トヨタのデリボーイに載っています。キャブ車です。エンジン始動時に回転数がかなり高いです。そのとき車を動かすと怖いくらいです。アクセルをガンと踏み込むと回転がさがるときもあります。下がらないときはしばらくたってからアクセルを踏み込んでさげています。ひっかかってたものがとれて下がるような感覚がします。工場でみてもらい、修理してもらいましたが、治ってません。修理工のひとはコレ以上はキャブを変えないと治りませんといってます。そうなんでしょうか?なにが悪いんでしょうか?このままのっていると更に悪くなったりしますか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

オートチョーク式のキャブレターでもファーストアイドル(チョークの利いているときのアイドル回転数)の調整は可能です。

チョークバルブと連動して動くリンクによってスロットルバルブの戻り位置を調整していますので、その部分の調整ねじを回すことにより調整できます。ただし、調整の不備ではなくリンクやカムなどの磨耗や引っ掛りよる場合は別です。

オートチョーク式のキャブレターを備えたエンジンでは半分から3/4ほどアクセル踏み込み、アクセルを戻した状態で始動し、数十秒から1分程度した後に再度アクセルを踏み込み回転を下げる(ワックスペレット式のオートチョークにはこの必要は無い)というのがセオリーです。これを実行したときは一気に回転数が下がります。

通常ファーストアイドルの回転数は、冷間時にエンジンが安定して回る回転数を保てばよいのですから、異常に高い場合は調整をする必要があるでしょう。多分3Y型エンジンであると思われ(年式・形式が不明ですので推測です)ますが、このエンジンではねじ1本の調整でファーストアイドルの最大回転数を規定できます。

最近の整備工場ではキャブの調整などできない(電子制御が主流なので)整備士も少なくありませんので、それらの技術力のある工場で調整または整備を受けることがよいでしょう。
    • good
    • 0

>キャブ車ではこれを機械的にやりますから


>調整部分が出てきます。 これの調整は正直できない整備士が多いのは
>事実です。 チョーク部分の完爆開度調整よりは簡単なのですがね・・・

確かに単車とかならドライバー1本でタコ見ながらやりますね。
自動車のキャブの構造はよくわかりませんがワイヤー部分などがあるのであれば
ヘンにひっかかったりして回転数が上がってしまうのかも知れません。
アクセルを踏むとその反動で戻るということが考えられますし。
    • good
    • 0

>だとするとオートチョークが疑わしいのですが・・・。



rakkiさんごめんなさい チョっと補足させてもらいます。

オートチョークも回転を結果的に上げる効果をもっていますが
カテゴリーとしては「ファーストアイドル機構」というものが
低温時の回転上昇を制御しています。
電子制御車ではスロットルボディをバイパスする通路を(空気の)
水温により開け閉めします。
キャブ車ではこれを機械的にやりますから
調整部分が出てきます。 これの調整は正直できない整備士が多いのは
事実です。 チョーク部分の完爆開度調整よりは簡単なのですがね・・・

rakkiさんがおっしゃるように
技術のある工場へGOです。

※ rakkiさんはよく登場されていますね、
  とてもお詳しいので ワタシも参考にさせて頂いてます
    • good
    • 0

デリボーイはよく知りませんが以前トヨタのキャブ車に乗ってました。


その車にはエンジンルーム内にアイドリングの回転数等が書いたプレートがあり、私の車は毎秒750回転だったと思います。
ただ、冬はエンジンを暖めるのに2800~3000回転位まで上がりました。他の回答者の方の言う通りオートチョークです。水温計が動き始めたころにアクセルを踏み込むと1000回転位に下がりました。
又、2800~3000回転をほおっておくと1500~2000回転に、更にそのまましておくと1000~1200回転になります。更にしばらく回転させ(3~4分)アクセルを踏み込むと1000回転以下に下がりました。オートチョークが切れた状態だそうです。

回転が下がらない時に車を発信させると私も怖かったです。

今の状態を(エンジンをかけてからの時間と回転数、水温計の状態等)修理工の人にもう一度相談して見てはどうでしょうか?
またrakkiさんのおっしゃるように他のトヨタディーラーに相談するのもよいと思います。
    • good
    • 0

トヨタのデリボーイって良く知らないのですが、



それは最近始まった現象でしょうか?

恐らくオートチョークが効いているのだと思います。
もっと古い車やオートバイ、農業用機械等キャブレター利用のエンジンには手動式のチョークがついていますがキャブレター式の自動車は普通オートチョークです。
始動時に燃料を濃くしてエンジンのかかりを良くしますが、結果的にエンジン回転が高くなります。
工場で見てもらったとのことですがその際には説明はなかったでしょうか?

アクセルを踏み込むことが普通のオートチョークの解除法なのでsasukejapanさんの対処法からするとその機能が正常だと思われます。エンジンの回転が下がらないと言うことは未だエンジンが十分に暖まっていないためだと思われます。
かなり走行して水温計が動き始めて、ガンとアクセルを踏み込んで、エンジンをあおっても回転が下がらない場合は故障が疑われますが、お話の限りでは正常だと思います。
    • good
    • 0

デリボーイはオートチョークですか?


だとするとオートチョークが疑わしいのですが・・・。
修理工場で修理したが直っていない、というのは修理したことになりません。
ようするに、直す技術がないのでしょう。
トヨタのディーラーにもいろいろありますので、他を当たるとよいでしょう。
修理して直らなかった修理工場に修理代金を払う必要はありませんよ。
払ったならば返してもらいましょう。
キャブを変えないと直らないなら、キャブのどこが悪いのか、どのように悪いのか、しっかり説明してもらってください。
このような、症状はキャブのバルブに引っ掛かりができて起こることがありますが、通常走行時にも起こるはずです。
始動時にしか起こらないとすれば、オートチョークの故障なので、キャブの交換までは必要ないと思われます。
このまま乗っていると、よくなる可能性はかなり低く、悪くなる可能性はかなり高いと申し上げておきましょう。
「修理技術のある」修理工場へ持ち込んだほうがよいでしょう。
    • good
    • 0

考えられるのはオートチョークの故障じゃないですか?


まぁ修理工の人がキャブって言ったのであればそうなんでしょうけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Qダブクラの回転合わせは何回転がベスト?

NA6CEのMTに乗ってます。乗り始めて間もないのですが、買った当初に少し気になっていた2速の「しぶさ」が最近顕著になってきました。

最初は「硬いなぁ」と言った程度でしたが、最近は全く入らなくなる事もあります。たぶん、シンクロがダメになっているのだと思います。

そこでダブルクラッチを使ってみたらびっくりするくらい入る様になりました。ですが、うまく入らない事もあります。

どうやら回転数が大切らしいのですが、具体的に何回転までアクセルをあおる必要があるのでしょうか?

(自分の車では何度か試した結果、2000回転辺りがベストみたいです。)

Aベストアンサー

マツダの初代ロードスター 1.6リッター のダブルクラッチの方法ですね?


まずは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2798305.html)の ANo.7 と ANo.8 をご覧下さい。


ダブルクラッチとは、
(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-simple.gif)と
(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-simple-2.gif){または(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-5speed-gears.gif)}
の図の、紫色と、青色との回転数を合わせてやることをいいます。

紫色のものは、上記URL内で当方が言う「C : 」の部分(の一部)。

青色のものは、上記URL内で当方が言う「B : 」の部分(の一部)。ですね。

----------------------------------------------------------------------------

A : エンジン全体からフライホイール+クラッチカバーまで。

B : クラッチディスクからトランスミッション前半まで。

C : トランスミッション後半からディファレンシャルギア+ドライブシャフト+タイヤまで。

----------------------------------------------------------------------------


紫色の部分の回転数は、タイヤの回転数に比例するのです。つまり、車速に比例しますね。

青色の部分の回転数は、クラッチが繋がった状態の時は、エンジン回転数に比例し、ギアーがニュートラルでクラッチも切った状態では自然に停止し、ギアーが何らかのギアーに入っている時は紫色の部分と合体、すなわち、車速に比例した回転数になります。



ダブルクラッチとは、「B : 」である青色の部分を、「A : 」であるエンジンを使って、「C : 」紫色と全く同じ回転数にしてやることをいいます。



すなわち、「C : 」紫色の回転数(回転具合)によって、「“具体的に何回転までアクセルをあおる必要があるのか”」は違ってくるのです。

要(よう)は、シフトレバーを操作してギアーを入れる瞬間に、紫色と青色との回転数がバッチリ合っていれば良いわけですので、

アクセルの煽り方は、青色の回転数が自然に下がることも見越して、若干高めにまでアクセルを煽っておき、クラッチを切ってシフトレバーを操作した時に両者の回転数がバッチリ合えば、音もなくすんなりとギアーが入ります。

が、
回転具合が速過ぎても遅過ぎても、ギアーが入り難かったり音が出たりすることになります。



では、具体的に、どうやってアクセルを煽る目標回転数を導き出すか?について。

実はこれは意外と簡単です。

詳しくは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2673853.html)の ANo.9 と ANo.12 をご覧下さい。

NA6CE の「走行性能曲線図」があると分かりやすいのですが、無くても上記URLを参考に作って下さい。



例えば、仮に、2速で 80km/h では エンジン回転数 6000rpm になる車があったとします。

この車で、2速で 20km/h の時のエンジン回転数は 1500rpm ですので、

時速が 20km/h でしたら、エンジン回転数を 1500rpm にしてやればクラッチなど踏まなくても2速に入るというわけです(実際には試さないで下さい。車が痛みます。)。

つまり、時速が 20km/h でしたら、エンジン回転数を 1500rpm よりも若干高めな数値にまでアクセルを煽ってやり、その後クラッチを切って2速に入れれば良いわけです。

同じ車で、時速が 70km/h でしたら、2速に入れるためにはエンジン回転数を 5250rpm よりも若干高めな数値にまでアクセルを煽ってやり、その後クラッチを切って2速に入れれば良いわけです。



「若干高め」とはどの位?という点については、これは、練習の経験から分かってくることでしょうね。

つまり、エンジン「A : 」で「B : 」をぶん回すわけですが、クラッチを切った瞬間から「B : 」の回転数はドロップしてくるのですね。

よって、すばやくシフトを操作してギアーを入れるのであれば、それこそ、その“若干”の程度は限りなく少なくて良いですし、

逆に、丁寧にゆっくりギアーを入れるのであれば、“若干高め”は多めに取って、回転数がドロップしてきて丁度合う頃にギアーが入るタイミングになるように計算する必要があります。

また、ギアーオイルが固めの場合は当然、「B : 」の回転数のドロップのスピードも早まります(すぐにゆっくりになるという意味)。
(トランスミッション内が冷めている時と暖まっている時とでは多少違うということも言えます。)




簡単ですね?



{当方、ダブルクラッチなどについて、最近では(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11 のような回答もさせて頂きました。}

上記URL以外でも、いくつも“ダブルクラッチ”について記載したものがありますので、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の下のほうのURL群から、いくつかご覧頂きご参考下さい。
{続きは(http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?from=&PT=&status=select&ct0=212&ct1=423&ct2=&MT=http%3A%2F%2Foshiete1.goo.ne.jp%2Fqa2849121.html&ct_select=1)}

マツダの初代ロードスター 1.6リッター のダブルクラッチの方法ですね?


まずは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2798305.html)の ANo.7 と ANo.8 をご覧下さい。


ダブルクラッチとは、
(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-simple.gif)と
(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-simple-2.gif){または(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-5speed-gears.gif)}
の図の、紫色と、青色との回転数を合わせてやることをいいます。

紫色のものは、...続きを読む

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Q修理に車両保険を使う場合、ディーラーで修理すればいい?

今日、駐車場に入れるときにドアをぶつけました。

目立つので修理に出そうと思います。車両保険は免責5万円で使おうと思います。

ディーラーは高いみたいですが、保険を使う場合だったら10万の修理でも20万の修理でも5万円負担で済むのでディーラーのほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

補償の面からもディーラーで問題はなく手堅いとも言えます、ですが、板金はディーラーではせず、下請け業者の板金屋に出します。
ですが、仕上がりとかはディーラーが確認しますのでお粗末になる事もなく、安心かと思います。

車両保険使う場合、警察への届けで、もしくはその駐車場の管理者の証明が必要になってきます、その駐車場で当てたと言う証明です、そして、保険会社がその車を確認してから修理が出来るので、まず保険会社に一報いれてからディーラーにもって行くと良いかと思います。

デイーラーでなくても、信用できる修理屋でも、評判の良い修理屋でも、保険会社お抱えの修理屋でも修理する事は可能です。
質問者様が修理を出してここなら納得できる所に出せば良いかと思います、無ければ手堅くディーラー(購入店)で良いでしょう。代車も無料で貸してくれるかと思いますしね。
保険使用の場合意外と有料の所もありますから注意が必要です。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Q8年程前に修理した箇所が実はまずい修理だった場合

こんにちは。よろしくお願い致します。

日本から海外に車を持ち込みましたが、その国の検査で8年程前に修理した箇所を改めて修理しないと車検を通せない事が分かりました。
その修理ですが、8年程前に修理した時のやり方がまずくそのまずい所を修理しないといけないとの事です。
8年前に修理に出したトヨタに問い合わせてみましたが、履歴が残っておらず詳細が分からないとの事でした。
当時使用した保険会社にも問い合わせる予定にしておりますが、まだできておりません。
安全基準を満たしていない車に8年程乗っていたという事になるので、修理必要な箇所の写真とメカニックのレター等をトヨタに送付してクレームをあげようと思うのですが修理代を請求する事は可能なものでしょうか?
(8年前と今では安全基準も変わってるかもしれませんし、日本と海外でも変わってくるかもしれません。それを確認できる方法をご存知であればそれも教えて頂けると助かります)
もし別の方法で請求する事ができるのであれば教えて頂けると助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

内容から察して、ニュージーランドでしょう。
ニュージーランドだった場合だとして・・・


日本で良かった、悪かった、ではなく、独自の規格です、
基本的に、交通事故暦がある車両は、入国出来ないのが実情です、
修理され、全く問題ない車両でも、検査は通りません、
また、事故暦が無くとも、少々フロアが錆びていれば、検査は通りません。

ニュージーランド独自の、輸入ルールです、
日本の会社にクレームを出したところで、まったく無意味だと思います。

また、他国でも、独自のルールを持っていますので、
輸入、輸出の際は、相手国のルールや実際の事情をよく調べましょう。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qアクセルとブレーキの位置について

すみません、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
どの車をみても、ブレーキペダルの位置がアクセルよりも高い位置に見受けられます。
アクセルを踏んでいて、とっさにブレーキを踏む必要があったときに一度足を上げねばならず、踏みにくいのではないかと思います。
わずかな差かもしれませんが、とても気になるのですが、これにはなにか理由があるのでしょうか??

Aベストアンサー

ブレーキ時に、ブレーキペダルとアクセルペダルの両方を踏んででしまったとき(要するに、あわててブレーキを踏もうとしているが、靴の一部がアクセルにかかってしまっている状態)でもブレーキが効くようにするため、にブレーキ位置を高くしていると言うことはないでしょうか?(想像ですが)

#もとの高さに差があるので、同じ位置まで踏み込んだときにはすでにブレーキが効きはじめているとか。

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Qカーブの走行とアクセル&ブレーキについて

こんにちは!昨日はお世話になりました。
今日も早朝に教習に行って来ました。
そして昨日と教官が違い、言っていることが結構違ったので、今日学んだこともありましたが、混乱してしまい、昨日できたことができなくなったこともありました。

何個かよく分からない点があるので教えてください。

○急でないカーブを曲がるのにハンドルをきるとき、目安としては、どの辺でハンドルを切ればいいのでしょうか??
また速度が違うときはどのくらいそのタイミングが変わってくるんでしょうか??

○ブレーキとアクセルを踏むとき、どうしても少しだけ踏むってことができません!
特にアクセルのときは、一定の力で踏み続けるってのが難しいです。
これに何かコツってありますか??

昨日もアドバイスいただいたとおり慣れなのは分かるんですが、明日の教習のときは少しでも上記の2点を上達させたいので、アドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カーブを曲がる時は・・・ホント慣れなので、なんとアドバイスをしていいのか分からないのですが、私は教習所で「車道(道幅)の真ん中に自分がくるように・・・」と言われ、それから感覚がつかめたような気がします。
アクセルを踏む時は、私もかかとを付けています。浮かせていると不安定だし上手く調節が出来ない気がします。ブレーキの時はかかとは浮かせていますが。
納得がいくアドバイスにはならなかったかもしれませんが、頑張ってくださいネ。


人気Q&Aランキング