定めた返金可能事由(または契約解除事由)に該当するときは、返金請求可能です。

いずれにも該当しないときは、納期になっても納品されず相当期間を定めて催告してもなお納品されないとき(民法541条)、またはメーカー品がその問屋に納品されないことが法的に確定したなどで問屋からの納品のできないことが確定したとき(民法543条)のいずれかに該当するときは、契約を解除することで、返金請求可能となります。

Q仕入条件とは何でしょうか。。。

初歩的すぎる質問ですみません・・・カテゴリもここでいいのかどうか・・・。

この度私の勤める会社の製造品を問屋に卸そうという話になり
問屋へ営業に出向いたところ、仕入条件や価格の条件を教えてくれとのことでした。
これはたとえば1ケース単位だと単価100円だけど100ケース単位なら9800円(単価98円)になりますよ、というような価格的な内容のことでしょうか。
それとも最小ロットはいくつ、というような規格の内容のことでしょうか。

市場販売価格(希望価格?)は一応手前側で定めてはおりますが
それはあくまで希望であるので自由に定めていいよ、という形にしてはあります。

いかんせん営業は未経験ですし流通などもっと分かりません。
何の準備もなく実践に突入してしまったので何をどう勉強すればよいのやら・・・。

上記の内容で説明不足の部分があれば是非指摘してください。
何か少しでもお知恵をいただければと思います。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>仕入条件とは何でしょうか。。。


     ↓
業種・業態(メーカー・卸・代理店・納材業者&ブローカー他)・商品や取引のシチュエーションで不明な点が多くありますが・・・


少し、説明するのに業界用語が入りますが・・・

仕入れ条件とは→仕入れ値・発注ロット・仕入れ単位・リベート・販売エリアとか代理店権や独占権・返品やペナルティの規則・価格他の契約内容の有効期限・納品場所&受け取り方法・その他付帯条件を指す。

そして、主な項目は、事前に売買契約とか取引条件覚書念書・見積書(見積もり要件)に記載し、両社で合意されている物がベースに成っています。
その基本契約書とか見積もり条件に沿って、商行為が行われるのですが、時期や数量や他者競合やコストカットの要望からの変動要因が発生する場合、見直しの要望が出て来るケースがあり、利は仕入れにありとかコスト削減は永遠のテーマーであります。

これは、商物流に携われば、金額・数量・年月日の係数が命だと言われており、その確認と要求への対応が重要な基本と成る仕事です。
単なる御用聞きや配達人、受身型のルート営業マンでなく、その基本的な営業マン段階を経過・クリアーして、販促提案<展示演出や販売話法>や販売管理費の節減提言や販売ノウハウや商品紹介プレゼンとか事業化計画や物流・POS情報の活用等の頼りがいのある、役立つコンサルタントセールスやシステムエンジニアに進化進展して行くのだと思います。

先ずは、自己研鑽の為の投資「営業・マーケティング関連の書籍を習得」、会社の業務マニュアルや先輩への取材や同行セールス時のウオッチ、当該会社との取引契約とか見積書の精査、先輩&前任者等の業務報告書とか日報からの学習、その調査からの疑問や不明点を質問・打診・納得してからでないと第3者であったり利害の反する取引先に折衝や営業は危険です。
それは脅かす訳ではないが、交通法規や構造を知らずナビの無い車を無免許運転で得意先を営業に回る様なものです。
誰でも、最初は未経験です、仕事は真似からでも自己責任で会社の商品の信頼を決めてしまいます。
何よりも「良い準備が良い成果を生みます」「先ずは叩けよ、上司・先輩・マニュアル・専門書を」

嫌味や脅しや大げさでなく、私のデビュー当時<技術から営業職へ>30数年前の体験談です・・・


慣れるまで大変でしょうが、営業は人間相手の楽しく、日々勉強になる仕事・職種だと思います。
創意工夫と精進で、貴方にしか出来ない方法・ノウハウを見つけ築いてください。
ご健勝でご活躍されますよう、心より祈念申し上げております。

>仕入条件とは何でしょうか。。。


     ↓
業種・業態(メーカー・卸・代理店・納材業者&ブローカー他)・商品や取引のシチュエーションで不明な点が多くありますが・・・


少し、説明するのに業界用語が入りますが・・・

仕入れ条件とは→仕入れ値・発注ロット・仕入れ単位・リベート・販売エリアとか代理店権や独占権・返品やペナルティの規則・価格他の契約内容の有効期限・納品場所&受け取り方法・その他付帯条件を指す。

そして、主な項目は、事前に売買契約とか取引条件覚書念書・見積書(見積...続きを読む

Q営業損益、営業外損益、特別損益について。

営業損益、営業外損益、特別損益について。

以前、勉強したのですが忘れてしまったので教えていただけますでしょうか。
営業損益、営業外損益の定義・決まりって何でしたっけ?
営業損益は「営業活動」による損益だと思うのですが、営業活動って、
確か「定款」に載っているもの、だったかどうか・・・。

営業外損益の主なものって何ですか?利息とか株による損益とかでしたっけ?

特別損失の主なものってなんですか?

すみません。よろしくお願いします。

簿記を少しやった程度の素人です。

Aベストアンサー

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 では、本来の業務の定義が問題になります。これは当該会社が本業だと思っ
 ている事業、それが本業です。
 (一般論では)定款に本業を記載しますので、記載されている事業が本来の
 業務と考えて強ち間違いではありません。
 次に、本来の業務をおこなう為に必要な、販売費及び一般管理費は、営業利
 益に入ります。
 
 原料を仕入れて製品を製造販売。その販売の為の人件費・経費を加減算した
 ものでが営業利益です。

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。日常的に発生
 するもので且つ、本業と関係のないものです。
  ※借入利息、預金利息、受取配当等々、が一般的な会社では普通に発生
   しますが、本業の成績ではありませんから営業外となります。
  ※製造業の会社が、自販機を設置して1万円/月の収入があるならば、雑
   収入(営業外利益)となります。しかしこれが会社収益の10%を占める
   ようになると、これは本業となり営業利益に入る事になります。

 営業利益に、営業外損益を加減算したものが経常利益です。

 <例>
 お金を借りた場合の借入利息は営業外損失ですから経常利益(損失)に含まれ
 ます。また、他社の株式を保有して配当を受ければ、それは営業外利益となり
 経常利益に含まれます。

税引き前当期純利益
 特別利益、特別損失はここに入ります。
 では、特別利益、特別損失とは何か。これは経常的では無いもの(臨時や例外)
 がここに含まれます。
 所有する土地を売却して得た利益(損失)など、通常期に発生しない特別な
 もの等がこの勘定に計上されます。
  ※通常発生しない取引でも、金額的重要性が低い物は、営業外損益に入れら
   れる可能性が高くなります。

以上は一般論です。対象の会社の業種(業態)によって異なります。上記例示は
製造業であるならばで作成したものです。

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 では、本来の業務の定義が問題になります。これは当該会社が本業だと思っ
 ている事業、それが本業です。
 (一般論では)定款に本業を記載しますので、記載されている事業が本来の
 業務と考えて強ち間違いではありません。
 次に、本来の業務をおこなう為に必要な、販売費及び一般管理費は、営業利
 益に入ります。
 
 原料を仕入れて製品を製造販売。その販売の為の人件費・経費を加減算した
 ものでが営業利益です。

経常利益
 本来の業務では無...続きを読む

Q紙オムツに比べた布オムツの利点とは?

生後2カ月の第一子を持つ母親です。現在、紙オムツを使っています。生まれるまでは、しばらくは紙オムツで、余裕ができたら布にしようと漠然と考えていました。が、今一日10回くらいはオムツを変えるので、これで布だったら洗濯も大変だなと思いはじめました。
友達に聞くと、やはり今は布は少数派です。私や私の妹は当然のように布オムツで育ってきましたが、今はそういう時代ではないのかもしれません。
そこで、経験者の方にお聞きしたいのですが、紙オムツに比較して、布オムツはどのような利点があるのでしょうか?もちろん長期で見れば、布オムツが経済的であることはわかっています。それ以外に布でなければという利点があれば、教えてください。

Aベストアンサー

うちの子はもう大きいのですが、ちょいと体験談を。
 
上の子の時は半々で使っていました。その時は別になんとも思わなくて ただ大きくなってきて尿の量が増えると紙おむつのほうが吸水量が多いし、それにそのくらいになると他のことに手がかかるので オムツの洗濯の時間が惜しかったので自然に紙おむつに変えて行きました。

下の子は母が「私が洗ってあげるから布オムツにしなさい」と言ったので生後数ヶ月は布オムツでした。
しかし、この子はアトピーで(先に出られた方と反対で恐縮なんですが)布オムツだと蒸れて湿疹ができてしまいました。
ここで やっと最近の紙おむつの優秀さに気がつき母も紙おむつに替えることを賛成しました。
また、紙おむつだとおむつがとれるのが遅れるということはないと思います。

こう書くと、ご質問に添った回答でなくなるのですが

布オムツの利点は
◎生後すぐのおむつを頻繁に変えねばならない時期には極めて経済的である。
(特に母乳育児では飲むたびに出るので。)
◎紙おむつの廃棄についてはゴミの問題もある。
◎また、紙おむつを捨てに行くのは重たい。購入時もかさばる。
◎紙おむつを捨てるまで においが気になる。
◎頻繁におむつを変えることによってスキンシップの量が増える。

などでは ないでしょうか。

うちの子はもう大きいのですが、ちょいと体験談を。
 
上の子の時は半々で使っていました。その時は別になんとも思わなくて ただ大きくなってきて尿の量が増えると紙おむつのほうが吸水量が多いし、それにそのくらいになると他のことに手がかかるので オムツの洗濯の時間が惜しかったので自然に紙おむつに変えて行きました。

下の子は母が「私が洗ってあげるから布オムツにしなさい」と言ったので生後数ヶ月は布オムツでした。
しかし、この子はアトピーで(先に出られた方と反対で恐縮なんですが)布オム...続きを読む

Qリベートの未払い計上について

当社は食品販売業です。商品の流れは当社⇒問屋⇒スーパーという流れです。
問屋への売り上げが当社の売り上げとなります。
当社は問屋がスーパーへ売った金額の5%をリベートとして問屋へ支払います。
リベートは毎月10日ぐらいに問屋からリベート明細(請求書)が届き支払っています。

この場合、例えば年度末(3月末)には請求書は届いていないのでリベートの未払い計上は
しなくてもよいのでしょうか?
それとも、問屋から3月中にスーパーへ売った明細をもらい、その明細に載っている金額×5%
を未払い計上しなければならないのでしょうか?

明細が無い場合はどおしたらよいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

流れとして考えてください。
請求書(5%リベート明細)届いてから支払うのがルールです。

憶測で未払計上した場合間違えていたら訂正しなければならないのです。
3月末決算だからそうしたい気持ちは分かるが計上はしない方がよい。

あなたは,3月末決算以内に処理したい気持ちは分かるが,商いは事実を見て行ってください。
あなたは,御社⇔問屋間の事だけシビアにすればよいのです。

御社と問屋が契約・取決め・覚書をどのように交わしているか分からないが,リベート
のように期をずれるような場合は,こちらが気を使うことはない。

「御社は3月末決算であっても4月10日に決算監査が行われるはずです。そうですか?
そうであれば,早めに催促してギリギリ間に合うかも知れない。これは私の知恵です。」

*余計な事だけど,リベートの意味を調べた事がありますか?
私はリベートは廃止した方がよいと考えています。何故なら,これは取引代金の他に
報奨として与えているのです。「これを渡しているなら問屋に無理を言ってよい,
くらいの立場でいてもよいと思います。」しかし商いは何らかの報奨をあてにする気持ちは,
分かるけど,チリも積もれば山になります。

ここだけの話だが,問屋また仲卸の中には威張り腐って,お前(メーカー)の所の商品を売
ってやっているんだ。このように言われたことがあります。この事からリベートは
なしにした方がよいと思いました。
でも昔からそのような流れになっていれば今更無理かね(^・^)

流れとして考えてください。
請求書(5%リベート明細)届いてから支払うのがルールです。

憶測で未払計上した場合間違えていたら訂正しなければならないのです。
3月末決算だからそうしたい気持ちは分かるが計上はしない方がよい。

あなたは,3月末決算以内に処理したい気持ちは分かるが,商いは事実を見て行ってください。
あなたは,御社⇔問屋間の事だけシビアにすればよいのです。

御社と問屋が契約・取決め・覚書をどのように交わしているか分からないが,リベート
のように期をずれるような場合は,こ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報